当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】梨子「どこまでも沈んで」曜「どこまでも溶けて」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】梨子「どこまでも沈んで」曜「どこまでも溶けて」【ラブライブ!サンシャイン!!】

youriko.png





1: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:22:33.83 ID:lUlR/Yc7
ようりこSS

2: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:23:06.10 ID:lUlR/Yc7
梨子(別れの言葉は、突然に訪れた)

曜「……」

梨子「……」

曜「……ねえ、梨子ちゃん?」

梨子「……」

曜「……私ね、もう限界なんだ。梨子ちゃんと一緒にいるの」

梨子「え……?」

梨子「曜ちゃん……?」

曜「……」

梨子「い、今のって、どういう……」

曜「言葉通りの意味だよ、それ以上でもそれ以下でもないから」

3: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:24:09.53 ID:lUlR/Yc7
曜「私も梨子ちゃんのことを見てなくて、梨子ちゃんも私のことを見てくれてないのなら、もう二人でいる意味はないんじゃないかって……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……」ポロッ

梨子「曜ちゃん……」

梨子(……残酷な現実を突きつけられた刃物のような言葉)

梨子(それを前にした私の顔は、悲痛に歪んでいたのかな……?)

梨子(それとも……)

梨子「……」

梨子(……安堵感と倦怠感が入り混じった、邪悪な笑顔が咲いていたのかな?)

4: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:25:05.46 ID:lUlR/Yc7
———

~高校三年生 8月1日~

曜「……」ジーッ

曜「……//」

梨子「……曜ちゃん?」

曜「うわあああっ!?梨子ちゃん!?」

曜「り、梨子ちゃん!!どうしたの!?急に!」

梨子「曜ちゃんの方こそ何してたのよ、ちょっと怪しい感じに見えたけど……」

曜「えええっ!?怪しくない!!怪しいことなんかしてないから!!」

梨子「じゃあなんで陰からこっそり教室をのぞいてたの?」

5: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:26:07.02 ID:lUlR/Yc7
曜「えっと……」

梨子「うん」

曜「………あのね」

梨子「うん」

曜「……」

ヒソヒソ

梨子「ふむふむ……なるほどね……」

曜「ど、どうしたらいいのかな……?」

梨子「そんなの決まってるじゃない」

ガラガラッ!

曜「!?」

梨子「千歌ちゃん!曜ちゃんが渡したいものあるんだって!」

6: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:26:52.88 ID:lUlR/Yc7
千歌「ええっ!?なになに?プレゼント!!?わーい!!」

曜「あ、うん、これ……//」

千歌「わぁ~!可愛いラッピング~!」

千歌「ねえねえ、開けてみていい?」

曜「う、うん……」

千歌「~♪」

ガサガサ

千歌「わぁ~……!!」

曜「ぬいぐるみ、千歌ちゃんに喜んでもらえるように頑張って作ったから……」

千歌「えーっ!!これ曜ちゃんが自分で作ったの!?すっごーい!!かっわいー!!」

曜「あ、ありがと……」

7: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:28:04.51 ID:lUlR/Yc7
千歌「えへへっ、実は私毎年ね、曜ちゃんからの誕生日プレゼントすっごく楽しみにしてるんだ~♪嬉しい!!」

ガラッ!

むつ「千歌~?ちょっといい?」

千歌「あ、うん!今行く!!」

千歌「あっ、ありがとね!曜ちゃん!!」

テテテッ!

曜「……」

梨子「良かったじゃない、ちゃんと渡せて」

8: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:28:42.27 ID:lUlR/Yc7
曜「あ、うん……ありがと梨子ちゃん」

梨子「いいのよ、これくらい」

曜「ふぅ~……」

梨子「……ねえ曜ちゃん、一つだけ質問していい?」

曜「あ、うん。大丈夫だよ」

梨子「……」

梨子「……あのね曜ちゃん」

曜「……?」

梨子「……」

梨子「……曜ちゃんって、千歌ちゃんのこと好きでしょ?」

9: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:29:21.09 ID:lUlR/Yc7
曜「んなっ!?そ、それは……//」

梨子「それも友達じゃなくて恋人として。どう?」

曜「え、えっと……」

梨子「……ふふっ、図星って顔してる♪」チョン♪

曜「……//」

梨子「……ねえ曜ちゃん、もし曜ちゃんさえよかったら、さ」

梨子「曜ちゃんのその恋、私にも手伝わせてくれない?」

10: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:30:39.93 ID:lUlR/Yc7
曜「え?手伝う?どういうこと?」

梨子「曜ちゃんが無事に千歌ちゃんに想いを伝えられるように、私が曜ちゃんのこと応援するの。ほら、今日みたいに」

曜「……」

梨子「……ダメ、かな?」

曜「いや、だめっていうより……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……もしかして怖いの?」

曜「……」

梨子「自分の想いを打ち明けたら、千歌ちゃんが離れて行っちゃうんじゃないか、なんてこと考えてるの?」

曜「まあ、そんな感じ……」

梨子「ふーん……」

12: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:31:41.51 ID:lUlR/Yc7
梨子「……曜ちゃんは今のままでいいの?」

曜「え……?」

梨子「残り少ない高校生活、このまま千歌ちゃんとバイバイなんて、それでいいと思ってるの?」

曜「……」

梨子「……あのね曜ちゃん、行動しないと変わらないのよ、現実って」

曜「変わらない……」

梨子「そ、何もね」

梨子(だから私は利用した。親友さえも道具にして)

曜「……」

梨子「いつまでもうじうじ悩んでいたって、なんの解決にもなりはしないのよ?」

曜「それは、そう、かもだけど……」

15: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:33:12.57 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「……」

梨子「……それにね」

梨子「このままだと、千歌ちゃんのこと、誰かに盗られちゃうかもだよ?」

曜「んなっ!?誰かって、誰に!!?」

梨子「ふふっ、誰だろうね♪」

曜「……」

曜「……わかった」

曜「私、頑張ってみるね……」

梨子「うん!それでこそ曜ちゃんよ!」

曜「だ、だから、梨子ちゃん、わ、私の初恋、応援……//」

梨子「もっちろん!任せといてね!出来る限りのことはしてあげるから!!」

曜「よ、よろしくお願いします……」

梨子「……♪」

梨子(そう、今振り返れば、これが全ての始まりだったような気がする)

梨子(独善的で利己的で、周りの全てを裏切って)

梨子(そんな自分すらも罠に陥れるような、そんな破滅の道への始まりでした)

17: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:35:09.78 ID:lUlR/Yc7
———

千歌「ねえねえ聞いた?最後の調理実習のペア決めの話!」

曜「ペア……」

梨子「あ、うん、私も聞いたよその話。確か今年は好きなデザートのレシピを考えて、実際に作ってみてみんなで試食会、だっけ?」

千歌「そうそう!試食会なんだよ!それもみんなで!絶対楽しいじゃんそれ!」

千歌「しかもデザート作っていいなんてね~、うぅ~、今からすっごく楽しみだよ~!!」

梨子「ね~、可愛いデザートが学校で作れるなんて、まるで夢みたい」

千歌「あ、それでね、調理実習のペアなんだけどさ!」

千歌「梨子ちゃん!曜ちゃん!一緒にやろうよ!!デザート作り!!」

梨子「えっ?」

18: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:36:13.90 ID:lUlR/Yc7
曜「……」

千歌「お願いしたら三人組でもきっと許してくれると思うし!それに私この三人でやってみたいの!」

曜「うん、私は大丈夫、かな……」

千歌「梨子ちゃんは?」

梨子「えっ?私?」

梨子「……」

千歌「……」

梨子「……」

千歌「……だめ?ひょっとしてもう他の誰かと約束しちゃってるとか?」

梨子「ううん、そんなことない、けど……」

千歌「……けど?」

梨子「……」チラッ

曜「……?」

梨子「……ふふっ」ウインク♪

曜(!!?)

20: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:37:35.25 ID:lUlR/Yc7
梨子「そうね、私は遠慮しとくわ」

千歌「ええっ!?どうして!?」

梨子「私たちのワガママで三人組にしてくださいって言われたら、先生だって困っちゃうでしょ?」

千歌「でも……」

梨子「大丈夫よ、私、お料理は得意な方だし。いつもの調理実習だって引っ張りだこじゃない」

千歌「それは、そう、かもだけど……」

梨子「じゃあ私は他の娘を探してこなくっちゃ……あっ!むっちゃん!ちょっといい?」

曜「あっ!梨子ちゃん!!」

タタタッ

23: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:40:03.22 ID:lUlR/Yc7
千歌「……」

曜「……二人になっちゃったね」

千歌「うん……」

曜「……」

千歌「……」

曜「……ご、ごめんね!残っちゃったのが私の方で!!千歌ちゃん、梨子ちゃんとすっごく組みたそうにしてたし」

千歌「ううん、私曜ちゃんともペア組みたかったから、別にそれはいいの。けど……」

曜「……けど?」

千歌「……ううん!やっぱりなんでもない!それより曜ちゃん!!」

ガシッ!

曜「わっ!?千歌ちゃん!?」

千歌「せっかく二人っきりになれたんだもんね!曜ちゃん!当日は私のこと!よろしくね!!」ギュッ!

曜「!!?」

千歌「一緒にがんばろうね!曜ちゃん!!」ニコッ♪

曜「こ、こちらこそ、よろしくね、千歌ちゃん……//」テレテレ

27: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:42:11.81 ID:lUlR/Yc7
曜「梨子ちゃん!」

ガシッ!

梨子「曜ちゃん?どうしたの?」

曜「どうしたの?じゃないよ!もう!さっきのはちょっと強引すぎるんじゃない?」

梨子「強引にしないと踏み出して行けない臆病さんは、どこの誰だと思ってるのよ」

曜「そ、それは、そうかもだけど……私はもっと自然に、接近したいっていうか……」

梨子「……曜ちゃん?」ズイッ!

