当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」その他の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】真姫「花陽と凛と、私の絆」【ラブライブ!】

【SS】真姫「花陽と凛と、私の絆」【ラブライブ!】

makirinpana.jpg






1: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:24:11.94 ID:AFKHueV4
土曜日。

太陽がゆっくりと輝きを増し始めた頃、私は家を出た。

μ'sの練習が休みの今日、花陽と凛と出掛けることになっているのだ。

昨日、練習終わりの談笑タイムにそんな話になった。

私たちの話がどういう風に影響したのか、二年生と三年生もそれぞれ出掛けることになったのだとか。

このすっきりと晴れた空は、普段頑張っている私たちへのプレゼントなのね、きっと。

2: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:25:05.71 ID:AFKHueV4
凛「あっ真姫ちゃーん!おっはよー!」


遠くからそんな声が聞こえたかと思うと、橙色のなにかが、ものすごい速度で私の方へ迫ってくるのが視界に入った。

え、待ってよ…


凛「どーんっ!」

真姫「きゃあっ!…もう凛!危ないじゃない!」


来るとわかっていたのに、その身に宿る有り余る元気にあっさりと押し負けてしまい、危うく転びそうになった。

3: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:25:57.69 ID:AFKHueV4
真姫「あんたは朝から!」

凛「にゃふーん」


私が咎めていることに気付いているのかいないのか、構わず頬擦りしてくる猫を引き剥がすべく奮闘していると、てこてこと花陽も寄ってきた。


花陽「おはよう、真姫ちゃん」

真姫「おはよう花陽。とりあえず、このオレンジ色のやつをどうにかしてくれない?」

4: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:26:54.33 ID:AFKHueV4
花陽「凛ちゃん。そんなに押したら真姫ちゃんが転んじゃうよ」

凛「大丈夫!毎日トレーニングしてるんだから、このくらいじゃびくともしないよ!」

真姫「あんたみたいな運動ばかとは違って、こっちは普通の女子高生なの!そんな強靭な体幹はしてないのよ!」


とは言いつつなんとか耐え抜き、花陽の注意にすら耳を貸す様子のなかった凛を引き剥がすことに成功した。

軽く服の裾を払う。

5: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:27:40.68 ID:AFKHueV4
真姫「まったく…朝から暑苦しいんだから」

凛「えっへへ~」

花陽「凛ちゃん、昨日からすごく楽しみにしてたんだよ。帰り道で真姫ちゃんと別れたあとも、ずっとうきうきしてたの。ね」

凛「うん!だって真姫ちゃんから遊ぼうって誘ってくれたの初めてなんだもん!」

真姫「んな…っ」

6: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:28:30.61 ID:AFKHueV4
真姫「誰が遊ぼうなんて誘ったのよ!出掛けようって言い出したのは凛でしょ!?」

凛「えー?イルカショーがあるから水族館に行きたいって言ったの真姫ちゃんだよ」

真姫「べ、別に思い出したから言っただけだってば。一緒に行こうなんて言ってないでしょ」プン

花陽「まあまあ、真姫ちゃん。凛ちゃんも。今からお出かけするんだから、言い合いっこはなしにしよ?」


花陽の困ったような声に、頷いて返す。

やれやれ…今日も慌ただしい一日になりそうね。


7: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:29:42.81 ID:AFKHueV4


三人並んで水族館を目指す。

私たちの間では、相変わらず、今日を楽しみにしていたという話題が続いていた。


凛「ねー、かよちん。かよちんだってすっごく楽しみにしてたんだもんね!」

花陽「う、うん。でも夜中の一時に電話を掛けてくるのはやめてほしかったかな…」

真姫「あんたたち、何時まで起きてたのよ」

凛「二時!」

花陽「もう少し遅かったと思うよ…」

真姫「子どもじゃないんだから、わくわくして寝られなかったなんて笑い話にもならないわよ」

8: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:30:38.00 ID:AFKHueV4
呆れて息を吐いた私の顔を、凛が覗き込んでくる。


真姫「なによ」

凛「思ってたんだけど、真姫ちゃん、クマひどくないかにゃ?」

真姫「ギクぅッ」

凛「口でギクッて言ったにゃ」

花陽「初めて見たよそんな人」

真姫「昨日は、その、原稿に追われてて…」


咄嗟に意味のわからない言い訳がこぼれる。

9: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:31:28.70 ID:AFKHueV4
凛「あれ~?真姫ちゃん、凛に子どもとか言っておいて、自分の方が寝るの遅かったんじゃないの~~?」ニヤニヤ

真姫「そ、そんなわけないでしょ!いつも通り快眠だったわよ!」

凛「ふーん……じゃあなんで凛より寝るの遅くなったの?」

真姫「だ、だからそれは原稿に追われてたからで…」

凛「あーっ!やっぱり凛より遅かったんだー!」

真姫「!?」

真姫「は、はめたわね!」

凛「あははっ、真姫ちゃん引っ掛かった~」

真姫「くっこの…待ちなさい凛!」

10: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:32:24.53 ID:AFKHueV4
おろおろ戸惑う花陽を横目に、私と凛での追いかけっこ。

