当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】梨子「蜜柑の香りと」千歌「バレンタイン!」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】梨子「蜜柑の香りと」千歌「バレンタイン!」【ラブライブ!サンシャイン!!】

chikariko_20200801225305559.jpg





3: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:46:37.72 ID:iKWgUhWk
ちかりこSS

2: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:46:06.39 ID:iKWgUhWk
◇———◇


バレンタインデー。それは女の子にとって何よりも特別な日


あなたは……あなたならどんな想いを込めますか?


私はいつも空っぽで、ハキハキと喋る千歌ちゃんに、明るく引っ張るその千歌ちゃんらしさにずっと、身を任せて流されるだけで


だから、今日こそちゃんと伝えたいの。せいいっぱいの気持ちを、誰よりも大切な千歌ちゃんに


だって私、ずうっと、そんな千歌ちゃんのことが、ずっと——


———





◇———◇

5: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:47:40.65 ID:iKWgUhWk
それは、いつもの何気ないお昼休みのこと……


曜「手作りチョコレート?」

千歌「そうなのっ!バレンタインの甘~いチョコレート!チカねチカね!今年こそ手作りに挑戦してみたい!」

曜「なるほど~……いいね!なんだか楽しそう!」

梨子「……」モグモグ

梨子(バレンタインデーかぁ……もうすっかりそんな季節なんだね……)


東京の高校での初めてのバレンタインデー。去年の私の教室は、温度がすっごく華やかで


思い思いにデコレーションしたチョコレートを持ち寄って、私も周りのお友達とおすそ分けして……教室のキラキラ具合と比べちゃうとなんだかちょっぴり地味かなぁって思ったりもしちゃったけど……今ではすっかり大切な思い出です


曜「でも千歌ちゃん、手作りチョコなんて作れるの?」

千歌「もちろん無理!」

曜「あうっ!」

6: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:48:29.38 ID:iKWgUhWk
千歌「でもだいじょーぶっ!なんと今年のチカには秘密兵器が用意されてるから!」

曜「ひみつへーき?なにそれなにそれ!」

千歌「にしししっ、それはなんと……」スタスタ

梨子「……?」

千歌「り~こちゃん♡」

梨子「へっ!?」

千歌「お願い梨子ちゃん、チカに手作りチョコ教えてっ!!!」

梨子「わ、わたし!?」

9: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:50:32.75 ID:iKWgUhWk
千歌「……だめ?」

梨子「む、無理だよっ!他人に何かを教えるなんて!!私言うほどお料理上手じゃないしっ!!」ブンブン!!

千歌「え~?そんなことないよー!梨子ちゃんの東京パワーがあればなんでもできるってば!」

梨子「そんなパワーなんてどこにも存在しないのっ!無理なものは無理なのっ!!」

千歌「え~?じゃあやっぱだめかー……」

梨子「あ、いや、えっと、ダメって言うより、その……」

曜「そーだよ千歌ちゃん。梨子ちゃんだって秘密にしたいに決まってるもん!」

千歌「ひみつ?」

曜「うんっ!だって梨子ちゃんのことだしバレンタインデー当日にはすっごくオシャレなチョコ作ってきちゃうに決まってるもん!!手の内はばらせないよ~」

梨子「!!?」


よ、曜ちゃんまで!!?もうっ!!これ以上ハードルあげないでっ!!!


曜「ね、梨子ちゃん?」キラキラ

梨子(あぅっ……そんなキラキラした目で見ないでよぉ……)

10: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:52:10.32 ID:iKWgUhWk
千歌「そっかぁ~、なるほど……」

ポン!

千歌「でもやっぱり良くないよね、誰かに教えてもらってズルしようだなんて」

梨子「ち、違うのっ!!隠しておきたいとか、そういうんじゃなくて!」アタフタ

梨子(ただ私には、私なんかよりもよっぽど上手く教えられる人なんてきっとたくさんいるだろうし、だから、その……)

梨子「えっと、上手く言葉では言えないんだけど……」

千歌「じゃあいいってこと!!?」ガバッ!!

梨子「わっ!!」

千歌「私、梨子ちゃんがいい!!梨子ちゃんに教わりたい!!」

ギュッ!!

11: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:53:44.98 ID:iKWgUhWk
千歌「りこちゃ~ん……」

梨子「……」

千歌「お願い梨子ちゃん!どうしてもっ!」

梨子「あうぅぅ…………」

千歌「りこちゃ~ん、おねがぁい……」

梨子「………そ、そこまで言うなら、ちょっとだけなら

千歌「え?ほんとに?やったぁ~!!梨子ちゃんありがと~っ!」ハグッ!

梨子「わぁっ!?」

梨子(はぅぅ~……)

千歌「じゃあ明日は朝十時にチカの家集合ね!材料は準備しとくから!曜ちゃんもそれでいい?」

曜「りょーかいであります!」ビシッ!

千歌「そうと決まれば!ちょっと購買行ってくる~っ!!」

梨子「あっ!ちょっと待って千歌ちゃん!」

ピューッ!!

