当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】A-RISE「ニジガクにカチコミだ!」【ラブライブ!スクスタ】

【SS】A-RISE「ニジガクにカチコミだ!」【ラブライブ!スクスタ】

arise_20190424235227487.jpg





1: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:18:27.33 ID:48vGZX8E
※キャラは崩壊

※モラルも崩壊

2: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:18:54.56 ID:3TlYbedO
安心しろ、公式の方が崩壊してる

3: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:18:58.32 ID:48vGZX8E
UTX学院 A-RISE 稽古場


あんじゅ「あ~もう!ムカツクぅ~~!」

英玲奈「……おいあんじゅ。何をそんなに怒ることがあるんだ?」

あんじゅ「そりゃイカリもオコリもするわよ!何このクソ学校!!」

ツバサ「クソガッコ―?何の話してるの?」

あんじゅ「聞いてよツバサ!μ’sから聞いたんだけど、今のニジガクっておかしいのよ!」

英玲奈「……おい。なんでそもそもお前はμ’sと知り合ってるんだ?」

あんじゅ「ベッツに、英玲奈だってツバサだって知り合いじゃん」

英玲奈「まあそうなんだけどさ」

4: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:19:37.78 ID:48vGZX8E
ツバサ「それで?そのニジガクがどうかしたの?」

あんじゅ「そもそも聞いてないの!?ツバサも英玲奈も!」

英玲奈「……聞いてはいるぞ。ていうか、一番交流あるのツバサなんだからわかるだろ」

ツバサ「そうよ。よくμ’sがこんなこと言ってたよ~とか話すじゃん」

あんじゅ「それは知ってる!私が言いたいのはμ’sから聞いたニジガクのことよ!!」

英玲奈「ニジガクって虹ヶ咲学園のことか?」

ツバサ「あのお台場にあるおっきい学校の?」

あんじゅ「わかっててすっとぼけてるだろ!とにかくニジガクのスクールアイドルがおかしいの!!」

8: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:20:33.05 ID:48vGZX8E
英玲奈「珍しいな。あんじゅが他所のスクールアイドルに興味持つなんて」

ツバサ「……μ’s以来かもね。まあ、とにかく。あんじゅは何が不満だっていうの?」

あんじゅ「……そう、ねぇ。……あのね?ランジュって子とミアって子がどうも、スクールアイドル部ってのを作ったらしいんだけど」

英玲奈「アレだろ?あそこの理事長の娘に天才飛び級作曲家だろ?」

あんじゅ「……知ってんじゃない」

英玲奈「ウワサは聞いてるってだけだ」

ツバサ「それで、その二人が栞子さんを引き抜いて、虹ヶ咲学園のスクールアイドル同好会に妨害工作をしたのよね?」

あんじゅ「そうなの!ホンット最低!!」

英玲奈「……お前そんなに人様の事情にアツくなるタイプのヤツだったか?」

9: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:21:19.21 ID:48vGZX8E
あんじゅ「私にタイプなんて当てはまらないのよ。だって私は世界で唯一の存在だからね」

英玲奈「そうだったな」

ツバサ「で?なんでそんなに最低だと思ってるの?」

あんじゅ「だって頂点に立てるかもしれない実力があるのよ?それなのに、他の子たちも自分たちと同じようなレベルに来て欲しいからって、妨害工作するのよ?」

あんじゅ「同じレベルに来て欲しいから同じところで同じような設備、環境で活躍してほしい。これはいいよ」

あんじゅ「それを強制したいって思うのも多少はわからないでもない。ゼッタイこの道じゃなきゃ大成出来ないからこっちに来てほしいって思っちゃう気持ちもわかる」

あんじゅ「それって結局ランジュちゃんのなんとかすべきだって思想を押し進めてるんだけど……」

10: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:21:55.97 ID:48vGZX8E
ツバサ「……聞いた話だと、以前の栞子さんみたいな感じなのね?」

あんじゅ「そう。でも、やってることは流石に違い過ぎなの」

英玲奈「……問題は妨害工作をやったってことか」

あんじゅ「そういうこと。そして本当に気に入らないのは、実力者がやってるってことなの」

ツバサ「権力者が大衆を抑圧するのはよくあることじゃない?」

あんじゅ「スクールアイドルの実力者がそんなことやるのがダメなの。だって、スクールアイドルはそんなことしなくても、パフォーマンスを通じて目指してもらえる存在でなきゃいけないんだから」

英玲奈「……たしか、同好会の部長で、作曲している子が、μ’sやAqoursとは印象が違ったって言ってたらしいな?」

あんじゅ「そうね。だからこそ圧力をかけなきゃどうしようもないってことになったのだってのもあるかもしれない。……ただねぇ」

あんじゅ「言っちゃあなんだけど。私たち、μ’sにもSaint Snowにも憧れられて、スクールアイドルやるキッカケになったのよ?」

あんじゅ「もうそういう存在がいるのに。なんで、それを下回る小物がハバきかすかね」

13: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:22:49.39 ID:3TlYbedO
>>10
これほんと言ってやれすぎる

12: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:22:30.46 ID:48vGZX8E
英玲奈「……スゲー辛辣だな」

あんじゅ「だって思うっちゃうんだもん。しょうがないじゃん」

ツバサ「確か、そのランジュさん率いるスクールアイドル部の軍門に愛さん、果林さんと、しずくさんが下ったらしいわね?」

あんじゅ「そうなの。ホンっト、イミワカンナイ!」

ツバサ「確かに。実力があるけど妨害する程度の人たちに下っちゃったらね。申し訳ないけど、そういう評価も頷けちゃう」

英玲奈「正直言うと、私は残った同好会メンバーがμ’sと合流出来て良かったと思ってるけどな」

あんじゅ「そりゃμ’sがくれば何とかなるかもしれないけど。そういう問題じゃないでしょこれは」

14: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:23:16.72 ID:48vGZX8E
ツバサ「……で?そんな不満だらけのあんじゅがやりたいことは?」

あんじゅ「カンタンよ。カチコミよ!!」

英玲奈「……虹ヶ咲に?」

あんじゅ「ニジガクに!!だってそのポジション私たちの方が出来たじゃん!!」

ツバサ「……妨害役を?」

あんじゅ「いいえ。引き抜き役をよ」

英玲奈「妨害はしないが、引き抜きは出来ると?」

あんじゅ「そ。だって、ランジュちゃんのやったことって、私たちの方が上手くやれるし、妨害なんてしなくても愛ちゃんも果林ちゃんもしずくちゃんだって引っこ抜けるもん」

英玲奈「……ヘイト買うぞ?」

あんじゅ「新しくスクールアイドルやる子に。……後輩にそんなことやらせるぐらいなら私たちでやるわよ」

あんじゅ「圧力なんてかけなくても魅力で勝てれば人は目指してくれる。それを教えてあげるのが先輩の役目」

あんじゅ「……そうじゃない?」

15: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:24:16.47 ID:48vGZX8E
ツバサ「……で?そんな不満だらけのあんじゅがやりたいことは?」

あんじゅ「カンタンよ。カチコミよ!!」

英玲奈「……虹ヶ咲に?」

あんじゅ「ニジガクに!!だってそのポジション私たちの方が出来たじゃん!!」

ツバサ「……妨害役を?」

あんじゅ「いいえ。引き抜き役をよ」

英玲奈「妨害はしないが、引き抜きは出来ると?」

あんじゅ「そ。だって、ランジュちゃんのやったことって、私たちの方が上手くやれるし、妨害なんてしなくても愛ちゃんも果林ちゃんもしずくちゃんだって引っこ抜けるもん」

英玲奈「……ヘイト買うぞ?」

あんじゅ「新しくスクールアイドルやる子に。……後輩にそんなことやらせるぐらいなら私たちでやるわよ」

あんじゅ「圧力なんてかけなくても魅力で勝てれば人は目指してくれる。それを教えてあげるのが先輩の役目」

あんじゅ「……そうじゃない?」

英玲奈「……ま、異議はないな」

ツバサ「ランジュさんや栞子さんのように、これから羽ばたいていく人たちを輝かせるためなら。……私たちA-RISEがわからせてあげる方が気持ちはいいわね?」

あんじゅ「……それにね」

英玲奈「ん?……なんだ?」


あんじゅ「ランジュって名前。私に似ていてややこしいからムカツクのよ、実はショージキ」


英玲奈「……おまえ、それが本音か」

あんじゅ「……てへぺろ」

ツバサ「……優木せつ菜さんも似てるというか同じ苗字付けてるけど」

16: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:24:46.31 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……。あの子はいいの。きっと私に憧れてくれてるんだと思うから」

英玲奈「そうか?……いや、そうかもしれないけど」

あんじゅ「ま、だからこそ。……私を憧れてくれてるせつ菜ちゃんのために、一肌脱ぎたくなるのが、優木あんじゅってもんじゃなぁい?」

ツバサ「憧れてるって決めつけちゃってるじゃん」

英玲奈「しかもカッコつけやがって」

あんじゅ「カッコイイA-RISEの私たちがカッコつけたって何も問題ないでしょ?」

英玲奈「……そうかもな」

ツバサ「……そうね。そういうことなら、早速行きましょうか!」



ツバサ「……ニジガクに。カチコミよぉおぉぉおーーー!!」

18: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:26:22.54 ID:48vGZX8E
お台場は虹ヶ咲学園の敷地


せつ菜「……。しずくさん、大丈夫でしょうか……」

せつ菜「確かに、ランジュさんはそんなに悪くするとは思わない。……でも、やっぱり心配です……」

せつ菜「ちゃんと、馴染めてるんでしょうか?……果林さんと愛さんがいるので、大丈夫だとは思うんですが……」

せつ菜「……やっぱり。寂しいです……」

せつ菜「……あの人がいない間に。……こんなことになって、してしまって……」

せつ菜「私が。ちゃんとあの人の代わりに出来ていたなら。……私に、もっと力があれば……!」

19: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:26:49.58 ID:48vGZX8E
せつ菜「……。ダメだな。私……」