ちょろちょろと逃げ回る凛は、到底私なんかには捕まえられないのだけれど。

今朝からずっとあんなテンションだっていうのに、一体次から次へとどこからエネルギーが湧いてくるのかしら…

結局、追いかけっこは私の息切れであっさりと幕を閉じる。

敵わないと認めたのを悟ったのか、何事もなかったかのように隣へ滑り込んできた凛は、安堵の息を漏らす花陽へと視線を寄越した。


凛「ところでかよちん、お昼ごはんはどうするか決めてる?」


どことなく含み調子の声色に、珍しく花陽がにやりと嬉しそうな笑みを返す。

11: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:35:53.25 ID:AFKHueV4
花陽「もちろん、おにぎりを持ってきてるよ」

凛「やったー!さすがかよちん!」

真姫「あら、ありがとう。花陽は気が利くわね」

凛「凛、かよちんのおにぎり大好き!」

花陽「凛ちゃんのはいつも通り、ツナシャケエビのマヨネーズ和えだよ」

真姫「そ、それ美味しいの…?」

凛「美味しいよ!かよちん厳選のお米に、かよちんお手製のマヨソースに、かよちんの溢れるお米愛が絡み合うんだから!」

真姫「肝心のツナシャケエビに関してはなにもないのね」


溢れるお米愛ってなによ。

聞かなくても想像がつくから聞かないけれど。

12: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:36:47.47 ID:AFKHueV4
凛「凛、普段はお魚食べられないんだけどね、かよちんのおにぎりならぺろっと食べちゃうんだよ」

真姫「そういえばそうね。さすが、と言うべきかしら…」


そこで、ふと先ほどの花陽の物言いに引っ掛かるものを感じた。


真姫「花陽。凛のは、って言った?」

花陽「うん、言ったよ」

真姫「もしかして、一人ひとり別々の具でおにぎりを用意してきたの?」

花陽「うん、そうだよ」


あっさりと首肯される。

13: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:37:25.29 ID:O6AXpTeR
花陽「大好きな具を、美味しいお米と!これが一番だから!」


目を輝かせて言う花陽がいつになく頼もしく見えて、思わず苦笑いが漏れる。


真姫「…ちなみに私のおにぎりはなんの具なの?」

花陽「トマトだよ」

真姫「予想はしてたけど!合わないでしょ絶対!」

14: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:38:19.17 ID:AFKHueV4
凛「真姫ちゃんがあんまり好きな食べ物の話とかしてくれないからだよー」

花陽「私が知ってる真姫ちゃんの好きな食べ物、トマトだけだったから。とりあえずトマト入れておこうって」

真姫「ざ、雑!訊いてくれればおにぎりの好きな具なんかいくらでも教えたわよ!」


っていうか普段お昼ごはん一緒に食べてるのに!

まさか、日頃のコミュニケーション不足が巡り巡ってこんな形で返ってくるとは思いもしていなかった…

自分から言い出さないでしょ、突然おにぎりの好きな具なんか…

15: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:39:24.32 ID:AFKHueV4
花陽「真姫ちゃん、なんの具が好きなの?」


遠慮がちに花陽のそんな質問。

もう遅いけれど、せめて次回に活きますように――


真姫「明太子とスジコと紅鮭」

凛「見事に赤いものばっかりだにゃ…」

花陽「ごめんね、真姫ちゃん。スジコは用意してないや…」

真姫「い、いや、いいけど別に…」

花陽「でも明太子と紅鮭は用意してるから、お昼になったらこさえるからね」

真姫「用意してるって言った!?」

16: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:40:20.30 ID:AFKHueV4
花陽「炊飯器も持ってきてるから、炊きたてのごはんで握るからね」

凛「さっすがかよちん!お米のことに関しては抜かりないね!」

真姫「え?さすがで流していいこと…?」

凛「それじゃ、さっそく水族館に入るにゃー!」

花陽「おー!」


狼狽する私をよそに、二人は入り口へと駆けていった。


17: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:41:19.09 ID:AFKHueV4


真姫「花陽、花陽!ほらほら!早く来なさいよ!」

花陽「ま、待ってえ真姫ちゃん…」ハアハア

真姫「もー、遅いわよ!…あら、凛は?ちょっと、なんであんなとこにいるのよ。りーんーーっ!」

花陽「ま、真姫ちゃん…あんまり大きな声を出しちゃ…」

真姫「わああああっ、見て花陽!カニよカニ!大きいわね!脚が長いわ!」

花陽「ほ、ほんとだね。こんなに大きかったら、脚一本でごはんが六杯はいけるね!」

真姫「花陽ったら、ごはんのことばっかりね…」

花陽「テンション合わせたのに突然の素とかやめてよ」

18: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:41:49.51 ID:AFKHueV4
凛「真姫ちゃーん。こっちにペンギン水槽あるよー」

