当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】侑「わっ!そこで赤コウラ来る!?」璃奈「ふふふ」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】侑「わっ!そこで赤コウラ来る!?」璃奈「ふふふ」【ラブライブ!虹ヶ咲】

yuurina.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:49:42.33 ID:DPwKXHQ3
侑「うぅ…7位まで落ちたかー。璃奈ちゃんやってくれるねえ」

璃奈「侑さんでも手加減なしだよ」

侑「望むところだよ。まだ2周目だから十分逆転狙えるしね」


カチャカチャ…カチャカチャ…


璃奈「侑さん」

侑「なに?」

璃奈「体、傾いてる」

2: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:50:18.55 ID:aiPVN2vx
イチャイチャ…

3: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:55:33.21 ID:DPwKXHQ3
侑「あはは、これクセなんだよねえ」

璃奈「愛さんもよくやってたよ」

侑「私は愛ちゃんと同類かー。よっ、と」


カチャカチャ…カチャカチャ…


侑「よしっ!2位まで浮上!後は璃奈ちゃんを抜くだけ!」

璃奈「侑さん早い。けど、抜かされないよ」


カチャカチャ…


璃奈「あ、ハリゾーコウラ…」

侑「え?…うわあ!」


ドカーン!!

4: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:56:50.78 ID:DPwKXHQ3
侑「私も巻き込まれたー!」

璃奈「1位に張り付いてると危険だよ?」

侑「もうちょっと早く言ってよお」

璃奈「私はショートカットを使うね」

侑「なら、璃奈ちゃんに付いていこう」

璃奈「真似できるかな?」


ブーーン…シュタッ


璃奈「やった!成功!」

侑「よしっ!私も……って、あー!落ちたあ!」

璃奈「ここはスピードが足りないと失敗するよ」

侑「コッペパン温存しておくんだったなあ」

5: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:59:07.30 ID:4fjNKjiq
ビーチでショートカットしようとしたらポーズ連打されてブチギレ壁突進するりなりー

6: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 21:59:24.85 ID:FzsSm7dF
癒される

7: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:02:07.59 ID:DPwKXHQ3
カチャカチャ…


侑「よし!最終ラップ!また2位まで来たぞー」

璃奈「すごい。もう追いついてきたの?」

侑「下の順位にいた分、スターとかパワフルコッペパンいっぱい出たからねえ」

璃奈「むむむ……」


ブーーン

ブーーン!!


侑「よしきた!いけ、赤コウラ!」

璃奈「甘いよ、侑さん」


バコーン!


侑「あれ!?コウラが破裂した!?」

璃奈「バナナのかわでガードした」

侑「そんな使い方あったんだ!」

璃奈「よし、行け…行け……」

9: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:04:18.09 ID:DPwKXHQ3
璃奈「行け────やった!1位!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『ぶいっ』从|| ˶>▽<˵ ||从」

侑「負けたー!やっぱり璃奈ちゃんはゲーム強いねえ」

璃奈「侑さんも何度も張り付いてくるから大変だったよ」

侑「久しぶりにやったけど、やっぱり面白いねこのゲーム」

璃奈「私も愛さん以外の人とやったの初めて。新鮮だった」

侑「愛ちゃんとはよくやってるの?」

璃奈「うん。けど、愛さんすぐショートカット失敗して自滅するから」

侑「あはは、愛ちゃんも万能そうに見えて弱点あるんだねえ」

璃奈「次、何やる?スマシスもあるよ?」

11: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:07:30.57 ID:DPwKXHQ3
侑「うーん、そろそろお昼にしない?いい時間だし」

璃奈「あっ、ほんとだ。じゃあ、ピザ頼もう」

侑「良いね!私、ピザのデリバリー初めてだ!」

璃奈「侑さん、どれがいい?」タブレットポチポチ

侑「うわあ、種類が多くて迷っちゃうなあ。璃奈ちゃんはどれが好き?」

璃奈「私、このクワトロ、好き」

侑「4種類合わさったやつね!じゃあ、これにしよっか。飲み物は?」

璃奈「おうちにコーラがあるから、それにしよう」

侑「わあ、ジャンキーな組み合わせ!なら、これで注文確定だね」

璃奈「うん。お金はいいよ。お母さんからお昼ご飯代もらってるから」

侑「えっ!それは悪いよ」

璃奈「いいの。私と遊んでくれるお礼と思って」

侑「そっか。璃奈ちゃんがそういうなら、ご馳走になります」

13: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:09:44.17 ID:DPwKXHQ3
───

侑「よし、ピザを開封するよー」パカッ

璃奈「わっ、いいにおい」

侑「美味しそう!テリヤキ、イタリアン、カニマヨ、ツナコーン」

侑「8ピースだから、私と璃奈ちゃんで4種類1枚ずつだね」

璃奈「うん。早く食べよう」

侑「だね。それじゃ──」

2人『いただきます!』


パクッ


侑「うーん、美味しいね!」

璃奈「うん。チーズ、すごく伸びる」

侑「はは、璃奈ちゃん可愛いなあ」

璃奈「え?…なんか急に恥ずかしくなった。見ないで…」

侑「あはは、ごめんごめん。でもピザのチーズってほんとよく伸びるよね」

璃奈「とろけてるところも好き」

侑「彼方さんが合宿で作ってくれたのもすごく美味しかったけど、お店のピザも良いね」

璃奈「ここでコーラをひとくち」グイッ

侑「あっ、私も飲もう」グイッ

14: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:11:56.57 ID:jrDqUrMZ
侑ちゃんがベチャベチャの手でコントローラー触ってブチギレるりなりー
あると思います

