当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】璃奈「彼方さんを雇いたい」 彼方「ええっ!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】璃奈「彼方さんを雇いたい」 彼方「ええっ!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

26_20201114231359a84.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:41:30.69 ID:AwNGSDRv
璃奈「場所は、彼方さんの家に私を住まわせてくれること」

璃奈「家事は基本お任せ」

璃奈「彼方さんの働いてるスーパーの時給を参考に、時給1,200円を3hとして日当は3,600円」

璃奈「月平均30日かつ、土日が月約8日としてそれを引いた月22日が総勤務日数になる」

璃奈「予定労働時間としては3h×22日で66時間」

璃奈「だから月収は79,200円。年収としては950,400円になると思う」

璃奈「家事があるから固定休はないし、実際には365日勤務になっちゃうけど……」

璃奈「月最低8日分の休みは、彼方さんの方で上手くとって欲しい」

璃奈「実勤務が365日になっちゃうから」

璃奈「その分、上手く調節して月10日以上の休みとか、予定労働時間を下回っても」

璃奈「明細上は勤務日数22日の勤務時間66時間になる」

璃奈「休みが取れなかった分は誕生日とか、年始のボーナスに非課税で計上するけど、ちゃんと休んでくれないと解雇する」

璃奈「食事に関してはお昼……はお休みの日とかだけでもいいけど、朝と夜は必ず」

璃奈「作り置き可、外食・出前も可。ただし、後者は極力避けて健康的な食事が望ましい」

璃奈「追加条件として、週に二日は私の家に行って掃除とかをすること」

璃奈「彼方さんの家の光熱費等含む家賃の4分の1は経費として計上するので後納になっちゃうけど……そこは許して欲しい」

璃奈「あと、扶養から外れる可能性があるから、給与は据え置きで昇給無し、さっき言っちゃったけど賞与は年2回」

璃奈「……これでダメなら諦める」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(>人<;)]」

2: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:45:14.80 ID:Sk12kMx5
めっちゃ考えてるやん

3: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:46:35.75 ID:n9q5PEze
途中エ●チな条件入れてもバレなそう

4: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:47:34.39 ID:IB6eOl67
彼方「長い三行で」

7: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:54:31.21 ID:KIJMFzZc
いやこれ断るだろ……

9: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 22:57:28.27 ID:mZa2V6Uj
いきなりこんなこと言われたら反射的に断るわ

11: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:00:24.54 ID:0a8fKNuc
彼方「ま、待って待って!」

彼方「そんな急に言われても困るし……ちょっと、長いというか~」

璃奈「そう言われると思って、雇用契約書を用意してある」スッ

彼方「えっ」

璃奈「下手な家政婦を雇うよりも私が信頼してる人に頼めるならその方が良いって言ってた」

璃奈「赤の他人に給料払うなら、私が親しい人を雇う方が良いと思うって納得もしてくれてる」

璃奈「食事だって健康的なものになるし、一人で朝と夜食べるよりずっといい」

璃奈「だから……うちの親には確認取ってあって、ここに実印でサインもあるから大丈夫」

彼方「ほ、ほんとだ~……」

璃奈「ちなみに、同好会の連絡名簿から連絡してあって親同士の話は済んでて」

璃奈「あとは彼方さんが頷いてくれるだけ」

璃奈「あ、もちろんこれにサイン欲しいけど」

璃奈「どう……かな?」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(>_<。)]」

60: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:18:19.72 ID:cOyjkIIF
>>11
本人に言う前に、親同士で合意って・・・まるで政略結婚じゃんw

12: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:00:51.28 ID:Pkx0g/4T
つまりりなりーの分のご飯作った上で週2で掃除したらお金くれるって事だね(適当)

13: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:04:33.51 ID:kdrALTWf
りなりーに悪意がないのは分かるが
いきなり美味しい話を持ってこられてこれにサインしてくれは普通に怖い

15: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:14:12.88 ID:qpaJ5WqS
彼方「有給は?」

17: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:19:05.47 ID:0a8fKNuc
彼方「ど、どうして急に……?」

璃奈「彼方さんが凄く頑張ってるのは分かるけど……頑張り過ぎてて怖かった」

璃奈「だから、一生懸命考えた」

璃奈「彼方さんにだけメリットがある様なものじゃなくて」

璃奈「双方にWin-Winなものになるにはどうしたらいいかって」

璃奈「それで、雇えばいいって思った」

璃奈「時給とか、家政婦の相場とか、色々調べて」

璃奈「時給、月給、年給と週休、月休、年休を出来る限り考えた上で」

璃奈「さらに基本家に帰ってこない上に、一人っ子のウチと妹もいる彼方さんの家どちらが適しているかを考慮して、決めた」

璃奈「えっと……あと、給与等の条件に不満があるならある程度調節できる」

璃奈「……彼方さんに無理して欲しくない」

璃奈「それと……出来たら……誰かと一緒の生活がしたい……」

璃奈「急に提案して、変だと思ったかもしれない、怖いと思ったかもしれない」

璃奈「だとしたら、ごめんなさい」

璃奈「もちろん、今すぐ答えなくても良い」

璃奈「しばらく考えてくれてもいいから……考えるだけ考えて欲しい」

璃奈「それで……彼方さんが嫌なら、諦める」

19: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:23:13.20 ID:yZCG6fn+
金がない家と家族がない家…

20: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:25:15.42 ID:WNhFANYe
相変わらずおつらい娘だ

21: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:26:05.13 ID:Sk12kMx5
この感じで最後にボード出してるのが

22: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:31:59.80 ID:WNhFANYe
この雇用を続ければ彼方ちゃんが卒業しても合理的に彼方ちゃんとの繋がりを保てるって寸法よ

24: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:36:00.83 ID:0a8fKNuc
彼方「た、助かるかどうかで言えば、凄く助かるけど~」

彼方「でも……璃奈ちゃんは私の雇い主になるんだよね?」

璃奈「それは違う」

璃奈「雇用主はあくまで、私の親であって私じゃない」

璃奈「例えるなら、愛さんの実家のもんじゃ焼き店でアルバイトするのと同じようなもの」

璃奈「彼方さんが今バイトしてるスーパーのオーナーの娘が私。みたいなもの」

璃奈「……でも……上下関係、感じる?」

璃奈「……頑張って考えたけど、それを解消できるとは思えなかった」

璃奈「どうにかしようと思ったけど、屁理屈しか浮かばなかった」

璃奈「……でも、そうしないと彼方さんが無理する」

璃奈「頑張ってるんじゃなくて、凄く無理する」

璃奈「だから……目を瞑ろうと思った」

璃奈「でも、彼方さんがどうしても気になるなら……仕方がないと思う」

璃奈「気を遣わせたいわけじゃない」

璃奈「ただ、私も彼方さんも幸せになれたらいいなって、思っただけ……」

璃奈「ダメなら、仕方がない」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(>v<)]」

25: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:40:06.99 ID:uAWuQCRK
辛いのやめろ…

27: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:44:47.55 ID:ZG51mPP5
どんどん声に感情こもっていってそう

32: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:52:27.99 ID:1qUr59/C
>>27
どんどん早口になってそう

29: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:46:50.64 ID:kdrALTWf
なんやかんやあるけどやったら楽しそうだと思う

30: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:49:41.00 ID:0a8fKNuc
彼方「……少し、考えさせて欲しいな」

璃奈「うん、全然考えてくれていい」

璃奈「3日でも4日でも1週間でも……考えてくれていい」

璃奈「でも、その間に無理して倒れたりしたら……」

璃奈「私、すっごく怒る」

彼方「璃奈ちゃんにそう言われちゃうと……無理できないねぇ……」

璃奈「……私、遥さんが羨ましかった」

彼方「遥ちゃんが……?」

璃奈「虹ヶ咲に来た時、凄く幸せそうだった」

璃奈「彼方さんの話をするとき、とても楽しそうだった」

璃奈「彼方さんと喧嘩した時、凄く大事に思い合ってるんだなって感じた」

璃奈「だから……そんな温かいの、私も少しだけ欲しいなって、わがまま……」

璃奈「そのわがままでみんな幸せになれたらいいなって、思った」

璃奈「……なんて」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(〃▽〃)]」

璃奈「今日は帰る……また明日!」ダッ

タッタッタッタ.....