真姫「なんですって!?行くわよ花陽!」

真姫「ペンギンは……ペンギンは可愛いんだからーっ!」タタタタ

花陽「ま、真姫ちゃぁぁぁん…走っちゃだめぇぇぇ…」

凛「真姫ちゃんからかつてないパワーを感じるにゃ…」


19: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:42:42.12 ID:AFKHueV4


一通り館内を回り、三人で中庭へ出る。

入り口で貰ったパンフレットに目を落とす。


真姫「イルカショーは三時からみたいね」

花陽「そ、そうだね…」ゼエハア


肩で息をしながら花陽の相づち。

二時間くらいしか歩いていないのに、随分と疲れている様子だ。

昨日は遅かったようだし、今朝はおにぎりも作ってきてくれているし、無理もないわね…ふふ。

20: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:43:21.12 ID:AFKHueV4
凛「じゃあお昼ごはんにしようよ!」


反対に、凛は朝から全く変わらないまま元気だ。


真姫「珍しく食欲が張ってるじゃない」

凛「うん!かよちんのおにぎりが食べられるって思ったら、がまんできないにゃ!」

真姫「そんなに美味しいのね」

21: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:44:11.19 ID:AFKHueV4
凛「美味しいよ!真姫ちゃんだって絶対クセになっちゃうんだから!」

花陽「あ、あんまりハードル上げちゃいやだよ、凛ちゃん…」

凛「大丈夫だよ。凛が保証するから!」

真姫「それじゃ、そこの芝生でお昼にしましょうか」


凛があまりに太鼓判を押すものだから、私も想像力が掻き立てられ…ちょうどいい時間ということもあって、耐えがたいほどの空腹感を自覚する。

22: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:44:56.63 ID:AFKHueV4
凛「こんなこともあろうかと、レジャーシート持ってきたよ」バサッ

花陽「さすが凛ちゃん!」

真姫「ところで、花陽」

花陽「なに?」

真姫「あなた、さっき炊飯器がどうとか言ってたけど」

花陽「うん。ちゃんと持ってきてるよ」つ炊飯器 サッ

真姫「炊飯器って、電気がないと動かないのよね?」

23: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:47:18.43 ID:AFKHueV4
辺りを見渡す。

一見、コンセントプラグのようなものはなさそうに見える。

私は初めて来たので知らないけれど、埋め込み式のコンセントでも備え付けてあるのだろうか。

まるで当たり前のように持参しているところを見る限り、当てがあるのだろうけれど、一体どこに………


花陽「 」

真姫「まさかのノープラン!!?」


表情が固まり冷や汗を流す花陽に、思わずツッコミが漏れる。

24: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:48:25.97 ID:AFKHueV4
ぎぎぎ…と軋んだ動きで凛の方に首を向けて、


花陽「凛ちゃん…簡易充電器は……」

真姫「花陽…いくらなんでもその期待は」

凛「こんなこともあろうかと持ってきてるにゃー!」サッ

真姫「!!?」

花陽「さすが凛ちゃん!」パアアッ

凛「かよちんのことだから、うっかり忘れてくると思ったんだー」

花陽「えへへ…いつもありがとう」

凛「もー、しっかりしてよねー」


うりうり、と肘でつつき合う二人。

この二人、どうしてここまでごはんに本気なの…?

25: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:49:22.59 ID:AFKHueV4
もしや自分の感覚がおかしいのではと疑い始める私をよそに、花陽はいそいそと炊飯器を簡易充電器に繋ぎ、凛はレジャーシートの端に手頃な石を乗せる。

あっと言う間に、水族館の敷地内らしからぬ昼食風景が出来上がる。


凛「座って座ってー」


促されるままシートに座ったところで、花陽のおにぎりが差し出される。


花陽「はい凛ちゃん。真姫ちゃんはこっちね」

真姫「あ、アリガト…」

26: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:52:09.33 ID:AFKHueV4
凛「いっただっきまーす!」


言うが早いか、大きな爆弾おにぎりにかぶり付く凛を横目に、私は花陽に問い掛ける。


真姫「ねえ、花陽」

花陽「なに?真姫ちゃん」

真姫「私のおにぎり、白米じゃないんだけど」

花陽「醤油で炒めてるんだよ。トマトも少し火を通してあるよ」

真姫「えっ」

27: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:52:58.46 ID:AFKHueV4
花陽「生のトマトと炊いただけの白米は合わないからね」

真姫「あなたたちの食への本気度合いに、私は驚きを隠せないわ…」


てっきり白米のおにぎりを想像していたものだから、アルミホイルをひろげて焼きおにぎりみたいなものと遭遇したのはなかなかに衝撃的だった。

花陽はこう言うけれど、醤油で炒めたごはんと火を通したトマトは合うのかしら…

おそるおそる、一口かじる。

28: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:53:41.41 ID:AFKHueV4
わずかなお焦げの香りと、醤油の香ばしい匂い。

ほのかに味付けされたトマトが淡い醤油の中でしっかりと活きていて――


凛「どうどう!?真姫ちゃん!かよちんのおにぎり!」

真姫「…おいしい」


お世辞じゃなく、本当に美味しい。

おにぎり一つにこうも『美味しい』と感じたのは、初めてかもしれない。

29: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:54:25.06 ID:AFKHueV4
頬に米粒をつけた凛に微笑み返して、また一口かじる。

凛の言う通り、これはクセに…


花陽「あああ…早く炊けないかなあ。待ち遠しいなあ」


ふと気付くと、花陽は言葉通りの表情でじっと炊飯器を見つめていた。

丁寧に正座までして、まさに食い入るように凝視している。

30: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:55:25.71 ID:AFKHueV4
真姫「あら?なによ花陽、あなた自分のおにぎりは用意してこなかったの?」

