当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】せつ菜「桜舞い散るあの日の勇気をもう一度」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】せつ菜「桜舞い散るあの日の勇気をもう一度」【ラブライブ!虹ヶ咲】

setsushizu.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:29:15.69 ID:+cCpZPZh
しずせつ
卒業後のお話です
その辺を気にしない方向け

2: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:30:57.89 ID:+cCpZPZh
しずく「―――…、と考えております」

審査員「…うん…分かりました」

しずく「……」

審査員「…はい、以上で面接は終了です」

審査員「合否通知については事前にお知らせした通りになります」

審査員「お疲れ様でした」

しずく「…ありがとうございました」

しずく「…失礼します」スッ

ペコ

ガチャ

パタン


しずく(はぁ…緊張した…)

しずく(とりあえずアピールしたいことは全部出せたかな…)

3: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:32:37.72 ID:+cCpZPZh
―――私は今、舞台女優を目指して劇団のオーディションを受けている

―――高校卒業してから約1年半。書類選考が通り、2次選考も通過し

―――今日、最終選考を終えひと段落といったところ

―――正直、思っていたよりもずっと早くここまで来られた

―――自分で言うのも少し恥ずかしいけれど

―――スクールアイドルも演劇も、ちゃんと頑張れてたおかげなのかなと思う


しずく(…でも、まだ分からない)

しずく(これから結果分かるまで落ち着かないな…)

しずく(受かってるといいなぁ…)




4: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:33:53.18 ID:+cCpZPZh
ガチャ


しずく「……」


カチッ

パッ


―――誰も居なくて暗い部屋に電気をつける

―――ただいまを言う相手はいない

―――卒業してからは一人暮らし

―――最初は新鮮さもあって伸び伸びできたけど

―――慣れてしまえば普通に寂しい

―――そしてそっちは慣れてはくれないみたい

―――でも、そんな寂しさを少しだけ和らげてくれるものがある


しずく(…ふふ、来てた)

しずく(せつ菜さんからの手紙)

しずく(さっそく読もう)

6: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:35:09.55 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

『オーディション2次選考通過おめでとうございます!

いよいよですね!これが届く頃には最終選考終わってるかもしれませんね

しずくさんならやはり大女優になれますよ!私も今から楽しみです!』

・・・・・・

しずく(…ありがとう、せつ菜さん)ギュッ

しずく(……)

しずく(…また書いちゃおうかな)

しずく(優木せつ菜さんへ…)

しずく(今日も、あなたに元気を貰えて…――――)


―――最初はもっと頻繁にお話したいと思っていたし

―――今でもそう思うけれど

―――手紙も意外と悪くない。相手の反応が直に見えない分

―――少し照れくさいようなことも素直に書けてしまう




7: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:37:47.58 ID:+cCpZPZh
―――せつ菜さんは高校卒業とほぼ同時にアイドルとしてデビュー

―――スクールアイドルとしての知名度のおかげもあってその人気の伸びは異常で

―――容姿はもちろん歌唱力もダンスパフォーマンスも全部が完璧で

―――アイドルとしてのファンも居ればアーティストとしてのファンも居て

―――ライブのチケット倍率は2桁どころか3桁も余裕で超える、らしい

―――ファンクラブ発足したら会員番号でマウント合戦が流行って少し荒れたりもした

―――何故手紙でやり取りをしてるのかというと

―――元同好会の誰も今のせつ菜さん連絡先を知らされていないから

―――個人的なやりとりは家族以外全て禁止されてるとだけ伝えられたきり

―――そんなことあるのかと思ったけれど、この異常な人気と何か関係があるのかも

―――徹底してスキャンダルを回避するための予防とか…?

―――とにかく、何もかもがあの日から別の世界の人みたいになってしまった

―――私の、人生最大の後悔の思い出

―――私にもっと勇気があれば、違った今があったかもしれないのに

―――私がせつ菜さんに告白して、それで…

9: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:39:10.68 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

同好会元2年組卒業日


しずく『…せつ菜さん』

せつ菜『すみません、お待たせしました』

しずく『いえ…』

せつ菜『どうしたんですか?改まってこんな…』

しずく『…まずは、卒業おめでとうございます』

せつ菜『ありがとうございます!』

しずく『……』

せつ菜『あはは…どうしてもこの時期は寂しくなっちゃいますね…』

しずく『…す、すみません…』

せつ菜『いえ、卒業する皆さんを見送るのは私も経験してますから…』

しずく『それと……』

せつ菜『はい』

しずく『……』

せつ菜『……?』

しずく『…すみません、大丈夫です』

しずく『私……』

10: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:41:34.28 ID:+cCpZPZh
しずく『…私、せつ菜さんのことがずっと好きでした』

せつ菜『―――え』

しずく『私がスクールアイドルを始めたのは、演劇と同じものを感じたからですが』

しずく『スクールアイドルの本当の魅力に気付いたのはせつ菜さんのおかげです』

しずく『どちらも観客を魅了するという点は同じですが』

しずく『スクールアイドルは演じるのではなく、自分の持てる魅力で勝負するんだと』

しずく『まぁ、演じることだって私の一つですが…』

せつ菜『……』

しずく『せつ菜さんはそれを私に教えてくれて』

しずく『同時に、私もそんな風になれるようにあなたの事を見てきました』

しずく『それからずっと、せつ菜さんは私にとっての理想でした』

しずく『そんな理想が、憧れが恋心に変わるのはそう遅くはありませんでした』

しずく『いえ、多分初めてステージで歌うせつ菜さんを見た時から…』

11: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:43:36.72 ID:+cCpZPZh
しずく『こんな日になるまで言えなくて』

しずく『でもこれで卒業しちゃって…きっとあまり会うこともなくなって…』

しずく『それを実感してしまったら急に怖くなって…』

しずく『この気持ちを抱えたまま、せつ菜さんが居なくなってしまうのは嫌で…』

せつ菜『……』

しずく『だから、私と付き合ってください…!』

せつ菜『…っ』

しずく『……だめですか?』

せつ菜『まさか…はは…そんなこと…』

しずく『せつ菜さん…?』

せつ菜『……私も…好き、だったのに…』

しずく『…!、な、なら…』

せつ菜『……』

しずく『……?』

せつ菜『ごめんなさい、私…付き合えません』

しずく『!?…な……なん、で…』

12: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:47:16.93 ID:+cCpZPZh
せつ菜『…言えません。すぐに、分かると思います』

しずく『…わ、分かりません!意味が!はっきり言ってください!』ガシッ

せつ菜『……ごめんなさい』

しずく『い、嫌です!納得いきません!何か、理由があるなら…』グスッ

しずく『お願いしますっ…!』ヒック

せつ菜『っ……わ、分かりました。これ、内緒ですからね』

せつ菜『私、数日後にアイドルとしてデビューすることが決まってます』

しずく『……え…』

せつ菜『誰にも言うなって言われてるので、たった数日ですが絶対内緒ですよ』

せつ菜『もう、誰かのものになることはできないんです』

しずく『…あ…わ、私は…遅かった…?』

せつ菜『私たち、両想いだったんですね……あはは…』

せつ菜『一番好きな人に、私の大好きはとっくに届いてたなんて』

せつ菜『本当なら喜びたいところですが…』

しずく『……そんな…』ポロポロ

14: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:49:20.00 ID:+cCpZPZh
しずく『私が…もっと早くに勇気を出していたら…』

せつ菜『……』ギュッ

せつ菜『気持ちに気付けなくてごめんなさい』

しずく『ち、違います、せつ菜さんのせいじゃ…』

せつ菜『それに、私も怖くて言い出せませんでした…だからおあいこですよ』

しずく『……』

せつ菜『…私の事、応援してくれますか?』

しずく『…っ、しますよ…当たり前、じゃないですか』グスッ

せつ菜『…私の最初のファンはしずくさんですね』

しずく『…そうですよ、デビュー前からの、ひっく、大ファンなんですから…』

せつ菜『そのうちファンクラブができるんですけど』

せつ菜『会員番号000番、貰ってくれませんか?本当は怒られちゃいますけどね』

しずく『貰います…っ、絶対私にください…』ポロポロ

しずく『ファンレターだってたくさん書きますっ!』ギュッ

せつ菜『……』ナデナデ

・・・・・・

15: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:51:58.77 ID:+cCpZPZh
―――個人的なやり取りは禁止のはずなのに