彼方「璃奈ちゃん……」

33: ときめきたい名無しさん 2020/11/17(火) 23:57:49.34 ID:griYIBal
このりなりーちょっと怖いけどかわいい

36: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:09:24.13 ID:lNPSg9Jc
なんか辛い

闇が深すぎんよ~

40: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:20:09.25 ID:IbntHbyA
――――――
―――
[翌日]


璃奈「………」

愛「りなりー!」ダキッ

璃奈「愛さん? どうしたの?」

愛「どうしたはこっちだぞ~? ずっと考え事してるよね~?」

愛「何々~? 悩み事なら愛さん聞くぞー」

璃奈「……」

璃奈「実は、いずれ起業することを考えて雇用契約書を作ってみた」

愛「起業!? すっごいね……どれどれ……」

璃奈「まずは正社員を考えずにアルバイトを雇うことを前提としてる」

璃奈「土日分は休みとしてるけど、祝日は変動する場合も考慮して考えから外して週休完2日計算」

璃奈「ただし、一週間の中で何曜日休むかはおまかせ」

璃奈「加えて+2日は祝日があることを前提として休んでも良いって思ってる」

璃奈「時給はとりあえず1200円で昇給無し、年二回の賞与あり」

愛「ふむふむ……」

愛「これって、不定休ってことはサービス業で考えてる?」

璃奈「そう」

愛「ん~……昇給無しで時給1200円固定だと、稼ぐためには拘束時間が長くない?」

愛「月8日+2日だと簡易計算で年休120日だから悪くはないけど……勤務時間を考えると月10日も休めないと思うかな~」

愛「それと、夏季冬季休暇、年末年始等は考慮してない? 有休も無し?」

42: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:33:37.65 ID:2O1IiptK
このJK達労働環境に詳し過ぎだろw

43: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:37:45.18 ID:IbntHbyA
璃奈「それは……」

愛「ほら、アルバイトって学生が基本でしょ?」

愛「試験期間・修学旅行・夏季冬季休暇……などなど」

愛「これだけの期間はバイト出れませーんっていうのが少なからずあるんだよね」

愛「そうなると、別の月に集中させないと稼げないとか」

愛「この週に全力で詰め込まないと! っていうのが出てくる」

愛「でも、アルバイトは一人でやるものじゃないから、ほかの人との折り合いもつけなきゃいけない」

愛「特に高校生なんて、22時までしか働けないから放課後の17~22の夕勤5h、休憩なしでそれしか働けない」

愛「休憩45分入れてあげるなら、4.25h……一日5,100円かな?」

愛「そうなってくると必然的に土日に朝昼勤務~とか、昼夕勤務~とか出てくる」

愛「働く人がそれでいいなら良いけど、契約書見る限り、りなりーはそんな無理せず短時間働くだけにしたいって感じる」

愛「だったら昇給はあるべきだし、時給1200円はちょっと安いかもね」

愛「それを除いても、夜勤や休日・祝日は給与にプラスしないと反感買っちゃうよ~?」

44: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:45:22.46 ID:rphAUHb4
愛さん何者だ

45: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:46:20.13 ID:/rXkZj5F
実家のノウハウをアウトプットしてそう

46: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:49:40.06 ID:lNPSg9Jc
愛さん派遣業始めて頭悪い奴らから搾取しろ

47: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:52:28.62 ID:aFZHTfhk
愛さんはお店やってるからな

48: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:55:15.57 ID:PN7QCIpK
元々頭も良いしこういうこと急に言い出しても違和感はない

49: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 00:55:24.09 ID:IbntHbyA
愛「そして、休みか~……」

愛「バイトって全力で稼ぎたい! ってわけじゃない限り週1~3日だし」

愛「稼ぎたい人でも学生なら週4日……ちょっと無理して5日が限度だと思う」

愛「そこまでする人って、奨学金貰わなきゃ! って感じで勉強も両立させないといけないって人だろうから……」

愛「バイトの勤務日数は年間で200日を下回る。週3日なら、144日。つまり、年休は221日」

愛「ここまで言えば、分かる?」

璃奈「何となく……分かった」

愛「りなりーの考えてる年120日は学生じゃないしアルバイトでもない。正社員を基に考えられたお休みなんだよね」

愛「正社員を考えないってりなりーは言ったけど」

愛「お休みが正社員だから、給与も正社員で考えてみると」

愛「1日夕勤5h、年120日休暇で245日勤務、そうすると……年収は1,470,000円」

愛「これに税金などが引かれるともっと少なくなる」

愛「これだと、流石の愛さんもダメって言わざるを得ないかな~」

璃奈「……なら、どうしたらいい?」

50: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 01:17:29.90 ID:IbntHbyA
愛「これからもっと勉強して色々――」

璃奈「出来る限り早くちゃんとした雇用契約できるようにしたい……!」

愛「りなりー?」

璃奈「中途半端なままは駄目」

璃奈「ちゃんとした契約書を作らないとだめだと思う」

璃奈「教えて、愛さん」

愛「そう言われても……ん~……」

璃奈「お願い」

愛「アタシだって別に詳しいわけじゃないからなぁ……」

愛「けど、悩みを聞くって言った以上は……考えてみよっかな!」

愛「そこでひとつ聞いておきたいんだけど……りなりーは低賃金でこき使いたいのではなく」

愛「可能な限り稼がせつつも、短時間で働かせたいんだよね?」

璃奈「うん……無理はして欲しくない」

愛「じゃぁ、仕事内容は?」

璃奈「えっと……家政婦。だと思う」

愛「家政婦……? 家事代行かな」

愛「だとしたら、1時間あたりの単価……時給は高めに設定するのではなく」

愛「基本時給+付加価値……その人がどれだけいい仕事を出来るのか。で時給を決めた方が良いよ」

愛「私はこれこれこういう仕事もできます! あたしはこれしかできないっすね~」

愛「そうですか。でもお二人の時給は同じです」

愛「……なんてなったら、求められることは大きく違うのに……不公平になっちゃうよね?」

愛「だから、その人の出来によって時給を底上げするのがベストだと思うかな」

52: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 01:50:40.34 ID:IbntHbyA
璃奈「でも、すっごく出来る人を雇いたい」

璃奈「できれば、365日雇いたい」

璃奈「けど……102万円? を超えたら扶養から外れるから……あんまり……」

愛「なるほど……それであの特殊な条件なのか~」

愛「ん……んん?」

愛「……あぁ。あぁっ! なるほどね~っ」

愛「ようやく得心がいったよ~。カナちゃんを雇いたいわけだ」

璃奈「っ!」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(;¬_¬) ]」

愛「なるほどなるほど~」

愛「そうしたら365日一緒が良いし、給料も限界があるね」

璃奈「………」

愛「だったら、福利厚生で給与分の付加価値をつけてみるのが良いんじゃない?」

璃奈「福利厚生?」

53: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 01:57:25.39 ID:IbntHbyA
愛「そう。金銭ではない報酬だから、給与があげられなくても問題なし」

愛「例えば交通費だったり住宅手当、何らかの資格取得費など……本来、雇われてる側が負担する分のお金を雇用側が援助する」

愛「あるいは、デ……一緒にお出かけするときはさりげなく奢ってあげたり、お礼としてカナちゃんの負担を軽くしたりとか」

愛「あとはお誕生日とかには、カナちゃんや、遥ちゃんがうんっと喜ぶ催しをりなりーがしてあげるとか」

愛「最初に言った金銭面の援助は気を遣わせることになるから、りなりーが一番使いそうな電気代は正当な理由をつけて支払う割合増やすとかが限度だね」

愛「賃金を上げた上で、103万円超過分の給与は共用口座作って貯金もありだと思うよ?」

璃奈「……なるほど」

愛「あとは、家のことはりなりーも一緒になってやってあげて、負担を減らしてあげること」

璃奈「……分かった。頑張る」

愛「頑張れ、りなりー」

璃奈「早速雇用契約書書き直してくる」ダッ

タッタッタッタ.....

