当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】歩夢「侑ちゃんの寝そべりが欲しい!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】歩夢「侑ちゃんの寝そべりが欲しい!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

ayumu_202008041104252f2.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:26:10.48 ID:lSHbLm5W
前作の続きです
一応前作が未読でも特に内容の理解に支障はありませんのでご自由にどうぞ

前作↓
かすみ「寝そべりさん……こい!」 

2: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:27:44.59 ID:lSHbLm5W
────あれから数日後・部室────
侑「改めて見てみると本当に夢のようだよ」

侑「まさか私の寝そべりができるなんて」

侑「同好会のみんなと手芸同好会にはほんと感謝しなきゃ」

侑「それにしても…」

侑「みんなのが可愛いのはもちろんだけど」

侑「こうして一緒に並べて見てみても」

侑「私、案外イケてるかも?」

侑「──なーんてね!ふふっ」

3: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:30:00.72 ID:lSHbLm5W
ガチャ

歩夢「あっ、侑ちゃん、今日は早いね」

侑「やあ、歩夢。今日は先生の体調不良で、音楽科の追加授業が無くなったからね」

侑「普通科の時と変わらないくらいで同好会に来れたんだ」

歩夢「そうなんだ。ふふっ、また寝そべり見てたの?」

侑「うん。すごく気に入っちゃってさ。特にみんながくれたやつ」

歩夢「侑ちゃん初めて見た時、泣いちゃってたもんね」

侑「え?あの時見てたの!?」

歩夢「うん。私だけじゃなくて、同好会のみんなも」

侑「うわあ…恥ずかしい///そんなコソコソせずに、普通に渡してくれても良かったのに」

歩夢「エマさんが侑ちゃん寂しそうにみんなの寝そべり見てたって言うから、サプライズしたくって」

4: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:32:32.03 ID:lSHbLm5W
侑「うっ、そこから見られてたのか」

侑「エマさん、おっとりしててマイナスイオンたっぷりーって感じだけど、意外と抜け目無いな?」

歩夢「そうだねえ。そういうとこ敵わなくて、ちょっと悔しいな」

侑「悔しい?」

歩夢「あっ、ううん!何でもない!」

6: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:35:51.05 ID:ROBNvjj3
>>4
ここあなたちゃん

5: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:35:37.30 ID:lSHbLm5W
──

歩夢(それにしても侑ちゃんの寝そべり、本当に可愛いなあ)

歩夢(侑ちゃんが音楽科に転科して、クラスも学部棟も変わったから、一緒にいられる時間が減っちゃった)

歩夢(それはわかってたことだし、今も侑ちゃんのことを誰よりも応援するつもりでいる)

歩夢(けど、やっぱり寂しいものは寂しいよ…)

歩夢(もしあの寝そべりがあれば、少しでも侑ちゃんの居ない時間を紛らせるのにな)

歩夢(あの時、私の分も一緒に作ってもらえば良かった──)

歩夢(──今からでも、しずくちゃんに頼んでみようかな…?)

7: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:46:01.20 ID:lSHbLm5W
──練習の休憩中・女子トイレ──

しずく「あっ、歩夢さん、おつかれさまです」

歩夢「しずくちゃん、おつかれさま」

オテアライジャバジャバ

歩夢「ねえ、しずくちゃん。お願いがあるの」

しずく「どうしたんですか、藪から棒に」

歩夢「こないだ手芸同好会に頼んで、侑ちゃんの寝そべりを作ってもらったよね?」

しずく「そうですね。侑さんにとても喜んでいただけて、嬉しかったです」

歩夢「その時のツテってまだ使えたりする?」

しずく「ええ。いきなりなくなるものでもないですし」

しずく「あの一件で、あちら側でもスクールアイドル同好会のファンができましたから、関係は良好ですよ」

歩夢「だったら、もう一度侑ちゃんの寝そべりを作ってもらえるようお願いしてほしいの!3つ!」

しずく「3つ!?それは、はい。快く引き受けてもらえるとは思いますけど」

しずく(というか歩夢さんの勢い、ちょっと鬼気迫るものがあって怖いよ…)

8: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:48:24.41 ID:615SUMTS
保存、鑑賞、慰め?

9: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:49:05.55 ID:lSHbLm5W
しずく「そんなに作ってもらってどうするのですか?また侑さんにプレゼントするのですか?」

歩夢「そ、そんな感じかな。ほら、部室のはほとんど備品みたいになってるし」

歩夢「侑ちゃんが家で楽しめるものがあっても良いかなー、って」

しずく「それは──その通りですね」

しずく「なら1つは侑さんに渡す用として、残り2つは?」

歩夢「え!?」

しずく(なんでそこで驚くんだろう…?私、そんなに変なこと訊いたかな?)

10: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:51:22.56 ID:lSHbLm5W
歩夢「え、えーっと…あ、あれだよ!普段用と保存用っていうの!」

歩夢「スクールアイドルのファンはよくグッズを3つ確保するのが鉄則っていうじゃない。だから!」

しずく「それは私も知っていますけど…。しかし、語弊を恐れずに言うと、侑さんはスクールアイドルではありませんし、その理屈に当てはまらないのでは?」

しずく「最初の1つが侑さんへの布教用と考えても、ちょっとよくわからないです。残り2つも侑さんが欲しがるとは考えにくいですし」

歩夢「え、えーっと、その…あの…」

しずく(歩夢さん、明らかに動揺してるよ…)

しずく(侑さんに一個渡すのは間違いないだろうけど、残り2つは自分が楽しむ…いや、悦しむためのものなんだろうなあ)

11: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:53:35.27 ID:lSHbLm5W
しずく(おどおどしてる歩夢さんは見てて可愛いけれど、あまりいじめるのも可哀想だし、このへんにしておこうかな)

しずく「わかりました」

歩夢「!」

しずく「もう変に詮索はしません。私から手芸同好会のほうにお願いしておきます」

歩夢「っ!ありがとう、しずくちゃん!!」ガバッ

しずく「あ、歩夢さん!顔が近いですっ…!///」

歩夢「あ、あと、3つの寝そべりの1つに注文をつけていい?」

しずく「はぁ…。なんでしょう?」

歩夢「えっとね…」ゴニョゴニョ

しずく「──」

しずく「////」ボンッ!!

12: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:56:20.82 ID:lSHbLm5W
しずく「な、なななな、何を注文しようとしてるんですかあ!?///」

しずく「っていうか、もう完全にそれ自分用ですよねえ!」

歩夢「自分でもどうかしてるって思う!けど、これだけは譲れないの!お願い!」

しずく「い、嫌ですよ!私の口から何てものをお願いさせるつもりですか!?」

歩夢「しずくちゃん…お願い…!」コトリチャンミタイナヤツ

しずく(うっ…可愛い///…歩夢さん、悪い女を演じる才能あるよ…)

しずく(けどこれ、さすがにまずいよね…。絶対手芸同好会に白い目で見られるよね…)

13: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 15:59:08.46 ID:lSHbLm5W
しずく「あの…歩夢さん。一応これ演劇部でできたツテですので、あまり変なことをすれば、そちらに迷惑がかかってしまうんです。だから、それは流石に…」

歩夢「そ、そうだよね」

歩夢「私、冷静じゃなくなってた。上級生なのに、大人げなくてごめん」

しずく「いえ…」

しずく(うん、歩夢さんは侑さんが絡むとちょっと暴走するだけで、根は真面目で純粋な人。話の分かる人で良かった)

歩夢「分かった。私が直接お願いする。それなら問題ないよね?」

しずく「ええ…まあ…問題はある気がしますが、まだ良いです。私が歩夢さんを手芸同好会に紹介するだけですので」

歩夢「良かった!ありがとう!しずくちゃん!」ダキッ

しずく「歩夢さん!恥ずかしいですって!////」

しずく(ああ、やっぱりこの人、悪女役の才能あるよ…。今度お芝居で演じる役の参考にしよう)

14: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:01:47.90 ID:lSHbLm5W
──それから数日後・学校の帰り道──

