【SS】ニジガクプレミアム「世にも奇妙な虹ヶ咲'23春の特別編」【ストーリーテラー:トモリ】[字]今宵は虹ヶ咲学園に奇妙な世界の扉が開く――【ラブライブ!】|ラブライブ!まとめちゃんねる!!

当ブログは「ラブライブ!」、「ラブライブ!サンシャイン!!」、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」、「ラブライブ!スーパースター!!」、「スクールアイドルミュージカル」及び「蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、Talk.jp、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】ニジガクプレミアム「世にも奇妙な虹ヶ咲'23春の特別編」【ストーリーテラー:トモリ】[字]今宵は虹ヶ咲学園に奇妙な世界の扉が開く――【ラブライブ!】

【SS】ニジガクプレミアム「世にも奇妙な虹ヶ咲'23春の特別編」【ストーリーテラー:トモリ】[字]今宵は虹ヶ咲学園に奇妙な世界の扉が開く――【ラブライブ!】

niji_20230326223657f72.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:00:00.47 ID:jb4MrUll
トモリ「こんばんは。あなたは旅はお好きですか?」

トモリ「旅の目的は様々です。綺麗な景色を見たり、美味しいものを食べたり――」

トモリ「誰かに会いに行ったり、あるいは旅そのものが目的であったり……」

トモリ「今宵、4人の少女のもとに奇妙な世界への片道切符が届きました」

トモリ「彼女たちはなにを求めて旅をするのでしょうか」

歩夢『……ねえ、幼稚園のときのこと、覚えてる?』

トモリ「おや、早速出発する子がいるみたいですね」

………………

…………

……


『恋愛成就ブレスレット』

夜 マンション・ベランダ

あなた「――えー? 私そんなこと言ったの?」

歩夢「言ったよ。私はちゃんと覚えてるもん」

あなた「そっかー……っと、もうこんな時間。そろそろ寝ないと」

歩夢「あ……そうだね」

あなた「おやすみ、歩夢ちゃん」

歩夢「うん、おやすみなさい。また明日」

ガラガラ……

2: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:03:00.35 ID:jb4MrUll
歩夢「はぁ……まだ話していたいのに……」

歩夢(あの子といられる時間が、もっと増えたらいいのになぁ)

歩夢(それだけじゃなくて、もっと特別な関係になりたい……)

歩夢(幼馴染以上の……できれば恋人同士に)

ピロリン

歩夢「ん……? メール?」

歩夢(もしかしてあの子からだったり――)

スマホ画面〈あなたの恋、成就させます〉

歩夢「はぁ、ただのスパムメールだ……」ポチッ

歩夢(あ……開いちゃった)

歩夢「……『このブレスレットをつければ必ず思い人と結ばれます』」

歩夢「そんなに簡単に恋が叶ったら苦労しないよ……」

歩夢(それにこういうのって効果がない割にものすごく高――)

歩夢「300円!? しかも送料無料……」

歩夢(うーん……安すぎるのもまた怪しいなぁ)

歩夢「…………」ポチッポチッポチッ

歩夢「あっ! 注文しちゃった……まあいっか、どうせ300円だもん。寝よっと」


翌朝

歩夢「もう届いてる……」

歩夢「せっかくだしつけていこっかな……別に信じてるわけじゃないけど!」

4: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:06:00.52 ID:jb4MrUll


カン! カン! カン!

歩夢「工事の音、すごいね」

あなた「うん……マンションでも建つのかな?」

………………

…………

……


部室

歩夢「あれ? しずくちゃんは?」

栞子「しずくさんは演劇部が忙しいそうで、しばらくこちらには顔を出せないと連絡がありました」

歩夢「へえ、そうなんだ……」

栞子「歩夢さん、ストレッチをお願いしてもいいでしょうか?」

歩夢「うん、いいよ」


翌朝 道

ウィーン! ガッシャン!

歩夢(昨日は結局特別なことは起こらなかったなぁ)

歩夢(やっぱりこんなブレスレットに効果なんてないよね……)

………………

…………

……

5: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:09:00.44 ID:jb4MrUll
部室

歩夢「えっ、今日は栞子ちゃんも来てないの?」

せつ菜「はい。生徒会の仕事が立て込んでいて来られないみたいです」

歩夢「…………」


翌朝 道

ガッコン! ブォオオオオン!

歩夢(しずくちゃんに栞子ちゃん、立て続けに部活に来られないなんて……)

歩夢(まさか……ね。ただの偶然だよ、きっと)

あなた「歩夢ちゃん? どうかした?」

歩夢「う、ううん! なんでもないよ!」

………………

…………

……


部室

エマ「せつ菜ちゃん、栞子ちゃんのお手伝いで部活はお休みだって」

歩夢「そう……ですか」

エマ「なんだか最近みんな忙しいねぇ……」


夜 歩夢の部屋

歩夢(ブレスレットを付け始めてから、毎日一人ずつ同好会に来られなくなってる……)

歩夢(もしかしてあの子から私以外の子を遠ざけようとしてるのかな?)

歩夢(私はあの子とのドキドキするようなことが起きたりするのを期待してたんだけど……)

歩夢「でも……これであの子と結ばれるなら……」

6: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:12:00.61 ID:jb4MrUll
翌日 部室

歩夢「エマさんが怪我!?」

かすみ「当分安静にしてないといけないとか……心配です……」

歩夢「…………」

あなた「なんだかだんだん部室が静かになっていくね……」

かすみ「大丈夫ですよ! その分かすみんが元気にしてますから!」

あなた「ありがとう、かすみちゃん」


夜 ベランダ

あなた「私……なんだか不安だよ……」

歩夢「えっ?」

あなた「このまま誰も同好会に来なくなっちゃうような気がして……」

歩夢「そ、そんなことないよ!」

あなた「だけど……」

歩夢「少なくとも私は、ずっとあなたのそばにいるから……」

あなた「歩夢ちゃん……うん、そうだよね」

7: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:12:39.56 ID:rLoK/cqq
トモリで草

8: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:15:00.42 ID:jb4MrUll
歩夢の部屋

歩夢(このブレスレット、人を遠ざけるというより排除してるような気がする……)

歩夢(私の恋の邪魔になりそうな子を、ひとりずつ……)

歩夢(もしかしたらこれからもっと大変な目に遭う子が出てくるかもしれない……)

歩夢(それで、いいのかな……? 私の恋のために、こんな……)

歩夢「ううん、弱気になっちゃダメ。ここまできたら、もう止まれないよ!」

歩夢(私は絶対に、あの子と……)

………………

…………

……


翌日 部室

歩夢「どういうこと? かすみちゃんと連絡がつかないって……」

あなた「私、電話してみる!」スッ

プルルルル……プルルルル……プルルッ

あなた「かすみちゃん!?」

かすみ〈……先輩〉

あなた「なにかあったの? みんな心配してるよ?」

かすみ〈すみません……その、かすみん具合が悪くて……〉

あなた「大丈夫? 私、今からそっちに――」

かすみ〈ダメですっ!!〉

あなた「っ……」

9: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:18:00.47 ID:jb4MrUll
かすみ〈今のかすみんを……先輩に見られたくないです……〉

あなた「…………」

プツッ、ツーツーツー……

歩夢「ねぇ……かすみちゃん、どうしちゃったの……?」

あなた「わからない……わからないけど、普通じゃなかった……」

歩夢「…………」


夜 歩夢の部屋

歩夢「…………」ポチポチ……

歩夢「どうして……なんで販売ページが消えてるの……?」

歩夢「このブレスレット、絶対におかしい……」

歩夢(やっぱりこれ以上続けるべきじゃないのかな?)