15: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:13:27.45 ID:DPwKXHQ3
2人『ぷはー』

璃奈「アメリカンスタイルって爽快だけど、スクールアイドルとして、すごく体に悪いことしてる気分」

侑「女子高生としてもかもねえ。けど、こういうのってやみつきになっちゃうよ」

璃奈「今度の練習、侑さんも一緒に走り込みしよう?」

侑「私、食べても太らない体質だから大丈夫だよ?」

璃奈「え?…ずるい」

侑「璃奈ちゃんだって太ってるわけじゃなさそうだけど?」

璃奈「そんなことない。こないだ愛さんのお店でもんじゃ食べすぎて、500g増えてた」

侑「それくらい気にすることないよ。見た目は全然変わってないよ…?」

璃奈「少しくらいは栄養が背に行ってくれるといいんだけど」

侑「璃奈ちゃんは小さいままで十分可愛いじゃん」

璃奈「けど私、愛さんや果林さんみたいに、背が高くてかっこいい女の人に憧れる」

侑「確かに二人とも大きいもんねえ。けど、その2人だって璃奈ちゃんの可愛さを羨ましいと思ってるかもよ?」

璃奈「そうかな?」

16: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:13:57.20 ID:8vW3Ybnt
侑「当たったらしばく…当たったらしばく…」

17: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:15:17.78 ID:DPwKXHQ3
侑「私も自分にないものについ憧れちゃうけど、自分にしかないものを好きになってくれる人も居るんだよ」

侑「例えば、焼き菓子同好会の子たちがいるよね?」

璃奈「うん」

侑「今日子ちゃんは歩夢推しだし、色葉ちゃんは愛ちゃん推しだけど、浅希ちゃんはずっと璃奈ちゃん推しじゃん」

侑「それは他の二人には無い、璃奈ちゃんだけの魅力があるから、ずっと応援してくれてるんだと思うよ」

璃奈「あっ…」

侑「私はそのままの璃奈ちゃんでも、十分素敵だと思うな」

璃奈「──『テレテレ』从|| ˶'-'˶||从」

璃奈「侑さんって、人を褒めるの、上手」

侑「あはは。こないだ歩夢にも似たようなこと言われたよ」

侑「すぐ人をその気にさせるようなことを言う、って」

璃奈「でも、それも侑さんの良いところだと思う」

侑「うん、ありがとう」

璃奈「ピザ冷めちゃうから、もっと食べよう?」

侑「おっと、そうだね」

18: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:17:36.92 ID:DPwKXHQ3
───

璃奈「璃奈ちゃんボード『お腹パンパン』从|| ー̀ н ー́ ||从」

侑「2人なのにサイズを思い切ってMにしたからねぇ」

璃奈「侑さんと食べるピザ、美味しかった」

侑「璃奈ちゃんと2人でごはん、って考えてみたら初めてだったかもね」

璃奈「うん。侑さんとのはじめて、増えた」

侑「これも新しい繋がりかな?」

璃奈「えへへ、繋がりが増えてくの、楽しい」

侑「じゃあ、もっと増やしちゃおうか。この後何して遊ぶ?」

璃奈「スマシスやろう。カービーのエアライドもあるよ」

侑「わっ!神ゲーばかりじゃん!」

侑「歩夢と昔やったのは変なゲームばかりだったから楽しみ!」

璃奈「侑さんが言うって相当かも」

侑「歩夢はゲーム選びのセンスが赤ちゃんだから」

璃奈「二人はよく似てるんだね」

侑「そうかな?私は神ゲーが好きだよ?」

璃奈「ううん、なんでもない」

19: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:18:24.29 ID:jgEdPzkx
かわいい

20: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:20:12.71 ID:DPwKXHQ3
───

カチャカチャ…カチャカチャ

カチャカチャ……


璃奈「危ない、ギリギリ戻ってこれた」

侑「うそぉ!絶対ふっとばしたと思ったのに!」

璃奈「まだまだやられないよ」


ピュン!ピュン!ピュン!!


侑「わっ、飛び道具でチマチマずるい!」

璃奈「これだって立派な戦略」

侑「うう…なかなか近づけない」


コロンコロン…


侑「おっ、きた!モンスターボール!」

璃奈「え…」

侑「いけー!」

21: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:20:54.07 ID:axuxNOE6
この侑ちゃん昔アイギーナの予言やってトラウマになってそう

22: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:22:30.72 ID:DPwKXHQ3
パカッ……

シャー!


侑「やった!サスケだ!」

璃奈「………!」

侑「巨大化したサスケののしかかり攻撃!」


ズドーン!


璃奈「……効かないよ」

侑「え!?これって避けられたの!?」

侑「~~!でも、そんなにステージ外で避けたら戻ってこられないはず!」


カチャカチャカチャカチャ…!


璃奈「ギリギリセーフ…」

侑「嘘!?また戻ってきた!しぶといよ璃奈ちゃん!」

璃奈「おいで、侑さん」

侑「ぐぬぬ…。あと一発入れさえすれば、絶対吹っ飛ばせる!いくよ!」

23: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:23:15.88 ID:gjmVlSpr
変な装置が入ってないやん!

24: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:25:33.95 ID:DPwKXHQ3
カチャカチャカチャカチャ!!


侑「えいっ!えいっ!」

璃奈「………!………」カチャカチャ

侑「むむ……この……このっ…んん!…全然当たらない!」

璃奈「……………」カチャカチャ

侑「璃奈…ちゃん!…くっ…えいっ!…たあっ!」

璃奈「……………」カチャカチャ

璃奈「…………!……そこっ!」


ドンッ!