歩夢「えへへ。侑ちゃんと一緒に帰るの久しぶりだね」

侑「そうだねえ。ごめんね、最近は勉強のために、放課後も音楽科の先輩とご飯行くことが多くてさ」

歩夢「ううん、気にしないで。それは侑ちゃんの夢のために必要なことなんでしょ?」

歩夢「だったら、私は応援するよ!」

歩夢「寂しいな、って思うこともあるけど」

歩夢「夢を叶えた侑ちゃんの姿が、楽しみだから」

侑「──歩夢…」

15: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:02:58.23 ID:xOmq8Ocg
@cメ*˘ ᴗ ˘ リ

16: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:04:44.54 ID:lSHbLm5W
侑「あはは、なんか私の知らない間に大人になったね」

歩夢「え、どういうこと?」

侑「こう言ったらなんだけど、前は、私と離れるの嫌だー!って感じだったからさ」

侑「ほら、SIFの企画を進めてた頃、私のこと押し倒して足まで絡めてきたじゃん」

歩夢「あ、あれはもう忘れてって言ったでしょ!///」

侑「ごめんごめん!」

侑「けど今は、離れてる時間も応援してくれてる」

侑「それは嬉しい反面、ちょっぴり寂しかったりもして」

歩夢「え?」

17: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:07:24.25 ID:lSHbLm5W
侑「子離れできない親の気持ちっていうのかな?」

侑「わがままな歩夢が、ふと恋しくなる時もあるんだ」

侑「──一緒に帰れなくて寂しいのは、歩夢だけじゃないんだよ?」

歩夢「──!///」

侑「なんてね!」

歩夢「もー!侑ちゃんてば、そういうところだよ!」

侑「あははははは!」

18: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:10:16.84 ID:lSHbLm5W
──マンションの部屋の前──

侑「それじゃ歩夢、また明日ね」

歩夢「あっ、ちょっと待って!」

ガサゴソ

歩夢「はい、これ。侑ちゃんに」🎹

侑「これ……私の寝そべり。部室のやつ持ってきたの?」

歩夢「ううん、もう一個作ってもらったの」

歩夢「侑ちゃんが気に入ったって言ってたから、おうちでも楽しめるようにって」

侑「歩夢…」

歩夢「あとね、これも…」🌸🎀

侑「歩夢の寝そべり?でも、部室でいつも見てるやつと違う?」

20: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:11:37.31 ID:lSHbLm5W
歩夢「うん、シニヨンのところにフェルトを切って作った花を縫い付けたの」

歩夢「一から寝そべりを作るのは私には無理だけど、これくらいならできたから」

侑(ローダンセの花に模してカットされてる──)

侑(あの時のこと、本当に大切に思ってくれてるんだ)

歩夢「二人で一緒にいられない時間は、これからもいっぱいあると思う」

歩夢「けど、寝そべりでなら、ずっと一緒だよ──」

侑「──歩夢…」

21: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:13:10.55 ID:lSHbLm5W
侑「──歩夢も…そういうとこだよ!」グスッ

歩夢「も、もう!侑ちゃんたら、また泣いて…」グスッ

侑「あはは……歩夢だって泣いてるじゃんっ」

歩夢「うう…これは侑ちゃんのせいだよ!」

侑「ふふっ、大人になったと思ったけど、やっぱり歩夢は可愛いなあ」

侑「──ありがとう。大切にするよ」

歩夢「うん!」

22: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:13:36.48 ID:LbLFWVwi
寝そべりでここまで泣ける日が来るなんて……

23: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:16:32.47 ID:lSHbLm5W
──歩夢の部屋──

歩夢「侑ちゃん、喜んでたなあ」

歩夢「やっぱりもう一度作ってもらって良かった。しずくちゃんと手芸同好会の人に、今度何かお礼しないとね」

歩夢「──………」

歩夢「ふぅ──さて、と」

ガサゴソガサゴソ


\🎹 🎹/ババーン!!


歩夢「じゃーん!やったよお!私のお部屋にいらっしゃい!保存用と普段用寝そべり侑ちゃん!」

24: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:17:00.72 ID:xOmq8Ocg
出たわね

25: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:18:34.12 ID:lSHbLm5W
歩夢「はあ~、本当に可愛いよお…」

歩夢「神だよ!神すぎるよぉ!ゴッドハンドだよ手芸同好会さん…!」

歩夢「──うん、まず保存用は、日の当たらないところに大切に保管して…っと」

歩夢「本命はこの──」

歩夢「普段用!」


歩夢「アユムー!スキダヨー!」

歩夢「きゃー!侑ちゃん!私も好きー!」

26: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:18:54.22 ID:bN4izi9M
かわいい

27: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:20:25.81 ID:lSHbLm5W
歩夢「──」

歩夢「──あはは、何やってるんだろう、私」

歩夢「うん、まずはちょっと落ち着こう」

───

🎀 🎹

歩夢「よし、まずはこれだね!」

歩夢「私と侑ちゃんの寝そべりを並べる」

歩夢「これだけでもとっても尊いよ…」

歩夢「さらに、こないだ編み物で作っておいたかぶりものを着せてあげれば…」

30: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:22:11.68 ID:lSHbLm5W
🐰 🐰
🎀 🎹

歩夢「寝そべりあゆぴょんとゆうぴょんの完成!」

歩夢「えへへ、癒されるなあ」

歩夢「記念に写真も撮っておこう!」カシャッ

歩夢「他にも…」

歩夢「私と侑ちゃんを向かい合わせて──」

歩夢「そのまま近づけていって…」

歩夢「えいっ!」

ポムッ!

歩夢「きゃー!寝そべり同士でキスしちゃったよお!」

31: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:24:14.51 ID:lSHbLm5W
歩夢「──と、思ったけど、私の寝そべり口開いてるから、あまりキスっぽくは無いかな?」

歩夢「──」

トクン…トクン…

歩夢「うう…ちょっとドキドキする…」

歩夢「これはあくまで侑ちゃんの寝そべり。本物じゃない」

歩夢「──けど!」


チュッ

32: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:26:18.16 ID:lSHbLm5W
歩夢「ああ…っ///」

歩夢「寝そべり侑ちゃんと、キス……しちゃった///」

歩夢「本物の侑ちゃんじゃないのに、胸の奥がキュンってしちゃったよ…」

歩夢「寝そべりでさえこうなのに、本番だったら私、どうなっちゃうのかな?」

歩夢「………って、なに考えてるの私 」

歩夢「侑ちゃんとキスなんて、そんな日来るわけないよね…」

歩夢「私の『好き』と侑ちゃんの『好き』は、きっと違うんだから…」

33: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:28:52.62 ID:lSHbLm5W
歩夢「──」


ムズムズ…ムズムズ…


歩夢「──っ…」

歩夢(ダメっ…寝そべり侑ちゃんとキスしただけで、切なくなっちゃった)

歩夢「お腹の下が…熱くなってきて…」

歩夢(……一人で…したくなっちゃうよ…)

ピロリン!

歩夢「──!」

歩夢「メッセ…侑ちゃんからだ」

34: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:30:09.46 ID:lSHbLm5W
ゆうちゃん:早速、私と歩夢の寝そべり並べてみたよ!

ゆうちゃん:可愛くてすっごいトキメイちゃった!

画像:🌸🎀 🎹

ゆうちゃん:本当にありがとうね!

歩夢「!」

歩夢「──侑ちゃんがこんなに純粋なメッセを送ってくれたのに」

歩夢「私、何をしようとしていたんだろう…」

35: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:31:20.33 ID:lSHbLm5W
ポチポチポチ…

歩夢:わあ!とってもかわいい!

歩夢「私も可愛い写真撮っ──」ポチポチ

歩夢「──!」

歩夢「危ない…。私の所にも侑ちゃんの寝そべりがあるのは秘密…!」

歩夢「せっかくあゆぴょんとゆうぴょん可愛く撮れたのに、共有できないのはもどかしいな…」

ポチポチポチ…

歩夢:侑ちゃんが楽しそうで私も嬉しいよ!

歩夢:また写真送ってね!