せつ菜「しずくさんだけじゃない。愛さんも、果林さんも。……栞子さんも。……私の、大切な仲間だったのに……」

せつ菜「わたしは、あの人のように引き止められなかった。……みんな、ライバルでも……」

せつ菜「みんな。いっしょに、なかまで、がんばれるように、したかったのに……!!」

せつ菜「……ウゥ。……」

せつ菜「う、ぅ。……うぅぅぅうぅ!!」


「……そうやって。落ち込んで、泣いて。……その姿すらも、キレイだけど」


せつ菜「……ぇ?」

20: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:27:26.87 ID:48vGZX8E
「でも。……“優木”を名乗るなら。メソメソしてるより、自分を誇って欲しいと思わない……?」

「少なくとも。私みたいな、優木せつ菜のファンの目の前では、ね」

せつ菜「あ。……あなたは……」

せつ菜「……ウソ。……信じ、られない」


「……せつ菜ちゃぁん?」

せつ菜「……は。はい!」

「あなた。……期待されるのは、キライじゃないのよね?」

せつ菜「……はい」

「ふぅん。……じゃあやっぱりあなた、私とは違うのね」

せつ菜「……ど、どういう意味でしょうか」

21: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:28:10.09 ID:48vGZX8E
「だって。期待されるなんて、メンドくさいだけじゃない?」

せつ菜「……」

「少なくとも、私は。……期待されるの、すっごいイヤだった」

「なんで、期待されなきゃいけないの?なんで、期待に応えなきゃいけないの?」

「誰かに期待されるために生きてんじゃないの、こっちは」


「……ばかばかしい。……そう、思ってたの」

せつ菜「……」


「でもね。本人はどう思ってるか、わからないけど。私と同じものを受け継いだ人が出てきてくれて、こう思うようになった」

「……“優木“を受け継いでくれる子がいる。……なら、私たちが、私が。最高の存在でないと。その子の期待に添わないとって思ったの」

せつ菜「……!」

「だからね。……だから、さ」

「胸張りなさい。あなたはあの。……この、“優木”あんじゅが、認めたアイドルなんだから」

22: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:28:20.19 ID:3TlYbedO
あーあ、出会っちまったか

23: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:28:51.15 ID:48vGZX8E
せつ菜「……優木、あんじゅさん……」

せつ菜「……ホンモノ、なんですか……?」

あんじゅ「あれぇ?こんな見た目でこんな存在感出してるアイドル、他に見たことあるのぉ?」

あんじゅ「どう考えても私以外にいないでしょ?ホンモノの優木あんじゅは」

せつ菜「……な、なんで」

「こんなところにいるってか?」

せつ菜「!!?え。……も、もしかして」


英玲奈「どうも、統堂英玲奈だ。……A-RISEやってるものだ」


せつ菜「……す。すごい。……ホンモノの、A-RISE……」

24: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:29:28.75 ID:48vGZX8E
英玲奈「あんじゅ。挨拶は済ませたか?」

あんじゅ「一応ね」

英玲奈「じゃあいくか」

あんじゅ「まだもうちょっと待ってくれない?」

英玲奈「なんだ?まだ何かあるのか?」

あんじゅ「うん。……ちょっと思いついたことがあって」

英玲奈「思いついたこと?」

あんじゅ「うん。あのね、せつ菜ちゃん?」

せつ菜「は、はいぃ!?」

あんじゅ「ちょっとお願いがあるんだけど」

せつ菜「え。な。……なん、で、しょう……か?」

英玲奈「……カタコトみたいになってるぞ」

せつ菜「え。あ。ごめんなさい!つい……」

25: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:30:12.81 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……英玲奈。アンタが言うことじゃないでしょ」

英玲奈「……そうなんだけどな。悪いな」

せつ菜「い、いえ!……だ、大丈夫です!!」

あんじゅ「マッタク。……で、本題なんだけどさ」

あんじゅ「せつ菜ちゃん。……あのね。ゴニョゴニョ」


せつ菜「!!??!?」


せつ菜「え。ええ!?」



せつ菜「ええええええ!!!?!?」



英玲奈「……本当にでっけえ声なんだな」

26: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:31:42.84 ID:48vGZX8E
虹ヶ咲学園 スクールアイドル部 部室


あんじゅ「たのも~」

英玲奈「邪魔するぞ」

せつ菜「お、お邪魔します。……って!!綺羅ツバサさんまで!!!」

ツバサ「遅かったじゃない。……なんで、せつ菜さんも一緒なの?」

あんじゅ「私のワガママ」

ツバサ「ふーん、そう。本当に気に入ってるのね」

あんじゅ「まあね」


ランジュ「……急にあのA-RISEの綺羅ツバサが来たと思えば。まさか全員集合とは、流石のアタシでも驚いた」

27: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:32:12.02 ID:48vGZX8E
英玲奈「だが、“無問題“だろ?」

あんじゅ「流石のランジュちゃんなんだからね?」

ツバサ「喜んでもらえたかしら」

ランジュ「モチロン。サプライズはキライじゃないから」

ミア「ボクは、そういうのキライだけど」

あんじゅ「うわ出た。ウワサの天才ボクっ娘だ」

ミア「……なに?うわ出たって」

英玲奈「悪いな。コイツはツバサ以外の天才にコンプレックス持ってんだ」

あんじゅ「ちょっと英玲奈。何言ってくれちゃってんの」

ツバサ「ほんっと、毎回突っかかってくるから仲良くなるのには苦労したわね」

あんじゅ「……イイでしょ、昔のことは」

28: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:32:44.56 ID:3TlYbedO
あんじゅとランジュでゲシュタルト崩壊しそうになる

29: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:32:55.41 ID:48vGZX8E
ミア「……うざ。何勝手に盛り上がってんのこの人たち」

ランジュ「アハハ。面白い人たちね。今の会話、ファンクラブ向けに出したら?」

英玲奈「浅はかな奴だな。この関係は私たちだけのものだ。だから、A-RISEでいられるんだよ」

ランジュ「イイコト言うね。セイシュンしてるってやつ?」

ツバサ「……ねえ、あんじゅ?」

あんじゅ「なに?」

ツバサ「愚かなのね。この子たち」

あんじゅ「もはや哀れでしょ。可哀そうだもん、こんな風にならなきゃいけなかっただなんて」


ミア「……Shut up! 黙って聞いてれば偉そうにして……!」

ミア「お前たちなんて遊びだ。何がプロ並みのスクールアイドルだ」

ミア「本当のプロにかかれば、お前らなんか……!」

ランジュ「まあまあ、せっかく来てくれたお客さんなんだからそんなジャケンにするものじゃないよ」

30: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:33:56.81 ID:48vGZX8E
ツバサ「随分寛容なのね。童心だけの人とは違うみたい」

ミア「……誰がっ……!」

英玲奈「おいツバサ。今のは流石に口が過ぎるぞ」

ツバサ「英玲奈はそっちの肩を持つの?」

英玲奈「童心というよりまだしょうもないお子ちゃまに言うことじゃないだろ?酷いぞ」

あんじゅ「……アンタが一番酷いって」

ミア「……ぶ。ぶっころしたい……!」


ランジュ「まあまあ。でも、ミアの言う通り。確かにプロがついてる分、他の子たちよりは上なんだろうけど」

ランジュ「やっぱりね。私たちからするとね。あなた達だって……」


ツバサ「ふふっ。……『素人にしか見えない』んでしょ?」


ランジュ「……!」

31: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:34:28.16 ID:H9jQs7XB
マジかよ絵里最低だな

67: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:07:50.20 ID:l75Hi3zi
>>31

32: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:35:33.30 ID:48vGZX8E
ツバサ「でもね。言っとくけど、『ラブライブ!は遊びじゃない』の」


せつ菜「……」


ツバサ「……これ以上せつ菜さんを気まずくさせても可哀想だから、本題に入るけど」



ツバサ「あなた達。今すぐに監視員とかいうのをやめさせなさい」



せつ菜「……!つ、ツバサさん……」


ランジュ「……何で部外者のお姉さんにそんなこと言われないといけないのかしら?」

ツバサ「つまんないからよ」

ランジュ「はあ?どういうこと?」

ツバサ「だから、つまんないのよ。あなた達」

ランジュ「……わけわかんない。正しいことにつまらないも何もないでしょ?」

33: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:36:24.20 ID:48vGZX8E
英玲奈「……人がどう思うかも想像せずに自分の価値観を押し付けることが正しいとはな。もはや滑稽だ」

ランジュ「あなた達だって。最高の設備、最高の環境で自分を磨き続けてきたんでしょ?それなら、アタシの言うことわかってくれると思ったんだけど」

あんじゅ「おバカね。それを強制的にすること自体がもう負けを認めてんのよ」

ランジュ「……どういうことかしら?」

あんじゅ「考えたことない?どうして、これだけ魅力あるものを用意しても、他の同好会の子たちはあなた達の元に来てくれないのかって」

ランジュ「それは。……あの、作曲してる子がいるから」

あんじゅ「あら。わかってるじゃん」

ランジュ「なにが?」

あんじゅ「あなた達がその子に魅力で負けてるってこと」


ランジュ「……どうしてそうなるの!!」

34: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:36:58.21 ID:DJNGaVTx
強い

35: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:37:13.03 ID:48vGZX8E
あんじゅ「だってそうでしょぉ?本当にあなた達が魅力的なら、あの子もあなた達についてくるはずじゃない」

あんじゅ「それが出来ないってことは。ケッキョク、あなたってそこまでの人なのよ」


あんじゅ「……今は、ね」


ミア「……ランジュ。ほっときなよこんなヤツらの言うことなんて」

ランジュ「……そうね。それが本当に正しいのなら、愛や果林にしずくもアタシ達の方には来てない」

ミア「そうだ。どうせボクたちの足元にも及ばない連中の言うことなんか、聞く価値なんてない」

あんじゅ「へえ。じゃあ、試してみる?」

ランジュ「え?」

36: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:37:51.71 ID:48vGZX8E
あんじゅ「だから、試してみる?って聞いてるの」

ランジュ「……アタシのカン違いじゃなければ。勝負してって言ってるの?このアタシに?」

あんじゅ「そう。……ま、私たちよりμ’sの方がイイんだろうけど。μ’sに出てきてもらうまでもない」

あんじゅ「あなた達はA-RISEで。……いや……」

あんじゅ「私一人で。……十分よ」

ランジュ「……!」

ツバサ「……あんじゅ。どういうこと?あんじゅ一人でって……私たち皆でやるんじゃなかったの?」

せつ菜「……あんじゅさん」


あんじゅ「カンタンなコト。……ランジュちゃんの方は、バックダンサーがいるとはいえ、ソロでステージに上がっている」

あんじゅ「なら。こっちもソロじゃないと、フェアじゃないじゃん?」

37: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:38:49.70 ID:48vGZX8E
ミア「……お前一人だと?A-RISE全員ならまだしも、お前一人だと……!」