ドカーン!!


侑「ああ──っ!」


ゲームセッ!!


璃奈「やった。勝った!」

侑「負けた──!!ここまで粘られて負けるのくやしい~!」

璃奈「侑さん強かった」

侑「いやあ、こんなにゲームで熱くなったの久しぶりだよ」

璃奈「私も。璃奈ちゃんボード『激アツ』从||🔥_🔥||从」

25: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:28:11.47 ID:DPwKXHQ3
───

シュイーン…

バコッ!


侑「お!今回はヒュドラだね」

璃奈「パーツ見つけたんだね。隙を見つけて奪いにいこうかな」

侑「ふっふっふ。スマシスじゃ負けたけど、エアライドでは勝つよ」

───

ヒュウウウ……

ズガーン!


侑「うわ、メテオ降ってきた!」

璃奈「これ、怖いよね」

侑「って、あー!メテオに直撃した!ヒュドラパーツが!」

璃奈「チャンス」

26: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:30:22.28 ID:DPwKXHQ3
───

バチバチバチッ…!


チャッチャチャーチャチャラララチャーチャチャ♪


チャッチャラーチャッチャラーチャッチャラー♪


璃奈「やった!ヒュドラ完成!」

侑「ああっ!やられた!」

璃奈「これで最後のバトルがゼロヨンアタックなら私の勝ち」

侑「うう、せめてゼロヨン以外がいいな…」

───

侑「やった!ハイジャンプ!」

璃奈「…あ」

侑「ふっふっふ、運は私に味方したみたいだね」

璃奈「あ、諦めない……」

27: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:33:05.82 ID:DPwKXHQ3
───

侑「やったー!やっと璃奈ちゃんに勝てたー!」

璃奈「さすがに重たいヒュドラじゃ全然飛ばなかった…」

侑「あはは、これで喜ぶのはさすがに大人気ないかな?」

璃奈「ううん、そんなことない。『勝ちは勝ち』从|| ・ㅂ・||从b」

侑「えへへ、ありがとう」


侑「なんか璃奈ちゃんと遊んでると、妹ができた気分になるよ」

璃奈「私も。お姉さんができた感じ」

侑「お姉さんなら愛ちゃんのがお姉さんっぽくない?私より背高いし」

璃奈「うーん、似てるようでちょっと違う」

璃奈「愛さんをいつも遊びにきてくれる隣の家のお姉さんとするなら──」

璃奈「侑さんは私の面倒を見てくれるお姉ちゃんって感じかも」

侑「お姉さんとお姉ちゃんかー」

璃奈「どちらのが良いとか、より親密とかは無いんだけど──」

璃奈「2人とも同じなのは、一緒にいて、とても落ち着く」

侑「なんか照れちゃうな」ホッペカキカキ

28: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:34:28.34 ID:AebEdb+H
ゆうりなとは結構珍しい
ミニマムで可愛い

29: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:35:25.74 ID:DPwKXHQ3
侑「私は一人っ子だし、同じ一人っ子でも、せつ菜ちゃんみたいにビシッとしてる訳でもないから──」

侑「自分じゃあまり1年生の皆に、先輩らしいことしてる自覚無いんだけどね」

璃奈「そんな事ない」

璃奈「かすみちゃんは、いつも侑さんに安心して甘えられてる」

璃奈「しずくちゃんも甘え下手なだけで、合宿じゃ侑さんにしがみついてたから、実はすごく心を許してると思う」

璃奈「私とも、こうして一緒に遊んで熱くなってくれる」

璃奈「みんな、小さなことでもいっぱい感謝してると思うよ」

侑「あはは、お姉ちゃんの私が璃奈ちゃんに励まされちゃったね」

璃奈「気にしないで。侑さんが喜んでくれるなら、私は嬉しい」

侑「うん。ありがとう、璃奈ちゃん」

30: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:37:29.69 ID:DPwKXHQ3
───

侑「今日、お父さんとお母さんは帰ってくるの?」

璃奈「ううん、今日も一人。職場にお泊まりだと思う」

侑「じゃあ、私が帰っちゃうと一人になっちゃうのか…」

璃奈「心配しないで。ちゃんとメッセも送られてきてるから、寂しくないよ」

侑「本当に?」

璃奈「本当」

侑「じーっ」

璃奈「えっ、あの…璃奈ちゃんボード『あせあせ』从|| ˶?˙ - ˙˵? ; ||从」

侑「璃奈ちゃんボードで隠しても分かるよ」

璃奈「な、何が?」

侑「帰らないで、って顔してる」

璃奈「私、無表情だよ…?」

侑「ううん、分かる」

31: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:39:20.03 ID:DPwKXHQ3
侑「愛ちゃんには及ばないかもしれないけど、私も璃奈ちゃんの素顔を見て、今どんな気持ちなのか、少しずつ分かるようになってきたんだ」

侑「表情を作るのが苦手だからこそ、璃奈ちゃんはいつも正直な気持ちを表に出してくれてるから」

璃奈「うう…」

侑「璃奈ちゃんは自分が思うより、ずっと分かりやすい子だよ」

璃奈「……て、『テレテレ』从||˶>_<˵||从」

侑「と言いつつ、それは照れた素顔を隠すための璃奈ちゃんボードだね?」

璃奈「からかわないで……恥ずかしい」

侑「あはは、ごめんごめん」

侑「話がそれちゃったけど、璃奈ちゃんが良ければ、今日はずっと一緒にいるよ。良いかな?」

璃奈「……うん。いてほしい」

侑「よし!なら今日は、璃奈ちゃんだけのお姉ちゃんになるからね」

璃奈「うん」

侑「一緒にお風呂入ったり、一緒のベッドで寝ようね」

璃奈「うん。侑さんとのはじめてが増えるの、嬉しい」

侑「えへへ。私も!」

32: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:41:11.77 ID:DPwKXHQ3
───