歩夢(それでもあの子のことは諦めたくないよ……)

歩夢(だけど……このままじゃまた誰かが排除されちゃう……)

歩夢(私の恋か、私の仲間か。どちらかを選ばなくちゃいけない……)

歩夢「私は――」

ブチッ!

歩夢「もうこんなものなんていらない……私には、必要ない!」

歩夢「……これで、いいんだよね?」

………………

…………

……

10: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:21:00.46 ID:jb4MrUll
翌日

プルルルル……プルルルッ

あなた〈歩夢ちゃん?〉

歩夢「ごめんね、朝早くから……まだ寝てたよね?」

あなた〈うん……でも大丈夫だよ〉

歩夢「その……今からそっちに行ってもいいかな?」

あなた〈えっ?〉

歩夢「今日は一日あなたと一緒にいたいの……」

あなた〈あ……わかったよ。でも着替えたりしてからでもいい?〉

歩夢「うん。準備ができたら呼んでね」


あなたの部屋

あなた「やっぱり歩夢ちゃんも心配、なんだよね?」

歩夢「うん……だけど、たぶんもう安心してもいいと思う」

あなた「どうしてそう思うの?」

歩夢「な、なんとなく! 来週はみんな揃うような気がして……」

あなた「そうだね……そうだといいな」

歩夢「きっとそうなるよ。私にはわかるの」

あなた「……そっか」

歩夢「ねぇ、明日もあなたと一緒にいてもいいかな?」

あなた「いいよ。私もひとりでいたくないから」

歩夢「……ありがとう」

………………

…………

……

11: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:24:00.39 ID:jb4MrUll
翌々日 道

カン! カン! ウィーン!

あなた「さっきかすみちゃんから電話があってね」

歩夢「そうなの? 様子はどうだった?」

あなた「もうすっごく元気そうだった! ほんと安心したよ」

歩夢「そうなんだ……よかったぁ」

歩夢(私はもうあんなものには頼ったりしない)

歩夢(恋はやっぱり自分の力で叶えないとダメなんだよね)

歩夢(少しずつでも、一歩一歩この子に近づいていけたらいいな)

歩夢(……ううん、私は絶対にこの子と結ばれるの!)

歩夢(だってこの子は私の幼馴染で、私のたったひとりの運命の人だもん!)

歩夢「ねぇ、あな――」クルッ

ガシャン! グシャッ!

歩夢「え……?」

「キャーッ!」

「誰か下敷きになってる!」

「救急車! 救急車呼ばなきゃ!!」

歩夢「なに……? あなた、どこに――」ピチャッ

歩夢(血……? 誰の……? やだ……嘘だよ、こんなの……)

歩夢「いやああぁぁぁぁーっ!!」

歩夢(私のせいだ……私がブレスレットを壊したせいで……)

歩夢「ごめんなさい……ごめんなさい……ごめんなさい……ごめ――」

12: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:27:00.52 ID:jb4MrUll
虹ヶ咲学園

しずく「おはよう、栞子さん」

栞子「おはようございます、しずくさん」

しずく「あれ? それ……」

栞子「あぁ、これは……昨日たまたま見つけて衝動買いしてしまって」

しずく「へぇ……よく似合ってるよ」

栞子「ありがとうございます」

しずく「でも意外。栞子さんも衝動買いなんてするんだ」

栞子「ええ、まあ。その……実は歩夢さんとお揃いなんですっ」

栞子「……このブレスレット」

世にも
奇妙な
虹ヶ咲


トモリ「自分に向けられた思いというものには、案外気づかないものです」

トモリ「それが好意であっても敵意であっても……」

トモリ「もし、あなたの目の前に突然気の合う友人が現れたら」

トモリ「その友人はあなたにどんな思いを抱いているのでしょうか」

トモリ「そしてあなたは、どんな思いを抱くのでしょうか……」

………………

…………

……

13: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:30:00.57 ID:jb4MrUll
『あなたと私』

あなた「…………」

侑「あなたは……誰なの……?」

あなた「……私は」

侑「それ、小学生の頃歩夢と遊園地に行ったときにお揃いで買ったお土産だよね?」

あなた「あぁ……うん、これは――」

侑「どうしてあなたが持ってるの? もしかして泥棒!?」

あなた「違うよ! これは私のなの!」

侑「意味わかんないよ! あなた何者!? 歩夢とどういう――」

あなた「一旦落ち着こう! ね? とりあえずうちに入って!」

侑「えっ、待ってよ! そこは空き部屋のはずじゃ――」

あなた「いいから早く!」

バタン!

――――――

――――

――

15: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:33:00.43 ID:jb4MrUll
あなたの部屋

侑「なにこの部屋……私の部屋みたい……」

あなた「えっと……簡単に説明するね。侑ちゃんはパラレルワールドって知ってる?」

侑「う、うん……えっ? どうして私の名前――」

あなた「順番に説明するから、まずは私の話を聞いて?」

侑「……わかった」

あなた「私はね、この世界の人間じゃないの。元々はこことよく似た別の世界にいたんだ」

侑「……つまりあなたはパラレルワールドからやってきたってこと?」

あなた「そういうこと。なにかのはずみで飛ばされちゃったみたい、あはは」

侑「じゃあこの部屋はどうしたの? まるでずっとここで暮らしてたみたいだけど……」

あなた「うーん……よくわかんないけど一緒に飛ばされたんだと思う」

侑「そう、なんだ……」

あなた「私が言うのもなんだけど……信じてくれるんだね」

侑「なんかちょっと混乱しちゃって……信じるしかないっていうか……」

あなた「でも侑ちゃんに見つかっちゃうなんて、油断したなぁ……」

侑「ねぇ、あなたはいつからこの世界にいるの?」

あなた「1週間くらい前からかな。だからこっちの世界のことはだいたいわかってるつもりだよ」

侑「……さっきここと似てる世界から来たって言ってたよね? その世界にも私はいるの?」

あなた「ううん、侑ちゃんはいないよ。その代わりに私がいるって感じかな」

16: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:36:00.41 ID:jb4MrUll
侑「代わりってどういうこと?」

あなた「私のいた世界ではね、歩夢ちゃんの幼馴染は私なの」

侑「えっ、じゃあさっき持ってたのは……」

あなた「うん、あれは私と歩夢ちゃんの思い出」

侑「……ごめんなさい。私、泥棒なんて言って」

あなた「いいよいいよ。勘違いしちゃうのは仕方ないもん」

侑「それで……あなたはこれからどうするの?」

あなた「心配しないで。元の世界に戻る方法は見当がついてるから」

侑「そっか」

あなた「本当は誰にも見つからずにいなくなるつもりだったんだけど……」

侑「あ……私、余計なことしちゃった?」

あなた「ま、歩夢ちゃんに見つかるよりはよかったよ。絶対に混乱させちゃうだろうし」

侑「じゃあ歩夢たちにはあなたのこと黙っておいたほうがいいかな?」

あなた「そうだね。そうしてもらえると助かるよ」


侑の部屋

ガチャッ

歩夢「おかえり、侑ちゃん」

侑「あれっ、歩夢なんでいるの?」

歩夢「侑ちゃんこそ今までどこに行ってたの?」

侑「あー……ちょっとね」

歩夢「……もしかして、誰かと会ってた?」

侑「え……」

17: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:39:00.68 ID:jb4MrUll
歩夢「そうなんだ……どうして隠すの?」

侑「べ、別に隠したわけじゃ――」

歩夢「じゃあ誰と会ってたのか教えてくれるよね?」

侑「えっと……か、彼方さん!」

歩夢「彼方さん?」

侑「うん! ちょっと相談事があって……」

歩夢「なら最初からそう言ってくれればいいのに……」

侑「あはは……ごめんごめん」

侑(一応あとで彼方さんに連絡して話を合わせてもらおう……)