愛「……でも、カナちゃんだけなら、年間で賞与込み102万円ギリギリの給与計算と、家賃一部負担等の福利厚生は十分すぎる気がするけどね~」

愛「そりゃ、固定給1200円はあれだけど……」

愛「なのに、昇給ありにしたうえで扶養が外れないように超過分の給与は共用口座に入金ってなったら……凄いことになると思う」

愛「まぁ……将来的に必要な貯金って考えればいいのかな?」

54: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:00:30.85 ID:SGOgDTRU
何者だこのギャル

55: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:02:17.54 ID:S9DPybSA
バイト雇用とか扶養についての学習スレかな?

56: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:05:11.68 ID:0WKdjuMV
自営業の娘って博識なんだなぁ~

57: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:11:48.96 ID:IbntHbyA
――――――
―――
[翌日]


璃奈「ということで愛さんと相談して、雇用契約内容更新してきた」

彼方「えぇ!?」

彼方「あ、あれで十分すぎるほどだったのに……」

璃奈「ううん、愛さん曰く休日が正社員並みに少なくて、バイトらしくないって話だった」

彼方「愛ちゃん……」

璃奈「昇給はあるけど、扶養から外れないために超過分は共用口座に入金する」

璃奈「私、パソコンよく使うから……電気代の負担額は4分の1は不公平」

璃奈「よって、3分の2は私が負担する」

彼方「ま、待って待って……流石に申し訳ないかな……」

璃奈「ううん、使ったら使った分だけ払うのが普通……それに、自宅で使う分が彼方さんの家で請求されると考えれば当然の支払い」

彼方「……ん~……」

彼方「んん~……」

彼方「ごめん! 流石に条件が申し訳なさ過ぎて……逆に契約できない!」

璃奈「え……」

彼方「彼方ちゃんが一人勝ちする条件はさすがに申し訳ないし……今までもやってこれたから、彼方ちゃんは大丈夫だから」

璃奈「……」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(T□T)]」

彼方「ごめんね、でも……気持ちは嬉しかった」

58: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:14:33.78 ID:IbntHbyA
璃奈「愛さん嫌い」

愛「ぅえぇっ!?」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(`△´)]」

愛「り、りなりーっ!」

59: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:17:15.60 ID:IbntHbyA
終わり。

方向性間違えたので打ち切り、次は無駄に設定凝るの止めます

63: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:28:10.96 ID:cOyjkIIF
>>59
面白かったけど、本人が言う通り、設定が懲りすぎているから、次はお金の事はふわっとした感じで良いから、かなりなのイチャイチャ多目でお願いします。

70: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:40:25.88 ID:U/zDuntX
>>59
真剣に考えてるのが伝わって良かったぞ

157: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:48:11.04 ID:+TlsdG3K
>>59
これはこれで普通に良かったんだけどな

188: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 00:42:19.52 ID:P27x8Ng8
>>59
面白かったぞ
こういう尖ってる方がパンチあって好きやで
難しいけど身近なことを改めて考えれるし

61: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:21:00.84 ID:0WKdjuMV
うーんこれは愛さんが悪い(適当

64: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:28:43.28 ID:wke0VjCS
序盤も後半もすごく面白かった
他にない切り口で新鮮
また見たいな

72: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:45:09.48 ID:1c9FW2OV
割と真面目に雇用の形を考えながら歩み寄るの面白かったよ

73: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 02:51:24.77 ID:eRBIYHXA
この方向性も好きだったよ。公民の教科書に載せて欲しい。

75: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 04:06:51.51 ID:/t6dmX3E
不器用さが出てて好き

77: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 07:01:50.18 ID:UPX358kF
できることを頑張るというなら
こういうのをガチで考案して実行できそうなのはりなりーの良さだもんな

78: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 07:11:59.66 ID:lPTID3WV
りなあいはりなりーが精神面だけでベッタリなんじゃなく
互いに頭が切れて会話のレベルが合うからこそ積極的に2人でいることが多いと見る方が楽しいな

79: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 07:27:04.01 ID:ueHxXmga
実際りなあいはたまにこういうインテリジェントな会話をしてそう

81: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 08:25:33.32 ID:Qkz0jtC3
なんかためになった。すごいと思った(小並感)

82: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 08:40:17.88 ID:CyuDOprC
正直そこら辺に転がってるSSより数倍面白かった

83: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 08:59:01.86 ID:UG4b7ZeK
両方頭の良いカプって中々なかったから新鮮だわ

84: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 09:01:35.40 ID:L9FVxzKs
将来のための共用口座ってそれもう結婚じゃん
やったぜ

85: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 09:05:10.71 ID:NuVeJKQ5
>>84
意識せずに合理的手段を積み重ねた結果が
これもう結婚じゃんってなるのはなかなかエ●チだな

87: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 09:11:14.52 ID:7CF3jtuf
これアニメの愛さんなら
りなりーのことを考えつつも、ちゃんと彼方ちゃんも仲間として助けたいと考えを巡らせるだろうなという信頼があるから成立するのが良いよな

単に他キャラ混ぜて嫉妬、みたいな量産型じゃなくて良い

88: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 09:13:55.02 ID:us0uqY8A
彼方ちゃんのことを彼方ちゃん以上に本気で考える仲間意識って捉えると尊い

90: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 10:00:52.57 ID:xDAP7hnO
仲間同士で金銭関係のガチ折衝は面白いな
斬新で面白いからこういうの書けるならまたチャレンジしてほしい

92: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 10:06:08.39 ID:2KboHTtd
おもしろかった

95: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 10:59:40.54 ID:gI2pomDY
こういう丁寧なSS俺は好きだな
本気で考えてなんとかしようってりなりーの想いがちゃんと伝わってきた

98: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:19:51.12 ID:dB1jhEMl
――――――
―――
[>>58後]


璃奈「………」トボトボ

果林「あら……璃奈ちゃんじゃない」

璃奈「果林さん……」

果林「どうしたの? そんな……見るからに嫌なことあったって雰囲気醸し出して」

果林「さっき、愛が頭抱えてたのと関係あるのかしら?」

璃奈「………」

璃奈「……彼方さんに振られた」

果林「そう……振られ……!?」

果林「振られた……?」

果林「えぇっと……それは、愛が?」

璃奈「私」

果林「そ、そう……それは、なんというか……」

璃奈「遥さんとのやり取りを見てて、羨ましいなって思って……」

璃奈「彼方さんを雇えば、私も同じようにあったかい気持ちになれると思ったけど」

璃奈「彼方さん、私の提示した雇用契約は受け入れられないって、断った」

果林「雇用……契約……? ん?」

果林「もしかして……オファーを断られたって意味かしら?」

璃奈「そう」

99: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:27:11.01 ID:dB1jhEMl
果林「そ、そうよね」