花陽「え?」

真姫「あなたらしいというか、しょうがないわね…半分こしましょう」

花陽「あ、ううん。大丈夫だよ、ありがとう。もう食べちゃっただけだから」

真姫「は!?これと同じ大きさのやつを!?」

花陽「えへへ…もうちょっと大きかったかも…」//

真姫「食べる速度まで速過ぎるでしょ…」

31: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:56:26.26 ID:AFKHueV4
呆れながら待つこと十五分後。


花陽「はい!真姫ちゃんのおにぎり!」


ほかほかと美味しそうに蒸気を出すおにぎりを受け取る。


真姫「水も付けずに炊きたてのごはんへ手を突っ込んだあなたの凛々しい姿は忘れないわ」

凛「りんりんしい?」ニャ

真姫「口頭でその間違い方は有り得ないでしょ」


次に受け取ったのは、炊きたてごはんに鮭の切り身を挟んだオーソドックスなおにぎり。

…………うん、これも美味しい。

お米に合うように、鮭にも下味が着けてあったみたいね。

32: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:57:16.18 ID:AFKHueV4
花陽「真姫ちゃん、梅干しは好きじゃないの?赤いよ?」

真姫「別に色で具の好き嫌いなんか判断してないけど…」

凛「凛は種の中の実が好きだなー」

花陽「あ、あれは歯を痛めるからやっちゃだめだって言ったのに」

凛「鍛えてるから大丈夫だよ!」

真姫「小学校で出会って以来よ、そんなのやってる人…」


呆れると同時に、慌てて気を遣う花陽が微笑ましく、つい笑みがこぼれる。

33: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 13:58:05.80 ID:AFKHueV4
そうして、花陽がぽつりと呟いた一言でランチタイムは終了となった。


花陽「お米…あと二合持ってくればよかったなあ…」

真姫「そんなに持ってきても手伝わないからね」


38: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 17:31:42.09 ID:XhBix9kW
いいなぁ
この空間を録画したい

39: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 19:03:07.71 ID:BxLlb5m9
癒される

41: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 19:40:59.47 ID:7IbnH6fj
ほのぼのしてていいね

42: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:56:12.18 ID:K/RufH7c


凛「今、何時?」

花陽「一時半を少し過ぎたところだよ」


レジャーシートの上でだらしなく寝転がった凛の問いに、花陽が丁寧に答える。


凛「イルカショーまでまだ時間あるねー」

真姫「ふわ…」


先ほどまでと打って変わってのんびりとした凛の口調につられ、ふとあくびが漏れる。

43: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:56:39.12 ID:K/RufH7c
花陽「真姫ちゃん、眠い?」

真姫「えっ。あっ」//

凛「四時まで起きてたんだから仕方ないにゃー」

真姫「さ、三時までよ!適当なこと言わないで!」


あくびを見られたことで動揺し、言わなくてもいいことをぽろりと漏らしてしまったけれど、凛も相当に眠いらしく、それをからかわれることはなかった。

44: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:57:09.83 ID:K/RufH7c
花陽「少しお昼寝したら?イルカショーの前には起こすよ」


花陽の提案に心が揺らぐ。


真姫「………お言葉に甘えるわ」


葛藤の後、諦めてそう言うなり、凛が起き上がる。


凛「それなら凛がおひざ貸してあげるよ!」

真姫「は、花陽…悪いんだけど、ひ…膝を借りてもいいかしら」

花陽「うふふ。いいよ」

真姫「アリガト…」ゴロン

凛「…………あれ?凛のおひざは…?」


そこで、私はすうっと眠りに落ちていった。


45: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:57:35.92 ID:K/RufH7c


花陽「もう寝ちゃったみたい。きっと、随分楽しみにしてくれてたんだね」

凛「ところで、かよちん。どうしたの?」

花陽「え?」

凛「え?」


真姫ちゃんの頭に伸ばしかけた手を止めて、凛ちゃんを見る。

46: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:58:11.86 ID:K/RufH7c
しっかりと目が合う――のはいいけれど、そんなにきょとんとされても…


花陽「どうしたのって、なにが?」

凛「なにか悩んでるんでしょ?」

花陽「え…」

花陽「あ、あれ…?私、凛ちゃんになにか言ったっけ…?」

凛「ううん。なにも聞いてないよ」

花陽「じゃ、じゃあどうして悩んでるってわかったの!?」


まるで心の内を見透かされたかのような発言に戸惑って、焦る私に笑いかけて、凛ちゃんはあっけらかんと言った。


凛「あはは。そんなの一目でわかるよ~。変なかよちん」


唖然とする。

47: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:58:49.15 ID:K/RufH7c
凛「ごめんね。結構前から悩んでたのに、なかなか二人きりになる時間がなくて、話を聞いてあげられなくって」

