当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】歩夢「侑ちゃんが誘拐された……!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】歩夢「侑ちゃんが誘拐された……!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

niji_202205271106564d3.jpg





2: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:08:01.69 ID:rMKeB1A7
※栞子、ランジュ、ミアが加入前の同好会の設定です

3: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:11:07.54 ID:rMKeB1A7
.
----- プロローグ -----


侑「今日も練習お疲れ様!」


侑「相変わらず可愛かったよ、歩夢」

歩夢「ふふっ、ありがとう」

歩夢「同好会のみんな、すごくレベル高いから、私も頑張らなきゃって」

侑「そうだね、数か月でみんな別人のように成長してるよ」


侑「私もサポートのし甲斐があって楽しいよ!」

歩夢「うん、いつも侑ちゃんにはすごく助けられてるって、みんな言ってるよ」

侑「それは良かった! 私、みんなのためならなんでもするよ」


侑「いつもスクールアイドルを、同好会を、そして歩夢を支えること、それが生きがいなんだ」

4: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:14:03.45 ID:rMKeB1A7
.
歩夢「侑ちゃん……/// そんな生きがいだなんて、大げさだよ」

侑「そんなことないよ! そしてね、いつかは、日本中、いや世界中のスクールアイドルのために」

侑「スクールアイドルフェスティバルよりもっと大きな、びっくりするようなこと、成し遂げてみたいんだ」


歩夢「えっ、びっくりするようなこと?」

侑「といっても、具体的なことは全然考えてないんだけどね」

歩夢「そっか、でも侑ちゃんならきっとできるよ、楽しみにしてるね」

侑「うん、ありがとう!」


歩夢「明日は土曜日だけど、またピアノの練習?」

侑「え、っと……うん、そうだね、早く音楽科の子たちに追いつかないと」

歩夢「夢中なのは良いんだけど、無理しないでね?」

侑「大丈夫! じゃあ、またね、歩夢!」

歩夢「うん!」



歩夢(こんな、何の変哲もない会話を最後に、侑ちゃんは――)

歩夢(姿を、消した)

5: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:15:38.86 ID:W2ZIlITV
誘拐された?侑だけに

11: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:29:23.72 ID:s4TDnUlc
>>5
愛さん…

17: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:50:02.91 ID:zaBS97TU
>>5
ぷひょっw

6: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:19:30.93 ID:rMKeB1A7
.
----- 翌朝、部室 -----


かすみ「あああ、あついです~~」

エマ「もうすっかり夏の気温だね」

かすみ「梅雨入りしたばっかりなのに、こんなに暑くなるんですか~?」


せつ菜「まだ10時なのになにをへばってるんですか! 今日も1日、気合入れますよー!」

愛「おー!!!」

かすみ「ああ、暑苦しい……」


璃奈「そんなときは、愛さんのダジャレで冷ましてもらうと良い」

愛「ちょっとちょっと、りなりー? 冷えるの前提なの?」

愛「じゃあ、梅雨にちなんで……」


しずく「それより、歩夢さん遅いですね?」

7: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:23:28.04 ID:rMKeB1A7
.
かすみ「そうですよ! 呼び出した張本人が遅れるなんて!」


彼方「あのLINEからして、ただならぬ雰囲気だったよね~」

しずく「1時間以内に急いで部室集合! だなんて、何かあったとしか……」

璃奈「璃奈ちゃんボード『ガクブル』」


せつ菜「それでも、ちゃんとみんな集まるんですから、素晴らしい結束力です」


愛「あれ、果林いなくない?」

エマ「果林ちゃんは、休みの日はこの時間まだ起きてないよ」

エマ「もうそろそろ起きてLINE見てくれると思うんだけど……」


かすみ「そんなことだろーと思いました」

かすみ「鎌倉に住んでるしず子すら間に合ってるのに!」

しずく「ううん、昨日、たまたま演劇部の子の家でお泊り会してたんだ」

せつ菜「奇跡的なタイミングでしたね!」


彼方「まだみたいなら、彼方ちゃんもう少しだけすやぴ……ZZZ」

かすみ「じゃあかすみんも、寝不足なので失礼して……」

10: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:29:21.68 ID:rMKeB1A7
バァン

歩夢「みんな! 遅れてごめん!!」


彼方「うおっ、びっくりした~」

せつ菜「歩夢さん、遅刻ですよ!」


歩夢「はあ、はあ……ごめん、ちょっと、落ち着いて聞いてほしいの」

エマ「すごい汗……」

しずく「一体、どうしたのですか?」


歩夢「今朝、うちの郵便受けに、私宛の封筒が入ってたの」

歩夢「中身はこれ、なんだけど」スッ

璃奈「……? 普通の、手紙?」

せつ菜「パソコンで作成して印刷したみたいですね」


愛「読んでもいい?」

歩夢「うん、みんな冷静に読んでほしい」


愛「どれどれ…… 上原歩夢様」

愛「高咲侑の身柄は預かった」

13: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:37:03.49 ID:rMKeB1A7
.
愛「……は?」


かすみ「ど、どういうことですか?」

エマ「侑ちゃんの、身柄を……!?」


愛「無事を確かめたければ、以下の場所のいずれかへ行け」

愛「……と、なんだこれ」

せつ菜「暗号、でしょうか」


『東京の7人のサブリーダー
 色彩感覚に優れた若輩者
 望まれた11の命 輝いた5つの瞳
 今は冷たい闇を見つめる』


彼方「どういう意味……?」

璃奈「……意味不明」


かすみ「手紙は、それで終わりですか?」

愛「あ、えと、」

14: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:38:49.35 ID:rMKeB1A7
.
愛「タイムリミットは今夜18時」

愛「もし警察や家族に知らせれば、高咲侑の安全は保障できない」

愛「相談して良いのは、同好会のメンバーのみ」

愛「貴殿らの健闘を祈る」


歩夢「……これで、終わり」


せつ菜「ばかばかしい、きっとただのいたずらですよ」

彼方「そうだね~」


かすみ「歩夢せんぱい、侑先輩への連絡は?」

歩夢「それが、全然LINEも電話も反応しなくて」

歩夢「直接家にも行ったんだけど、誰もいなくて」


エマ「ご両親もいなかったの?」

歩夢「うん、いま侑ちゃんのご両親は海外に行ってるから、実質一人暮らしなの」

15: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:42:32.49 ID:rMKeB1A7
.
彼方「寝てるだけじゃないかな? 果林ちゃんみたいに」

歩夢「違うの、合鍵つかって入ってみたんだけど、本当に誰もいなかったの」

せつ菜「あ、合鍵?」


歩夢「うん、幼馴染だから、お互いの家の合鍵も持ってるんだ」

かすみ「理由になるんですかそれ……」

愛「ゆうゆと歩夢の関係なら不思議じゃないかも!」


歩夢「昨日、侑ちゃん、今日は一日家でピアノの練習するって言ってたし」

歩夢「もし近所に出かけてるだけにしても、まだLINEも電話も反応無いなんて……」

せつ菜「……なるほど」


歩夢「でね、皆を呼んで、ここに来る前に、侑ちゃんの部屋をもう一度調べてたんだけど」

歩夢「何の手がりも無くて、私どうしたらいいか……」


歩夢「万が一、侑ちゃんの身にもしものことがあったら……」

歩夢「……うっ、うっ」ポロポロ

16: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:46:03.02 ID:rMKeB1A7
.
愛「わわわ、落ち着いて!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『オロオロ』」


しずく「警察に、連絡したほうが良いでしょうか?」

かすみ「だめだよ! 手紙には警察呼んだら安全の保証は無いって」


せつ菜「……出ないですね、確かに侑さんに電話つながりません」

エマ「どうしよう……」


せつ菜「しかし、妙ではないですか? 一般的に誘拐の目的となれば、金銭」

せつ菜「その要求をせずに、家族に知らせるな、と」

果林「金じゃないなら……体かしら?」

愛「から……うわっ!? 果林!!」


果林「遅れてごめんなさい、でも私に10時集合は無理よ」キリッ

かすみ「ドヤ顔で言わないでください……」

18: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:50:40.64 ID:rMKeB1A7
.
果林「なんとなくの事態は把握したわ、侑が大変みたいね」


愛「体が目的ってことは、ゆうゆは、今頃……」

歩夢「やめて!!!!」

愛「あっ、ごめん……」


せつ菜「万が一のことを考えてやはり、警察に連絡しましょう」

せつ菜「日本の警察は優秀です、犯人を刺激しないよう捜査してくれるはずです」

璃奈「賛成」

彼方「女子高生だけじゃ、限界があるもんね」


ブー

歩夢「……LINE? 侑ちゃんから、LINEだ!!」

しずく「侑さんから!?」


歩夢「えっと……ひっ!!」

ガシャン

愛「どうしたの!?」

20: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 08:55:01.54 ID:rMKeB1A7
.
せつ菜「失礼します……侑さん! 侑さんの写真です!」

エマ「縛られてる……!!」

かすみ「写真まで送られてきたということは、いよいよ本当のようですね」


愛「文面も送られて来てる……繰り返し言うが、警察には連絡するな」

愛「お前たちの動きは常に見張られていると思え」

璃奈「見張られて……!?」


歩夢「ゆ、ゆうちゃん……」グスグス


かすみ「こうなったらやはり、私たちの力で、すぐに助けに行かなくちゃですよ!」

彼方「それしか、なさそうだね~」

かすみ「とりあえず、犯人の指示にしたがってあげましょう」


しずく「でも、どうすれば……」

果林「お優しいことに、初めからヒントをくれてるじゃない」

せつ菜「ヒント……ああ、手紙に書いてあった暗号ですね」

23: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:03:24.39 ID:rMKeB1A7
.
かすみ「まず、みんなでこれを考えてみましょうよ!」

愛「手紙、テーブルの真ん中に置くね」


しずく「えっと、もう一度暗号を見ますと……」

『東京の7人のサブリーダー
 色彩感覚に優れた若輩者
 望まれた11の命 輝いた5つの瞳
 今は冷たい闇を見つめる』

愛「愛さん、こういう謎解きって苦手なんだよね、もっとストレートに伝えてほしい」


璃奈「この文章の出典がないか、念のため調べてみる」カタカタ

彼方「以下の場所のいずれかへ行け、のあとにこの文章だから、場所を示してるんだよね~」

エマ「東京都内というのは間違いないってことで良いのかな」

歩夢「都内と言っても、広いから……」


果林「東京のサブリーダーって、何のことかしら?」

しずく「東京のリーダーといえば、都知事ですか?」

愛「首相なら、日本のリーダーって書きそうだもんね」

24: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:05:30.29 ID:rMKeB1A7
.
しずく「それならサブリーダーは副知事でしょうか?」

果林「シンプルに考えるとそうだけど、副知事って7人もいる?」

せつ菜「いえ、都の条例により副知事は4人までと定められています」

しずく「すると、違いそうですね……」


エマ「でも、確かにまずリーダーを何とするか考えるのは良さそう!」

璃奈「ちなみに案の定、この文章の出典は特に見つからなかった」

せつ菜「なるほど……すこし、難航しそうですね」


せつ菜「璃奈さん、すみませんが、先ほどの侑さんが閉じ込められている写真について」

せつ菜「明度など変えて、どこで撮られた写真か、解析することは可能ですか?」

せつ菜「または、侑さんのスマホの位置情報を探ることなど……」

璃奈「明度変えるくらいは簡単にできる、位置情報は……やってみる」


璃奈「歩夢さん、さっきの画像、私のスマホに転送してほしい」

歩夢「う、うん、わかった」

愛「愛さんもりなりー手伝う!」

25: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:08:13.00 ID:rMKeB1A7
.
璃奈「ありがとう、少しだけ人手がほしいかも」


果林「じゃあ、画像解析班と暗号解読班で分かれましょうか」

しずく「犯人の示したタイムリミットは今夜18時……手分けして対応した方がよさそうですね」


璃奈「私と愛さん、歩夢さんが、画像その他暗号以外の観点から推理する班で良い?」

かすみ「かすみんもそっちが良いです! 頭痛くなるようなのは嫌いで、こっちにいても戦力にならなそうですし」

璃奈「わかった。それ以外のメンバーが暗号解読に専念しよう」


彼方「璃奈ちゃんのリーダーシップ、発揮できてるね~」

せつ菜「新たな才能……素晴らしいまとめ役ですね!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『テレテレ』」


果林「それぞれ作業して、とりあえず30分後の12時を目安に進捗を報告し合いましょう」

愛「おー!!」

かすみ「了解です!」

26: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:19:32.79 ID:rMKeB1A7
.
-----


璃奈「侑さんの写真、明度を挙げてみたけど、背景は全体的に真っ黒だし、場所の特定は難しそう」

璃奈「どこか、小屋か倉庫の中かとは思われる」

璃奈「GPSも切られてる。最後に侑さんのスマホ位置を確認できたのは自宅付近みたい」


歩夢「侑ちゃん……」ジワ

かすみ「あああ、歩夢先輩、大丈夫、大丈夫ですから!」

愛「うーん、さすがにそんな簡単にはいかないか」


愛「……犯人、犯人か」

かすみ「え?」


愛「歩夢、今朝ゆうゆの家に行ったとき、家の中は不審な点は無かった?」

歩夢「侑ちゃんの家の中? うん……部屋も、いつも通り綺麗だった」


愛「なるほど、荒らされてないなら、部屋から無理矢理連れ去られたとは考えにくいね」

歩夢「うん、それに、さっき言った通り侑ちゃん今実質一人暮らしだから、」

歩夢「鍵とかの防犯はしっかりしてるはず。窓から入り込める高さでもないし……」

27: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:24:01.20 ID:rMKeB1A7
.
愛「確かに!じゃあ、やっぱり外出したときに連れ去られたんだ」


