当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】果林 「そういえばあのときなんでエマは……」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】果林 「そういえばあのときなんでエマは……」【ラブライブ!虹ヶ咲】

karin_20220616100946387.jpg





3: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:02:09.97 ID:weWq4uTN
果林 「ねえ、璃奈ちゃん」

璃奈 「? 何かな、果林さん」

果林 「……あのとき、みんなで赤レンガ倉庫にいたとき、私が迷子になったのをすぐに見つけてたわよね? なんでかしら?」

璃奈 「! 璃奈ちゃんボード『ドキッ!』」

果林 「ドキッ?」

璃奈 「……」 アセアセ

4: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:02:45.32 ID:weWq4uTN
果林 「もしかして璃奈ちゃんも何か関わってるの?」

璃奈 「白状する。実は果林さんにプレゼントしたキーホルダーにGPSが入ってたの」

果林 「GPS……エマに頼まれて?」

璃奈 「うん。黙っててごめんなさい」 ペコッ

果林 「謝らなくていいわ、それも迷子になりやすい私のためだったんでしょう? ありがとね、璃奈ちゃん。あとでエマにもお礼を言わなくちゃ」

果林 (それにしてもGPSか……璃奈ちゃんって本当にハイテクね……)

6: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:03:53.02 ID:weWq4uTN
果林 (あれ、ちょっと待って、もしかしてそろそろやってくる例の対策になるんじゃ……!)

果林 「ふふ、このキーホルダー、せっかく貰ったんだから、まだ私持っておきたいわ。良いかしら璃奈ちゃん」

璃奈 「果林さんが構わないなら……」

果林 「ええ。どうせまた迷子になると思うし」

璃奈 「……そう」

果林 (憎き『定期試験』。嫌でもエマも彼方も勉強し、私を巻き込もうとするでしょう。でも今度の私は違う。徹底抗戦をするわ!!)






7: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:04:56.47 ID:weWq4uTN
果林 「……」

エマ 「果林ちゃん、ぼっーとしてる」 ポニョ

彼方 「疲れたならお昼寝が一番だよ? はいどうぞ」 スッ

果林 「いいえ大丈夫よ」

果林 (いや正直寝たいわ。みんな何言ってるか全然分かんないんだもの。ミアとか本当に14歳なの? サバ読んでたりしない? そういえば英語でサバってなんて言うんだろう……)

果林 (Survivor……?)

8: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:05:38.46 ID:weWq4uTN
果林 「ちょっと部の昇格のことを考えてただけ」

彼方 「確かに悩むよね~」

果林 (発見だわ。こう言えばテストで悩んでるってバレないわ)

エマ 「でも今は頑張らないと。前回も赤点ギリギリだったんだから~」

果林 「うっ……」

ミア 「大変そうだね果林は」

果林 「ミアあなたは勉強しなくていいの?」

果林 (こんなに余裕だなんて、やっぱりサバ読んでるんじゃ……)

10: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:07:09.08 ID:weWq4uTN
ミア 「僕はステイツじゃ大学に通ってたんだよ」

果林 (ステイツ……都心部の塾かしら)

エマ 「ミアちゃんって確かまだ14歳だったよね?」

彼方 「神童じゃ~ん!」

ミア 「フッ。勉強教えてあげようか? 果林」

果林 (一発殴りたくなるわね)

果林 「ありがとうミア。なんだか無性にやる気が出てきたわ」

果林 (ここから絶対に逃げてみせるっていうやる気がね!)






11: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:08:05.49 ID:weWq4uTN
果林 (しばらくは勉強に集中してないことを指摘されるたび、部の昇格について悩んでるアピールで誤魔化してたけど)

侑 「決まりだね」

かすみ 「ええ! 部の申請はしません! 私たちはこれからもず~っと虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会です!」

果林 (もう悩んでるアピールはできないわ)

果林 「……」

エマ 「? どうしたの果林ちゃん?」

12: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:08:35.21 ID:weWq4uTN
果林 「ちょっと部の昇格のことを考えてただけよ」

エマ 「部の昇格? 今同好会でいることで話は終わったはずだけど……」

果林 「……そうだったわね」

果林 (最近、反射的に言ってたからまた言っちゃったけど、そうよ、この決まり文句はもう使えないのよ)

果林 (どうする、果林)

果林 (いや。もう分かってるでしょう? 方法は一つしかないってこと)

果林 (勉強から逃げられないなら、勉強してるフリをするしかない!!)

13: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:09:06.80 ID:weWq4uTN
エマ 「……」

エマ (果林ちゃん。何かで悩んでる。部活のことは解決したはずなのに……もしかして三年生のこと? こないだの花火でも果林ちゃん、寂しそうだったし……)

彼方 「……」

彼方 (二人とも難しい顔をしてる。うーん、彼方ちゃんにできることないかなぁ)

彼方 「ねぇ、果林ちゃん」

果林 「ん? どうしたの彼方?」

彼方 「……彼方ちゃん。果林ちゃんがもし悩んでることがあったら教えてほしいんだ」

果林 「安心して。ちょっと部の昇格のことを考えてただけよ」






14: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:10:07.04 ID:weWq4uTN
エマ 「もう果林ちゃーん!! どこにいるの~?」

エマ (果林ちゃんがどこにもいない。勉強会をする予定だったのに……)

エマ 「! そうだ!」

エマ (こないだ果林ちゃんを見つけるのに使ったGPSアプリ……私のスマホにもあの後入れたんだった!)