歩夢「──ふう…」

歩夢「侑ちゃんに隠し事…できちゃった…」

37: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:37:06.92 ID:lSHbLm5W
──その日の夜、歩夢の部屋──

歩夢「今日は一緒に寝ようね、侑ちゃん」

🎹「………」

歩夢「はあ…侑ちゃんが隣にいる。寝そべりでも嬉しいよ…」

歩夢「──」

歩夢「最近、侑ちゃんとお泊まりしてないな…」

歩夢「最後にしたのは、虹色Passions!のMVに使う写真を撮ったときだっけ」

歩夢「また侑ちゃんと一緒のベッドで寝たいな」

🎹「──」

歩夢「あっ、ごめんね。今日からあなたが私の隣にいてくれるんだもんね」

歩夢「温かくして寝ようねー」

38: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:37:34.92 ID:LLKwUW+o
超かわいい

41: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:40:42.01 ID:lSHbLm5W
──

歩夢「ん…んん…」

歩夢「朝かな…?けど、お外は暗い。何時かな?」スマホチラッ

歩夢「──5時…。まだ起きるのには早いかな」

歩夢「──あれ?寝そべり侑ちゃんは?」

歩夢「あっ、床に落ちちゃってる。寒かったよね。ごめ──」


🎹スカートメッチャメクレーノ


歩夢「あっ──///」

歩夢「そうだった──。この侑ちゃんだけ…スカートの中を凝ってもらったんだ」

43: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:42:50.53 ID:lSHbLm5W
──本来の寝そべりのスカートの中は種類問わず『純白』。

──しかし、この特製寝そべり侑だけは違う。

──歩夢のこだわりで、手芸同好会に注文をつけたのだ。

──ぱんつの色は『純黒』にしてくれと。

──それだけではない。

──ぱんつ前面の上部には『緑色のリボン』をつけてくれと。

──歩夢はそれを手芸同好会に、熱烈な姿勢で要望した。

──もちろん最初は、冷ややかな目で見られた。

──しかし、その目をものともせず希う歩夢の猛烈な気迫が、同好会側の『期待に応えないわけにはいかない』という、職人気質をくすぐり快諾を得たのだ。

──その一連の光景を見たしずくの目が、恐ろしいほどじっとりとしていたのは言うまでもない。

44: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:45:35.25 ID:lSHbLm5W
歩夢「冷静に考えると、しずくちゃんにこれをお願いさせようとしてた私、ただの変態さんだったよ…」

歩夢「あれからも仲良くしてくれてるけど」

歩夢「普通ならドン引きされて、距離置かれてもおかしくないよね…」

歩夢「それにしても──」

歩夢「──ぬいぐるみなのに…え●ちすぎるよ…」

歩夢「同好会さん、本気出しすぎだよ…」

歩夢「もし侑ちゃんが本当にこんな下着つけてたら…」

歩夢「──///」

歩夢「ご、ごめんね…もう一度お布団の中入ろうね」

45: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:50:07.37 ID:lSHbLm5W
──あれから数日後・休日──

歩夢「侑ちゃんは今日、音楽科行事のオーケストラ鑑賞会か…」

歩夢「最近、お休みの日も侑ちゃんと遊べてない…」

歩夢「寝そべり侑ちゃん──」

🎹「──」

歩夢「ああ、可愛いよ…」

チュッ…

歩夢「私とのキス…好き?」

歩夢「──ふふっ、侑ちゃんは優しいね。好き…」

チュッ… チム……チュッ…

歩夢「──っ」

歩夢「…ダメ。やっぱり、切なくなってきちゃう…」

歩夢「──」

歩夢「──侑ちゃんがいけないんだからね…」

46: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 16:54:35.54 ID:yJIIw8He
@cメ*˶˘ ᴗ ˘˵リ しかたないね

47: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:00:31.26 ID:lSHbLm5W
ゴソゴソ…

歩夢「ねえ、寝そべり侑ちゃん…。私の胸、触って…?」

サワサワ

歩夢「んっ……んん…。ん、はぁ…はぁ…」

歩夢「はぁ…ん…。服の上からだけじゃなくて、直接触っていいんだよ…?」

スル…スル…

歩夢「あっ…ああっ!……はぁ…は…侑ちゃんの手が………乳首に、当たって…んぁ…」

歩夢「はぁ…ぁ……っ……んあっ!そんなに擦ったら……ゃ…あっ…ダメ…っ!…ぁ…///」

歩夢「──もう……侑ちゃんのえ●ち…」

歩夢「──」

ムズムズ…ムズムズ…

歩夢「お腹の下……熱い…」

歩夢「──こんなこと…ダメだよね…」

歩夢「でも、…もう我慢できないよ…」

48: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:03:02.71 ID:dwl4zmd5
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵三*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ

49: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:06:38.08 ID:lSHbLm5W
スルスル…

歩夢「侑ちゃん…ここも触って……?」

歩夢「私の……大事なところ」

サワッ…

歩夢「…ああっ…!あ……ぁぁ…はぁっ…ん!」

歩夢「っ…侑ちゃん…。気持ち…っ…いいっ!ああん……///」

歩夢「だめ…お豆さん……そんな…激しく、したらっ…ん、んん……んああっ…!あ…んっ……//」

歩夢「ああ…っ!気持ちいい……きもちいいよお///ゆうひゃん……!」

歩夢「はぁ…ん……あ、あ…あ…あっ…も、もう……だめっ!い…イく…イッちゃ…あ、あああ」

歩夢「ああぁぁああっ──!!///」

歩夢「……ん……く…っ……うぅ………///」

歩夢「はぁ……はぁ……ん、はぁ…はぁ…」

歩夢「寝そべり侑ちゃんの手で……しちゃった」

50: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:08:58.92 ID:lSHbLm5W
歩夢「──」

歩夢「私、何やってるんだろう」

歩夢「せっかく手芸同好会の人が作ってくれたのに…」

歩夢「侑ちゃんだって、休みの日も課外活動に参加して、今も勉強してるのに……」

歩夢「ひとりでえ●ちして…私、悪い子だよ…」

歩夢「侑ちゃん汚れちゃったよね…。今、洗ってあげるからね」

52: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:17:03.88 ID:lSHbLm5W
──洗濯──

歩夢「終わったあ。綺麗になったね、寝そべり侑ちゃん 」

歩夢「…それに」

スゥー…

歩夢「んー…良い匂い」

歩夢「こないだ侑ちゃんが使ってる柔軟剤を教えてもらっておいて良かった」

歩夢「侑ちゃんの匂い…好き…」

歩夢「……でも、本物とはやっぱりちょっと違うよね」

歩夢「本当の侑ちゃんの匂いも、思いっきり感じたいな…」

🎹「──」

歩夢「あっ、ごめんね。今はあなたが私の侑ちゃんだもんね」

ギュッ

歩夢「とっても気持ち良かったよ。侑ちゃん」

53: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:27:36.95 ID:lSHbLm5W
──あれから歩夢は何度も寝そべりを愛で、

──話をしたり、一緒に寝たり、自分を慰めたりする日々が続いた

──自慰をすることに、初めは罪悪感もあったが、

──それも日に日に薄れていって

──ついには

bbbbb…

歩夢「ぁあぁぁぁあ!!良いよ…っ!…すごく…いいっ…///」

歩夢「ああっ!ぁあぁぁああ──! ///」

歩夢「──っ…」

歩夢「はぁ…はぁ…」

歩夢「すごいよ……本当に…」

歩夢「璃奈ちゃんに頼んで、寝そべり侑ちゃんにバイブ機能までつけてもらっちゃった」

歩夢「濡れちゃっても壊れないし、すごいよ…」

歩夢「侑ちゃん、またお風呂(洗濯)入ろうね」

54: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:31:16.77 ID:hTjtj1ww
りなりーなにやってんだw

55: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:32:01.92 ID:lSHbLm5W
──そしてある夜───

侑「んーっ…んああっ。やーっと課題終わったよ」

侑「自分で選んだ道だけど、やっぱり音楽科は大変だなあ」

🌸🎀「──」

侑「へへっ、今日も応援ありがとう。歩夢」

侑「エヘヘ、ドウイタシマシテ!ガンバッテルユウチャン、スキ!」🌸🎀

侑「なーんちゃって!ほんと可愛いなあ」ナデナデ

🎹「──」

侑「私も見守ってくれてありがとう。キミも可愛いよ」ツンツン

侑「じゃ、そろそろ3人で寝よっか」

56: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:39:18.85 ID:lSHbLm5W
──

侑「…………」

bbbbb…

侑「…………」

bbbbb…

侑「…なんか振動音が気になって、寝れないな」

侑「私のスマホ──ではないし、隣の部屋から…?」

侑「右隣は空き部屋になってるはずだし、でなけりゃ歩夢かな?」

侑「うーん、スマホのアラームのバイブ?──にしては、長いような」

侑「音もスマホのバイブより気持ち高い気がする」

侑「──何してるんだろう?」カベニミミアテ

ぁ……ゃ…ぁっ…ぁ…!