花陽「う、ううん…そんなことないよ」

凛「電話でもよかったんだけど、ちゃんとかよちんの顔を見ながらお話ししたかったから」


照れたようにそう言うと、凛ちゃんは不意に眠る真姫ちゃんへと視線を落とした。

長いまつ毛が風に揺れて、はっとするくらい綺麗な寝顔。


花陽「真姫ちゃんが、どうかしたの?」

凛「ちゃんと寝てるかなーって」

花陽「ちゃんと?」


言葉の意味がわからなくて、聞き返す。

48: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:59:15.78 ID:K/RufH7c
凛「二人きりで話したいから、かよちん、真姫ちゃんを眠らせたんでしょ?」

花陽「ね、眠らせてなんかないよ。人聞きの悪いこと言わないでよう!」

凛「にゃ。偶然だったんだ~」


感心したように頷いて、けらけらと笑う凛ちゃん。

鋭いのか天然なのかわからない。

49: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 21:59:42.23 ID:K/RufH7c
凛「それで、どうしたの?凛でよければ聞くよ」

花陽「う、うん…凛ちゃんになら、話せるかな…」


意を決して、口をひらく。


花陽「あのね――」


50: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:00:09.91 ID:K/RufH7c


凛「――なんだね」

花陽「…うん。少しだけ、悩んでたんだけど。えへへ…凛ちゃんに聞いてもらえてよかった」

凛「そういうときは、こうやって…ぎゅーってするにゃー!」ギュッ

花陽「わわっ」


そう言うなり、凛ちゃんが飛び付いてくる。

すりすりと擦り付けられるほっぺたがとても温かく感じられて、思わず口元が緩んでしまう。

51: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:00:42.75 ID:K/RufH7c
花陽「その、は…恥ずかしいから、誰にも言わないでね」

凛「うん!凛とかよちんだけの秘密だね!」


わざわざそんなことを言わなくっても、凛ちゃんが私が嫌だと思うことをするはずなんかない。

念のための念のため、くらいの念押しに、凛ちゃんは力強く頷いてくれた。

52: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:01:13.89 ID:K/RufH7c
凛「ふああ…安心したら凛も眠くなってきちゃった。少し寝よ?」

花陽「うん、そうだね。寝ちゃおっか」


スマートフォンを操作して、一時間後に目覚ましを掛ける。

その横で凛ちゃんが


凛「真姫ちゃんだけずるーい。凛もかよちんのおひざで寝たいにゃー」


と、ゆさゆさと真姫ちゃんを揺らし始めるので、慌てて止める。


花陽「わわ、凛ちゃん。真姫ちゃん起きちゃうよ。腕枕でよかったらしてあげるから。ね?」

53: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:01:39.74 ID:K/RufH7c
凛「わーい!かよちんの腕、柔らかいから大好き!」

花陽「あんまり嬉しくないかも、それ…」


真姫ちゃんが起きてしまわないように静かに脚を崩して、からだを倒して腕を伸ばす。

なんだか柔軟体操みたいな格好になってしまった。

54: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:02:06.27 ID:K/RufH7c
凛ちゃんが頭を預けてきて、私の二の腕をつつく。

ぷにぷに。


花陽「つ、つつかないでえ」


むに。


花陽「つ、つままないでえ」

凛「おやすみなさいっ」

花陽「う、うん。お休みなさい」


一通り私の腕をいじって満足したようで、凛ちゃんは目を閉じた。

55: 輝きたい名無しさん 2018/10/08(月) 22:02:38.14 ID:K/RufH7c
凛「うーん…気持ちいいにゃあ…」

花陽「ひ、陽射しのことだよね…腕のことじゃないよね…」

凛「………すー」

花陽「答えてから…眠ってよぉ……」


そこで、私の意識もすっと途切れた。



真姫「………………」


59: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 01:17:59.71 ID:49SXPK90
癒されるわぁ

60: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:03:52.07 ID:ngzQ2wO+


真姫「寝過ごしたわ」


時計を見ると、時刻は四時半。

イルカショーは三時から四時だったので、完全に見逃したことになる。


真姫「そりゃ、三人揃って眠りこけてたらこうなるわよね…」


寄り添って気持ちよさそうに眠る二人を見やる。

61: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:04:20.11 ID:ngzQ2wO+
そういえば、花陽がアラームを掛けるって言っていたはずだけれど…

ごめんと思いつつ、花陽のスマホを見てみると――マナーモード。

なるほどね。


真姫「水族館に来てるんだものね。花陽なら当然か…」


小さく嘆息し、スマホをそっと枕元に戻す。

今さら慌てる必要もないわけだから、もう少しこのままにしておくとして。

62: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:04:48.28 ID:ngzQ2wO+
再び、二人の寝顔に視線を寄越す。

母親の腕の中で眠っているかのように、安心し切った表情の凛。

愛娘を抱き締めているかのように、穏やかな表情の花陽。


真姫「………」


先ほど花陽が凛に打ち明けた悩みを思い返す。

63: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:05:24.37 ID:ngzQ2wO+
正直、やっと口にした――もとい自覚したのね、という感じだった。