―――私がファンレターを送ればせつ菜さんはこっそり返事をくれた

―――署名は中川菜々

―――これが分かるのは私たち元同好会の皆さんだけ

―――返事をくれるのは、ファンの中でも私だけ

―――付き合えなくても両想い、きっと厳しい管理の中特別扱いされてる

―――そのおかげで私は頑張れる


しずく(…それに…)ピッ

――――――

司会者『本日のゲストは、今や誰もが知る国民的アイドル、優木せつ菜さんです!』

せつ菜『こんにちは!優木せつ菜です!よろしくお願いします!!』

司会者『相変わらず元気が良くて気持ちがいいですね』

せつ菜『それだけが取り柄ですから!』

司会者『またまた』

――――――

しずく(テレビで見ない日なんてないくらい)

しずく(いつでもせつ菜さんの姿を見ることだけはできるから)

16: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:54:59.00 ID:+cCpZPZh
しずく(…うん、書けた)

しずく(…ん?)チラ

しずく(あ、もうこんな時間)

しずく(バイト行かないと)スクッ

しずく(っと、手紙も出しちゃおう)






アパレルショップ


しずく「いらっしゃいませ♪」


―――本当はアルバイトはする必要がない

―――ありがたいことに、親の仕送りだけでなんとかなる

―――でも何もしないのもどうかと思うし

―――こういう経験も大事だと思うし、それに


侑「しずくちゃん、こんにちは」

歩夢「こんにちは~」


―――たまに知ってる人が会いに来てくれるのが嬉しい

18: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:56:31.27 ID:+cCpZPZh
しずく「侑先ぱ、じゃなかった侑さん、歩夢さん。こんにちは」

侑「どっちでもいいって言ってるのに」

しずく「いえ、いつまでも侑さんだけ先輩って呼ぶのも変ですし」

侑「真面目だなぁ」

歩夢「真面目っていう話かなぁ…別に普通だと思うけど」

侑「そうかな」

歩夢「そうだよ」

しずく「相変わらず仲良さそうで」

歩夢「…しずくちゃんはすぐそういうこという///」

しずく「ふふ♪」

歩夢「…侑ちゃん、あの話してあげたら?」

侑「あ、そういえばこの間せつ菜ちゃんに会ったよ」

しずく「え!?どこでですか!?」

侑「ご、ごめん、スタジオでだけど…落ち着いて、ね?」

しずく「あ、すみません…///」

歩夢「ふふっ」

しずく「あ、歩夢さんっ///」

19: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 12:58:51.39 ID:+cCpZPZh
―――侑さんも実はちょっとした有名人

―――作曲家として、既にたくさんの曲をアーティストに提供している

―――その中にはせつ菜さんも居て

―――元同好会の中で唯一せつ菜さんに直接会える立場

―――正直、ちょっと羨ましい

―――対して歩夢さんはパートで働きながら侑さんと一緒に暮らしている

―――未だに街を歩けばスカウトされるらしいけれど全部断ってるらしい

―――興味が無いわけではないけれど、侑さんより優先するものはないとのこと

―――本当に侑さん一筋の人

―――ある意味、羨ましい

―――この二人は私の理想の…


侑「聞いたよ、オーディション順調なんだって?」

しずく「あ、はい。今日最終選考が終わったばかりで」

歩夢「そっかぁ。お疲れ様。受かってるといいね」

しずく「ありがとうございます」

20: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:00:28.76 ID:+cCpZPZh
しずく「あの、それで…せつ菜さんは…」

侑「うん、しずくちゃんのこと気にかけてたよ」

しずく「あ…」パァ

侑「ていうか会ったら絶対聞かれるよ。しずくさんはお元気ですかって」

しずく「そ、そうなんですね…///」

侑「そんなに気になるなら自分で会いに来たらいいのに…」

歩夢「今のせつ菜ちゃんには無理だよ…」

侑「まぁ忙しいだろうし、立場的にもね…」

しずく「そうですね…せめて身体だけは壊さないで欲しいです」

歩夢「はぁなんかいいなぁ。会えなくてもこんなにお互いの事を想うなんて…」

侑「ほんと、今どきこんな子達居るかねってくらい純愛だよ」

しずく「そんなことありませんよ…」

21: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:03:15.26 ID:+cCpZPZh
侑「っと、流石に話し過ぎだね、ごめん仕事中に」

しずく「いえ。ありがとうございます」

しずく「いつもお二人に来てもらえて、私嬉しいです」

歩夢「…やっぱりせつ菜ちゃんとも、会えたらいいのにね」

侑「歩夢…」

歩夢「…ごめん。でも、平気なの…?」

しずく「…本音を言えば辛いです。でも仕方ありませんし」

しずく「会えないのはせつ菜さんも同じですから」

歩夢「…ごめんね、わざわざ聞かなくても分かることだったのに」

しずく「大丈夫です。気遣ってもらえているのは分かってます」

侑「…服、見て行こうかな。じゃあまたね」

歩夢「ばいばい」

しずく「はい、ごゆっくりどうぞ」


――――
―――
――

22: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:05:48.01 ID:+cCpZPZh
―――多くの人が初恋の人と結ばれない世の中で

―――私は別に失恋したわけでもない

―――想い人と死に別れたわけでもない

―――多くの人がなりたいものになれない世の中で

―――子供のころ、お芝居が好きな自分をひたすら隠して

―――泣きたいときもあった。周りに合わせて自分を演じる辛さもあった

―――それでも私は自分の夢に全力で居られる

―――そう思えば私が不幸だなんて甘えだ

―――全てが思い通りになるなんてありえない

―――せつ菜さんから聞いた話だけれど

―――今幸せそうな侑さんと歩夢さんだって、二人の間にもいろいろあったんだと

―――だから多少のことは我慢しないと…

23: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:07:45.24 ID:+cCpZPZh
バイト終了後



しずく(…ん?かすみさんからLINE)

しずく(…!)

・・・・・・

『聞いてしず子!私、せつ菜先輩と同じ事務所のオーディション受かった!!』

・・・・・・

しずく(…すごい)


―――せつ菜さんの人気が爆発してから、せつ菜さんの事務所の競争率は跳ね上がった

―――それをあっさり通過するなんて、かすみさんはやっぱりすごい

―――なんだか私の周りは凄い人が多い…


しずく(本当におめでとう♪今度、お祝いしなきゃね…っと)

・・・・・・

『ありがと~♪しず子も順調なんでしょ?ファイト!』

・・・・・・

しずく(ありがとう…よし、私もがんばろう)


――――
―――
――

24: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:09:36.20 ID:T5a1TLYY
頑張れしず子

25: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:12:01.38 ID:U5iq45iI
ケツメイシかと思った

26: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:12:49.20 ID:+cCpZPZh
1ヵ月後



しずく「…や、やった…届いた…」


―――いつ頃来るかは聞かされていなくて

―――気が気じゃない1ヵ月だったけれど

―――ついに、私は…


しずく(ま、まずはえっと…)ポチポチ


~♪

しずく「あ、もしもしお母さん?」

しずく「落ち着いて聞いてね?」

しずく「…私、オーディション受かったよ!」

しずく「…うん、うん…そう」

しずく「うん…ありがとうっ」

しずく「…ううん。詳しいことはまた話すね」

プツッ


しずく(あと、みんなにも報告して…)

しずく(……せつ菜さんに手紙書こう)

27: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:14:47.77 ID:+cCpZPZh
―――手紙は悪くないといったけれど

―――やっぱりこういう時は不便だ

―――本当は今すぐ報告したいのに


しずく(…おかげで、合格しました)

しずく(私もせつ菜さ…じゃなくて、優木さんのように…)

しずく(……それと、この間の新曲も凄くよかったです。毎日聞いてます…)

しずく(これからも応援してます…)


―――こんな他人行儀じゃなくて

―――私の心からの言葉で

―――願わくは自分の口で直接伝えたいな…


しずく(はぁ…もう、良いことがあったんだからこんな気持ちになってちゃだめ)

しずく(手紙出しに行こ…)

28: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:16:54.65 ID:+cCpZPZh
数週間後