翌日 部室

歩夢「彼方さん、昨日って侑ちゃんと会ってましたか?」

侑「!」

彼方「うん、そうだけど……それがどうかしたの?」

歩夢「いえ、会ってたならいいんです」

侑「ちょっと歩夢! 私の話信じてなかったの?」

歩夢「ごめんね。昨日は様子がおかしかったから、ちゃんと確かめたくて」

侑「もうっ、幼馴染を疑うなんてひどいよ!」

歩夢「幼馴染……そうだよね。私たち、幼馴染だもんね」

彼方「疑いが晴れてよかったねぇ、侑ちゃん」

18: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:42:00.31 ID:jb4MrUll
あなたの部屋

侑「この部屋、昨日より物が少なくなってない?」

あなた「うん、ちゃんと片付けてから出て行こうと思って。立つ鳥跡を濁さずってやつ」

侑「へー……」

あなた「侑ちゃんは今日どうだった? 私のこと話したりしてないよね?」

侑「それは大丈夫! ちょっと歩夢に疑われたけど、上手くごまかしたから」

あなた「そう。じゃあ部活のほうはどう?」

侑「みんな今日もすっごく可愛かった! やっぱりスクールアイドルってときめいちゃうよ!」

あなた「うんうん、わかるっ! 最高だよね!」

侑「私たちって……なんだか似てるね」

あなた「かもね」


数日後 部室

侑「ねえねえ、ちょっといい?」

愛「あっ、ゆうゆ。愛さんたちに用事?」

侑「新しい曲作ってみたから、聞いてみてくれない?」

ミア「ボクに聞かせるってことは、よほどの自信作ってことかな」

侑「あはは……お手柔らかにお願いします」

~間~

侑「……どうかな?」

愛「うんうん、いいよ! 愛さんこの曲めっちゃ好き!」

ミア「ま、何年も音楽やってるならこれくらいのものは作れないとね」

侑「やだなぁ、ミアちゃん。私まだ音楽初めて1年も経ってないよ?」

ミア「あぁ……そうか。Sorry、なにか勘違いしてたみたいだ」

侑「……?」

19: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:45:00.38 ID:jb4MrUll
あなたの部屋

あなた「いい曲だね。さすが侑ちゃん」

侑「ありがとう。あなたにもそう言ってもらえると安心するよ」

あなた「ふふっ、私そんなに大した人間じゃないよ?」

侑「でも音楽はあなたのほうが先輩だし……あっ」

あなた「どうかした?」

侑「いや……そういえばミアちゃんが変なこと言ってたなーって」

あなた「変なことって?」

侑「なんか私が何年も音楽やってる、みたいな……どうしてそんな勘違いしたんだろ?」

あなた「…………」

侑「ま、気にすることでもないかな。にしてもこの部屋ずいぶんがらんとしちゃったね」

あなた「あ、うん! だいぶ片付いたよ」

侑「ってことはあなたはもうすぐ出ていっちゃうんだ……」

あなた「そうだね……」

20: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:48:00.40 ID:jb4MrUll
翌日 部室

栞子「侑さん」

侑「ん、どうしたの?」

栞子「この申請書、名前が抜けているので記名をお願いします」

侑「オッケー……あれ? これ私の名前でいいの?」

栞子「はい?」

侑「こういうのって部長が書くべきなんじゃない?」

栞子「ええ、ですから――」

ランジュ「なら大部長のランジュが書いてあげるわ!」

侑「いや、ここは部長のかすみちゃんに……」

かすみ「ぶちょー……? あ、そうでした! もうっ、しお子なに間違えてるの?」

栞子「す、すみません! 私としたことが……」

ランジュ「ねぇかすみ、それランジュが書きたいわ! いいでしょ?」

かすみ「ダメですよ! 部長の役割を取らないでくださいっ!」

侑(なにかが、おかしいような……まさか!)

21: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:51:00.33 ID:jb4MrUll
あなたの部屋

侑「あなたの目的はなに?」

あなた「えっと……なんの話?」

侑「とぼけないで! ここを出て元の世界に帰るなんて、嘘だよね?」

あなた「えっ……」

侑「本当は……私と入れ替わるために現れたんでしょ?」

あなた「……私と侑ちゃんが入れ替わる? どうしてそんな――」

侑「最近みんなの様子が変なの。まるで記憶を書き換えられたみたいな……」

侑「あなたが現れてからだよ、おかしくなり始めたのは」

あなた「…………」

侑「正直に答えて。私と入れ替わるつもりなんだよね?」

あなた「……もしそうだとしたら、侑ちゃんはどうする?」

侑「そんなの止めるに決まってるよ!」

あなた「どうやって? どうやって止めるって言うの?」

侑「それは……」

あなた「一番確実なのは……私を殺すことかな」

侑「……!」

あなた「いいよ。侑ちゃんがそうしたいなら、私を殺しても」

侑「な、なに言ってるの……?」

22: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:54:00.45 ID:jb4MrUll
あなた「私が侑ちゃんの居場所を奪おうとしているなら、他にどんな方法で止められるの?」

あなた「大丈夫だよ、私の存在を知っているのは侑ちゃんだけなんだから」

あなた「そもそも私はこの世界の人間じゃないし、いつ消えてもなんの問題もないでしょ?」

あなた「私が死んだところで誰も気にしないし、世界にはなんの影響もない」

あなた「ただ、すべてが元に戻るだけ……違う?」

侑「だけどっ……殺すなんて……」

あなた「自分の居場所を本気で守りたいなら、それくらいの覚悟を持たないとダメなのっ!!」

侑「っ……」

あなた「やってよ。今ここで、私を殺してみせてよ」

侑「できないよ……」

あなた「どうして?」

侑「友達を殺すなんて、できるわけないよ……」

あなた「…………」

侑「…………」

あなた「……ごめん、怖がらせるようなこと言って」

あなた「心配しなくても私は侑ちゃんの居場所を奪ったりしないから」

あなた「だから……明日にはもうここを出ていくことにするよ」

あなた「それで侑ちゃんともこの世界とも、ちゃんとお別れする」

あなた「……少し、長くいすぎたのかもしれないね」

………………

…………

……

23: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 21:57:00.41 ID:jb4MrUll
翌日 部室

侑「…………」

歩夢「侑ちゃん、なにかあったの?」

侑「えっ、どうして?」

歩夢「なんだか寂しそうな顔してるよ」

侑「……そっか。私、寂しいんだ」

歩夢「悩みごとがあるなら、私になんでも言ってね?」

侑「ありがとう。でも大丈夫だから」

歩夢「……本当に?」

侑「うん。ねえ、覚えてる? 小学生のとき、遊園地で一緒に買ったお土産のこと」

歩夢「もちろん覚えてるけど……あれ?」

侑「歩夢?」

歩夢「それって侑ちゃんと行ったんだったっけ?」

侑「えっ……?」

歩夢「侑ちゃんと行ったのは……えっと……おかしいな、どうして思い出せないの?」

歩夢「大切な思い出なのに……侑ちゃんのこと、思い出せない……」

侑(もしかして……本当は、私が……?)