果林「ちなみにどんな条件を提示したのか聞いても良いかしら?」

璃奈「これ」ペラッ

果林「……雇用契約書……しっかり作ってる上に実印まで……」

果林「なるほど……」

璃奈「彼方さんは今、週5日、バイトの掛け持ちまでしてお金を稼いでる」

璃奈「それを補えるだけの給与を提示して、私を彼方さんの家で暮らさせて貰おうと思った」

璃奈「愛さんに聞いたら、休みが少なすぎる、給料が安いっていうから」

璃奈「業務上休みが増やしにくい分、給与を上げた上で……扶養から外れないように共用口座を開設して貯金することにした」

璃奈「加えて福利厚生を考えて、パソコンの使用率を建前に電気代の3分の2を支払うって言ったら」

璃奈「彼方さんに、申し訳ないから断らせてって……」

璃奈「……元ので十分だって、彼方さんは言ってた」

璃奈「愛さんに騙された」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(`Д´)]」

果林「ふ……ふふふっ」

璃奈「?」

果林「ご、ごめんなさい……それで、それでなのね」

果林「ふふふふっ、なるほど事情は分かったわ」

102: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:35:53.94 ID:dB1jhEMl
果林「これを見て、私が一番に感じたのは璃奈ちゃんが本当に彼方を助けたいって思ってるんだって気持ち」

果林「勤務日数こそ年中だし、それを踏まえた上でのこの給与額は通常であれば考えられないほどの低賃金よ」

璃奈「でも……」

果林「そう。彼方は学生だから、扶養控除を外れるわけにはいかない」

果林「これに関しては……私もモデル活動をするうえで注意されたから覚えてるわ」

果林「でもその分、璃奈ちゃんは福利厚生……だったかしら?」

果林「そこで補おうとしてる」

璃奈「……だけど、彼方さんはやりすぎだって」

果林「そうね」

果林「パッと見ただけの私でさえ"璃奈ちゃんの気遣い"が感じられるこの契約内容は」

果林「当人である彼方にとっては、罪悪感を擽られるものだったのでしょうね」

璃奈「私の気遣い……?」

果林「彼方を楽させたい、彼方を助けたい、彼方を気遣わせたくない」

果林「そんな、璃奈ちゃんの想いが籠った、ある意味……」フルフル

果林「この契約は、彼方は嬉しい反面複雑だったと思うわ」

103: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:37:48.08 ID:70t0KDtI
かしこい果林さん!

104: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:45:03.79 ID:bvfwzl3J
ドラえもんとかの学習漫画を見てる気分になる

107: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:49:08.31 ID:dB1jhEMl
果林「どうして罪悪感が上に来てしまったか、分かる?」

璃奈「え……」

璃奈「………」

璃奈「……彼方さんが、優しいから?」

果林「ふふっ、半分正解」ナデナデ

璃奈「璃奈ちゃんボード[(〃ω〃) ]」

果林「それもあるけど、一番はメリットとデメリットが釣り合っていないから」

果林「璃奈ちゃん、この契約内容のどの部分が彼方のデメリットになっていると思う?」

璃奈「デメリット……」

璃奈「休日日数の少なさ」

果林「ほかには?」

璃奈「ほか……給与の低さ」

果林「ほかには?」

璃奈「えっと……他は……」

果林「すぐには思いつかないでしょう?」

果林「それだけ、この契約内容は"雇用主のためではなく、彼方のための契約”になっているってこと」

108: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 11:58:49.68 ID:dB1jhEMl
果林「もし赤の他人がこんな契約を持ち出されたら」

果林「これは何か裏があるに違いないって思っちゃうんじゃないかしら?」

璃奈「そんな……」

果林「もちろん、彼方はそうは思わないでしょうけど……」

果林「その分、気を使わせちゃってるな……申し訳ないな……って気持ちになっちゃうと思うの」

果林「それにね? 労働時間を加味すれば給与の低さが露呈するけれど」

果林「扶養控除から外れないことを踏まえてみれば、この月収・年収は破格の条件よ」

璃奈「デメリットに、なってない……?」

果林「そう。そしてもう一つの勤務時間」

果林「一見、これってすごいデメリットに思えるけれど……」

果林「彼方って元々給与無しに家事を行ったうえで、週5日のアルバイトをしていたって、覚えてるかしら?」

璃奈「あ……」

果林「そう。現状との比較をしてみると一目瞭然」

果林「無給だったはずの家事で十分な収入が得られるうえで、負担になっていた掛け持ちのアルバイトを止めることができる」

果林「はたして……それはデメリットと呼べるのかしら?」

璃奈「……言えない」

果林「だから、彼方は"申し訳なくて受けられない"って思ったんだと、私は思うわ」

109: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:08:43.60 ID:f2iRu9i4
こういう果林さんが見たかったんや……

110: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:11:12.13 ID:S9DPybSA
この果林さんはアニメ果林さん

111: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:16:20.55 ID:dB1jhEMl
璃奈「……でも私、彼方さんに辛い思いして欲しくない」

璃奈「無理して欲しくない」

璃奈「だから……」

果林「そうねぇ……だからこそ、この想いの籠った契約書が出来上がってしまった」

璃奈「じゃぁ、私は彼方さんを雇えない?」

果林「デメリットはつけたくない?」

璃奈「出来たら避けたい」

璃奈「嫌な思いはさせたくない」

果林「だったら、これだけの条件を付けてでも雇いたい理由を提示しましょ」

璃奈「雇いたい理由……」

璃奈「あたたかい食事がしたい……!」

果林「……そうね。それは重要ね」

112: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:22:19.37 ID:dB1jhEMl
果林「あとは健康的な食生活による、璃奈ちゃん自身の健康保全」

果林「あとは……やっぱり、人肌の恋しさを埋めて欲しいってこと」

璃奈「なるほど……」

果林「ありふれているものかもしれない。でも、璃奈ちゃんにとってそれは破格の条件を出してでも得たいものでしょう?」

璃奈「うん……」

果林「それを提示したうえで、要望を満たせるのは"彼方しかいない"っていう需要に対しての供給の少なさをアピールする」

果林「料理だけでなく家事全般がスマートかつ完璧にこなせて、人肌の温もりを与えてくれるのって中々いないから」

璃奈「色々ありがとう……これは、良いかもしれない」

果林「愛は愛で、雇用に重きを置いて考えてくれたはずだから」

果林「あとでちゃんと、フォローしてあげるのよ?」

璃奈「うん……分かった」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(*゚▽゚*)]」

璃奈「さっそく、契約内容書き直してくる」ダッ

タッタッタッタ.....

果林「ふふっ、忙しないんだから」

果林「……璃奈ちゃん、相当羨ましかったのね……あの二人が」

果林「………」

果林「久しぶりに、家に電話でもしようかしら……」

113: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:25:56.75 ID:xDAP7hnO
果林さん…!!