ピコーン

ピコーン

15: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:10:38.42 ID:weWq4uTN
エマ 「……ここは」

エマ 「一年生のみんながよく勉強してるところ……そっか、果林ちゃん、ミアちゃんに自ら教えてもらいに……」

エマ (邪魔しちゃ悪いよね)

エマ 「今日は彼方ちゃんと二人で勉強しようかな、ふふ」

エマ (果林ちゃんも、頑張ってるんだね♪)






16: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:12:11.62 ID:weWq4uTN
ビューーン

果林 「……海浜公園の風は気持ち良いわね」

果林 (キーホルダーを何も知らないミアのバッグに付けてもらったわ)

果林 「これでエマはきっと私が勉強してると思うはず」

果林 (……騙すようで悪いけど、私も勉強から逃げたいときがあるのよ。最近なんて毎日、毎夜、うなされてるんだから)

果林 「こんなに……エブリデーイ……エブリナーイト……♪」

17: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:12:42.71 ID:weWq4uTN
果林 「ん? 水に何か浮かんでる?」

果林 (どこかの学校の生徒手帳? 大変、届けてあげないと!)

果林 「届くかしら……っ!」 グイーーッ

果林 「あともうちょっと……!」 ググググ

果林 「って、きゃぁ!」

バシャーーン!






18: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:13:46.55 ID:weWq4uTN
?? 「起きなさい、そのままでは死んでしまいますよ」

果林 「……」

?? 「……人工呼吸などできることはしました。あとはあなたが目覚めるだけです。お願いです、起きてください」

果林 「……はっ!?」

?? 「良かった……助かったようですね」

果林 「あ、あなたは……?」 ハァハァ

19: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:15:02.73 ID:weWq4uTN
?? 「私ですか?」

海未 「私は園田海未。あなたの名前は?」

果林 「私は朝香果林よ……えっと、ここは一体?」

海未 「簡潔に言います。ここは無人島です。私とあなた以外誰もいません。どうやら、あなたも東京湾から流れ着いたようですね……」

果林 「無人島? 本当に!?」

海未 「ええ。嘘なんか言いませんよ」

20: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:16:06.19 ID:weWq4uTN
果林 「そ……それにしてはあなた余裕そうに見えるけど……」

海未 「まあなんやかんや二ヶ月はいますからね、ここに」

果林 「二ヶ月!?」

海未 「……私も偶然水に落ち、気付けばここにいました。会いたい人がいます。死ぬ訳にはいきません。それはもう必死に努力しましたよ。しかし」

果林 「に、二ヶ月いるってことは……救助は……」

21: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:16:36.88 ID:fiEnxHrX
海だけに?!

22: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:16:38.41 ID:weWq4uTN
海未 「残念ながら……。ここはあまり近くを船が通らない島のようです。携帯電話も海のどこかへ流されてしまいました」

果林 「そんな……あっ、でも! 私は今スマホを持って……!」

海未 「持ってはいましたが、画面はつかなかったです。すいません、救助を呼ぼうとして勝手に触ってしまいました」

果林 「本当だわ……画面が真っ暗なまま……」

海未 「……」

果林 「……」

23: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:17:33.06 ID:weWq4uTN
海未 「……元気を出してください。果林。たしかに救助を呼ぶ方法はまだ確立できてませんが、この二ヶ月である程度生きることのできる環境は整えました。私がいる限り、絶対にあなたを死なせません」

果林 「……ええ、ありがとう海未。私もその言葉を聞いて元気が出たわ」

果林 (少なくとも数週間は帰られなさそうだし、これでとりあえず定期試験はサボれるわね。悩みが一つ減って元気が出たわ)

果林 (でもせっかくの学生生活。限られた時間を無人島で何ヶ月も過ごすわけにはいかない……)

果林 (助けて……エマ……っ!!)






24: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:17:58.56 ID:hLdIv9lM
えぇ…?

25: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:18:09.25 ID:weWq4uTN
姫乃 「……はぁ、生徒手帳を無くしてしまうなんて。ついてない」

姫乃 「ん?」

姫乃 (あの水に浮いてるのって……)

姫乃 「もしかして私の生徒手帳!?」

姫乃 「……でも手じゃ届かない位置に浮いてますし、木の棒でも使いましょう」 スッ

姫乃 「ってあれ?」

26: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:18:56.79 ID:weWq4uTN
姫乃 (……よく鼻を意識してみれば、なんだかここら辺に素敵な香りが)

姫乃 「花の香り? 海の香り? いやこれは果林さんの香り!!??」

姫乃 (なぜ!? もしかして今さっき近くを果林さんが通った!?)