侑「…?」

…ゅぅ……ゃん…ぁぁっ…ゃっ…!

侑「!!??///」

57: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:41:33.67 ID:9DToQNqU
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ 部屋の壁は心の壁並に薄いから仕方ない

58: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:43:40.16 ID:lSHbLm5W
侑「こ、これ…歩夢、まさか…///」

侑「ひとりで──私で…してるってこと…?///」

ぁぁっ…ぃぃょ…ゅぅちゃん……すきぃ…

侑「──!」

侑「ゆうちゃん…って確かに聞こえた…」

侑「そんな…歩夢が──私を…?」

ぁぁ…!すき…すきぃ…ゅぅちゃ…ぁっ!…

侑「……やめてよ…」

侑「歩夢のそんな声……聞いたら…」

ムズムズ…ムズムズ…

侑「私も………したくなっちゃうじゃん…」

59: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:46:36.87 ID:3C3GQpQ+
ものすごい方向転換してて草

60: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:48:44.75 ID:lSHbLm5W
ソロリ…

クチュ…クチュ…

侑「んっ……ぃゃ…っ…」

侑「最近忙しくて…全然してなかったから……」

侑「すごく…敏感になってるよ……」

侑「はぁ……はぁ…んんっ……はぁ…」

侑「あゆむ……あゆむぅ………あっ…///」

侑「はぁ……私も…たまらないよ…。ああっ…!///」

ゅぅちゃん……ゎ…し…もぅ…ぃキ……だょ…!

侑「あゅ…む…わたしも……わたしも!……あ、あ、あっ…イくっ…ああっ!///」

ぁぁぁぁぁ──!

侑「────っんぁ……!……んくっ…あぁぁぁっ……あぁっ…////」

61: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 17:50:56.86 ID:lSHbLm5W
侑「はぁ……はぁ…。 …気持ち…良かった…」

🌸🎀「──」

侑「──!」

侑「寝そべりの歩夢を見たら…急に罪悪感が……」

侑「私…何してるんだろう…」

侑「歩夢の声を盗み聞きして……それをおかずに…ひとりでしちゃった……」

侑「私…明日からどんな顔して歩夢に会えばいいの…?」

62: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 18:02:19.52 ID:lSHbLm5W
侑「──でも」

侑「歩夢も私で…してたんだよね…」

侑「歩夢は…私のこと───そうなんだ」

侑「──そっか…」

侑「ずっと可愛いとか、トキメイたと言ってごまかしてたけど──やっぱりそうなんだ」

侑「私、勝手だな。歩夢への気持ちは──歩夢との友情は永遠に終わらない、ずっと変わらないと思ってたのに…新しい気持ちに気づいちゃった」

侑「これが──恋、なんだ」

131: ときめきたい名無しさん 2021/01/01(金) 03:24:19.63 ID:8TLFIhue
>>62
ここsweet eyes感ある

63: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 18:03:11.02 ID:04MPs1vP
言えたじゃねぇか

67: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 18:15:57.58 ID:mQn3t+KI
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ 

68: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 18:19:17.40 ID:/xatygCf
@寝そべりが結ぶ恋…素晴らしいね

69: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 18:23:11.99 ID:KNU8erCM
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リお似合いの二人だね

74: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 20:51:27.59 ID:lSHbLm5W
──あれからほぼ毎晩、歩夢の淫らな声は──壁際でなければ聞こえないほどだが──侑の部屋に届いていた。

──侑はその声を聞く度に劣情を催し、自分を慰めていた。

──幼馴染への恋心を自覚したことで、より激しく…。

クチュクチュ…クチュ…

侑「はぁ…はぁ…ん…ぁあっ…///」

侑「私、こんなにえ●ちだったんだ…」

侑「歩夢は…こんな私だと知っても、好きって言ってくれるかな…?」

侑「歩夢…」

🌸🎀「──」

侑「歩夢…」ギュッ

侑「私も好きなんだよ…」

侑「でも、この気持ち、伝えていいのかな…?」

侑「歩夢はみんなのスクールアイドルだもの。私だけが独り占めなんて…いけないよね…」

侑「どうしたら……」

75: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 20:54:15.14 ID:lSHbLm5W
ゅぅちゃん…好きだよ…

侑「私もだよ…私もなんだよ、歩夢」

ねそべりゆぅちゃん…ほんとうに…気持ちいいよ

侑(──?)

はぁ……だぃすき…ねそべりゆぅちゃん…

侑(寝そべり侑ちゃん…って、どういうこと?)

侑(歩夢も、持ってたの?)

侑(っていうか、さっき気持ち良かった──って)

侑(歩夢……何してるの?)

ゃっぱりやめられなぃょ…ゅぅちゃんのバィブでするの…

侑(私のバイブ…?)

侑(もしかして…寝そべりの私に、何かしらの方法でバイブ機能を備え付けて…?)

侑(それがこないだの振動音の正体…?)

はぁ……寝そべりゆぅちゃんがぃちばん気持ちぃぃょ…

侑「───」

76: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 20:56:47.73 ID:lSHbLm5W
侑(なんだろう、この気持ちは──)

侑(無─?いや、よくわからない。ただ──)

侑(頭のなかで…何かが壊れた音が聞こえた気がする)

侑(何で歩夢が私の寝そべりを持っているのか)

侑(バイブ機能まで付いてるのか)

侑(そんなことはどうでもいい)

侑「なんで私じゃなくて──寝そべりの虜になってるの…?」



侑「歩夢──覚悟してね」

77: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 20:58:56.62 ID:iQFqDpUi
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ 覚悟完了だよ

78: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 20:59:30.17 ID:lSHbLm5W
───数日後の夜・歩夢の部屋──

歩夢「お風呂気持ち良かったあ」

歩夢「あれ?侑ちゃんからメッセ来てる」

ゆうちゃん:新曲のサンプルができたよ!

ゆうちゃん:歩夢に最初に聴いてもらいたいんだ!

ゆうちゃん:今からそっちに行っても良い?

歩夢「──!」

歩夢「侑ちゃんがうちに!?やった!」

歩夢:いいよ!

ゆうちゃん:ありがとう!すぐ行く!

歩夢「ふふっ、嬉しいなあ」

歩夢「あっ…。寝そべり侑ちゃん隠さないと!」

79: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:00:40.15 ID:KNU8erCM
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リふふっ

81: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:01:38.89 ID:lSHbLm5W
侑「歩夢の部屋に来るの、久しぶりだね」

歩夢「そうだね」

侑「ベッドに座っていいかな?」

歩夢「う、うん///」

歩夢(侑ちゃん…誘ってるのかな?)

歩夢(ううん、そんな訳ないよね…)

侑「早速だけど、これが新曲のMIDI」

侑「イヤホンの右耳貸すから一緒に聴こう?」

歩夢「うん」

歩夢(侑ちゃんとベッドに座っちゃってる…)

歩夢(距離も近いし、ドキドキするよ…///)

侑「それじゃ再生するね」ピッ

83: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:04:06.11 ID:lSHbLm5W
ジ…ザザ…

ぁっ……ゅぅちゃん…ぁぁっ! 気持ちいい!