サクッ、サクッ

コトコト…コトコト…

侑「わっ!璃奈ちゃんって料理の手際良いね」

璃奈「親が家に居ることが少ないぶん、家事は1人でこなすこと多かったから」

璃奈「……侑さんだって器用だと思う」

侑「璃奈ちゃんに比べたら全然だよ。料理は、歩夢と小中学校でキャンプや調理実習で作った程度だし」

璃奈「でも、1人でお料理するより、ずっと良い」

璃奈「侑さんが居てくれて、助かる」

侑「良かった。玉ねぎもしんなりしてきたし、そろそろ鍋に具を入れて煮込もうか」

33: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:42:53.78 ID:DPwKXHQ3
───

グツグツ…グツグツ…

侑「璃奈ちゃんは良いお母さんになれそうだね」

璃奈「そうかな?」

侑「うん。これだけ家事ができて、1人でもしっかりしてるし」

璃奈「だったらいいな」

璃奈「私、結婚したら子供がいっぱい欲しいんだ」

璃奈「いつも賑やかで、温かくて、外からでも笑い声が聞こえてくるようなおうちにしたい」

侑「良い夢だね」

璃奈「『テレテレ』从|| ˶'-'˶||从」

璃奈「中学生の頃ね、ゲームセンターから遅くに帰ることがあったんだけど──」

34: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:44:58.31 ID:DPwKXHQ3
璃奈「住宅街の明かりのついたおうちや、お隣の部屋から晩御飯の匂いと笑い声がすると、とても羨ましくて──」

璃奈「けど、ちょっとだけ寂しかった」

璃奈「お父さんとお母さんが、私のために頑張って働いてるのは知ってるけど──」

璃奈「私、自分の子供には他のおうちを見ても、自分の家が一番好きって思ってもらえるような家族にしたい」

侑「…璃奈ちゃん」

璃奈「あっ…ごめんなさい。私ばかりいっぱい喋って。『反省』从||。>_<。||从」

侑「ううん。気にしないで」

侑「璃奈ちゃんはやっぱり、愛ちゃんと一番仲が良いイメージあるから」

侑「私にもそういう話をしてくれるほど、仲良くなれたのかなって思うと、嬉しい」

璃奈「侑さん…」

侑「おっ、お湯も沸騰してきたし、そろそろルゥを入れるよ」

璃奈「う、うん」

───

侑「よしっ!クリームシチューの完成!」

璃奈「やった!璃奈ちゃんボード『にっこりん』从|| ˶> ᴗ <˵ ||从」

侑「私がお皿に盛るから、璃奈ちゃんはパンの用意をお願い」

璃奈「『了解』从|| ˶`・-・´˵||从」

35: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:47:30.24 ID:DPwKXHQ3
───

侑「それじゃ…」

2人『いただきます!』


パクッ


侑「うん!うま!」

璃奈「おいしい。『ハッピー』从||≧∇≦||从」

侑「あ、これ璃奈ちゃんが切ったにんじんじゃない?」

璃奈「1個だけねこさん型にしたよ。侑さんラッキー」

侑「すっごく可愛い!でも、食べちゃう!」パクッ

璃奈「侑さんの剥いたじゃがいももあるよ」

侑「あはは、皮が中途半端に残ったままでごめんね。不器用でさ」

璃奈「ううん、こういうのがいい」

璃奈「2人の手作りシチューだって分かるから」

侑「璃奈ちゃんはほんと良い子だなあ」

侑「頭なでたくなっちゃうよ」

璃奈「い、今は食事中…」

侑「大丈夫。後でお風呂で思いっきり頭を洗うよ」

璃奈「…うん。楽しみ」

36: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:49:06.28 ID:DPwKXHQ3
──お風呂場──


ワシャワシャワシャ…


侑「かゆいところはないですかー?」

璃奈「無いよ」

侑「はーい」


ワシャワシャワシャ…


侑「流すよー」

璃奈「うん」


バシャァ!


侑「あっ。濡れると璃奈ちゃんのくせ毛もぺたんてなるんだね」

璃奈「な、なんか恥ずかしい…」

侑「大丈夫。髪ぺた璃奈ちゃんも可愛いよ」

璃奈「う、うう…」

37: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:51:29.46 ID:DPwKXHQ3
───

ワシャワシャワシャ…


璃奈「侑さんの髪、綺麗」

侑「え?そうかな?」

璃奈「つやつやの黒髪と緑、かっこいい」

侑「こないだ歩夢にはモンエナの缶みたい、って言われたよ」

璃奈「あ、ちょっとわかるかも。私、情報処理学科の課題する時、よく飲む」

侑「私も徹夜する時のんでるなあ。美味しいよね、あれ」

璃奈「うん。クセになる」

璃奈「侑さんとは、良い飲み友になれる」

侑「あはは。モンエナ友達?」

璃奈「うん、私たちモンエナで繋がろう」

38: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:54:18.77 ID:DPwKXHQ3
────