114: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:32:50.92 ID:gI2pomDY
これはかしこい

116: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 12:46:24.79 ID:dB1jhEMl
――――――
―――
[翌日]


璃奈「彼方さんに罪悪感抱かせたいわけじゃなかった」

璃奈「ただ、彼方さんが無理してるのが嫌で」

璃奈「倒れるように寝るのが、本当に倒れちゃうんじゃないかって怖くて」

璃奈「そればっかり考えていたら、彼方さんの気持ちなんて考えずにメリットしか並べてなかった」

璃奈「だから今度は果林さんに相談して、雇用条件を見直してきた」

彼方「え……っ」

璃奈「……でも、ごめんなさい」

璃奈「勤務日数的に考えて、給料下げるのは無理だった」

璃奈「だから、家事の分担をより明確化して、業務数自体を減らすという方向性に切り替えることにした」

璃奈「遥さんも手伝ってくれるなら、三等分」

璃奈「大まかに分けて料理、洗濯、掃除の分担をやるというので一つ」

璃奈「……私、どうしても彼方さん達と一緒に暮らしたい」

彼方「璃奈ちゃん……」

璃奈「彼方さんと遥さんを見た後に、一人ぼっちの家にいるのが辛かった」

璃奈「出来合いのお弁当温めるだけの夕食が美味しくなかった」

璃奈「……家事が得意で、そんな寂しいのを無くしてくれるのは彼方さんしかいないって、私は思ってる」

璃奈「だから、もう一度考えて欲しい」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(>x<)]」

117: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:07:01.62 ID:dB1jhEMl
彼方「……弱ったなぁ……」

彼方「そんなこと言われちゃうと……断れないよ……」

璃奈「違う、考えてくれればいい……彼方さんが前回断ったときに言ったように」

璃奈「私は、彼方さんと一緒にならなくてもやっていけてた」

璃奈「今までが続くだけで、何にも変わらない」

璃奈「だから、同情とか無しで……彼方さんが自分にとってそれでいいのかを考えて決めて欲しい」

彼方「う~ん……正直、自分と遥ちゃんのことだけを考えるなら」

彼方「これは全然ありな条件なんだよね……」

彼方「むしろ、知り合いからの誘いだから信用もあって断っていいのかなぁ……って、話だよ~」

彼方「………」

彼方「う~ん……」

璃奈「……っ」フイッ

彼方「……分かった。考えさせて貰うねぇ」

彼方「いずれにしても、すぐに今してるバイトを抜けるわけにはいかないから」

璃奈「ほんと?」

彼方「うん。ちゃんと考える……それでいいかな……?」

璃奈「いい!」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(o^-^o)]」

118: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:23:49.05 ID:dB1jhEMl
――――――
―――

せつ菜「……?」

璃奈「……」テクテクテク

璃奈「………」テクテクテク.....

せつ菜「璃奈さーん!」

璃奈「?」

璃奈「あ……」

せつ菜「璃奈さん、今日は何やら機嫌が良さそうですね!」

璃奈「……そう見える?」

せつ菜「それはもう、昨日の落ち込み具合が嘘のようです」

せつ菜「何かいいことあったんですか?」

璃奈「………」

璃奈「まだ……良いことがあったわけじゃない」

璃奈「けど、果林さんのおかげで一歩前進できた。と、思う」

119: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:24:37.20 ID:cOyjkIIF
この果林先輩は裏切らなそうw

121: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:35:04.75 ID:xDAP7hnO
ちゃんと璃奈の機嫌を把握できるようになってきている同好会諸君がいいね

122: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:42:27.61 ID:dB1jhEMl
せつ菜「一歩前進……?」

せつ菜「愛さんと喧嘩してしまったと言う件ですか?」

璃奈「ううん、それはもう仲直りした」

璃奈「前進したのは、喧嘩の原因」

璃奈「………」

璃奈「実は……彼方さんと一緒に暮らしたいって思ってる」

せつ菜「彼方さんと!?」

璃奈「声が大きい」

せつ菜「す、すみませんつい……ですが、別に悪い意味ではありませんよ?」

せつ菜「確かに、遥さんとのやり取りを見ていると……少し羨ましくなりますよね」

せつ菜「遥さんが彼方さんに大切にされている、愛されているという……温かみがこれでもかというほど感じられて」

せつ菜「喧嘩には少し驚きましたが、互いを想い合うが故のものともなれば」

せつ菜「また、とても……優しいものだったと思います」

せつ菜「私にもあんな姉がいたら……なんて、羨望を抱いてしまいます」

璃奈「……うん」

せつ菜「なるほど、それに関しての進展があったから。というわけですね」

璃奈「そう……一緒に暮らすにあたって」

璃奈「彼方さんを雇うつもりでいて、その話を……考えてくれるってところにまで戻せた」

123: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:49:04.11 ID:dB1jhEMl
せつ菜「雇う……?」

せつ菜「それは、璃奈さんがと言うことですか?」

璃奈「ううん、私の親」

璃奈「私の家には普段誰もいなくて、一人だから……それなら家政婦をって話になって」

璃奈「だったら、彼方さんの家に住みたいって、交渉して……許可をもらった」

せつ菜「良く、許可を頂けましたね」

璃奈「普段家にいないから、多少の我儘を許してくれたんだと思う」

璃奈「赤の他人に任せるくらいなら、私が信頼している人に……って」

せつ菜「……そうですね」

せつ菜「彼方さんのお母様からの許可もいただいているのですか?」

璃奈「うん」

せつ菜「ふふっ、見事な手腕……外堀を埋めるのが上手ですね」

せつ菜「その調子なら、彼方さん次第ですか……」

璃奈「そう」

璃奈「でも一度断られて……昨日、果林さんと相談した内容でもう一度声をかけたら」

璃奈「考えてくれるって、なった」

せつ菜「なるほど……」

璃奈「ちなみに、これが雇用契約書」スッ

せつ菜「準備も万全ですね」

125: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 13:58:09.73 ID:hVqbSHXZ
実質泣き落とし路線いいぞ

126: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:00:02.19 ID:dB1jhEMl
せつ菜「……ふむ」

璃奈「なにか、おかしい?」

せつ菜「いえ、これは何と言いますか……」

せつ菜「璃奈さんの彼方さんへの想いが詰まった契約書ですね」

璃奈「……同じこと、果林さんにも言われた」

璃奈「せつ菜さんも、そう感じるんだね」

せつ菜「これを見てそう感じられない人なんて、事情を何一つ知らない人だけだと思いますよ」

せつ菜「……条件は彼方さんにとってはこれ以上ないほどに良い」

せつ菜「その完全なメリットオンリーゆえの躊躇いを、璃奈さんが受けるメリットを記述することによって」

せつ菜「破格の条件を出すだけの価値があると示して、緩和する」

せつ菜「これは璃奈さんが?」

璃奈「ううん、果林さんが教えてくれた」

せつ菜「さすがです。天秤を傾けないとすべきという考えは見事ですね……」

せつ菜「デメリットがない違和感から躊躇いそうになるのを、なるほどそう言うことなら……と、考える方向に持って行くことができます」

せつ菜「……ところで、この実印とサインはご両親が?」

璃奈「うん」

璃奈「お願いして、許可貰った」

せつ菜「……では、彼方さんは璃奈さんのご両親にお会いになられていないのですか?」

璃奈「うん……会ってない」

127: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:13:40.26 ID:dB1jhEMl
璃奈「なにか、不味い?」

せつ菜「いえ、しっかりと許可をもらっている以上」

せつ菜「これを預かった璃奈さんに代理人として決定権が委ねられていると考えて問題ありません」

せつ菜「彼方さんのお母様の了承を得ているのであれば、後は当人がどうするか。という段階でしょう」

せつ菜「ですが……」

璃奈「何かあるなら、言って欲しい」

せつ菜「……そうですね。一点だけ」

せつ菜「この円滑な承認の取り方はとても見事です」

せつ菜「成し遂げたいという思いがあってこそのスムーズなやり取りかと思います」

せつ菜「ですが、彼方さんにとって重要な……」

せつ菜「いえ、労働者にとって最も重要なことが欠けてます」

璃奈「え……?」

せつ菜「分かりませんか?」

せつ菜「この契約書を見る限り、雇用主は璃奈さんではなく、璃奈さんのご両親です」

せつ菜「しかし、この契約書にあるのは”彼方さんを雇う条件”だけで、"彼方さんが背負う責任"が記されていません」

せつ菜「璃奈さんのご両親が璃奈さんを委ねるにあたって何を思い、何を求めているのか」

せつ菜「それがここからは読み取ることが出来ません」

せつ菜「……これを担う場合どのような責任を負わなければならないのか。それを明確にし、彼方さんに教えてあげるべきです」

せつ菜「でないと、彼方さんは自分でどんな責任が生じるのかを考えるところから始めなければならなくなりますよ」

129: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:26:41.44 ID:dB1jhEMl
璃奈「責任……」