曜「わっ!?梨子ちゃん!?」

梨子「……千歌ちゃんのこと、いつから好きなんだっけ?」

曜「ええっ!?好きって……//いやまあ、す、好き……//だけど……//」

梨子「ほーら、ちゃんと私の目を見て答えてよ」

曜「あ、うん……」

29: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:43:40.42 ID:lUlR/Yc7
梨子「曜ちゃん?」

曜「……//」

曜「しょ、小学校のときから……//」

梨子「……」

曜「……//」カァァッ

梨子「……はぁ」

曜「んなっ!?」

梨子「曜ちゃん?小学校から千歌ちゃんとずーっと一緒にいて、まだ正直な気持ちすら伝えられてないんだよ?ちょっとは危機感持たないと」

曜「き、危機感って……」

梨子「じゃあ私が千歌ちゃんのこと、もらってっちゃおっかなぁ~♪」

33: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:45:07.03 ID:lUlR/Yc7
曜「んなっ!?そ、それはだめぇ!!」

梨子「冗談よ♪曜ちゃんはちょっとくらい大胆な方が可愛いんだから、千歌ちゃんに対してももっと積極的になってあげないと、ね?」

梨子「それに、ぐいっと大胆に連れ出してもらえた方が女の子はキュンキュンときめいちゃうものなのよ、曜ちゃん」

曜「うーん、そんなもんなのかなぁ……?」

梨子「ええ、だからもっと……」

千歌「なになに?何の話してるの?二人で」

曜「わあああっ!?千歌ちゃん!!?なんでもない!!なんでもないからっ!!!//」

千歌「えー?なんでもなくないでしょ、その反応。ねえ梨子ちゃん?」

梨子「……そうね、千歌ちゃんのお話をしてたのよ」

千歌「ほえ?私の話?ウワサか何か?」

35: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:46:17.25 ID:lUlR/Yc7
梨子「ふふっ、千歌ちゃんってほんとに可愛いなって」ナデナデ

千歌「ええっ?どういうこと?それじゃわかんないよー」プクーッ

梨子「あ、ごめん、私ちょっと用事思い出しちゃった。あとは曜ちゃんから聞いてね♪」

曜「ええっ!?わ、私に振るの!?」

梨子「じゃあちょっと行ってくるわね♪」

千歌「あっ……」

梨子「……」タタタッ

36: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:47:34.84 ID:lUlR/Yc7
テクテク

梨子「……」

曜『ええっ!?好きって……//いやまあ、す、好き……//だけど……//』

梨子『ほーら、ちゃんと私の目を見て答えてよ』

曜『あ、うん……』

梨子『曜ちゃん?』

曜『……//』

梨子「……♪」

梨子(ふふっ、やっぱり曜ちゃんってば可愛いなぁ~、もう)

梨子(自分の気持ちに素直になれないほど繊細で、大切な幼馴染にドギマギして頬を赤らめることもあったりするんだけど……)

梨子(……でも大事なとこではビシッと決めて、確かな強さを心に秘めている。そんな曜ちゃんの内なるギャップが、私はとっても大好きです)

37: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:48:33.09 ID:lUlR/Yc7
梨子(笑った顔、困った顔、潤んだ顔、悲しそうな顔、緩んだ顔、優しい顔、そして何かを見つめる真っ直ぐなそのお顔)


梨子(曜ちゃんは知れば知るほど色んな表情を私に見せてくれて、ああ、こんなのも私のこと、大切に思ってくれてるんなだなぁって嬉しくなったりもするんだけど……)

………


38: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:49:26.59 ID:lUlR/Yc7
———

梨子(私が初めて好きになった曜ちゃんは、とっても寂しそうな顔をしていた気がする)

ガラッ

梨子「……曜ちゃん?まだ練習してたの?」

曜「あ、うん!私たちの記念すべきファーストライブだし!やれることは全部やっておきたいんだ!!」

梨子「そう……」

曜「悔いの残らないようにいつだって全力で!千歌ちゃんだって梨子ちゃんだって頑張ってくれてるんだもん!私だって頑張らないと!!」

梨子「……」

曜「ほっ、とっ……」

梨子「……ねえ曜ちゃん、見学しててもいい?」

曜「うん!もちろん!!」

40: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:50:44.72 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「ほっ……とうっ!わあっ!!」

ステン!

曜「あちゃー……ここのターン、上手くいかないなぁ……」

曜「もっと流れで出来るように、振り付け考え直した方がいいなかなぁ……」

梨子「……曜ちゃん?」

曜「うわあっ!!?梨子ちゃん!!?いたの!!?」

梨子「さっき見学してるって言ったじゃない」

曜「へ……?あ~、そうだったね~」

曜「忘れてたよ、たはは……」

梨子「もう、曜ちゃんったら」

41: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:51:41.18 ID:lUlR/Yc7
曜「……」

梨子「……曜ちゃん?」

曜「……梨子ちゃん、か」

梨子「……?」

曜「……うん!梨子ちゃんならいっか!」

梨子「えっ?いいって、何が?」

曜「りーこちゃん!少しだけお話しない?」

43: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:53:30.38 ID:lUlR/Yc7
梨子「話ってなあに、曜ちゃん?」

曜「……」

梨子「……?」

曜「……ありがとね梨子ちゃん。スクールアイドル始めてくれて。千歌ちゃんのワガママ聞いてくれて」

梨子「ううん、いいのそれはもう。私が自分で決めたことだし……」

曜「ううん、それでも私は梨子ちゃんにありがとって言いたい。だからありがと!」

クルッ!

曜「……私ね、梨子ちゃんは知らなかったかもだけど、千歌ちゃんとずーっと一緒だったんだ。小さい時から」

44: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:54:24.49 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「でも千歌ちゃんとはすれ違い続けて、私が一緒に遊ぼうって誘っても千歌ちゃんはいっつも寂しそうな顔してて……」

曜「……だからね、すっごく嬉しかったの!千歌ちゃんにスクールアイドル誘われた時は!ああ、これがきっと最初で最後のチャンスなんだろうなって!」

曜「私ね、千歌ちゃんの夢を叶えてあげたい!千歌ちゃんと一緒に大きな夢を成し遂げたい!これが今の私の精一杯の夢だよ!」

曜「それで梨子ちゃんが転校してきて、偶然だなんて思えなくて……私だってね、梨子ちゃんと出会えたこと、奇跡みたいって思ってるんだよ?」

梨子「曜ちゃん……」

曜「だから梨子ちゃん!心から!ありがとっ!!このありがとうは私からの分だよ!!」

梨子「う、うん……」

45: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:55:52.82 ID:lUlR/Yc7
曜「ふ、ふぅ~……言い切った……」

梨子「……どうしてそんな大切な話を私なんかにしたの?」

曜「え?どうしてって?」

梨子「だって急に曜ちゃん、変な……ううん、大事なお話なんて始めるから……」

曜「うーん……梨子ちゃんに対しては誠実でありたいから、かな?」

梨子「えっ……?」

曜「だって不公平じゃない?これからきっと三人で大きな夢を成し遂げたいって思ってるのに、梨子ちゃんにだけ隠し事なんてしちゃうのは」

曜「私ね、ちっぽけな想いも、ちょっとしたいざこざも全部乗り越えて、もっと三人が特別な関係になれたらなって、そう思ってるから」

梨子「曜ちゃん……」

曜「……よし!!」ペチペチ

曜「うん!なんか全部吐き出したらすっきりした気がする!がんばるぞー!!」

46: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:57:11.04 ID:lUlR/Yc7
曜「というわけで私もうちょっと練習してくるから!」

タタタッ

梨子「あっ……」

梨子(……どういう意味だったんだろ、さっきの言葉)

梨子「……」

曜「……あっ!梨子ちゃん!!もう一つ大切なこと忘れてた!!」

曜「私!!絶対負けないからね!!」フリフリ

テテテッ!

梨子「……?」

———

47: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:58:03.60 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」


梨子(……今思い返してみれば、きっとあれは曜ちゃんなりの宣戦布告……だったのかもしれません)


梨子(でも私はあの時の曜ちゃんの決意の表情を、後悔と寂しさに溢れた悲しそうな表情を見てしまった時、私の中に一つの確信が芽生えたのです)


梨子(ああ、曜ちゃんの心の核心を、もっと見せて欲しいなって、私にだけ特別な表情を見せて欲しいって、あなたのことをもっともっと知りたいって)


梨子(そしていつか、私は恋に落ちていくんだろうなって……)


………


48: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 18:59:39.20 ID:lUlR/Yc7
~調理実習当日~

千歌「曜ちゃん!そっちのボウル取って!!」

曜「ほいっ!千歌ちゃん!」パスッ!

千歌「ありがと曜ちゃん!ナイスコンビネーション!」

曜「えへへ~、それほどでも~」テレテレ

千歌「でもよく見つけたね~、みかんパフェのレシピなんて!」

曜「そんなことないよ、ネットで検索かけただけ」

千歌「でも~、あんなお店みたいにキラキラしたやつ自分たちで作れるなんてね~、もう驚きだよぉ~」

曜「あっ、それはね、梨子ちゃんに相談してみたんだ!」

49: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:00:39.64 ID:lUlR/Yc7
千歌「梨子ちゃん?」

曜「うん!なんかね、寒天を固めることろで材料を間違えさえしなければ、後は簡単なんだって!」

ピタッ!

千歌「ふーん……梨子ちゃん、か……」

千歌「……」

曜「……?」

千歌「……ねえ、曜ちゃん?」

曜「ん?なーに、千歌ちゃん?」

千歌「曜ちゃんって最近、梨子ちゃんとすっごく仲いいでしょ?」

50: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:01:35.23 ID:lUlR/Yc7
曜「え?どうして?千歌ちゃんだって梨子ちゃんと仲良くない?」

千歌「いや、そういうことじゃなくて……なんか特別、って感じの」

曜「へ?特別……?」

千歌「うん、もしかしてさ、曜ちゃん」

千歌「梨子ちゃんのこと、好き……とか?」

曜「ふえっ!?私が!?梨子ちゃんのこと!?」

千歌「うん、そうだけど」

曜「ないない!!全然ないからそんなこと!!」

曜(だって私の好きな人は……)

51: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:02:45.42 ID:lUlR/Yc7
千歌「えー?ほんとかなー?もしそうだったら私、梨子ちゃんのこと妬けちゃうなぁ~」ニヤニヤ

曜「も、もうっ!からかわないでよっ!!」

千歌「えー?だって曜ちゃん、ゆでだこみたいになってるんだもーん」フニフニ

曜「ええっ!?そ、それは……っ!!//」

曜「あっ!そろそろ寒天固まってるかも!!私、冷蔵庫見てくるねっ!!」

ピューッ!

千歌「あっ!?曜ちゃん!!」

千歌「……もうっ」プクー

千歌「……」

52: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:03:57.31 ID:lUlR/Yc7
千歌「ふぇ~、できた!!」

曜「うん!色使いもばっちりであります!これならクラスで一番の出来だって取れるかも!!」

千歌「あ!曜ちゃん!写真撮ろうよ!写真!」

曜「うん!いいよ!」

千歌「それじゃあいっくよー!はいっ!ピース!!」

パシャッ!

曜「ありがと千歌ちゃん!!……って私たちが自撮りしても意味ないでしょっ!パフェの写真撮らないと!!」

千歌「あははー!曜ちゃん、ナイスツッコミ!!」ビシッ!

曜「もう、千歌ちゃんらしいなぁ」クスクス

53: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:05:08.30 ID:lUlR/Yc7
千歌「あ、そうだ!味見しようよ!味見!!」

曜「えっ?でも勝手に食べたら怒られるんじゃ……」

千歌「はいっ!曜ちゃん!!あーん!!」

曜「あ、あーん……」

パクッ!

曜「もぐもぐ……」

千歌「どう?曜ちゃん、美味しい?」

曜「うん!すっごく美味しい!!」

千歌「……ふふっ」ニヤッ

ビシッ!

千歌「はい曜ちゃん食べた~!これで曜ちゃんも共犯~!!」

54: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:06:06.71 ID:lUlR/Yc7
曜「んなっ!?え、ええっ!?騙したの!!?」

千歌「騙される方が悪いんです~!!じゃあ私も……あむっ!!」

パクッ!

千歌「ん~♡美味しい~♡」

千歌「やっぱりみかんは最高だね~♪甘さと酸っぱさでお口の中がパラダイスだよぉ~♪」

曜「そ、そう、なら、良かった、けど……」

千歌「ん~♡もう一口だけ……」

先生「高海さん?」

千歌「うげっ!?」

先生「……」

千歌「……」

先生「……言いたいことは、わかりますよね?」

千歌「はい……」シュン

55: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:07:12.49 ID:lUlR/Yc7
曜「あっ!梨子ちゃん!!」タタタッ!