μ'sの中でも何人かは気付いていたし、誰かが手を引くことだってできたけれど――今までそうしなかったのは、花陽自身に気付いてほしいと思っていたから。

やっと自覚して、言葉にした。

これで、花陽が前に進める…そう思うと、まるで自分のことのように嬉しい。

嬉しい――けれど。

残念なのは、花陽がそれを最初に告げた相手が、『やっぱり』私ではなかったという事実。

64: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:05:56.43 ID:ngzQ2wO+
この二人の付き合いが長いことはわかっているし、出会って数ヶ月の私がその間に遜色なく入り込めるだなんて思っていない。

それでも、最近、私はもしかしたら三人で全く対等な友人同士になれてきたのではないかと思い始めていた。

思い始めて――しまって、いた。

言葉にして正面から問えば、きっと二人は大きく頷いてくれるに違いない。

けれど。

65: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:06:36.17 ID:ngzQ2wO+
凛『二人きりで話したいから、かよちん、真姫ちゃんを眠らせたんでしょ?』


凛の言葉が甦る。

もちろん、花陽にそんなつもりがなかったのであろうことも、凛に言葉ほどの悪気があったわけではないであろうことも、ちゃんとわかっている。

だから、こんなことで淋しいと感じるのは、間違っている。

凛がその考えに至ったのは至極当然のことなのだから。

友人に悩みを話すとき、友人の悩みを聞くとき、自分たち以外の存在を排除しようと思うのは。

私だってそうするはずだ。

私だって――悩みを打ち明けるほどに親しい友人と『それほどまでではない友人』とがいれば、そうするはずだ………

不意に、視界がじわりと滲む。

66: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:07:29.61 ID:ngzQ2wO+
真姫「私も…悩みを相談すれば、もっと二人と仲良くなれるのかしら……」

凛「真姫ちゃん、悩み事があるの?」

真姫「ヴェェェェェェッ!?」

真姫「り、凛!起きてたの!?」

凛「うん!」

真姫「そんな満面の笑みで…っ」


あまりに驚いて大声を出してしまい、またそう言いかけて、寸でのところで呑み込む。

悪いことをしたわけでもないのに、ばつが悪いからというだけで怒鳴り付けるのは失礼ね…

67: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:07:57.35 ID:ngzQ2wO+
凛「悩み事がどうかしたの?」

真姫「な、な、な、なんでもないわよ!」

凛「にゃ?変な真姫ちゃーん」


凛はそこであっさりと追及の手を止め、花陽に向き直る。

ゆさゆさと、私にしたように身体を揺する。

寝ている相手を揺するのが癖なのかしら…

68: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:08:24.46 ID:ngzQ2wO+
凛「かーよちーん。起きてー」

花陽「んん…」

凛「イルカショー観にいくよー」

真姫「あー…」

真姫「あのね凛、非常に言いにくいことがあるんだけど」

凛「にゃ?」

真姫「時計を見てみなさい」

69: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:08:51.37 ID:ngzQ2wO+
きょとんとするばかりの凛に、スマホの画面を突き付ける。


真姫「時間がわかる?」

凛「四時半だね」

真姫「…そうね」

凛「…?」


首をかしげる凛。

だめだ、どうやら理解していない様子ね。

70: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:09:20.74 ID:ngzQ2wO+
仕方なくパンフレットを取り出そうとしたところで、花陽が飛び起きた。


花陽「四時半っ!?」ガバッ

真姫「あ、花陽…おはよう」

凛「おはようかよちん!イルカショー観にいこっ」

花陽「あ…あああ…」

71: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 06:09:57.20 ID:ngzQ2wO+
変わらずにこやかな凛と、カタカタと震え出す花陽。

寝起きながら、花陽は状況を理解したみたいね…


花陽「だ…だ………っ、ダレカタスケテェェ――――――っ!!」

真姫「そんなこと言ったって、過ぎた時間は誰にもどうしようもないでしょ」


涙目で叫ぶ花陽に、私はやれやれと呟いた。


72: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:30:11.66 ID:ngzQ2wO+


帰り道。


花陽「真姫ちゃん…ごめんね」


花陽がぽつりと呟いた。

これで四度目。


真姫「いいから。気にしてないって言ってるでしょ」

花陽「…うん」


さっきからこの調子で、私の言葉は聞こえていないようだった。

73: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:30:39.61 ID:ngzQ2wO+
もう限界。

立ち止まって、花陽と正面から向き合う。


真姫「いい?先に寝ちゃったのは私なんだから、花陽が気にすることなんかなにもないの。だから、もう謝らないで」

凛「ねえねえ、凛たち、なんでイルカショー観ずに帰ってきちゃったの?」


花陽と二人分の冷ややかな視線が刺さる。

この子は大丈夫だろうか…

さすがに、高校生にしては記憶容量が小さ過ぎる気が…まあいいけれど。

74: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:31:12.87 ID:ngzQ2wO+
真姫「…ハァ。じゃ、私はこっちだから。また月曜日にね」

凛「うん!また遊びにいこうね!」

真姫「凛、花陽を頼むわよ。このままじゃ電柱にぶつかるわ」

花陽「だ、大丈夫だよぉ」


あはは…と、乾いた笑い。

不安に思いつつも、二人に手を振って別れる。

75: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:32:03.30 ID:ngzQ2wO+
やがて後ろで、凛ちゃんもごめんね、イルカショー観られなくて、と聞こえた。