姫乃 「……ふふ、さっきまでは運がないと思ってましたが、生徒手帳も見つかるし、果林さんの存在を認識できたし、今日はなんてラッキーな日なんでしょう♪」






27: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:19:46.96 ID:weWq4uTN
パチッパチ

パチッパチ

海未 「……うん! 今日も絶品ですね」 モグモグ

果林 「こんなに美味しい焼き魚、久しぶりに食べたわ」 モグモグ

海未 「私が今突いてきた魚ですからね。どのお店よりも新鮮で美味しいですよ」 モグモグ

果林 「……なるほど」 モグモグ

海未 「少し食べながら話してましたが、あなたもスクールアイドルなんですね」

果林 「も?」

28: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:20:36.73 ID:weWq4uTN
海未 「私もかつてスクールアイドルだったんですよ」

果林 「! そうだったのね」

海未 「……度々恥ずかしくなったこともありましたが、今では全く後悔はありません。むしろ、やってなかったら後悔してたでしょう。最高の日々でした」

果林 「最高の……」

海未 「ええ……」

果林 「……」 モグモグ

海未 「……」 モグモグ

果林 「一つ聞いていいかしら?」

海未 「もちろん」

29: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:21:26.00 ID:weWq4uTN
果林 「あなたのスクールアイドル活動にも、後輩はいたのかしら?」

海未 「いましたよ。可愛い後輩たちです。それがどうかしました?」

果林 「……私たちのスクールアイドル同好会にも、後輩がいて、私は三年生なの。だから、三年生の私は最初にそこからいなくなるんだけど」

海未 「……」

果林 「なんだか寂しくなっちゃってね。あなたも卒業したなら分かるでしょ、この気持ち」

海未 「ええ、分かります」

30: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:22:14.75 ID:weWq4uTN
果林 「……」

海未 「でも今は気にしなくても良いと思いますよ」

果林 「えっ?」

海未 「先輩の三年生が卒業したとき、私たちはうまくやって行けるのか。そう思いました。しかし、自分たちなりに頑張ってこれたと思います」

海未 「私が三年となり卒業するときも、心は不安でした。私たちがいなくなった後、後輩たちはどうなるんだろう……そして、私自身の気持ちはどうなるんだろうと」

果林 「……それで、海未はどうしたの?」

31: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:22:49.92 ID:weWq4uTN
海未 「どうもしませんよ」

果林 「!」

海未 「後輩たちは私たちの思いを強く引き継いでくれました。もちろん、μ'sという形はオンリーワンですが、そのスクールアイドルへの熱い気持ちは、誰も忘れることなく、私の悩みなんか吹き飛ばすくらいに……そう、素敵だったんです」

果林 「……」

海未 「果林。未来を憂う必要はありません。あなたが一緒にいた仲間たちは、そんなに頼りなかったですか?」

果林 「……いや、ライバルとしても悔しいくらい、最高の仲間たちよ」

32: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:23:25.20 ID:weWq4uTN
海未 「なら今だけを、今だけを向き合っていれば大丈夫ですよ」 ニコッ

果林 「海未……」

海未 「そう、穂乃果に教えてもらいました」

果林 「……」

海未 「……あっ、さっきからμ'sとか穂乃果とかあなたの分からない名前を出してしまいましたね、すみません」

果林 「ううん、謝らなくていいわ。あなたにとって、大切なことなのはすぐ分かったから」

海未 「それなら良かったです」

33: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:23:54.23 ID:weWq4uTN
果林 「……」

海未 「……」

果林 「その、穂乃果って人はあなたの仲間なの?」

海未 「仲間でもありますが、どちらかというと幼馴染ですね」

果林 「幼馴染……」

海未 「ええ、今も必死に私を探してくれてます。警察まで呼んで、大きな事態になってしまいました……でも、穂乃果が私のことをそんなに心配してくれてる、不謹慎ですがそれは嬉しいですね」

果林 「素敵な幼馴染なのね」

海未 「はい……!」

34: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:24:33.88 ID:weWq4uTN
果林 「ってちょっと待って……?」

海未 「どうかしました?」

果林 「あなた二ヶ月遭難して連絡も取れてないのよね? なのに『~だろう』って予測ならまだしも、なぜ警察を呼んでるとか、そんな断言できるの?」

海未 「それはですね、思念を飛ばしてるんですよ」

果林 「思念?」

海未 「この無人島に二ヶ月いて、最初のうちはともかく、ここ一ヶ月はたくさん時間ができました。その間に精神統一を繰り返し、精神だけを外に飛ばせるようになったんです」

果林 「そんなことができるの?」

35: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:25:14.52 ID:weWq4uTN
海未 「ええ。その力を使って、一日に一回、穂乃果たちがいる場所に精神だけを飛ばし、見守ってるのです」

果林 「だから状況を把握してるのね……すごいわ……」

果林 (テストならカンニングし放題よね)

海未 「あなたもやってみますか?」

果林 「ええっ!? 私もできるの!?」

海未 「はい。本来は、誰でも修行すればできることなんですよ。もちろん、一日二日ではできませんが……あなたの才能次第では、私もアドバイスできますし、私よりももっと早く身につけられるかもしれません」

36: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:26:02.34 ID:weWq4uTN
果林 「そ……それならやってみようかしら……!!」

海未 「ではまず、足を組み、精神統一をしてください。まるで宇宙にいるように……」

果林 「分かったわ……」

果林 (パンダ……定期試験……スイーツ……)

果林 「……」

海未 「その調子ですよ。では次に、会いたい人を浮かべてみてください。すると、その人の元に思念を飛ばせます」

果林 (みんな……エマ……)

—————

———


37: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:26:37.35 ID:weWq4uTN
果林 「あれ……ここは無人島じゃない? 本当にできるだなんて……ここはどこかしら……」