梨子「曜ちゃん、どうだった?上手くいった?」

曜「うん!すっごく!!梨子ちゃんが書いてくれたレシピすっごくわかりやすかったよ!!ありがとっ!!」

梨子「もう、そうじゃなくて……」

曜「……?」

ヒソヒソ

梨子「……千歌ちゃんのことよ♪」

曜「んなっ!!?//」

56: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:08:23.79 ID:lUlR/Yc7
梨子「それでどうたったの?ちゃんと千歌ちゃんにカッコイイとこ、見せられた?」

曜「そ、それは……」

梨子「……?」

曜「……//」

梨子「……ふふっ」

梨子「まあ本当は全部見てたから知ってるのよね~♪」

曜「ええっ!?」

梨子「カッコよかったわよ?ちゃんとさりげなく千歌ちゃんのこと、リードしてあげてるところ」

曜「あ、うん、ありが、と……//」

梨子「でもみんながみている前であんなにイチャイチャするっていうのは、いただけませんなぁ~」ニヤニヤ

曜「イ、イチャイチャって……//ちがっ!!あれは千歌ちゃんの方から……//」

57: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:09:58.16 ID:lUlR/Yc7
梨子「ふふっ、冗談よ。本当にお似合いだったわよ?千歌ちゃんと曜ちゃん」

曜「そ、そうかなぁ……?//」テレテレ

梨子「嘘ついたって仕方ないじゃない。私ね、やっぱり千歌ちゃんのそばにいてあげる人は曜ちゃんがいいって思ってるんだから、心から」

梨子(いつだって私は嘘つきだった。自分が可愛くて、自分だけの思い通りになればいいって、ただそれだけで)

梨子(本当は曜ちゃんなんかとは比べ物になんないくらいに空っぽだった)

曜「そ、そう……ありが、と……」

曜「じゃ、じゃあ私も、勇気……だしてみよっかなぁ……?」

梨子「うん!応援してる!!」

梨子(この言葉がトリガーでした。私が曜ちゃんを焚きつけて、曜ちゃんの迷いをどうにか説得して)

梨子(二週間後の高校最後の文化祭。最後の演目はフォークダンス。曜ちゃんは思い切って千歌ちゃんに告白をしたみたいだけど)

梨子(……ものの見事に、ううん、おおかた私の予想通りに、玉砕してしまったみたいです)

58: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:10:58.88 ID:lUlR/Yc7
———

梨子「はぁっ、はぁっ………」

梨子(曜ちゃん……!!)

バン!!

梨子「あっ!いた!!」

梨子「はぁっ、はぁっ………曜ちゃん!!」

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「曜ちゃん!!曜ちゃん!!」

曜「うん、そんなに呼ばなくても、聞こえ、てる……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「……」

梨子「……ね、ねえ曜ちゃ

曜「ごめん梨子ちゃん。今は一人にして欲しい」

59: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:12:01.22 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「ぐすっ……ぐすっ……」フキフキ

梨子「……」

ギュッ

曜「……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「……梨子ちゃん」

梨子「……」

曜「放っといてよ……こんなとこ、他人に見られたくないもん……」

60: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:14:01.92 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「……情けなくて、カッコよくない私なんて、本当は誰にも見せたくなかったのに」

梨子「……うん」ギュッ

曜「私はみんなのヒーローで、そうでありたいって思ってたのに……ぐすっ……」

梨子「……うん」

曜「なのに、なのに……どうして……ぐすっ……」

梨子「……ごめん」ポンポン

曜「千歌ちゃんは、私のこと……私は、ずっと……ぐすっ……」

梨子「……」ポンポン

曜「梨子ちゃん……」ウルウル

梨子「……うん」

曜「……えぐっ」ポロッ

61: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:14:57.61 ID:lUlR/Yc7
曜「……わたし!!わたし!!好きだったのに!!ずっと!!大好きだったのに!!」

曜「わたし!!わたし!!うわーん!!うわーん!!」

梨子「……ごめんね、曜ちゃん」ポンポン

梨子「ごめんなさい、本当にごめんなさい……」

曜「ひぐっ!ぐすっ……!!」

梨子「……」ギュッ

梨子(……そんな空虚な言葉なんかじゃ曜ちゃんの悲しみを上書きすることなんてできないことくらい、私だってわかっていたのに)

梨子(私の中には温もりなんてなくて、凍りついたその寂しさは溶かしてあげられませんでした)

62: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:15:59.20 ID:lUlR/Yc7
………



曜「……」

梨子「……曜ちゃん、落ち着いた?」

曜「……」

コクリ

梨子「そう……」

曜「……」

梨子「……あ、あのね!」

梨子「曜ちゃん!本当にごめんなさい!!」

曜「……?」

63: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:17:06.66 ID:lUlR/Yc7
梨子「だ、だって、私、あの時、曜ちゃんの初恋、応援するって、そう、決めたのに……」

梨子「私の出来ることは全部やるって、そう決めたのに……」

梨子(自分の感情なんかにとらわれず、大好きな人が幸せになるように努力をする。そこに真実があるってことは、私が一番理解しているっていうのに……)

梨子「だから、だから……」

曜「……」

梨子「……」

曜「……そんなこと言わないでよ、梨子ちゃん」

曜「私が決めたんだよ。この十数年間の初恋に終止符を打つって。私がそう、決めたんだよ」

梨子「曜ちゃん……」

曜「自分で決めた結果だから、自分で選んだ道だから……」

曜「だから泣いてちゃいけないのに、笑顔でいなくちゃいけないのに……」

曜「じゃないと、千歌ちゃんに……そんな私が、嫌いだから……」

64: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:18:17.99 ID:lUlR/Yc7
梨子「曜ちゃん……」

梨子「……ぐすっ」ポロッ

梨子(ああ、ずるいよ。曜ちゃん)

梨子(そんな言葉をかけられたら、そんな表情を見せられちゃったなら、ますます……)

梨子(曜ちゃんのその底抜けの優しさが私をダメにする、なんてことが言える立場にはないことくらい、私だってわかってる、けど……)

梨子(ずるい、ずるいずるいずるいずるい。そんな優しさを持っている曜ちゃんが、物凄く羨ましい。そんな優しさを向けてもらえる千歌ちゃんが、ものすごく妬ましい)

梨子(そんなどす黒い感情を抱いちゃう私自身が、一番許せないのに)

梨子(それなのに、私、曜ちゃんのこと……)

65: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:19:34.05 ID:lUlR/Yc7
梨子「ぐすっ、ぐすっ……」

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「ごめ、んなさい。ごめんなさい、私のせいで、私が、曜ちゃんのこと……ぐすっ……」

梨子「私が、全部、壊しちゃって……曜ちゃんの気持ちも、全部……」

曜「……もう、どうして梨子ちゃんの方が泣いているのさ」

梨子「だって、だってぇ……」ポロポロ

曜「泣きたいのは、こっちの方なんだよ……」

ギュッ

梨子「そう、よね、ごめんなさい、曜ちゃん……」

67: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:20:30.45 ID:lUlR/Yc7
曜「もう、ずるいよ梨子ちゃん……ぐすっ……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「梨子ちゃん……」

梨子(誰もいない体育館の隅、文化祭の余韻がまだ冷めやらぬ中、私たちはただただお互いの傷を舐め合う事しかできませんでした)


梨子(繋がって見えた会話は全部うわべだけの装飾で、大切なことを打ち明けられずに伝えた気になって、自己満足で解釈して)


梨子(……まるで、それが二人の関係性の本質であることを象徴しているかのように、私には感じられました)

68: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:21:48.61 ID:lUlR/Yc7
曜「……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……ねえ、曜ちゃん?」

曜「……?」

梨子「千歌ちゃんのこと、好き……?」

曜「……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「嫌い……?」

曜「……」フルフル

梨子「……そう」

曜「……」

梨子「……」

曜「……そんなに簡単に割り切れるものじゃないから」

69: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:23:12.32 ID:lUlR/Yc7
曜「だって小さいころからずっと憧れで、私の目標で、私の生きる意味で……」

曜「だから、千歌ちゃんのいない私の人生なんて、もう何の

梨子「曜ちゃん!!」

ギュッ!

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「曜ちゃん!!曜ちゃん!!」

梨子「そんなこと言わないでよ!!自分が必要なんじゃないかなんて考えないでよ!!」

梨子「だって私は!!私は!!曜ちゃんのこと!!」

梨子「ずっと、曜ちゃんのこと……」

曜「……」

梨子「……私は曜ちゃんの全部が好き」

70: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:24:05.67 ID:lUlR/Yc7
梨子「元気いっぱいで明るくてみんなを引っ張っていけるところも、いつもみんなのことを考えててくれてて誰かのそばで支えてあげられる優しさも」

梨子「本当は誰よりも繊細で傷つきやすいのに、そんな弱さを隠して振舞っちゃうような愛おしさも、時折見せる少し悲しそうなその表情も……」

曜「……」

梨子「曜ちゃんはいつも曜ちゃんで、たとえ千歌ちゃんみたいになれなかったとしても……私は曜ちゃんのことが、大好きなの」

曜「……うん」

梨子「だから、だから……」

曜「ありがと梨子ちゃん」ポフッ

71: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:24:38.45 ID:lUlR/Yc7
梨子「曜ちゃん……」

曜「……」

梨子「……」

曜「……ねえ梨子ちゃん」

梨子「……?」

曜「あのさ……」

梨子「……うん」

曜「……ごめん、そんなに優しくされたら好きになっちゃうかもだよ」

73: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:26:38.48 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

梨子(だめ、そんな寂しそうな顔しないでよ。じゃないと……)

梨子(もう、溢れてくるこの気持ちが、抑えきれなくなっちゃうから……)

梨子「……」

梨子(曜ちゃんが全部悪いんだよ……?)

チュッ

曜「んなっ……」

梨子「……うん、いいよ」

梨子「私でよければ、いくらでも甘やかしてあげるから……」ギュッ

曜「……」

74: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:27:44.61 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「……梨子ちゃん」

プルプル

梨子「曜ちゃん……」

曜「あのね、あのね……」

梨子「……」

ギュッ

梨子「……うん、なんでもいいよ?包み込んであげるから、ね?」

曜「じゃ、じゃあ、あのね……」

プルプル

曜「……もう一回だけ、欲しい。最後にするから」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……うん、いいよ」

75: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:28:52.82 ID:lUlR/Yc7
曜「……じゃあ、いくよ」

曜「……」プルプル



チュッ

曜「んっ……」

梨子「……んっ」

チュッ

梨子「……曜ちゃん」

曜「……ごめん」

曜「千歌ちゃんに振られたばっかりなのにこんなことしてごめん。わかってる、わかってるのに……」

梨子「……」

曜「……私の幼馴染が、私の初恋の人が梨子ちゃんだったら良かったのに」

梨子「……うん」

曜「……ごめん梨子ちゃん、本当にごめん」

梨子「曜ちゃん……」

梨子(……それから一ヶ月ほどは曜ちゃんとも、もちろん千歌ちゃんとも気まずい関係が続いてたんだけど)

梨子(私の熱烈なアプローチの甲斐あってか、曜ちゃんとは自然にお付き合いをする関係になることが出来ました)

76: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 19:56:41.32 ID:WuXi3ZIG
この何とも言えない罪悪感…良いね

77: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:14:06.03 ID:lUlR/Yc7
———


梨子(そこからは特に何も起こらなくて……だって残り少ない高校生活を、私は逃げるように過ごして、出来るだけ人目につかないように、お付き合いをしていたから)