あんじゅ「……」

ミア「ふざけるなよ!そんな時間の無駄、やるわけないだろ!!」

あんじゅ「…………」

ミア「舐めているのか!このボクたちを!!」



あんじゅ「……舐めてんのはそっちの方だろこのクソガキがぁ!!」ガッ



ミア「!!!?」

ランジュ「なっ……!!?」

せつ菜「あんじゅさん!!?!?」

38: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:39:37.19 ID:48vGZX8E
あんじゅ「A-RISEがお前ら如きに全力を出すと思ってんのか!?身の程を知れアバズレ共が!!」


ランジュ「あ、あばずれ……?って、なに……?」


ツバサ「……伝わってないじゃない」

英玲奈「ヘンな日本語使うから……」



あんじゅ「ガキが、調子に乗ってんじゃないわよ!!何が才能よ。適性よ。……そんなことで、この世界に飛び込もうとするヤツが、私は一番嫌いなのよ!!!」



せつ菜「あ、あんじゅさん!落ち着いて下さい!!」


英玲奈「……しかし久しぶりに見たな。このモードのあんじゅ」

ツバサ「ホントに久々ね、キレたあんじゅ。……私も昔、襟元掴まれたっけ……」

英玲奈「私さ。今のと一言一句おんなじこと言われたことがあってさ」

ツバサ「ええ?そうなの?初耳」

せつ菜「ちょっとぉ!お二人とも悠長に談笑なんてしてないで止めて下さい!!」

39: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:40:28.52 ID:48vGZX8E
ミア「あ。I’m Sorry……」

あんじゅ「……日本語で言え」

ミア「ァ。ゥ、ウ。……ゴ、ゴメン、ナ、サイ……」

あんじゅ「……ふん」パッ

ミア「うぁっ!」ドサッ

ランジュ「ミア!?」



あんじゅ「……で?どうするの?」

40: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:41:43.21 ID:48vGZX8E
ランジュ「……なにを」

あんじゅ「だからぁ。……勝負。受けるの?受けないの?」

ランジュ「……ここまでされて。やらないとでも?」

あんじゅ「あっそ。……じゃあ、講堂でライブね」

ランジュ「どうやって勝ち負けを決めるつもり?」

あんじゅ「……”イチバン”声援が大きかった方の勝ちでどう?」

ランジュ「いいわ。db測れる機械を用意する」

あんじゅ「それはどうも。お返しにあなたには後攻をあげる」

ランジュ「そういうわけにはいかないわ。お客様はちゃんともてなさないとね」

あんじゅ「へえ?……何でもてなしてくれるっていうのぉ?」

ランジュ「ミアの作った完璧な曲と。アタシの完璧なパフォーマンスを見せて、越えられない絶望を味わいながら踊ってもらうの」

あんじゅ「大盤振る舞いね~たのしみだわぁ。……とっても、たのしみ」

41: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:42:55.81 ID:48vGZX8E
ランジュ「ふっふふ。……ふふふ」

あんじゅ「……ふふ。うっふふ」


せつ菜「……うう。お二人とも、こわい、です……」

英玲奈「……しっかりしろ。ここまでは、あんじゅの作戦通り行ってるんだ」ヒソ

せつ菜「……は、はいぃ」ヒソ

ツバサ「……?作戦って、なに?」ヒソ

英玲奈「……これ以上誰も大好きを言えない世界にしてしまわないようにするための、あんじゅの作戦だよ」ヒソ

42: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:43:45.34 ID:48vGZX8E
虹ヶ咲学園 講堂


栞子「……急に講堂を使わせてほしいなどと言うから、何事かと思ったら。……まさか、A-RISEのご三方がいらしていたとは」

あんじゅ「はぁ~い。栞子ちゃんどうもぉ」

栞子「……ど、どうも……」

ツバサ「こんにちは。栞子さん」

英玲奈「三船薫子には世話になった。改めて今度お礼しにいくよ」

栞子「いえ……」

しずく「……知り合いなの?A-RISEの方と」

栞子「いえ、私は直接は関りはないのですが、姉が……」

しずく「な、なるほど……」

43: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:44:13.82 ID:48vGZX8E
果林「それで?私たちはいつも通り、ランジュのバックダンサー?」

ランジュ「……ううん。その必要はない」

愛「え?どういうこと?」

ランジュ「優木あんじゅぐらい、アタシ一人で十分。……皆、観てなさい」

ランジュ「圧倒的と言われるA-RISEと比べても。遥かに上を行くアタシの姿を」

あんじゅ「……ふふふ。可哀そうね、ホントに」

ランジュ「何が……!」

あんじゅ「だってそうでしょぉ?“同好会の皆”の前で、無様な姿を晒すのって。部のクセに威信落ちちゃうもんね?」

ランジュ「……同好会?」


あんじゅ「呼んでくれたのよね?せつ菜ちゃん」


せつ菜「は、はい。……ただ、その……」

46: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:47:19.74 ID:48vGZX8E
かすみ「……しず子のバカ」

璃奈「愛さんのわからずや」

エマ「果林ちゃんのド低脳」

果林「……ちょ、エマ、酷過ぎない……?」

エマ「……うるさいんだよこのアバズレが」

果林「!!?!?」


英玲奈「皆、滅茶苦茶怒ってんな……」

ツバサ「エマさんはランジュさんと違ってアバズレの意味わかってるのかしら?」

エマ「……この売女が」

ツバサ「……わかってるみたいね」

英玲奈「わかってて欲しくなかったよ私は」

果林「え、えま……」ウルウル

47: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:48:07.19 ID:48vGZX8E
あんじゅ「まあまあ。ここは私たちに免じて、怒らないで、ね?これからライブなのに怒ってちゃ楽しめないわよ」

エマ「……」


ツバサ「……図々しいにも程があるわね。同好会集めろって言っといて怒るなとか」

英玲奈「私たちが言えたことじゃないよな、ぶっちゃけ」


あなた「・・・あの・・・」

あんじゅ「ん?あ、あなたが同好会の部長さん?」

あなた「あ、はい。初めまして・・・」

あんじゅ「初めまして。ゴメンね、お節介しに来ちゃった」

あなた「あ、いえ。・・・・・・でも、どうしてですか?」

あんじゅ「ん?」

あなた「・・・どうして、その。お、お節介を?」

48: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:48:58.76 ID:48vGZX8E
あんじゅ「そっちの方が楽しそうだったから」


あなた「え?」


あんじゅ「つまんないことより楽しい方がイイでしょ?……ね、愛ちゃん?」

愛「……っ」


歩夢「……あの」

あんじゅ「あ、あなた!あの時の配信の娘ね!」

歩夢「え?」

あんじゅ「全世界に幼馴染への愛を配信してたでしょ!見た見た」

歩夢「あ……」カーッ


ツバサ「アレすごかったわよね。見てるこっちが恥ずかしくなっちゃった」

英玲奈「ああ、凄かったな。人ってあんなこと出来るんだなって感動したよ」

49: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:49:32.56 ID:48vGZX8E
歩夢「……ぅ、ぅぅ……!」

あんじゅ「で?何か聞きたいことでも?」

歩夢「……ぁ、えっと!……そ、その。そもそも、学校外の人って構内の設備使っちゃダメなんじゃ……」

ランジュ「無問題ラ。もう許可出したから」

歩夢「ええ!?」

ツバサ「権力っていうのはこういう時便利よね」

英玲奈「こうやって使うものなんだな、権力って」

歩夢「そ。そんなのでいいの……?この学校……?」

50: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:49:57.67 ID:48vGZX8E
ランジュ「ところで。ゴタゴタしてて忘れちゃってたけど、アタシが勝ったらどうするの?」

あんじゅ「え?なに言ってんの?」

ランジュ「……だから!アタシが勝ったらアナタは何してくれんのって言ってんの!」

あんじゅ「は?なに言ってんの?」

ランジュ「……だから!!!」

あんじゅ「あーはいはいわかったわかった」


英玲奈「……そういえばあんじゅが負けた場合の話してなかったな」

ツバサ「全部勢いで決めたものね」

あなた「・・・す。凄い。これがトップの行動力・・・・・・!」

歩夢「そ、そうなのかなぁ……?」

かすみ「先輩も十分行動力あると思いますけど……」

51: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:51:44.00 ID:48vGZX8E
あんじゅ「そうねえ。万が一にも、そんなことないけど。……じゃあこうしましょ」



あんじゅ「もし負けたら私、スクールアイドルを辞める」




あなた「え!?」

せつ菜「なっ……!!」


英玲奈「……はぁ」

ツバサ「……ふふっ」

52: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:52:59.39 ID:48vGZX8E
ランジュ「……それ。アタシに何の得になるの?」

あんじゅ「頂点目指してるんでしょ、ランジュちゃん。ここでライバルが減るのはイイことじゃない?」

ランジュ「……よくもそう根拠のない自信だけでモノゴトを話せるわね。でも、あなたが辞めたところで二人も残ってるならイミないね」

あんじゅ「……は?」

ランジュ「だってそうでしょ?見たところ、アナタが一番A-RISEで才能ないもの」


あんじゅ「……ふん。慧眼ね」


かすみ「そ。そうなんですか英玲奈先輩!?」

歩夢「か、かすみちゃん!初対面なのにそんな失礼なこと聞いちゃダメだよ!」

かすみ「え、……あっ」


英玲奈「……才能ないのか?って質問されるとはな。それも言われた本人がいる前で」


かすみ「ご、ごめんなさい……あんじゅ先輩」

あんじゅ「ベツに。気にしてないからいいわよ。……英玲奈、ツバサ?」

英玲奈「なんだ」

ツバサ「何かしら」

あんじゅ「答えてあげて」

53: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:53:46.25 ID:48vGZX8E
英玲奈「……あんじゅは事実として、A-RISEだけでなく。UTX全体で見ても成績は下の方だった」