その声は、私に向けられたものとは全く調子が違う。

忘れ物をしちゃって借りるときのような、待ち合わせに五分だけ遅れちゃったときのような、日常的に使う「ごめんね」。

それは、言うなれば信頼の証。

相手が今回の失敗をどのくらい気にするかわかっていて、自分が今回の失敗をどのくらい気にすればいいかわかっていて、だからこそその一言で明日からまたなんの気負いもなくなるとわかっている。

たった一言が、そこまで雄弁に物語る。

彼女たちと、期間は短いながらも濃い密度で近い距離で付き合ってきたからこそ、私にもそれが汲み取れた。

だとしたら反対に彼女たちも、自分と私との関係をはっきりと感じているのだろう。

花陽が私に重ねた「ごめんね」の重さを――

そこまで考えが至って、ぞくりとする。

76: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:32:40.44 ID:ngzQ2wO+
居ても立ってもいられなくなり、慌てて踵を返した。

ほんの数分前に別れたのだから、まだそう遠くない距離にいるはず。

慎重に、確かめるように進めていた歩みが、自然に焦りを纏う早歩きとなり、気が付けば私は死に物狂いで走っていた。

花陽と凛の笑顔を思い浮かべる。

同時に、その笑顔が曇る様子が脳裏をよぎる。

嫌だ、と思った。

頭の中にその気持ちだけが満ちる。

77: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:33:18.99 ID:ngzQ2wO+
嫌だ、嫌だ、嫌だ――――

あんなに屈託のない笑みを向けてくれる友人が、今まで私にいたことがあったっけ。

誰も彼も、どこか一線を引いた付き合いで。

それが紛れもない私自身のせいであったことくらい、自覚しているけれど。

自分の心を知られるのが怖くて、相手の心を知るのが怖くて、遠慮していたのはいつも私だった。

それでも、あの二人はそんな気難しい私に手を差し伸べてくれて、すぐにそっぽを向いて距離を置こうとする私を諦めずにいてくれて、優しく根気強く向き合い続けてくれた。

78: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:33:53.63 ID:ngzQ2wO+
もう二度と、こんな友人はできないかもしれない。

こんなちっぽけな失敗一つで、あの二人を失いたくなんかない。

気を遣わないでほしいの。

悪いと思わないでほしいの。

あなたたちがお互いにするように、私にも遠慮のなさと、それを補って余りあるほどの信頼をぶつけてほしいのよ――

79: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:34:28.34 ID:ngzQ2wO+
真姫「――花陽!凛!」

凛「にゃ?」

花陽「ま、真姫ちゃん?どうしたの?」


首筋を伝う玉汗。

激しく打つ動悸。

肩が忙しなく上下し、肺は熱くて、呼吸は荒くて。

そんな私を見かねて、二人が駆け寄ってくる。

80: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:34:56.00 ID:ngzQ2wO+
凛「真姫ちゃん、どうしたの?なにか忘れ物?」

花陽「花陽たち、なにか預かってたっけ…?」

真姫「ち…違うのっ。聞いて、ほしいのっ…」


半ば言葉を遮るように叫ぶ。

その尋常ならざる勢いに気圧され、二人が黙る。

伝えなきゃ、伝えなきゃ。

私の中を駆け巡るこの想いを、二人に伝えなきゃ。

81: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:35:35.07 ID:ngzQ2wO+
しかし、そう思えば思うほど、汗が吹き出て動悸が速くなる。

言葉だけが見付からない。

肩で息をするのが精いっぱいで、喉に大きな塊が詰まってしまったかのように、言葉が奪われていく。

そんな自分がもどかしくて涙が浮かぶ。

こんな風にしたいわけじゃないのに。

伝えなきゃいけないことがあるのに。

これじゃ、私、変な子だ。

もっと呆れられる。

嫌だ。

私のことを見捨てないで。

嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ――――「真姫ちゃん」

82: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:36:13.30 ID:ngzQ2wO+
思考が黒く塗り潰されそうになる直前、花陽の優しい声が聞こえた。

顔を上げる。


花陽「落ち着いて、真姫ちゃん。ゆっくりでいいから」


そう言い、にこりと微笑む花陽を見た途端、心を覆っていた霧が晴れていった。

そうだ。

伝えなきゃいけないことがあるんじゃない。

伝えたいことがあるんだ。

大きく息を吸って、吐いて。

背筋を伸ばして、二人に向き合う。

大丈夫――言える。

83: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:36:49.14 ID:ngzQ2wO+
真姫「今日のことは、本当に気にしてないの。誰が悪かったってわけじゃない」

真姫「だから、私に悪いなんて思うのは、もうやめてほしい」


花陽がはっとする。


花陽「真姫ちゃん…」

真姫「そうやって私のことを気遣ってくれる花陽の気持ちは嬉しい。でも、もう嫌なの」

凛「真姫ちゃん、気を遣われるのが嫌いなの…?」


凛が珍しく真剣な表情で…ううん、違う。

この子はいつだって、大切なことはきちんと大切にしている。

あの元気な笑顔だって、真剣な表情の一つだ。


真姫「嫌いよ」


はっきりと答える。

84: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:37:24.72 ID:ngzQ2wO+
真姫「気を遣われるのが嫌い。嫌なの」