梨子(自分だけが幸せになることに、なんとなくだけど抵抗感があったの。千歌ちゃんを裏切って、曜ちゃんを傷つけてまで自分の恋愛を成就させることに、私だって少しくらいの申し訳なさは感じてはいました)


梨子(千歌ちゃんを避けて、ただ曜ちゃんを横目で見ながら耐え忍んだ冬。それから迎えた最後の春)


梨子(私たち三人はとくに感傷に浸ることもなく、特別な感動に包まれることもなくただ流れるように卒業をしていきました)


………



———

78: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:14:53.82 ID:lUlR/Yc7
曜「え?ルームシェア?」

梨子「う、うん!!」

曜「……どうして?」

梨子「あのね!曜ちゃんって東京の大学に進むって決めたじゃない?」

曜「うん、海技士の資格を取るためだけど……」

梨子「それでね!私も音楽の勉強をするために、東京に戻ることにしたから……」

曜「……」

梨子「だから、出来れば、どうせなら曜ちゃんのそばにもっといてあげられたらいいなって……」

曜「……」

梨子「そ、それにね!ほら!!私って曜ちゃんの、彼女、じゃない?だ、だから、そういうことするのも、いいのかなって……」


梨子(……嘘だった。本当は曜ちゃんを私色で束縛してしまいたい。ただそれだけのことだった)

79: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:15:43.31 ID:lUlR/Yc7
梨子(曜ちゃんがもう傷つかないように守ってあげたかった。私だけに溺れて、私だけを愛してくれれば良かった)


梨子(曜ちゃんを手元に置いておきたかった、キープしておきたかったの、そうやって……)


曜「……わかった」

曜「パパに相談してみる。きっと梨子ちゃんだって言えば許してくれると思うよ」

梨子「曜ちゃん……ありがとっ!!」

曜「うん!!これからもよろしくね!!梨子ちゃん!!」ニコッ

梨子(やっぱり曜ちゃんのその笑顔には、寂しさが咲いていた)

80: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:16:25.57 ID:lUlR/Yc7
ガチャッ

曜「おじゃまします……」

梨子「もう、なに改まってるのよ。今日から私たちの家なのよ?」クスクス

曜「そうだね、たはは……」

梨子「えっと、お部屋が二つとリビングとキッチン……ねえ、曜ちゃんはどっちがいい?」

曜「えっと……梨子ちゃんは?」

梨子「そうね……私はこっちのお部屋が好みかなぁ、日当たりも良さそうだし」

曜「じゃあ梨子ちゃんはそっちのお部屋でいいよ、私こっち使うから」

梨子「……いいの?」

曜「もっちろん!私そういうのこだわらないタイプだから!」

梨子「そ、そう……ありがと、曜ちゃん」

81: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:17:33.84 ID:lUlR/Yc7
梨子「ねえ曜ちゃん、お買い物行かない?」

曜「いいけど……何買いに行くの?」

梨子「曜ちゃんと二人で使う家具とかよ。ほら、なんだかリビングが殺風景じゃない?せっかく二人暮らし始めるんだし、お家が楽しくなるようなお部屋がいいなって思って」

曜「なるほど……」

梨子「えっと、冷蔵庫とか洗濯機とかはついてるから、あとは……」

曜「……ねえ梨子ちゃん!!私ソファが欲しい!!」

梨子「え?ソファ?どうして?」

曜「だって二人で座れるじゃん!!ほら!梨子ちゃんと二人でテレビ見たりとか!お話したりとか!!」

82: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:18:19.29 ID:lUlR/Yc7
曜「そ、それと、二人でぎゅーってしたりとか、な、なんかそっちの方が、もっと梨子ちゃんとの距離感を縮められるかもって……//」

梨子「曜ちゃん……」

曜「……//」

梨子「……もう、そんなことしなくたって私はちゃんと曜ちゃんのこと抱きしめてあげるわよ。ほら」

ギューッ

曜「わわっ!?り、梨子ちゃん……//」

梨子「でも私もソファ欲しいかも。そしたら曜ちゃんがもっと私に構ってくれるんでしょ?」

曜「え、ええっ!?いや、まあ……//」

83: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:19:35.69 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」ギューッ

曜「……」

曜「り、梨子ちゃん、買い物行くなら、行こ……?」

梨子「だーめ、もうちょっとだけ♪」

曜「え、ええ……?」

梨子(……せっかく二人っきりになったんだもん)

梨子(二人だけの世界で、誰にも邪魔なんてされないで、こうやって曜ちゃんのことを私に独り占めさせてください)

84: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:20:28.96 ID:lUlR/Yc7
———

梨子(こうして、私と曜ちゃんの二人だけの共同生活が始まりました)

梨子(最初はすっごく楽しかった。何もかもが新鮮で、大変なこともあったけど、私と曜ちゃんは二人の力でどんな困難も乗り越えていける気がしてたし、そうやって悪戦苦闘をしながら……)

曜「……ねえ、梨子ちゃん?」

梨子「んー?なあに、曜ちゃん?」ナデナデ

曜「えっと、その……」

梨子「んー?」

曜「……そんなに私のことモフモフしてて、気持ちいい?」

85: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:21:26.22 ID:lUlR/Yc7
梨子「んー?どうして?」ナデナデ

曜「いやだって、それは……」

梨子「うん」

曜「さっきからずっと、私のこと抱きしめて離さないから……」

梨子「……嫌?」

曜「あ、いや、別に嫌ってわけじゃ……」

梨子「じゃあいいじゃない。曜ちゃんって抱きしめるとすっごく気持ちがいいのよ」

梨子「ねえ、曜ちゃんも私のことぎゅーってしてみてよ!そしたら私の気持ちわかるかもよ?」

曜「ええっ!?い、いいの……?」

梨子「うん、私、曜ちゃんに抱きしめてもらいたい。ぎゅーってしてもらいたいから」

86: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:22:22.03 ID:lUlR/Yc7
曜「じゃ、じゃあ……」

ギュッ

曜「……//」

梨子「……ふふっ♪」

ギュギュッ!!

曜「わあっ!!?梨子ちゃん!?く、苦しい……」

梨子「……曜ちゃん、大好き」

梨子「大好きよ、曜ちゃんのこと」

曜「あ、うん……」

梨子「……曜ちゃんは?」

曜「え……?」

梨子「私のこと、ちゃんと好き……?」

87: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:23:15.68 ID:lUlR/Yc7
曜「梨子ちゃん……」

梨子「……」ギュッ

曜「……」

チュッ

曜「うん、大好きだよ、梨子ちゃんのこと」

梨子「曜ちゃん……」

曜「だ、だからさ、そろそろ離して……」

梨子「……いーや」

チュッ

曜「んなっ!?//」

88: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:23:56.31 ID:lUlR/Yc7
梨子「もっと言ってくれるまで離さない。私が満足するまで好きって言ってくれないと離さないから♪」

曜「えええっ!?ちょっと、梨子ちゃん!!?……きゃっ!!梨子ちゃん!!そこ、弱いからっ!!やだっ!!」

梨子「ほーら、好きって言ってくれるまでやめないんだからねっ、それっ♪」

曜「きゃっ!わかった!!言う!!言うからぁ!!好き!!好きだよちゃんと!梨子ちゃんのこと!!」

梨子「ふふっ、曜ちゃんったら、可愛い♪」

曜「梨子ちゃん……//」

梨子(……そう、最初の一年間は、すごく楽しかった)

89: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:50:44.48 ID:lUlR/Yc7
———

~浅草寺~

曜「すごい、ここが浅草……」

曜「ニュースで見たことはあったけど、ほんとにこんな場所が東京にもあったんだね……」

梨子「え?どうして?」

曜「いや、だって東京ってビルみたいなのばっかだと思ってたから……」

梨子「もう、そんなことないわよ。静岡だって内浦みたいなところもあれば沼津みたいなとこだってあるでしょ?」

曜「確かに……でも……」

ザワザワ

曜「……やっぱり人は多いんだね。さすがは東京」

90: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:53:13.48 ID:lUlR/Yc7
梨子「そうね、たくさんの人が暮らしてるものね」

曜「うわぁ~……」ポカーン

梨子「……うふふっ」

曜「ふえっ!?梨子ちゃん!!?どうして笑ったの!!?」

梨子「だって曜ちゃん、まるで御上りさんみたいで」

曜「そりゃまあ、私は元静岡県民だし、静岡育ちだし……」

梨子「ふふっ、そうね、じゃあ東京に関しては私の方が先輩ってことね」

ギュッ!

梨子「なんか嬉しい。ほら、曜ちゃんのこと私がリードしてあげられるのって、なんとなく新鮮だから!」

曜「り、梨子ちゃん、その手は……//」

梨子「これ?迷子にならないためよ。この人込みじゃもう二度と会えなくなっちゃうかもよ?」

曜「い、いや、そんなことしなくても携帯あるから……」

梨子「ほーら、行こっ♪せっかく二人で来れたんだもん!思いっきり楽しまなくちゃ!」

テテテッ!

曜「ああっ!?梨子ちゃん!?手つないだまま走られると……!!」

91: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:54:26.97 ID:lUlR/Yc7
梨子「あっ!見て見て曜ちゃん!ほら!頭の良くなる煙だって!!」キャッキャッ

曜「ほ、ほんとだ、浴びるだけで頭良くなれるって……」

梨子「ね~、すごいよね~」

曜「……っていうかさっきからテンション高くない?梨子ちゃん」

梨子「えー?そうかなぁ……?」

曜「いや絶対そうだって。そんなに楽しみだったの?ここ来るのが」

梨子「……ううん、違うわよ」

ダキッ!

梨子「曜ちゃんと二人でいるから楽しいのよ、私♪」

92: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:55:33.11 ID:lUlR/Yc7
曜「り、梨子ちゃん……苦しい……」

梨子「だってくっつきたかったんだもん♪」

曜「で、でも、周り、みんな見てるっていうか、恥ずかしいっていうか……//」

梨子「いいじゃない別に、悪いことしてるわけじゃないでしょ?」

曜「そ、そうだけど、でも……」

梨子「むぅ……」

プイッ!

梨子「曜ちゃん、私と一緒のとこ誰かに見られたくないの?」

曜「ふえっ!?」

梨子「私と一緒のとこ見られちゃうのは……嫌?」

93: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:57:04.48 ID:lUlR/Yc7
曜「べ、べつに、嫌じゃないっ!けど……//」

梨子「けど……?」

曜「う、うううっ……//」

梨子「……」ジーッ

曜(り、梨子ちゃん……そんな顔で見つめないでよ……)

曜「……//」

梨子「……なーんてね♪冗談よ」

曜「もうっ!からかわないでよっ!!こっちは結構本気で悩んでたんだからね!!」

梨子「えー?だって真剣な曜ちゃんのお顔、すっごく可愛いんだもーん」

曜「ま、またそうやって適当に……」プクーッ

梨子(……でも、それでもいつの日か、曜ちゃんに胸を張って自慢してもらえる素敵な彼女に)

梨子(私だっていつか成れたりは……するのかな?)

94: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:57:56.65 ID:lUlR/Yc7
梨子「……ふふっ♪」

曜「ふえっ!?今度は何!!?いったいどこからからかわれ……」

梨子「しないわよ、ほら、日が暮れちゃうから早く行きましょ?」

ギュッ!