璃奈「歩夢さんは、侑さんの家のドアの開閉音とかドアホンの音とか聞いてない?」

歩夢「うん……深夜でもない限り、結構乱暴に閉めないと聞こえないと思う」

かすみ「良いマンションですもんね」


愛「じゃあさ、ゆうゆが毎朝日課にしてる外出の用事とか聞いてない? ランニングとか」

愛「もしそうであれば、犯人はランニングコースで待ち伏せして……」


歩夢「ううん、聞いたことないよ、日課があるとすればピアノだと思う」

歩夢「もしランニング趣味があるなら、私も1回は誘われてると思うし」

愛「なるほど……」


かすみ「じゃあ、ふとコンビニとかに行ったんですかね」

璃奈「そうであれば、待ち伏せもできないし、場当たり的な犯行ってことになる」

愛「街でゆうゆを見つけて、突発的に連れ去ったってこと? あんな暗号まで用意しておいて?」


愛「私が犯人なら、毎日姿を見せる学校帰りとかを狙うけどな」

かすみ「歩夢先輩と一緒に下校しているためそれが不可能だったのでは?」

歩夢「でも、週に1~2日くらいは音楽科の補講で帰りが別のときもあるよ」

愛「じゃあやっぱり、いつ外に出るかわからない休日より、下校時間を狙った方が確実だよね」


歩夢「どちらにしても、マンションの前は常に人通りがあって、人さらいなんて目立つことできないよ」

愛「そっか、じゃあわざわざ人通りの少ない場所を通る用事がゆうゆにあったってこと?」

歩夢「でも昨日、侑ちゃんは今日何も予定ないって……」

28: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 09:26:25.06 ID:rMKeB1A7
.
璃奈「歩夢さんに内緒な用事か、急な用事。どちらにせよ、おそらく誰かに呼び出された」

かすみ「だれかって、犯人?」

璃奈「たぶん……」


歩夢「どうやって、言葉巧みに侑ちゃんを?」

璃奈「それはわからない。警察とか親族とかを装っておびき寄せて誘拐する手法は外国であったようだけど」

かすみ「なんて狡猾な……」


歩夢「……ねえ、璃奈ちゃん、侑ちゃんの写真、もっと拡大して、鮮明にしてもらうことできる?」

歩夢「腕とか脚とか顔に、乱暴された跡がないことは確かめたいの」

璃奈「わかった。 ちょっとまって……」カタカタ


璃奈「これでどうだろう」

歩夢「ありがとう、……うん、良かった、大丈夫そう」

愛「とりあえず、ひと安心だね」

璃奈「璃奈ちゃんボード『ホッ』」


璃奈「……あれ?」

かすみ「どうしたのりな子?」


璃奈「ここ、画面の隅の方だけど、少しだけ色が薄い場所がある」

愛「うん、本当だね、言われてみれば」

璃奈「これは……」

璃奈「塩?」

34: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 13:26:46.99 ID:rMKeB1A7
.
-----


せつ菜「さて、東京のリーダーについて考えますか」


エマ「首都東京自体が、日本のリーダーではあるよね」

エマ「スイスだと、首都ベルン、経済都市チューリッヒ、国際都市ジュネーブ、どれか迷うけど」

果林「そうね。政治面でも、経済面でも東京がリーダーではあるわね」

彼方「その東京の中でも、さらに中枢を担うところか~」


しずく「私個人のイメージでは、東京のリーダーといえば、やはり都知事、都庁ですけど」

彼方「都庁の支社とか?」

せつ菜「支社が7つあるという話は聞いたことがありませんが……」

せつ菜「万が一そんなところに閉じ込められていたら、大問題ですね」

果林「可能性の一つとして残しておいたら良いと思うけど、副知事も4人だし、ちょっとなさそうね」


彼方「彼方ちゃんのイメージとしては、東京の中心といえば皇居かな~」

彼方「リーダーって表現は適切じゃないかもしれないけど、地理的にも千代田区ど真ん中だし」

35: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 13:46:58.08 ID:rMKeB1A7
.
せつ菜「そうですね、皇族にリーダーという役割はございませんが」

せつ菜「皇居はもともと江戸城だったことを考えると、それならリーダーと捉えても良いかもです」


エマ「天皇様のおうちがリーダーとすると、サブリーダーは?」

しずく「うーん……他の皇族の宮廷でしょうか」

果林「赤坂御用地ってこと? 宮廷が7つもあったかしら」


せつ菜「えーと、調べたところ、宮廷は全部で5つのようです。上皇の住む御所をいれても6つ……」

果林「はずれみたいね」

しずく「それに、この線でもやはり、国を挙げての大誘拐になってしまいますね」


果林「うーん……他に東京のリーダーと呼べる人や場所はない?」


エマ「私、みんなほど日本にいる時間が長くないから、的外れかもしれないけど」

エマ「はじめに日本に来たとき、成田に降りて、そこからバスで東京駅まで来て」

エマ「ここが日本を代表する場所なんだって思ったことはあるよ」

36: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 13:51:31.97 ID:rMKeB1A7
.
彼方「うん、地理的かつ交通の観点から見てもそうかも~」

彼方「東京駅から全国に新幹線が出てるし、それも東京都の中心ではあるね」


せつ菜「そうですね、大手町や丸の内のあたりは東京都の中心……つまり都心ですね」

せつ菜「周辺の千代田区、中央区、港区は特に都心3区と呼ばれています」


果林「ん? 都心……リーダー……えっと」


果林「もしリーダーがそれを指すんだとしたら……」


果林「ふふっ、なるほどね」


しずく「果林さん、どうしました?」

果林「ごめん、もう一度暗号の前半部分を見せてもらえる?」

しずく「あ、はい」


『東京の7人のサブリーダー
 色彩感覚に優れた若輩者』


果林「……やはり、間違いなさそうね」

果林「前半に関しては、解けたみたいだわ」

37: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 13:54:25.30 ID:rMKeB1A7
.
----- 12:00 -----


果林「さて、12時になったし、お互い進捗を話しましょうか」

愛「のぞむところだ!」

かすみ「なんで勝負みたいになってるんですか……」


璃奈「こちらの班としては、わかったことは3つ」

璃奈「ひとつ、スマホのGPSは切られていて追跡ができない」

璃奈「ふたつ、侑さんは、家にいたところを犯人に呼び出された可能性が高い」

璃奈「みっつ、侑さんの写真は……海岸沿いの小屋か倉庫で撮られたらしい」


エマ「海岸沿い?」

璃奈「そう。写真を拡大してよく見ると、隅の方に微かに塩のようなものが見えた」

璃奈「これは、塩分を多量に含む大気や風が入り込んだものだと思われる」


璃奈「だから、この場所は潮風が吹いている場所、もしくはまれに海水が入る場所」


彼方「おお~、名探偵だね」

果林「さすがね。そして、その結果はこちらの考察を裏付けるものでもあるわ」

38: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 13:58:42.51 ID:rMKeB1A7
.
かすみ「というと……」

愛「暗号、解けたの!?」

果林「まだ前半だけよ。自信はあるけど確証はないから、違和感あったら指摘して頂戴」


『東京の7人のサブリーダー
 色彩感覚に優れた若輩者』


果林「そもそもこの暗号は、侑が閉じ込められている場所を示しているもの」

果林「だから、リーダーとは、特定の人ではなく、どこかの場所の例えだと考えたわ」


かすみ「それで、どの場所に?」

果林「リーダーとは、つまり、東京都心のこと」


果林「だからサブリーダーは、それに準ずるもの、すなわち」

璃奈「副都心……!」

果林「あら、言われちゃったわ」クスッ


愛「え、地下鉄の副都心線のこと?」

果林「そう、その由来となった副都心よ。東京では副都心として7つの地域が指定されているわ」

39: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:05:56.67 ID:rMKeB1A7
.
果林「副都心線が通る新宿、渋谷、池袋のほか、大崎、上野・浅草、錦糸町・亀戸、臨海の7つ」

歩夢「それが、7人のサブリーダー……」


果林「そして2行目の色彩感覚に優れた若輩者。これがどの地域かを指している」

果林「副都心の指定は、1958年に新宿、渋谷、池袋、1982年に大崎、上野・浅草、錦糸町・亀戸」

果林「最後に、1995年、臨海地域が指定されている。これが若輩者よ」


歩夢「すみません、りんかい地域って……」

果林「つまりここ、お台場ね」

歩夢「えっ……!」


果林「お台場の正式な愛称はレインボータウン。この学校の虹ヶ咲という名前もそこから取ったんでしょうけど」

果林「この点も、2行目の色彩感覚に優れたという部分に合致するわ」


果林「だから、侑は台場にいる」


かすみ「す、すごい……完璧です!」

かすみ「いまスマホで調べましたけど、果林先輩の言ってること、全て正しいみたいです」ポチポチ

40: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:09:55.68 ID:rMKeB1A7
.
愛「うん! 愛さんもそれで意義なし!」

愛「カリン、学校のテストはできないのに物知りだね!」

果林「ひとこと余計よ……」


歩夢「そっか……お台場のどこかに……」

彼方「近くにいて、良かった~」


璃奈「うん、私も、すごいと思うけど」

果林「けど?」


璃奈「本当に大丈夫かな。ここで方向性を誤ると、今日中の解決が難しくなる」

エマ「そうだけど、これ以外に思いつかなくて……」

果林「そうね、他の可能性について、念のためもう少し考えてみても良いかもだけど……」

41: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:13:29.33 ID:rMKeB1A7
.
ブー

璃奈「!」


歩夢「あ、また、侑ちゃんからLINE!」

愛「なになに、なんて言ってるの!?」


『正解だ 高咲侑は台場に関連したどこかにいる』


せつ菜「ええっ……!!」

果林「……驚いたわね」


エマ「と、とりあえず正解したみたいだけど……」

彼方「問題は、そこじゃないね」


かすみ「と、盗聴器ですよ! きっと誰かのカバンにつけられてるんです」

愛「こわっ! まさか愛さんの!?」

せつ菜「皆さん、それぞれカバンを探しましょう!」

42: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:15:23.24 ID:rMKeB1A7
.
歩夢「……あっ!!」

しずく「歩夢さん?」


歩夢「なんだろう、これ……かばんの横のポケットに何か知らないキーホルダー入ってる……」

璃奈「これが、盗聴器……?」


かすみ「き、きっとそうですよ!! 歩夢先輩、早く捨てちゃってください!」

歩夢「え、あ、うん、えっと」

かすみ「窓の外です! 貸してください! おりゃー!!」ブン

ポーイ


かすみ「はあ、はあ……」

エマ「これで、大丈夫なのかな……」


ブー

歩夢「また、LINEだ!」

43: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:20:13.16 ID:rMKeB1A7
.
『盗聴器を捨ててしまうなんて さみしいじゃないか
 では ここからは追加のヒントは無し 貴殿らの到着を待つ』


せつ菜「なんだかムカつく言い方ですけど……」

せつ菜「良かった、先ほどの物体は本当に盗聴器だったみたいです!」


かすみ「ふー、ひと仕事終えた気分です」

愛「ナイス! かすかす!」

かすみ「かすみんですぅー!」


歩夢「で、でも、なんで私のカバンに……」

果林「……犯人が恐れているのは警察への連絡だから」

果林「それを見張るために、一番侑を心配して通報しそうな歩夢のカバンに付けたのかしら」

歩夢「いつ、つけられたんだろう……怖い……」


果林「盗聴器はひとつとは限らないわ、みんな警戒しておいて」

しずく「……そうですね」

44: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:28:04.16 ID:rMKeB1A7
.
かすみ「では、暗号解読に戻る感じですか?」

果林「そうね。それしかないでしょう」


せつ菜「しかし、ここからが問題です。上2行は、愉快犯のおかげで言質がとれましたが」

せつ菜「お台場と言ってもまだ広いので、下2行の解読も必須です」


『望まれた11の命 輝いた5つの瞳
 今は冷たい闇を見つめる』


エマ「ここが、少しだけ調べてみたけど、まだわからないんだよね……」


せつ菜「台場で11と言えば、首都高速11号線が浮かびますが」

彼方「一応、11号線……芝浦JCT~有明JCTの長さが5kmらしいけど……」

愛「それで11の命、5つの瞳とするには、無理があるね」


果林「ただ、ここで唸っているのも飽きたから、実際に歩いて探してみようと思うわ」

果林「海岸沿いと、念のため首都高沿いを念入りにね」

45: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:33:57.59 ID:rMKeB1A7
.
エマ「みんなで手分けすれば、探せると思う!」

せつ菜「なるほど、それは良い案です!」


かすみ「うげげ、この暑い中歩き回るんですか?」

果林「もちろん、足が痛くならない程度に休んだり、効率重視でバスとか使いましょう」

果林「あと、連絡は密に取り合うこと」

かすみ「そうですね、それは大前提ですけど」


璃奈「私は、もう少し、この画像からわかることないか解析を進めてみる」

璃奈「何か調べ物をする必要があれば連絡して」

果林「わかったわ、お願いね」


果林「えっと、8人いるから、2人×4グループで分かれましょうか」

愛「じゃあ、愛さんは歩夢と組もうかな」

かすみ「かすみんはしず子で!」


果林「じゃあ、私とエマ、彼方とせつ菜で良いかしら」

せつ菜「承知しました! 彼方さん、必ず見つけ出しましょう!」

彼方「お~!」

46: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:51:07.44 ID:rMKeB1A7
.
----- 13:00 -----