あなたの部屋

ガチャッ

あなた「あれっ、侑ちゃん? 学校はどうしたの?」

侑「……私に嘘、ついたよね?」

あなた「嘘?」

侑「別の世界から来たのは、あなたじゃなくて私なんでしょ?」

あなた「…………」

24: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:00:00.52 ID:jb4MrUll
侑「ありえないんだよ、歩夢が私との思い出を忘れちゃうなんて」

侑「きっとみんなの記憶を書き換えているのは、私自身……」

侑「それにこの部屋、どうして片付けてるの?」

侑「部屋ごとこの世界に飛ばされたなら、戻るときだって一緒のはずだよね?」

侑「私、なんでしょ? あなたの居場所を奪おうとしているのは……」

侑「本当のこと、話してくれるよね?」

あなた「……気づいちゃったんだね」

侑「じゃあやっぱり――」

あなた「でも侑ちゃんはこのままこの世界で生きていてくれないかな?」

侑「そんなのダメだよ! ここはあなたの世界なのに!」

侑「そうだ、私が死んだらあなたは居場所を取り戻せるんじゃ――」

あなた「もう遅いの! 世界は侑ちゃんに適応し始めてるから……」

あなた「この流れは誰にも止められない。だから私が去るしかないんだよ」

侑「だけど……」

あなた「私がいなくなれば、もっと早いスピードで世界は侑ちゃんに合わせて変わっていくと思う」

あなた「きっと侑ちゃんの記憶からも、私の存在はすぐに消えてなくなるよ」

侑「嫌だよ……あなたを忘れちゃうなんて……」

あなた「短い間だったけど、侑ちゃんと過ごすことができて楽しかったな」

侑「待ってよ! 私はまだあなたと――」

あなた「歩夢ちゃんのこと、任せたからね」

侑「……私、絶対忘れないから! あなたのこと、忘れないからね!」

――――――

――――

――

25: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:03:00.40 ID:jb4MrUll
ガチャッ……バタン

歩夢「侑ちゃん! そんなところでなにしてるの?」

侑「えっと……なにしてたんだろ、私……」

歩夢「そこって空き部屋だったよね? どうやって中に入ったの?」

侑「うーん……鍵が開いてたのかな?」

歩夢「ダメだよ? 開いてても勝手に入っちゃ」

侑「あー、うん。ごめん」

歩夢「それで……この後どうするの? 学校に戻る?」

歩夢「このまま帰るなら、みんなには私が――」

侑「戻るよ、学校に」

歩夢「そう?」

侑「みんなに心配かけたくないしね」

歩夢「ふふっ、そうだね」

侑「じゃあ……行こっか、歩夢ちゃん」

世にも
奇妙な
虹ヶ咲

26: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:06:00.46 ID:jb4MrUll
トモリ「あなたは夢を見ますか?」

トモリ「夢の中では現実ではありえないような不思議なことが起きたり」

トモリ「時には恐ろしい目に遭うこともあります」

トモリ「どんな夢でも目が覚めてしまえばおしまいですが――」

トモリ「夢の中で『これは夢だ』と自覚してしまったら……」

トモリ「その夢は奇妙な世界への入口かもしれません」

………………

…………

……


『どりーみん☆かすみん』

部室

かすみ「むにゃ……はっ! あれ……かすみん寝ちゃってた……?」

ガラッ

果林「あら、かすみちゃんひとり?」

かすみ「あ……果林先輩」

果林「もしかして寝てた?」

かすみ「はい。ふわぁ~……」

果林「大きなあくびね、可愛い」

かすみ「えへへ、かすみんはなにしてても可愛いですから!」

果林「ところでかすみちゃん、白のパンダってどう思う?」

かすみ「はい? なんですか突然?」

果林「エマったらね、パンダが白かったらただの白熊だって言うのよ?」

かすみ「はあ……」

果林「でも白くたってパンダはパンダでしょ? 白熊じゃないわよね?」

かすみ「さあ? かすみんにはわかんないです……」

27: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:09:00.38 ID:jb4MrUll
果林「…………」ジー

かすみ「な、なんでそんなに見てるんですか?」

果林「かすみちゃんって、本当に可愛いわよね……」

かすみ「当たり前じゃないですか」

果林「ねぇ、今からデートしない?」

かすみ「デート?」

果林「ええ、ふたりっきりでお出かけしましょ?」

愛「カリン! 抜け駆けなんてずるいよ!」

ランジュ「そうよ! かすみはランジュとデートするんだから!」

璃奈「かすみちゃん、好き。璃奈ちゃんボード『むちゅちゅ~』」

かすみ「えっ、えっ!? 皆さんどこから現れ――」

かりあいらんりな「「「「かすみ!」ん!」ちゃん!」」

かすみ「う、うわぁー!」ピュー!


空き教室

バタンッ!

かすみ「はぁ……はぁ……ど、どうなってるの?」

あなた「知りたい?」

かすみ「わっ、先輩!?」

あなた「どうしてこんなことになってるか、気になるよね?」

かすみ「そりゃ気になりますけど……先輩は知ってるんですか?」

あなた「もちろん。ここはね、かすみちゃんの夢の中なんだよ」

かすみ「夢……?」

あなた「でね、この夢の中ではみんなかすみちゃんのことが大好きなの!」

かすみ「へぇ……ってことは先輩も!?」

あなた「いや私は別に」

かすみ「なんでですかっ!」

28: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:12:00.33 ID:jb4MrUll
あなた「にしてもうらやましいなぁ~、みんなからモテモテなんて!」

かすみ「そう言う先輩は現実でもかなりモテモテのような……」

あなた「ん? なにか言った?」

かすみ「いえ……それより、どうやったら夢から抜け出せるんですか?」

あなた「ええっ!? そんなのもったいないよ!」

あなた「せっかくモテモテなんだから、この状況を楽しまないと!」

かすみ「でもかすみんは先輩のことが――」

あなた「私なんてほっといていいからさ! ほら、さっそく来たみたいだよ!」

かすみ「え? 来たって……」

ガラッ!

愛「かすかすー!」

かすみ「かすかすじゃなくてかすみんですっ!!」

愛「今から愛さんと原宿行こっ?」

かすみ「……それってデートですか?」

愛「かすみんは愛さんとデートがしたいの?」

かすみ「そういうわけじゃ……」

愛「だったらフツーに友達同士でショッピングってことで!」

かすみ「まあ、それならいいですけど……」


原宿

かすみ「愛先輩、この辺詳しいんですね」

愛「まあねっ。けっこー歩いたし、ちょっと休憩しよっか。なにか買ってくるから待ってて!」

かすみ「はい、じゃあここで座ってます」

愛「あっ、たこ焼きくーださい!」

店員「うぃっすー」

~間~

愛「はい、あーん!」

29: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:15:00.59 ID:jb4MrUll
かすみ「か、かすみん自分で食べられますから!」

愛「いいからいいから!」

かすみ「うぅ……あーむっ」

愛「美味しい?」

かすみ「……はい」

愛「あの……さ、かすみんにお願いしたいことがあるんだけど……」

かすみ「なんですか?」

愛「アタシ……かすみんとキス、したい……」

かすみ「え……?」

愛「ダメ、かな……?」

かすみ(愛先輩、本当にかすみんのことが好きなんだ……)

かすみ(キス、しちゃっていいのかな……どうせ夢なんだし……)

かすみ(そう、夢。これは夢だもん! 起きたら全部なかったことになるなら――)

かすみ「わかりました。いいですよ、キスしても……」

愛「ほんとに!? いいの!?」

かすみ「二度も言わせないでくださいっ!」

愛「じゃあさ、かすみんからしてほしい!」

かすみ「ええっ!?」

愛「ほら、早く愛さんにキスしてよ!」

かすみ「……あーもう! 一回だけですからね!」

チュッ

………………

…………

……

30: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:18:00.47 ID:jb4MrUll
かすみ「夢の中とはいえ、愛先輩にキスしちゃった……」