曜「あ、うん……」

曜(……結局右腕は放してくれないんだね、私、結構恥ずかしいのに)

………


95: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:59:11.51 ID:lUlR/Yc7
梨子「ふぅ……」

曜「ほぁ~……」

梨子「やっぱり疲れちゃうわね、人込みに当てられると……」

曜「うん、でも出店とかいっぱいあって人も多くて……」

曜「なんか私、子供の頃の夏祭りを思い出しちゃったかな……ほら、沼津の、中央公園のやつ」

梨子「……」

梨子(沼津……)

曜「あ、そっか。梨子ちゃんこっち育ちだから知らないのか、ごめん……」

梨子「……」

ズキリ

曜「ほぁ……」

梨子(……こうやって曜ちゃんの何気ない一言が、私をいつも傷つけるのです)

96: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 21:59:55.33 ID:lUlR/Yc7
梨子(そんな風に考えちゃダメ、曜ちゃんはそんな意味で言ってるわけじゃないってことくらい、私はずっとわかってたけど、でも……)

梨子(……やっぱり私はズルくて、可愛げのない女の子でした)

曜「……」

梨子「……」

曜「ふわぁ~……」

曜「ん~、風が気持ちいいね~!!」

梨子「……」

曜「東京にもこんな川があるなんてね~、沼津の頃を思い出すよ~」

曜「ね~、梨子ちゃん?」

梨子「……うん」

曜「ほわぁ~……」

梨子「……」

曜「……今度はみんなで来たいかな、私は」

梨子「えっ……?」

97: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:00:38.10 ID:lUlR/Yc7
曜「いつかみんなで。私たち今は東京でみんなとは離ればなれになっちゃってるけど、でも……」

曜「……またいつかみんなで会えるといいね。ね、梨子ちゃん?」

梨子「……うん」

梨子(寂しそうに水面を見つめる曜ちゃんに対して、私は力のない笑顔を返しました)

98: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:03:01.54 ID:lUlR/Yc7
———

大学二年生 4月

梨子「え?果南ちゃんが?」

曜「うん、私の誕生日お祝いしに来てくれるんだって、東京に」

梨子「へぇ~、良かったわね曜ちゃん、久しぶりに果南ちゃんに会えるなんて」


梨子(このセリフも嘘だった。本当はすっごく不安だった)


梨子(沼津を飛び出して以来曜ちゃんには出来る限りみんなのことは触れないようにしてきたの。だって曜ちゃんの心はあの時から完全に修復したわけじゃなかったと思うし、もしまた曜ちゃんの心が誰かになびいちゃったのなら、その時に壊れちゃうのは、きっと私の心の方で……)


梨子(特に果南ちゃんは千歌ちゃんと曜ちゃんと合わせて三人の幼馴染だったし、なおさら千歌ちゃんのことを、トラウマを想起させちゃうんじゃないかと思った)


曜「うん!すっごく楽しみ!!それでね、だから明日の夜ご飯は……」

梨子「……ねえ曜ちゃん、私も行っていいかな?果南ちゃんに会いに」

99: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:04:10.16 ID:lUlR/Yc7
曜「え?でも……」

曜「……居酒屋だって言ってたから、きっと梨子ちゃんは楽しめないかもだよ?」

梨子「ううん、いいの。私は飲まないから、それなら大丈夫でしょ?」

曜「え?まあ、法律的には、大丈夫だと思うけど、多分……」

ギュッ!!

梨子「お願い曜ちゃん!私だって曜ちゃんのお誕生日一緒にお祝いしたいって思ってるから!この気持ちをみんなと共有したいの!」ウルウル

梨子(本当は曜ちゃんを守ってあげるためだったけど、本心は曜ちゃんを奪うためでした)

曜「ま、まあ……じゃあ果南ちゃんに相談してみるね」

梨子「うん!ありがと!曜ちゃん!!」

100: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:05:27.19 ID:lUlR/Yc7
果南「ぷはぁ~!!」

ドン!!!

果南「うまい!お姉さん!!お代わりお願いします!!」

梨子「もう、飲みすぎじゃない?果南ちゃん……?」

果南「これくらいなんのその!だよ!!私はお酒なんかに負けないからね!!」

梨子「で、でも、そんなに激しく飲んでたら、お会計とか……」

果南「ふっふっふっ……それも問題ないのであります!」

曜「あっ!それ私のセリフ!こら!!パクるな!!」ドンドン!!

梨子(曜ちゃんも大分酔っちゃってるなぁ……)

曜「それに果南ちゃんニートじゃん!!お金持ってないじゃん!!」ペチペチ!

果南「こらっ!!ニートとか言うな!!収入がないだけなんだから!!」

梨子「それって立派なニートじゃない……」

101: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:06:33.09 ID:lUlR/Yc7
果南「ち、ちがっ!!!今日だって!!東京にえいぎょーしに来たんだよ!!ダイビングの!!」

曜「それで、お金のない果南ちゃんはどうやってお会計を済ませるつもりなのかなぁ?」

果南「曜?そんな煽りで私に勝とうだなんて千年早いね!!収入はなくても私の島にはお金はたくさんあるのデース!!」

曜「あっ!またそうやってまた親のスネかじってる!!果南ちゃんってばホント子供

果南「親のスネじゃないでーす!!親友のスネでーす!!」

梨子「それ、余計にたち悪いじゃない……」

102: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:07:31.10 ID:lUlR/Yc7
果南「ま、曜の方がまだまだお子様だもんね~、私の方がお酒沢山飲める自信あるし!」

梨子「ちょっと果南ちゃん!?あんまり煽ると……」

曜「あっ!言ったな!!このっ!!私だって!!これこらいでへこたれるほど甘くはないんだよっ!!」グビッ!

梨子「よ、曜ちゃんも!!まだお誕生日迎えたばっかなんだから……」

果南「おっ、いい飲みっぷりだね~、さすが私の妹分だよ!!よーし!曜!!」

カラン!

果南「杯を乾すと書いて!乾杯と読む!なんちゃって!かんぱーい!!」

曜「かんぱーい!!」

梨子「ちょっと、二人とも~!!」

………


103: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:08:15.62 ID:7L+rubCh
果南……w

104: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:08:39.29 ID:lUlR/Yc7
曜「……」

梨子「曜ちゃん、大丈夫……?」

曜「……」コクコク

梨子「……ホントに?」

曜「……」コクコク

梨子「んもう、あんまり無理しないでよね。曜ちゃんが倒れちゃったら、私……」

果南「ふふっ、こういうのは経験ってやつだよ。曜ももっと色んな世界を体験して、大人になりなよ」

梨子「……果南ちゃんはあんなに飲んでも大丈夫なのね」

果南「まあね、鍛え方が違うんだよ」ドヤッ!

梨子「……」

梨子(なんでだろ、あんまりカッコよくない……)

梨子(まあちょっとだけ、果南ちゃんらしい、なんて気もしなくもないけど……)

105: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:09:31.10 ID:lUlR/Yc7
果南「それに私は曜とは違って介抱してくれる人はいないからね、ちゃんとその辺は弁えとかないと……」

曜「……」コテッ

梨子「わあっ!?曜ちゃん!?」

果南「梨子ちゃん、ほいっ!」

ヒュッ!

梨子「わっ!……え?」

果南「お水。まだ開けてないやつ」

果南「曜が飲めそうだったら飲ませてあげて、きっとその方が楽になると思うから」

梨子「果南ちゃん……あ、ありがと……」

果南「まあね、一応これでも先輩だし」

106: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:10:40.28 ID:lUlR/Yc7
果南「でも曜は幸せ者だなぁ~、だって梨子ちゃんみたいな可愛い女の子に介抱してもらえるんだもん」

梨子「も、もう果南ちゃん、からかわないでよ……//」

果南「ん~?私は結構本気だよ、それに……」

ズイッ!

梨子「!!?」

果南「ん~……」ジロジロ

梨子「か、果南ちゃん……?」

果南「……うん!やっぱり梨子ちゃん、少し大人になった気がする」

梨子「お、大人に?でも、身長はあれから伸びてないし……」

果南「違う違う、雰囲気?とかの話だよ」

107: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:11:41.39 ID:lUlR/Yc7
果南「なんかこう、目の光が鋭くなったっていうか、遠くを見てるっていうか……色々あったんだなぁ~っていうのがすごく伝わってくる」

梨子「う、うーん……」

果南「……ふふっ、そういうこと」

梨子「果南ちゃん……」

梨子(約二年ぶりの先輩との再会は、ミステリアスな雰囲気にはぐらかされ……)

果南「……うん!梨子ちゃんなら任せられるのかも!きっと!」

梨子「任せるって、何を……?」

果南「んー?……手間のかかる、後輩かな……」

梨子「……?」

108: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:13:10.27 ID:lUlR/Yc7
果南「梨子ちゃんにはわかんないかもだけどね、不器用な後輩を持っちゃうと先輩的に色々と心配なんだよー?それが昔からの妹分だと、なおさらにね」

ピーン!!

曜「んにゃっ!?」グテン!!

梨子「よ、曜ちゃん!!?大丈夫!!?」

果南「ふふっ、梨子ちゃん、曜のことよろしくね?ちょっぴり……ううん、かなりめんどくさいと思うけど、悪い奴じゃないのは確かだから」

果南「というわけで、じゃーねー!!」フリフリ

スタスタ

梨子「あっ!?果南ちゃん!?まだ……」

曜「んあっ!!?」ガタッ!!

梨子「あっ!?ごめん曜ちゃん!!」

曜「……」コクン

梨子「……?」

梨子(結局、果南ちゃんは何が言いたかったんだろ……?)

109: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:14:17.70 ID:lUlR/Yc7
ガチャッ!

曜「……」コテン

梨子「ほーら、曜ちゃん、お家着いたよ?」

曜「う、ん……」コクリ

梨子「もうちょっとだけ、歩ける……?」

曜「……」コクコク

梨子「うん、じゃあリビングまで頑張ろっか?」

曜「……」コクコク

110: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:15:14.42 ID:lUlR/Yc7
テクテク

梨子「……ついた~!!」

パチッ!

梨子「待ってて曜ちゃん、今お水汲んできちゃうから

ギュッ!!

梨子「……?」

曜「……」

梨子「曜ちゃん……?」

曜「……」

梨子「どうしたの……?」

曜「……一人にしないで」

111: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:16:37.20 ID:lUlR/Yc7
梨子「う、うん。私はずっと曜ちゃんのそばにいるよ……?」

梨子(ずっとずっと、今も昔もこれからも)

曜「……」

ギュッ!

梨子「わっ!?も、もう、曜ちゃんったら……」

曜「……」

ギュッ!!

梨子「曜ちゃん、大丈夫だよ」ポンポン

梨子(そうやって私は曜ちゃんを包み込んであげるの。もう二度と私のもとから、離れられなくなるくらいに)

梨子「曜ちゃん……」ポンポン

曜「……うそ」

梨子「……え?」

112: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:17:54.49 ID:lUlR/Yc7
曜「……」

ガバッ!!

曜「……うそ、ついてるでしょ」

梨子「……?」

曜「だってわたし、わたし……!!」

曜「あのときすっごくかなしかった!さびしかった!!」

梨子「曜ちゃん……」

ズキリ

曜「だってずっと一緒だったんだよ!!ずっとずっと、私は、追いかけてきたから……」

梨子「……」

ズキリ

梨子(この時既に私の中には確信がありました。曜ちゃんの瞳の中には誰の姿が写っていたのか)

梨子(曜ちゃんが誰を追いかけていて、本当は誰のことが一番なのか)

梨子(そして私は所詮、代替品に過ぎなかったことに)

113: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:20:16.82 ID:lUlR/Yc7
曜「小さいころからずっと一緒で、これからもおなじ道がずっと続いて行くんだろうなって思ってて……」

梨子(だめ、やめてよ曜ちゃん。その先は聞きたくない)

曜「このままだったら私の手も届くんじゃないかって、もしかしたら私でも輝けるんじゃないかって、そう思ってたのに……」

梨子(いや、やめてよ!!私はずっと!!そのことから!!目を背けようとしてきたのに!!)