かすみ「あああ、暑いです~」


しずく「かすみさん、それさっきも聞いたよ」

かすみ「でも、暑いものは暑いの! 明け方は涼しかったのに……」

しずく「1日の寒暖差すごいもんね。体調崩さないよう気をつけないと」


しずく「どこかで飲み物買おうか、熱中症になったら大変だもんね」

かすみ「そうしよう……果林先輩も、休んだりバスとか使えって言ってたし」


かすみ「で、学校出て、青海方面に海岸沿いを行くんだっけ?」

しずく「うん、何か閉じ込められてそうな小屋や倉庫があればしらべてみたいな」

かすみ「でもお台場って、倉庫は山ほどあるよお」

47: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:53:49.27 ID:rMKeB1A7
.
しずく「そうだけど、もう使われてなくて、勝手に人が立ち入れるものはそんなに多くないんじゃないかな」

かすみ「うーん……」

しずく「もし蒸し暑い倉庫の中に閉じ込められてたら、脱水症状をきたす恐れもあるし!」


かすみ「えっと、それは大丈夫じゃないかなあ」

しずく「どうして?」


かすみ「さっきのりな子の話だと、小屋とか倉庫の中だとしても潮風が吹きこんでるってことでしょ」

かすみ「風通しは良いなら、灼熱地獄にはならないと思うよ」


しずく「そっか……でも、それでも、1日中倉庫の中はつらいよ! 早く行こう!」

かすみ「はーい」

48: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 14:57:12.44 ID:rMKeB1A7
.
----- 13:30 -----


せつ菜「高速道路沿いに、東雲駅の近くまで来ましたね」


彼方「変わったことは特になし……やっぱり首都高は無関係なのかな」

せつ菜「そうですね。11号はまだしも、5kmを5つの瞳と表現するのは……」


彼方「5kmで5つなら、強いて言えば、各kmのキロポストかな」

せつ菜「さすがにキロポストを瞳と言い換える理屈はなさそうですが……」


せつ菜「それに、レインボーブリッジの真下の部分なら歩けますが、キロポストって高速道路上のものですからね」

せつ菜「そんなところに人を閉じ込める小屋や倉庫があるとは思えません」

彼方「そう信じたいけど……」


遥「あれ、お姉ちゃん!」

彼方「おお、遥ちゃん~」


遥「せつ菜さんも、こんにちは!」

せつ菜「はい、こんにちは」

49: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:04:00.96 ID:rMKeB1A7
.
彼方「遥ちゃんは、午前中部活だったね」

遥「うん! お姉ちゃんたちはこんなところで何してるの?」


彼方「それがね、侑ちゃんが……」

せつ菜「彼方さん!」

彼方「あ! えっと、侑ちゃんが……その、」


彼方「みんな足腰を鍛えるためにウォーキングしなさいって言うから、散歩してるんだ~」

遥「ふうん……? 学校の運動場じゃだめなの?」

彼方「ほら、いつも運動場じゃ飽きちゃうから、たまには外でね」

遥「そっか! 良い案だね!」

せつ菜「あはは……」


遥「この後、友達と遊んでくるね! 夜ご飯までには帰ると思う!」

彼方「はーい、どこに行くの?」

遥「観覧車に乗るの! もうすぐ観覧車の営業終わっちゃうでしょ? だから、その前に」


せつ菜「ああ、観覧車のあるパレットタウンが2022年8月で完全閉館するんでしたよね」

no title

50: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:05:10.58 ID:UU9m62n0
果林さんが賢すぎる…犯人じゃね?

51: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:05:57.54 ID:rMKeB1A7
.
遥「はい! 高校の友人とはまだ乗ってないので、思い出づくりにと思いまして」

彼方「わかったよ~、楽しんできてね」


彼方「あとごめん、彼方ちゃん夕飯は同好会のみんなと食べるかもだから、昨日の作り置きを食べてもらえる?」

遥「そうなの? わかった!」


遥「では、失礼致します!」


せつ菜「……いつお会いしても、礼儀正しくて良い妹さんですね」

彼方「遥ちゃんは彼方ちゃんの自慢だからね~」


彼方「そっか……あのお台場のシンボルの観覧車も、もうすぐ乗れなくなっちゃうんだね……」

せつ菜「はい、さみしくなりますね」


せつ菜「私ももう一度くらい、行くことがあるでしょうか……」

52: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:11:22.92 ID:rMKeB1A7
.
----- 14:00 -----


璃奈「……お、新しいソフト、入手完了」

璃奈「さっそく侑さんの画像を……」


璃奈「ん~」カタカタ


璃奈「……だめか、さすがに写真を撮影した場所の情報は拾えない」


璃奈「次はどうしようかな……あれ」

璃奈「これは、どういうことだろう」


璃奈「今日みんなが集まりだしたのは10時少し前だったから……」

璃奈「関係ないかもしれないけれど、一応、皆に報告しておこう」

53: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:15:58.03 ID:rMKeB1A7
.
----- 14:20 -----


歩夢「すみません、今日、どこかでこの子みませんでしたか?」

通行人「いえ……ごめんなさい」

歩夢「……ありがとうございます」


愛「なかなか見つからないね、ゆうゆの目撃者」

歩夢「うん、侑ちゃんを知っている人はいても、今日の目撃情報は無し」

愛「プロムナード公園とダイバーシティにも、暗号に関する手掛かりはなかったし」


愛「まずいな、もう14時半か……あ」


しずく「愛さん! 歩夢さん!」

かすみ「どんな感じですか?」


愛「やっほー、ふたりとも」

歩夢「ごめん、まだ何も……」

しずく「そうでしたか、実はこちらも」

54: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:21:20.93 ID:rMKeB1A7
.
かすみ「倉庫の中とか虱潰しに探してたんですけど、いつのまにか立ち入り禁止のとこ入ってて」

かすみ「関係者の方に見つかってだいぶ怒られました……」

歩夢「それは大変だったね……ありがとう、そこまで探してくれて」

しずく「いえいえ、侑さんのためですから」


しずく「そういえば、先ほどの璃奈ちゃんからのLINE、どう思いますか?」

愛「え、りなりーからLINE来てるの?」

しずく「はい、15分ほど前に」


歩夢「本当だ、えっと……解析の結果、縛られた侑ちゃんが撮られたのは」

歩夢「午前7時……?」


愛「つまり、写真が届いた11時ころに、タイムリーに撮られた写真じゃないってことだ」

歩夢「じゃあ、少なくとも7時より前には連れ去られていたってこと?」

愛「そうなるね……ゆうゆは6時ころには家を出たってことだ」


歩夢「そんな早くに……誰を名乗って何て言えば、そんな時間に不審なく呼び出せるの?」

しずく「それが不思議ですよね、私も今、かすみさんと話していて……」

かすみ「かすみんには全然わかんないです!」

55: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:25:03.86 ID:qKsCUMIu
いきなり盗聴器投げ捨てたかすみんが不自然に感じた

56: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:27:42.85 ID:rMKeB1A7
.
愛「……あ」

歩夢「ん?」


愛「もしかして、呼び出したのは……知りあいだった?」

しずく「え?」

かすみ「ちょっと、愛先輩、まさか仲間を」


愛「えっと……逆にさ」

愛「歩夢は、朝6時に誰かに誘われたとして、誰だったらひょいひょい外へ出ていく?」

歩夢「私? それは、家族じゃなければ、えっと……侑ちゃんとか?」


愛「しずくちゃんは?」

しずく「えっと、そうですね、私もかすみさんとか、同好会の……」

かすみ「しず子、ストップ」


愛「…………」


歩夢「まさか、愛ちゃん」

愛「ご、ごめん、忘れて! あはは、だめだな、変な考えしか浮かばなくて」

57: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 15:29:45.81 ID:rMKeB1A7
.
愛「やっぱり愛さんには推理は向いてないや」

歩夢「え、うん……」


愛「暗号解いた果林みたいに、何か役に立ちたいって思ってちょっと焦っちゃった」

かすみ「そうですよ、変な冗談はやめてください」


歩夢「…………」


歩夢「果林さん、よくあの暗号、解けたよね、副都心なんて」

歩夢「まるで知っていたみたいに……」

歩夢「朝も遅れて来てたし、もしかして……」


愛「歩夢!!」

歩夢「っ!」


かすみ「ちょっとちょっと、先輩方……」

愛「……歩こう、台場公園で集合だって」

歩夢「うん……」


しずく「……?」

66: ときめきたい名無しさん 2022/06/14(火) 23:15:35.90 ID:mXA1U7TK
犯人は愉快な人だね誘拐犯だけに

70: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:18:22.83 ID:0JPpmyNz
.
----- 14:40 -----


果林「ええと、台場公園は向こうかしら?」

エマ「果林ちゃん、そっちは来た方角だよ……」


果林「あら、ごめんなさい、エマがいて心強いわ」

エマ「方向感覚と早起きに関しては、果林ちゃんには私がいないとね」


果林「あら、少なくとも早起きなら、私だってできるときはできるのよ」

エマ「えっ、そうなの!?」

果林「……まさかそんなに驚かれるとは思わなかったわ」


果林「うーん、侑は見つからないし、暗号の11と5の謎も解けてないままね」

71: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:21:32.48 ID:0JPpmyNz
.
エマ「11と5、実はさっきひとつ思いついたものがあるの、絶対関係ないけど」

果林「あら、何? ぜひ教えて」


エマ「五十音だよ。日本語のひらがなを覚えるときの表、11列5行だった」

エマ「『ん』を単独で1列としたときのパターンだけど」

果林「なるほどね。あかさたなはまやらわ+んで11列、あいうえおで5行か」


果林「これを『望まれた11の命、輝いた5つの瞳』と表すかしら」

エマ「うーん、ごめん、そこまではちょっと……」

果林「ありがとう、その線でもいったん考えてみましょう」

エマ「うん!」


果林「さて、あの海に突き出てるのが台場公園よ」

果林「みんな来てるかしら」

no title

73: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:28:34.23 ID:0JPpmyNz
.
----- 15:00 -----


彼方「あ、果林ちゃんとエマちゃんだ~」

せつ菜「お疲れ様です! いかがでした?」


果林「収穫はゼロよ。足が棒のようになっただけだわ」

彼方「そっちもか~」


果林「そのようだと、特に手掛かりは得られなかったみたいね」

せつ菜「残念ながら……」


エマ「この公園の中は?」

せつ菜「私たちも今到着したところで、まだ確認できていません」

果林「そう。じゃあ、仕上げに1周回ってみましょうか」


エマ「でも、この公園、変なところにあるよね」

エマ「住宅地からも少し離れてるし、海の上にちょんと突き出た感じで」

彼方「彼方ちゃん、来たこと無かったかも~」


せつ菜「それについてはですね、この公園が後からできたのではなく、」

せつ菜「この公園が、台場の歴史の始まりなんですよ」

74: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:34:44.33 ID:0JPpmyNz
.
エマ「え、どういうこと?」

果林「あら、詳しいわね」


せつ菜「はい! 一度、小学生のころに自由研究で調べたことがあるんです」


せつ菜「ほら、あそこに史跡が見えるでしょう」

エマ「うん、錆びててよく分からないけど……あれは何?」

せつ菜「はい、あれはですね……」


果林「あっ!!!!」

彼方「うわあ」


せつ菜「ど、どうしました?」

果林「……解けたわ……」

エマ「え?」


果林「おそらく……いや、うん……きっと」

果林「あの暗号、この話だったんだわ……」

75: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:40:12.53 ID:0JPpmyNz
.
----- 15:15 -----


愛「おーい! 遅くなっちゃった」

歩夢「ごめん、何も、見つけられなくて……」

せつ菜「愛さん! 歩夢さん!」


かすみ「かすみんもいますよ!」

しずく「お疲れ様です」


彼方「おお、皆さんお揃いで」

かすみ「りな子も今、お台場海浜公園駅から歩いて向かってるそうです」


エマ「やっと涼しくなってきた、だいぶ汗かいたね」

しずく「はい、ただ、それに対する成果が得られず……」

果林「大丈夫。それなら、ちゃんとここで、謎は解けたから」


歩夢「え!?」

愛「あの暗号、解けたの!?」

76: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:43:09.67 ID:0JPpmyNz
.
果林「ええ、璃奈ちゃんが着いたら、詳しく説明するわ」

果林「彼女にはひとつお願い事をしてもらっていたから」


歩夢「……また、果林さんが解いたんですか?」

果林「んー、まあ、そうね。私が一番先かしら」


歩夢「なんで、そんなに解けるんですか?」

果林「ん? だからそれは、これから説明して……って、どうしたの? 顔怖いわよ」


愛「歩夢」

歩夢「……いえ、すみません、推理楽しみにしてます」


せつ菜「歩夢さん……?」

77: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:53:10.80 ID:0JPpmyNz
.
璃奈「ごめんなさい、遅くなった」

愛「りなりー! これでそろったね」


かすみ「早く暗号の答えを聞かせてくださいよぅ!」

果林「ええ、では、後から来たみんなに向けて説明させていただくわ」


『望まれた11の命 輝いた5つの瞳
 今は冷たい闇を見つめる』


果林「えーと、かすみちゃん、お台場の成り立ちは知ってるかしら?」

かすみ「え、か、かすみんですか? すみません、そういうのは専門外で……」


果林「私はこっちに引っ越してくるとき、せっかく住む場所ならと思って、いろいろ調べたことがあるんだけど」

果林「台場。この名前の由来は、砲台があった場所よ」


果林「1853年、ペリー来航に危機を感じた江戸幕府は、東京湾に11の砲台を作ることを計画」

果林「莫大な金をかけ、すぐさま工事に着手したわ」

78: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 08:56:18.23 ID:0JPpmyNz
.
果林「しかし、工事計画を縮小せざるを得なくなった事情と、外国との戦争は無いまま開国したことから」