チャプン…


侑「温かいねえ」

璃奈「うん」

侑「璃奈ちゃんちのお風呂広いね。2人で入っても足が伸ばせて快適だよ」

璃奈「前に愛さんも、同じこと言ってた」

侑「あっ、愛ちゃんとも入ったんだ?」

璃奈「裸の付き合い、って」

侑「私とも裸の付き合いしちゃったね」

璃奈「うん」

侑「お風呂だと璃奈ちゃんボードが無いから、璃奈ちゃんの顔がよく見える」

璃奈「う、侑さん今日、私の顔見すぎ…///」

侑「いやあ、璃奈ちゃんとこんなに近くで一緒に居ること初めてだから──」

侑「ボードで隠せないうちに、いっぱい見ておかないともったいないな、って」ジーッ

璃奈「うう……防水璃奈ちゃんボード…作らなきゃ…///」

侑「顔赤いけど大丈夫?のぼせてない?」

璃奈「し、知らない…」

39: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:56:51.19 ID:DPwKXHQ3
───

ブオオオォォ


侑「よし、ドライヤー終わり!」

璃奈「ありがとう」

侑「すごいね、乾いたら速攻で髪の毛跳ねたよ。てっぺんの毛もばっちりだ」

璃奈「璃奈ちゃんボード『きらーん』从||✧ᴗ✧||从」

侑「あはは、すっごく決まってるよ!」

璃奈「今度は私が侑さんの髪、乾かすね」

───

ブオオオォォ


璃奈「髪を下ろしてる侑さんって、新鮮かも」

侑「寝る時以外は基本結んでるからねえ」

璃奈「昔からいつもの髪型なの?」

侑「うん。歩夢が可愛いって言ってくれて、そこから気に入っちゃってさ」

侑「私自身は可愛いか分からないけど、歩夢が喜んでくれるならいいかなって」

璃奈「私も侑さんの髪型、好き」

侑「ありがとう。私も璃奈ちゃんのその髪色、好きだな」

璃奈「ピンク色?目立つから、ちょっぴり恥ずかしい時もあるよ」

侑「むしろ目立つからこそ、すぐ璃奈ちゃんが見つけられるよ」

侑「何より可愛いし!」

璃奈「……侑さんにこんなに可愛いって言われるの、初めて」

侑「そうかな?」

40: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 22:58:35.90 ID:DPwKXHQ3
璃奈「いつも歩夢さんやかすみちゃんにばかり言ってるイメージ」

侑「もしかしてちょっとやきもち妬いてる?」

璃奈「……それは…私も、女の子だから、もっと可愛いって言われたい」

侑「──璃奈ちゃん、それは反則だよ」

璃奈「えっ?」

侑「もう可愛いって言えなくなっちゃう」

璃奈「そんな……」

侑「可愛すぎて、言葉が飛ぶくらい可愛い」

璃奈「え、あの…。うう…///」

侑「あれれ?自分でお願いしたのに、照れちゃった?」

璃奈「…!…侑さん、『いじわる』从|| ? ˶・᷅-・᷄˵ ||从」

侑「あはは、ごめんごめん」

41: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:01:42.06 ID:DPwKXHQ3
───

璃奈「やっぱり小さくない?私のジャージ」

侑「気にしないで。パジャマのことすっかり忘れてたし、貸してもらえるだけありがたいよ」

璃奈「でも、丈短いから、ちょっと寒そう」

侑「普段からハーフパンツとTシャツで寝てるし、これくらいどうってことないよ」

侑「いざとなったら、璃奈ちゃんとくっついて寝ればいいしね」

璃奈「……『恥ずかしい』从||˵>ㅿ<˵?||从」

侑「そんな遠慮しなくていいのに」

侑「今日は私が、璃奈ちゃんのお姉ちゃんだから」

璃奈「……从|| ˵>|| _σ从」チラッ

璃奈「分かった….。よろしく、お願いします」

侑「うんうん、そういう素直な璃奈ちゃんのが好き」

璃奈「……ド、『ドキドキ』从||˵ >_< ˵||从」

42: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:03:54.70 ID:DPwKXHQ3
───

ゴソゴソ…

侑「あ~、璃奈ちゃんの手、温かいなあ。はんぺんちゃんの肉球みたいだなあ」

璃奈「……侑さん、はんぺん触ったことあるの?」

侑「こないだ歩夢と学校を散歩してたら見つけてね。もふもふでもちもちだったよ」

璃奈「分かる。本当の白はんぺんみたい」

侑「あっ、もしかして夜食べたシチューの猫さんにんじんのモデルも?」

璃奈「うん。はんぺんを意識した」

侑「璃奈ちゃんは、はんぺんちゃんが好きなんだねえ」

璃奈「あの子、一匹でいたから、なんだか昔の私に似てる気がして」

璃奈「ひとりぼっちは寂しいから、私が守ってあげたくなったんだ」

璃奈「最初は愛さんと私だけだったけど、今は生徒会の人も学校の一員と認めてくれて、侑さんや同好会のみんなも大切にしてくれてる」

侑「ふふ、そういうところも璃奈ちゃんに似てるね」

璃奈「どういうところ?」

侑「たくさんの人に好かれて、大切に思われてるところ」

璃奈「………///」

43: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:06:25.68 ID:DPwKXHQ3
璃奈「うう…今日は侑さんに、いっぱいドキドキさせられる。从||?˵>_<˵||从」

侑「そんなに隠すことないよ。璃奈ちゃんの素顔、もっと見せて?」

璃奈「こ、これ以上私を照れさせるのはダメ。璃奈ちゃんボード『お口チャック』 ∫||V> × <V||ʅ」

侑「むぐ!わ、分かった!ごめん!もう見ないって! 」

璃奈「もう。そんなに私の顔見ても、仕方ないのに」

侑「私は好きだけどなあ」

侑「璃奈ちゃんボードももちろん可愛いけど、それは付ける璃奈ちゃん自身が可愛いからだよ」

璃奈「……またお口チャックされたい?」

侑「あ、あはは。じゃあ、もうしゃべらない」

侑「その代わり…」


ギュッ


侑「今日は寒いから、璃奈ちゃんをぎゅっとしたまま眠らせて?」

璃奈「───うん」


───

─────

───

璃奈「───」

44: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:10:14.66 ID:DPwKXHQ3
──ああ、やってしまった。