梨子(見たくなかったのに!!本当のことは知りたくなくて!!上辺だけの関係性でもいいって!!そう思って私は曜ちゃんに告白したのに!!)

梨子(なのに、なのに……!!)

114: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:21:36.06 ID:lUlR/Yc7
曜「なのに、どうして私の手は振りほどかれるの……?どうして私は追いつけないの……?」

梨子「……」プルプル

梨子(やだ!!聞きたくない!!曜ちゃんのホントの気持ちなんて!!知りたくないのに!!)

曜「ねえ、教えてよ、ホントのことを……」

梨子「曜ちゃん、お願い……」

梨子(こんなに近くで抱き合っているのに、誰よりも曜ちゃんのそばでぎゅってしているのに)

曜「ぐすっ……」

梨子(……二人だけのハグは、とてもチグハグなカタチをしているように見えました)

116: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:22:45.34 ID:lUlR/Yc7
………



チュン…チュン…

曜「ん……う……?」

曜「あ、あれ、ここ……」

ズキリ

曜「うっ、頭、いたぁ……」

キョロキョロ

曜(そっか、私、昨日帰ってきてそのままソファで寝ちゃって……)

曜「……あ、梨子ちゃん、おはよ」

梨子「……うん」

117: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:23:28.82 ID:lUlR/Yc7
曜「あ、その……ご、ごめん梨子ちゃん!!昨日はその、色々迷惑、かけたみたいで……」

曜「……」チラッ

梨子「……ううん、いいの」

曜「そ、そう……」

梨子「……曜ちゃん、朝ごはん、食べられる?」

曜「え?あ、うん、多分……」

梨子「そう、じゃあ早く食べちゃいましょ」

118: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:24:30.30 ID:lUlR/Yc7
曜「……」モグモグ

梨子「……」モグモグ

曜「……」

梨子「……」

曜(な、なんか気まず……)

梨子「……」

曜(えっと、多分だけど私が酔ってるときになんかやっちゃって、それできっと梨子ちゃんも怒ってる……んだよね?ちっとも記憶にないけど……)

梨子「……」

曜「……」

梨子「……」

曜「……あ、あのさ梨子ちゃ

ガタン!!

119: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:25:04.31 ID:lUlR/Yc7
梨子「ごちそうさまでした。私今日ちょっと用事あるから、もう行くね?」

曜「い、いってらっしゃい……」

梨子「……」スタスタ

曜「……」

120: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:26:10.94 ID:lUlR/Yc7
教授「ご存知の方も多いとは思いますが、光や地震波、そしてもちろん音もすべて波の性質を持つ物理現象です」

梨子「……」

教授「全ての波動現象はこの『波動方程式』で記述することができ、時間と空間の二階の偏微分方程式を解けば……」

梨子「……はぁ」

梨子(……私は曜ちゃんが好き。曜ちゃんのことが好き)

梨子(でも曜ちゃんの中にはずっと前から千歌ちゃんがいて、そんな曜ちゃんは私に千歌ちゃんの影を追っていて……)

梨子「……」

梨子(私は曜ちゃんに好きって言って欲しい。好きになってもらいたい)

121: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:27:14.83 ID:lUlR/Yc7
梨子(そのためには私が千歌ちゃんみたいになるしかなくて、そしたらきっと曜ちゃんだって私のことを心から好きになってくれて)

梨子(でもそれで曜ちゃんが私を好きになったかって言われると、やっぱり曜ちゃんの好きな人はいつまでも千歌ちゃんのままで……)

梨子(でもそうしないと曜ちゃんは振り向いてくれなくて、だって曜ちゃんは私のことなんて一度も見てくれなかったから)

梨子(私は千歌ちゃんにはなれなくて、千歌ちゃんになることになんの意味もなくなって……)

梨子(……ずっと思考が、グルグルしてる)

122: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:28:28.00 ID:lUlR/Yc7
梨子「やっと授業終わったぁ……」

梨子(ずっと今の曜ちゃんと、それからあの頃の千歌ちゃんが頭の中をぐるぐる巡っていたから、何にも話は頭に入っていない)

梨子(それに、いくら考えたってこの問題には答えが出る気配がなくて……)

梨子「今日も課題やらなきゃ、よね、じゃないと終わんないし……」

スタスタ

梨子「どうしよ、いつものカフェとか……」

ドンッ!

??「んにゃっ!!?」

梨子「わっ!?ご、ごめんなさい!!」

梨子「すみません!!お怪我はありませんか?」

善子「え、ええ、大丈夫よ……」

善子「……ってあれ、リリーじゃない」

梨子「よ、善子ちゃん!!?」

123: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:29:26.09 ID:lUlR/Yc7
梨子「善子ちゃん!?どうしてここに!?っていうかなんで東京にいるの!?」

善子「こっちの大学に進学したからよ」

梨子「ええっ!?聞いてない!!」

善子「言ってないからね。ってかリリー連絡先消したでしょ」

梨子「あぅ、そ、それは……」

梨子(だってそれは、もし千歌ちゃんと繋がっていたら、きっとあの娘は私に手を伸ばしてくるだろうって思って……)

梨子(私にはその優しさがいたたまれなくて、痛すぎるほどに眩しかったから……)

梨子「ま、まあ、色々あって……」

善子「ふーん……」

梨子「……聞かないの?」

善子「詮索して欲しくないって顔に書いてあるわよ?」

梨子「そ、そう、ありがと……」

124: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 22:30:24.11 ID:lUlR/Yc7
善子「それで、曜との関係はまだ続いてるの?」

梨子「ええっ!?どうして曜ちゃんの名前が!!?」

善子「風の噂よ。私はずら丸から聞いたんだけど」

梨子「そ、そうなんだ……」

善子「それにその様子だとまだ続いてるっぽいわね。良かった、地雷踏まなくて」

梨子「うん、まあ、一応まだ関係は続いてる、んだけど……」

善子「けど?」

梨子「……」

梨子「……善子ちゃん、この後時間空いてる?」

梨子「もしよかったら、二人でお茶してかない?」

125: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:24:47.38 ID:lUlR/Yc7
カランカラン♪

店員「いらっしゃいませ。お好きなお席へどうぞ」

善子「すごい……リリーってば、こういうとこ慣れてるのね……」

梨子「そうね、いつもレポートとかやる時にはお邪魔させてもらってるし……」

善子「レポート……カフェで……な、なんだか、大学生っぽい!!」キラキラ

梨子「そうね、善子ちゃんはまだ課題とか出されてないの?」

善子「私?私はまだ、チュートリアル的なのしか……」

梨子「じゃあもうちょっとしたら課題とかもたくさん出されるようになるのかな?」

善子「じゃあヨハ……こほん、私ももうすぐカフェで物憂げな表情しながらセンチメンタルな気分になって……まさに大学生!大人の仲間入りね!!」

梨子「ふふっ、善子ちゃんはあんまり変わらないわね」

善子「は、はぁ?どこがよ!私はすっごく変わったんだから!!あの頃とは!!」

梨子「うんうん、そういうところとか♪」

善子「もうっ!リリー!怒るわよ!!」プクーッ

126: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:26:01.51 ID:lUlR/Yc7
善子「……で、そっちはどうだったのよ」

梨子「え?そっちって?」

善子「あんたと曜のことよ。結局一年前から……私たちの目の前からいなくなったあの時から、ずっと二人でやってるんじゃないの?」

梨子「まあ、そうだけど……」

梨子「……どこまで知ってるの?」

善子「どこまでって、私はずら丸になんとなく聞いただけだから……」

梨子「……そうなのね」

梨子(じゃあきっと私たち二人が今ここで暮らしてるってことは、千歌ちゃんにはきっとまだバレてなくて……)

127: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:27:07.88 ID:lUlR/Yc7
善子「それで、どうだったのよ」

梨子「えっ?どうだったって言われても……」

善子「近況よ、近況。何かしらあるんじゃないの?」

梨子「何かしら、ねぇ……」

梨子(いいのかな、話、というか相談、してみても……)

梨子「……誰にも言わない?」

善子「誰にもって誰によ?」

梨子「それは、花丸ちゃんとか……」

梨子(……千歌ちゃんとか)

善子「まあ、別に私も卒業してからそこまで頻繁に連絡を取り合ってるわけじゃないし、結局ずら丸とルビィはあっちに残ったみたいだし……」

梨子「……」

128: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:28:10.52 ID:lUlR/Yc7
………



梨子「でねでね!もう!曜ちゃんったらね!!」

梨子「ナチュラルに学校の女の子と仲良くなって!たまにそのままお泊りして帰って来ちゃうこともあるのよ!!もうっ!!」

梨子「ねえ酷くない?だって!その度に私、お家に一人ぼっちになるんだよ!」

善子「へ、へぇ~、それは寂しい、わね……」

梨子「それにね!その度に私は心配なんだよ!曜ちゃんのこと!悪い女の子にたぶらかされてるんじゃないかって、もしかしたら一線を越えちゃってるんじゃないかって……」

善子「ま、まあ、リリーはリリーで色々苦労してるのね……」

善子(リリーもリリーで相変わらずなのよね、夢中になるとついつい話し込んじゃうとことか……)

善子(まあヨハネが振った話題だし、自業自得なところもあると思うんだけど……)

129: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:29:10.96 ID:lUlR/Yc7
梨子「あとね!この前だって……」

善子「ちょっ!?リリー!あんたいつまで喋り続けるつもりなのよ!もう時間……」

梨子「……あら、もうこんな時間なのね。ごめんね善子ちゃん、気が付かなくて」

善子「ううん、私は別に構わないんだけど……」

梨子「じゃあ今日はこの辺にしとこっか。ありがと善子ちゃん、誰かに話すことが出来て大分気持ちが楽になったから」

善子「そ、なら良かったわ」

梨子「そうだ善子ちゃん!連絡先交換しとこっ!!」

130: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:30:10.16 ID:lUlR/Yc7
善子「……確かに、リリーに連絡がつかないっていうのも意外と不便なものなのよね、去年一年で痛感したわ」

梨子「はい!善子ちゃん!スマホ出して!ふりふり♪」

善子「……はい」フリフリ

梨子「うん!ありがとっ!じゃあ善子ちゃん!またね!」

善子「ええ、また

梨子「あっ!そうだ善子ちゃん!!」

テテテッ!