梨子「・・・」


ううっ……どうしよ、私、誰かに何かを教えてあげるなんて経験ほとんどないし、それにお料理だってただちょっとした趣味の一つってだけで、そこまで上手じゃないのに……

14: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:55:02.32 ID:iKWgUhWk
不安のままに迎えた二月七日


千歌「というわけで!梨子ちゃんの楽しい!カワイイ!お料理教室~♡」

曜「いえ~い!」

千歌「本日はよろしくお願いします!梨子ちゃんししょー!」ビシッ!!

曜「ししょー!」ビシッ!!

梨子「・・・。」

梨子(えっと……もしかしてこの雰囲気、今日ずーっと続く感じなのかな?)


初めて誰かに何かを教えるっていう経験……私の胸は不安でいっぱいでした

15: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:56:30.53 ID:iKWgUhWk
千歌「梨子ちゃんししょー!まずは何からやりますか?」

梨子「えっと、その……」タジタジ

カラン♪

梨子「きゃっ!」

曜「よ、っと!」ポスッ!

千歌「曜ちゃん、ナイスキャッチ!」

曜「えへへ~♡」

梨子「あ、ありがと、曜ちゃん……」

曜「これくらいお安い御用であります!」

梨子「それと千歌ちゃん……ほんとに私でいいの?」

16: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:58:15.77 ID:iKWgUhWk
千歌「ほえ?なにが?」

梨子「きっと千歌ちゃんが思い描いてるような、おしゃれなチョコなんて、私、作れないし……」


たまたま東京から引っ越してきたってだけで、ほんとは何の取り柄のない、普通の地味な女の子だってこと


そんな当たり前ことを千歌ちゃんに見透かされちゃったら、なんだか軽蔑されて、今までのことも全部なくなっていっちゃうような気がしてて


梨子「だから私が教えれられるのは、普通の、去年私が作ったただの型抜きチョコレートになっちゃうんだけど……ほんとにそれでもいいのかなって」

千歌「うん!全然いいよ!むしろ教えてくれるだけでありがたいし!ね、曜ちゃん?」

曜「右に同じであります!」

梨子「そっか。じゃあ、それでもいいのなら……」


ドキドキでダイジな手順を間違えちゃったりしないか。今はそれが一番心配です

17: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:59:18.02 ID:iKWgUhWk
梨子「じゃあ千歌ちゃん、板チョコ出してくれる?」

千歌「はいっ!ししょー!」パッ!

曜「何からやるの?」

梨子「まずは……まな板で板チョコを細かく刻みます♡」

トントン♪トントン♪

梨子「こうやって事前に細かく刻んでおくと、後でチョコレートが溶けやすくなるんだよ?」

曜「なるほどぉ……メモメモ……」

18: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 13:59:53.72 ID:iKWgUhWk
梨子「そして次が一番大切な溶かしの工程です」


手作りチョコの失敗の多くは、チョコが上手く溶けないことにあるんです


曜「何か気を付けるべきこととかあるの?」

梨子「う~ん……基本は水が入らないようにすることだと思うよ」

曜「水が?」

梨子「うん!」


チョコレートの大部分は油なんです。そこに水が加わっちゃうと、分離して上手く混ざらなくなっちゃうんだ

19: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:01:01.78 ID:iKWgUhWk
梨子「あとは温度をきちんと60℃くらいに保ちながら……」

ピピッ!

梨子「はいっ!ゆっくりかき混ぜてね?」

曜「りょーかいっ!」

ゴトッ

曜「くるくる、くるくる……♪」


美味しくなーれ、美味しくなーれ♡って、心を込めてゆっくりかき混ぜれば……♡


曜「おぉ……ちゃんとドロドロになったよ!」

梨子「あとはプラスチックのカップに溶けたチョコレートを流し込んで、冷蔵庫でゆっくりと熱をとって……」

千歌「……え?それだけ?」

梨子「う、うん。けどここからアレンジをちょっとずつ加えたら、色んなバリエーションも出てくるみたいなんだけど、そういうのは私じゃ……」

千歌「すごいすごい!さっすが梨子ちゃん!すっごくわかりやすかった!」ピョンピョン♪

千歌「やるっ!チカもやるっ!!一人でやってみる!!!」

20: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:02:13.06 ID:iKWgUhWk
それから、千歌ちゃんは宣言通り自分の力だけでチョコ作りにトライして……


千歌「できた!」


私の手伝いなしで手作りチョコを完成させちゃいました。すごい、私だって初めての時はお母さんに指示されながら頑張ってたのに


千歌「見てみて~、曜ちゃん!この葉っぱの模様すっごく可愛くない?」

曜「うん!カワイイ!」

千歌「でしょ!でへへ~♡」


千歌ちゃんはちっちゃな型にぴしっとキレイにチョコを流し込む作業にハマっちゃったみたいで、その成果を曜ちゃんに一生懸命自慢していました


梨子「……」


千歌ちゃんってば飲み込みがすっごく早くて……センスがいいって、こういうことを言うのかも。なんにでも挑戦して気づけば前に進んでる千歌ちゃんのことを、私は心から尊敬しています

21: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:03:34.92 ID:iKWgUhWk
千歌「ねえねえ曜ちゃん!これってひょっとしたら自分で型作ればどんなチョコでも作れるんじゃない!?」