果林「実際に完成したのは5つ。2つは途中で建設中止、4つは着工すらされなかったわ」


歩夢「もしかして、それが暗号の……!!」

果林「そう。望まれた11の命、輝いた5つの瞳。これはこの砲台についての話としか考えられない」


せつ菜「気づいたきっかけは、あそこにある史跡、砲台跡です」


no title


せつ菜「この台場公園は、もともと第3台場のあった場所を、公園として整備したものなんですよ!」

しずく「え!? そうだったんですか……」


歩夢「じゃあ、ここに侑ちゃんが!?」


果林「いえ、それが、いなかったわ」

エマ「ちゃんと探したんだけど、ここじゃないみたいなの」

せつ菜「この公園には小屋のようなものはありませんし……」

79: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:02:43.98 ID:0JPpmyNz
.
愛「じゃあ、他の砲台の近くに?」


果林「それしかないわね。ただ、完成した第1,2,3,5,6台場のうち」

果林「第3はここで、第2台場は今はもう海の底。第6台場は……あそこの島よ」

歩夢「え、あの島が……」


no title


果林「そう、でも、あそこは民間人は立ち入り禁止だから、犯人も入れないはず」

果林「念のため、璃奈ちゃんに調査してもらったけど、どうだった?」


璃奈「うん、昨日深夜から今朝にかけて、あの島に近づいたボートなんて絶対に無いって」

璃奈「そんな時間に渡る船があったら目立つからわかるって」

璃奈「一応、深夜から朝にかけての定点カメラ映像も早送りで見たけど、映ってなかった」


果林「ありがとう、やっぱりそうね」

果林「じゃあ、残りは第1台場と第5台場の2つ。いずれも今は土の中だけど、これらの跡地付近に侑はいるはず」

果林「暗号文最後の今は冷たい闇を見つめる、これは砲台が今は土の中にあることを示しているはずよ」

80: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:07:55.22 ID:0JPpmyNz
.
愛「早速行こう! その2つはどこにあるの?」

せつ菜「それらは天王洲アイル駅から歩いて行けますので、東京テレポート駅から電車で移動しましょう」

愛「あれ、向こう側なんだ!」


果林「部室にいるとき歩夢に来たLINEの言い方が気になってたのよ」

果林「高咲侑は台場に関連したどこかにいるって言い方……なんで台場にいるって直接表現するのを避けたんだろうってね」

果林「きっと、歴史的な意味での台場には関係するけど、現在の住所では台場じゃないから、この言い方にしたんだわ」


歩夢「なるほど……」

かすみ「やっとゴールが見えてきましたね!」


歩夢「…………」


果林「どうしたのよ歩夢、さっきから」

歩夢「もし、その砲台跡にも手掛かりが見つからなければ、18時を待たずに警察へ連絡します」

歩夢「良いですか?」


果林「私にきくの? そうね、もしこれでもいなければ私もお手上げだし、賛成するわ」


愛「大丈夫! きっといるよ! すごい納得できる内容だったもん」

かすみ「はい! 絶対大丈夫です」

彼方「お~」

81: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:13:15.97 ID:0JPpmyNz
.
----- 16:00 -----


果林「天王洲アイル駅についたわね」


果林「残りは第1と第5があるのだけど、二手に分かれましょうか」

しずく「はい、それで大丈夫です」


果林「ひとつは10分くらい歩くのよね、もうひとつはすぐそこなんだけど」

璃奈「私、今日あまり歩いてなくてまだ足に余裕あるから、遠い方で良い」

かすみ「かすみんも第5台場で良いです!」


果林「あら、ありがとう。じゃあ申し訳ないのだけど、QU4RTZの4人で第5台場を見てきてもらえる?」

果林「この道沿いに、まっすぐ歩いたところにあるはずよ」

果林「エマにLINEでおおよそのマップを送っておくわ」

82: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:20:04.39 ID:0JPpmyNz
.
彼方「おっけ~」

エマ「はーい!」

せつ菜「すみません、よろしくお願いします!」


かすみ「いってきまーす」フリフリ



果林「さて、私たちは第1台場付近に向かいますか」

愛「やるよー!」


歩夢「…………あの」

歩夢「果林さん、みんな、ちょっと、お話良いかな?」


愛「お!」

果林「……あら」


果林「もうさっそく始めるの? 私も、確認したいことがあるわ」

歩夢「……」コクン

83: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:21:52.53 ID:0JPpmyNz

84: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:27:36.15 ID:0JPpmyNz
.
----- 16:15 -----


かすみ「進め進め進め~♪」


エマ「えっと、果林ちゃんが送ってくれた地図だと、この変なんだけど」

璃奈「でっかい倉庫かオフィスしかない」


エマ「埋立地の先端まで来ちゃったね」

彼方「あ、でも見て、品川台場食堂っていうお店があるよ~」

no title

かすみ「じゃあやっぱり、このあたりで間違いないですね!」


エマ「砲台跡はどこだろう?」

彼方「地下に埋まってるって言ってたから、地下に続く道が?」


璃奈「でも、侑さんの写真は潮風が入る風通しの良い小屋のはずだった」

彼方「たしかに~」


エマ「写真を撮ってから、場所を移した可能性もあるんじゃ?」

璃奈「……その可能性も完全には捨てきれないけど」

85: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 09:37:56.46 ID:0JPpmyNz
.
彼方「そうなると、探すのかなり大変だね~」

彼方「小屋みたいな場所っていうのは、前提で話してたし」

エマ「でも念のため、地面とかにも怪しいところがないか……」


かすみ「あっ! 見てください、あの小屋怪しくないですか?」

璃奈「ん……まあ、たしかに」

彼方「一応、開けてみようか」


エマ「でも、鍵とかかかってるんじゃない?」

かすみ「よいしょっ!」

ガタン


彼方「おお、開いた……暗いね」

璃奈「ライト、つける」ピカッ


エマ「ん~……」

璃奈「誰も、いない」


かすみ「侑せんぱーい?」

86: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 11:05:23.67 ID:QDR82n97
かすみ、侑がそこにいるの知ってるかのように呼んでるような...

87: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 11:21:37.92 ID:dotX8zrC
暑い暑い言ってたのに、自分から遠い方に行こうとするのも怪しい

88: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:21:16.78 ID:0JPpmyNz
.
エマ「いなそうだね……」

彼方「誰かいた形跡も無いし、やっぱりここじゃないんじゃ……」


璃奈「まって、何か紙が置いてある」

璃奈「これだけ、ほこりをかぶってなくてきれい」ピラ


彼方「どれどれ……」


『おめでとう、同好会諸君
 君たちのチームワークに感動した
 高咲侑の身柄は本日中に解放することを約束する』


璃奈「……これは」

彼方「おお~!」


かすみ「やりました! かすみんたち、勝ったんですよ!」

エマ「やったね!」

彼方「最後は、なかなかあっけなかったね~」


璃奈「…………」

かすみ「どうしたのりな子、うれしくないの?」

89: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:25:00.78 ID:0JPpmyNz
.
璃奈「嬉しい、けど……まだ、もやもやが消えない」

かすみ「え?」


エマ「確かに、まだ侑ちゃんの無事も、犯人の正体もわかってないもんね」

彼方「うん、そうだよね」


エマ「とりあえず、ここから出ようか」

エマ「で、果林ちゃんたちに連絡を――」


果林「その必要は無いわ」


彼方「あれ?」

璃奈「……みんな、おそろい」

かすみ「もう、第1台場を見終わって……?」


エマ「みんな! 侑ちゃんはいなかったけど、解放してくれるって、手紙あったんだよ!」

エマ「これで終わりみたい!」


果林「そうね、これで一旦ゲームは終了ってことなのかしら」

90: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:28:10.18 ID:0JPpmyNz
.
エマ「え?」

かすみ「ゲーム……」


璃奈「…………じゃあ」

璃奈「確信したんだね、果林さん」


果林「ええ、さっきこっちで話し合って、おそらく間違いないと思うわ」

かすみ「りな子……?」

エマ「ねえ、果林ちゃん! 全然言ってることが分からないんだけど……」


歩夢「侑ちゃん!!!」

歩夢「侑ちゃん! きっと近くで見てるんでしょ!! ねえ!」


果林「侑! 出てきて良いわよ、もう全て分かってるから」

果林「答え合わせ、しましょうよ」


彼方「な、なにを……」


ガタン

エマ「……えっ」

愛「音がしたね、小屋の裏?」

91: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:30:51.91 ID:0JPpmyNz
.
果林「そんなところにいたの」


侑「…………」

侑「あはは、お見通しかあ」


愛「ゆうゆだ!」

せつ菜「本当にいました……」

しずく「私も半信半疑でしたけど、果林さんの話、真実のようですね」


エマ「本当に、侑ちゃんなの……?」

歩夢「侑ちゃんっ!!!」


歩夢「なんでこんなこと……っ 心配したんだから!!」

侑「歩夢、ごめん、本当にごめんね……」


侑「……えっと、皆にもたくさん謝らなくちゃいけないんだけど」

侑「その前に、気づいていること、全部教えてくれると嬉しいな」


果林「ふふっ、今日何回目の推理ショーかしらね」

果林「来る途中に公園があったわ、場所を変えましょう?」

92: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:37:09.69 ID:0JPpmyNz
.
-----

エマ「偽装誘拐……?」


せつ菜「誘拐されたように見せかけることですね!」

果林「ええ。今日の出来事を順に追って整理しましょう」


果林「朝9時前、歩夢が自宅のポストに侑を誘拐した旨の手紙が届いていることに気付く」

果林「歩夢は合鍵を使って侑の家に入り、侑がいないことを確認、メンバーに集合するよう連絡」

果林「11時頃、歩夢に侑のスマホから、縛られた侑の写真が送られる」

果林「ただし、その写真は朝7時に撮られたものだった……」


侑「撮影時間がバレちゃうとは、考えてなかったなあ」


果林「そこで、部屋が荒らされてなかったことから、朝6時頃に誰かに呼び出されて外でさらわれたと考えた」

果林「でも、不審な点がひとつ。侑のスマホのGPSの最後の記録は、侑の家付近であること」

果林「マンションの目の前は早朝でも一目につく場所。さらわれたのなら、少しマンションから離れなきゃいけないわ」


果林「だからあなたは、自宅で自分でGPSをオフにし、自分の意志で外出した」

侑「……GPSをオフにする場所かあ、私も詰めが甘いな」

93: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:41:04.61 ID:0JPpmyNz
.
璃奈「GPS調べたの私なのにそこまでは考察できていなかった、無念」


果林「その縛られた写真を初めから歩夢に送信しなかったのは、そうした場合、歩夢がすぐさま警察に電話しかねないからね?」

侑「うん、当たり。みんなに相談するまでは、イタズラの可能性を残しておきたかったから」

愛「実際イタズラだったけどね!」


果林「あとはまあ、犯人の動機の不自然さね」

果林「途中で『正解だ』なんてヒントを与えてきたり……暗号を解かせることだけに目的を持ってるようだったわ」


侑「暗号、結構悩んで、いじわるに作ったんだけどな、すごいや」

侑「果林さんがひとりで解いたの?」


果林「いいえ、数時間以内に解けたのはチームワークがあってこそよ」

果林「台場公園でせつ菜と砲台の話をしなきゃ、後半部分の鍵は思いつかなかったしね」


侑「なるほど、皆の力でここにたどり着いて、かつ偽装誘拐とも見抜けた……」

侑「あとは私が、動機を話す番かな?」


果林「いいえ、推理ショーはまだこれからが本番よ」

94: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:44:52.16 ID:0JPpmyNz
.
侑「……というと?」


歩夢「侑ちゃん、これ、全部ひとりでやったの?」

侑「!!」


果林「そんなはず無いわよね? ひとつ、単純に、縛られた侑の写真」

果林「これ、両手もバッチリ縛られてるけど……侑ひとりなら、どうやって撮ったのかしら」


果林「2つ目は、璃奈ちゃんから。さっき私だけにとても有用な情報をリークしてくれたわ」

璃奈「うん。歩夢さんのカバンに付けられてた、キーホルダー型の盗聴器」

璃奈「外に投げた後、落ちてるの拾って分解してみたけど」

璃奈「盗聴器なんてついてなかった……ただの、何の変哲もない、キーホルダーだった」


璃奈「だから、部室に盗聴器があるのかと思って調べたんだけど、見つからなくて」

璃奈「思ったんだ、最初から盗聴器なんてなかったんじゃないかって」


彼方「そうなると、おかしいな、どうして犯人はあんなにタイミング良く……」

果林「だから、そういうことよ」

95: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:47:55.67 ID:0JPpmyNz
.
果林「暗号解読の進捗を確認しながら侑に報告したり」

果林「警察に頼らず、全員が自分たちで暗号を解くように流れをつくったり」

果林「盗聴器を本物だと思い込ませるような行動をとったりする役割が必要だったはず」


果林「つまり、この偽装誘拐事件、外部の犯人はいないにしても」

果林「内部に協力者がいたんでしょう? このメンバーの中に」


エマ「えっ……!!」

彼方「この中に、協力者が……」


侑「……それは、誰かな?」

果林「もう否定しないのね。じゃあここは……しずくちゃんに言ってもらおうかしら」


しずく「わ、私ですか?」

果林「ええ。名探偵の演技をしてるつもりになって、ビシッと決めてほしいわ」


しずく「わかりました…………ふう」


しずく「この偽装誘拐事件、侑さんの協力者は……」

しずく「あなたですね」


シュバッ


しずく「かすみさん」

96: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 12:55:07.24 ID:0JPpmyNz
.
かすみ「くっ……!!」