璃奈「かすみちゃん」

かすみ「あ、りな子……」

璃奈「今から私の家、来てほしい……」

かすみ「え、なんで?」

璃奈「……嫌?」

かすみ「別にそういうわけじゃないけど……」

璃奈「じゃあ行こ」グイッ

かすみ「ちょっ、りな子!?」


璃奈の部屋

璃奈「かすみちゃんのためにゲームを作ったから、遊んでみて」

かすみ「へー、どんなゲーム?」

璃奈「璃奈ちゃんボールを転がして、可愛いものをくっつけて大きくするゲーム」

かすみ「……よくわかんないけど、とりあえずやってみよーっと」

~間~

かすみ「はあ~……やっとここまで大きくなった……」

かすみ「可愛くないものを巻き込んだら即ゲームオーバーなんて……」

璃奈「可愛さを追求するかすみちゃんのための特別仕様だよ」

かすみ「この難易度は全然可愛くないっ! って、あそこにいるのかすみん!?」

かすみ「くふふ、このゲームで一番可愛いもの見つけちゃった~。早速巻き込んじゃおーっと」ティコン

かすみ「……あれ? 終わっちゃったんだけど……まさかかすみんが可愛くないってこと!?」

璃奈「ううん、これはゲームクリア。私とかすみちゃんがひとつになれたから」

璃奈「かすみちゃんと、ひとつに……璃奈ちゃんボード『てれてれ』」

かすみ(……なんか怖いから深く考えないでおこ)

31: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:19:20.94 ID:3kHCKEVS
トモリが言いたいだけのスレかと思ったら良いSSで草

32: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:21:00.33 ID:jb4MrUll
かすみ「というかりな子は隣で見てるだけでよかったの?」

璃奈「うん。かすみちゃんと……好きな人と一緒にいられるだけでも幸せだから」

かすみ「りな子……」

璃奈「ねえ、かすみちゃん。私のこと……ギュってして?」

かすみ「……しょうがないなあ」ギュッ

璃奈「えへへ……かすみちゃん、大好き」

………………

…………

……


かすみ「りな子があんなに甘えてくるなんて……ちょっとドキッとしちゃったかも」

ランジュ「かすみ! 探したわよ!」

かすみ「今度はランジュ先輩ですか……」

ランジュ「さ、デートしましょ! ランジュ、かすみと一緒に行きたいところがあるの!」

かすみ「はいはい、わかりましたよ……」


お城みたいな建物前

かすみ「って、ここは……!?」

ランジュ「ここ、一度来てみたかったのよ!」

かすみ「ま、待ってください! ここがどんなところかわかってるんですか!?」

ランジュ「ええ。恋人同士で入るところでしょ? ランジュが知らないわけないじゃない」

かすみ「でもでもかすみんたちまだ高校生ですし……」

ランジュ「つべこべ言わずに入るわよ!」グイッ

かすみ「ちょおっ……!」

33: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:24:00.45 ID:jb4MrUll
同・内部

かすみ(はうぅ……まさかランジュ先輩とホテルに入るなんて……)

ランジュ「きゃあっ! すごいわ! これはなにかしら……?」

かすみ(まあランジュ先輩のことだし、変なことにはならないよね)

かすみ(それにこういうところで女子会するって話も聞くし……)

ランジュ「かすみ? なにぼーっとしてるの?」

かすみ「ああランジュ先輩。もう気は済みましたか……って、ええっ!? ふ、服はどうしたんですか!?」

ランジュ「かすみこそどうしてまだ脱いでないの?」

かすみ「いや、あの、だって……」

ランジュ「いいわ、ランジュが脱がせてあげるから!」

かすみ「ま、待ってください! かすみんそんなつもりじゃ――」

ランジュ「让我们做爱吧!」

かすみ「いやぁーっ!」

………………

…………

……


かすみ「ううっ……ランジュ先輩とあんなことになるなんて……」

かすみ「でもでもこれは夢だもん! 夢だからノーカンだもん……」

果林「ハァイ、かすみちゃん」

かすみ「ひっ! 果林先輩……」プルプル

果林「どうしてそんなに怯えてるの?」

かすみ(ランジュ先輩でアレなら、果林先輩じゃもっと大変なことに……)

果林「ねぇかすみちゃん。私とデートしてくれる?」

かすみ「か、かすみんになにするつもりですか!?」

果林「別になにもしないわ。一緒に動物園に行ってほしいだけよ」

かすみ「動物園……?」

34: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:27:00.31 ID:jb4MrUll
動物園

果林「ほんとパンダは可愛いわね……でもかすみちゃんにはかなわないわ」

かすみ「……ありがとうございます」

果林「…………」

かすみ「…………」

果林「……やっぱり、迷惑よね。私の気持ちは」

かすみ「えっ?」

果林「だってかすみちゃんが好きなのはあの子だもの。私じゃなくて……」

果林「今日は私なんかに付き合ってくれてありがとう。さ、もう帰りましょ」

かすみ「……迷惑なんかじゃないです」

果林「かすみちゃん……」

かすみ「かすみんにしてほしいこととか、ありませんか?」

果林「それってなんでもいいの?」

かすみ「……私にできることなら」

果林「そうね……じゃあひとつお願いしてもいいかしら?」

かすみ「……はい」

果林「これからもかすみちゃんのこと、好きでいさせてほしいの」

かすみ「え、そんなことでいいんですか? 他になにか――」

果林「それだけで十分よ。かすみちゃんへのこの想いは、大切なものだから」

かすみ「そう、ですか。かすみんてっきりエ●チなお願いをされるのかと……」

果林「あら、かすみちゃんはそういうお願いのほうがよかったの?」

かすみ「違いますっ!」

果林「ふふっ、冗談よ」

かすみ「もー! からかわないでくださいっ!」

………………

…………

……

35: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:30:00.44 ID:jb4MrUll
あなた「夢の世界はどうだった?」

かすみ「ちょっと怖いこともありましたけど……楽しかったです」

あなた「ならよかった!」

かすみ「それでどうしたら夢から覚めるんですか?」

かすみ「あっ! もしかして先輩のキスで目が覚めたり――」

あなた「いや、普通に起きようと思えば起きられるよ」

かすみ「えー」

あなた「それじゃかすみちゃん、現実でも元気でね」

かすみ「はい! 夢の中の先輩もお元気で! よーし。目、覚めろ~!」

あなた「あ、最後にひとつだけ」

かすみ「なんですか?」

あなた「本当は私もかすみちゃんのこと好きだったの!」

かすみ「えええっ!? だったら最後にデートしてぇぇぇぇ……!」

――――――

――――

――


部室

かすみ「はっ! ああああ! なんで覚めちゃうのっ!? せっかく先輩がぁ……くぅ~!」

ガラッ

果林「かすみちゃん? どうしたの?」

かすみ「果林先輩! 今すっごく悔しいことがあったんですよ!」

果林「へえ、そうなの」

36: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:33:00.42 ID:jb4MrUll
かすみ「あとちょっとだったのにぃ……ぐぬぬぬぬ!」

果林「……相当悔しかったのね」

かすみ「今の夢、もっかい見れないかな……今度こそ先輩と……!」ブツブツ

果林「そんな顔してたら可愛いかすみちゃんが台無しよ?」

かすみ「いいんですっ! かすみんはどんな顔してても可愛いので!」

果林「……それもそうね。ところでかすみちゃん」

かすみ「はい?」

果林「白のパンダってどう思う?」

かすみ「……へ?」

世にも
奇妙な
虹ヶ咲


トモリ「どんなに幸せな夢でも、永遠に終わらなければそれは悪夢と同じです」

トモリ「誰もがいつかは夢から覚めなければいけません」

トモリ「目を開ければ、そこには大きな世界が広がっています」

トモリ「そしてその世界は日々変わり続けるのです」

トモリ「同じように見えても、人も街も毎日少しずつ変わっていきます」

トモリ「あなたの身近にいる誰かも、昨日までとはなにかが違っているかもしれません」

………………

…………

……

37: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:36:00.35 ID:jb4MrUll
『昨日までと違う人』