曜「あっ、それ名案!さっすが千歌ちゃん!」

千歌「だからだから、例えば……」

曜「チョコで内浦の町を再現してみるとか?」

千歌「それいい!いつかやってみたい!大量のチョコレートで!チョコアート!」

曜「ね~!!」


千歌ちゃんと曜ちゃんの掛け合いは、いつでも面白くて、温かくて。ずっと見てても飽きないくらいです


私はそんな二人をいつまでもそばで支えられたらなって。何ができるかわからない私だけど……せめて、せめて応援だけでもって、そう思うんです

22: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:04:58.39 ID:iKWgUhWk
千歌「り~こちゃん!ありがとっ!梨子ちゃんのおかげで今年のバレンタインデーはすっごく楽しくなりそうだよっ!」

曜「ね~!内浦だとりゅーこーとかサイセンタンとかそんなのわかんないし!さっすが梨子ちゃん!」

キラキラ

梨子「あ、いや、そんなんじゃなくて……それに今のはチョコ作りの基本の部分だから、その……」

千歌「にししし……ひょっとしたらチカ、お菓子作り系スクールアイドルで一躍有名になっちゃったりして……」

曜「まって千歌ちゃん!それならもっとすっごい技術を身につけなきゃだよ!ふわふわでキラキラしてるみたいな!」

千歌「そっか、だめかぁ……やっぱり現実は厳しいのだ……」ショボーン

曜「あ、でももしかしたら梨子ちゃんレベルのスキルがあればテレビとかに出られちゃうのかも!」

梨子「!!?」

曜「ね、梨子ちゃん?」ズイッ!

梨子「わっ!」

梨子(あぅぅ……な、なんて答えたらいいんだろう……)タジタジ

23: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:06:04.23 ID:iKWgUhWk
千歌「むぅ~……都会パワーはそう簡単には身につかないかぁ……」チラッ

梨子(うぐっ!)


だから千歌ちゃん、いい加減気づいてよぉ……そんなパワーどこにも存在しないってばぁ~……


曜「梨子ちゃんの手作りチョコレートかぁ……きっと世界一キラキラしてるんだろうな~」

梨子(へうっ!)


曜ちゃんも、これ以上ハードルあげないで……


梨子(はうぅ……)


ど、どうしよ……どうして二人ともそんなに私のチョコレートに期待してるんだろ……


私、ほんとはただの普通の転校生なだけなんだけど……

24: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:07:25.07 ID:iKWgUhWk
千歌「……よし!じゃあ決めた!」

曜「え?何を?」

千歌「私、今日梨子ちゃんに学んだことを活かして、世界に一つだけのとびっきりのチョコレートを作ってみせる!絶対!」

曜「おぉ~!なんかよくわかんないけどかっこいい!」パチパチ

千歌「そうと決まれば特訓あるのみ!というわけで二人とも!帰った帰った!!」ズイズイ

梨子「あ、うん、頑張ってね、千歌ちゃん……」

曜「りょーかいっ!じゃあ私も負けないっ!千歌ちゃんには負けないもん!」

千歌「梨子ちゃんも!素敵なチョコレート楽しみにしてるからね~!!」

梨子「へっ!?あ、いや私はっ!その……」


うぅっ……まるで私が千歌ちゃんと曜ちゃんにちょっぴり軽い嘘をついているみたいで……すっごく心が痛いです……


梨子(私、別にそんなすごいものが作れるわけじゃないのに……)

千歌「えへへ~、梨子ちゃんのチョコレート楽しみだなぁ~♡」

25: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:08:31.41 ID:iKWgUhWk
◇———◇

梨子(ど、どうしよう……)

梨子「……」スッスッ


千歌ちゃんと曜ちゃんの描く私のイメージは、もうすっかり雲の上にまで届いちゃうそうな勢いで……ううっ、ホントの私はそんなんじゃないのに……


梨子「だいたい千歌ちゃんも千歌ちゃんだよぉ……ちょっと考えれば私がただたまたま東京から引っ越してきた普通の女の子だってことくらい、すぐにわかってくれるって思ってたんだけどなぁ……」


けど、私は私のなかで、少しでも千歌ちゃんの期待に応えられたらなって、そうやっていつの間にか意固地になって、自分で自分の首を絞めていて


梨子(はぁ~……)


やっぱり私は、いつまで経ってもダメダメです……

26: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:09:52.50 ID:iKWgUhWk
梨子(あ~あ、バレンタインかぁ……)


東京に住んでいた頃は、街へ出かけたりSNSをチェックしたり。そうやって誰かを上手く参考にすることで、私でもなんとか『らしく』振舞えていたような気がしてます


けど……内浦に来て、みんなと出会って。なんにもなくても、自分たちで全部頑張っちゃうような、カッコイイ姿を目の当たりにして


梨子「ううっ、誰かに相談してみた方がいいのかなぁ……果南ちゃんとかなら、きっと……」


ああ、私もああなりたいな。千歌ちゃんみたいになれたらなって。そう思ってはいたんだけど、やっぱり私はいつまでも変われてないの


梨子「オシャレなチョコ……?オシャレなチョコってどんなんだろ……?」

スッスッ

梨子「はぁ……」


誰かにすがりたくて、何かを模倣したくて。必死に探すインターネットの海。そこで……


梨子「……?」

梨子(オランジェット……?)