ゅぅちゃん!んっ…ぁん…ぁぁぁぁっ!

歩夢「!!!!///////」バッ

歩夢「いやぁ!侑ちゃん!なにこれぇ!?」

侑「それはこっちのセリフだよ、歩夢」

侑「毎晩毎晩──歩夢の声が聞こえてきてたんだよ」

歩夢「え…そ、そんな…ぃゃ…えっ…?」

侑「こっちは毎日勉強で大変だっていうのにさ」

侑「こんな声が聞こえてきちゃ、落ち着いて寝れやしないよ」

84: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:06:37.53 ID:lSHbLm5W
歩夢「そ、それは……ご、ごめんなさい!」

侑「いや、良いよ?歩夢だって女の子だし、こういうことする日もあるよね」

侑「それに私を想像しながらシてくれてたのは、嬉しかったよ。本当に」

歩夢「ふぇ…?え…?どういうこと?」

侑「言葉通りの意味だよ。私をおかずにしてくれてて、嬉しかったんだよ」

歩夢「え?…じゃあ、どうしてそんなに怒ってるの?侑ちゃん…目が怖いよ」

侑「──」スッ

歩夢(イヤホン…?続きを聞いてってこと?)

歩夢(うぅ…自分のあんな声聞くの嫌だな…。でも断れないよ…)

85: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:08:53.12 ID:lSHbLm5W
寝そべりゆぅちゃん……好きだよ…好きぃ

…気持ちぃぃょぉ…ゅぅちゃん…

歩夢(──!侑ちゃんに寝そべり持ってることがバレてる!)

歩夢「ご、ごめんなさい!自分用に寝そべり侑ちゃん作ってもらったこと隠してて…!」

侑「歩夢、私が怒ってるのはそこじゃないんだよ」

歩夢「え?」

侑「なんで私じゃなくて、寝そべりで気持ちよくなっちゃってるの?」

侑「私は──!」

侑「歩夢のこと、大好きだったのに!!」

歩夢「──!」

86: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:13:07.97 ID:lSHbLm5W
歩夢「え…侑ちゃん、それは…本当なの?」

侑「本当だよ。嘘じゃない」

歩夢「いや、でもそれは──幼馴染とか、友達としてって事でしょう?」

侑「違うよ!」

歩夢「………」

侑「少し前までは、そう思ってた」

侑「きっとそうなんだって思い込んでた」

侑「けど私は、女の子として──本当に歩夢が好きなんだよ!」

87: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:16:56.16 ID:lSHbLm5W
侑「この録音の声が聞こえた夜も、歩夢のこと想って、切なくなっちゃった…」

侑「なのに歩夢は、寝そべりの私に夢中で…」

侑「本物の私より、ぬいぐるみのほうが大事なの?って…」

侑「もう私は…必要ないのかなって…」

侑「そう思ったら……寂しくて…悔しくてっ!」

歩夢「ゆ、侑ちゃん……!」

歩夢(──私、今まで何してたの…?)

歩夢(バカだ…。本当にバカだよ…!私っ!)

歩夢「…うっ…うぅ…」

歩夢「うわあああああん!!」ダキッ

88: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:20:05.04 ID:lSHbLm5W
侑「歩夢っ!?////」

歩夢「本当にごめん!侑ちゃん!」

歩夢「私も──私も侑ちゃんが好き!」

歩夢「寝そべりよりも、他の誰よりも!侑ちゃんが一番大好き!」

歩夢「私だってずっと寂しかったんだよ!せつ菜ちゃんと居るときも、みんなに囲まれてる時も!」

歩夢「私のことずっと見てほしいって!好きって言ってもらいたいって!」

侑「歩夢……」

歩夢「本当に…大好きだったんだから…」グスッ

89: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:22:16.94 ID:lSHbLm5W
侑「──ごめん…!私も…歩夢の気持ちに、全然気づいてあげられなかった!」

侑「ずっと一緒に──こんなに近くにいたのに…!」

歩夢「ううん!もう良いの…!だって…」

歩夢「侑ちゃんに好きって言ってもらえたこと、たったそれだけで、今、胸がいっぱいなの」

歩夢「ありがとう…侑ちゃん!」

侑「私もだよ…!同好会のみんなにも、今日子ちゃん達にも、歩夢を好きだという他の誰よりも」

侑「歩夢を好きという気持ちは、誰にも負けないんだからね!」

歩夢「──///」フワァ…

歩夢「うん…!こんなに想ってもらえて、私…幸せだよ!」




侑「──でも、それはそれとして…」

歩夢「え?」

91: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:25:21.46 ID:lSHbLm5W
侑「歩夢にはお仕置きが必要だね」

歩夢「お、お仕置き…?」

侑「寝そべりでお●にーしちゃう悪い子の歩夢は、こうしちゃうよ」

ガバッ!!

歩夢(─!)

歩夢(侑ちゃんが…私を押し倒した…)

歩夢(手も捕まれてる…)

侑「歩夢」

チュッ…!

歩夢(!!…侑ちゃん!?)

侑「ちゅっ……ちむぅ……ちゅ…っ」

歩夢(侑ちゃんに…キス…されてる…///)

92: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:29:04.52 ID:lSHbLm5W
侑「んっ…ちゅ……はぁ…んむっ……ちゅっ」

歩夢「んんんっ…ちゅっ……ちゅ…///」

侑「ん…はぁ…。へへっ、歩夢のファーストキス、奪っちゃった」

歩夢「えへへ…。奪われちゃった」

歩夢(そうか…。好きな人とのキスって、こんなに素敵なんだね)

歩夢(嬉しいけど、ちょっぴり心がむずむずして、ギュゥッってなって、でもとっても気持ちいい)

歩夢「ねえ、侑ちゃん…。もっと…ちゅー、して?」

侑「──えぇ…、どうしようかなあ」

歩夢「もう…いじわるしちゃいゃ…」

侑「お仕置だからね。歩夢の言う通りにしてあげないよ」

歩夢「そんな…私、もっと侑ちゃんとちゅーした──」

チュッ

93: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:31:24.76 ID:lSHbLm5W
歩夢(んんっ…///ふいうちなんて反則だよ…侑ちゃん///)

侑「ちゅうっ…ちゅっ…ちぅ…ちゅむ……」

歩夢(はぁ///…幸せだよぉ…♡)

侑「………んんっ…」

歩夢「…!!」

歩夢(侑ちゃんの舌が…口の中にっ……!)

歩夢(寝そべり侑ちゃんとじゃ絶対できないキス……///)

歩夢「は…はむっ♡……えぅ…あむ…ちゅっ…♡」

侑「れぅ……ちゅっ♡…あぅ…んっ…ちゅう…♡…ぷはぁ…♡」

歩夢「侑ちゃん…♡このちゅー、…気持ちいい♡」

侑「はぁ…はぁ…私も…。好き…♡」

94: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:33:18.62 ID:lSHbLm5W
歩夢「もう…どこでこんなえ●ちなこと覚えたの…?」

侑「歩夢…。私だって女なんだよ?好きな人とこういうことしたい…って思うよ」

歩夢「くすっ…ふふふっ…」

侑「な、なんで笑うの!///」

歩夢「侑ちゃんも…大人なんだなって」

侑「そりゃそうだよ…。もしかして今まで子供っぽいって思ってた?」

歩夢「ちょっとだけ。私より背が小さいからかな?」

侑「ふーん、そういうこと言っちゃうんだ」

侑「もっとお仕置しなきゃ──」

95: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:35:25.97 ID:lSHbLm5W
レロッ…

歩夢「ひゃんっ…あっ…!そこ…ああっ!♡」

歩夢(首…あっ、鎖骨まで舐められちゃってる…)

侑「あぁ…う…れろっ♡……れぇぇぅ…♡」

歩夢(侑ちゃんの舌の感触…気持ちいい…あ…♡)

歩夢「あ…、あ…ああっ♡…ゆ、うちゃ…あん♡」

侑「あぅむ……♡…ちゅ…♡…ちゅっ♡…はぁ…♡」

侑「もう、こんなえ●ちな声出して…。お仕置するつもりなのに、私の方がくらっとしちゃうよ…」

歩夢「ふふっ、侑ちゃんは優しいね」

侑「こ、コラーッ!私は許してないんだからね…!」

歩夢「だって、強引だったのは押し倒した最初だけで、キスも優しくしてくれたんだもん」

歩夢「それにね…」

グググッ…

侑(私の手を…歩夢が押し返してる…!?)