彼方「かすみちゃん……!?」

エマ「なんでかすみちゃんが……」


かすみ「な、なんでかすみんが共犯なんですか!? ここまで、皆と一緒に頑張ってたじゃないですか!」


果林「正直言って、現時点では直接的な証拠は無いわ」

かすみ「なんだ、それで仲間を疑うようなこと言ったんですか」


愛「その仲間って言葉、さっきも使ったね?」

かすみ「え、さっき……?」


愛「かすかすとしずくが、愛さんと歩夢と合流したとき。ほら……」

97: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:10:33.03 ID:0JPpmyNz
.
歩夢『そんな早くに……誰を名乗って何て言えば、そんな時間に不審なく呼び出せるの?』

愛『もしかして、呼び出したのは……知りあいだった?』

しずく『え?』

かすみ『ちょっと、愛先輩、まさか仲間を』


愛「愛さんは知りあいとしか言ってないのに、仲間……つまりメンバーを疑うのは、突飛じゃないかな?」

愛「ゆうゆにだって、学校以外の知り合いもたくさんいるだろうし、学内の同好会以外の友達だっているはず」

愛「なんで、メンバーの中に犯人がいること前提なの?」


かすみ「それは……ふとそう思っただけですよ!」

かすみ「その後の会話からして、かすみんがそう言わなくても、そういう流れになっていたじゃないですか!」

98: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:13:53.20 ID:0JPpmyNz
.
果林「つぎは私から。天王洲アイル駅に着いて、第1台場と第5台場を見に行くときの会話ね」


果林『残りは第1と第5があるのだけど、二手に分かれましょうか』

果林『ひとつはすぐそこなんだけど、もうひとつは10分くらい歩くのよね』

璃奈『私、今日あまり歩いてなくてまだ足に余裕あるから、遠い方で良い』

かすみ『かすみんも第5台場で良いです!』


果林「あなた、台場の歴史を聞いたときには、そういう話は全然知らないって言ってたのに」

果林「どうして駅から遠い方が第5台場だって知ってたのかしら?」


かすみ「そ、そんなの、適当ですよ! 第1と第5って言われたら、第5の方が遠そうに思えるじゃないですか」


果林「それに、一番歩き回るのを渋っていたあなたが、遠い方を立候補するのも違和感あるわね」

果林「第5台場がゴールだと知っていたからじゃない?」

果林「だから、私たちは第1台場を確認せず、かすみちゃんたちの後をすぐに追ったのよ」

99: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:17:52.61 ID:0JPpmyNz
.
璃奈「第5台場付近に到着したときも、すごくスムーズだった」

璃奈「みんなが探す方針に迷ってたのに、一発で正解の小屋に着目して、ためらいなく開けてた」

かすみ「……それもたまたま、怪しく思っただけです」


璃奈「次に、さっきの、盗聴器は盗聴器じゃなかった話」

璃奈「あのキーホルダーを盗聴器として信じ込ませるとともに、」

璃奈「本当は盗聴器が無い中で完璧なタイミングで歩夢さんにLINEを送るためには、こんなやりとりがあったはず」


犯人LINE『暗号の前半解けたので、正解ですって送ってあげてください』

犯人LINE『その3分後に、盗聴器捨てるなんて……ってLINEを送ってください』

侑LINE『了解』


璃奈「つまり犯人は、部室での話し合いの最中に歩夢さんのカバンにこっそり盗聴器らしきキーホルダーを入れ」

璃奈「カバンに盗聴器らしきものが仕掛けられてることを皆に示唆し、盗聴器らしきものを捨てるまで実行した人物」


エマ「あ、かすみちゃん、確かに果林ちゃんが副都心の説明をしたときスマホいじってた……」

100: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:22:12.41 ID:0JPpmyNz
.
かすみ「…………」


果林「そろそろ言い返せなくなってきたかしら?」

果林「あと、あなた今朝、寝不足って言ってたわよね?」

しずく「かすみさん、私と歩いてるときも、『明け方は涼しかったのに……』ってぼやいてたけど」

しずく「そんなに朝早く、何をしてたの?」


果林「朝早く起きて、侑と合流し、縛られた写真を撮る。そして用意していた手紙を歩夢の家のポストに入れる」

果林「朝からやることがたくさんあって、早起きしたのよね」


かすみ「そ、それこそ、ただの揚げ足取りです! 私が協力者だって証拠には……」

果林「あら、ついに一人称がかすみんから私になったわね」


歩夢「じゃあ、ひとつお願いがあるんだけど」


歩夢「かすみちゃんへの疑いを晴らすために、LINEのトーク画面、見せてもらえないかな」

101: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:25:25.93 ID:0JPpmyNz
.
かすみ「LINE……」


歩夢「かすみちゃんが嫌なら、侑ちゃんの画面でも良いよ」

歩夢「きっと二人だけは、今日一日、連絡取り合ってたんだと思うから」

歩夢「さっき果林さんが言ったように、みんな狙い通りの流れに向かってるか、暗号解読の進捗とか……ね」


かすみ「…………」

侑「どうしようか、かすみちゃん」


かすみ「……ふっ」

かすみ「私たちの、完敗ですね」


エマ「それじゃあ……!」


かすみ「今から、一世一代の謝罪を致しますので、どうか見ていてくださいね」

102: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 13:34:40.86 ID:0JPpmyNz
.
せつ菜「ちょっとかすみさん!? 地面に土下座なんて」


かすみ「ごめんなさあああああい!!!」


かすみ「今日のことは、全部私が計画したんです! 侑先輩は巻き込まれただけでして」

かすみ「皆さんに心配と迷惑をかけたこと、本当に申し訳ないです」

かすみ「そして、重ねて恐縮ですが……どうか、知恵を貸していただきたいんです」


愛「知恵?」

彼方「それが、動機ということだね……」


果林「何か込みいった事情がありそうね。まだ17時過ぎだし、ファミレスにでも移動しましょうか」

璃奈「かすみちゃんのおごり?」

愛「もちろん!」


かすみ「うっ……はい……」

侑「あはは、私も出すよ」

110: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 18:39:42.14 ID:clqXQiUc
めっちゃ作り込まれてるな
スレ開くまで単なる誘拐乱交レズレ●プだと思って舐めてたわ

112: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 19:59:13.55 ID:JTHJkbdC
なるほど、そうゆうことかい誘拐だけに

114: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:59:06.07 ID:s/UyZy3d
一世一代の土下座で草

116: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 07:52:16.90 ID:CQwNCNx2
.
-----


璃奈「ミラノ風ドリア、半熟卵つきに、ミックスグリルと、エスカルゴも」


彼方「おお~、よく食べるね~」

エマ「今日、落ち着いて食事取れなかったもんね」


璃奈「人の金で食べるイタリアンは美味い」

かすみ「りな子、遠慮なさすぎ……」


侑「あの、歩夢、ずっと腕組まれてると動きづらいというか……」

歩夢「もう、どこにも行かせないから!」

侑「ご、ごめんって」


せつ菜「……さて、注文も終わったので、お話を伺いましょうか」

果林「私たちの知恵を借りたいとは、どういうことかしら?」


かすみ「はい……少し長くなりますが、よろしくお願いします」

117: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 07:55:45.65 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「少し小声で話しますね、ここからの話は内密に」

かすみ「……このお台場のどこかに、大量の金塊が隠されているかも知れないんです」


しずく「金塊?」

果林「唐突ね。冗談でしょ?」


かすみ「正直、金塊かはわからないけど……しかし、それに匹敵するお宝だと思います」

かすみ「実はかすみんのひいおじいちゃんは、1979年~1995年の間、東京都知事を務めていたすごい人でした」


歩夢「えっ!?」

愛「本当!?」

せつ菜「なんと、身内にそんな方がいらっしゃるとは」


かすみ「ただ、かすみんは会ったことがなく、亡くなった時の葬式も参列していませんが」

璃奈「あれ……中須都知事なんていたっけ?」

かすみ「ううん。その娘であるおばあちゃんが中須姓のおじいちゃんと結婚したから、名字は違うよ」

119: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:03:08.72 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「おばあちゃんは素朴な一般家庭のおじいちゃんと結婚する際、家族に反対され、駆け落ち同然で出てきたので」

かすみ「生前のひいおじいちゃんとおばあちゃんとの関係は、良くない状態が長く続いたようです」

かすみ「それでも、ひいおじいちゃんが政界を引退した後は少し関係が回復して、かすみんも幼いころはおばあちゃんからよく話を聞かされました」


エマ「そんな立派なひいおじいさんが、お宝に関係してるの?」


かすみ「はい、都知事時代のひいおじいちゃんの夢は、当時すすきが生い茂る野原だったお台場を発展させ」

かすみ「お台場で世界都市博覧会と呼ばれる国際的なイベントを開催することでした」


かすみ「80年代から構想はあったそうですが、大阪開催を支持する団体の圧力や、バブルの崩壊による台場への企業誘致失敗で」

かすみ「博覧会は延期に延期を重ね、90年代の半ばに入りました」


せつ菜「世界都市博覧会……聞いたことあるような無いような……」

果林「私もそんな感じね。生まれる前とは言え、今は台場にいるんだから知っているべきなのかも知れないけど」


かすみ「いえ、無理もないです。博覧会は、結局開催されなかったんです」

歩夢「え、どうして……」

かすみ「次の都知事が博覧会中止を公約に掲げて当選し、中止を強行したためです」

120: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:08:05.59 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「その後、ひいおじいちゃんは非常に大きな怒りに任せて失言をしてしまい、失意のなか政界を後にしたそうです」

かすみ「それでも、ひいおじいちゃんがお台場に残した功績は大きく、93年レインボーブリッジ完成、95年副都心指定、97年ゆりかもめ完成」

かすみ「次第に発展が進むなか、私財をなげうってでもなんとかまたお台場で国際的なイベントを開催したいと」

かすみ「資金集めのため裏で動き回っていたそうです。しかし叶わず、2010年に息を引き取りました」


しずく「かすみさんの近親にそんなことがあったなんて、初めて知った」

かすみ「隠してたわけじゃないよ、でも言いふらすことでもないから」

彼方「むしろ、かすみちゃんがこんな真面目な話し方ができることを初めて知ったよ~」


果林「それで、金塊というのは……その曾祖父が博覧会開催のため集めたお金のこと?」

かすみ「そうです……先月、おばあちゃんも病気で亡くなりました。死の間際、内緒で私に話してくれたんです」


かすみ「莫大なお金がお台場のどこかに隠されているはずで、ひいおじいちゃんの葬式の際、金庫から隠し場所の暗号と思われるメモを発見した」

かすみ「これは次世代を担う若者に託したい、と」


彼方「暗号……?」

歩夢「また暗号……」

122: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:17:41.68 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「それが、こちらです」


『①仏は敬愛の念に燃える
 ②問題解決のプロセス
 ③船乗りどもが夢の跡』


せつ菜「ふむ、意味がわかりませんね」

彼方「これ、本当に隠し場所の暗号なのかな~」


かすみ「わかりません……ただ、私はおばあちゃんの憶測を信じるだけです」


果林「なるほどね、それで、私たちに相談する前に、私たちの暗号解読能力を試したってことかしら」

かすみ「う、はい……ごめんなさい」


かすみ「私も、もし本当にこの大金があるなら、ひいおじいちゃんの夢を継いで、お台場ですごく大きなイベントを興したいんです」

かすみ「かすみんの好きな、スクールアイドルのイベントです。記念館のようなものを建てるのも夢です」

かすみ「ただ、一人では解けず、誰かに協力を仰ぎたく……」


しずく「初めから、相談してくれたら良かったのに」

かすみ「むやみに多くの人を巻き込みたくなかったんだよ、考えたくないけど、大金の取り分で揉めるかも知れないし……」

123: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:19:39.29 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「だからとりあえず、スクールアイドル界の発展という同じ夢を持つ侑先輩だけに相談したんだけど」

かすみ「数日経ってもやっぱり解けず……同好会のみなさんがこういう暗号解読を得意であれば」

かすみ「相談してみようということになり……今日の偽装誘拐を企てました」

かすみ「お騒がせしたことは、本当に申し訳ないと思ってます」


侑「ごめんね、かすみちゃんがあまりに真剣だったから、話に乗っちゃった」

歩夢「もう……心配したんだから」


愛「で、愛さんたちは、合格したのかな?」

かすみ「あ、はい! ちゃんと時間内に暗号解いて、偽装誘拐であることも、かすみんが関わってることも、全て当てられて」

かすみ「おみそれしました……だから、お願いです! 力を貸してください!」


果林「まったく、水くさいわね……そんなに頭下げないでも、それくらい協力するわよ」

せつ菜「ええ! 仲間の悩みはみんなの悩みです!」

エマ「逆に、私なんかで役に立つなら……」

彼方「もちろんだよ~」


かすみ「……ありがとうございます……!!」

124: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:20:54.51 ID:CQwNCNx2
.
侑「良かった……本当に助かるよ」


歩夢「えっと、これまでの暗号は、次の暗号とは関係無いの?」

侑「うん、今日のは私が作ったやつ。かすみちゃんの事情を踏まえて、台場の地理と歴史をもとに考えてみたんだ」


しずく「これ、私たちが解けなかったら、どうするつもりだったんですか?」

侑「ん~……実はあまり考えてなかった。なんとなく、皆なら解いてくれると信じてたし」

侑「解けなかった時も、結局、正直に話してたかもね」

歩夢「まったくもう!」


果林「さて、もう今日は夜になったから、続きは明日にしましょう」

果林「とりあえず一晩この暗号をそれぞれで考えてみる。分かったら共有するということで良いかしら」


璃奈「らじゃー」

愛「了解!」


璃奈「じゃあ、最後にティラミスを……」

かすみ「まだ頼むの!?」

125: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:31:08.58 ID:CQwNCNx2
.
----- 翌日 -----