愛 「おーい!」

果林 「ん?」

愛 「果林~!」

璃奈 「愛さん速い……」

果林 「二人でジョギング? もしかしていつも走ってるの?」

愛 「朝も走ったんだけどね! 昼もりなりーと一緒に走ってるんだ!」

璃奈 「体力つけて、応援してくれるみんなにもっと応えられるようになりたいから」

果林 「そう、えらいわね」 フフ






38: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:27:16.33 ID:weWq4uTN
果林 「あれ? 愛? 璃奈ちゃん?」

果林 「ってあそこにいるのは、かすみちゃんたち……」

果林 (そうか、みんなのことを思ったから……)

ミア 「はぁ……かすみの勉強まで見させられるなんて」

かすみ 「だって今日はしお子忙しいし~」

ミア 「子犬ちゃんは何を書いてるんだい?」

かすみ 「誰が子犬なの~!」

果林 「……」

果林 (かすみちゃんも部長として頑張ってるのね。ミアも同好会を気に入ってくれたみたい。ふふ、なんだか私まで嬉しくなっちゃうわ)






39: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:27:55.41 ID:weWq4uTN
ランジュ 「何言ってるの! 歩夢は完璧よ!」

歩夢 「えへへ、ありがとう」

果林 「ここは……」

ランジュ 「果林! ちょうどいいところに来たわ!」

果林 「どうしたの?」

ランジュ 「今、歩夢と侑に話を聞いてたの。どうしたらあなたたちみたいにパフォーマンスできるのか知りたくって……」

果林 (ランジュも、こうして頑張ってる)

果林 「そう。頑張ってるのね。私でよかったら協力するわよ」

ランジュ 「果林、謝謝!」

果林 (みんな成長してるのね)



———

—————

40: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:28:31.17 ID:weWq4uTN
果林 (次はエマと彼方かしら……それとも栞子ちゃんとせつ菜? ふふ、楽しみだわ)

果林 「……」

海未 「……」

果林 「あれ?」

海未 「どうかしました?」

果林 「いや、その」

海未 「安心してください。誰でも最初はそんなものですよ。むしろよくこの時間、ずっと集中できてたと思います」

果林 「えっと、そうじゃなくて、今、私向こうに行けてたの」

海未 「ええっ!?」

41: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:32:10.46 ID:3JGvslsf
こんな展開になるとは誰が予想できただろうか

42: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:32:53.00 ID:weWq4uTN
果林 「……スクールアイドル同好会のみんなの頑張ってる様子、それを見ることができたわ」

海未 「あ……あなた……それは本当ですか? いくらなんでも初日に?」

海未 (この子、とんでもない才能の持ち主なんじゃ……!)

果林 「みんなが努力してる姿を、後ろから微笑んでは多分消えて、別のメンバーのとこに移動してたわ」

海未 「まるでドラゴンボールGTの最終回みたいですね……」

43: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:34:03.66 ID:weWq4uTN
果林 「ランジュっていう子がいるんだけどね、みんなにパフォーマンスについて聞いてたの。向上心がとてもあるのね。私もできるだけ協力したいって答えたわ」

海未 「なるほど……」

果林 「でも、どうやら集中力が続かなかったみたい。他のメンバーに会う前に帰ってきちゃったわ」

海未 「ん? ちょっと待ってください? あなた精神を飛ばして会話をしたんですか!?」

果林 「えっ……そうだけど……」

44: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:34:43.61 ID:weWq4uTN
海未 「それは普通できないんですよ!! そもそも相手には見えないんですから!!」

果林 「ええっ!?」

海未 「あくまで薄いパワーの精神を飛ばすことしかできないので、相手には見えないし会話も不可能なんです。だから一方的に見守ることしかできないはずなんですよ」

果林 「じゃあなんで私は……?」

海未 「才能としか言いようがありません……」

果林 「え……」

果林 (私、モデル以外でも超能力者タレントとして生き残る道もあるかもしれないわ)

45: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:35:25.00 ID:weWq4uTN
海未 「それで、連絡はしたんですか?」

果林 「連絡?」

海未 「ほら、話せたなら、状況を説明して救助申請を頼むこともできたじゃないですか」

果林 「……あっ」

海未 「……もしかして」

果林 「忘れました……」

海未 「……」

果林 「……」

46: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:35:59.08 ID:weWq4uTN
海未 「ではもう一回やります?」

果林 「やってみるわ」

海未 「深呼吸して、落ち着いてください。さっきの感覚を思い出すのです」

果林 (パンダ……定期試験……スイーツ……)

果林 「パンダ……定期試験……スイーツ……」

海未 「さっきそんなこと考えてたんですか」






47: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:36:16.05 ID:rMdKXKDh
沈黙で笑う

48: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:41:33.26 ID:weWq4uTN
エマ 「うーん、どこにいるの……果林ちゃん!」

エマ (もう外は暗くなっちゃうのに)

ミア 「どうしたんだい? エマ?」

エマ 「あっ、ミアちゃん……実は……」

エマ (そうだ、GPS!)

ピコーン

ピコーン

エマ 「……」

ミア 「?」

49: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:42:46.77 ID:weWq4uTN
エマ 「……ミアちゃん、今日果林ちゃんと一緒に勉強した?」

ミア 「果林? 今日は子犬ちゃんたちに教えてたから、別に果林とは話してないな」

エマ 「……そのキーホルダーは?」

ミア 「果林に借りたんだ。璃奈から貰ったって言ってたから、半ば強引に貸してもらった。宝物だから後で返してほしいって言ってたけど」

エマ 「……そうなんだ」

エマ (もしかして果林ちゃん……最近思い詰めてたしどこかにいなくなっちゃったの? それとも単純に迷子?)