27: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:11:13.90 ID:iKWgUhWk
梨子「わぁ~……キレイ……」


見つけたのはキラキラ光る橙の宝石。キラキラとお砂糖が光るその様子が、真っ先に千歌ちゃんに重なりました


梨子「ちょっぴり背伸びの大人なバレンタイン、かぁ……」

梨子(おとなおとな、ということは…………おしゃれっぽく見えたりもするのかな?)

梨子「……よし!」


千歌ちゃんや曜ちゃんの前ではいいカッコの私でありたかったし、単純に少し難しめのスイーツづくりにはいつか挑戦してみたかったし!


決まり!これやってみたい!ちょびっとだけ適当な理由だったかもだけど、無事に今年のバレンタインのお菓子が決まりました!


梨子「えっと、それじゃあまずは材料のオレンジを……あれ?オレンジとみかんって何が違うんだろ?」


………



28: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:12:32.13 ID:iKWgUhWk
それから三日が経った、バレンタインデー当日が迫る二月十一日


梨子「できた!のかな?」


シロップから取り出して乾燥を終えたオレンジコンフィが、今私の目の前にはあります。表面を触ってもペタペタとした感触はすっかりなくなってるし、これならチョコでコーティングしても大丈夫そうです


梨子「その前に、ちょこっとだけ味見しちゃおっかなぁ~……」


初めて挑戦した本格的なお菓子作り。三日間の成果を確かめたくて、私は一切れだけ指でつまんで、お口の中へぱくり……


梨子「いただきます!あ~むっ……」


ぱくっ!


梨子「うっ!」


すっぱ!

30: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:13:46.83 ID:iKWgUhWk
梨子「あうぅ……ちょっとだけすっぱいような、苦いような……」


私が作ったオレンジコンフィは、私が想像してたのより、ちょっぴり苦くて、酸味も残っているような気がして……なんだかあんまり、お菓子っぽくはありません


梨子「う~ん……」

梨子(どうしてかなぁ……お砂糖の量が足りなかったのかな?)

梨子「それとも温度が低くてお砂糖がお水に溶け切らなかったとか?」ブツブツ


なんでだろう。渡したい人のことを——千歌ちゃんのことを想うほど、もっと良くしたい、美味しくしたいって気持ちが、私の中から溢れ出してくる気がします


梨子「うん!めげちゃダメダメ!まだ時間はあるんだもん!」グッ!


やりたいって決めたら諦めちゃダメなんだってこと。そのことの大切さは、私は千歌ちゃんから教わりました

31: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:15:03.99 ID:iKWgUhWk
そして迎えた二月十四日


千歌「り~こちゃん♡」ギュッ!

梨子「ひゃっ!?」

千歌「えへへ~♡」

梨子「も、もうっ!千歌ちゃんってば!急に飛びついてきたら危ないよっ!」

千歌「ごめんごめん、梨子ちゃん見たらつい嬉しくなっちゃって……ねえねえそれより!ついに今日だよ!バレンタインだよ!!」

梨子「あ、うん。そうだね……」

千歌「チカねチカね!あれからもうちょ~頑張ったんだよ!高海家総出で!!」

梨子「へ、へぇ~……」

千歌「だから梨子ちゃんに真っ先に食べて欲しいなぁ~、だから楽しみにしといてね!」

梨子「ね、ねえ千歌ちゃん。そのことなんだけど、実は私……」

千歌「じゃあまたお昼休みにね!ばいば~い!!」

梨子「あっ……」

ピューッ!

梨子「……」


結局………出会ってからずーっと、大切なことは言えずじまいです

32: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:16:01.09 ID:iKWgUhWk
◇———◇


バレンタインデー。それは女の子にとって何よりも特別な日


大切な想いを伝える日。普段は言えない照れくさい気持ちも、甘い甘いチョコレートの中に溶かせたのなら、きっとあなたにも伝わってくれる。そうやって女の子は準備をします


もちろん私だってそう。お世話になってる千歌ちゃんに向けて、最大級の恩返しを……そう思って、精一杯準備を重ねてきたつもりです


けど……結局リトライをしたオレンジコンフィでも、砂糖がほろ苦さを隠しきってはくれませんでした


梨子(……)

33: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:17:32.66 ID:iKWgUhWk
伝えたかった想いは『感謝』。私がずーっと胸に抱いてきた気持ちです


この町に引っ越してきて、千歌ちゃんに出会って。私は……私はどうかな?変われた、のかな?