かすみ「さて、二日連続でお集まりいただいてすみません」

かすみ「どうでしょうか……?」


果林「さっぱり。今のところお手上げだわ」

璃奈「私も。念のため文言を検索したけど、出てこなかった」

侑「解けた人は……いないみたいだね」


かすみ「うむむ……困りました、おばあちゃんからは急ぐように言われたのに」

エマ「急ぐように?」


かすみ「はい、理由は言わなかったですけど、おそらく急いだ方が良いかもしれないと」

彼方「どうしてだろう……」

愛「まあ、善は急げって言うし!」


せつ菜「ではとりあえず、また皆で話し合ってみましょうか!」

果林「そうね。それで誰かがひらめくかもね」

126: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:35:52.59 ID:CQwNCNx2
.
『①仏は敬愛の念に燃える
 ②問題解決のプロセス
 ③船乗りどもが夢の跡』


侑「①~③って番号が振ってあるってことは、これはそれぞれ違う場所を示すと推測していて」

侑「一番具体的に言ってそうなのは、『船乗りどもが夢の跡』の部分だと思うんだ」

侑「これは松尾芭蕉が平泉で読んだ句、『夏草や兵どもが夢の跡』をもじったものだと思ってるよ」


エマ「台場で船って言えば、船の形した大きな建物あるよね」

歩夢「船の科学館ですね、私もそこが浮かびました」


せつ菜「あとは、その向かいに展示されている、実際に南極観測で用いられた船、宗谷」

せつ菜「このあたりは、船乗りさんたちの夢の跡という解釈もできます」


no title


かすみ「実は、かすみんたちもそう思って、その辺は既に調べたんです」

侑「だけど、手掛かりのようなものは見つからなかったんだ」

侑「むろん、2011年から休館している本館の中とかは入ってないけど」

127: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:38:43.27 ID:CQwNCNx2
.
せつ菜「幼い頃、入った記憶がありますが、2011年から休館していたのですね……」

果林「かすみちゃんの曾祖父がご存命のころは休館前ね。もしその中に手掛かりがあったら、一般人にはどうしようもないわ」


愛「あ! かすかす、そのひいおじいちゃんの力で入れたりしないの?」

かすみ「かすみんです! 無理ですよ、そちらの家とはもう繋がりが無いようなものです」


璃奈「じゃあ、忍び込む」

かすみ「無理だって! それは最終手段にしておこう……」


エマ「ちなみに、その夏草や……の俳句は、どういう場所で読まれたの?」

彼方「夏草っていうくらいだから、草ボーボーなんじゃない~?」


せつ菜「いえ、おくのほそ道において、芭蕉が平泉に着いたのは5月くらいだったと言われています」

せつ菜「かつ、岩手県である平泉は気温が低く、さらにその当時は現代よりも平均気温が低かったため」

せつ菜「まだそんなに生い茂った状態ではないと推測されます」

128: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:41:16.88 ID:CQwNCNx2
.
愛「おおー! せっつー博識!」

せつ菜「これでも、中川菜々としては文学少女のつもりですからね」


果林「なるほど、じゃあ新緑の生え始めたくらいの、まだ寂寥感漂う風景だったということね」

彼方「うーん、歴史に絡めるなら、また砲台跡の話も関係するのかな?」

侑「でも、そうすると船乗りとの関係がなくなっちゃうんだよね……」


果林「やはり、実際に自分の足で調べに行くしかなさそうね」

愛「お、今日もお出かけする?」

果林「ええ。その船の科学館と宗谷、実際に行ってみましょう。何かヒントがあるかもしれないわ」


かすみ「そうですね、皆でいけばまた違った視点があるかもですし」

侑「よし、行こう!」

129: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:50:57.38 ID:CQwNCNx2
.
-----


愛「さすが、日曜日だとなかなか賑わってるね~」

せつ菜「すごい、本当に本物の船の中です!」


侑「これは実際に使われた船をそのまま展示してるからね」

侑「ほら、乗組員を模した人形もある」

歩夢「うわっ、びっくりした~」


璃奈「友達と観光、楽しい」


せつ菜「私も、こういう資料館のような場所は興味あります!」

歩夢「せつ菜ちゃん、ちゃんと全部の説明書き読んでるもんね」

彼方「タロとジロ、かわいいね~」


果林「うーん、これも夢の跡って感じは無いわね」

果林「もっと寂寞を感じさせる場所は無いかしら」

しずく「そうですね……」

130: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:53:11.88 ID:CQwNCNx2
.
かすみ「あれ、これ、何て読むんですか? ねこ?」


愛「あっははは! かすかす、にゃんこをおもりにして船とめないでしょ」

璃奈「はんぺん、かわいそう……」


せつ菜「かすみさん、これは錨(いかり)と読むんですよ」

かすみ「ああ、いかりですか……愛先輩、笑いすぎです!」

愛「ごめんごめん~」


しずく「……あれ?」

果林「どうしたの?」


しずく「私、最近、錨を見たような気がします……」

果林「錨って、普通は海の底にあるものだから、目にしないと思うけど」


しずく「それも、おそらく昨日歩いてるときに見ました、海岸沿いです」

果林「そんな、そこらへんに落ちているものじゃ……」

131: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 08:56:23.69 ID:CQwNCNx2
.
侑「……いや、たしかに、あったかも」

愛「ん、何の話してるの?」


侑「璃奈ちゃん、ちょっと『台場 いかり』で調べてもらえる?」

璃奈「らじゃー……」カタカタ


璃奈「あった」

璃奈「これのこと? 錨と鎖のオブジェ」

しずく「そう、これ! 果林さん、ここ、寂寥感ありませんか?」


果林「……! 確かに、夢の跡という雰囲気にぴったりよ!」

かすみ「ここはまだ調べてないです!」

せつ菜「では、ここを出た後に行ってみましょう!」

侑「うん!」

132: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:02:26.54 ID:CQwNCNx2
.
-----


歩夢「自由の女神像の裏だから……あった!」


エマ「錨が砂に埋まってる……」

璃奈「名前はそのまま、『錨と鎖のオブジェ』ってネットに書いてある」

せつ菜「確かに、こんなオブジェありましたね。気に留めていませんでした」


no title


果林「自由の女神像は有名な観光名所なのに、これは少し地味ね」


彼方「ここに、お宝があるのかな~?」

侑「どうだろう、でも暗号が3行あったうちのひとつだから、お宝そのものは無いかも」


かすみ「すくなくともヒントはあるはずです! 探しましょう!」

彼方「ん~……特に変なところは無さそうだけど……」


しずく「かすみさん、ちょっと鎖とか持ち上げてみる?」

かすみ「え、かすみんが触るの? 素手で?」

133: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:05:43.53 ID:CQwNCNx2
.
愛「かすかす! がんばれー!」

かすみ「愛先輩も手伝ってくださいよ! しず子も!」

愛「しょーがないなあ」


果林「こんなところで女子高生が10人も集まって探し物してるの、なかなかシュールね」

璃奈「記念に撮っておこう」パシャ

かすみ「それ、ブログとかに上げないでよ!?」


しずく「あ、錨のすぐ根元は、たまに散歩に来てるワンちゃんがおしっこしてるから触らない方が良いよ」

かすみ「ひい!」


璃奈「錨の根元……」

璃奈「あれ?」


璃奈「一番左の錨、根元によく見ると文字が刻まれてる」

歩夢「文字……?」

愛「本当だ、錆びで見えにくいけど……」


愛「根元側から、『OUR』って書いてあるね」

134: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:09:07.57 ID:CQwNCNx2
.
侑「何の文字列だろう?」

せつ菜「一人称複数所有格の、OURで良いのでしょうか?」

エマ「他の錨には?」

彼方「ん~、他にはないみたいだね~」


愛「じゃあ、これが暗号のヒント!?」

果林「そうなのかしら……不確かだけど、それ以外になさそうね」

果林「とりあえず、メモはしておきましょうか」


かすみ「よしっ! 一歩前進ですっ! しず子、りな子、ありがとう!」

しずく「いえいえ♪」

璃奈「璃奈ちゃんボード『やったね!』」


しずく「……もしかしたら、この暗号、三文ともこういう像のことを指してるのでは?」

侑「その線はあり得るかも! で、3つとも見れば、この『OUR』の謎も解けるとか」

かすみ「その線で調べましょう! とりあえず、手を洗いたいです……」


愛「りなりー、『台場 像』の跡にさっきの暗号の言葉をくっつけて調べてみて!」

璃奈「あいあいさー」

135: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:19:56.01 ID:CQwNCNx2
.
璃奈「えっと、暗号は……」ポチポチ

『①仏は敬愛の念に燃える
 ②問題解決のプロセス
 ③船乗りどもが夢の跡』

璃奈「ん~……」


璃奈「特に検索に引っかからない。台場に大仏の像があるって話は聞いたこと無いし」


せつ菜「確かに、私も聞いたことは無いですね」

彼方「彼方ちゃんも~」

果林「でも、この錨と鎖も初めはピンと来なかったし、私たちが知らないだけで地味な仏像があるのかもしれないわ」


歩夢「案外、観光に来てるお客さんの方が詳しかったりして……」

エマ「それはあり得るかも。私、スイスにいたころ、私よりスイスに詳しい外国人さんたくさん会ったことあるよ」


かすみ「なるほど……ちょっと、聞き込みしてみますか!」

愛「楽しそう! やろう!」


果林「……ふぅ、『OUR』か……」ボソッ

136: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:23:23.17 ID:CQwNCNx2
.
-----


かすみ「だめでした……」

歩夢「やっぱり、誰もお台場の仏像は知らなかったね……」

愛「うーん、頑張ったんだけどなあ」


かすみ「愛先輩、ファンの子と写真撮ってサインあげてる時間長すぎです!」

愛「いやあ、頼まれたら断れないじゃん?」


エマ「みんなお台場の像は自由の女神くらいしか知らないって言うね」

彼方「あれが一番人気だもんね~」


果林「だめね、私も収穫なしだったわ」

エマ「あ、果林ちゃんトイレ長かったね」

果林「エマ、そういうことは人前では言わないものよ」


しずく「では一応、自由の女神も調べておきましょうか?」

果林「ん~……そうね。観光客に怪しまれない程度に、回りをぐるっと見てみましょう」

137: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 09:29:09.27 ID:CQwNCNx2
.
歩夢「そういえば、いまさらだけど、この自由の女神ってなんでお台場にあるのかな?」

せつ菜「良い質問ですね歩夢さん! デッキの上に説明文があるので、読むと詳しく書いてありますよ」

歩夢「そういえば、読んだことないかも」


侑「じゃあ一緒に見に行こうか!」

歩夢「うん!」


no title


歩夢「……へえ、これ、ニューヨークの像をもとに日本で勝手に作ったものじゃなくて、」

歩夢「もとは日本とフランスの友好の証として、フランスから送られたものなんだね」


せつ菜「そうです! これも小学生のとき、自由研究で調べました!」

エマ「真面目な小学生だったんだね!」


しずく「……あ! すみません、関係ないかもしれないですけど」

かすみ「ん?」


しずく「フランスって……仏って書きますよね」

139: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 11:49:09.19 ID:CQwNCNx2
.
果林「そうね、じゃあもしかしてあの暗号の仏は……」

愛「フランスのことで、自由の女神像が正解ってこと!?」

かすみ「おお~、嘘から出た実っていうんですかね!」


せつ菜「友好のしるしとして送られたので、『敬愛の念』なんですね!」

彼方「たしかに~」


璃奈「でも、『燃える』の部分が……」

愛「良いんじゃない? 右手にたいまつ持ってるし!」

璃奈「うーん……」


果林「いいえ。きっと惜しいけど、これじゃないわね」

侑「え……どうして?」


果林「これとコンセプトも名前も同じような像を知ってるわ、おそらくそっちよ」

愛「えっ! それ、どこにあるの!?」

果林「ここからでも見えてるわ。あれよ」

141: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 11:56:30.60 ID:CQwNCNx2
.
エマ「……ど、どれ?」


果林「あれよ。あの金色の、細長いやつ」

せつ菜「あっ! 自由の炎像ですね!!」


かすみ「あれ、自由の炎像って言うんですか!?」

彼方「彼方ちゃんも、知らなかった~」


果林「ええ、たしかあれもフランスとの友好の証。しかも、炎の方が燃えるに合ってるわ」

愛「それだ! よし、行ってみよう!」


愛「かすかす! かけっこするよ!」ダッ

かすみ「ええ!? どんだけ元気なんですかあ~」


しずく「うふふ」

彼方「微笑ましいね~」

142: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:02:36.07 ID:CQwNCNx2
.
-----


かすみ「……はあ、はあ」

愛「遅いぞー?」

かすみ「勝てるわけがないじゃないですか……」


愛「説明文見ると確かにこれも日本とフランスの友好の証だけど、」

愛「この像、周りの芝生すら立ち入り禁止で、全然近づけないよ」


no title


かすみ「うーん、もしまた根元に小さく文字が刻まれてるんだとしたら、見つけるのは厳しいですね……」

愛「じゃあ、入っちゃう?」


しずく「だめですよ、たくさん人が見ているんですから」

愛「ありゃ、しずくに怒られちゃった」

かすみ「誰も見てなければ良いの……?」


果林「うーん、近づけないわ、困ったわね」

143: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:10:00.92 ID:CQwNCNx2
.
果林「だれか双眼鏡とか、持ってないかしら」