劇団長「じゃあ、軽く挨拶してもらえる?」

しずく「はい。今日からお世話になります、桜坂しずくと申します」

しずく「役者になるのが夢だったので、こうして入団させてもらえて光栄です」

しずく「皆さんに少しでも追いつけるよう精一杯頑張ります」

しずく「よろしくお願いします」ペコ


パチパチパチ

劇団長「それじゃみんな、分からないこともあるだろうからいろいろ教えてあげてね」

先輩女優「あたし知ってる!元スクールアイドルのしずくちゃんでしょ?」

しずく「え、あ、はい。そうですが、どうして…」

先輩女優「どうしてもなにも、ファンだったんだよね!」

しずく「あ、ありがとうございます///」

先輩女優「あなたの歌はどこかミュージカルっぽさもあったし」

しずく「一応、演劇部にも所属してたので…」

先輩女優「なるほど。まぁこれからよろしくね、しずくちゃん」

しずく「は、はい!」

劇団員A「へー、即戦力ってやつじゃない?」

劇団員B「期待の新人どころじゃないね!」

しずく「そ、そんなことありませんけど…がんばります」

29: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:22:13.02 ID:+cCpZPZh
劇団長(試しに今の実力を少し見るだけのつもりだったけど)


しずく「…あなたが…何もしてくれないあなたが私の全てを奪ったんだよ!」

しずく「どうしてくれるの!?私の時間を返してよ!!」

劇団員A「…ごめん」

しずく「謝罪なんかされても―――!」

劇団員A「…ごめん」

しずく「それしか言えないの!?」

劇団員A「―――っさいなぁ!そんなこと言われても、どうしろっていうの!?」

劇団員A「何とかできるならやってるよ!それくらいわかるでしょ!?」

しずく「……っ」ツー

しずく「…ご、ごめんなさい…」シュン

劇団員A「……ううん…私も、ごめん…」


先輩女優「…普通に、次の劇でいけませんか?これ」

劇団長「うん。悪くない、どころじゃない…」

劇団員B「本当に好きなんですね…迫力があってめっちゃ引き込まれます」

先輩女優「はー、改めてファンになっちゃうわ…」

30: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:25:03.65 ID:+cCpZPZh
劇団長「おっけー。お疲れ様、桜坂さん」

しずく「あ、はい…」

しずく「どうでしょうか、私…皆さんについていけそうですか?」

劇団長「何言ってんの、文句なしだよ」

しずく「本当ですか!?」

劇団長「っていうかね…次の公演のもう予定組んでるんだけど」

劇団長「まだ期間はそれなりにあるし、やってもらいたい役がある」

しずく「え!?、そんな、いきなりですか…?さすがに…」

劇団長「大丈夫。あなたさえやる気なら私は推すよ」

しずく「…いえ、やります。やらせてください」

劇団長「…良い目だね。うん、期待してるよ」

しずく「はいっ」

劇団長「とりあえず、今日はあなたにいろいろこの劇団の事教えてあげるね」

しずく「はい、お願いします」

31: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:27:25.54 ID:+cCpZPZh
入団初日終了後



しずく「……まだかな」


―――緊張した。本職の皆さんの前で演技をするのは流石に怖い

―――でも予想以上の高評価に今は別の意味でドキドキしている

―――それに、もう役を与えてもらえるかもしれないなんて…


「はぁ、はぁ…ごめん、おまたせ!」ポン

しずく「ううん、全然待ってないよ」


―――初日を終えて今日はとある約束の日

―――もし二人とも受かったら、一緒にお祝いしようっていう


「そう?ならよかった」

しずく「うん。かすみさん、こんばんは」

かすみ「ふぅ…しず子もおつかれぇ」





32: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:30:15.95 ID:+cCpZPZh
かすみ「それじゃ、二人の合格を祝して」

しずく「乾杯♪」チンッ

かすみ「ノンアルだけどね」


―――私より少し早く夢を叶えたかすみさん

―――とはいえせつ菜さんのようにすぐにデビューではなく

―――今はレッスンがほとんど


かすみ「っていうかせつ菜先輩が異常なんだよねぇ」

しずく「やっぱりそうなの…?」

かすみ「いくら事務所に所属したからっていきなり大々的にデビューなんて無いよ」

かすみ「そこはかすみんも、別にすぐ表に出られるとは思ってないからいいんだけど」

かすみ「こうしてしず子…友達とも会えるし、連絡も取れるんだよ?」

かすみ「かすみん以外の子も一緒。そもそもあんな監禁?束縛?許されるのかなってくらい」

しずく「そうだよね…でも、かすみさんも本当におめでとう。凄く狭い門だったんでしょ?」

かすみ「書類選考の時点だと実感湧かなかったけど、2次で面接に行ったときは面食らったよ」

かすみ「かすみんの受けた日だけでこれじゃ、全部で何人居んのって…」

しずく「あはは…」

33: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:32:18.91 ID:+cCpZPZh
かすみ「しかも、元スクールアイドルの知ってる顔も結構居るし」

かすみ「…ま、かすみんの可愛さをもってすれば余裕?みたいなぁ」

しずく「一番かわいいもんね」

かすみ「馬鹿にしてない?」

しずく「してないしてない♪」

かすみ「せてめ嘘っぽくない演技してよね…」

しずく「ふふ」

かすみ「しず子は今日どうだったの?」

しずく「…実はね……」

かすみ「な、なに…なんかあった?」

しずく「…もしかしたら、もう何かしらの役を貰えるかもしれない」

かすみ「はぁ!?…またまた、嘘でしょ?」

しずく「嘘じゃないよ」

かすみ「…はー…うそぉ…なんか自信無くすんだけど」

かすみ「おめでとう。しず子だって凄いよ」

しずく「ありがとう♪」

34: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:34:28.95 ID:+cCpZPZh
しずく「私たちの周りって、凄い人多いよね」

かすみ「それは本当に思う」

かすみ「感覚麻痺しそうだよ…」

しずく「ね…」

かすみ「っていうか、してるよね。かすみん達も多分普通に凄いんだけど」

しずく「なんか全然そんな気がしないよね」

かすみ「そういや、せつ菜先輩から返事は?」

しずく「ううん、まだ来てないんだ…」

かすみ「もう結構経ってない?」

しずく「うん、いつもならもう届いててもおかしくないのに…」

かすみ「あー…でもたまーにせつ菜先輩を見かけるけど…」

しずく「え!?」ガタッ

かすみ「うわ、お、落ち着きなって…」

しずく「…///」スッ

35: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:36:10.43 ID:+cCpZPZh
しずく「それで…?」

かすみ「あぁうん…なんか慌ただしいのはいつもの事だと思うけど」

かすみ「切羽詰まってるというか、余裕が無い気がするんだよね」

かすみ「遠目に見るだけで顔を合わせてるわけじゃないから分かんないけど」

しずく「…単純に忙し過ぎて書けない、っていうならいいけど…」


―――本当は良くない。返事は欲しい

―――けど、それなら多分いつか落ち着くから

―――そうじゃないとしたら…何なんだろう


しずく「分からないね…」

かすみ「侑先輩には?」

しずく「侑さんもいつでも会えるわけじゃないから…」

かすみ「はぁ…そっか…」

しずく「……ごめん、お祝いしに来たのに」

かすみ「…今日は付き合ったげるから元気だせしず子。ほら、食べよ?」

しずく「…うん」




36: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:38:24.21 ID:+cCpZPZh
かすみ「んじゃね」

しずく「今日はありがとう」

かすみ「いいよ、でも次はかすみんの話も聞いてよ?」

しずく「うん、約束する♪」

しずく「また誘うね…って言っても、かすみさんもアイドルだからなぁ」

かすみ「アイドルだろうが女優だろうが友達とご飯くらい普通は行けるんだよ」

しずく「…はぁ」

かすみ「ご、ごめん」

しずく「うそうそ、流石に分かってる」

かすみ「もう…ま、何か分かったら連絡するよ」

しずく「うん…おやすみ」

かすみ「おやすみ~」フリフリ

37: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:41:22.78 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

かすみ「あぁうん…なんか慌ただしいのはいつもの事だと思うけど」

かすみ「切羽詰まってるというか、余裕が無い気がするんだよね」

・・・・・・


―――先ほどのかすみさんの言葉が妙に忘れられない

―――忙しいのは知ってるけど…

―――本当に忙しいだけなら、いいんだけど…


しずく(…なんだか胸がざわつく)

しずく(…何もないといいけど)

しずく(…手紙が来ないことと無関係ではなさそうだから…)

38: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:43:58.29 ID:+cCpZPZh
しずく家前