善子「何よ、まだ話足りないことあるわけ?」

梨子「そうじゃなくて……」

コショコショ

梨子「私の連絡先もってることはみんなには内緒にしといてね」

131: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:31:05.31 ID:lUlR/Yc7
善子「はぁ?どうしてそんな

梨子「うふっ、秘密♪じゃーねー!!」

テテテッ

梨子「~♪」

梨子(こういうとき、女の子っていうのは本当に便利だと思う。だってミステリアスな感じを装えば、簡単に『それ』っぽくなるし、可愛さだって演出できるし……)

梨子(もう手段は選びたくなかった。だって欲しいものは全て手に入れてしまいたかったから、私はいつだってズルくて、ワガママだったから……)

梨子(……そのためには大切な後輩ですら利用するという確かな覚悟が、私の中にはありました)

132: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:31:53.23 ID:lUlR/Yc7
ガチャッ

梨子「ただいま……」

曜「おかえり!梨子ちゃん!!」

梨子「曜ちゃん……珍しいわね、曜ちゃんが私より早く帰ってるなんて」

曜「えー、そうかなぁ~?まあ今日は私も早く授業終わったし!それに今日は梨子ちゃんが珍しく寄り道してきてるみたいだし!」

梨子「そうね、そうよね……」

曜「誰と?大学の友達?」

梨子「……まあ、そんなところよ」

梨子(嘘の技術は私を虚構で塗り固め、気づけば息をするように曜ちゃんを裏切って……)

梨子(……やっぱり私は罪深い女の子だと、自分でもそう思ってます)

133: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:32:23.85 ID:lUlR/Yc7
曜「……梨子ちゃん?」

梨子「え?どうしたの曜ちゃん?」

曜「いや、妙にボーっとしてるように見えたから……大丈夫?体調とか、悪くない?」

梨子「曜ちゃん……ううん、大丈夫よ、私は」

梨子(やっぱり私には、太陽のようには笑うことは出来ませんでした)

134: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:33:15.88 ID:lUlR/Yc7
梨子「それより曜ちゃんこそ、どうして今日はこんなに早く帰って来ちゃたの?いつもなら、もっと……」

曜「そ、それは……」

梨子「……うん」

曜「えっと……」

梨子「……」

曜「い、いや、だって、今朝の梨子ちゃんちょっぴり怒り気味だったから……」

曜「昨日私が梨子ちゃんに迷惑かけちゃったこと、ひょっとしたらすっごく怒ってるんじゃないかなって、私はよく覚えてないんだけど……」たはは

梨子「……」

曜「……」チラッ

135: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:34:02.97 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「……ふふっ、別に怒ってないわよ」

曜「そ、そう?なら良かった……」

梨子「さ、曜ちゃん、ご飯食べちゃいましょ?私もうお腹ぺこぺこなんだから」

曜「了解であります!食べよ食べよ!」

梨子「……それと曜ちゃん?」

ギュッ!

曜「わわっ!?梨子ちゃん!?急に何……//」

梨子「……」

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「……ふふっ、大好きだからね♪曜ちゃんのこと」

曜「あ、うん、ありがと……//」

梨子(……やっぱり私は、曜ちゃんに嘘をつくことしか出来ませんでした)

136: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:35:00.74 ID:lUlR/Yc7
———

善子「へ~、果南と会ってたのね、あなたたち」

梨子「うん、たまたま果南ちゃんがこっちに来る用事あったみたいでね、それでたまたま曜ちゃんの誕生日が近かったから、お祝いしようってことになって……」

善子「へぇ~、なんか意外ね」

梨子「……?」

善子「あーほら、果南ってあんまり私たちと連絡とってくれなかったのよ。ずら丸が前に会おうとした時も忙しいーだとかごめん携帯見てなかったーとかでのらりくらり躱されたみたいで……」

梨子「ふーん……」

善子「逆に去年一年私たちに一番構ってきたのは、千歌……かしらね?結構相談にのってもらったわよ、進路とか」

梨子「千歌ちゃん……」

137: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:35:46.69 ID:lUlR/Yc7
善子「まあ当の本人もやりたいことみつからないーとか課題多すぎて死にそうーとか騒いでたけど……」

梨子「ねえ、千歌ちゃんはどんな感じだった?」

善子「へ?どんな感じって?」

梨子「ほら、私って千歌ちゃんと最後にあったのもう一年以上前になるから、だ、だから元気なのかなーって……」

善子「そうね、まあ相変わらずって感じだけど……」

善子「……ねえ、単純な疑問なんだけど、千歌と何かあったの?」

138: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:36:40.11 ID:lUlR/Yc7
梨子「え?何かって?」

善子「いや、あんたたちってずっとすごく仲良かったじゃない。なのにどうして連絡も取り合わないような関係性になっちゃったのかなって……」

梨子「どうして……?」

善子「……」

梨子「……」

善子「……もしかして、曜のこととか?」

梨子「えっ!?曜ちゃん!?なんで!?」

善子「いや、だって曜が千歌に告白して振られたってこと、私たちの学年でも一時期その話題で持ち切りになるほど有名だったし……」

梨子(……そう。曜ちゃんは浦女の時から学校の人気者だったし、ひそかに想いを寄せていたって娘も少なくないと思う)

139: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:37:24.72 ID:lUlR/Yc7
梨子(私だってそれは痛いほどわかってたから、だから、他の人に曜ちゃんが盗られる前に、あんな卑怯な行動に……)

梨子(あの時の私の行動だけは、全部自分勝手な自分の甘さだったし、それで曜ちゃんの綺麗な心とか、周りの大切な関係とかを壊しちゃったことは……後悔してもしきれない)

梨子(だから、せめて今の私ができることは……)

梨子(もう手遅れかもしれないけど、それがせめてもの償いだって、信じてるから……)

善子「ちょっとリリー?私の話聞いてる?」

梨子「え?あ、ごめんね、ちょっと考え事してて……何の話だっけ?」

善子「千歌のことよ。まさかケンカとかしたわけ?」

梨子「いや、ケンカなんてものじゃない、気がする、んだけど……」

善子「けど?」

梨子「……」

梨子「……ねえ善子ちゃん、ちょっとだけお話、してもいいかな?」

140: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:37:56.53 ID:lUlR/Yc7
………



善子「……へぇ~、そんなことがあったのね」

梨子「うん……」

梨子「曜ちゃんは私のことを好きって言ってくれてるんだけど、でもきっと曜ちゃんの心の中には今も千歌ちゃんがいて……」

梨子「も、もちろんね!私って曜ちゃんのこと大好きだし!曜ちゃんのこと、信じてはいるんだけど、でも……」

善子「……」

梨子「……あのね、曜ちゃんの心の全部を私のものにできるわけじゃないってことくらい、私だってわけってるんだけど、それでもやっぱり曜ちゃんの中にもっと私の気持ちがあればいいのに、なんて考えちゃうのは……」

梨子「……私、ワガママなのかな?ギルティなのかな?」

善子「……」

梨子「もう、私がどうしたいのかもわかんなくなっちゃたよ、あはは……」

善子(リリー……)

141: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:38:36.35 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

善子「……」

梨子「……な、なんか、ごめんね!私の暗い愚痴聞かせちゃって!!善子ちゃんは関係ないのに」

善子「……いいのよそれくらい、私とリリーの関係じゃない」

梨子「そ、そう……」

梨子(私と善子ちゃんの関係性、か……)

梨子(それはいったいどんな関係なんだろ?私と善子ちゃんってどういう関係なんだろ?)

梨子(友達なんて淡泊な関係じゃないし、仲間だなんて照れ臭いものでもない。きっとそれは私と善子ちゃんだけの特別な関係で、言葉にしたら壊れてしまうくらいに繊細で……)

梨子(……曜ちゃんがいて、善子ちゃんがいて、果南ちゃんがいて……千歌ちゃんだっている。そんな中に私もいて、私がみんなと関わって)

梨子(じゃあ私は何者なんだろう?みんなにとって私って何だろう?私は、私がなりたい自分は……)

142: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:39:18.11 ID:lUlR/Yc7
善子「……関係性、ね」

梨子「……?」

善子「はぁ、ほんと不便よね、田舎暮らしって」

梨子「……え?」

善子「コンビニもなければバスもない。仕事もないし、未来もない。まあ果南とかはないなりに苦労しながらやりくりしてるみたいだけど」

善子「私はそんな田舎が嫌で、囚われ続けるのが嫌だったからとりあえず大きな世界に飛び込んでみたんだけど……リリーは違うの?」

梨子「わ、私!?」

善子「ええ、そんな付き合いに縛られた生活が嫌だったから曜と二人であそこを飛び出したんじゃないの?」

梨子「い、嫌だったっていうか、私はただ逃げ出したくて……」

梨子(自分の過去から、自分の犯した罪の大きさから……)

143: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:40:47.26 ID:lUlR/Yc7
善子「……そう。だったら二人で頑張ってみるしかないんじゃない?」

善子「信じてるんでしょ、曜のこと」

梨子「……」

善子「リリーならきっと大丈夫よ。もっと自信を持ちなさいよね、このヨハネが……」

梨子「……もしかして善子ちゃん、応援してくれてるの?」

善子「へっ!?ま、まあ、私なりに……」

梨子「……ふふっ、なんだかとっても善子ちゃんらしいわね♪」

善子「んにゃっ!!?な、なによそれ!!せっかくカッコいいこと言おうと思ってたのにっ!!」

梨子「うんうん、善子ちゃんもしばらく見ない間にすっかり大人になったのね」ナデナデ

善子「う、うううっ~!!!あ、あったりまえじゃない!!あの頃の私はもういないのよ!!ヨハネは華麗に大学デビューを果たして……」

梨子「うん、えらいえらい♪」ポンポン

144: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:41:32.32 ID:lUlR/Yc7
善子「ちょっと!頭撫でるなぁ!!こら!!」パシッ!

梨子「ふふっ、やっぱり善子ちゃんは善子ちゃんなのよね、今でも」

善子「は、はぁ?なによそれ……と、とにかくっ!!曜にまっすぐ話してみなさいよね!!自分の気持ち!!」

善子「きっとそのほうがグッと解決に繋がるはずよ!!少なくともヨハネに愚痴ってるよりは遥かにね!!そうすれば曜だってきっと……」

梨子「うん、頑張ってみる!」

梨子「ありがと善子ちゃん、なんだか勇気をもらえた気がするわ」

145: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:42:18.16 ID:lUlR/Yc7
梨子「……よし!」

梨子(材料も買ってきたし!今日はとびっきり美味しいごはん作って……!!)

梨子「うん!大丈夫!ちゃんと覚悟もここにあるもん!」

梨子(付き合い始めて一年半、きっといつかは聞かなきゃいけないってことはわかってたけど、ずっと私が目を背けてきて……)

梨子「……今日こそ!今日こそちゃんと聞かなくちゃ!曜ちゃんのホントの気持ちを!想いを!!」

梨子(そして私もちゃんと言わなくちゃ、自分の気持ちを曜ちゃんに)

梨子(もう嘘なんかで隠さないで……)

~♪

梨子「……あ、曜ちゃんからLine来たみたい」

梨子「そうね、夜ご飯美味しいもの作って待ってるってこと、曜ちゃんにも伝えておかなくちゃ……!」

146: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:42:49.11 ID:lUlR/Yc7
———

曜:ごめん梨子ちゃん、今日帰り遅くなるから!