ランジュ「やっぱりね。そんな感じだもん」


エマ「……ウソ。全然そんな風には見えないのに」


ツバサ「……エマさんは確か、スクールアイドルに詳しかったわね。だとすると今のあんじゅのパフォーマンスは見たことあるでしょ?」

エマ「は、はい!」


ツバサ「ならわかるでしょ?……確かに才能はなかったけどね、そんなの過去の話」

ツバサ「あんじゅは努力だけで這い上がってきた。私たちに追いつこうと必死に頑張った」


ツバサ「だから今のA-RISEがある」


エマ「……」

せつ菜「……」

54: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:54:54.09 ID:48vGZX8E
あんじゅ「マッタク。努力したなんて言わないでよ」

あんじゅ「私のイメージってものが崩れちゃうでしょお?」

英玲奈「……お前のイメージは部室でキレた時点で思いっきり崩れてるよ」

ツバサ「ミアさん怖がって泣いちゃってたじゃない。この場にも来てないし」

あんじゅ「えぇ~?そんなことないよねぇせつ菜ちゃあん?」

せつ菜「え、いや。あの……」

あんじゅ「ね?」

せつ菜「は、はい……」

ツバサ「後輩を恫喝するって相当ね」

英玲奈「むしろ進んで本性曝け出してんじゃないか?」

55: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:55:27.55 ID:48vGZX8E
ランジュ「……あーもう!!話がゼンッゼン進まない!!そんなことどうでもいいのよ!!」

ランジュ「優木あんじゅが辞めたところで!!誰も何も気にしないの!!」


あなた「・・・・・・なっ」

愛「……ランジュ。酷いよ」

栞子「ランジュ!今のは!!」


英玲奈「それなら私も辞めるよ」

ツバサ「あ、私も」


ランジュ「は!!?」

あなた「え!?」

56: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:57:39.50 ID:48vGZX8E
栞子「……な、何言ってるんですか!そんなことする理由なんて、お二人には何も……」


英玲奈「ある。あんじゅとやれないなら、A-RISEでいる意味がない」


栞子「なっ……!」


ツバサ「そうよね。なんてったって私たちが私たちでA-RISEだから」


あんじゅ「……ふん。ムカツクこと、言ってくれるじゃない」


ランジュ「……理解できない。なんで、他人のやることに、そこまで賭けるの……」

英玲奈「あんじゅだけ辞めても意味がないって言ったのはお前の方だろ」

ランジュ「それでも……!」

英玲奈「それに一つ訂正して。……私たちは、他人じゃない」



英玲奈「……戦友なの。ライバルで、仲間の、ね」



果林「……」

愛「……」

しずく「……っ」

57: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:58:22.21 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……英玲奈。本音言う時だけ女の子の喋り方になるクセ、出ちゃってるわよ」


英玲奈「……おっと。それは気づかなかったな」


あんじゅ「……嘘つけ」


英玲奈「ふふ。……まあ、お前も本性出してんだから私も多少はな」

あんじゅ「なんだよ多少って」


ツバサ「ねえ二人とも。大事なこと忘れてない?」


英玲奈「なんだ?」

ツバサ「私も混ぜて!」

あんじゅ「……うっとおしいからヤダ!」

ツバサ「ええ!?なんで~~!!」

58: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 00:59:07.34 ID:48vGZX8E
歩夢「な、なんか。……私たち、置いてけぼりだね」

璃奈「ちょっとだけランジュさんが気の毒になってきた 璃奈ちゃんボード『哀れにこ』」

あなた「ちょっとどころじゃないね、こうなると・・・」


愛「……ね、ねえ、ランジュ?大丈夫?」

ランジュ「こ。こんな屈辱、初めて……!!」


英玲奈「……ホントかぁ?」

ランジュ「ウソ言って何になるの!!」

英玲奈「でも……なあ?」

ツバサ「信憑性に欠けるっていうか。どんだけチヤホヤされてきたんだか」


栞子「……なぜだか無性に心が痛みます」

59: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:00:38.52 ID:48vGZX8E
ランジュ「もういい!!……アイ!」

愛「な、なに?」

ランジュ「会場はどうなってるの!?」

愛「え、えっと……も、もう満員になってるみたい!」

歩夢「も、もう!?」

栞子「……ライブの告知を出したのは、ついさっきなのに。もう人がこんなに集まってきてるなんて!」

あんじゅ「A-RISEが出るのよ?完ッ全にフルハウスになるに決まってるじゃない」

あなた「・・・さすがだ」

英玲奈「言葉の意味は分かんないけどな」


歩夢「なんか、会場の隅で監視員の子が大変そうにしてるね」

右月「……」グッタリ

左月「……」グッタリ


かすみ「……そりゃ、これだけの数のお客さんをさばかなきゃいけなかったんだからああもなりますよ」

60: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:01:22.91 ID:48vGZX8E
ランジュ「ふふ。もう準備万端ってとこね。……いいわ」

ランジュ「開演よ!皆ランジュが支配してあげるわ!!」


英玲奈「ドミネーターってか」

ツバサ「どっかのプロレスラーみたいな肩書ね」

英玲奈「だとすると一人称は「余」なんじゃないか?」


あんじゅ「……台無しじゃない。イロイロと」

61: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:02:11.30 ID:48vGZX8E
客席


あなた「・・・な、なんか。A-RISEの人たちと一緒にステージを見るのって、レアだね・・・」

かすみ「ていうか普通ないですよ!こんな機会!!」

ツバサ「そう?光栄ね」

英玲奈「私たちもこうやってあんじゅのステージを見るのは初めてだな、そういえば」

ツバサ「確かにね。ずっと三人でやってきたから」

歩夢「あっ……ランジュさんが出てきました!」

愛「……早速、だね……」

ツバサ「……始まる」

英玲奈「お手並み拝見だな」

62: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:02:56.56 ID:48vGZX8E
あなた「・・・・・・す、すごい」


ツバサ「……」


英玲奈「……」


果林「ランジュ。いつもと、全然違う……!」

愛「いつもだって、凄いけど。……今日のランジュ、凄すぎるよ……!」

せつ菜「……な、何か、鬼気迫るものを感じました……!!」

しずく「あんな圧倒的なパフォーマンスを見せられちゃったら……!」

かすみ「ちょっと!大丈夫なんですかあんじゅ先輩は!」


ツバサ「……や」


かすみ「……や?」




ツバサ「……や。……やばいかも……」

63: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:04:28.88 ID:48vGZX8E
かすみ「……え。え、……ええーー!?」


英玲奈「……ちょっと想像以上だったな」

ツバサ「う~ん。流石に言うだけのことはあるわね」


かすみ「『流石に言うだけのことあるわね』じゃないですよ!どうするんですか負けちゃったら!!」


しずく「……あの」


ツバサ「ん?どうしたの、しずくさん?」


しずく「……そもそもなんですけど。確か、A-RISEの曲って。一人じゃ踊れないような曲だったと思うんですが」

ツバサ「ん?……ああ、そう思わせちゃうか。でも一人用の振り付けぐらい、ちゃんと考えてあるしそこは大丈夫じゃない?」

しずく「……そう、ですか」

64: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:05:09.62 ID:48vGZX8E
英玲奈「……言い忘れたが。……アイツは、A-RISEの曲では出ない」

ツバサ「え!?そうなの!?」

かすみ「なっ!?」


せつ菜「……」


愛「じゃ、じゃあ何歌うの!?」

英玲奈「……まあ、見とけ。あんじゅにはあんじゅなりの考えがある」

愛「え、でも……」


ツバサ「そ。……なら、心配はいらないわね」


愛「え。……な、なんで……?」

65: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:06:37.13 ID:48vGZX8E
ツバサ「私の知ってるあんじゅなら、正直五分と五分だけど。……私の知らないことやるってことでしょ?」

英玲奈「そういうことだ」

ツバサ「なら大丈夫ね」


エマ「……ツバサさん。どうして、平気なんですか?」


ツバサ「ん?どうしてって?」


璃奈「フアンじゃないの?ランジュさん、凄かったんでしょ?」

歩夢「しかも……A-RISEじゃない曲を歌うのに」

栞子「自分の得意とする曲ではなく、違う曲を歌う。……そんな、即興めいた事、リスクが大きすぎます」


ツバサ「ああ。そういうこと。……確かにちょっとはフアンもあるけどね」

ツバサ「でも、あんじゅの事信じてるし。それに、むしろワクワクする」

果林「……ワクワク?」


ツバサ「だって、そうじゃない?私の知らない引き出し、私の知らない成長、私の知らない優木あんじゅが、仲間が見れるのよ?」


しずく「……」


ツバサ「あなた達だって、そうなんじゃない?……他のメンバー。仲間のステージを見る時。あなた達もワクワクしない?」


かすみ「それは……」

66: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:07:22.56 ID:48vGZX8E
ツバサ「そんな機会がある、そんな仲間がいる。それってグループでラブライブ!を目指すような私たちからすれば結構羨ましいことなのよ?」

歩夢「……」

あなた「・・・・・・」



ツバサ「ね?英玲奈」


英玲奈「そうだな。そこが、ニジガクの他とは違うところかもしれない」

英玲奈「お互いのステージを見て、お互いが高めあえる。それぞれに違っている仲間だからこそ、単に競い合うライバルってだけじゃない関係になれる」


果林「……」


栞子「……本当に、そうなんでしょうか」

歩夢「……栞子ちゃん?」

68: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:08:16.31 ID:48vGZX8E
英玲奈「本当にって?」

栞子「……統堂さんが仰ってることは、わかります。でも、キレイゴトでもあると思います」

栞子「……ランジュや、それこそA-RISEの方たちからしたら。実力もない者たちが、結束もせず、ただ夢を見たって、滑稽なんじゃないでしょうか」

歩夢「……栞子、ちゃん」

英玲奈「……。そうだなぁ。……キレイゴト過ぎるかもしれないし、実力が必要になるのは確かだ。実力のないものが何言ったって響かないってところはある」

栞子「なら……!」


英玲奈「……でもね。アイドルだからこそキレイゴト言わなくちゃ。夢を歌わなくちゃ」


英玲奈「アイドルは笑顔を見せる仕事じゃない、笑顔にさせる仕事なの」



あなた「・・・!それって・・・」


ツバサ「付け加えるんなら。アイドルはファンに夢をみせなくちゃ、でしょ」


愛「……」


英玲奈「……ツバサ。そう、だね」


栞子「……ファンに、夢を……」

70: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:09:05.22 ID:48vGZX8E
英玲奈「……あんじゅが出てきたな。始まるぞ」


あんじゅ『みなさ~ん。こんにちはぁ。A-RISEの優木あんじゅで~す』

あんじゅ『今日は突然のライブ開催にも関わらず、こんなに大勢のみなさんに集まっていただいて、ホンット~に感謝してますっ!みんなぁ~ありがとぉ~~!!』

わーーーー!