しずく「…あ!」


―――家に着くなり目に入る

―――とても見慣れた封筒、待ち望んだ相手の名前

―――急いで家に入り、荷物をベッドに投げ捨てて封を切る


しずく(何て言ってくれてるかな…)

しずく(褒めてほしいな…)

しずく(ふふ、久々だから余計楽しみ)


―――そうして期待いっぱいにしながら目にした手紙には

―――期待通りの言葉は何もなくて

―――代わりに目についた『次のデビュー記念日に引退します』という文字を

―――私の頭は理解ができないまま見つめるしかなかった


――――
―――
――

39: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:51:47.22 ID:+cCpZPZh
―――それからほどなくして、せつ菜さんの引退発表が報道された

―――唐突過ぎる発表に世間は混乱

―――事務所からの説明は本人の希望、とだけ

―――多くのファンがせつ菜ロスに陥る

―――当然私も

―――まさか、自分がこんな経験するとは思わなかった

―――いつか辞める時も、私には事情を教えてくれると思ったから

―――そもそもこんなに早く辞めるなんて思わなかったから

―――予告通りラストライブを開催した後

―――各メディアへの露出も完全に消えて

―――まるでこの世界からも消えてしまったかのような伝説の人になってしまった

―――そんな中で約1年、私は色褪せてしまった世界をただ一人過ごし

―――そして現在まで、せつ菜さんからの連絡は一切ない

40: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:54:48.04 ID:+cCpZPZh
しずく「先輩、お疲れ様です」

先輩女優「お疲れ様ー。今日も長丁場で疲れたね」

しずく「そうですね」

先輩女優「ていうか、こんな時期にここまでやらせるかね…」

しずく「公演まであまり時間がありませんからね…」

先輩女優「はぁ、仕方ないかぁ…」

しずく「あはは…」

先輩女優「あれか?あんたらどうせ一緒に過ごす相手なんていないだろって?なめてるよね」

しずく「…居るんですか?」

先輩女優「いないけど…」

しずく「……」

先輩女優「もー、何かいってよ!」

しずく「す、すみません…」

先輩女優「いや、冗談だからね?そんなガチで謝られると困るって」アハハ

しずく「…ふふっ」

41: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 13:58:14.65 ID:+cCpZPZh
先輩女優「しずくちゃんは居ないの?」

しずく「…いませんよ」

先輩女優「そっかぁ。ていうかそういう話全然聞かないけど、興味ないの?」

しずく「まぁ、そうですね。それより今は女優として頑張らないと」

先輩女優「…うん、やっぱりだめ」

しずく「えっ」

先輩女優「勝手に恋人作ったら許さないよ。私の認めた人にしかしずくちゃんはやらん」

しずく「せ、先輩?」

先輩女優「こんな可愛くて健気な子、そこらの人には勿体ない」

しずく「何言ってるんですか…」

先輩女優「あははは」

しずく「……」

42: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:02:14.01 ID:+cCpZPZh
しずく「…はぁ」

しずく(寒い…もう、今年も終わりかぁ…)


―――クリスマスはもう終わったけれど

―――街中ではまだ多くの人が仲睦まじく歩いている姿が目に入る

―――各々残り少ない今年を楽しみたいのかな


しずく(…なんか空しい)

しずく(…いや、別にいいけど。今は演劇のほうが大事)


―――そう、言い聞かせているのに


女性A「……」~♪

女性B「お待たせ」ポンポン

女性A「あ、やっと来た」

女性B「ごめんごめん。何聞いてるの?」

女性A「もちろん優木せつ菜の曲だよ」


―――考えないようにしてるのに

―――未だに唐突に耳に入る、その名前に心がざわつく

43: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:03:42.45 ID:+cCpZPZh
女性B「ホント好きだね。もう引退して、えーっと8か月か、経つのに」

女性A「なんでやめちゃったの…たった3年で…」

女性B「まだ引きずってんの…」

女性A「…私がおかしいみたいに言うけど、あなたのほうがおかしいんだからね?」

女性A「せつ菜ちゃんの人気は国民的どころか世界的だったんだから!」

女性B「はいはい。分かってますよ。FC会員番号1桁さんはすごいなぁ」

女性A「それ言うのやめてって言ってるよね?これはもう今日は家でライブ鑑賞会の刑ね」

女性B「はぁ…まぁいいけど」

女性A「え…冗談なのにいいの?」

女性B「…まぁ、いいよ。あんたと一緒なら」

女性A「…ふ、ふーん…」


しずく「……」

しずく(…せつ菜、さん…)

――――
―――
――

44: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:05:36.38 ID:+cCpZPZh
『ごめんなさい、私…』





しずく「っ……!」ハッ

しずく「……」

しずく(またあの時の夢…)


―――忘れたくても忘れられない記憶

―――どこかで名前を聞くたびに必ず夢に現れる


しずく(うたた寝しちゃってた…?)チラッ


―――時計は0時を回ったばかりを指している


しずく(……はぁ、ちゃんと寝ないと疲れが残っちゃう)

しずく(……おやすみなさい)

45: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:08:57.53 ID:+cCpZPZh
翌日


しずく「おはようございます」

監督「あー、桜坂さん。ちょっとこっち来て」

しずく「?、はい」テクテク

しずく「何かありました?」

監督「いやね…最近のあなたのことなんだけど」

しずく「はい」

監督「演技してるときの様子がなんか引っ掛かって。大丈夫かなと思って」

しずく「えっと…大丈夫、とは…?」

監督「なんだろう…疲れてる?」

しずく「え…いえ、そんなことありませんけど…」

監督「んー、なんか完璧過ぎるっていうか」

監督「ていうか、台本通り過ぎて逆に違和感ある…って伝わる?」

しずく「…?」

監督「…んー、難しいか。ま、いいや。とりあえず今日もよろしくね」

しずく「あ、はい。失礼します」ペコリ

46: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:10:23.64 ID:+cCpZPZh
ガチャ

先輩女優「おはようございまーす」

監督「おはよう。ちょっといい?」

先輩女優「はい。なんですか?」

監督「あのね、……のことなんだけど―――」

先輩女優「!…え、…が?」

監督「うん…―――、だから―――」

先輩女優「……、…。」

しずく「……」

しずく(台本通り過ぎて…?良いこと、ではなく多分悪い意味っぽいけど…)

しずく(……)

しずく(一応ダメ出し、されたのかな…でも完璧だって…)

しずく(……よく分からないよ…)




47: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:12:19.27 ID:+cCpZPZh
稽古終了後



先輩女優「ねぇしずくちゃん」

しずく「はい」

先輩女優「この後時間空いてたりする?」

しずく「え?」

先輩女優「もし良かったらご飯でも行こうよ」

しずく「……」キョトン

先輩女優「たまには先輩に付き合って?」

しずく「……まぁ、構いませんけど」

先輩女優「よし来た。実はお店予約してあるんだ」

しずく「…ふふ、私が断ったらどうしてたんですか?」

先輩女優「そりゃあ二人で予約したのにお一人様ご案内になってただけよ…」

しずく「先輩にそんな恥はかかせられませんね」クスッ

先輩女優「そうだよ?頼むよ後輩ちゃん」

しずく「はいはい」

48: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:14:44.13 ID:+cCpZPZh
レストラン 個室席



先輩女優「それじゃ、乾杯しましょうか」カチン

しずく「はい」コツン

先輩女優「しずくちゃんとこうして食事するの初めてかもね」

しずく「…そうですね」

先輩女優「……」

しずく(…?)