50: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:43:25.66 ID:weWq4uTN
エマ 「大変……早くみんなに伝えないと!」

【グループチャット】

エマ 『果林ちゃんがいなくなっちゃったの! 今日会った人がいたら教えて!』

ランジュ 『私と侑と歩夢は会ったわよ。今日の昼ごろかしら』

愛 『愛さんもりなりーと一緒のときに会ったよ!!』

エマ 『今どこにいるか分かる?』

51: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:44:14.49 ID:weWq4uTN
ランジュ 『それは……悪いけど分からないわ……いなくなっちゃったって本当なの?』

侑 『大変だ!! それならみんなで探さないと!』

しずく 『今、私とかすみさんが一緒にいますから、私たちは部室の近くを探してみます』

璃奈 『じゃあ私と愛さんは学園の周りを探してみる』

52: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:44:53.21 ID:weWq4uTN
【個人チャット】

エマ 『果林ちゃん! 今どこにいるの!?』

エマ 「……」

エマ (やっぱり果林ちゃん、既読がつかない……!)

ミア 「……おいおい、エマ、これは本当かい?」

エマ 「うん……! 果林ちゃんが……!」

ミア 「その様子だと寮にはいなかったんだろう? 学園の近くじゃなくて、もっと広い範囲を探さないといけないかも……」

53: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:45:27.81 ID:weWq4uTN
エマ 「! それなら他の学校のみんなにも伝えて……」 ポチッポチッ

【個人チャット】

エマ 『姫乃ちゃん。果林ちゃんがいなくなっちゃったの。もし果林ちゃんを見かけていたら教えてほしい』

姫乃 『エマさん!! 海浜公園で果林さんを見ました!!』

エマ 「! ミアちゃん! 海浜公園だよ!」

ミア 「海浜公園?」

エマ 「そう!! みんなで海浜公園に行かなくちゃ!!」






54: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:46:44.80 ID:weWq4uTN
姫乃 「! みなさん!」

エマ 「果林ちゃんを見かけたって本当!?」

姫乃 「はい! ここで昼ごろに」

姫乃 (流石に香りで分かったとは言えない)

愛 「カリン、そのときなんて言ってた?」

姫乃 「いえ、私は話してないので……」

せつ菜 「見かけたのに話しかけなかったんですか?」

姫乃 「!?」 ギクッ

55: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:49:29.52 ID:weWq4uTN
彼方 「姫乃ちゃん、果林ちゃんのファンだったのに話しかけなかったんだね~」

姫乃 「……」 アセアセ

姫乃 (まずい……! 詳細を聞かれたらバレてしまう……!)

ギュッ

姫乃 「へっ?」

せつ菜 「分かりますよ!! その気持ち!! 推しに話しかけたい、でも日常を邪魔したくない、そんな感じですよね!!!!」

姫乃 「そ、そんな感じです!」

姫乃 (助かった……)

56: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:50:23.81 ID:weWq4uTN
璃奈 「ここにいたのに、いなくなったんだね」

ランジュ 「あれ? でも昼ごろだったら、果林はランジュたちと話してたわよね?」

歩夢 「? そういえばそうだよね?」

侑 「どうしてだろう……瞬間移動……?」

愛 「そういえばランニングしてたときも、いつのまにか、カリンいなくなってたような……」

かすみ 「そんな幽霊みたいなことあるわけないじゃないですか!」

しずく 「幽霊!?」

57: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:51:16.06 ID:weWq4uTN
エマ 「生きてるよ!!!! 果林ちゃんは!!!!」 ドンッ

一同 「「!?」」

エマ 「……絶対に生きてるもん」 ポロポロ

かすみ 「わわわわわわ! エマ先輩ごめんなさい!! 口が滑ったんです!!!」

璃奈 「……」 カタカタ

栞子 「璃奈さん、いったい何をしてるんですか?」

58: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:51:48.21 ID:weWq4uTN
璃奈 「ここから落ちて、水に流された場合、どこへ行くのかを計算してる」

ミア 「流された!? 璃奈、果林がここから落ちたって考えてるのか?」

璃奈 「見て。例えばこの紙を水に浮かべる」 ポイッ

紙 「ぷかぷか」

璃奈 「でも、5kgの球体を投げてみると……一応後で回収できるようにGPSを付けてるから安心して」 ポイッ

5kgの球体 「まるで人混みに流されてゆくようだ……」 バシャーーン

59: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:55:07.16 ID:weWq4uTN
愛 「あっという間にあんな遠くに!?」

璃奈 「どうやら、ごくたまに、ここの水流は水面の流れは一見穏やかなのに水中に入ると一気に遠くまで運んでいくほど荒くなることがあるらしい」

侑 「まさかそれで果林さんも……!」

璃奈 「今計算したらある無人島に行き着いた。救助を要請しよう。きっと助かってるから」

エマ 「姫乃ちゃん……ありがとう。姫乃ちゃんのおかげでようやく果林ちゃんへの道筋が見えたよ」

姫乃 「エマさん……」

エマ (お願い。果林ちゃん。どうか無事でいて)