歩夢「スクールアイドルで鍛えてる私の力に、侑ちゃんが敵うはずないよ?」

96: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:39:19.55 ID:lSHbLm5W
グイッ!

侑「うわっ…!」

侑(振りほどかれちゃった…)

侑(そうか。だから、こんなに余裕ありげなんだ…。なんか…悔しい…!)

歩夢「ねえ、侑ちゃん…」

侑(あ、歩夢が私の首に手を回して…)

歩夢「ふふっ」

チュッ!

侑「んんっ…///…」

侑(歩夢の方から…キスっ…///)

侑「んっ…ちゅ……ぷはぁ…」

歩夢「ちゅむ……はぁ…ゆうちゃん…///」トロン

歩夢「私…侑ちゃんと最後まで……したい」

歩夢「私と………ひとつになろう?」

侑(だ、ダメだよ歩夢…そんなふうにお願いされたら、私…もう……)

ギュッ

侑「うん…!歩夢、大好きっ…!」

97: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:41:27.54 ID:AIV3Qvlb
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ

98: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:42:16.19 ID:lSHbLm5W
──明かりの消えた歩夢の部屋──

窓から入る月明かりだけが、部屋のなかの2人を仄かに照らしていた──

侑「…上、脱がすね」

歩夢「…うん///」

スルスル…スルスル…

バッ…

侑「歩夢…、腕をどけて」

歩夢「ゃ…恥ずかしい///」

侑「大丈夫だよ。ね、見せて…?」

歩夢「うぅ…なら、侑ちゃんも脱いで?」

侑「あ、うん」

バッ

歩夢「わっ…!なんでそんなすぐに脱げちゃうの…。隠さないし…」

侑「昔よく一緒にお風呂入ったりしたじゃん」

侑「歩夢に裸を見られるなんて今さらだよ」

歩夢「も、もう…///」

侑(よしよし、私のペースになった)

侑(やっぱり歩夢はこうじゃないとね)

99: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:43:33.98 ID:KNU8erCM
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リو

100: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:45:54.16 ID:lSHbLm5W
侑「ほら、私も上を脱いだよ」

歩夢「う、うん」

歩夢(侑ちゃんの体…私より小さいのに大きく見える)

歩夢(下から見上げてるからかな?)

歩夢(華奢なのに胸は大きくて、そのアンバランスさがむしろ…///)

侑「あの…歩夢?そこまでじろじろ見られると、さすがに私も恥ずかしい…///」

歩夢「ご、ごめん…!」

歩夢「じゃあ…、私も腕…どけるね」

プルン…

侑(わっ…)

侑(仰向けになってるのに、流れない綺麗な形)

侑(昔から歩夢の裸は見慣れてると思ってたけど…)

侑(月明かりに照らされて、とても綺麗だよ…)

歩夢「な…何か言って?///」

侑「あ、ごめん。歩夢が綺麗すぎて…」

歩夢「…もう!///…なんで侑ちゃんはそういうことさらりと言えちゃうの?」

侑「歩夢に嘘はつきたくないから」

歩夢「嘘。…新曲できたと言ったのに私に……え、え●ちな声聞かせてきたじゃない」

侑「そ、それは…ごめん。あの時は、頭に血が昇ってて、私もどうかしてた」

歩夢「ううん、良いよ」

101: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:49:59.66 ID:lSHbLm5W
歩夢「ねえ、胸……触って?」

侑「うん」

フニュ…ムニュ…

歩夢「あっ…///」

歩夢(本物の侑ちゃんの手…)

歩夢(寝そべりじゃない、温かくて大きな手──)

侑「どうかな…?」

歩夢「気持ちいい…///侑ちゃんの手、温かい」

侑「ピアノを弾くためにいつも手入れしてるからね」

歩夢「そっかあ。私も、侑ちゃんの触ってあげる」

侑「え?」

プルプル

侑「あっ…///」

侑(歩夢が指の腹で…乳首を弾いて…///)

侑「あっ…♡…ん、んっ…///…」

歩夢(侑ちゃんが感じてる…)

歩夢(声を抑えようとして、でも漏れちゃってる)

歩夢(侑ちゃんの切なそうな顔…たまらないよ…♡)

102: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:50:35.73 ID:yJIIw8He
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵三*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ

103: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:54:52.75 ID:lSHbLm5W
侑(ダメっ…恥ずかしい声が出ちゃう…)

侑(──こうなったら…はむっ)

歩夢「──!侑ちゃ…」

歩夢(侑ちゃんが、私の…お●ぱいを吸って…///)

侑「ちゅぅ…ちゅ……ぺろ……ちゅうっ」レロレロ

歩夢「ああっ♡ゆ、う…ちゃん!ぃやあっ♡…ああっ///」

侑(これで口を塞げば声を漏らさずに済む…)

侑(空いた片方の胸は揉んで…)

チュッ…レロッ……ポニュ…

侑(はぁ…歩夢の胸…。なんだか吸ってるだけで、すごくしあわせ…)

侑「ちむ…ちゅう♡…ちゅ……れろ…ちゅるっ…♡」

侑「ちゅぱ…はぁ…あぅむの…ちゅ…お●ぱい…しゅき♡」レロレロ

歩夢「あ、んっ…♡も、もう…侑ちゃんたら…♡」

歩夢(笑いのレベルだけじゃなくて、本当の赤ちゃんみたい…♡可愛い…♡)

歩夢(侑ちゃんのこんな顔知ってるの…私だけなんだよね♡)

歩夢(嬉しいなあ…)ナデナデ

侑(──!歩夢が私の頭を撫でて…!)

侑(子供扱いされてるのかな…?…でも、気持ちいい)

侑「歩夢ぅ…///…好きぃ…///」

歩夢「私もだよ…///侑ちゃん…///」ナデナデ

侑(ああ…いつまでもこうされてたい気分だよ…)

侑(けど、ダメだよね。決めたんだ、最後まで行くって)

105: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:56:37.26 ID:lSHbLm5W
侑「…歩夢、下も脱がすね」

歩夢「あっ…///待って…///パジャマから…1枚ずつね///」

侑「うん」

スルスル…

歩夢「あっ…///」

侑(歩夢の下着はピンクのフリル──)

侑(今まで見たことないほど、可愛い姿で──)

侑(正直かなりくらっと来た)

侑「歩夢…とっても似合ってるよ」

歩夢「いつも下着は、侑ちゃんに見せる日が来るかも…って思って選んで買ってたから…」

侑「勝負下着ってやつ?」

歩夢「そ、そんな感じかな…///ね、侑ちゃんのも見せて?」

侑「う、うん…///」

106: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 21:59:25.33 ID:lSHbLm5W
スルスル…スルスル…

歩夢「────!」

歩夢(これ…寝そべりに注文した下着と、一緒…!)

歩夢(黒に緑のリボンが付いた──しかも、レース!)

歩夢(解釈一致すぎるよ!侑ちゃん!)