しずく「先輩…?」

先輩女優「……」

しずく「…あの…?」

先輩女優「あー、うんとね…最近、どう?」

しずく「え…と?」

先輩女優「んー…元気?っていうか、どんな感じなのかなって」

しずく「どうもなにも、毎日稽古ですけど…先輩も一緒ですよね?」

先輩女優「いや、ま、そうなんだけど…」アハハ

しずく「…?」

先輩女優「……はぁ、やめやめ。回りくどいの苦手」

しずく「へ?」

49: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:16:40.09 ID:+cCpZPZh
先輩女優「単刀直入に聞くわ。最近…いえ、ここしばらくずっと、どうしたの?」

しずく「……え?」ドキッ

しずく「何言ってるんですか急に」

先輩女優「おかしいなとは思ってたんだよね」

先輩女優「演技自体は完璧だったから最初は問題ないのかと思ったんだけど…」

先輩女優「それにしても、ね。なんだろ…うーん」

先輩女優「私も上手く言えないんだけどさ、どこか変なんだよ。違和感があるというかさ」

先輩女優「入団したての頃はもっと…」

しずく「……」

先輩女優「…ごめん、これは忘れて」

先輩女優「とにかく、何かあったんじゃないの?」

しずく(…監督に言われたことと同じ…でも、私自身よく分からないのに…)

しずく「…気のせいです」

先輩女優「…本当に?」

50: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:18:13.20 ID:+cCpZPZh
―――無言の時間が流れる

―――その沈黙に耐えきれず口を開く


しずく「…まぁ、何もなかったと言えばウソですけど」

しずく(そもそも1年も前の話だし…)

しずく「今はもう大丈夫なので心配は無用です」

先輩女優「………そっか」

しずく「……」

先輩女優「はぁー…まぁいいや。ならこの話はやめよっか…」

しずく「すみません、なんだか気を遣っていただいて…」

先輩女優「良いよ良いよ。可愛い後輩のためだしね」

しずく「押しつけがましいですね」グビッ

先輩女優「えぇ、急に辛辣…酔ってない?」

しずく「…酔ってませんよ」

先輩女優「…ほんとかねぇ」ゴクッ




51: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:21:07.60 ID:+cCpZPZh
先輩女優「じゃ、またね~」フラフラ

しずく「…酔ってるのは先輩じゃないですか」

しずく「ちゃんと帰れるんですか?」

先輩女優「そんなに酔ってないって、あはは」

しずく「……」

先輩女優「大丈夫だって。あたしのことはいいの」

先輩女優「……意味わかるよね」


―――見透かされてる

―――でも、仕方ないんだもの。どうしようもないんだもの


しずく「…そう、ですか」

先輩女優「んじゃ、また明日もがんばろー」

しずく「はい、おやすみなさい」ペコ

しずく(私はタクシーで帰ろうかな)

52: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:23:07.30 ID:+cCpZPZh
しずく家前


運転手「…お客さん」

しずく「……」

運転手「お客さん、起きてください。着きましたよ」

しずく「ん…あっ…ありがとうございます」

しずく「…えっと、これで…」

運転手「はい、どうも。お疲れ様」

しずく「…」ペコッ


バタン

ブーン…


しずく(……はぁ)

しずく(…やっぱり疲れてるのかな、私…)

ガチャガチャ

カチャン

バタン

53: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:24:22.84 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

せつ菜『もう、誰かのものになることはできないんです』

・・・・・・

しずく「……」ゴソゴソ

トサッ

ガサガサ

しずく(……またあの夢を見せるなんて酷いな、私の脳は)ペラッ



―――せつ菜さんから届いた手紙を取り出す

―――会えなくても、直接話せなくても、これがあるから私は今まで頑張れた

―――なのに、そのつながりも絶たれて

―――姿を見ることもできなくなって

―――私に残されたのはせつ菜さんと交わせたこの短いやり取りだけ

―――時々見返すと少しだけ私に元気をくれて

―――その分現状との差で寂しさを増幅させる

55: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:26:01.51 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

『しずくさん

お手紙ありがとうございます

私は早速毎日レッスンに収録に、忙し過ぎていきなりめげそうです!

なんて言ったらいろんな人に怒られちゃいますね

またこれからも、できるだけお返事は返せるように頑張ります!

あ、この手紙内緒ですからね!誰にも言ってはいけませんよ!』

・・・・・・

しずく(初めてせつ菜さんから手紙が届いた時は本当に嬉しかった)

しずく(連絡は取れないと聞かされて)

しずく(私から一方的に送るだけだと思っていたから)

・・・・・・

『しずくさん

女優になる夢は叶いそうですか?ずっと応援してますからね

なかなか言えないこともあるかも知れませんが

私もあなたの最初のファンなんですから!』

・・・・・・

しずく(ファンレターは事務所のチェックが入るだろうからあまり詳しく書けない)

しずく(そんな私の事も察してくれているようで)

しずく(短いながらも、忙しい合間を縫って)

56: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:28:19.06 ID:+cCpZPZh
・・・・・・

『私ついに、ファーストワンマンライブ決まりました!

不安半分、期待半分ですけど

…関係者枠として1枚、チケットを同封しておきます

もしよかったら観に来てほしいです…

来れたらで構いませんから…』

・・・・・・

しずく(…行かないわけないじゃないですか、って思ったっけ)

しずく(そして…)

・・・・・・

『私、次のデビュー記念日に引退します

ごめんなさい』

・・・・・・

しずく(何の前触れもなく突然言い渡されたこれ)

しずく(はっきり言って心が不安定でどうにかなりそうだった)

しずく(ラストライブのチケットが同封されていて)

しずく(そのせいで嘘ではないと認めざるを得なかった)

57: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:32:11.55 ID:+cCpZPZh
しずく(でも、少しだけ期待してしまった)

しずく(せつ菜さんはアイドルになるから私と付き合えないって言った)

しずく(だったらアイドルをやめるなら…って)


―――そう思って、引退して8か月が過ぎた

―――期待した分だけ私は絶望した

―――現実は、ただせつ菜さんの姿を見ることができなくなっただけ


しずく(やっぱり会いたいよ…せつ菜さん…どうして…?)ウルッ

しずく(私からは連絡手段がない。せめて手紙をくれても…)

しずく(それとももう私の事…好きじゃなくて…)

しずく(…っ、そ、そんなこと…ない…)


―――根拠のない否定

58: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:36:40.64 ID:+cCpZPZh
しずく(だって、こんなに手紙くれたし)


―――送ったのはいつも私からだけど


しずく(そんなの、きっと送ってくれるのだって簡単じゃないから)


―――今なら送れるよね?

―――なんで何も連絡が無いの?

―――そもそもどうして突然やめたの?

―――私の事が好きで、でも私よりアイドルを選んで


しずく(そのアイドルよりも、選びたいものができて…?)

しずく(本当に、私の事が好きだったの?…実は、私を傷つけない嘘で…)

しずく(っ…馬鹿…)


―――最低な自分に気付いて必死に思考を停止させる

―――自分とせつ菜さん、両方を侮辱する救えない私

59: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:38:13.70 ID:+cCpZPZh
―――なのに


しずく(助けて…お願い、せつ菜さん…)


―――醜く救いを求める

―――神様でもなんでもいい

―――私は…


しずく(せつ菜さんが欲しい…)

しずく(誰のものにもならないならそれでもよかった)

しずく(その中で少しだけ特別になれていた私は、それでも満足だった)

しずく(でも、誰かのところになんて行かないで…)

しずく(私を、一人にしないでよ…)グス…


―――これだから嫌なんだ

―――こうなるから、演劇の事しか考えたくないんだ

―――今日はよく眠れそうにない

―――眠れない夜は本当に長い。嫌い。

60: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:41:16.83 ID:+cCpZPZh
数日後



しずく「―――!」

劇団員A「―――、―――」


監督「……」

監督(やっぱり…)ジー

劇団員B「最近、桜坂さんなんか調子悪そうじゃない?」ヒソヒソ

劇団員C「…そう?普通、っていうかむしろ力入ってると思うけど」

劇団員B「いや、そうなんだけどなんか…入れすぎて桜坂さんらしさが無い」

劇団員C「それはなんかわかるかも…」

監督(他の人も気付いてくるレベルで…)

先輩女優「この間話してみたんですけどね…あれはダメですよ」

先輩女優「話してくれる気はないですね」

監督「そう…」

監督「仕方ない…劇団長、ちょっと…」ヒソヒソ

劇団長「え……、いや、そうですね…分かりました」

61: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:44:23.71 ID:+cCpZPZh
しずく「え……休めってことですか?」

劇団長「これは監督と私の判断」

劇団長「もちろん降板させたいわけじゃないよ」

しずく「……」

劇団長「でも今のあなたの役はあなただから任せたの」

劇団長「桜坂しずくにやってほしいの」

劇団長「ちょっと厳しい言い方をするとね」

劇団長「今のままだとまるで精密機械に覚えさせた演技を見てるみたい」

しずく「…っ」

劇団長「そんな演技ならあなたでなくてもできる」

しずく「……」

劇団長「……ごめん。でも、それだけ私はあなたの事を買ってるの」

劇団長「桜坂しずくの演技力はこんなものじゃないって知ってるからこそ」

劇団長「ごめんね…嫌な言い方しちゃって」

しずく「いえ…監督も、先輩も、同じような事言ってましたから…」

62: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:49:42.26 ID:+cCpZPZh
劇団長「あなたが何故そんな状態になってしまったのかは聞かないけれど」