本当は嬉しいはずなのに、そのまま言葉を受けとるのが恥ずかしくて、

つい侑さんの口を塞いでしまった。

愛さんとは、また違うカタチで、ストレートに気持ちを伝えてくれる。

褒められたときは謙遜しつつも、しっかり受け止めて、ありがとうと言えちゃう。

侑さんのこういうところ、羨ましい。

私もこれくらい、人の厚意をしっかり受け止めて、自分の思いを真っ直ぐ伝えられたらいいのに。

璃奈ちゃんボードはそのための武器だけど、今日は武器と言うより、盾にばかりしてしまってるかも。

46: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:11:52.12 ID:DPwKXHQ3
侑「……すぅ……すぅ……」


侑さんは、寝ちゃったのかな?

私を抱く腕が、温かくてぽかぽかする。

侑さんと、このぬくもりで繋がってる。

────けど、

侑さんとは、ずっとこうしていられるかな?

侑さんだけじゃない。愛さん、同好会のみんな、焼き菓子同好会のみんな、私を応援してくれるみんな。

みんながいたから──みんなが受け入れてくれたから、高校に入学した頃は想像もつかなかった今がある。

けど、みんながいなくなったら、私、これから先だいじょうぶかな?

卒業とか進路とか、いろんな分かれ道ができて、いずれ離れちゃう日が来る。

一人で歩かなきゃいけないときだって、きっとある。

そうなったら私は───。

47: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:15:13.13 ID:DPwKXHQ3
───どうしてかな。

小さい頃から友達が居なくて、お父さんもお母さんも家に居ないことが多くて──

自分は一人で居ることに、慣れてると思ったはずなのに。

私の人生は、一人の時間のほうが、ずっと長かったはずなのに。

今はまた一人になることが、とても怖い。

大好きな人たちの顔を、近くで見られなくなる日が来るのが、いやだ。


璃奈「侑……さん」


目の前で、まぶたを閉じている侑さんの顔を見て、振り返る。

侑さんと過ごした今日の一日、本当に楽しかった。

新しい家族ができたみたいだった。

私にお姉ちゃんがいたら、毎日こんなふうに過ごしてたかも、って思った。

侑さんが、本当の家族になってくれたらいいのに。

そうしたら、ずっと一緒にいられるのに。

あんなに楽しかったのに、

今は、こんなありえないわがままを考えちゃうくらい、寂しくなっちゃった。

侑さんの腕はこんなに温かいのに、私のハートは寒がってる。

48: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:17:32.12 ID:DPwKXHQ3
璃奈「………」


侑さんの着ているジャージの端を、ぎゅっと掴む。

私、ずっとこうしていたい。

どこにも行かないでほしい。

一人になりたくない。

やっとできた繋がりを、失いたくないよ。

ああ、心の中ばかりおしゃべりになっちゃう。

今の私の気持ち、少しでも侑さんに伝えられたらいいのに。

でも、この気持ち…口に出してしまっていいのかな。

いや、ダメ。

今までお父さんやお母さんにも、わがまま言わずにいたんだから。

これくらい我慢しなきゃ──。

こんな私を見せたら、絶対びっくりさせちゃう。

……………。

でも──

49: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:19:25.19 ID:DPwKXHQ3
璃奈「侑さん…侑さん……ゆうさん……」


名前を呼んで、その先の思いは言わないように抑えながら、少しずつ声を漏らす。

少しでも何か言葉を口に出さないと、心がパンて破裂しちゃいそうだった。

子供みたいな、恥ずかしいことまで、言ってしまいそうだから。

これでいい。

侑さんには、楽しい思い出だけつくって、帰ってもらえれば良い。

一人の後輩と、一日一緒に遊んだ思い出を。

これで──良いんだよ。

──………。


璃奈「………いやだ」

50: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:19:50.73 ID:FvThm0L3
なんか安心するよねこの二人

51: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:21:18.06 ID:DPwKXHQ3
───ダメ、それ以上は。


璃奈「行かないで……侑さん」


こんな、わがまま。


璃奈「私、もう一人になりたくない」


恥ずかしい。


璃奈「みんなと──侑さんと一緒にいたい」


私、もう高校生なのに。


璃奈「これからもずっと……私と遊んで」


こんなに、幼い。


璃奈「ずっと……私と繋がっていて」

52: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:22:19.49 ID:DPwKXHQ3
取り消して。ショートカットキーで元に戻して。

こんな恥ずかしい私──無かったことにして。

──そんなこと、できるわけないよね。

私、機械じゃない。

決められたことだけ、自分が判断したことだけ、表に出すなんて──

そんな器用な真似できない。

侑さん、聞こえてないよね──。

聞こえてたとしても、聞かなかったことにして。

………………。


────────

─────

───

53: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:30:12.45 ID:DPwKXHQ3
璃奈「…………」