部室

せつ菜「ひとつ聞いてもいいですか?」

あなた「ん? なに?」

せつ菜「あなたは私のこと、どう思っていますか?」

あなた「ええっ!? どど、どうって……?」

せつ菜「正直な気持ちを聞かせてください!」

あなた「えっと……すごく素敵だと思ってるよ」

あなた「スクールアイドルとしても、一人の女の子としても……」

あなた「その……なんていうか……好き、だよ……?」

せつ菜「あ……ありがとうございます……」

あなた「うん……」

せつ菜「ですが私が聞きたかったのはそういうことではなくてですね……」

あなた「へ……?」

せつ菜「さらなる飛躍のために、私にもなにか変化が必要なのでは? と思いまして……」

あなた「……!」カァァァ

せつ菜「すみません! 言葉足らずで……」

38: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:39:00.46 ID:jb4MrUll
あなた「わ、私こそごめん……変なこと言って……」

せつ菜「いえっ! 変なんかじゃないです! その、嬉しかったので……」

あなた「そっか……ならよかった……のかな?」

せつ菜「は、話を戻しましょう!」

あなた「あ、そうだね!」

せつ菜「こほん……あなたから見て、今の私はどうですか?」

あなた「うーん……特になにかを変える必要はない気がするけど……」

せつ菜「そうでしょうか……」

あなた「でもちょっとしたイメチェンをしてみるのは面白いかも」

せつ菜「なるほど……イメージチェンジですか……」

あなた「と言っても具体的なことは思いつかないんだけどね、あはは……」

せつ菜「ではこうしましょう! 明日から毎日少し違った私になってみるので――」

せつ菜「あなたの意見を聞かせてくれませんか?」

あなた「少し違ったせつ菜ちゃんって、どんなの?」

せつ菜「それは見てからのお楽しみです!」

あなた「……なんだか面白そう! 私、協力するよ!」

せつ菜「ありがとうございます!」

39: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:42:00.40 ID:jb4MrUll
翌日

せつ菜「昨日とは違う優木せつ菜です!」

あなた「うん……? どこか変わってるの?」

せつ菜「はい! わかりませんか?」

あなた「んーっと……あ! 髪! 分け目が変わってる!」

せつ菜「わあ、正解ですっ! あなたなら気づいてくれると思っていました!」

あなた「なんか間違い探しみたいだね」

せつ菜「ふふっ、そうですね。ですがそれは趣旨とは違いますよ!」

あなた「あ、そっか」

せつ菜「あなたから見て、今日の私はどうですか?」

あなた「そうだなぁ……ちょっと印象が変わった気はするけど……」

あなた「インパクトは少なめって感じかなぁ」

せつ菜「ふむ……やはり変化は大きい方がいいんでしょうか?」

あなた「うーん、まあこういうのは色々試してみないとね」

せつ菜「ですよね! よーし、明日も気合を入れていきます!」

あなた「楽しみにしてるね!」

40: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:45:00.49 ID:jb4MrUll
翌日

せつ菜「ジャーン! 今日の優木せつ菜です!!」

あなた「おおっ、今日は制服なんだ!」

せつ菜「そうなんです! どうですかどうですか!?」

あなた「なんだか新鮮だね! 制服姿のせつ菜ちゃんもすっごく可愛い!」

せつ菜「えへへ……ありがとうございますっ」

あなた「それに……私とお揃いって感じがして嬉しいかも」

せつ菜「お揃いですか……そう考えると私も嬉しいですね!」

あなた「せっかくだから写真撮ろうよ! ふたりで!」

せつ菜「えっ?……まあ写真ならいい、かな」

あなた「ほらほら、もっとくっつこうよ!」

せつ菜「は、はいっ……」

あなた「じゃあ撮るよー?」カシャッ

41: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:48:00.32 ID:jb4MrUll
翌日

菜々「おはようございます」

あなた「せつ菜ちゃん、今日も制服だね……って、あれ? 菜々ちゃん?」

菜々「はい。今日の私はせつ菜ではなく、中川菜々ですよ」

あなた「へぇ~、こういうパターンもあるのかぁ……」

菜々「あなたは優木せつ菜と中川菜々、どちらの私が好きですか?」

あなた「ええっ!? そんなの選べないよぉ……」

菜々「つまりあなたは菜々のことも好きだと思ってくれているんですね」

あなた「うぅ……なんだか今日はちょっと意地悪じゃない?」

菜々「ふふっ、すみません。そんなつもりはなかったのですが……」

あなた「ほんとかなぁ?」

菜々「……あなたはこれからも、私のことを好きでいてくれますか?」

あなた「もちろん! 私はずっとせつ菜ちゃんのことが好きだよ!」

菜々「それが、どんな私でも……?」

あなた「うんっ!」

菜々「……よかった」

42: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:51:00.47 ID:jb4MrUll
翌日

せつ菜「おはようございますっ!!」

あなた「おはよう、今日はせつ菜ちゃんなんだね」

せつ菜「ですが今日の私も一味違いますよ!」

あなた「うーん、見た目はいつも通りに見えるけど……」

せつ菜「どこが変わったのか知りたいですか?」

あなた「教えて教えて!」

せつ菜「今日は……あなたとの関係を少し変えてみたんですよ、先輩」

あなた「え……? 今“先輩”って……」

せつ菜「はいっ! 今日は後輩の優木せつ菜です!」

あなた「おおぉ……これは予想外かも……」

せつ菜「先輩先輩っ! 私、先輩のこと……だーい好きですよっ!」

あなた「――!!」

せつ菜「なーんて……どうでしょうか?」

あなた「……せつ菜ちゃん。私、死んじゃうかも」

せつ菜「えええっ!? だ、大丈夫ですか!?!?」

43: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:54:00.76 ID:jb4MrUll
翌日

ガラッ

あなた「あっ、せつ菜ちゃん」

せつ菜「…………」スタスタ……

あなた「……?」

せつ菜「…………」チョコンッピタッ

あなた「えっと……なんで私にくっついてるの?」

せつ菜「……今日は、どんな私だと思いますか?」

あなた「なんだろう……ワンちゃん、とか?」

せつ菜「違いますよ。今日の私は、あなたの恋人の優木せつ菜です」

あなた「へぇ……へ? ん? あー……え? ええっ!?」

せつ菜「こういう私は、どう思いますか?」

あなた「ど、どうって……あの、えっと……うぅ……」

せつ菜「すみません、この私はあまり気に入ってもらえなかったみたいですね」

あなた「そうじゃなくてっ! その、元々の目的はなんだったかなって思って……」

せつ菜「目的ですか……そんなのは最初からどうでもよかったのかもしれません」

あなた「えっ?」

44: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:57:00.46 ID:jb4MrUll
せつ菜「私はただ……こうしてあなたと一緒にいたかっただけなんです。大好きな、あなたと」

あなた「せつ菜ちゃん……」

せつ菜「ごめんなさい……こんなわがままに付き合わせてしまって……」

あなた「謝ることなんてないよ!」

せつ菜「…………」

あなた「言ったでしょ? 私もせつ菜ちゃんが好きだって」

あなた「ううん、ただの好きじゃない。私はせつ菜ちゃんのことが大好きなのっ!!」

せつ菜「……!」

あなた「だからどんなわがままにだって私は付き合うよ!」

せつ菜「……嬉しいな。あなたにそんなことを言ってもらえるなんて」

せつ菜「私、ずっとあなたと一緒にいたいです。いつまでも、いつまでも……」

あなた「うん。私もせつ菜ちゃんと同じ気持ちだよ」

せつ菜「ではもうしばらく、このままでいさせてください……」ギュッ

………………

…………

……

45: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 22:59:12.39 ID:CfYv/i38
面白い!