劇団長「それ、どうにかできる?」

しずく(これは…できるできないじゃない、やらないと…でも…)

劇団長「稽古のほうはギリギリまで気にしないでいいよ」

劇団長「あなたでなくてもできるっていうのは今のままならってだけで」

劇団長「代役を用意したって私の望んだ役にはならないし、する気もない」

劇団長「私は90点を100点にしたい。それができるのはあなただけなの」

しずく「…分かりました」

劇団長「…大丈夫?」

しずく「…はい、多分…」

劇団長「何かあれば何でも言ってよ?みんなも私も相談くらい乗るから」

しずく「…ありがとうございます」


――――
―――
――

63: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:54:32.98 ID:+cCpZPZh
トボトボ

しずく(……)

しずく(多分…?何言ってるの私…)

しずく(どうにかなんてできるわけない…)

しずく(手を抜いてるつもりはない。機械みたいだと言われたって、よく分からない)

しずく(私は真剣に自分の役がどういう人物かを考えて、演じているつもり)

しずく(でも言えなかった…期待を裏切りたくない気持ちもあるけれど)

しずく(もしできないなんて言ったら…私はどうなるの…?)

しずく(もう私には演劇しかないのに…)

しずく(…演劇の事を考えてないと、おかしくなりそうなのに)

しずく(それも奪われてしまったら…)

カチャカチャ

しずく(…あ、しまっ…)ポロッ

カラン…


―――震える手で挿し込もうとした鍵を落とし


しずく(…私は今、何ならできるの…?どうしたらいいの…?)ポロ…

しずく(…せつ菜さん…もう私、耐えられないよ…)ポロポロ


―――拾った代わりに、涙が落ちた

64: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 14:57:46.86 ID:+cCpZPZh
「もう、泣くほど辛いなら相談してよね」

「昔からそういうところありますから」

しずく「え…?」クルッ


―――不意に聞き覚えのある声で話しかけられる

―――顔を向けると…


侑「こんばんは」

かすみ「やほ、しず子」

しずく「…侑さん、かすみさん」

しずく「…どうしたんですか?」

侑「そりゃあ困ってる友達を助けに来たんだよ」

かすみ「ふふふ、驚かないでよ?」グイッ

しずく「…?」

65: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:01:59.16 ID:+cCpZPZh
「わ、ちょ、ちょっと…」


―――二人以外にも誰かいる

―――暗くてよく見えない人が、かすみさんに引っ張られて…


しずく「…………ぇ」ポロ


―――信じられない光景に気を取られ

―――私は再び鍵を落としてしまう


せつ菜「…こ、こんばんは」

しずく「――――」

侑「しずくちゃんが見てられないくらい酷かったから勝手にさせてもらったよ」

かすみ「まったく、変わってないねしず子も」

かすみ「それにしても大変だったんだからね?」

かすみ「せつ菜先輩探すのも、連れてくるのも一苦労どころじゃないよ」

侑「まぁまぁ、そう言いながら一番頑張ったのかすみちゃんだけどね」

かすみ「…当たり前ですよ。親友が泣いてるんですから」

侑「いろんな関係者に話を聞いて、頭下げて、なんとか見つけたんだ」

かすみ「まぁこのご時世完璧に姿をくらませるなんて無理な話ですよってね」

せつ菜「……」

66: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:03:32.31 ID:+cCpZPZh
―――訳が分からない

―――何も言えない。何も考えられない

―――どういう状況なの…?


かすみ「…何してるんですかせつ菜先輩。早く抱きしめてあげてくださいよ」

せつ菜「い、いや、できませんよ、何言ってるんですか」

侑「それはこっちのセリフだよ。しずくちゃんを助けられるのはせつ菜ちゃんだけなんだよ」

せつ菜「いえ、でも、わ、私は…」オロオロ

かすみ「目の前のしず子見えないんですか?そんなこと言ってる場合ですか?」

侑「じゃ、後は任せたよ。行こうかすみちゃん」

かすみ「そうですね」

せつ菜「は、話が違います!待ってください!」

せつ菜「一緒に居てくれるって約束だったじゃないですか!」

かすみ「知りません。待ちません」ダッ

侑「しずくちゃんにたっぷり怒られちゃえ!」ダッ

せつ菜「っ、ちょ…」

かすみ「しず子置いて追っかけてきたら怒りますからね!」タッタッタ

67: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:07:39.32 ID:+cCpZPZh
せつ菜「…しずくさん」

しずく「………」

せつ菜「…お久しぶりですね」

しずく「……せつ菜、さん?」

せつ菜「……はい」

しずく「……」フラフラ


―――二人きりになり、ようやく少しだけ思考がまともになる

―――縋るように、おぼつかない足取りで近寄る


せつ菜「……」

しずく「…う、嘘…本物…?」ペタ、ペタ


―――本当に信じられない。夢でも見てるのかな

―――存在を確かめるように

―――目の前の人の顔に、身体に、震える手を当てる


せつ菜「…一応偽物ではないつもりですが…」

しずく「っ…あぁ……せつ菜さん…」ウルッ


―――確かにここに居る

―――夢なんかじゃない

―――私の最愛の人

68: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:11:40.09 ID:+cCpZPZh
しずく「会いたかった…ずっと、会いたかったんですよ…?」ポロ…

しずく「ライブで、テレビで、一方的に見てるだけでも辛かったのにっ」

しずく「それすらも出来なくなって…っ」

せつ菜「ごめんなさい…」


―――嬉しいはずなのに

―――零れる言葉は責め立てるものばかり

―――もしも会えたら、笑って抱きしめたかった

―――でも、私はもう限界だったみたい


しずく「酷いです、どうして、今まで何も言ってくれなかったんですか…!」ポロポロ

せつ菜「ごめん、なさい…」

しずく「せめて、手紙くださいよ!私からは届ける術がないんですよ…!」

せつ菜「…ごめんなさい」

しずく「せつ菜さんのばかっ…ぐすっ、絶対許さな…っ、うぅ…」

せつ菜「……」ギュ…

しずく「……っ」ブワッ

せつ菜「とりあえず、こんなところで話していたら身体が冷えてしまいますから…」

しずく「……」グスッ

69: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:14:59.62 ID:+cCpZPZh
―――家に入るなり、私はたまらずせつ菜さんに正面から抱き着く

―――顔をうずめ、すすり泣きながらも、全身でせつ菜さんを捕まえる

―――もう離してやるもんか


せつ菜「…どうしたら許してもらえますか?」

しずく「……はぐ」

せつ菜「…してます」ギュ

しずく「……もっと強く」

せつ菜「……」ギュッ

しずく「……頭」

せつ菜「……」ナデナデ

しずく「……ぽんぽん」

せつ菜「……」ポンポン

しずく「……もっと」

せつ菜「……」ポンポン

しずく「……」


―――暖かい

―――こうして触れ合うのは、あの日以来

―――せつ菜さんの腕に包まれて

―――さっきまで荒れていた心が癒されていく

70: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:17:42.94 ID:+cCpZPZh
しずく「…どうして急にアイドルやめちゃったんですか?」

せつ菜「……」

しずく「私の生き甲斐だったんですよ…?せつ菜さんがアイドルとして頑張る姿が」

しずく「せつ菜さんとの秘密の文通が…」

しずく「なのに、突然それが両方奪われて…」

せつ菜「……」

しずく「何の音沙汰もなく数か月も…寂しさで死んでしまいそうでした」

せつ菜「…すみません」


―――せつ菜さんの顔は暗い

―――謝るばかりで、何も話してくれない

―――もしかして…


しずく「もしかして…私よりも、アイドルよりも、好きな人が…」フルフル

せつ菜「!?、ち、違います!そんなわけないじゃないですか!」

しずく「…そう、ですか」ホッ


―――ひとまず安心

―――でもそれなら尚更、何故何も言ってくれないんだろう


しずく「それなら理由を聞かせてください。お願いします…」

せつ菜「…ここまで来て言わないわけにはいきませんよね」

71: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:21:46.60 ID:+cCpZPZh
せつ菜「実は急ではなかったんです。最初から3年でやめることになってました」