60: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:56:06.48 ID:weWq4uTN
果林 「結局あの一回以降、思念を飛ばすのはできなかったわ……ごめんなさい」

海未 「謝らないでください。思念を飛ばすのはとんでもない集中力を要します。一日に何回もできると思ってません。また明日頑張りましょう。あなたには才能がありますから」

果林 「ありがとう……」

果林 (それにしても、この島の星空は綺麗ね)

果林 「なんだか懐かしいわ……」

海未 「? 何がです?」

61: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:56:36.25 ID:weWq4uTN
果林 「今寝そべってるじゃない? 星空がすごく綺麗に見えるでしょ? 私、島出身なの。だから懐かしくって」

海未 「……たしかにここから見る星空は最高ですね。サバイバーになってから、少なからず良かったと思えることです」

果林 (なぜここでサバの英語名を?)

ザッーーーーーーーーッ

ザッーーーーーーーーッ

海未 「!? これは船の音!?」

62: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 20:58:25.68 ID:weWq4uTN
果林 「見て!! 光が見えるわ!!」

海未 「どっち方向ですか!!」

果林 「西の方向よ!!」

海未 「見えませんが!!」

果林 「仕方ないわね、ほら私が指差した方向よ」 ビシッ

海未 「そちらは東ですよ!! 果林!! でも本当に光が見えます……!」

64: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:00:11.13 ID:weWq4uTN
ザッーーーーーーーーッ

ザッーーーーーーーーッ

エマ 「果林ちゃーーーーーーんっ!!!!」

一同 「「果林(さん、先輩、ちゃん、様)!!」」

果林 「み……みんな……エマ……っ!!!!」 パァァ

海未 「良かった……ようやくみんなに……! ことり……穂乃果……!!」

果林 (みんな。こんなに迷ってる私を見つけてくれてありがとう)

65: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:01:06.40 ID:weWq4uTN
果林 (みんなも成長してる。私も変わっていってる。それを寂しく思うこともあるけど)

海未 『なら今だけを、今だけを向き合っていれば大丈夫ですよ』 ニコッ

果林 「……」

タッタッ

タッタッ

エマ 「果林ちゃーーん!!」 タッタッ

果林 「エマ!!」

66: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:02:59.40 ID:weWq4uTN
ダキッ

エマ 「会いたかった……会いたかったよ……」 ポロポロ

果林 「私も、私も会いたかったわ……」 ポロポロ

エマ・果林 「「……」」 ポロポロ

果林 「エマ。私は、ずっと寂しかった。そしてここ最近はいつも、過去のことや未来のことで悩んでたの。でも」

エマ 「……昨日や明日のことで悩んでたら、楽しい今が過ぎちゃうよ」

果林 「!」

67: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:04:33.88 ID:weWq4uTN
果林 (エマも海未と同じことを……)

彼方 「そうだね~。毎日今を全力で楽しんでいけば、きっと寂しいだけじゃない未来が来てくれると思うよ」 ギュッ

果林 「彼方……!」

彼方 「おかえり、果林ちゃん」 ニコッ

エマ 「おかえり! 果林ちゃん!」 ニコッ

果林 「……」

果林 (伝えたいことは……今伝えなくちゃ)

68: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:05:54.28 ID:W0cgjTEn
結局海未ちゃん何で流されたんだww

69: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:08:05.39 ID:weWq4uTN
果林 「……私、スクールアイドル同好会が好きよ」

一同 「「!」」

果林 「ひとりで歌うのも、誰かと歌うのも、みんなで歌うのも全部好き」

果林 (帰ってこれて良かった。同好会に入って良かった!)

果林 「ただいま、みんな!」 ニコッ






70: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:11:41.15 ID:weWq4uTN
果林 「……」

ガラッ

果林 「まあなんやかんや言っても、ここから見る星空も悪くはないわね……」

果林 「それにしても」

果林 「こうして寮に帰ってしばらくのんびりした後でも、未だに信じられないわ。まさか無人島に流れ着くなんて……もうヘトヘトよ」

71: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:13:03.41 ID:weWq4uTN
果林 「さて今日はゆっくり寝て……」

果林 「……」

果林 「待って」

果林 「明日定期試験じゃない……?」

果林 (思ったよりも早く無人島から帰ってこれちゃったもんだから、定期試験をサボれなかったじゃない……!!)

果林 「……どうしよう」

72: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:15:12.12 ID:weWq4uTN
果林 (勉強する? いや、今までしたくなくて四苦八苦してたのよ?)

果林 (でも赤点を取ったら怒られるし卒業にも関わるし、何もしないわけには……)

果林 「仕方ない。ぺらぺら教科書をめくるくらいしましょうか」 ペラッ

果林 「……」 ペラッ ペラッ

果林 「……」 ペラッ ペラッ

果林 「目次で飽きたわ」

73: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:16:16.70 ID:weWq4uTN
ジッー

果林 「!」

果林 (何か後ろから誰かに見られてる気配が……!?)

果林 (そんなわけない!! 今この部屋は私しかいないはずなのに……!)