璃奈「さすがに用意してない……家にもあるか怪しい」


歩夢「スマホのカメラのズームとかでなんとかならないかな?」

果林「逆に画質が粗くなっちゃって難しいと思うわ」

果林「どうしようかしら……」


璃奈「そこらへんのオフィスの作業員の制服を奪って来て、業者に見せかけて侵入するのは?」

かすみ「りな子、だいぶサイコパス寄りだよね……」


エマ「……あれ?」

しずく「どうしました?」


エマ「ううん、なんかね、この黒い看板に書いてある説明文なんだけど」

エマ「フランス語の方、たまに下に薄く白い傷がついてる文字があって」

エマ「ただの傷だと思ったんだけど、定規を使ったようにまっすぐ引いてあるんだよね」

145: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:15:29.22 ID:CQwNCNx2
.
果林「あら、どれ?」


エマ「例えば、この『b』……次に、この『l』……」

果林「本当ねえ……あと、この『w』かしら。blw……」


しずく「ここの『o』もそのようです!」

果林「え? ……本当だ、光の加減で見えなかったわ」


エマ「偶然かな……」

果林「いえ、とても不自然だと思うわ。人工的な傷と見て間違いないでしょう」


歩夢「じゃあ、これが2つ目のヒント……!!」

果林「エマ、良く気づいたわね」


エマ「うん、スイスは公用語が4つあって、私はイタリア語圏だったんだけど、」

エマ「フランス語圏から来たお友達と仲が良かったから、少しだけ読めるの」


エマ「だから、フランス語の方の説明文を読んでたら、たまたま」

侑「すごーい! かっこいい!」

146: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:23:49.10 ID:CQwNCNx2
.
果林「じゃあ、アルファベットの並びが順番通りだとすると……『blow』?」

せつ菜「風が吹くとかの意味の、blowですか?」


侑「『our』と『blow』……ううん、まだ分からないな。あとひとつが無いと」

かすみ「えっと、あとひとつは……」


『①仏は敬愛の念に燃える
 ②問題解決のプロセス
 ③船乗りどもが夢の跡』


かすみ「問題解決のプロセス……ですか」


璃奈「これも検索には引っかからなかった」

しずく「これまでの『船乗り』とか『仏』に比べて、着目するポイントも不明ですよね……」


愛「とりあえず、一旦学校に戻っても良い? さっき、足を軽くくじいちゃったみたいで、湿布はりたくて」

かすみ「かけっことか言って急に走り出すからです!」

147: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:25:03.81 ID:CQwNCNx2
.
彼方「さんせーい、彼方ちゃんも少しお昼寝したくなっちゃった……」

果林「そうね、少し休みましょうか。先に行っててもらえる?」


エマ「果林ちゃんは?」

果林「またちょっと、トイレに行きたいから、先に駅に向かってて」


エマ「大丈夫? 調子悪いの?」

果林「大丈夫よ、すぐ追いつくから」

エマ「そっか、わかったよー」


果林「…………」


果林「さて、と」

148: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:35:05.23 ID:CQwNCNx2
.
-----


愛「学校前駅、とうちゃーく!」ピョン

かすみ「本当に足くじいてるんですか……?」


愛「しかし、普段注目してなかっただけで、この台場にも知らないことがたくさんあるんだねー」

しずく「そうですね、改めて、地域学習が大切だと感じました」

エマ「昨日今日で知識増えすぎて、覚えきれないよ~」


せつ菜「果林さんはすごいですね? いろんなことを知っていて」

果林「あら、たまたまよ。ちょっとだけ人より興味を持つものが多いだけ」


侑「でも、それってすごいことだと思う! 見習わなくちゃな~」

彼方「そうだね~」


愛「学校のテストにも興味持てると良いね!」

果林「うるさいわね……」


愛「そういえば、あれ! 学校のすぐ近くにも、変なオブジェあるよね」

歩夢「あの、大きな赤いノコギリのこと?」

149: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:50:01.45 ID:CQwNCNx2
.
愛「そうそう、地面に突き刺さったノコギリ。あれは何て名前なんだろう?」

no title


かすみ「りな子、お願い!」

璃奈「お任せあれ」ポチポチ


璃奈「……あれは、saw, sawing って名前の像で、日本語では切っている鋸って名前なんだって」

彼方「もう、そのままだね~」


璃奈「アメリカ人のアーティストが作成したもので、問題解決のプロセスを表現しているらしい」

かすみ「ふーん、芸術家の考えることはよく分かんないね」


かすみ「…………」

かすみ「え!?」


愛「りなりー、今なんて?」

璃奈「問題解決のプロセス……」


かすみ「あれじゃん!! まさしく、あれ!!!」

侑「行ってみよう!」ダッ

150: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:53:00.38 ID:CQwNCNx2
.
-----


侑「きっと、これのはず……どこだ……」キョロキョロ


かすみ「あっ! これ、見てください!」

かすみ「一番下の鋸の刃の裏側、英単語がひとつ刻まれています!」


愛「どれどれ!?」

果林「本当ね……ええと、『sixty』」

果林「これが最後のヒントで良いみたいね……」


彼方「おお~」

しずく「3つ目は、あっけなかったですね……」


かすみ「すごい、皆でやればこんなに早く見つけられるなんて」

璃奈「最後のは偶然だったけど」


エマ「でも、璃奈ちゃんがすぐ調べてくれたおかげだね!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『エッヘン』」

151: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 12:56:07.00 ID:CQwNCNx2
.
歩夢「でも、まだ、その3つの単語の意味が……」

果林「そうなのよね、これまで見つけた単語を番号順に並べると……」


『blow』 『sixty』 『our』


愛「何が何だか、わけ分からないね」

せつ菜「そうですね……単語の順番を並び替えても、意味が通らないですし」


侑「うーん、やっとここまで来たのに……」

歩夢「どこかの解釈が間違ってたんじゃ……」


果林「ここから振り出しに戻るんだとしたら、さすがに辛いわね……」


果林「とりあえず、学校に入りましょうか」

152: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:03:31.86 ID:CQwNCNx2
.
-----
-----


歩夢「みんなで考えてみたけど、結局分からなかったね……」

せつ菜「さすが、これまで隠されてきたお宝……そう簡単には手に入らないですね」


侑「かすみちゃんのお婆ちゃんが言ってた急げって、どれくらいの期間を指してるんだろうね」

かすみ「うーん、もうちょっと深堀りして聞いておくべきでした」


しずく「でも、焦っても仕方ないよ、私も帰ったらまた考えてみる」

かすみ「うん、ありがとうしず子」

かすみ「と、みなさんも。かすみんの事情で土日を使わせてしまって……」


愛「愛さんは結構、楽しかったよ!」

歩夢「でももう、偽装誘拐はやめてほしいかな……心配しちゃうから」

果林「久しぶりにこんなに頭つかったわ。帰ってゆっくり休みましょう」


璃奈「あっ、英語の宿題してない……」

かすみ「ううっ、嫌なことを思い出させられた」

153: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:08:26.13 ID:CQwNCNx2
.
侑「じゃあみんな、また明日!」


璃奈「ばいばい」

かすみ「さようならー!」

彼方「おやすみ~」


果林「…………」


果林「愛、ちょっとだけ良い? Diver Divaのことで、二人で話したいことがあって」

愛「お、なんだろう? 良いよー!」


エマ「果林ちゃん、熱心だね!」

果林「ええ。ライブはライブで、皆に負けてられないから」


果林「だから今日は先に帰っていて、エマ」

エマ「うん、帰り道で迷わないようにね!」

果林「さすがに学校から家までの道で迷わないわよ……」

果林「たぶん」

154: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:19:17.21 ID:CQwNCNx2
.
-----


愛「さて、と」

果林「悪いわね、引き留めて」


愛「ううん、愛さんは全然大丈夫! だけど」

愛「どうしたの? 嘘なんでしょ、ライブの話って」


果林「さすが、よく勘付いてるわね。愛は気遣いのプロよ」

愛「おー、珍しくカリンから褒められた」


果林「実は、さっきの暗号の話なんだけど」

愛「……解けたの?」

果林「たぶんね……」

愛「うお! さっすがカリン! 早く言ってよ!」


果林「でもね、新しい謎が増えちゃったのよ」

愛「んー???」


果林「見つけた3つの単語、『blow』 『sixty』 『our』」

果林「これらのうち、『blow』と『our』には……細工がしてあったわ」

155: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:22:09.16 ID:CQwNCNx2
.
愛「細工……?」

果林「ええ、少し違和感を感じたから、後で一人でこっそり確認したんだけど」


果林「最初の錨のオブジェの『our』、これは錨の根元にある文字を下から読んだものだけど」

果林「初めの一文字が、砂で隠されてたのよ……ちょっと砂をどけてみたらわかったわ」


果林「隠れてた文字は『f』……だから本当の単語は、『four』だった」

愛「えっ……!! ourとfourじゃ、全然違うじゃん!」


果林「そして2つ目よ。フランス語表記の説明文の下についていた直線の細い傷」

果林「ひとつだけ、マジックペンのようなもので上書きされて、隠されてたわ」


愛「うそ……」


果林「隠されていた線の上の文字は『e』。だから本当は、~の下という意味の『below』よ」

愛「ちょっとちょっと、愛さんたち、騙されてたの?」

156: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:29:28.74 ID:CQwNCNx2
.
果林「そうなるわね。だから、本当のメッセージは『below sixty four』」

果林「これならまだ場所を示す暗号のようになるわ。『64の下』」


愛「64未満ってこと?」


果林「いいえ、私もその可能性を調べたけど、それならbelowでなくてunderが使われるらしいわ」

果林「だから、そのまま64の下。64の意味については、『台場 64個』で検索しただけでそれらしいのが出てきたわ」


果林「問題はこれらの細工を、だれがやったかということよ……」

愛「……だれか愛さんたちの知らない、同じく暗号を入手した人じゃないの?」


果林「愛は優しいわね。私もそう結論付けても良かったんだけど」

果林「砂で隠した文字なんて、数日すれば出てきてしまうし」

果林「マジックペンも、ごく最近書かれたものだったわよ……たぶん……今朝に」


愛「今朝!? じゃあ、つまり……直前に同好会の誰かが先回りしたってこと?」

157: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:33:13.21 ID:CQwNCNx2
.
果林「そうね。その誰かも、錨のオブジェと自由の炎像の暗号は気づいた」

果林「でも、ノコギリの像にはたどり着けず、とりあえず初めの2つに細工をしたのね」


愛「なんで!?」


果林「そりゃあ、私たちの邪魔をして、宝を独り占めするためじゃないかしら?」


愛「…………」


果林「で、肝心の、それが誰かということだけど」

果林「私もなんとなくは見当ついてるんだけど、一応、愛がどう思うか聞きたくて」


愛「……わかった」

愛「ちょっと待って……今日の会話、思い出してみるから……」


愛「…………」


愛「あ……」

愛「はあ」

158: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 13:35:38.46 ID:CQwNCNx2
.
果林「聞かせて、くれるかしら」


愛「言っておくけど、愛さんは外部犯の可能性を一番信じてるからね」

果林「そうね、それで良いわ」


愛「ただ、もし、万が一、同好会の中に……犯人がいるのなら……」

愛「それはたぶん――――」


果林「……決まりね。同意見だわ」


果林「今夜もう一度、その人以外に召集をかけるわね。場所はそう、暗号の示す場所」

愛「……人を疑うのほど、気持ちが沈むことは無いよ」


愛「なんでカリンは愛さんにこの話をしたの? もしかしたら、愛さんが犯人の可能性もわずかながらあったでしょ」

果林「それはあなたが、一番他の人の機微をよく理解していて、一番そういう細工をしなそうな人だからよ」

果林「言わせないでよ、照れくさい」


愛「……そっか、ありがと」

果林「じゃあ、また後でね……」

160: ときめきたい名無しさん 2022/06/16(木) 15:00:10.73 ID:seWUTORw
根拠ないけどしずくが怪しく見えるなー

166: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 02:38:19.03 ID:0HlOJwSF
トリック構成の緻密さがすごい

167: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 07:30:58.89 ID:8ccMDv8K
.
-----


???「……はあ、はあ」


???「below sixty four……この辺のはず」

???「どこかに、隠し扉が……」


ピカッ

???「っ!!」


果林「こんな時間に、建物の隙間で何をやっているのかしら」

果林「乗り場はこちら側じゃないわよ、お姉さん」


愛「……はあ」

愛「当たっちゃったか……」


かすみ「な、なんで、なの」


かすみ「……しず子」

168: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 07:35:43.21 ID:8ccMDv8K
.
しずく「…………」


しずく「私の演技力も、まだまだですね」


果林「いいえ、さすがの演技力だったわ」

果林「私が疑い深すぎただけ……嫌な女なのよ、私」


しずく「なるほど、確かに、暗号に細工がしてあることがばれていたなら」

しずく「私の言動は怪しかったのでしょうね……」


果林「そうね。どこが怪しかったかのなんて、野暮だから解説しないわ」

果林「below sixty four……64台ある大観覧車の下に、今こうして集まっているんだもの」

no title


果林「かすみちゃんの曾祖父が描いた世界都市博覧会」

果林「この観覧車を含むパレットタウンがあるのは、その予定地だった場所」


果林「そして、これが2022年8月末をもって閉館する……かすみちゃんのお婆ちゃんが急いだ方が良いと言ったのは、」

果林「取り壊しが始まってしまえば、望まない人の手に宝が渡ってしまうかもしれないからでしょうね」

169: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 07:39:32.89 ID:8ccMDv8K
.
侑「しずくちゃん……」