せつ菜「そうです」

せつ菜「その責任を背負い、従事するからこそ賃金が支払われるんです」

せつ菜「ご両親と彼方さんにお願いして、顔合わせ……面接のお時間を作られるのがベストかと思いますよ」

せつ菜「彼方さんは自分で考えたことを、ご両親に問うでしょう」

せつ菜「ご両親は、どうして欲しいか、それが出来るのかなどを彼方さんに問うでしょう」

せつ菜「そうして意識のすり合わせを行い、互いに納得しあう契約こそが最良だと、勝手ながら思います」

せつ菜「もちろん、すでに許可は得ているのでそれがなくても問題はないかもしれませんが」

せつ菜「ご両親も、彼方さんも」

せつ菜「そうするのが最も安心できると思います」

璃奈「……なるほど」

璃奈「雇うことばかり考えて、そういうこと全然考えてなかった……」

130: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:33:14.85 ID:dB1jhEMl
せつ菜「偉そうに言いましたけど、私は生徒会長を任されるにあたって感じたことを口にしただけです」

せつ菜「誰だって初めは考えが足りていなかったりするものです」

せつ菜「だからこそ、ちゃんとしたお話合いは必須ですよ」

璃奈「うん……お休み、調節できないか聞いてみる」

せつ菜「もう一押しです。頑張ってくださいね」

璃奈「ありがとう」タッ

タッタッタッタ.....

せつ菜「あんなに張り切っているなんて……ふふっ」

せつ菜「果林さんがあんな狡い一手を教えてしまう気持ちもわかります」

せつ菜「彼方さんも璃奈さんも互いに幸せになれる契約になることを願っておきましょう」

せつ菜「………」

せつ菜「……さて!」

せつ菜「璃奈さんに負けず、私も今日を頑張らなければ!」

131: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:46:44.48 ID:bvfwzl3J
同好会の人間だけで会社経営出来そう

132: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 14:59:08.61 ID:dB1jhEMl
――――――
―――

彼方「め、面接!?」

璃奈「そう」

璃奈「彼方さんさえよければだけど……面接の時間をつくって欲しい」

彼方「彼方ちゃんは別に問題ないと言うか……」

彼方「むしろして貰った方が助かるけど……しないものとばかり思ってたよ……」

璃奈「せつ菜さんが、彼方さんが知るべき"背負う責任"がこれじゃわからないって教えてくれた」

彼方「せつ菜ちゃんが?」

彼方「みんな、凄いねぇ……」

璃奈「うん……ちゃんと丁寧に考えたつもりだったのに」

璃奈「私、全然ちゃんとしてなかった」

璃奈「ごめんなさい」

彼方「そんな、謝らなくていいよ~」

彼方「むしろ、一番初めの契約だけでもすっごく考えてて、彼方ちゃん驚かされたぜ~」

璃奈「……彼方さん、好き」

彼方「へ……ぇっ、ぁ、ありがと……」

彼方「………」

璃奈「………あ」

璃奈「えっと、それで、早ければ今週の日曜日……時間とれるみたいだけど、どうかな?」

135: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:06:55.64 ID:UIfyF8m8
>>132
キョドる彼方ちゃん好き

134: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:04:41.71 ID:dB1jhEMl
彼方「じゃ、じゃぁ日曜日……午前? 午後?」

璃奈「午前中は辛い?」

彼方「ううん、大丈夫」

璃奈「そしたら午前中……10時くらいに、私の家」

璃奈「8時くらいに迎えに行く」

彼方「うん、それで……あ、でもみんなに練習お休みって連絡しないとねぇ……」

――ピロンッ

璃奈「………」キョロキョロ

彼方「噂をすればなんとやら」

彼方「どっかで聞き耳立ててるのかなぁ~?」

璃奈「でもちょうどいい」

璃奈「愛さん達には相談してるから、知られても問題ない」

136: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:14:23.10 ID:dB1jhEMl
彼方「それとこれとは……まぁ……いいかぁ」

璃奈「それじゃぁ、日曜日宜しくお願いします」

彼方「こちらこそ、宜しくお願いします」

璃奈「………」

彼方「………」

彼方「……なんか、ちょっと変な感じがするねぇ」

璃奈「一緒に住むようになったら……」

璃奈「………」

璃奈「ううん、なんでもない」

彼方「えっ、気になるなぁ~……」

璃奈「なんでもないよ」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(´∀`)]」

彼方「ふふっ、そっかぁ……」

彼方「宜しくねぇ……璃奈ちゃん」

璃奈「うん」

137: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:29:40.40 ID:dB1jhEMl
――――――
―――
[日曜日]


「璃奈ちゃんから聞いているわ、近江彼方さん」

彼方「……宜しくお願いします」

「ふふっ、そんな硬くならなくていいからね?」

「璃奈ちゃんが初めて、どうしてもって強くお願いしてきた人だから」

「信頼しているというのは、よくよく伝わってきていたから……採用面接って思わなくてもいいの」

彼方「ありがとうございます」

「えぇと……雇用条件は聞いているのよね?」

彼方「はい、窺っています」

「正直な話ね? 可能なら、誰かを雇うなんてことはせずに一緒にいてあげたいって私達は思っているの」

「でも、今だって仕事が……」

ヴィーッヴィーッ

「……コホン」

「というわけだから、どうしてもあまり一緒にいてあげられないの」

「酷い話よね……ほとんど放任することになっちゃって……」

「だから、誰か少しでも傍にと思って家政婦を雇おうとしたのがきっかけなの」

「璃奈ちゃんは洗濯や掃除は出来るし、料理だってやろうと思えば出来ないわけじゃないのだけど……」

「自分だけの為に……なんて気は無いと思うのね」

「だから……私達が一緒にいてあげられない分、一緒にいてあげて貰いたいと思っています」

138: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:41:04.66 ID:0hblp7ji
思ってたより良い親じゃんw

139: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 15:50:13.45 ID:dB1jhEMl
「週二日のこの家の掃除なんてほんのおまけ、別にしなくていいの」

「雇用条件の家事だって、璃奈ちゃんと分担したりなんだりしてくれていいです」

「むしろ、仲良くやっていってもらいたいと思っています」

彼方「それだけで……良いんですか?」

「それだけでいいの。そうして欲しいの」

「だって、私達はそんなことですらしてあげらないのだもの」

「その親としての義務を貴女に委ねる以上、賃金を含めてある程度の補助は私達がすべきことだと思っています」

「だから、雇用主と労働者にありがちな上下関係は意識しないで頂戴」

「互いに支えっている……家族のようなものだと思って欲しいわ」

彼方「家族……」

「そう。璃奈ちゃんのことは妹だとでも思って可愛がってあげて」

「ふふふっ……あの子があんなに、必死にお願いしてきたのは初めてだった」

「だから、もしかしたら……そうすることで、私達のせいで笑えなくなってしまったあの子がまた笑えるようになるかもしれない」

彼方「………」

「……本当は、お給金は少なすぎるって思ってるほどだし、週3日くらい相手してくれればいいと思ってるのだけど」

「あの子がずっと一緒が良いっていうものだから、こんなひどい契約になってしまって、申し訳ないと思っています」

彼方「い、いえそんな……扶養控除から外れないように調整までして貰って……」

彼方「それに、家事は苦じゃありませんから」

「……そう。良かったわ」

140: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 16:15:32.52 ID:dB1jhEMl
「一応改めるわね」