千歌「り~こちゃん!!……梨子ちゃん?」


浦女の娘たちはとっても明るくて、空っぽな私をいつも勇気づけてくれて


だから、私は…………私は、そんな千歌ちゃんたちに、ずうっと——


千歌「梨子ちゃ~ん!梨子ちゃんってば~!!」ユサユサ

梨子「ひゃあっ!?ち、千歌ちゃん!?急にどうしたのっ!!?」

千歌「急にじゃないよ?さっきからず~っと呼んでたよ?」

梨子「あっ、そうなんだ……」

曜「梨子ちゃん、大丈夫?ひょっとして寝不足?」

梨子「ううん、大丈夫!気にしないで!!」


そっか、もうお昼休み……私、午前中の授業はずっと上の空で、それで……


千歌「お昼!お弁当たべよ!一緒に!」

34: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:18:45.40 ID:iKWgUhWk
梨子「……」モグモグ

千歌「ふふふふ~ん♪」

曜「千歌ちゃんずいぶんご機嫌だね!」

千歌「にししし、わっかる~?」

曜「だって朝からずっとそんな感じだもん!」

千歌「だってねだってね~……聞きたい?チカのチョコのお話聞きたい?」

梨子「……」


ずきり、と胸が痛む音が聞こえました

35: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:19:19.45 ID:iKWgUhWk
曜「うん!聞きたい聞きたい!!」

千歌「そこまで言うならお見せしましょう。いっくよ~……じゃじゃ~ん!!」パカッ!

曜「わぁ~……すごい!」

千歌「でしょでしょ!」

曜「うん!なんかふわふわしててお店のみたい!」

千歌「梨子ちゃんも梨子ちゃんも!褒めて褒めて!」

梨子「あ、うん。じゃあ……」

千歌「はい!どーぞ!」

36: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:20:52.94 ID:iKWgUhWk
梨子「……」


千歌ちゃんが作って来てくれたのは、チョコレートに生クリームを混ぜ込んだ生チョコレート。ふんわりと柔らかくて優しい見た目をしていました


梨子(すごい……生チョコって生クリーム入れ過ぎちゃうとすぐボロボロになっちゃうのに……)


丁寧にココアパウダーがまぶせられた生チョコは、ちゃんと綺麗な四角いカタチをしていて……まるでパティシエさんが作ってくれたかのよう。それだけで千歌ちゃんの頑張りがひしひしと伝わってきます


千歌「どうかな?えへへ、志満姉に手伝ってもらいながら頑張ったんだよ~」


うん、千歌ちゃんの頑張りは、ちゃんと完成したチョコを通して伝わってるよ。だってそれだけ生チョコ作りって難しいんだもん

37: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:22:13.31 ID:iKWgUhWk
梨子「……」


言葉じゃ上手く言えないんだけど……なんかね、すっごく『千歌ちゃん』って感じがするの


やりたいことに挑戦して、努力して。そうしていつかは大きなことを……やっぱり千歌ちゃんは私なんかよりよっぽどすごい


千歌「ねえねえ梨子ちゃん!チカね、梨子ちゃんに食べて欲しい!一個だけでいいから!」

梨子「……いいの?」

千歌「もっちろん!だってそのために作ったんだもん!」

梨子「じゃあ、一個だけ……」

パクッ!

梨子「……」

千歌「どう!!?おいしい!!?」

梨子「……」コクン

千歌「ほんとに!?やったぁ~!!」ピョンピョン!


口のなかでふんわり溶けていくチョコレートは……なんだか泣きたくなるような味をしていました

38: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:23:53.89 ID:iKWgUhWk
◇———◇

梨子「……」ツカツカ


いつも通りの一人の放課後、私は文化部棟へと歩いています


梨子「……」テクテク


優しく陽が射す文化部棟。そこに行けば、泣き出しそうな私の空模様だって、ちょっとは救われるような気がして


梨子「……」


……結局私はいつもこう。千歌ちゃんの真っ直ぐなお誘いに、私はいつも向き合えません


千歌ちゃんの素直でキラキラした瞳を見てしまうと、私の中のスカスカ感が、全部見透かされちゃうような気がしてる


梨子「……」


ああ、私ってやっぱり暗い。優柔不断でどっちつかずで、さっきのお昼休みだって——

39: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:25:03.07 ID:iKWgUhWk
千歌「どう!!?おいしい!!?」

梨子「……」コクン

千歌「ほんとに!?やったぁ~!!」ピョンピョン!

梨子「……」

千歌「り~こちゃん♡梨子ちゃんのチョコはないの?」

梨子「へっ、私?」

千歌「うん!チカはお隣さんだから知ってるのだ!毎日梨子ちゃん家の方から甘いいい匂いが漂ってきてたってこと!」

梨子「あ、うん……」

千歌「どんなのかな~、どんなのかな~?きっと世界で一番素敵なチョコレートなんだろうな~♡」

梨子「……」

千歌「わくわく♪わくわく♪」

梨子「あ、えっと、そのことなんだけど、実は……」

曜「はいはいはいはい!その前に私!!私の番!!!」

40: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:26:09.22 ID:iKWgUhWk
千歌「へ?よーちゃん?」

曜「そうだよっ!!私もいるの~っ!!いるんだからね~っ!!」プクーッ!!

千歌「あっ、そうだった……たはは……」

曜「もーうっ!!千歌ちゃんってば~!!」ポカポカ!!

千歌「ごめんごめん~」

梨子「……」


今、言い出せるチャンスだったかもなのにな……

41: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:27:07.17 ID:iKWgUhWk
千歌「それでは曜ちゃん選手!手作りチョコをどーぞっ!」

曜「任せてっ!私が作ってきたのはね~………じゃじゃーん!ブラウニー!」

千歌「おぉ~!」パチパチ

曜「どう?見た目はいい感じでしょ?」

梨子「うん。カタチもキレイで……」

曜「味もいい感じだよ!はい口開けて!」

梨子「ふぇっ!?えっと……」

曜「あ~んっ♡」

梨子「あ、あ~んっ……」

パクッ!