侑「やっぱり、お金が欲しかったの?」

しずく「……ええ、その動機も、1%くらいはあったかもしれません」


歩夢「残りの、99%は……?」

しずく「……かすみさんです」


かすみ「え……かすみんが?」


しずく「かすみさんが、家族のことで悩みがあったなんて、私知らなかった」

しずく「そして、私を欺くような偽装誘拐まで企画してたなんて……全然気づかなかったよ!」


しずく「私が、かすみさんのこと誰よりも分かってるつもりだった」

しずく「そして、かすみさんも……なんでも私に一番に相談してくれると思ってたのに」


しずく「なんで、侑先輩なの!? 私を、巻き込んでほしかったのに……」


しずく「うう……どうして……」ポロポロ


かすみ「しず子……」

170: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 07:45:33.13 ID:8ccMDv8K
.
しずく「悔しくて悲しくて、昨夜睨みつけるように暗号を見てたら、ひらめいちゃって」

しずく「それで……」

果林「かすみちゃんを困らせたくなって、暗号に細工をしたってことね」


しずく「……私が嫉妬深すぎただけ……嫌な女なんです、私」


かすみ「しず子……ごめん……」

かすみ「でも、私、しず子のこと、ちゃんと大切に思ってるよ」


しずく「うそっ!! きっと、いつか、侑先輩との絆の方が深くなって……私から離れていって……」


侑「嘘じゃないよ、しずくちゃん」

しずく「え……」


侑「かすみちゃんね、私に相談してくれた日、言ってたんだ」


かすみ『本当にお宝があったら、スクールアイドルの記念館と、豪華なライブステージ、あとコッペパン工場も……』

侑『すごいね、夢が広がるね』

171: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 07:49:32.52 ID:8ccMDv8K
.
かすみ『特にライブステージの設計はこだわりたいです!』

侑『ライブはアイドルの命だもんね!』


かすみ『それもですけど……演劇用の舞台としても不便なく使えるような設備を整えます』

侑『演劇用の舞台? もしかして、しずくちゃんのため?』

かすみ『はい! 将来しず子が大女優になったとき、ここで公演をしてもらうためです!』


かすみ『しず子はかすみんの一番の親友なので……これからもずっとそばで、夢を追い続けてほしくて……』


しずく「……かすみさん……!」


侑「それに、親友と思っているからこそ、本当にあるかも分からない不確かな宝探しに」

侑「しずくちゃんを安易に巻き込みたくなかったんじゃないかなあ」


かすみ「かすみんが、しず子のこと、一番に考えてないときなんてないよ!」

かすみ「……でも、本当にごめん、たくさん、迷惑かけたし」

かすみ「知らないうちに、不安な気持ちにさせちゃった」


かすみ「それでも、私なんかで良ければ……これからもずっと……親友でいてほしい」

172: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 08:05:04.37 ID:8ccMDv8K
.
しずく「いる、いるよ……ずっと、親友でいたい」

しずく「かすみさん……私こそ、本当にごめんなさい……!」


しずく「うっ……うわあああああああん」

かすみ「しず子……びええええええええん」


愛「……ふう、一件落着かな?」

彼方「良い同期愛だね~」

侑「アイドル同士の友愛! ときめいちゃう~!!」


歩夢「私と侑ちゃんとも、ずっと親友だよね?」

侑「うん! もちろんだよ、歩夢」


果林「さて、ではお宝のお姿を拝見しましょうか」

せつ菜「よっ! 待ってました!」


エマ「……どこかに隠し扉とかあるのかな?」

果林「そうねえ、観覧車のすぐ下で、人目につかないところと言ったら、こっち側だと思うんだけど……」

173: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 08:06:54.62 ID:8ccMDv8K
.
愛「……ん? なんだろう、コンクリート壁の一部分だけ、質感が違う」

愛「押せるかな?」ポチ


ゴゴゴゴゴゴ……


エマ「うわあ!?」

せつ菜「なんですか!?」


歩夢「地下に続く、道ができた……」

彼方「これが、隠し扉……?」

侑「下りてみよう!」


侑「うう、暗くて怖い……」

歩夢「大丈夫だよ侑ちゃん、手握ってるからね」


果林「何年も人が入った形跡はないわね」

愛「すごい! 大冒険だ!」

璃奈「外国の映画みたい」


かすみ「いよいよ……ドキドキしてきました」


侑「……あ」

侑「見て、扉がある」

174: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 08:09:07.56 ID:8ccMDv8K
.
歩夢「本当だ、開けられる?」


侑「うーん……」ガチャガチャ

侑「だめだ、鍵かかってるみたい」


璃奈「破壊する?」

かすみ「ちょっと待って!」


かすみ「……実は、おばあちゃんから鍵を預かってまして」

かすみ「何の鍵かわからなかったけど、たぶん……ここだと思います」


愛「お! ナイス!」

しずく「かすみさんだけが持つ鍵……じゃあ、私のたくらみは、初めから成功しなかったんですね」クス


かすみ「失礼します……」カチャカチャ

ガチャ

かすみ「! あいた……」


侑「おおー!!!」

かすみ「さあ、開けますよ……」


-----

---


175: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 08:23:57.20 ID:8ccMDv8K
.
----- エピローグ -----


『さて本日のゲストは、デビュー30周年を迎えました、大女優で歌手としてもご活躍されている、桜坂しずくさんです』

パチパチパチパチ……

『ありがとうございます』ペコ


『今年から新たなミュージカル作品の主演をされるということで、内容をご紹介いただけますか?』

『はい、この作品は女性同士の友愛をもとにした作品で、脚本の一部は私自身の経験をもとにしております』


『桜坂さんの、学生時代の親友とのご経験、ということでしょうか』』

『はい、私が高校……虹ヶ咲学園で過ごした時間は、何ものにも代えがたい貴重な時間でした』


『桜坂さんが所属していたスクールアイドル同好会では、他にも著名人がいらっしゃいますね。
NAKASUホールディングスCEOの中須かすみさん、アイドルプロデューサーかつ大人気作曲家の高咲侑さん。
次の都知事選では、中須さんから資金援助を受けた高咲さんが出馬予定とも伺ってます。
そしてマニフェストには、地元お台場での新規事業を多く盛り込むとか……すみません、話がそれましたね』

『いえ、皆さん、一生懸命に夢を追いかけた、本当に素敵な人たちです。私も、まだまだ負けていられないですね』




176: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 08:25:48.88 ID:8ccMDv8K
本当にありがとうございました
初めての虹SS書いていろいろ自分としても学ぶことが多かったです

前作はだいぶ昔ですがよろしければ

海未「音ノ木坂連続レズレ○プ事件、ですか」
https://karma.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1473087225/

178: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 12:53:42.70 ID:73n+CLSW
>>176

177: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 09:33:34.99 ID:59l1Yo3j

面白かったです

179: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 18:44:29.01 ID:gzRxOqcQ
面白かった!
よくこんな真面目な暗号考えたね
しかもちゃんとご当地ネタで

180: ときめきたい名無しさん 2022/06/17(金) 20:35:09.33 ID:uKLE4Ps/
面白かった
しずくの失言は錨に犬がオシッコしてるのを知ってたことかな

182: ときめきたい名無しさん 2022/06/18(土) 05:26:28.16 ID:1GUuZPQl
>>180
あと「o」があるって言っちゃったことかな
b l wだと思ったら等間隔で3文字だと思う
でも「o」見つけたなんて言っちゃったから「b low」って状態になってるはずで不自然

「b」をマジックペンで塗り潰すと「low」で結果的に「below」と似た意味になっちゃう
「o」があるって言わなかったり、「o」も塗り潰せばまた違ったかなあと。あとは「bel」とか

181: ときめきたい名無しさん 2022/06/18(土) 02:02:31.06 ID:KAHN6SWi
もう一回読み返してみよう
すごく面白かった

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1655161597/









注目記事
関連記事
2022/06/18 13:00 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2022/06/18(土) 17:34:42
  2. すごく凝っていて面白かった!
    こういう謎解きもの、虹ヶ咲もコラボしてくれないかな

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
矢澤にこ(154cm)←言うほど小さくないよな【ラブライブ!】 Jul 07, 2022
全虹ヶ咲曲の中で最も空気な曲、ENJOY IT!とそのB面の何とかの一騎打ちへ【ラブライブ!】 Jul 07, 2022
ラブライブ!スーパースター!!はアニメ2期でラブライブ!優勝させたら神アニメだと思う Jul 07, 2022
【画像】乳ヶ咲 × 尻ヶ咲 ◯【ラブライブ!】 Jul 07, 2022
【画像】Liyuuちゃんの寂しげな背中【ラブライブ!スーパースター!!】 Jul 07, 2022
【毎日劇場】歩夢とルビィの「七夕の願い事」、『みんなを笑顔にできますように』【ラブライブ!スクスタ】 Jul 07, 2022
【声優】斉藤朱夏さん「おい!!伊達!!!!!」【ラブライブ!】 Jul 07, 2022
【SS】エマ「小学生になりたいな」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 07, 2022
歩夢とか言う侑の監視委員会【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 07, 2022
筋肉量が一番理想的なラブライブ!キャラ Jul 07, 2022
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 画像 SS ラブライブ! μ's スクスタ 上原歩夢 ライブ 高咲侑 優木せつ菜 桜坂しずく Liella! 高海千歌 中須かすみ 渡辺曜 アニメ 松浦果南 津島善子 黒澤ダイヤ ラブライブ!サンシャイン!! スクスタ毎日劇場 黒澤ルビィ 桜内梨子 天王寺璃奈 動画 逢田梨香子 近江彼方 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 小原鞠莉 三船栞子 ラブライブ!スーパースター!! グッズ 国木田花丸 絢瀬絵里 高坂穂乃果 澁谷かのん 園田海未 南ことり 矢澤にこ 小林愛香 伊波杏樹 楠木ともり ラブライバー 大西亜玖璃 星空凛 葉月恋 Saint_Snow ショウ・ランジュ 斉藤朱夏 鈴木愛奈 スクフェス 小宮有紗 西木野真姫 平安名すみれ 嵐千砂都 唐可可 小泉花陽 東條希 ミア・テイラー 相良茉優 前田佳織里 諏訪ななか 降幡愛 高槻かなこ 矢野妃菜喜 鬼頭明里 小泉萌香 あなたちゃん 鹿角聖良 指出毬亜 中川菜々 生放送 田中ちえ美 村上奈津実 伊達さゆり 管理人の戯言 久保田未夢 Liyuu 法元明菜 青山なぎさ ラジオ 鹿角理亞 新田恵海 声優 岬なこ 近江遥 三森すずこ 内田彩 ペイトン尚未 内田秀 徳井青空 にじよん 副会長 ハロー!!!ラブライブ! ランジュ 南條愛乃 綾小路姫乃 ぷちぐるラブライブ! グラブル 楠田亜衣奈 浦ラジ 飯田里穂 田野アサミ R3BIRTH スクフェスAC 久保ユリカ 渡辺月 Sunny_Passion 佐藤日向 Pile A・ZU・NA 演劇部部長 ニュース 川本美里 A-RISE サヤ 高坂雪穂 高海美渡 QU4RTZ ミア 絢瀬亜里沙 浅希 若菜四季 高海志満 ニジガク 配信 幻日のヨハネ 佐倉綾音 絵森彩 三船薫子 今日子 DiverDiva 色葉 スクスタ4コマ CYaRon! 綺羅ツバサ 澁谷ありあ 米女メイ AZALEA 鬼塚夏美 桜小路きな子 しいたけ マンマル TikTok バーチャルスクールアイドル 荻野由佳 ニコ生 鞠莉ママ 鈴原希実 はんぺん 流しそうめん同好会 漫画 中川奈々 畑亜貴 すみれ妹 支倉かさね ことりママ 水樹奈々 サスケ チビ 東山奈央 本田圭佑 エマ 千歌ママ スクパラ 吉武千颯 黒沢ともよ 近江母 黒羽咲良 ランジェ オフィーリア 櫻川めぐ 指出毱亜 Shadowverse コペ子 統堂英玲奈 サニーパッション 雨宮天 水瀬いのり 芹澤優 いつき 結ヶ丘理事長 近江ママ 薮島朱音 柊摩央 ジェニファー ラクシャータ ラブライブ!ANN 桜内万結 結木ゆな 聖澤悠奈 あゆにゃん せつにゃ liyuu にゃんがさき ラブライブ!スーパースター!!v コッペパン同好会 藤堂恵令奈 監視委員 なかやまきんに君 右月 左月 イベント ジレン ゆいがおー トッリ 神宮音楽学校アイドル部 ドラゴンボール超 画像三森すずこ 生配信 Guilty Kiss 松浦果南国木田花丸 プレリュード 金元寿子 スクコレ お盆 ことり母 松永真穂 理事長 Aqours_LOCKS! 山本希望 QU4RUZ 芸能 大橋歩夕 優木あんじゅ 善子母 LOCKS! 鍾嵐珠 Liela! クリスティーナ 本渡楓 ドラマCD 女子高生 桜咲しずく ぽきもそ ゲーム 矢澤こころ 藤黄学園 C.C. 下園咲 相川涼 黒羽咲夜 紫藤美咲 若葉四季 美里 リエラジ よしみ むつ 兵藤さゆり DiverDrva 藤城悠弓 船戸ゆり絵 黒崎隼 佐伯麗音 大熊和奏 マックスむらい ママライブ 釘宮理恵 しずくママ 宮下ココ しずくの母 桐原優香 PDP ファンミ ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD GuiltyKiss 林鼓子 てん☆ふぇす SunnyPassion 樋口楓 ROLAND 4コマ 神谷理華 虹ヶ咲マンスリーアンケート CYaRon! ポエポエ くるるん ファビュラスっち 多々良るう もう中学生 ベジータ TOKIMEKI RunRuns 平野歩夢 白瀬小雪 マイ