46: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:00:00.33 ID:jb4MrUll
翌日

せつ菜「おはようございます!」

あなた「せつ菜ちゃん、おはよう。今日はどんなせつ菜ちゃんかな?」

せつ菜「今日の私はいつもの優木せつ菜ですよ!」

あなた「えっ、じゃあもうイメチェンはおしまいなの?」

せつ菜「そうですね……私の気持ちは伝えちゃいましたから」

せつ菜「もう変に理由をつける必要はありません!」

あなた「そっか。でもちょっと寂しいなぁ……」

せつ菜「寂しい、ですか?」

あなた「うん。もっといろんなせつ菜ちゃんを見てみたかったかも……なんて」

せつ菜「…………」

あなた「だけどね、やっぱり私はいつものせつ菜ちゃんが好きだよ?」

せつ菜「……好き?」

あなた「……大好き」

せつ菜「ふふっ、ありがとうございますっ!」

――――――

――――

――

47: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:03:00.49 ID:jb4MrUll
夕方

ガラッ!

せつ菜「はあっ……はあ……」

あなた「せつ菜ちゃん……?」

せつ菜「よかった……まだ残っていたんですね」

あなた「どうしたの? そんなに急いで……」

せつ菜「その……急にあなたの顔が見たくなったと言いますか……」

あなた「あはは、なにそれ。明日またすぐ会えるのに」

せつ菜「あ……ですよね! すみません、変なことを言って……」

あなた「でも嬉しいよ? 私もせつ菜ちゃんに会うとなんかほっとするから」

せつ菜「そうなんですか?」

あなた「うんっ。だってせつ菜ちゃんは私の大好きな人だもん!」

せつ菜「なるほど……それを聞いたら、私もほっとしちゃいました!」

あなた「ならもう安心だね。じゃあ、また明日!」

せつ菜「……はいっ。さようなら!」

48: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:06:00.73 ID:jb4MrUll
翌日

ガラッ

あなた「おっ、みんなお揃いだね」

しずく「おはようございます、先輩」

あなた「うん、おはよう。ふわぁ~……」

エマ「わあ、なんだか眠そうだねぇ」

あなた「昨日のせつ菜ちゃんのことが気になってね。ちょっと寝不足なんだ」

歩夢「えっ、あなた昨日せつ菜ちゃんと会ってたの?」

あなた「当たり前でしょ? みんなだって学校で――」

歩夢「昨日は学校、お休みだったはずだけど……」

あなた「え? でも……」チラッ

せつ菜「?」

ミア「ベイビーちゃん、まだ寝ぼけてるの?」

彼方「ダメだよ~? 睡眠はしっかりとらないと」

あなた「あれれ、おかしいな……」

せつ菜「大丈夫ですか? 少し休んだほうがいいんじゃ……」

あなた「ううん、平気平気。さ、部活始めよっか!」

せつ菜「……そうですね! では今日も一日張り切っていきましょう!」

49: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:09:00.41 ID:jb4MrUll
あなた(そう言って笑うせつ菜ちゃんは、いつもと変わらないように見えた)

あなた(だけど今までのせつ菜ちゃんとは、なにかが決定的に違っている……)

あなた(私はなぜかそんな気がしてならなかった)

あなた(その違和感の正体にはどうしても気づくことができなくて)

あなた(それでも……私の中に不思議とひとつの確信があった)

あなた(昨日までのせつ菜ちゃんには、もう二度と会えないんだ……)

世にも
奇妙な
虹ヶ咲


トモリ「いかがでしたか。奇妙な世界へと旅立った4人の少女たち」

トモリ「その行き先が彼女たちの望むものであればいいのですが……」

トモリ「なかなかそううまくはいかないようです」

トモリ「あなたならどんな旅を望みますか?」

トモリ「そもそも旅になんて出たくない、そんな人もいるかもしれません……」

トモリ「えっ? 私ですか? そうですね……私なら――」

キーンコーン

トモリ「……どうやら私もこの世界を旅立つ時が来たようです」

トモリ「またお会いしましょう」


このSSはフィクションです

50: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:10:00.18 ID:jb4MrUll
お粗末さまでした。

51: ときめきたい名無しさん 2023/04/01(土) 23:50:13.13 ID:1n0j2kG+
😭

53: ときめきたい名無しさん 2023/04/02(日) 01:24:50.46 ID:VnPEOGf5
いいじゃん

52: ときめきたい名無しさん 2023/04/02(日) 00:57:21.52 ID:kfIdGheq
面白かった
切なくもモヤッとさせられるやつ好き

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1680350400/









注目記事
関連記事
2023/04/02 20:30 | SS | コメント(2)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2023/04/02(日) 20:31:52
  2. 冒頭のトモリで吹いたwww

  3. 名無しライバーさん:2023/04/03(月) 06:03:26
  4. あなゆうはいいぞ

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【声優】相良茉優(29)【ラブライブ!虹ヶ咲】 Apr 17, 2024
【声優】小林愛香さん、渡辺曜ちゃん&相良茉優さんを祝う【ラブライブ!】 Apr 17, 2024
【声優】さくちゃんかのんのお●ぱいみたい【ラブライブ!スーパースター!!】 Apr 17, 2024
ラブライブ!各シリーズで一番淫乱なキャラは? Apr 17, 2024
【画像】ラブライブ!の金髪お姉さん四天王wwwww Apr 17, 2024
【リンクラ】蓮ノ空のこと好き好きクラブのみなさん、徒町のたった20分のストーリーから勝手に3年間を妄想し勝手に泣く【ラブライブ!】 Apr 16, 2024
花帆「おまたせ、アイスティーしかなかったけどいいよね!」【ラブライブ!蓮ノ空】 Apr 16, 2024
【画像】@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ「なんで足が4本あるの?」⎛(cV„;Ó ᯅ ÒV⎞【ラブライブ!虹ヶ咲】 Apr 16, 2024
【Liella!】Wish Song(イントロ神です、衣装えちえちです、ジャケ絵神です)【ラブライブ!スーパースター!!】 Apr 16, 2024
【生放送】Liella!生放送、4/25(木)20時から配信決定!出演は、伊達さゆり、絵森彩、結那、坂倉花の4名!!【ラブライブ!スーパースター!!】 Apr 16, 2024
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