42: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:28:00.52 ID:iKWgUhWk
曜「どう?美味しいでしょ?」

梨子「うん。すっごく美味しい。サクサクしてて……」サクッサクッ

千歌「ズル~い!チカもチカも~!」

曜「はいはい、千歌ちゃんの分もちゃんと用意してあるから」

千歌「わーい!ありがと曜ちゃん!!」

サクサク♪

梨子「……」

43: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:28:58.25 ID:iKWgUhWk
千歌「ん~、美味しかった~!ね~、梨子ちゃん?」

梨子「うん。千歌ちゃんも曜ちゃんもありがとう」

曜「えへへ~、どういたしまして!」

梨子「それで、私のチョコのことなんだけど……」

千歌「うんうん!すっごく楽しみだよっ!」

梨子「あの、実はね、その……」

千歌「ん~、どうしたの梨子ちゃん?」

梨子「……」


……やっぱり、勇気を出して本当のことを言わなくちゃだよね


千歌「……?」

梨子「……」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「その……ごめんなさい!!」

44: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:30:20.10 ID:iKWgUhWk
千歌「ほへ?なにが?」

梨子「実は、私チョコ作り失敗しちゃって、二人に渡せるものはまだ出来てなくて…………来週!!は、無理かもだから……でも絶対ホワイトデーの日にはお返しするからっ!!」


怒られるかな、がっかりされちゃうかな?……私の胸は、そんな不安でいっぱいで


千歌「ありゃりゃ、そっかぁ……残念!でもわかった!じゃあ来月を楽しみにしてるね!」


千歌ちゃんが笑って許してくれたことが、何よりも一番嬉しかったんだけど


私の心はというと、全然晴れやかな気分じゃなくて……泣き出しそうなくらいの雨模様でした

45: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:31:42.84 ID:iKWgUhWk
◇———◇

梨子「はぁ……」ガチャッ!


憂鬱な気分で開ける音楽室のドア。鞄の中から持ってきたタッパーを取り出します


梨子「……」

パカッ

梨子(やっぱり渡せないよね。こんな不良品……)

梨子「……」

ぱくっ!

梨子(うう~っ……)


時間を置いても、酸味と苦みは消え去るわけもなく……むしろ強くなってるような気さえしました

46: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:33:16.11 ID:iKWgUhWk
梨子「あーあ……」


鉛色の空模様と、終わってしまったやるせなさ。それと内浦で過ごす初めてのバレンタインと


梨子「……」


私が内浦に引っ越してきてから、もう一年が経とうとしています。そんな節目の時期だからこそ、普段は言えないありがとうを、誰よりも大切な千歌ちゃんに……そう、そう思って……


梨子「だから、私……あんなに頑張って……せっかく、千歌ちゃんが好きそうなオレンジを……」


やっぱり私は私、千歌ちゃんみたいには振舞えません。太陽みたいに元気な笑顔、私はいつまでも曇り空の下——

47: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:34:02.22 ID:iKWgUhWk
梨子「…………ぐすっ」


溢れ出そうな涙を抑えよう。せめて作ったオランジェットだけは食べちゃって、それで全部忘れようと。そう思って指を伸ばしかけた、その時——


ガチャッ!

梨子「!?」

千歌「あ、梨子ちゃん!やっぱりここにいた!!」

梨子「!!?」

48: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:35:14.49 ID:iKWgUhWk
千歌「り~こちゃん!あ~、そ~、ぼ……ってあれ?」

梨子「!!」

千歌「すんすん、すんすん……」

梨子「あ、や、えっと、これは……」タジタジ

千歌「あーっ!!梨子ちゃんが美味しそうなもの食べてるーっ!!!」テテテッ!

梨子「わっ!」

千歌「いいないいな!!チカも!!チカにもちょーだいっ!!」ガシッ!

梨子「あわわっ!えっと、これは……」


もう頭の中が真っ白で、どうしたらいいかもわかりません


千歌「一個だけ!一個だけだから!」

梨子「あ、いや……………ダメっ!!それは失敗作だからっ!!」

千歌「あ~むっ♡」

梨子「あっ!待って千歌ちゃ……」

ぱくっ!

49: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:36:21.44 ID:iKWgUhWk
千歌「もぐもぐ……」

梨子(ああっ……)

千歌「……ん~、おいしい!すっごく美味しい!もしかして梨子ちゃんの手作り?」

梨子「へっ!?あ、うん、一応、そんな感じ……」

千歌「やっぱり!!そうじゃないかって思ったんだ~!梨子ちゃんの味がしたもん!」

梨子「……」

千歌「いや~、でも梨子ちゃんも良く気が付いたね!チカもみかんとチョコは意外と相性良いんじゃないかって思ってたんだ~!」

千歌「ほら!イチゴにチョコかけるやつあるじゃん?あんな風に、みかんとチョコだってぜぇ~ったい美味しいって思ってたんだけど!美渡姉が言うには

梨子「ほんとに?ほんとに美味しいって……そう思ってくれてる?」

50: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:37:08.36 ID:iKWgUhWk
千歌「え?なんで?」

梨子「だって、皮の部分とかちょっぴり苦いし、あんまりみかんっぽくはないしで……」

千歌「ん~、そうかなぁ~?」

パクッ!