「契約条件にある通り、時給は1200円、これに非課税で光熱費・食費等含む家賃を経費として加算します」

「賞与は年二回という話なのだけど、これは賞与というよりはお礼みたいなものだからこれも給与所得には含みません」

彼方「え、含まないんですか……?」

「加算するとすぐ、扶養から外れちゃうからね」

「時給は1200円スタートだけど、毎月の璃奈ちゃんの様子を見て昇給することも考えています」

「初期基本年給は950,400円だから問題ないのだけど、昇給によって103万円を超過する場合は」

「これも記載がある通り、扶養から外れないために一定以上の給与は差し引いたうえで璃奈ちゃんの口座に送金します」

「これは、交遊費とでも思って部活動でもなんにでも自由に使って問題ないわ」

「あと、璃奈ちゃんがいるときといない時で請求される光熱費等に人数+1以上の大きな差額が生じている場合は」

「原因が璃奈ちゃんにあるはずだから、差額分はこちらが負担します」

「また、近江家にある家具家電等を、璃奈ちゃんが使用して破損・故障させた場合もこちらが弁済します」

彼方「え……」

「この辺りは、シェアハウス……だったかしら?」

「その割り振りを参考にした特例でも何でもないから安心して頂戴。考慮して当然の項目よ」

「お休みは……申し訳ないのだけど不定休ね」

「ここは、璃奈ちゃんと相談して決めて頂戴」

「ただ、明らかに近江さんに負担がいっている様子が見られた場合、こちら側で調整も検討しますので、そのつもりでお願いね」

141: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 16:35:41.72 ID:dB1jhEMl
「それと、大事なことなのだけど……月一回契約更新をしましょう」

彼方「面談しますか?」

「時間が取れなければ電話かメールでやり取りして、来月も璃奈ちゃんを預かって貰えるのかどうか」

「預けても問題ないかをしっかりと検討して、更新します」

「昇給については、この時にどうなるかを合わせて伝えるという形になります」

「以上、ここまでで確認しておきたいことはあるかしら?」

彼方「え、えっと……これはいつごろまでですか?」

「契約は特例を除き最短一ヶ月……これは更新の関係ね?」

「以降は、璃奈ちゃんと近江さんに継続の意思が無くなった段階で終了とします」

「1つ、遠い大学に通うことで面倒が見られなくなった場合、終了となります」

「1つ、大学に通い一人暮らしをするが、共同で部屋を借りたほうがいい場合は、二人の意思次第で継続とします」

「ほかにもいろいろあるけれど、二人がそのまま継続していける環境にあって」

「継続を望むのであれば、多少の雇用形態等に変化はあっても、継続は可能よ」

「もちろん、その逆に契約解除も一か月単位で行えるという想定ね」

彼方「……凄い、有難い話ですけど、本当に私で良いんですか?」

「ええ。璃奈ちゃんが選んだ子だもの」

「なにより下世話な話、正規のサービスで頼むと近江さんを雇う以上にお金がかかる場合もあるから」

「それを考えれば、私たちにとっても十分メリットのある契約……ふふっ、なんて」

「私達はただ、璃奈ちゃんが幸せになれるようにしたいだけ」

「……情けない話、今の私達にはお金しか出してあげられない。だから、惜しむ理由なんてないのよ」

142: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 16:39:52.49 ID:5dMQ9/CK
これもう一生の契約だろ…

143: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 16:44:31.97 ID:SZuqN5Xy
もう面倒臭いから、結婚しちゃえよw

144: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 16:52:27.96 ID:dB1jhEMl
「……どうかしら?」

彼方「……私にはメリットしかありません」

彼方「正直、凄くありがたい話で……申し訳ないです」

彼方「すみません……本当は私の家のことを気遣ってくれただけなのかもしれないって疑っていました」

彼方「週5日のバイト、奨学金のための勉強、家の家事全般……それの半分以上が解消されるので」

彼方「……なりふり構わず飛びついてもおかしくない契約です」

彼方「でも……だからこそ一度は断ったんです」

彼方「あまりにもありがたくて、申し訳なくて」

彼方「でも……天王寺さんには天王寺さんの理由があって、信じてくれて、任せてくれようとしていて」

彼方「璃奈ちゃんがそんな大事なことを任せてくれたんだって話を聞いて……」

彼方「……一ヶ月、まずは一ヶ月の試用期間を設けて貰っていいでしょうか」

彼方「それで、ちゃんと信頼に応えられると思えたら……改めて契約させてほしいです」

「何の問題もないわ」

「一ヶ月更新。言ったでしょう?」

「ただ、契約しない場合も考えて、この試用期間はまだバイトを継続し、週のバイト日数を減らすって対応して頂戴ね」

「それで空いた週1、2日だけ璃奈ちゃんに付き合ってあげて」

「試用期間の給与は、近江さんの前月分の給与と試用期間中の給与の差額を支払うこととします」

「問題はないかしら?」

彼方「じゅ、十分です……ありがとうございます」

「それじゃぁ――」

ヴィーッヴィーッ

「あぁもう……ごめんなさい。本当はお昼でもって思ったのだけど……よろしくね?」

彼方「い、いえこちらこそよろしくお願いします」

145: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:08:04.93 ID:dB1jhEMl
――――――
―――
[翌月]


遥「ふぁ……ぁふ……」

遥「お姉ちゃんおはよ~……」

璃奈「おはよう、遥さん」

遥「おは……っあっ、あぁっ! ……今日、璃奈さんいる日だったぁ!」

ダッ

彼方「遥ちゃん、そんな気にしなくていいのに~」

璃奈「もう何回か見た」

彼方「朝からかわいい遥ちゃんが見られて、彼方ちゃんは幸せだ~」

璃奈「………」チラッ

彼方「~♪」

璃奈「………」

璃奈「……彼方お姉ちゃん、食パンはカリカリともふもふどっち派?」

彼方「彼方ちゃんはカリモフはだねぇ」

璃奈「わかった」

カチカチカチ.....

彼方「~♪」

彼方「…………?」

彼方「……ん?」

彼方「……んんっ!?」ガタッ

璃奈「どうしかした?」

彼方「い、今なんて?」

璃奈「…………」チラッ

璃奈「璃奈ちゃんボード……」

璃奈「……」フルフル

璃奈「彼方お姉ちゃん、好き」ギュッ

彼方「……彼方ちゃんも、璃奈ちゃんのことは大好きだよ~」ギュッ

146: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:10:02.25 ID:dB1jhEMl
軌道修正終わったので、終わり。

147: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:13:20.35 ID:2KboHTtd

かなりな流行れ

148: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:14:34.43 ID:rw1a/MOM
ラ板のSS初めてまともに読んだわ

149: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:15:39.70 ID:kBcsLAFj
めっちゃ外堀埋められて行くのが草

150: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:16:27.57 ID:ioPUYEC5

勉強になった

152: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:19:20.33 ID:pcF7vqV/
なんか神ssあって草生えますよ

158: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:51:12.44 ID:3HSz6RzQ
とてもためになりそうなSSだった

160: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:55:13.96 ID:LxiDi0z7
脳が再生した

162: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 17:56:23.12 ID:tJICzHV6
ええやん…心が暖かくなったわ

164: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 18:01:27.46 ID:DIzRJewz
面白かった乙