英玲奈「相変わらずステージ上だと完璧に猫被れるんだな」

ツバサ「普段はすぐボロ出すのにね」


あんじゅ『実は、今日、急遽ここでライブやることになったのには、訳があるのぉ』


英玲奈「そりゃそうだろ」

ツバサ「訳もなくライブなんてやるわけないしね」

かすみ「……先輩達、茶々入れすぎですよ……」

71: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:10:17.07 ID:48vGZX8E
あんじゅ『どういう訳か知りたいぃ?』

しりたーい!

あんじゅ『ホントに知りたいのぉ~~?』

しりたーい!!

あんじゅ『しょうがないなあ。……今日ここにいるキミたちだけ、トクベツだぞ?』


あなた「やったーーー!!」

英玲奈「わっ。……テンション急に高くなったな……」

歩夢「あはは。でもこういうところがいいんです」


あんじゅ『一つはね。もっちろんランジュちゃん!ウワサを聞いた時から、一度一緒にライブしたいなって思ってたのぉ!』


璃奈「……間違ったことは、言ってないけど……」

ツバサ「実態は殴り込みだからね」

72: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:10:56.92 ID:48vGZX8E
あんじゅ『もう一個は。……私。スクールアイドル同好会のファンだったから』


せつ菜「……!」



あんじゅ『ちなみに、スクールアイドル部じゃない方よ?……同好会のスクールアイドルのファンだったの』


スクールアイドル部じゃない……?

同好会って?

そういえば、ランジュちゃんが来てから全然見なくなったスクールアイドルいたよね?

もしかしてこの前ゲリラライブした人たち?

え、ランジュ様より実力が下だからステージに立たなくなったんじゃないの?


エマ「……ッ!」

英玲奈「……気にするな。この後、すぐに変わることだ」

73: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:12:23.08 ID:48vGZX8E
あんじゅ『……実はね。……実はショージキ。……私って、UTXだと落ちこぼれだったの』

えー!

うそー!

なんで今言うんだろ?

しー!あんじゅちゃんの話聞こうよ!


あんじゅ『ありがとう。……それでね、必死だった。A-RISEになるために、必死に頑張ってきたの』


あんじゅ『ホント、大変だった。何度もくじけそうになった。でも……』



あんじゅ『でも。私の前にはいつだってライバルがいた』



ツバサ「……」



あんじゅ『天才って呼ばれていた綺羅ツバサ。ツバサちゃんほどじゃないけど、それでも秀才で、ツバサちゃんに肩を並べた統堂英玲奈』


あんじゅ『しかも、その二人は。……才能も適性もない私と一緒に練習してくれた。教えてくれたりもした』



英玲奈「……」


エマ「……そう、だったんだ」

74: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:14:28.18 ID:48vGZX8E
あんじゅ『そんなだったから、私にはくじけるヒマなんてなかった。……だって……』


あんじゅ『ライバルだけど。そんな二人の仲間になりたかったから。二人に追いつきたかったから』


ツバサ「あんじゅ……」


しずく「……」

かすみ「……」




あんじゅ『そうやって、ただ人を追いかけている内に。……前だったら考えられないようなことが起きたの』

あんじゅ『……なにが起きたか知りたい?』

……しりたーい!


エマ「……しりたーい!!」

果林「……エマ……」

75: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:15:13.81 ID:48vGZX8E
あんじゅ『ふふ。いいわぁ教えてあげるね!』

あんじゅ『……それはね。ただ、人を追いかけるだけだった私を目指してくれる人が出来たことなの』

あんじゅ『……μ’s。Saint Snow……そして』


あんじゅ『そして。私とおんなじ名字で活動するスクールアイドルが出てきた』



せつ菜「……っ」


栞子「……優木。せつ菜、さん……」



あんじゅ『まあ、実はホントのところどうなのかは知らないんだけどね。私が勝手に思っちゃってるだけなんだろうけど』



せつ菜「……そんなこと、ないです……」


ツバサ「……せつ菜さん……?」


せつ菜「……わたし。皆さんには言ってませんでしたが、ホントは……」

76: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:15:59.09 ID:48vGZX8E
あんじゅ『それでね、気になっちゃって。その子のこと色々調べて』


あんじゅ『曲も聴いてみた。……そしたら、とっても懐かしい気持ちになれた』


あんじゅ『今はこうやって、私を目指してくれる人がいる。……でも、私だって、前は目指してた。追いつこうとしてた』


あんじゅ『私は、思い出すことが出来たの。……あの頃の気持ちを』


あんじゅ『ツバサ、英玲奈。……A-RISEに、追いつこうとして頑張ってた頃のことを』



ツバサ「あんじゅ……」


英玲奈「……ここでそれは、卑怯だよ」



あんじゅ『だから。……今日は、A-RISEの曲は歌いません』



ええ!?

なんで……?

A-RISEの曲じゃないって……?

77: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:16:44.50 ID:48vGZX8E
あんじゅ『A-RISEの優木あんじゅとしてではなく。……ただ、スクールアイドルに憧れた女の子として』


あんじゅ『<一人>のスクールアイドル。スクールアイドルに憧れてスクールアイドルになった一人の女の子として!憧れた……〝今〟も憧れてるスクールアイドルの歌を歌います!』



え?どういうこと?

カバーってこと?

カバーなら、誰の曲だろう?



あなた「・・・まさか・・・!!」

78: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:17:44.88 ID:48vGZX8E
あんじゅ(……はあ。言っちゃった)


あんじゅ(うわ。……何コレ。……ドキドキ、止まんない)


あんじゅ(……ホント。ガラじゃないわよね)


あんじゅ(こんなことまで話して。素人感出して、歌を。……しかも、他の人の歌を歌うなんてね)


あんじゅ(……それにしても、まったく。なんて表情してんのよ、ツバサと英玲奈は)


あんじゅ(後でからかってやろっと。……そんな、泣きそうな顔してさ)


あんじゅ(……まあ。ホンッットガラじゃないもんね。……自分で自分に腹立つわぁ)


あんじゅ(……でも。それでも)


あんじゅ(それでも。アイドルは夢を見せれるってことを教えてあげなきゃね)


あんじゅ(……人生ちょっとの“優木“と情熱でしょ?……なんつってね)




あんじゅ「……集中」

79: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:18:16.82 ID:48vGZX8E
あんじゅ『……』ギュッ



璃奈「あ、あの。……手を、握り締めるのって……!」



あんじゅ「……!」








あんじゅ『走り出した 思いは強くするよ』








この曲って……!

80: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:18:48.23 ID:48vGZX8E
歩夢「……うそ……!」








あんじゅ『悩んだら君の手を握ろう』









……せつ菜ちゃんの曲だーー!!


あなた「『CHASE!』だ!!」

エマ「あんじゅさんが。せつ菜ちゃんの曲を……!!」

せつ菜「!!!!」

81: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:21:25.95 ID:48vGZX8E
ツバサ「……あーあ。……私にも前もって教えといてよ」

英玲奈「悪かったって。でも、サプライズにはなったろ?」

ツバサ「そうだけどさぁ。英玲奈とせつ菜さんが知ってるのに私だけ知らないって」

英玲奈「会った時に思いついたらしいからさ。ツバサも先に行かなきゃよかったのに」

ツバサ「でもさあ。もしスクールアイドル部の部室にランジュさんがいなかったら、大変だったでしょ?」

ツバサ「この学校ただでさえ広いんだから。目的地がわかってるだけスクールアイドル部の部室ではっといた方が会える確率は高くなるんだし」

英玲奈「まあ、そうなんだけどな」

82: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:21:57.23 ID:48vGZX8E
あんじゅ『弾み出した!思いは嘘じゃないよ』

あんじゅ『涙から生まれる希望も』



英玲奈「……はは。あんなに、一生懸命。……ガラにもないこと歌って……」


ツバサ「知らなかったな。……あんじゅ、せつ菜さんのこともっと教えてくれてればよかったのに」



せつ菜「……うぅ。ぐす」



あんじゅ『目には見えない力で繋がる』

あんじゅ『夢はいつか ほら輝きだすんだ!!』





……ワァーーーーー!!!

83: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:22:44.61 ID:48vGZX8E
かすみ「す。凄い声援です……!」

愛「こ、これって……」

果林「もしかしなくても……ランジュの……」


ツバサ「……ランジュさんの、負けね」


英玲奈「……ああ。そして」




英玲奈「あんじゅの。勝ちだ」

84: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:23:38.71 ID:48vGZX8E
英玲奈「……あんじゅがあんな顔でステージに立つの見るの、初めてかも」


ツバサ「ほんっとにね。……凄いなあ」


英玲奈「そうだね」


ツバサ「……ねえ英玲奈?」


英玲奈「うん?」


ツバサ「今の英玲奈。ヘンな顔よ?」


英玲奈「……ツバサだって」




栞子「……すごい。これが、A-RISE……!」

あなた「・・・多分、違うよ。栞子ちゃん」

栞子「……ぇ?」

あなた「・・・・・・これが、スクールアイドルなんだよ」

あなた「・・・そうですよね?ランジュさん」

栞子「……!」

ランジュ「……」

85: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:24:55.23 ID:48vGZX8E
ツバサ「……あら。客席に来てもいいの?」

ランジュ「……ベツに。もう勝負は決まったから」

英玲奈「一応確認しとくが。数値はどっちが上だった?」


ランジュ「……はあ。わかってるでしょ、そんなもの」

ランジュ「……アタシより、優木あんじゅの方が。……その」

果林「……」

愛「……」


ランジュ「……アタシより、……」



あんじゅ『あー!大事なこと忘れてたー!!』


歩夢「?……あんじゅさん、急にどうしたんだろう……?」



あんじゅ『みんなー!カバー聴いちゃったら、ヤッパリ本家の方も聴きたくなっちゃったよねー!?』



せつ菜「!?」

ランジュ「なっ……!?」



英玲奈「……アイツ。……本当の目的はこっちか」

ツバサ「ふふ。……流石あんじゅね」

86: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:25:46.07 ID:48vGZX8E
あんじゅ『どう?みんな、聴きたいよねーー!!?』


ききたーい!