千歌「もぐもぐ……チカはこれ、すっごく美味しいと思うよ?」

51: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:41:15.83 ID:iKWgUhWk
千歌「確かに皮ごとみかんを食べるのはちょっぴり不思議な感じだけど……でもすっごく美味しい!だって何よりみかんだし!」

千歌「それにちょっぴり酸っぱい感じとチョコの甘い感じがいい感じだよ!私は好きだな、こういうのも!あ~むっ♡」モグモグ♡


千歌ちゃんはとっても幸せそうに私のオランジェットを頬張ります。真っ直ぐににっこりと笑ってくれるから、その言葉は嘘じゃないんだってこと、すぐにわかるの


梨子「……」

千歌「ん~、うまぁ~♡」


そうです。この顔です。この顔を見るたびに、ああ、やっぱり千歌ちゃんは太陽の子なんだなぁって、そう気づかされるんです


千歌「ふぇぇ~、やっぱりみかんが一番だよね~♡」


思い返せば私はずっと、この笑顔に救われてきたのかもしれません。スクールアイドルに初めて誘われた時も、スクールアイドルを始めてからも、ずっと——


千歌「それに梨子ちゃんが作ってくれたものだよ。美味しくないわけ——

梨子「ふぇっ、えぐっ……」ポロポロ

千歌「わああああっ!!?梨子ちゃん!!?」

52: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:42:09.32 ID:iKWgUhWk
千歌「ご、ごめん!!チカもしかして食べ過ぎちゃった!!?一個だけって言ったのに!!」

梨子「ううん、そうじゃなくて、美味しいって言ってもらえたのが嬉しくて……」

梨子「本当はバレンタイン用に作って来てたんだけど、千歌ちゃんと曜ちゃんのを見せられちゃったら、私のなんかじゃ二人のなんかに釣り合わないのかなって、そう思って……」

千歌「……」

梨子「それで……」

千歌「……」

ギュッ

千歌「そんなことないよ。梨子ちゃんは誰よりもすごい娘だもん」

ポンポン♪

53: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:43:04.80 ID:iKWgUhWk
千歌「きっとね、転校生じゃなかったとしても……私と梨子ちゃんがどんな出会い方をしてたって、きっと梨子ちゃんはチカの運命の人。なんとなくだけどそう思ってるんだ」

千歌「東京から来たとか転校生だとか、そんなのホントは関係なくて、私は梨子ちゃんと一緒にいたいの。ずうっと、これからも。だから……」

梨子「……」

千歌「だからさ、またチカにお菓子作り、教えてくれないかな?なんてっ♡」にししし♪

梨子「……」


フキフキ


梨子「うん!」

54: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:44:02.29 ID:iKWgUhWk
◇———◇


青空広がる三月十四日。私は十千万さんの前にいます


今日はついに約束の日。一か月前のあの誓いを、ちゃんと果たすときがやって来ました


梨子「ふぅ~……はぁ~……」


胸に手を当てて、新鮮な空気を思いっきり吸い込みました。なんかね、三月の空気はまだ少し肌寒いんだけど、こうすれば少しづつ温かくなっているってのを実感できるんだ


梨子「……よし!」


恐る恐る、いつも使わせて頂いている勝手口のドアに手を伸ばして……えいっ!


梨子「あのっ!えっと……ち~か~ちゃん!」


親友の名前を大きな声で!

55: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:44:53.93 ID:iKWgUhWk
千歌「は~あ~い!り~こちゃん♡」

梨子「あのっ!これ!!バレンタインデーのお返しです!!」ガサッ!

千歌「わぁ~、ありがと梨子ちゃん!!」ハグッ!

梨子「わっ!」

千歌「えへへ~、やっぱり梨子ちゃんとのハグが一番好き♡」

梨子「もうっ、からかわないでよ~」クスクス

千歌「ねえねえ!中身なあに?」

梨子「みかんゼリー。千歌ちゃんのことを考えながら作ったんだ」


言いたかったけど言えなかったこと全部。このほろ苦さとと一緒に、ぜんぶぜんぶ大切なあなたに伝えられたらなって!

56: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:45:51.52 ID:iKWgUhWk
千歌「わぁ~……すっごく嬉しい!ありがと梨子ちゃん!」

梨子「うん!えっと、それとね千歌ちゃん!」


見渡す限りの青い空と東京にいる頃からは想像もつかなかった風景と——ああ、やっぱり私、この町に引っ越してきてよかったな。今は心の底からそう思うんです


梨子「ほんとはバレンタインの日に言おうと思ってたんだけど!私、どうしても千歌ちゃんに言わなくちゃいけないことがあって!」


ふいに、海から吹く力強い風が私たちの間を駆け抜けます。南から吹く暖かな風が、私たちを爽やかに包み込む。そうやって、私と千歌ちゃんは、二人だけの物語へ——


梨子「私ね!千歌ちゃんと出会えてよかった!だって千歌ちゃんのこと、ずっと——


———



57: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:51:57.82 ID:n2H87v4U
FIN