165: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 18:16:02.03 ID:W25uSBPb
普通に読み物として優秀すぎる
勉強になるし

166: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 18:22:50.54 ID:tLZTU/5d
登場人物みんな頭良さそう
あの果林さんですら…

169: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 18:32:00.37 ID:rxaY9JUn
ためになるうえに面白いし尊いとか誇らしくないの?
めっちゃ楽しませていただきました

171: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 18:37:48.38 ID:j7Y0Vt+R
外濠埋められすぎて彼方ちゃんもうりなりーから逃げられないねぇ……

173: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 19:12:09.29 ID:ojK7vipK
尊い
これは大学生になっても同棲するだろうな
でも一回衝突して別れて それでもあのとき楽しかったなあとか思い出してまたひっつくの

174: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 19:27:57.68 ID:zRHqJ1hT
かなりなって実は最高の組み合わせかも
って思わせるSSだった

176: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 19:48:41.85 ID:RpuMkNgJ
りなあいが2人でいる時の見方が変わった
絶対理系の賢い会話してるわ

177: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 20:04:56.80 ID:xDAP7hnO
本当に素敵な作品をありがとう

178: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 20:11:00.60 ID:6T+0W3jT
これもう結婚では?

180: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 20:37:56.65 ID:aYi+j1lC
教科書に載せるべき

186: ときめきたい名無しさん 2020/11/18(水) 22:44:52.27 ID:E8D3jCLf
真面目とほのぼのが両立しててすごい
好き

190: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 00:53:09.86 ID:+10rrDkz
同好会の子もサポートがうまくて良い話だった

192: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 01:39:41.99 ID:s1UYpM3B
すげーよかったわ
ニジガクの教科書に載せよう

193: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 01:50:04.01 ID:lUFnT9MP
雇用周辺の設定考証がしっかりしすぎてて笑う

195: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 03:17:37.22 ID:Rdf//P7j
もうお前……アニメスタッフに入れ

201: ときめきたい名無しさん 2020/11/19(木) 08:22:12.10 ID:GmO9nkaA
果林さんのモデル設定とせつ菜の出来る生徒会長設定が活かされててよかった

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1605620490/












注目記事
関連記事
2020/11/19 17:00 | SS | コメント(10)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 17:20:48
  2. 遥の気持ちとかノータッチ過ぎてそこは残念だな

  3. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 17:21:52
  4. これは神SS
    雨野、お前船降りろ

  5. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 17:29:03
  6. 近江家2人で一部屋なのにもう1人生活できるスペースあるか?

  7. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 19:26:06
  8. ※1
    そらりなりーは彼方ちゃんと一緒にいたいって言うのが動機だからね
    ある意味遥に嫉妬してるわけだし

    ラブライブらしくないSSといえばそうだけど、調べものに強いりなりー、実家の家計簿もある程度把握しているであろう愛さん、元々働いていた果林と上手く落とし込んでる良SSだわ

  9. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 19:38:50
  10. SSに連敗し続ける商業作家なんておるわけないやろww
    雨野、お前は小学校の国語と道徳学び直せ

  11. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 19:50:56
  12. 雨野さんに嫉妬する無能w見苦しいぞwww

  13. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 20:02:14
  14. この虹ヶ咲学園は帝王学の授業がありそう

  15. 名無しライバーさん:2020/11/19(木) 20:31:01
  16. 面白い上に勉強になるとかすごいな本当

  17. 名無しライバーさん:2020/11/20(金) 03:19:35
  18. さすがにこのSSにかすみんの出番は無かったか

  19. 名無しライバーさん:2020/11/20(金) 22:05:42
  20. 作者の頭が良いとみんな頭が良くなる典型例だな
    検索の璃奈、自営業の愛、モデル業の果林、生徒会長のせつ菜

    このSSは良いな

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
肌がモチモチ柔らかそうな女の子【ラブライブ!】 Jan 21, 2021
ラブライブ!にパンチラがない理由を探ってみる Jan 21, 2021
【SS】かすみ「私は桜坂しずくのこと、大好きだから!!!」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
【SS】エマ「侑ちゃん、おなかを冷やすと風邪ひいちゃうよ?」侑「え、なんのこと?」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
虹ヶ咲学園でレズクラスター発生【ラブライブ!】 Jan 21, 2021
【SS】侑「おーい歩夢!」歩夢「!?」侑「5年後の私だよ!」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
【SS】果林「あら、実家から電話だわ」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
【糸引き注意】プロの漫画家が描いた「ゆうぽむ」エチエチすぎワロタwwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
桜坂しずくのsolitude rainとかいう名曲【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
【SS】璃奈(隣のお姉さんいい匂いする…)【ラブライブ!虹ヶ咲】 Jan 21, 2021
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 SS μ's 画像 スクスタ ラブライブ! 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! ライブ 津島善子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 逢田梨香子 松浦果南 黒澤ルビィ 上原歩夢 桜内梨子 中須かすみ 優木せつ菜 小原鞠莉 桜坂しずく 国木田花丸 絢瀬絵里 高咲侑 天王寺璃奈 小林愛香 伊波杏樹 園田海未 高坂穂乃果 スクスタ毎日劇場 矢澤にこ Saint_Snow 宮下愛 近江彼方 鈴木愛奈 朝香果林 楠木ともり アニメ 動画 グッズ 南ことり 斉藤朱夏 ラブライバー エマ・ヴェルデ 星空凛 小宮有紗 スクフェス 西木野真姫 小泉花陽 三船栞子 諏訪ななか 東條希 大西亜玖璃 高槻かなこ 降幡愛 鹿角聖良 管理人の戯言 前田佳織里 相良茉優 鹿角理亞 あなたちゃん 新田恵海 声優 鬼頭明里 矢野妃菜喜 内田彩 三森すずこ 久保田未夢 ハロー!!!ラブライブ! ラジオ 指出毬亜 グラブル 田中ちえ美 南條愛乃 ラブライブ!スーパースター!! 村上奈津実 ランジュ 楠田亜衣奈 徳井青空 ぷちぐるラブライブ! 渡辺月 近江遥 田野アサミ 生放送 飯田里穂 浦ラジ Pile 久保ユリカ スクフェスAC 佐藤日向 ニュース 小泉萌香 にじよん 中川菜々 A-RISE 高海美渡 ミア 絢瀬亜里沙 高坂雪穂 ミア・テイラー 高海志満 ニジガク 佐倉綾音 綾小路姫乃 澁谷かのん 唐可可 演劇部部長 平安名すみれ ニコ生 副会長 荻野由佳 Liella! 中川奈々 葉月恋 鞠莉ママ 流しそうめん同好会 綺羅ツバサ ことりママ サスケ 法元明菜 水樹奈々 エマ 漫画 黒沢ともよ ランジェ 千歌ママ しいたけ 本田圭佑 畑亜貴 スクパラ 青山なぎさ 支倉かさね 浅希 コペ子 内田秀 Liyuu 雨宮天 東山奈央 芹澤優 Shadowverse 水瀬いのり 指出毱亜 金元寿子 スクコレ Liela! クリスティーナ 本渡楓 鍾嵐珠 ドラマCD 川本美里 QU4RTZ 女子高生 藤黄学園 はんぺん なかやまきんに君 嵐千砂都 今日子 監視委員 三船薫子 岬なこ ペイトン尚未 コッペパン同好会 オフィーリア 矢澤こころ お盆 色葉 ことり母 Aqours_LOCKS! 山本希望 大橋歩夕 優木あんじゅ 統堂英玲奈 松永真穂 理事長 ぽきもそ 櫻川めぐ ゲーム 桜咲しずく LOCKS! 善子母 いつき 芸能