しずく「え…?」

せつ菜「いや、最初からではありませんね…私がそうお願いしたんです」

しずく「…どういうことですか?」

せつ菜「私たちの卒業日、しずくさんに告白されるとは思わなくて」

せつ菜「両想いだなんて思わなくて」

せつ菜「つい心が揺らいでしまったんです」

せつ菜「アイドルにならなければよかったんじゃないかって…」

しずく「……夢じゃなかったんですか?」

せつ菜「もちろん、好きは好きですけど…なれたことも、ありがたいことなんですけど」

せつ菜「私はしずくさんに相応しくなりたくてアイドルになると決めました」

しずく「…!」

せつ菜「女優を目指すしずくさんには、私もそれくらい必要だと思ったんです」

せつ菜「でも…既に両想いで…だからと言ってやっぱりやめますとは言えませんし」

せつ菜「ましてや、何年かかるか分からないアイドル業が終わるまで待ってほしいなんて」

しずく(…それはまぁ、言えない…)

72: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:28:51.57 ID:+cCpZPZh
せつ菜「それで、事務所に死に物狂いで交渉しました」

せつ菜「プライベートは一切要らない。アイドル業と芸能活動に私の全てを捧げるから」

せつ菜「それで絶対に結果を出すから、3年でやめさせてくださいとお願いしました」

せつ菜「デビュー直前の人間が何を言ってるのかと思われたでしょうけど」

せつ菜「もうその時は必死でした」

せつ菜「こんなふざけた申し出が認められた理由は今でも分かりません」

せつ菜「スクールアイドルとしての経験のおかげですかね…」

しずく(そういうこと…)


―――誰とも連絡を取れないのではなく、取らないようにしてた

―――3年間も…私がそうさせてたんだ…


しずく「…どうして3年なんですか?」

せつ菜「ちょうどスクールアイドルも3年間しかできませんから」

せつ菜「限られた時間の中で精一杯輝く、そんなスクールアイドルが好きなんです」

せつ菜「だからそのつもりで、気合を入れるためというか、願掛けというか…そんな感じです」

73: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:31:36.80 ID:+cCpZPZh
しずく「それで実際にあんなに売れてしまうなんて…やっぱりせつ菜さんは凄いです」

せつ菜「…どうしてもしずくさんのことを諦めきれなかったんです」

せつ菜「ですが、私はあまりにも自分勝手でした」

しずく「…?」

せつ菜「アイドルとして成功するということは、それだけファンがいるということで」

せつ菜「私を応援してくれたたくさんのファンも裏切って」

せつ菜「しずくさんも、あんなに応援してくれていたのに」

せつ菜「そのしずくさんの告白を断ってまでなったアイドルをあっさり捨てて」

しずく「……」

せつ菜「活動中に届いたファンレターを見て、ライブに来てくれたファンの方々を見て」

せつ菜「私はどれだけの自分への好意を無下にするつもりでいるのか」

せつ菜「そんなもの考えなくても分かるのに…私は大バカでした」

せつ菜「これがずっと私を見てくれていたしずくさんを待たせてやりたかったことなのかと」

せつ菜「怖くなってしまったんです」

せつ菜「こんな私、しずくさんが知ったら幻滅するのではと」

せつ菜「しずくさんの憧れた私ではなくなって…」

74: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:35:36.97 ID:+cCpZPZh
せつ菜「しずくさんに会いたくて辞めたのに」

せつ菜「そう思うといつまでたっても会いに行くことができませんでした」

せつ菜「それがまた、しずくさんをずっと傷つけていることにも気付けませんでした」

せつ菜「私、何やってるんでしょうね…」

せつ菜「もう私には何もないんです…」

しずく「…!」

しずく(私から見たせつ菜さんはいつもキラキラ輝いていて)

しずく(完璧過ぎて違う世界の人だと思ってた)

しずく(でも違う。せつ菜さんだって私と1歳しか変わらないし)

しずく(人並みに悩んで、間違えて、泣いたりする)

しずく(せつ菜さんも、私と同じで…)

しずく「そうだったんですね」

せつ菜「……」

75: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:41:43.75 ID:+cCpZPZh
しずく「…せつ菜さん、聞いてください」

せつ菜「……っ」


―――話しかけたとたん、体を震わせる

―――私が何を言い出すのかとても不安そうな顔


しずく「…そんなに怖がらないでください」

しずく「…実は私にも今何もないんです」

せつ菜「え…?」

しずく「劇団から、しばらく来るなって言われました」

せつ菜「な、ど、どういうことですか!?」

しずく「私の演技は機械みたい、らしいです」

せつ菜「……え、え?」

しずく「そんな状態じゃ今の役は任せられない、だから何とかして来いって言われて」

せつ菜「そんなはずは…しずくさんの演技は…」

しずく「ここ最近で皆さんに変わったと言われました」

しずく「それでさっき帰ってきたばかりです」

せつ菜「そんな…それって…」

しずく「降板ってわけではありません」

しずく「期待してもらえてるみたいで、待っててもらえてます」

76: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:43:57.84 ID:+cCpZPZh
しずく「でも何がいけないのか自分では良く分からなくて」

しずく「どうしたらいいのか途方に暮れてしまいました」

しずく「せつ菜さんは居ないし、演劇はさせてもらえないし」

しずく「我慢していた分がさっき全部溢れちゃって…泣いちゃいました」

せつ菜「ぁ…わ、わたしの、せいで…?」

しずく「……でも、今日せつ菜さんの話を聞いて何となく分かったんです」

せつ菜「…?」

しずく「さっきせつ菜さん、私に相応しくなるためって言ってましたよね」

せつ菜「まぁ、はい…」

しずく「多分私もそんな気持ちで演技をしていたんです」

しずく「もう私には演劇しかないから、そのことだけを考えて誤魔化してました」

しずく「心から好きでやっているのではなく、上手くやらなければって」

しずく「それを見透かされていたのかもしれません」

しずく「でもせつ菜さんなら私を助けてくれるって思ってました」

しずく(それと、私を気にかけてくれたみんな)

しずく(…侑さん、かすみさん、ありがとう…)

しずく「だからありがとうございます」ニコッ

77: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:48:49.83 ID:+cCpZPZh
せつ菜「や、やめてくださいよ…私は何もしていません」ウルッ

せつ菜「しずくさんを傷つけるだけで。私のせいでこんなことになってるのに…」

しずく「いいじゃないですか。私たち似た物同士ってことで」

せつ菜「……」

しずく「せつ菜さんが居てくれるならなんだってできそうです」

せつ菜「…いいんですか?こんな、何もない私で…」

しずく「そんなこと関係ありません。せつ菜さんじゃないとダメなんです」

せつ菜「……」

しずく「せつ菜さんがどうなろうとこの気持ちは変わりません」

しずく「私の大好きを甘く見ないでください」

せつ菜「……っ」ポロッ

しずく「せつ菜さん…私と、付き合」

せつ菜「ま、待ってください!」グスッ

しずく「えっ…」

せつ菜「……今度は私から…」ゴシゴシ

しずく「…!」

78: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:52:30.38 ID:+cCpZPZh
せつ菜「…しずくさんに比べたら大した勇気ではありませんが」

せつ菜「せめてこれは言わせてください…」

せつ菜「もう二度としずくさんを泣かせたりしません。一生幸せにしてみせます」

せつ菜「…って、ちょっとプロポーズみたいになってしまいましたね」

せつ菜「でも、それくらいには本気です」

せつ菜「……しずくさん、私と付き合ってください!」

しずく「ぁ……」ツー


―――ずっと聞きたかった言葉

―――約4年間…いや、そのもっと前から大事に育てたこの想い

―――やっと実ったんだ…

―――今度は嬉し涙

―――今日はいろんな涙を流す日


しずく「……はい、喜んで」グスッ

せつ菜「…えへへ…ありがとうございます」ポロポロ

79: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 15:58:59.82 ID:+cCpZPZh
―――二人してソファに腰掛ける

―――肩を寄せ合ってゆっくり時が過ぎる

―――優しく握り合う手の感触が心地いい


しずく「…あ…どちらの家に住みましょうか」

せつ菜「…?」

しずく「…?」

せつ菜「…え、一緒に住むんですか?」

しずく「…え、住まないんですか?」

せつ菜「そんな急に言われましても…」

しずく「今一人暮らしですよね?」

せつ菜「そうですけど…」

しずく「私も一人なんです…一人暮らし、寂しくないですか?」

せつ菜「……え、と…」

しずく「私は寂しいです。…嫌なんですか?」

せつ菜「い、いえ、その……は、恥ずかしいというか…」

しずく「私もうせつ菜さんを手離すつもりはありません」ギュッ

せつ菜「あ、う…///」

80: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:03:01.82 ID:+cCpZPZh
しずく「また離れ離れなんて絶対嫌です」