果林 (幽霊!? もしかして幽霊なの!?) ガクガク

果林 「そこにいるのは誰!? もしかして学問の神様!?」 バッ

海未 「……菅原道真ではありません!」

果林 「海未!?」

74: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:19:34.80 ID:weWq4uTN
海未 「家に帰り、しばらく休んでたら私もできたんです。相手と会話できるほどの強い精神パワーの送信が」

果林 「海未もできたのね……」

海未 「おそらく、今まではいくら精神統一を行なっても、無人島で遭難してた緊張から集中しきれてなかったのでしょう……家に帰り、完全にリラックスしようやく集中することができた。それができた理由だと思います」

果林 「なるほど」

海未 「逆に果林は、無人島に遭難しても、のほほんとしてるその能天気さが、完全なる集中を生み出しあそこまでしっかり思念を飛ばすことができたんでしょうね」

果林 「……褒めてるのよね?」

75: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:22:53.85 ID:weWq4uTN
海未 「その能天気さは穂乃果にそっくりです」

果林 「穂乃果……そういえばあなたはどうなったのよ! 無事帰れたんでしょ? 周りの反応は?」

海未 「……みんな泣いてました。そして本当に良かったと言いながら私を強く抱きしめてくれました」

果林 「海未……」

海未 「良いものですね、人の温もりというものは……」

果林 「ふふ、私もそう思うわ」

海未 「……」

果林 「……」

76: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:25:49.21 ID:weWq4uTN
海未 「ん? 果林が机に広げてるのは教科書ですか?」 チラッ

果林 「ええ。今日くらいゆっくり休みたいのだけど、残念ながら明日は定期試験なのよ」

海未 「定期試験……」

果林 「まあ適当にやるわ。試験なんて鉛筆回せば2割くらいは当たるもんよ」

海未 「……」

果林 「海未?」

77: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:27:02.00 ID:weWq4uTN
海未 「そういうところも穂乃果に似てるのですね……!! そんな冒涜、園田海未の目の前で許しません……っ!!」 ゴゴゴゴ

果林 「えっ?」

海未 「座りなさい!! 今日は徹夜で勉強ですよ!!」 バシッ

果林 「ひぃぃぃ! 思念なのに圧がすごい!」

海未 「今の私は、話しかけるだけではなく触れることもできます! ビンタされたくなければ演習問題を解きなさい!!」

果林 「い……いやぁぁぁぁーー!!」






78: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:44:01.36 ID:weWq4uTN
かすみ 「じゃ~ん! どうですか~?」

答案 「55点」

璃奈 「お~!」

せつ菜 「かすみさんすごいです!」

ミア 「ボクが勉強を見てやったのにその点数なのか……」

しずく 「でも赤点は回避できましたから!」

かすみ 「次はもっといい点取るもん! ゴーゴーかすみん! がんばれかすみん!」

果林 「ゴーゴーね」

答案 「55点」

果林 「ふふふっ」

おわり

79: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:46:00.66 ID:A6i1jmVI

感動した

80: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:46:22.47 ID:5OS6/EfD
前々回の話を前回に重ねるとは良い視点だ

81: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:50:54.52 ID:arH4nNt5

予想外の状況になったが面白かった

82: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:51:01.63 ID:weWq4uTN
ありがとうございました。
11話の果林さんがみんなを見て回るシーンを見て、ドラゴンボールGTのあるシーンを思い出したのがこのssを書いたきっかけでした。

83: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:54:52.12 ID:zLmYo5KK
面白かった
なんで海未ちゃんってこういう出方にあんまり違和感無いんだろう

84: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:57:38.03 ID:weWq4uTN

85: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 21:58:51.22 ID:UnC/yHZ0
乙です、素晴らしい!

86: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 22:11:01.75 ID:4jSRxa6S

皆を優しく見守る果林パイセン良かったです
テストも乗り切れて良かったね

87: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 22:12:36.71 ID:NZJR7Org
おつおつ
面白かった

88: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 22:25:34.27 ID:rSoHptXT
ウミリチュアルやんね

89: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 22:53:26.21 ID:M5d0JVWk
面白かった!

90: ときめきたい名無しさん 2022/06/15(水) 23:32:29.28 ID:T2dmcfuD
カオスだけど面白かった。

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1655290757/










注目記事
関連記事
2022/06/16 17:00 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2022/06/17(金) 02:47:11
  2. 果林さん「虹ヶ咲スクールアイドル同好会が大好きよ!」
    栞子・ランジュ・愛・かすみん・しずく・せつ菜・歩夢・侑・『姫乃』・エマ・彼方・ミア・璃奈「…!!」