侑「…………」

璃奈「……………」

侑「…………」

侑「これは、私のひとりごとだよ」



侑「歩夢がね、私と一緒じゃなくなるのはいや、って言ったことがあるんだ」

侑「私は──離れても私たちを繋ぐ思いは変わらないよ、と歩夢を勇気づけたけど──」

侑「いざ音楽科に行ってみると、知ってる人は誰も居ないし、2学期からだから不思議な目で見られちゃうし」

侑「想像していたより、教室でひとりぼっちの時間が寂しかったんだ」

侑「補修授業で同好会に全く顔を出せない日もあるし」

侑「当たり前が当たり前じゃなくなるのって、こんなに辛いんだって」

侑「歩夢にかっこいいこと言ったのに、自分が恥ずかしくなっちゃった」

侑「だから、おこがましいかもしれないけど──」

侑「璃奈ちゃんの気持ち、分かるよ」

54: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:32:39.15 ID:DPwKXHQ3
侑「けど、時間を見つけて部室に行くと、やっぱりそれまでと何も変わらない日常があった」

侑「歩夢の──みんなの声と笑顔が、私を出迎えてくれた」

侑「周りの環境がどんなに変わっても、どんなに会える時間が減ってしまっても、自分を待っていてくれる人たちがいるんだって、改めて気づかされた」

侑「私にとっては、璃奈ちゃんもその一人」

侑「今日もこうして、一日私に付き合ってくれた」

侑「とっても嬉しかったよ」

55: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:36:08.56 ID:DPwKXHQ3
侑「その同好会もいつかは変わっていっちゃうだろうけど──」

侑「今日、一緒に遊んだ私たちは、何も変わらないと思うんだ」

侑「ゲームをしたり、ピザを食べたり、シチューを作って、お風呂に入って、一緒にお布団に入る」

侑「同好会の活動以外でも、今日だけでこんなに璃奈ちゃんとの思い出ができたんだから」

侑「この先離れることがあっても、この思い出が、いつだって私たちを繋いでくれるよ」


侑「私だけじゃない」

侑「同好会のみんな、璃奈ちゃんのお友達」

侑「出会ったきっかけはスクールアイドル同好会だったかもしれないけど──」

侑「一緒に遊んだり、ご飯を食べたり、勉強をしたり、普通の女子高生としての時間も、たくさん過ごしてきたじゃん」

侑「そんな繋がりをいっぱい作ってこれた璃奈ちゃんが、また一人になるなんてあるわけないよ」

侑「まだまだ時間はたっぷりあるから、これからその繋がりをもっともーっと強くすることだってできちゃう」

侑「璃奈ちゃんはとても素敵な女の子だから、きっとできるよ」

56: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:38:05.64 ID:MQXZp5Q4
侑ちゃんがちょいちょいイケメン女タラシになってる

57: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:38:34.30 ID:DPwKXHQ3
侑「今日の私は、璃奈ちゃんのお姉ちゃんだって言ったよね?」

侑「もしまだ寂しかったなら、私が璃奈ちゃんの気持ち、全部受け止めてあげる」

侑「───」

侑「───やっぱり長すぎて、寝ちゃったかな?」


侑「ふふっ、可愛い寝顔」ナデナデ

侑「赤いほっぺも、ぷにぷにで温かい」

侑「あはは、聞こえてたら、またお口チャックされちゃってるかも」

侑「ボード無しでもこんなに可愛い顔できるんだから、自信持ってね」

侑「これからもずっとよろしく、璃奈ちゃん」

侑「ひとりごとおわり」

58: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:40:26.56 ID:DPwKXHQ3
──────

「……………」

起きてたの、バレちゃってたかな。

それに、侑さんのひとりごと──やっぱり私の声聞かれてたんだ。

うう、恥ずかしい。

暗くても分かるくらい、顔赤くなってるのかな。

きっとそうかも。顔が熱い。

この熱さは、侑さんがくれた温もりだよ。


(───えいっ)


寝ている侑さんのおでこに、そっと自分のおでこを重ねてみる。

侑さんにも私の温もりをお返し。


「ありがとう」

59: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:41:41.12 ID:DPwKXHQ3
やっと言えた。

思えば、侑さんは私にいっぱい言葉をくれるのに、今日の私はちゃんと言葉を返せてなかった。

璃奈ちゃんボードで、ごまかしてばかりいた。

まだまだ足りない。

どんなふうに甘えたらいいか、私には難しいけど──

今の私の精一杯の言葉で伝えるよ。

60: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:42:52.60 ID:DPwKXHQ3
「お口チャックしてごめんね」


「恥ずかしかったけど、侑さんの言葉、とっても嬉しかった」


「離れる日が来ても、ずっと一緒に遊んでね」


「今日は本当に楽しかったよ」


「一緒にいてくれて、ありがとう」


「侑さん、好き」

61: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:43:57.00 ID:DPwKXHQ3
──あっ、侑さんの顔が、少し赤くなった。

私の思い、伝わったみたい。

今度は侑さんが起きている時に、私の素顔を見てもらいながら、伝えたい。

いつか、そんな日が来るといいな。

その時まで、侑さんとの繋がりを、もっともっと増やさなくちゃ。

さっきの私のひとりごとに、侑さんは気づかないフリをしてくれた。

だから、私もそうしよう。

その照れた顔、今は隠してあげるね。




「璃奈ちゃんボード『おやすみ』」




∫||V˵ᵕᴗᵕ˵V||ʅ 从||˵ᵕᴗᵕ˵||从 おわり

62: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:49:20.74 ID:jCY0ZZ1X
乙、すごく良かった

63: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:51:07.49 ID:E0nfBt7+
りなゆう素晴らしい

64: ときめきたい名無しさん 2021/02/09(火) 23:51:24.88 ID:jgEdPzkx
名作

65: ときめきたい名無しさん 2021/02/10(水) 00:08:35.72 ID:PbQqYL4s
おつおつ
素晴らしいりなゆうだった
あまり見なかったけど可能性めちゃくちゃ感じるカプだなぁ

66: ときめきたい名無しさん 2021/02/10(水) 00:19:14.15 ID:Y7vVcWdL
雰囲気が好き

67: ときめきたい名無しさん 2021/02/10(水) 00:42:23.58 ID:3xB5CapJ
あまりにもすばらしい

79: ときめきたい名無しさん 2021/02/10(水) 20:11:32.84 ID:cTwIHeAs
ハラショー

78: ときめきたい名無しさん 2021/02/10(水) 12:53:55.19 ID:dUI/JUAI
素晴らしい……前半の楽しく遊んでる感じからの後半のシリアスな雰囲気の落差がめっちゃ好き
りなゆうの可能性を凄まじく感じられるSSでした!