あんじゅ『声が小さくなぁい!?……みんな、聴きたいよねーーー!!??』


あなた「ききたーい!!」

エマ「ききたーい!!」

かすみ「ききたいでーす!!」



あんじゅ『せつ菜ちゃんの歌が聴きたい人、手を挙げてーーー!!』



歩夢「は、はーい!!」

璃奈「はーい!」


愛「……」

87: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:26:47.86 ID:48vGZX8E
英玲奈「……君たちは、聴きたくないのか?」


愛「……聴きたい、けど……」

果林「私たちには、そんな……」

しずく「……」


あなた「関係ないよ!!」


果林「……!!」


あなた「私たち、色々あった。色々あるけど。でも、今関係あるのは、聴きたいかどうかだよ!」

あなた「スクールアイドルが好きって言いたいかどうかなんだよ!!」



ツバサ「……ですって。で?どうなの?スクールアイドルが好きで、今。……せつ菜さんの歌、聴きたいの?」



愛「……聴きたい。せっつーの歌、聴きたい……」

果林「……私も。私も聴きたい!」

しずく「わ、私も……!」

88: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:27:30.69 ID:48vGZX8E
あんじゅ『もう一回だけ聴くわよー?みんなはせつ菜ちゃんの歌が聴きたいのーー!?』


スクールアイドル同好会「「ききたーい!!」」


あんじゅ『オッケー!……じゃあせつ菜ちゃん上がってきて!』



英玲奈「ほら。呼ばれたぞ」


せつ菜「……う。うえ。うええええぇぇ」


ツバサ「あらら。……泣き過ぎよ?」


せつ菜「だ、だって……」


英玲奈「……優木せつ菜」


せつ菜「!は、はい!」


英玲奈「自分を目指してくれる人の前で見せたい表情は、泣き顔か?」


せつ菜「……!ち、ちがい、ます……!!」


ツバサ「そう。……じゃあ、どんな顔?」



せつ菜「……もちろん!笑顔です!!」



英玲奈「なら、大丈夫。……ほら、行ってきなさい!」

ツバサ「あんじゅが待ってるわよ!」

せつ菜「……はい!!」

89: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:28:35.50 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……ごめんねぇ。急に呼んじゃって」

せつ菜「いえ。……でも、私でも大丈夫でしょうか……?」

あんじゅ「大丈夫よ、決まってんでしょ?」

せつ菜「で、でも……急なことで、衣装も持ってきてないですし、制服でやるっていうのは」

あんじゅ「私だって制服でやったんだから大丈夫。……それに」

せつ菜「それに……?」


あんじゅ「私たちは“スクールアイドル”なんだから。制服でライブするのだって当たり前でしょ?」


せつ菜「……ふふっ。そうですね!」

あんじゅ「でしょぉ?」

せつ菜「はい!!」


あんじゅ「じゃ、頑張ってね。客席で観てるから」


あんじゅ「……大好きを溢れさせてね?」


せつ菜「……はい!!!」

90: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:29:06.69 ID:48vGZX8E
英玲奈「よ。おかえり」


あんじゅ「ん、ただいま」


ツバサ「ふっつ~にステージから降りてきちゃったけど、セキュリティ的にいいのかしらね?」

あんじゅ「べっつに、ランジュちゃんだって衣装なのに降りて客席にいんだからもーまんたい、ってやつでしょ?」


ランジュ「……」

栞子「……」


あんじゅ「それに。……〝今〟、この場で一番注目を浴びてるのはせつ菜ちゃんなんだから」


あんじゅ「ね?……栞子ちゃん」


栞子「……。そうですね」

91: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:35:15.30 ID:48vGZX8E
せつ菜『皆さんこんにちは!!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の優木せつ菜です!!』


あなた「せつ菜ちゃーーん!!」

かすみ「せつ菜せんぱーーーい!!」


せつ菜『ランジュさん、あんじゅさん!!お二人とも凄いステージでした!!大好きで溢れてました!!!』


あんじゅ「……私はせつ菜ちゃんの曲パクっただけだって」

英玲奈「……今更照れんなよ」

あんじゅ「……うっせー!」

ツバサ「せつ菜さんの曲大好きで、しかもせつ菜さんのために歌ったんでしょ?それって大好きってことじゃないの?」

あんじゅ「……う、う。うるっせー!二人とも私のステージで泣いたの見たんだからね!!」

英玲奈「ば、泣いてねえよ!」

ツバサ「な、泣くわけないでしょあんじゅのステージで!」

あんじゅ「嘘つけ目が赤いんだよ二人とも!!」

92: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:35:44.29 ID:48vGZX8E
ランジュ「……誰かのための、曲……」



あなた『やりたいことを自分たちで作り上げることも大切なんじゃ……』

あなた『悩んで悩んで作り上げた歌だから……みんなは……』



ランジュ「……」


栞子「……ランジュ?どうかしました?」


ランジュ「……ベツに」

93: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:36:27.76 ID:48vGZX8E
せつ菜『色々と事情があって、ここ最近は活動できていなかったのですが。久しぶりに皆さんに会えてとっても嬉しいです!!』


あんじゅ「……私もうれしいよー!!」

英玲奈「なんだそのリアクション。まるでファンみたいじゃないか」

あんじゅ「ファンなんだよ!!」

ツバサ「ふふふ。……でも、私も、ファンになっちゃいそう」



せつ菜『私は。……皆に大好きを届けたい。そんな想いで、これまで過ごしてきました』

せつ菜『でも、どうやったらいいのか。どうしたら、届けられるのか。何になって、何をすればいいのか。……わかりませんでした』


あんじゅ「……」


せつ菜『そんなある時。私は出会えたんです。……スクールアイドルに』

せつ菜『そう!A-RISEが作り上げた、スクールアイドルというものに!!私は出会い、勇気をもらいました!!!』


あなた「・・・わかる。わかるよ、せつ菜ちゃん」

94: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:37:12.59 ID:48vGZX8E
せつ菜『……中でも、特に憧れた人がいました』

せつ菜『その人の名前は、“優木あんじゅ”さん』

せつ菜『……私の名前。“優木せつ菜”は、あんじゅさんに憧れて、つけたものでした』


あんじゅ「……!ほんとうに、そうだったんだ……!」


せつ菜『流石に、ご本人に許可も取らずにつけてしまったので。……ちょっと後ろめたくて、隠してたんですけどね』


あんじゅ「もう。ベツに気にしないのに~。でもダメだぞ☆ちゃんと私に相談しなくちゃ~えへへへ」

英玲奈「……舞台上に聞こえるわけないのに会話してるよ」

ツバサ「流石にスクールアイドルの先輩としてそこはしっかりするよう言った方がいいんじゃない?」


せつ菜『何でかはわからないけど。舞台の上のあんじゅさんは、私にはとても輝いて見えました』

せつ菜『きっと。……あんじゅさんは、誰よりも好きを届けていた。A-RISEが好きな気持ちを、私は。……勝手にですが、感じていました』


英玲奈「……ああ、確かに、そんな感じだったもんな」


ツバサ「……そうなの?」


あんじゅ「……さあ、ね」

95: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:38:19.28 ID:48vGZX8E
せつ菜『そして思ったんです!……私も、スクールアイドルをやりたい!!なりたい自分を我慢しないでいいんだと!!!』

せつ菜『色んな人が作り上げてきた、スクールアイドルという道を私も走りたい!!』

せつ菜『……あんじゅさんが繋いでくれたバトンを受け取って!!私もスクールアイドルやりたいって!!!』


あんじゅ「……私じゃないって。スクールアイドルのバトンを繋いできたのは、私じゃないって」


あんじゅ「えれなと、つばさ。……あらいず。わたしじゃ、ないって……」


英玲奈「……彼女にバトンを渡したのは。それでもあなただよ」

ツバサ「そうよ。……胸を張りなさい」


あんじゅ「……わかってるよ……わかってるけど……」

96: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:39:01.68 ID:48vGZX8E
ランジュ「……これが、誰かを目指すっていうこと?……これが、本当の実力者の力なの……」


栞子「……ランジュ?」


ランジュ「……たとえ力を使わなくても。自然と、目指したいから、仲間になりたいから。……自分もいつか、憧れられる側になるために……」


栞子「……ランジュ」



せつ菜『……あんじゅさんが歌った後に、歌うのは。……ちょっと、ハードルが高いですけど』


せつ菜『でも!心を込めて歌います!!聴いて下さい!!!』






せつ菜『私の!「CHASE!」!!!』






ワーーーーーーーーーー!!!!!!