花陽「…それは、」

真姫「だって、私たちは友達でしょう?だったら、迷惑を掛けたり掛けられたりするのは当然のことじゃない。そんなことで気を遣って、私一人を置いてけぼりにしないで」


あなたたちの隣にいたい。

同じ場所で同じように笑っていたいの。

85: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:38:06.99 ID:ngzQ2wO+
真姫「私一人じゃ水族館になんか来られなかった。行こうって言い出してくれた凛にも、付き合ってくれた花陽にも感謝してる。それだけで、イルカショーを見逃した程度のこと、お釣りを貰えるくらいよ」

凛「真姫ちゃん…」


凛は照れ臭そうに笑い、花陽は俯いてわずかに震える。


真姫「だから、その…もし、わ、悪いと思ってるなら、その…」


凛と花陽が同時にこちらを見る。

恥ずかしい――けれど、それ以上に、言いたい言葉。


真姫「ま、また一緒に…水族館に、付き合いなさいよ…!」

86: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:38:48.43 ID:ngzQ2wO+
もう無理。

耐え切れなくなって、顔を逸らす。

ああもう、私はまた肝心なところで――


凛/花陽「「真姫ちゃんっ」」


二人が同時に抱き付いてくる。


花陽「真姫ちゃん…そうだよね、何回だって、また一緒に来ればいいんだよね」

凛「真姫ちゃん…次はちゃんと寝てくることをお勧めするにゃーっ!」

真姫「う、うるさいわね!あんたに言われたくないわよ!」


大事な場面で茶々を入れてきた凛に喝を入れる。

87: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:39:43.67 ID:ngzQ2wO+
一瞬の沈黙のあと、誰からともなく笑い出す。

道中で抱き合って笑い合う三人組を、道行く人たちは不思議そうな目で見ていった。

だけどそんなことが全然気にならないくらい、私は清々しくて。


花陽「じゃあ、真姫ちゃん。改めてお願いがあるの」

真姫「え?」


ひとしきり笑い合ったあと、不意にそんな申し出があって。

凛がカレンダー画面を見せて、来月の日曜日を指で示す。


花陽「ここ、一緒に出掛けよ」

凛「またイルカショーやるみたいだにゃ!」

真姫「…!」

88: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:40:27.25 ID:ngzQ2wO+
離れてからたった数分の間に、次の予定を調べてくれていたらしい。

なんだ、と思う。

あんな心配は、そもそも不要だった。

もっと、今よりもっと、全身で信頼していきたい。

この二人にならそれができる。

その日、たとえどんな予定があったって、私が投げ出すに違いない。

もちろん、なんとしてでも行くわ。

私は大きく頷いて、できる限りの笑顔でそう答える――


真姫「ば、ばかね。そんな先のこと、練習があったら行けないでしょ」

89: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:41:07.08 ID:ngzQ2wO+
凛「もーっ、真姫ちゃん素直じゃないにゃー」

花陽「ふふ、確かに真姫ちゃんの言う通りだね」

真姫「れ、練習が休みだったら行ってあげてもいいけど」

凛「練習があったってサボっちゃえばいいよ!」

花陽「さ、サボるのはよくないかも…」

凛「一日くらい平気だよ!」

90: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 07:41:33.34 ID:ngzQ2wO+
真姫「海未に特別メニュー課せられるわよ」

凛「ひぃっ!?そ、それは勘弁にゃ…」

真姫「…でも」

凛「にゃ?」

花陽「ん?」

真姫「『三人で』なら、特別メニューも――怖くないじゃない?」



真姫「花陽と凛と、私の絆」・了

91: 輝きたい名無しさん 2018/10/09(火) 08:22:05.23 ID:dOSjdHxj
おつ
花陽の悩みってなんだったんだろ

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1538972651/










注目記事
関連記事
2018/10/09 14:00 | SS | コメント(2)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2018/10/09(火) 16:10:44
  2. ええ話やんけ…

  3. 名無しライバーさん:2018/10/09(火) 17:55:25
  4. やっぱりまきりんぱななんだよなぁ😭

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
ラブライブ!サンシャイン!!劇場版の結末ってどうなるのかな? Oct 18, 2018
ルビキチの花丸って・・・【ラブライブ!サンシャイン!!】 Oct 18, 2018
津島善子ちゃんはデスサイズヘルカスタム【ラブライブ!サンシャイン!!】 Oct 18, 2018
ラブライブ!の各キャラの最も不人気なカプ一覧wwwww Oct 18, 2018
お前らどのラブライブ!キャラを妹にしたい??? Oct 18, 2018
劇場版ラブライブ!サンシャイン!!、お前らは何回見る??? Oct 18, 2018
【SS】凛「ラジオをやってみよう」希「の巻」【ラブライブ!】 Oct 18, 2018
声優・新田恵海さんのハロウィンディナーショー、S席17000円!! Oct 18, 2018
【SS】絵里「スシ食べに行きましょ」海未「いいですよ」【ラブライブ!】 Oct 18, 2018
【疑問】お胸が大きい子はダンスの邪魔にならないのか?【ラブライブ!】 Oct 18, 2018
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド



アクセスランキング