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1612874982/











注目記事
関連記事
2021/02/11 01:30 | SS | コメント(4)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2021/02/11(木) 03:13:13
  2. 歩夢も参加するってなったらニコニコ顔でクソゲー持ってきそう

  3. 名無しライバーさん:2021/02/11(木) 10:18:52
  4. ゆうりなssってりなりーがくれあくな装置作って侑ちゃんが悪用するやつばっかりじゃ無かったんだね

  5. 名無しライバーさん:2021/02/11(木) 10:20:08
  6. こういうゆうりなもっと増えて、どうぞ

  7. 名無しライバーさん:2021/02/11(木) 18:26:14
  8. ゆうりな?りなゆう?

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【動画】国木田花丸『あこがれランララン』Special MVがYouTube限定公開!みんなの感想!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Mar 04, 2021
【朗報】桜坂しずくちゃん、またもや宮下愛さんに落とされる【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
海未「ふざけるんじゃありませんよことり」←何があった?【ラブライブ!】 Mar 04, 2021
【SS】歩夢「せつ菜ちゃんの方が大事なの!?」「いやあああああ」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
【SS】せつ菜「ど、どんな髪型が似合うと思いますか?」歩夢「うーん…」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
【SS】せつ菜「侑さん!明日は休みですし買い物に行きませんか?」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
驚く大西wwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
校内シャッフルフェスのセトリ予想!【ラブライブ!虹ヶ咲】 Mar 04, 2021
【毎日劇場】園田海未さん、花丸ちゃんに詩集をプレゼント【ラブライブ!スクスタ】 Mar 04, 2021
ランジュ←親の金で色んなことに挑戦 歩夢たち←親の金で2,3年まで部活もせず遊び買い食い三昧【ラブライブ!スクスタ】 Mar 04, 2021
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 SS 画像 μ's スクスタ ラブライブ! 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! ライブ 上原歩夢 津島善子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 松浦果南 逢田梨香子 黒澤ルビィ 桜内梨子 中須かすみ 優木せつ菜 桜坂しずく 高咲侑 小原鞠莉 天王寺璃奈 国木田花丸 絢瀬絵里 スクスタ毎日劇場 小林愛香 近江彼方 伊波杏樹 宮下愛 園田海未 高坂穂乃果 朝香果林 矢澤にこ Saint_Snow エマ・ヴェルデ アニメ 楠木ともり 鈴木愛奈 南ことり 動画 グッズ ラブライバー 斉藤朱夏 星空凛 小宮有紗 スクフェス 三船栞子 西木野真姫 小泉花陽 諏訪ななか 東條希 大西亜玖璃 高槻かなこ 降幡愛 鹿角聖良 管理人の戯言 前田佳織里 相良茉優 あなたちゃん 鹿角理亞 新田恵海 鬼頭明里 声優 矢野妃菜喜 内田彩 三森すずこ 久保田未夢 ラブライブ!スーパースター!! ランジュ ハロー!!!ラブライブ! 村上奈津実 指出毬亜 ラジオ 田中ちえ美 南條愛乃 グラブル 楠田亜衣奈 徳井青空 近江遥 ぷちぐるラブライブ! 生放送 渡辺月 Liella! 中川菜々 飯田里穂 田野アサミ 浦ラジ 久保ユリカ スクフェスAC Pile 小泉萌香 ニュース 佐藤日向 にじよん ミア A-RISE 高海美渡 ミア・テイラー 副会長 綾小路姫乃 絢瀬亜里沙 高坂雪穂 高海志満 ニジガク 平安名すみれ 澁谷かのん 法元明菜 唐可可 佐倉綾音 演劇部部長 葉月恋 浅希 ニコ生 荻野由佳 鞠莉ママ 今日子 中川奈々 色葉 しいたけ ことりママ 水樹奈々 綺羅ツバサ 嵐千砂都 サスケ 青山なぎさ 流しそうめん同好会 エマ ランジェ 黒沢ともよ 畑亜貴 ショウ・ランジュ 本田圭佑 漫画 ペイトン尚未 スクパラ 千歌ママ 雨宮天 東山奈央 Shadowverse 芹澤優 支倉かさね 指出毱亜 内田秀 コペ子 Liyuu 伊達さゆり 水瀬いのり Liela! クリスティーナ 左月 鍾嵐珠 女子高生 ドラマCD 右月 本渡楓 コッペパン同好会 なかやまきんに君 監視委員 岬なこ QU4RTZ 藤黄学園 はんぺん 三船薫子 矢澤こころ お盆 スクコレ ことり母 松永真穂 Aqours_LOCKS! 山本希望 大橋歩夕 優木あんじゅ 統堂英玲奈 理事長 善子母 ゲーム 金元寿子 芸能 オフィーリア 櫻川めぐ ぽきもそ いつき LOCKS! 桜咲しずく 川本美里