画像 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 SS Aqours ラブライブ! ライブ μ's Liella! 上原歩夢 スクスタ アニメ 高咲侑 動画 優木せつ菜 桜坂しずく 中須かすみ ラブライブ!スーパースター!! 高海千歌 スクスタ毎日劇場 グッズ 渡辺曜 松浦果南 天王寺璃奈 津島善子 ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤ダイヤ 黒澤ルビィ 近江彼方 桜内梨子 エマ・ヴェルデ 澁谷かのん 朝香果林 三船栞子 宮下愛 逢田梨香子 大西亜玖璃 蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ 小原鞠莉 国木田花丸 葉月恋 高坂穂乃果 楠木ともり 絢瀬絵里 園田海未 小林愛香 南ことり 平安名すみれ 矢澤にこ 嵐千砂都 ラブライバー 相良茉優 伊達さゆり スクフェス2 幻日のヨハネ 伊波杏樹 小泉萌香 乙宗梢 星空凛 矢野妃菜喜 前田佳織里 唐可可 ミア・テイラー ショウ・ランジュ 鬼頭明里 スクフェス 日野下花帆 斉藤朱夏 小宮有紗 西木野真姫 田中ちえ美 Link!Like!ラブライブ! 鈴木愛奈 指出毬亜 Saint_Snow 小泉花陽 東條希 青山なぎさ 久保田未夢 Liyuu 村上奈津実 諏訪ななか 結那 降幡愛 法元明菜 夕霧綴理 村野さやか 高槻かなこ 藤島慈 生放送 鬼塚夏美 ペイトン尚未 林鼓子 鈴原希実 内田秀 あなたちゃん 桜小路きな子 岬なこ 鹿角聖良 中川菜々 絵森彩 米女メイ With×MEETS 管理人の戯言 ウィーン・マルガレーテ ラジオ 若菜四季 にじよんあにめーしょん 大熊和奏 声優 新田恵海 坂倉花 R3BIRTH 大沢瑠璃乃 鹿角理亞 A・ZU・NA 近江遥 鍾嵐珠 にじたび! ユニット甲子園 花宮初奈 QU4RTZ 三森すずこ 内田彩 菅叶和 TikTok 月音こな スクールアイドルミュージカル 楡井希実 にじよん スリーズブーケ 徳井青空 野中ここな 藪島朱音 せーので!はすのそら! 副会長 南條愛乃 DiverDiva 綾小路姫乃 りんく!らいふ!ラブライブ! 久保ユリカ ハロー!!!ラブライブ! かんかん&こなちのみらくら補習室ラジオ 川本美里 ぷちぐるラブライブ! ランジュ イベント 飯田里穂 みらくらぱーく! 浦ラジ 楠田亜衣奈 鬼塚冬毬 田野アサミ グラブル 渡辺月 ヨハネ 佐藤日向 DOLLCHESTRA Pile スクフェスAC 三船薫子 Sunny_Passion サヤ 配信 薮島朱音 佐々木琴子 ライラプス A-RISE ニュース Fes×LIVE 演劇部部長 ゲーム わいわいわい 高海美渡 5yncri5e! リコ にじよんあにめーしょん2 マリ ラブライブ!ANN 浅希 ルビィ 絢瀬亜里沙 澁谷ありあ CatChu! 高坂雪穂 ミア SunnyPassion 毎日劇場メーカー 高海志満 ちぃちゃん部長は有能です! バーチャルスクールアイドル ファンミーティング リエラジ SaintSnow 吉武千颯 佐倉綾音 KALEIDOSCORE ニジガク ダイヤ カナン 大賀美沙知 今日子 色葉 AZALEA ハナマル スクスタ4コマ CYaRon! リエラジ! GuiltyKiss チカ はんぺん すみれ妹 しいたけ 綺羅ツバサ 籔島朱音 かんかん&こなちのみらくら待機室ラジオ 百生吟子 紅蓮の剣姫 漫画 ニコ生 流しそうめん同好会 マンマル Liella!CLUB 鞠莉ママ ことりママ 荻野由佳 オフィーリア 畑亜貴 支倉かさね アイプラ アイマス ヨウ ゆいがおー チビ 東山奈央 中川奈々 サスケ 初音ミク NACHERRY がさらじ レジェンドオブニジガク 毎日劇場 杉山里穂 スクフェスシリーズ感謝祭 千歌ママ 聖澤悠奈 スクパラ 水樹奈々 芹澤優 黒沢ともよ 徒町小鈴 近江母 BiBi 石川ゆみ 佐藤美波 小倉唯 黒羽咲良 虹ヶ咲マンスリーアンケート CYaRon! 結木ゆな エマ 謎の少女 統堂英玲奈 本田圭佑 生配信 ランジェ 沙知 With✕MEETS 安養寺姫芽 彼方ママ ラブライブ!フェス ラブライブ!ダービー 立花日菜 椿マドカ 滝沢キョウカ ぽむ玉 ベジータ 桜内万結 結ヶ丘理事長 ポエポエ 柊摩央 ラクシャータ コペ子 近江ママ 兵藤さゆり ジェニファー Shadowverse 水瀬いのり 雨宮天 黒羽咲夜 いつき ぽきもそ ドラマCD 指出毱亜 櫻川めぐ 本渡楓 サニーパッション ペネロペ アイラ 佐々木李子 大谷翔平 びわこ 西葉瑞希 来栖りん しずくママ 進藤あまね レジェンドオブニジガク2 日笠陽子 加藤ツムギ スクフェスシリーズ感謝祭2022 AqoursCLUB 皇ユズハ なこなぎラジオ 菜々ママ 2期生 ヨハネの母 鐘嵐珠 美里 むつ よしみ 若葉四季 DiverDrva 藤城悠弓 桐原優香 紫藤美咲 相川涼 下園咲 TOKIMEKI 平野歩夢 RunRuns 釘宮理恵 ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD 白瀬小雪 もう中学生 C.C. 多々良るう ファビュラスっち くるるん PDP クロちゃん 田中さち子 トラファルガー・ロー きな子の母 結城紗菜 西村文絵 かのんパパ ファンミ 張五飛 きな子ママ かのんママ レオ 斉木風 船戸ゆり絵 マックスむらい ママライブ しずくの母 黒崎隼 佐伯麗音 鬼崎アキラ 月島結架 篠宮あきる 坂巻千鶴子 宮下ココ LOCKS! 女子高生 矢澤こころ 桜咲しずく リエラのうた Liela! クリスティーナ なかやまきんに君 監視委員 コッペパン同好会 藤黄学園 善子母 理事長 優木あんじゅ 大橋歩夕 芸能 金元寿子 山本希望 Aqours_LOCKS! 松永真穂 ことり母 スクコレ お盆 右月 左月 神宮音楽学校アイドル部 トッリ ジレン ドラゴンボール超 QU4RUZ マイ 神谷理華 4コマ ROLAND 樋口楓 画像三森すずこ 松浦果南国木田花丸 ラブライブ!スーパースター!!v せつにゃ あゆにゃん にゃんがさき liyuu 藤堂恵令奈 Kiss Guilty プレリュード てん☆ふぇす 花澤香菜 スクールアイドルの神様 マドカ キョウカ  虹ヶ咲 シシノシン きょうのAqours 生徒会副会長 スカーレットデルタ With×Meet 内田 ツキ SunnyPasson Fes×Live 5yncri5e ミト こなちのみらくら待機室ラジオ トノサマ マリの父 しいな えな 和氣あず未 浅井七海 Fes✕LIVE 上畑歩夢 スクフェス感謝祭 CLUB 矢澤虎太郎 月岡恋鐘 礒部花凜 葉山風花 櫻井陽菜 サークル対抗戦 せつ菜ママ 伊藤かな恵 ⻄葉瑞希 ニジガク☆パジャマトーク リンクラ 管叶和 シャゼリア☆キッス 小山璃奈 IDOLY アイドルマスター⭐❤ラブライブ!歌合戦 アイドルマスター PRIDE シマ ナミ・ミキ 御堂優理 天草ヒカル 滝沢アンズ 北条ユキノ 富田美憂 NIKU 夏川マイ 葉月花 若槻ミスズ 中﨑花音 三笠マーヤ 椿ルリカ レベッカ DierDiva 福原命 菊池朱美 九条聖来 堀内まり菜 孫悟飯 杏ジュリア 岩田陽葵 りんかる君 日下野花帆 松岡禎丞 村野つかさ りんかる ウィーン・マルガリーテ ライザのアトリエ ミカ シイタケ 加藤達也 鍾蘭珠 クーカー みらくらぱーく スクールアイドルの日常 小宮ありさ 空いたり過去 しずく母 フェス 大西阿久里 指でマリア にじたび ラブライブ!三昧 青山渚 森嶋優花