侑「あはは…///いつもは、楽だからボクサーパンツなんだけどね」

侑「もしかしたらがあるかも、なんて期待して……こんなの履いてきちゃった」

侑「へ、変だよね!///私に、こんな下着…///」

歩夢「そんなことないよ!侑ちゃんにすっごく似合ってる!本当に素敵だよ!」

侑「そ、そう?…えへへっ、ありがとう!」チュッ

歩夢「えへへ…///」

侑「ふふっ、歩夢の脚…きれい…」

侑「それに、すべすべで気持ちいい」スリスリ

歩夢(侑ちゃんが身体を重ねて…私の太ももに…自分の脚を絡めて…っ)

歩夢「私も…気持ちいい…///」

歩夢「今度は侑ちゃんが、脚を絡めてくれたね」

侑「うん…。今だけは、歩夢をひとりじめしたくて…」

歩夢「侑ちゃん、意外と独占欲が強いんだね」

侑「歩夢ほどじゃないよ」

歩夢「もう!侑ちゃんのいじわるぅ」

侑「あはははは!」

107: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:02:07.12 ID:lSHbLm5W
侑「……あっ」

歩夢「………///」

侑(太ももに湿った感触が…)

侑(下着の上からでも分かるくらい…ぬるっとしてる…)

侑(こんな拙い私の愛撫で、濡らしてくれてるんだ…///)

歩夢「…///……──!」スッ

侑「…!」

侑(歩夢が…私の…大事なところに手を…あっ///)

歩夢「ふふっ…侑ちゃんも一緒だね…///」

歩夢(私だけじゃないんだ。侑ちゃんも…下着から滴りそうなほど──)

侑「歩夢…ふぁ///…ダメぇ…♡」

歩夢「ふふ、可愛い侑ちゃん♡」クニクニ

侑「も、もう…下着が汚れちゃうよ///だからさ…///…そろそろ…」

歩夢「あっ///…う、うん///」

108: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:04:10.72 ID:lSHbLm5W
──

侑「それじゃ…行くよ」

歩夢「うん…///」

スル…スル…シュルッ

侑(わあっ…。これが…歩夢の…)

歩夢「侑ちゃん……あ、あんまり見ないで…///」

侑「ご、ごめん…。私も脱ぐから…」

歩夢「待って…。私が脱がせてあげる」

侑「い、いいよ///1人でできるよ///」

歩夢「ダメ。私が脱がせたいの。ほら、ベッドの上に立って」

侑「うっ///…分かった」

109: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:06:15.12 ID:lSHbLm5W
スル…スル…スルリ

侑「………///」

歩夢(侑ちゃんの大事なところが…目の前に…)

歩夢(しかも……)スンスン

歩夢(侑ちゃんの匂い…///柔軟剤でも、寝そべりでもない)

歩夢(本物の侑ちゃんの…え●ちな匂いがする///)

侑「あ、歩夢…///歩夢も見ないでよ///」

歩夢「うん、じゃあ見ないようにするね。んっ♡」

ペロ…ペロ…

侑「わわわ…///何してるのっ///…だめ…そんなとこ舐めちゃ…汚いよ…///…あっ♡…」

歩夢「ちゅ…れろ♡…そんなこと…ちゅ♡…ないよ…♡じゅる……えぅ…む…ぢゅっ…♡」

侑「ふぁ…♡ひゃ…は…ゆむぅ…♡…ああっ♡」

歩夢(はぁ♡…侑ちゃんのじゅーす…溢れてきてる…♡…ちょっぴりしょっぱくて、美味しい…♡)

歩夢(お豆さんも…♡)ペロ…カリッ

110: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:07:48.05 ID:lSHbLm5W
侑「あああっ…♡///だ、らめ…そこは…ああっ♡」

侑「も、もぅ…ひゃめれ…♡ん…んぁ…ぁん♡」

歩夢「んむ…ちゅるっ…はむ…ぢゅうっ…♡」

侑「ぁ…ひゃゆむぅ…!♡///」

歩夢「ん…じゅるる…ちゅ…ぷはぁ…!…えへへ、ごちそうさまでした♡」

侑「も、もう///…腰が…くだけちゃうよぉ…///」

歩夢「ふふっ…気持ちよかった…?」

侑「う、うん///…そ、それじゃあ、今度は…」

侑「───私が仕返しする番だ」

111: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:09:35.87 ID:lSHbLm5W
歩夢「!?」

ドンッ

歩夢「きゃっ!」

歩夢(侑ちゃんに…また押し倒された…)

侑「私、まだ許したとは言ってないよ?」

侑「歩夢が寝そべりの私で、気持ちよくなってたこと」

歩夢「!?」

歩夢(侑ちゃんの顔が、私の耳元にっ…)

侑「だからさ…」

侑「お仕置再開だよ?」ボソッ

歩夢(ふぁ///……侑ちゃん///)ゾクゾクッ

112: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:12:49.06 ID:lSHbLm5W
クチュ…クチュ…

歩夢「あっ…♡ああっ♡…ゆ、うちゃ…っ♡あんっ…♡」

歩夢(侑ちゃんの指が…私の中に入ってきてる……)

歩夢(しかも…お豆さんまで一緒に擦られて…♡)

歩夢「あっ♡…あっ♡…ひゃっ♡…はぁん…♡…はぁ……あんっ♡…ん…んああっ♡」

侑(くっ…自分でするのと歩夢にやるのじゃ違う…ずっとしてると指が攣りそうだ…!)

侑(けど、これはお仕置なんだ。歩夢を頑張って気持ちよくさせないと…)

侑(私は───寝そべりに負けちゃう…!)

侑「もっと指…入れるよ?」

グチュグチュ……ジュプ…ジュプ…ジュプ…!

歩夢「ああっ♡…ひゅ…ゅうちゃ…あっ♡あっ♡…ああん♡そ、そんな…激しく…しちゃ…あっ♡」

侑(よしっ…私は歩夢と同じ女だ。気持ちいいところ、してほしいことは分かる…!)

侑(ここだ…!)クイッ!

歩夢「んあああ…っ!♡…あああ…あっ♡…ひょこ…っ…ああああっ♡」

113: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:15:30.34 ID:lSHbLm5W
侑「はあ…はあ…どう?寝そべりじゃ…ん…こんなこと…、できないでしょ…?」ジュプ…クイ

歩夢「わ、わかった…♡わかったからぁ…!♡…も、もう…ゆる…ぁん♡…ゆるして…あああっ♡」

侑「ダメだよ。これはお仕置なんだから」クチュクチュ…

歩夢「ひょ…ひょんなあ…♡…あっ♡ああっ♡」

侑(と、言いつつもさすがにもう指の筋肉が限界だ…。このへんで勘弁してあげようかな)

クチュクチュクチュクチュッ!!

ジュプ…ジュプ…ジュプ…ニュルリ……

歩夢「はあ…はぁ…♡侑ちゃん…♡…気持ちよかったぁ♡」

歩夢「寝そべり侑ちゃんよりも…ずっと♡」

侑「は、ははは…。良かった…。もう許してあげる」チュッ

歩夢「んっ♡…ちゅっ…ちむ……はぁ♡」

侑「────」

ムズムズ…ムズムズ…

侑「歩夢…」トロン…

侑「最後まで…一緒に行こう」

歩夢「…うん。よろしく、お願いします」

114: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:17:15.57 ID:lSHbLm5W
───────

ヌチュ…ヌチュ…

侑(今──)

ヌチュ…ヌチュ…チュ…

侑(私のあそこと…歩夢の大事なところが重なってる…)

侑(ぬるっとしてて…、クリ同士が擦れると、すっごく気持ちいい…)

侑(歩夢と…しちゃってるんだ。私)

歩夢「侑ちゃん…」

侑「…ん?」

歩夢「気持ちいい…」

侑「うん」

歩夢「私、侑ちゃんとひとつになれて幸せ」

侑「私もだよ、歩夢」

歩夢「ねえ、ちゅーしながら動いて?」

侑「ふふっ、分かった」

115: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:18:52.78 ID:lSHbLm5W
ちゅっ……ちぅ…はむ……ちゅるる…ちゅう…

れろっ…ちゅむ……じゅっ……ちゅ…

歩夢「~~~♡」

侑 「歩夢…気持ちいいよ♡好き♡」

歩夢「私も♡侑ちゃん好きぃ♡」

ギシ…ギシ…

ギシギシギシギシ…

歩夢(侑ちゃんの腰の動きが早くなってきた///)

歩夢(イキたいのかな?だったら…)

歩夢「侑ちゃん♡」

侑「何?」

歩夢「一緒に……イこう?♡」

侑「うん♡」

116: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:20:26.62 ID:lSHbLm5W
ギシギシギシギシギシ──!