97: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:39:35.60 ID:48vGZX8E
かすみ「す。凄い盛り上がりです……!!」

あなた「・・・これって、もしかして・・・」


あんじゅ「……もしかしなくても。“イチバン“盛り上がってるわよ」


あなた「・・・・・・!!」


あんじゅ「……そうでしょ?ランジュちゃん?」


ランジュ「……認めたくないけど」

あんじゅ「でしょうね。私も認めたくないもん」

あんじゅ「……私。負けちゃったもんね」

愛「……な、な……!」

98: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:40:30.71 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……はあ。スクールアイドルやるのも、ここまでかぁ」

英玲奈「ちょっと残念だけどな。……ま、この歓声を聞いたら、しょうがないな」

ツバサ「優木せつ菜、か。……素晴らしいスクールアイドルに巡り合えただけ、感謝しなくちゃね」


ランジュ「……最初から。これが、目的だったのね……」


あんじゅ「……。そりゃそうよ。……だって、そうでしょぉ?」

あんじゅ「部外者のお姉さんじゃなくて。同好会が解決すべき問題なんだから」


果林「……!!」



ランジュ「……アタシとあなたの勝負だったはずだけど」

あんじゅ「だーれもそんなこと言ってないでしょ?イチバン盛り上がった方が勝ちとしか」

英玲奈「悪い女だな。……相変わらず」



あんじゅ「……ま。これで、わかったでしょ?」


ランジュ「……」

99: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:41:14.32 ID:48vGZX8E
あんじゅ「誰のための曲なのか。誰に届けるための曲なのか」


あんじゅ「……私のように、人の曲を歌っても、あなたには勝ったわ。単純なパフォーマンスだけで、A-RISEに勝てると思ったのが運の尽きね」


ランジュ「……」



あんじゅ「……でも。それでも敵わないのよ。……スクールアイドルにおいてはね……」


あんじゅ「本当に、自分が悩んで悩んで、プロの作る曲には及ばなかったとしても。……自分が伝えたいものを詰め込んで、自分の歌いたい曲を、届けたい歌詞を。……そして」


あんじゅ「自分の大好きを大好きって歌うために作られた曲には。その人がその人らしく歌う、スクールアイドルの曲にはね」


ランジュ「……」

100: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:42:00.05 ID:48vGZX8E
「……そんな、バカげたこと。信じられるもんか」


ランジュ「……ミア?来てた、の?」


ミア「……」


あんじゅ「あらぁ?出たわね、ボクっ娘」


ミア「……ボクは。……ボクは、Giftedって言われてきたんだ……!」

あんじゅ「……ぎふてっと?」

英玲奈「……天才、ってことだ」

あんじゅ「ああ。……そういうこと」



ミア「……こんなことで。こんなことなんかで!負けを、認められるか……!!」

101: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:42:52.56 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……一つだけ。言っておくけど」


あんじゅ「何度やったってアンタはスクールアイドルには勝てないわよ」



ミア「……な、な!」



あんじゅ「確かに、売れるでしょうね。聞かれるでしょうね」



あんじゅ「……でも、そんなもの。人に夢を与える力にはならない!!」



ミア「……!!」



あんじゅ「スクールアイドルはな!生き様でやってんだ!!夢を与えてるんだ!!」


あんじゅ「たかがいい曲書いたって、目指してなんかもらえないんだ!!」


あんじゅ「……夢を追いかけてもいいんだって思わせられない曲が!歌が!!!パフォーマンスが!!!」


あんじゅ「スクールアイドルが全力で作り上げた、輝きに!!!」


あんじゅ「勝てると思ってんじゃねぇ!!!!」

102: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:44:11.04 ID:48vGZX8E
ミア「……ぅ」


あんじゅ「あと、忘れてたけど一つ。……天才って言葉は、ツバサちゃんに勝ってから言いなさい」


あんじゅ「……ツバサこそ。本物の天才なんだから」


ミア「……」


ツバサ「……買い被り過ぎじゃない?」


あんじゅ「だったら買い被られる自分を誇りなさいよ」


ツバサ「……まったく。ありがと」




あんじゅ「……。ま。そういうことだから。……ちゃんと見てなさい」



あんじゅ「……せつ菜ちゃんの、ステージをね……」




ランジュ「……」

ミア「……」

103: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:45:11.64 ID:48vGZX8E
せつ菜『目には見えない力で繋がる ……!!』


せつ菜『夢はいつか!! ほら輝きだすんだ!!!』




ワアアーーーーー!!!!



せつ菜ちゃーーーん!!!




栞子「……すごい、盛り上がりですね」





せつ菜『みんなぁ!!……盛り上がってますか―――!!?』

彼方「いえーーーい!!!」

かすみ「うわぁ!?……って彼方先輩!?起きてたんですか!!?」

彼方「起きてたよ!なんで気付いてくれないの!!」


英玲奈「そういえばさっきから一言も発してなかったな……」

ツバサ「なんで黙ってたの?」


彼方「彼方ちゃんだって怒ってたんだもん!果林ちゃんにも愛ちゃんにもしずくちゃんにも!」

彼方「ホントは口ききたくないぐらい怒ってたもん!!」


あんじゅ「……こわ」

英玲奈「ええ……」

ツバサ「一番怖い怒り方ね……」

104: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:46:01.22 ID:48vGZX8E
彼方「でもこんなライブ見せられたら怒ってんのどっか行っちゃうよ!すやぴするのも怒るのももったいないもん!」


ランジュ「……!!」


彼方「愛ちゃん!果林ちゃん!!」

愛「あっ、はい!!」

果林「か、かなた……?」


彼方「彼方ちゃん、ベツに戻ってきて欲しいとか言わないから」


愛「……」

果林「……」


彼方「でもね!戻ってきたいならいつでも戻ってきて。……ビンタ一発で許してあげるから」


愛「……カナちゃん」

英玲奈「怒りは消えたんじゃないのか?」


彼方「それはそれ、これはこれ。……ケジメはつけないとだからね」


英玲奈「……なるほどな」


しずく「彼方さん……あの、私……」

彼方「しずくちゃんはぶたないよ」

しずく「え……」


彼方「しずくちゃんはぶたない方が辛いでしょ?」


しずく「……!」

ツバサ「……厳しいのね」


彼方「甘やかしてばっかりはダメだもん。ね、エマちゃん?」

105: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:46:58.51 ID:48vGZX8E
エマ「……」

果林「エマ……」

エマ「……果林ちゃん。……私、やっぱり果林ちゃんの歌ってるところ、見たい」

果林「……」


エマ「……ランジュさん。……もう。練習、させてもらえるんですよね……?」


ランジュ「……約束は約束だから。いいよ」


エマ「……ライブも。させてくれるんだよね……?」


ランジュ「……」コクリ


エマ「……なら。果林ちゃん。……戻ってきて欲しい」

エマ「……果林ちゃんのステージ。もう一度、見たいから……」


果林「……エマ」


エマ「……もちろん。……それでも、ランジュさんと一緒にいたいなら、それでもいい」


あなた「・・・・・・!」


エマ「もっと、実力をつけたい。……そんな、果林ちゃんの気持ちだって、わからなくはないから……」

エマ「ただ。私、果林ちゃんがライブやってるところ見たいだけだから。……果林ちゃんの、歌が、ダンスが。……ステージが。みたい、だけだから……」


果林「……エマ!!」

106: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:47:31.22 ID:48vGZX8E
彼方「おっとそうはいかせないぜぃ」パチーン!

あなた「なっ!!?」

歩夢「彼方さん!!?」


果林「……え?かな、た……?」ヒリヒリ



彼方「……そんなね。一時の感情で何度も出入りされちゃ困るの」



彼方「……。ちゃんと考えてから。……ちゃんと、決めてよ」



果林「……。……わかった」



彼方「……ん。よろしい」

107: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:48:17.96 ID:48vGZX8E
璃奈「……愛さん」


愛「……りなりー。ごめんね」


璃奈「ううん。……楽しいの天才の愛さん。……わたし、もう一度見たい」

璃奈「時間はかかってもいいから。……わたし、愛さんとスクールアイドル、やりたい」


愛「……りなりー」



かすみ「……しず子さ。どうなの?スクールアイドル部は」


しずく「……かすみさん」


かすみ「……まだ入ったばっかだからわかんないだろうけどさ。……どう?」


かすみ「楽しいの?……かすみんたちと、一緒にやってた時ぐらい楽しい?」


しずく「……」


かすみ「……かすみんも。ベツに、しず子が戻ってきてくれなくてもいいよ」


かすみ「……でも。かすみんは、しず子と一緒に頑張ってた時の方が、楽しかった」



しずく「……かすみさん!!」



栞子「……」

ランジュ「……」

ミア「……」

108: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:49:11.63 ID:48vGZX8E
英玲奈「……これは、一件落着と言っていいのか?」

あんじゅ「さあね。……部外者の私たちには、この後のことなんてわかんないもん」

ツバサ「……でも。せめて、エールは送っておきたくない……?」


ツバサ「……ランジュさんたちも含めて。新しい世代の、スクールアイドルには!」


英玲奈「……ふ。やるか、私たちも」

あんじゅ「あーあ。……私、今日はA-RISEとして歌わないって言っちゃったのに」

ツバサ「いいじゃない!楽しければさ!!」

あんじゅ「……ま、そうね!」

英玲奈「ああ。……そうだな!」

ツバサ「……ソロで頑張るスクールアイドルにこそ、聞いて欲しい曲かもね、これ」

英玲奈「そうかもな!」

あんじゅ「そうね!」




A-RISE「……せつ菜ちゃん!次は私たちの番!!」


A-RISE「私たちの『Private Wars』……聴いてね!!」



せつ菜「……え?ええ?わ、私の知らない内に凄いことになってませんかーーー!!?」

109: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:49:45.28 ID:48vGZX8E
英玲奈「……おい、あんじゅ。まだ行かないのか?」

あんじゅ「まだ。イチバン伝いたいこと、伝えてない」

英玲奈「そっか。なら、私は先に行ってる」

あんじゅ「ん。ツバサにも伝えといて」

英玲奈「ん。了解」


せつ菜「……あ、あの」


英玲奈「ん?なんだ?……せつ菜ちゃん?」

せつ菜「あの。その。……ずっと、思ってたんですけど。……な、仲いいんですね!!?」

英玲奈「え?」

あんじゅ「え?」

110: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:50:25.37 ID:48vGZX8E
せつ菜「あ。いえ、その……!」

せつ菜「な、なんか。……あんじゅさん、英玲奈さんに突き放したような言葉遣いなのに、全然英玲奈さん、動じてないな、と思って……」

英玲奈「……ああ。それか」

あんじゅ「……それね」

英玲奈「まあ、なんだ。……そんな表面的な付き合いはしてなかったからな」

せつ菜「え?」

あんじゅ「……まあね。三年も仲間なんだから、そうもなるわね」

英玲奈「改めては言いたくないが。……ま、私とあんじゅ。そして、ツバサ。……皆、友達というか……戦友だから、さ」

せつ菜「……せん、ゆう……」

英玲奈「……。とりあえず、私は先にUTXに帰ってるから。あんじゅ、早く来いよ?」

あんじゅ「はいはい。りょーかーい」

111: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:51:24.25 ID:48vGZX8E
英玲奈「おっけ。……ねえ、優木せつ菜ちゃん」


せつ菜「は。はい!!?」



英玲奈「私の認めた優木あんじゅのことだから。安心して、聞いていいから」



せつ菜「……!」



あんじゅ「……」




英玲奈「じゃ、今度こそいくからな。またな」

あんじゅ「ん。またね」

せつ菜「……ま、また今度……!」


英玲奈「ああ。……また、今度な」

112: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:52:26.99 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……」