59: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:52:36.26 ID:n2H87v4U
終わりです。お粗末様でした

60: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:58:04.08 ID:M5kxvynf
ちかちゃんのことになると神経質になるりこちゃんすき

62: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 14:59:43.35 ID:v/8EnhyM
おつ!梨子ちゃんかわええんじゃ

63: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 15:12:08.56 ID:OxRDExiJ
ちかりこはええぞ

70: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 15:29:13.85 ID:CIy0RUE3
乙です
最高に良かった
思い詰めちゃう梨子ちゃん可愛い

71: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 15:29:58.93 ID:HYI60F5/
おつおつ
暖かい雰囲気の再現が上手ですごく良かった

72: ときめきたい名無しさん 2021/02/14(日) 15:36:24.85 ID:MSjUVOqt
おつ
一人バレンタインで荒んでた心が癒された

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1613277872/












注目記事
関連記事
2021/02/14 19:30 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2021/02/14(日) 20:33:43
  2. 唐突に話に出てこなくなった曜

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
侑「20万人ライブをやろうよ!!!スクールアイドルだけで!!!!」←どうなる?【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 17, 2021
【ライブ】虹ヶ咲1st、2nd、シャッフル、3rdのセトリ【ラブライブ!】 May 17, 2021
璃奈「愛さん、空気読んで」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 17, 2021
【画像】ツナガルコネクトの英語歌詞、ようやく判明する「ダ…」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 17, 2021
【SS】「普通科2年 高咲侑さん。至急生徒会室までお越しください」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 17, 2021
【SS】穂乃果「心霊スポット」【ラブライブ!】 May 17, 2021
どの2人のラブコメワンクールアニメを見てみたい?【ラブライブ!】 May 17, 2021
Aqoursの新しいアニメが見たい【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 17, 2021
【SS】侑「再会」菜々「そして・・・」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 16, 2021
南ことりと上原歩夢とかいう超絶いい匂いしそうなメスキャラ【ラブライブ!】 May 16, 2021
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 SS 画像 μ's スクスタ ラブライブ! 上原歩夢 ライブ 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 津島善子 黒澤ダイヤ 高咲侑 松浦果南 中須かすみ 優木せつ菜 逢田梨香子 黒澤ルビィ 桜坂しずく 桜内梨子 天王寺璃奈 小原鞠莉 スクスタ毎日劇場 近江彼方 国木田花丸 絢瀬絵里 宮下愛 朝香果林 エマ・ヴェルデ 園田海未 小林愛香 伊波杏樹 高坂穂乃果 動画 矢澤にこ グッズ アニメ Saint_Snow 南ことり 楠木ともり 鈴木愛奈 ラブライバー 星空凛 斉藤朱夏 小宮有紗 三船栞子 スクフェス 西木野真姫 大西亜玖璃 小泉花陽 東條希 諏訪ななか 高槻かなこ 降幡愛 鹿角聖良 相良茉優 前田佳織里 管理人の戯言 あなたちゃん Liella! 鹿角理亞 鬼頭明里 矢野妃菜喜 新田恵海 声優 中川菜々 ラブライブ!スーパースター!! 久保田未夢 指出毬亜 内田彩 三森すずこ 村上奈津実 生放送 ラジオ 田中ちえ美 近江遥 ランジュ ハロー!!!ラブライブ! 小泉萌香 南條愛乃 徳井青空 グラブル ぷちぐるラブライブ! 楠田亜衣奈 渡辺月 田野アサミ 浦ラジ 飯田里穂 久保ユリカ 副会長 スクフェスAC Pile 佐藤日向 ミア・テイラー ニュース 澁谷かのん A-RISE にじよん ミア 法元明菜 高海美渡 綾小路姫乃 青山なぎさ 唐可可 ショウ・ランジュ 平安名すみれ 高坂雪穂 演劇部部長 絢瀬亜里沙 ニジガク 高海志満 嵐千砂都 葉月恋 佐倉綾音 浅希 今日子 色葉 伊達さゆり ペイトン尚未 Liyuu ニコ生 荻野由佳 しいたけ 鞠莉ママ 綺羅ツバサ 中川奈々 水樹奈々 ことりママ サスケ 畑亜貴 流しそうめん同好会 漫画 内田秀 ランジェ エマ 岬なこ スクパラ 本田圭佑 黒沢ともよ 千歌ママ 芹澤優 指出毱亜 支倉かさね はんぺん コペ子 Shadowverse スクスタ4コマ 三船薫子 雨宮天 東山奈央 櫻川めぐ 水瀬いのり 統堂英玲奈 善子母 右月 左月 ぽきもそ なかやまきんに君 ドラマCD 監視委員 いつき 理事長 にゃんがさき 桜咲しずく 藤堂恵令奈 プレリュード 生配信 liyuu ラブライブ!スーパースター!!v 松永真穂 あゆにゃん せつにゃ LOCKS! 芸能 クリスティーナ お盆 本渡楓 ゲーム 矢澤こころ Liela! スクコレ 川本美里 鍾嵐珠 藤黄学園 Aqours_LOCKS! 女子高生 コッペパン同好会 金元寿子 オフィーリア ことり母 QU4RTZ マンマル 山本希望 大橋歩夕 優木あんじゅ