ヌチュヌチュヌチュヌチュヌチュ──!

歩夢「あっ♡あっ♡…ゆ、ゆうちゃっ…♡ああっ♡ひ、ひもちっ…ひあっ♡あああっ!♡」

侑「あゆむっ…♡あゆむぅ…♡…ふあ…あっ♡あっ♡…ひゃ…♡…ああっ♡」

歩夢「わ、わたし…も、もうイっちゃう♡ゆ、ゆうちゃん♡て…つないで♡」

侑「うん…♡わたしも、…イくよ…♡いっしょ…に、イこう♡」

ギュッ

歩夢「あ…♡もうイっちゃ、あ…♡あ、あ…あ…ああっ♡!あぁぁぁぁああ────!!」

侑「ああっ♡…イく…イく…♡んく…っ─────!!…っ♡…っ♡…んああ…っ♡…ああっ♡」


────
──

117: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:22:01.67 ID:lSHbLm5W
侑「私たち、しちゃったね…」

歩夢「うん♡…ふふっ、侑ちゃんぐったりしてる」

侑「重たくない…?」

歩夢「ううん平気。むしろ、この重みが心地いいくらい」

歩夢「侑ちゃんがここにいるんだ、って。そう感じられるから…」

侑「歩夢…」

侑「ふふっ、やっぱり歩夢は可愛いなあ」ナデナデ

歩夢「えへへ…♡」

歩夢「あっ、そうだ!侑ちゃんに見せたいものがあるの」

118: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:28:56.83 ID:lSHbLm5W
スマホポチポチ…

歩夢「はい、これ!あゆぴょんとゆうぴょん!」

侑「わあ!なにこの寝そべりすっごく可愛い!歩夢が撮ったの?」

歩夢「うん。ほんとはずっと見せたかったんだけど、侑ちゃんには寝そべりのこと隠してたから」

侑「そっか。ひとりでするためだけに使ってたんじゃなかったんだね」

歩夢「もう!侑ちゃん!」ポカポカ

侑「あはは、ごめんごめん!」

侑「だけど、もうしちゃダメだよ。寝そべりが可哀想だから」

歩夢「うん…。反省してます」

侑「それに…」

侑「これからも歩夢には、本物の私がずーっと居るんだからね」

歩夢「うん♡…侑ちゃん」

侑「ん?」

歩夢「大好き♡」

119: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:30:03.25 ID:lSHbLm5W
──寝そべりが繋いでくれた気持ち

──狂わせてしまった気持ち

──けど、寝そべりは最後に必ず

──笑顔で居られる場所を作ってくれるんだ

──ありがとう



おわり

120: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:37:32.43 ID:g/FVAHGy
最高じゃん!

121: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:43:34.89 ID:T9Q0tP+G
エ●描写に力入りすぎだろ

122: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 22:47:06.11 ID:KNU8erCM
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ いいね!

124: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 23:06:24.99 ID:4TPyiq8y
おつおつ
半分以上エ●で草

125: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 23:10:36.18 ID:e9PFQold
🌸cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ☺ 素晴らしいSSだね!

126: ときめきたい名無しさん 2020/12/31(木) 23:20:00.63 ID:QlXo3dZV
こういうのでいいんだよ

127: ときめきたい名無しさん 2021/01/01(金) 00:25:23.49 ID:xZtG0URW
神SSありがとう

128: ときめきたい名無しさん 2021/01/01(金) 02:03:57.81 ID:O/qEa3Mr
新年早々いいものを見せてもらった

130: ときめきたい名無しさん 2021/01/01(金) 03:19:01.61 ID:cfpgy9qd
@cメ*˶˘ ᴗ ˘˵リ 最高だったよ

132: ときめきたい名無しさん 2021/01/01(金) 04:13:34.57 ID:T8BIC03d
@cメ*˶ˆ ᴗ ˆ˵リ 新年のお年玉だね

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1609395970/












注目記事
関連記事
2021/01/01 15:30 | SS | コメント(0)

この記事のコメント

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【SS】侑「歩夢とせつ菜ちゃんにもっと仲良くなってもらいたいなぁ」 璃奈「任せて」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 17, 2021
【SS】歩夢「私だけの侑ちゃんでいて…?」ひろゆき「いや、それはおかしいでしょ(笑)」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 17, 2021
【SS】かすみ「どうしてデートにベンチコート着てきちゃうんですかっ」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 17, 2021
お前らが最後に行ったライブ【ラブライブ!】 Jan 17, 2021
ラブライブ!で最高のOPと言えば? Jan 17, 2021
ラブライブ!各グループで一番ありえなさそうなカプ Jan 16, 2021
【画像】いちばんくじの着物せつ菜めっちゃエチエチくみえる【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 16, 2021
【SS】しずく「そろそろそのキャラやめたら?」かすみ「あ?」璃奈「……ちっ」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 16, 2021
かすみんボックスに入れたら一番かすみんにダメージ与えられそうなもの【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 16, 2021
ラブライブ!史上最大のキャラのガイキチ行為ってなんだと思う? Jan 16, 2021
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 SS μ's 画像 スクスタ 高海千歌 ラブライブ! ラブライブ!サンシャイン!! ライブ 津島善子 渡辺曜 逢田梨香子 黒澤ダイヤ 松浦果南 黒澤ルビィ 上原歩夢 桜内梨子 中須かすみ 優木せつ菜 小原鞠莉 国木田花丸 桜坂しずく 絢瀬絵里 小林愛香 伊波杏樹 天王寺璃奈 高咲侑 園田海未 高坂穂乃果 Saint_Snow 矢澤にこ スクスタ毎日劇場 宮下愛 近江彼方 鈴木愛奈 楠木ともり 朝香果林 アニメ 動画 南ことり 斉藤朱夏 ラブライバー グッズ 星空凛 小宮有紗 エマ・ヴェルデ スクフェス 西木野真姫 小泉花陽 三船栞子 諏訪ななか 東條希 大西亜玖璃 高槻かなこ 降幡愛 鹿角聖良 管理人の戯言 前田佳織里 あなたちゃん 鹿角理亞 相良茉優 新田恵海 声優 鬼頭明里 矢野妃菜喜 内田彩 三森すずこ 久保田未夢 ハロー!!!ラブライブ! ラジオ 田中ちえ美 南條愛乃 グラブル 村上奈津実 楠田亜衣奈 ラブライブ!スーパースター!! 指出毬亜 ぷちぐるラブライブ! 徳井青空 渡辺月 ランジュ 近江遥 田野アサミ 飯田里穂 浦ラジ 生放送 スクフェスAC 久保ユリカ Pile ニュース 佐藤日向 小泉萌香 にじよん 中川菜々 A-RISE 高海美渡 高坂雪穂 絢瀬亜里沙 高海志満 ニジガク ミア ミア・テイラー 佐倉綾音 綾小路姫乃 唐可可 澁谷かのん 平安名すみれ 演劇部部長 ニコ生 副会長 荻野由佳 中川奈々 鞠莉ママ 葉月恋 法元明菜 ことりママ 流しそうめん同好会 水樹奈々 サスケ 綺羅ツバサ 青山なぎさ Liella! エマ スクパラ ランジェ 千歌ママ 畑亜貴 黒沢ともよ 本田圭佑 雨宮天 漫画 しいたけ Liyuu 指出毱亜 芹澤優 東山奈央 支倉かさね 水瀬いのり Shadowverse 内田秀 浅希 スクコレ 岬なこ ことり母 優木あんじゅ 統堂英玲奈 ペイトン尚未 コッペパン同好会 Aqours_LOCKS! お盆 なかやまきんに君 鍾嵐珠 クリスティーナ 監視委員 コペ子 山本希望 三船薫子 嵐千砂都 はんぺん 矢澤こころ いつき オフィーリア 川本美里 ゲーム LOCKS! ぽきもそ 櫻川めぐ Liela! 善子母 理事長 女子高生 ドラマCD 金元寿子 桜咲しずく 藤黄学園 QU4RTZ 本渡楓 芸能 松永真穂 大橋歩夕