せつ菜「……あ、あの!あんじゅさん!!」


あんじゅ「なあに?せつ菜ちゃん」


せつ菜「あ、あの。……この度は、どうもありがとうございました!!」


あんじゅ「……うっふふ。なあにそれ。私は何もやってない。監視員をやめさせたの、せつ菜ちゃんの力よ?」


せつ菜「……で、でも。……スクールアイドル、辞めるって賭けてまでも、私たちのこと……!」


あんじゅ「あー、でもソレ、結局ランジュちゃん達に取り消されちゃったからなぁ。……『目指すべき人がいないとつまんないから、取り消させて』なんて言われちゃってさ」



せつ菜「……」

113: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:53:36.05 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……ね。せつ菜ちゃん」



せつ菜「……はい?」



あんじゅ「私。……先に行って、待ってるから」



せつ菜「……ぇ……」



あんじゅ「せつ菜ちゃんが、私に追いついて。追い越すの。……そんなこと、させないつもりだけど。……でも」




あんじゅ「待ってるから。……私に追いついてよね!」


せつ菜「……!!」





せつ菜「……はい!!!」

114: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:57:06.46 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……それでさ。……その」


せつ菜「え、はい……?」


あんじゅ「もし。……せつ菜ちゃんが、良かったら、なん、だけどぉ……」


せつ菜「……はい?」




あんじゅ「……わ、私に。……サイン。くれない……?」




せつ菜「……はい!!モチロンです!!……ぁ、でも……」




あんじゅ「……ん、なあに?」


せつ菜「ぉ。お返しと言っては、あの……失礼ですけど……」






せつ菜「……よろしければ!!あんじゅさん!私にサインください!!!」






あんじゅ「……えっへへ!もっちろん!!」

115: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 01:58:20.56 ID:48vGZX8E
・・・



あんじゅ「……んっふふ~。今日はせつ菜ちゃん、どうしてるかなぁ~」



英玲奈「……あんじゅ。お前、最近ちょっとキモイぞ」


あんじゅ「ええ~そう?」


英玲奈「そうだよ」


ツバサ「……それより、見た?虹ヶ咲、凄い勢いよ」



英玲奈「……これは。ここまで、来るとはな……」


あんじゅ「へえ。確かに、凄いのね」




あんじゅ「……でも。負けてられないでしょ?」



あんじゅ「私たちを目指してくれる存在には。ずっと、目指してもらえるようにしなくちゃいけないもんね」




英玲奈「……ああ。そうだな」

ツバサ「……ふふ。その通りね」


あんじゅ「じゃあ。今日も練習、頑張りましょ?」


英玲奈「ああ!」

ツバサ「うん!」

116: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:00:44.10 ID:48vGZX8E
あんじゅ「……」チラ



あんじゅ(……今日も、頑張るからね)



あんじゅ(……絶対に。あなたには、負けないから……!!)



あんじゅ(だから、あなたも頑張ってよね!!)











『優木あんじゅさんへ』



『ずっとあなたを目指しています!だから、いつまでも頑張って下さい!!』



『あなたのファン第一号』

117: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:01:17.56 ID:48vGZX8E
『優木せつ菜より』

118: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:01:47.18 ID:48vGZX8E
 

おしまい

 

120: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:03:51.53 ID:l75Hi3zi
すげーよかった!

121: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:03:59.71 ID:547s0Za8
泣いた
本当によかったぞ

123: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:04:26.53 ID:NR2eiAwD
乙乙
こういうのでいいんですわよこういうので

124: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:05:15.12 ID:48vGZX8E
最初は不平不満だけをA-RISEに代弁させるクソを書いてたはずなのにどうしてこうなった……
酒飲んで書いちゃダメですね。
こんな拙い作品でも、もし読んでくださった方がいたら、心より感謝申し上げます。

127: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:07:30.14 ID:l75Hi3zi
酔えば酔うほとすごくなる
酔拳みたいだな

128: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:09:35.19 ID:bsSSWaEr
あなたみたいな人がライターだったらよかったのに…

129: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:10:49.83 ID:6XBcY4Ot
乙!

例のアレ抜きにしても単純に優木2人のお話として読み応えがあったし酒入れてこれ書けるのすげえよ!面白かったぜ!

131: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:53:12.37 ID:oRJI9Uue
これが現実ならどれだけ良かったことか

132: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 02:56:17.59 ID:DltY9Emt
う~む、良作すぎる

153: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 12:52:57.69 ID:VM1CTHpF
ええ話やん!

154: ときめきたい名無しさん 2020/11/03(火) 13:45:54.63 ID:9aPaE8W8
面白かったぞ乙

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1604330307/












注目記事
関連記事
2020/11/03 15:00 | SS | コメント(13)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 15:58:26
  2. なお二度と声の出演は無い模様

  3. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 16:17:38
  4. 冷静に考えて、μ'sやAqoursを間近で見た虹ヶ咲メンバーが、クソチャイナのライブ見てレベルが違うとか発言してたから、間接的にμ'sもAqoursも貶してるよなこの脚本
    しかもPV見たけど好き嫌い関係なしに全然良いと思わなかったし
    キャラ達とこっちの認識がズレすぎてるから描写に説得力なさすぎ
    μ'sとAqoursの方が凄いし同好会の曲の方がいい
    納得させたいならもっと良い曲にしろよ

  5. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 16:32:26
  6. もうSS書き達にメイン脚本任せたら?

  7. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 17:12:56
  8. 20章とは別ベクトルでこのssは酷いと思うぞ
    典型的な「ほなお人形さん片付けるで」やん

  9. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 17:19:52
  10.  こういう展開は嫌いではないけど、公式ではなくSSとして面白い展開だとは思う。
     キャラ崩壊系アライズSSはこれからも増えて欲しい。

  11. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:00:20
  12. この前のあなたちゃんがキレるSSとこのSS書いてる人雇えマジで

  13. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:01:15
  14. ※4
    初めて聞いたけどどんな典型例なんだ?

  15. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:16:14
  16. ※4
    煽りではなく、どゆ意味なの?

  17. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:21:13
  18. SSで、20章以降のもう1つの可能性としてはありだな
    いや、大好き

  19. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:27:22
  20. 何度もいうけど
    オリジナルがないとこういうの書けないから素人にしかみえない

  21. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 18:33:43
  22. ※10
    アメーチカバレてるぞ

  23. 名無しライバーさん:2020/11/03(火) 19:02:31
  24. いや、レベルの高い二次創作でおじさん嬉しい( ^ω^ )

  25. 名無しライバーさん:2020/11/05(木) 19:57:40
  26. こっちを本作でやってほしいよ…

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【画像】三船栞子ちゃんの部屋着wwwww【ラブライブ!スクスタ】 Dec 01, 2020
【毎日劇場】海未ちゃん、かすみちゃん「にも」厳しい【ラブライブ!スクスタ】 Dec 01, 2020
【SS】曜「鞠莉ちゃんのニーハイが気になる」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Dec 01, 2020
【悲報】スクスタ毎日劇場さん、また誤字【ラブライブ!】 Dec 01, 2020
【朗報】ランジュ、ご満悦【ラブライブ!スクスタ】 Dec 01, 2020
【悲報】捕手のんたん、ささやき戦術が通用しないキャラがいる【ラブライブ!】 Dec 01, 2020
虹ヶ咲アニメ13話終了後のアニガサキロスを回避する方法【ラブライブ!】 Dec 01, 2020
【悲報】桜坂しずくさん、上級国民だった【ラブライブ!スクスタ】 Nov 30, 2020
正直ランジュ好きになったやつwwwww【ラブライブ!スクスタ】 Nov 30, 2020
お前らの好きなアニガサキの名シーン書いてけ!【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 30, 2020
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 μ's SS 画像 スクスタ 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! ラブライブ! ライブ 津島善子 逢田梨香子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 小原鞠莉 国木田花丸 上原歩夢 中須かすみ 絢瀬絵里 小林愛香 伊波杏樹 優木せつ菜 Saint_Snow 園田海未 高坂穂乃果 矢澤にこ 鈴木愛奈 楠木ともり 桜坂しずく スクスタ毎日劇場 ラブライバー 斉藤朱夏 小宮有紗 南ことり 天王寺璃奈 星空凛 動画 グッズ スクフェス 宮下愛 朝香果林 近江彼方 エマ・ヴェルデ 西木野真姫 小泉花陽 諏訪ななか アニメ 東條希 三船栞子 大西亜玖璃 高槻かなこ 降幡愛 高咲侑 鹿角聖良 管理人の戯言 鹿角理亞 あなたちゃん 前田佳織里 相良茉優 声優 新田恵海 鬼頭明里 内田彩 三森すずこ ハロー!!!ラブライブ! 久保田未夢 ラジオ グラブル 南條愛乃 田中ちえ美 村上奈津実 楠田亜衣奈 ぷちぐるラブライブ! 指出毬亜 徳井青空 矢野妃菜喜 ラブライブ!スーパースター!! 渡辺月 田野アサミ 飯田里穂 浦ラジ 久保ユリカ Pile スクフェスAC 生放送 ニュース 佐藤日向 ランジュ 小泉萌香 A-RISE 高海美渡 近江遥 にじよん 高海志満 高坂雪穂 ニジガク 絢瀬亜里沙 佐倉綾音 中川菜々 平安名すみれ 唐可可 ミア ニコ生 荻野由佳 演劇部部長 澁谷かのん 中川奈々 鞠莉ママ 綺羅ツバサ ことりママ サスケ 葉月恋 水樹奈々 流しそうめん同好会 綾小路姫乃 雨宮天 ランジェ 畑亜貴 本田圭佑 スクパラ 黒沢ともよ 千歌ママ エマ 支倉かさね しいたけ Shadowverse 漫画 法元明菜 芹澤優 水瀬いのり 指出毱亜 ことり母 内田秀 桜咲しずく 川本美里 クリスティーナ 善子母 いつき LOCKS! 本渡楓 理事長 鍾嵐珠 Liela! Liella! 松永真穂 お盆 櫻川めぐ ゲーム QU4RTZ オフィーリア 統堂英玲奈 芸能 大橋歩夕 優木あんじゅ 山本希望 女子高生 スクコレ 東山奈央 ぽきもそ 金元寿子 矢澤こころ Aqours_LOCKS! 藤黄学園 ドラマCD 嵐千砂都