    ⬆このシーンに姫乃ちゃんがいるって考えたら変な笑いが出てしまった 笑

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
衣装係「伊波さん『なん約』の衣装腋出る感じなんですけど、どうしましょう?」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jul 03, 2022
せつ菜「暑いのでセブンティーンアイス買ってきました!どうぞ!」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 03, 2022
【朗報】すみナッツ、公式からの供給が期待できそう【ラブライブ!スーパースター!!】 Jul 03, 2022
【グッズ】侑&R3BIRTHメンバーが追加された『ニジガクアクリルキーホルダーセット vol.2&復刻版』【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 03, 2022
【画像】『Future Parade』の衣装イラストwwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 03, 2022
【毎日劇場】ミア、曜の「麦わら帽子」を被り、ラムネで涼む【ラブライブ!スクスタ】 Jul 03, 2022
【画像】ロリっ子3人衆!!!!!【ラブライブ!スクスタ】 Jul 03, 2022
【画像】室田くんVS伊能神VSがろあ 一番興奮させられるのは?【ラブライブ!】 Jul 03, 2022
【画像】千砂都ちゃんのお●ぱいがむにゅうってなってる画像wwwww【ラブライブ!スーパースター!!】 Jul 02, 2022
【朗報】声優・矢野妃菜喜ちゃん、5thライブにて応援出演が決定!!【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jul 02, 2022
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 画像 SS ラブライブ! μ's スクスタ 上原歩夢 ライブ 高咲侑 優木せつ菜 桜坂しずく Liella! 高海千歌 中須かすみ 渡辺曜 アニメ 松浦果南 津島善子 黒澤ダイヤ ラブライブ!サンシャイン!! スクスタ毎日劇場 黒澤ルビィ 桜内梨子 天王寺璃奈 動画 逢田梨香子 近江彼方 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 小原鞠莉 三船栞子 ラブライブ!スーパースター!! グッズ 国木田花丸 絢瀬絵里 高坂穂乃果 澁谷かのん 園田海未 南ことり 矢澤にこ 小林愛香 伊波杏樹 楠木ともり ラブライバー 大西亜玖璃 星空凛 Saint_Snow 葉月恋 斉藤朱夏 ショウ・ランジュ 鈴木愛奈 スクフェス 小宮有紗 西木野真姫 平安名すみれ 嵐千砂都 唐可可 小泉花陽 東條希 ミア・テイラー 相良茉優 諏訪ななか 前田佳織里 降幡愛 高槻かなこ 矢野妃菜喜 鬼頭明里 小泉萌香 あなたちゃん 鹿角聖良 指出毬亜 中川菜々 生放送 田中ちえ美 村上奈津実 管理人の戯言 久保田未夢 伊達さゆり Liyuu 法元明菜 青山なぎさ ラジオ 鹿角理亞 新田恵海 声優 近江遥 岬なこ 三森すずこ ペイトン尚未 内田彩 内田秀 徳井青空 にじよん 副会長 ハロー!!!ラブライブ! ランジュ 南條愛乃 綾小路姫乃 ぷちぐるラブライブ! 楠田亜衣奈 グラブル 浦ラジ 飯田里穂 田野アサミ R3BIRTH 久保ユリカ スクフェスAC 渡辺月 Sunny_Passion 佐藤日向 Pile A・ZU・NA 演劇部部長 ニュース 川本美里 A-RISE サヤ 高坂雪穂 高海美渡 QU4RTZ ミア 絢瀬亜里沙 浅希 若菜四季 高海志満 ニジガク 配信 絵森彩 佐倉綾音 三船薫子 色葉 今日子 幻日のヨハネ DiverDiva スクスタ4コマ CYaRon! 綺羅ツバサ 澁谷ありあ 米女メイ AZALEA 鬼塚夏美 桜小路きな子 しいたけ マンマル TikTok バーチャルスクールアイドル 荻野由佳 ニコ生 鞠莉ママ はんぺん 流しそうめん同好会 畑亜貴 中川奈々 漫画 支倉かさね すみれ妹 サスケ 水樹奈々 ことりママ チビ 鈴原希実 本田圭佑 東山奈央 エマ 千歌ママ スクパラ 吉武千颯 黒沢ともよ 近江母 黒羽咲良 ランジェ オフィーリア 櫻川めぐ 指出毱亜 Shadowverse コペ子 統堂英玲奈 サニーパッション 雨宮天 水瀬いのり 芹澤優 いつき 結ヶ丘理事長 近江ママ 薮島朱音 柊摩央 ジェニファー ラクシャータ ラブライブ!ANN 桜内万結 結木ゆな 聖澤悠奈 あゆにゃん せつにゃ liyuu にゃんがさき ラブライブ!スーパースター!!v コッペパン同好会 藤堂恵令奈 監視委員 なかやまきんに君 右月 左月 イベント ジレン ゆいがおー トッリ 神宮音楽学校アイドル部 ドラゴンボール超 画像三森すずこ 生配信 Guilty Kiss 松浦果南国木田花丸 プレリュード 金元寿子 スクコレ お盆 ことり母 松永真穂 理事長 Aqours_LOCKS! 山本希望 QU4RUZ 芸能 大橋歩夕 優木あんじゅ 善子母 LOCKS! 鍾嵐珠 Liela! クリスティーナ 本渡楓 ドラマCD 女子高生 桜咲しずく ぽきもそ ゲーム 矢澤こころ 藤黄学園 C.C. 下園咲 相川涼 黒羽咲夜 紫藤美咲 若葉四季 美里 リエラジ よしみ むつ 兵藤さゆり DiverDrva 藤城悠弓 船戸ゆり絵 黒崎隼 佐伯麗音 大熊和奏 マックスむらい ママライブ 釘宮理恵 しずくママ 宮下ココ しずくの母 桐原優香 PDP ファンミ ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD GuiltyKiss 林鼓子 てん☆ふぇす SunnyPassion 樋口楓 ROLAND 4コマ 神谷理華 虹ヶ咲マンスリーアンケート CYaRon! ポエポエ くるるん ファビュラスっち 多々良るう もう中学生 ベジータ TOKIMEKI RunRuns 平野歩夢 白瀬小雪 マイ