しずく「せつ菜さんは違うんですか…?」

せつ菜「わ、私も……///」ギュ

しずく「…嬉しいです」

せつ菜「…私たちずいぶん遠回りしちゃいましたね」

しずく「そうですね…」

せつ菜「…そういえば、直接は言えてませんでした」

しずく「…?」

せつ菜「オーディション合格おめでとうございます。遅くなってすみません」

せつ菜「…もう、立派な役者さんなんですね」

しずく「…ありがとうございます。すごく嬉しいです」ギュッ


―――欲しい言葉を聞きたい人から聞ける

―――たったそれだけでも幸せを感じる

―――ついさっきまで絶望で泣いていたのに

―――単純すぎる自分自身に少し笑える

―――今なら本当に、なんだってできそう

81: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:05:22.89 ID:+cCpZPZh
せつ菜「それでその、演劇のほうは大丈夫なんですか?」

しずく「はい…もう何も気にする必要ありませんから」

しずく「元通り、好きな気持ちを持って演技ができます」

しずく「私の100%が出せるはずです」

せつ菜「よかったです…これからは私がしずくさんの応援します!」

しずく「…あは、こんなに心強いものはありませんね」

せつ菜「任せてください!」ペカー

しずく「明日、もう一度劇団に顔を出してみます」

せつ菜「…!」

しずく「なので、早速応援してもらえませんか?私に勇気をください」

せつ菜「それは構いませんけど…えっと、が、がんばってください!」

しずく「…ふふっ」

せつ菜「な、なんで笑うんですか!

しずく「いえ、とても可愛らしくて」クスッ

せつ菜「っ…///、ではどうしろと…」

しずく「……」ジッ

せつ菜「……?」

82: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:10:58.19 ID:+cCpZPZh
―――黙ってせつ菜さんを数秒見つめた後


しずく「……」スッ

せつ菜「!?……っ…」


―――静かに目を閉じる

―――胸の前で手を重ね、後は待つだけ


せつ菜(…今度こそ、私が勇気を出せってことですね)

せつ菜「しずくさん…」ソッ


―――せつ菜さんの手が両手に置かれる


せつ菜「…あなたが望むなら――」

せつ菜「――――ん」

しずく「――――」


―――苦くて、甘くて、暖かい

―――せつ菜さんから私への、少し遅い大人のクリスマスプレゼント

―――見ててくださいせつ菜さん。私、きっと大女優になってみせます


しずく(あなたに負けないくらい立派になって、今度は私から―――)

おわり

83: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:13:45.07 ID:+cCpZPZh
読んでくれた皆様ありがとうございました

84: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:19:34.85 ID:Zo6XI+H1
おつ
最高だった

85: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:22:16.28 ID:dOeEcdVF
おつ!しずせつイイね

86: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 16:26:21.17 ID:lAiSsF0k
ナイス

88: ときめきたい名無しさん 2021/12/30(木) 17:24:58.86 ID:T5a1TLYY
心情描写がほんと良かった
おつです

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1640834955/










注目記事
関連記事
2021/12/31 01:30 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2021/12/31(金) 03:19:42
  2. しずくはこういう純愛系のハマるな

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
5代目ラブライブ!に望むことを書いてけ!! Jan 18, 2022
ぽきもそ「一度しか読まれてません、涙溢れてません、Twitterなどでイキってません、動詞になりました、2年以上語り継がれてます」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jan 18, 2022
面倒くさくない1年生のラブライブ!キャラいるじゃん? Jan 18, 2022
【SS】かのん「可可ちゃんはお願い上手」【ラブライブ!スーパースター!!】 Jan 18, 2022
【資料】くらべる てん☆ふぇす【ラブライブ!スクフェス】 Jan 18, 2022
【動画】『にじよん シーズン4』最終回!今回は#60「栞子とスクールアイドル」をお届け!!【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 18, 2022
【朗報】声優・相良茉優さん、男から告白された経験が無い【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 18, 2022
ラブライブ!3大黒歴史は? Jan 18, 2022
【サニパ】深夜だしナイトセクシーゆななについて語るべきじゃないか?【ラブライブ!スーパースター!!】 Jan 18, 2022
【毎日劇場】A・ZU・NAさん、ヨハネの周りに天使の軍勢が来ていないかパトロール【ラブライブ!スクスタ】 Jan 18, 2022
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours SS 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 画像 μ's ラブライブ! スクスタ 上原歩夢 ライブ 高咲侑 高海千歌 優木せつ菜 中須かすみ 桜坂しずく 渡辺曜 津島善子 松浦果南 黒澤ダイヤ ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤ルビィ 桜内梨子 逢田梨香子 天王寺璃奈 Liella! スクスタ毎日劇場 動画 近江彼方 アニメ 小原鞠莉 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 ラブライブ!スーパースター!! 絢瀬絵里 国木田花丸 グッズ 高坂穂乃果 園田海未 矢澤にこ 小林愛香 南ことり 三船栞子 澁谷かのん 伊波杏樹 楠木ともり ラブライバー 星空凛 Saint_Snow 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 大西亜玖璃 スクフェス 西木野真姫 小泉花陽 東條希 唐可可 嵐千砂都 平安名すみれ 葉月恋 諏訪ななか 相良茉優 高槻かなこ 降幡愛 前田佳織里 鹿角聖良 鬼頭明里 あなたちゃん ショウ・ランジュ ミア・テイラー 矢野妃菜喜 管理人の戯言 中川菜々 指出毬亜 生放送 田中ちえ美 村上奈津実 久保田未夢 鹿角理亞 小泉萌香 新田恵海 声優 伊達さゆり ラジオ 三森すずこ 内田彩 近江遥 法元明菜 青山なぎさ Liyuu 徳井青空 にじよん ハロー!!!ラブライブ! ランジュ 岬なこ 南條愛乃 グラブル 副会長 ぷちぐるラブライブ! 楠田亜衣奈 飯田里穂 浦ラジ 田野アサミ 綾小路姫乃 渡辺月 ペイトン尚未 久保ユリカ スクフェスAC 内田秀 Pile 佐藤日向 Sunny_Passion A-RISE ニュース 高海美渡 高坂雪穂 ミア 演劇部部長 絢瀬亜里沙 サヤ A・ZU・NA 浅希 高海志満 ニジガク 佐倉綾音 今日子 色葉 綺羅ツバサ CYaRon! QU4RTZ スクスタ4コマ ニコ生 荻野由佳 鞠莉ママ 流しそうめん同好会 AZALEA マンマル しいたけ 中川奈々 澁谷ありあ すみれ妹 R3BIRTH 水樹奈々 畑亜貴 ことりママ サスケ 支倉かさね 漫画 エマ スクパラ 本田圭佑 はんぺん 黒沢ともよ ランジェ 千歌ママ Shadowverse 櫻川めぐ 指出毱亜 芹澤優 水瀬いのり 雨宮天 コペ子 統堂英玲奈 東山奈央 結ヶ丘理事長 吉武千颯 結木ゆな 三船薫子 チビ 桜内万結 サニーパッション 聖澤悠奈 柊摩央 オフィーリア 川本美里 女子高生 矢澤こころ ぽきもそ ゲーム 本渡楓 藤黄学園 コッペパン同好会 桜咲しずく クリスティーナ 鍾嵐珠 Liela! ドラマCD 松永真穂 優木あんじゅ 山本希望 大橋歩夕 芸能 監視委員 金元寿子 Aqours_LOCKS! お盆 善子母 いつき 理事長 ことり母 スクコレ LOCKS! SunnyPassion 神宮音楽学校アイドル部 QU4RUZ トッリ ゆいがおー ドラゴンボール超 ジレン マイ 黒羽咲良 神谷理華 てん☆ふぇす 4コマ ROLAND 樋口楓 画像三森すずこ イベント せつにゃ ラブライブ!スーパースター!!v あゆにゃん にゃんがさき 右月 左月 liyuu 藤堂恵令奈 Kiss 松浦果南国木田花丸 Guilty 生配信 プレリュード なかやまきんに君