———

梨子「……」

梨子(……この連絡は『私の分のご飯はいらない』って時の連絡だ。私が食事当番の日はこうやってたまに、曜ちゃんは外で夜を済ませてくるから)

梨子(だから、今日は曜ちゃんと一緒にご飯を食べれなくて……)

梨子「……」

梨子「……じゃあこの勇気はどこに向ければいいんだろ」

147: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:43:59.46 ID:lUlR/Yc7
梨子「いただきまーす……」

モグモグ

梨子「……うん、ちゃんと美味しい」

梨子「さっすが私ね!あの時の味をほぼ完璧に再現できるなんて!」

梨子「頭では覚えてなくても、ちゃんと体が覚えてるものなのね……」

梨子(高校生の時に一回だけ曜ちゃんに作ってあげたハンバーグのお弁当。千歌ちゃんにフられちゃった直後のことだったんだけど、曜ちゃんはすっごく喜んでくれて……)

梨子「……」

梨子(曜ちゃんはいつも悲しそうに笑ってたんだけど、私の前では明るさを見せてくれた。そのことが私はすっごく嬉しくて)

梨子(ああ、私なんかでも曜ちゃんを安心させてあげられるんだな、曜ちゃんを包み込んであげられてるんだな、なんて思ってたんだけど……)

148: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:44:39.57 ID:lUlR/Yc7
梨子「……」

梨子(……今思ってみれば、やっぱりあれも曜ちゃんの演技、作り笑いだったのかな・なんて疑わずにはいられないのです)

梨子(最初に曜ちゃんに触れたときにつかんだ確信。曜ちゃんと私は心が通じ合うことはないのかもしれないって、そう覚悟して付き合うって決めたんだけど、やっぱり……)

梨子「……」

梨子(一人ぼっちは、とてもとても寂しいよ、曜ちゃん……)

梨子「……ごちそうさまでした」

149: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:46:42.13 ID:lUlR/Yc7
ガチャッ

曜「た、ただいま……」

梨子「あ、曜ちゃん。おかえり」

曜「へっ!?梨子ちゃんなんで起きてるの!!?だってもうこんな時間……」

梨子「課題やってたのよ、少し。それより曜ちゃん、あのね?私曜ちゃんにどうしても聞いてほしいことが

曜「ごめん梨子ちゃん、明日でもいい?」

梨子「えっ!?」

151: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:47:30.18 ID:lUlR/Yc7
曜「ごめん、私今日は疲れてるし、明日も朝早いから……ごめんね」

梨子「あ、うん……じゃ、じゃあ!お風呂!久々に一緒に

曜「いい、私シャワーで十分だから」

梨子「そ、そう……」

曜「……」スタスタ

梨子「……!!」

クルッ!

梨子「曜ちゃん!!」

梨子「えっと、えっとね……!!」

梨子(もっと、私のこと……)

152: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:50:25.23 ID:lUlR/Yc7
曜「……ごめん梨子ちゃん、明日ちゃんと聞いてあげるから」

梨子「あっ……」

バタン!

梨子「……」

スタスタ

梨子「……もうっ!!」

バタン!!

梨子「……」

梨子「……」

梨子「うっ……ぐすっ……」

梨子「……」ポロッ

梨子(……ばか!!)

梨子(曜ちゃんのバカ!!何よ!!せっかく!!私!勇気出そうとしたのに!!)

153: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:51:17.13 ID:lUlR/Yc7
梨子「うっ、えぐっ………」ポロポロ

梨子(ばかばかばかばか!!私ずっと曜ちゃんのこと寝ないで待っててあげたんだよ!!)

梨子(どうして!!どうしてそんな簡単なこともわかってくれないの!!どうして気付いてくれないの!!)

梨子「ぐすっ……」

梨子「……」ギュッ

梨子(私が一番寂しいのに!!曜ちゃんのせいで!!心がこんなに苦しいのに!!)

梨子「ぐすっ……ぐすっ……」

梨子「よう、ちゃん……」

梨子「……」

梨子(もう、限界だよ、曜ちゃんと一緒にいるの……)

154: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:53:11.53 ID:lUlR/Yc7
———

梨子(次の日の夕方、ついに事件は起きました)

曜「い、いただきます……」

梨子「……」モグモグ

曜「……」

梨子「……」

曜「……そ、そうだ梨子ちゃん!」

曜「昨日言ってた、私に話したいことって……」

梨子「……」

曜「そ、そう、梨子ちゃんが話したくないなら、無理には、聞かな……」

梨子「……」

155: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:53:57.23 ID:lUlR/Yc7
曜「……ね、ねえ先週から梨子ちゃんちょっとおかしくない?」

曜「ほ、ほら、果南ちゃんとあった日くらいから……」

梨子「……」

曜「わ、私でよければ話聞くよ!なんでも!!」

曜(ってか、この様子だと私に原因があるような気もしなくもないし……)

曜「きょ、今日はちゃんと!!そのために早く帰ってきたし……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……」

曜「……梨子ちゃん?」

曜「もう、言ってくれなきゃわかんないよ、エスパーじゃないんだし

梨子「千歌ちゃんの気持ちはわかるのに?」

156: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:54:42.53 ID:lUlR/Yc7
曜「えっ!?千歌ちゃん?どうして?千歌ちゃんは関係なくない?」

梨子「……」イラッ

バン!!

曜「わあっ!?」

梨子「……」

梨子「……ねえ曜ちゃん、千歌ちゃんと私どっちが好き?」

157: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:55:22.96 ID:lUlR/Yc7
曜「え?なにその質問」

梨子「答えて」

曜「……」

梨子「……曜ちゃん!!」

曜「い、いや、えっと……」

梨子「……」

曜「……もちろん好きだったよ、千歌ちゃんのこと、ずっと」

曜「でも今は梨子ちゃんが好き。梨子ちゃんに隣にいてほしくて

梨子「……嘘つき」

曜「んなっ!?」

158: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:56:09.54 ID:lUlR/Yc7
梨子「だって!だったらなんで!あの時千歌ちゃんにそばにいてって言ったの!?どうして私じゃなくて千歌ちゃんを選んだの!!?」

曜「えっ、あの時って……」

梨子「曜ちゃんが酔っ払っちゃった日のこと!曜ちゃんは!無意識かもしれないけど!私じゃなくて千歌ちゃんの名前を呼んだんだよ!!?」

梨子「だいたい曜ちゃんはいっつもそう!私のこと全然見てくれてない!!いつも私の後ろに千歌ちゃんを描いて!」

曜「……」

梨子「もっとちゃんと私のこと見てよ!私のこともちゃんと好きになってよ!千歌ちゃんじゃなくて私を選んでよ!!」

梨子「もう、千歌ちゃんのことなんて、全部忘れて……」

曜「好きだって言ってんじゃん!!」

ドンッ!!!

梨子「!!?」

159: 輝きたい名無しさん 2020/08/28(金) 23:58:53.39 ID:lUlR/Yc7
曜「好きだよ!私!!梨子ちゃんのこと!!ずっとそう言ってる!ずっと気持ちは伝えてきた!!梨子ちゃんに好きって言い続けてきた!!」

曜「ハグだっていっぱいしたし!!キスだってしてる!!梨子ちゃんのこといっぱい好きって言ってるのに!!私!!ずっと好きって伝えてきたのに!!」

曜「なのに!!どうして!!!どうして信じてくれないの!?どうして嘘だって決めつけちゃうの!!?」

曜「そうやって梨子ちゃんがいつも!私の弱さを決めつけて!私だって毎日頑張っているのに!!私なりに梨子ちゃんと向き合おうと、ちゃんと努力してるのに……!!!」

梨子「曜ちゃん……!!!」

曜「はぁっ、はぁっ………」

梨子「……」

曜「……ねえ、ちゃんと向き合おうとしてこなかったのはさ、梨子ちゃんの方なんじゃないの?」

161: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:35:30.30 ID:pTVo6vWH
梨子「……」

曜「……」

梨子「そ、それは

曜「だって梨子ちゃんだって私に嘘ついてるじゃん」

梨子「えっ……?」

曜「この前梨子ちゃんが大学のお友達と会ってたって言ってた日」

曜「あれさ、ほんとは相手、私の知ってる人だったんだよね」

梨子「……」

162: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:36:24.45 ID:pTVo6vWH
曜「善子ちゃんでしょ、会ってた人」

梨子「……」

曜「偶然見かけちゃったんだ、カフェで二人でお茶してるとこ」

曜「なんかすっごく楽しそうだった。だって梨子ちゃんのあんなキラキラした笑顔、しばらく私は見てなかったから」

梨子「そんなこと……」

曜「あるよ。だって梨子ちゃん、私といるといつも悲しそうな顔してるんだよ?」

曜「残念そうで憐れんでるような、そんな顔をいつもしてたんだもん、梨子ちゃん」

曜「だから私ね、すっごく羨ましかった。いいなぁ、私も梨子ちゃんと、そういう関係になりたかったなぁ、って」

163: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:36:51.61 ID:pTVo6vWH
梨子「ち、違うの!!善子ちゃんとはただの友達で、う、浮気とかじゃ

曜「うん、わかってる。だって善子ちゃんだし。私が言いたいのはそういうことじゃなくてね……」

梨子「……」

曜「……」

曜「……なんか梨子ちゃんに裏切られた気がした」

曜「勝手に幻想を抱いていたのは私の方だけど、ちょっとだけ幻滅しちゃったんだ、私」

曜「ほら、梨子ちゃんなら、梨子ちゃんとならちゃんと二人でやっていける思ってたからさ私」

曜「でも違ったんだよね、私たちって、お互いに向き合い続けたふりをしながら、きっとどこか遠くを見つけ続けてたんだよね、きっと……」

梨子(そう言って曜ちゃんは、やっぱりあの寂しそうな笑顔を私に見せました)

164: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:37:24.02 ID:pTVo6vWH
曜「……」

梨子「……」

曜「……ねえ、梨子ちゃん?」

曜「私ね、気づいちゃったんだ」

曜「もしかしたら私の中にもまだ千歌ちゃんの影が残ってて、きっと今も追い続けてるのかもしれないんだけど……同じようにね、梨子ちゃんの好きな人も私じゃないと思うんだ」

梨子「……?」

曜「梨子ちゃんが好きな私は、きっと今の私じゃない。本当の私はもっとダメで醜い人間だから」

梨子「そんなこと……」

曜「もう期待なんてしないでよ、私なんかに。私が梨子ちゃんにしてあげられることなんて、ほんとは何もないんだからさ」

曜「私をそうやって縛らないでよ、梨子ちゃんの気持ちで。梨子ちゃんの理想で」

梨子「曜ちゃん……」

曜「……もう限界なんだ、梨子ちゃんと一緒にいるの」

165: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:38:18.90 ID:pTVo6vWH
梨子「え……?」

梨子「曜ちゃん……?」

曜「……」

梨子「い、今のって、どういう……」

曜「言葉通りの意味だよ、それ以上でもそれ以下でもないから」

曜「私も梨子ちゃんのことを見てなくて、梨子ちゃんも私のことを見てくれてないのなら、もう二人でいる意味はないんじゃないかって……」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……」ポロッ

梨子「曜ちゃん……」

曜「……梨子ちゃん?」

梨子「あ、う……」

167: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:39:06.88 ID:pTVo6vWH
梨子「……ぐすっ」

曜「あ、いや……」

梨子「……」ポロポロ

曜「ご、ごめっ、さすがにさっきのは言い過ぎたっていうか、その……」

梨子「……」

曜「あ、いや、えっと、えっとね

梨子「ばか!!!」

曜「!!!?」

梨子「ばかばかばかばか!!曜ちゃんのばか!!ほんとバカ!!」

梨子「私の気持ち勝手に曜ちゃんに決めつけられたくない!!曜ちゃんのことちゃんと見てないとか!!そんな風に言われたくない!!」

168: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:40:50.19 ID:pTVo6vWH
梨子「私がどれほど曜ちゃんのことを想ってるのかも知らないくせに!!私が曜ちゃんのこと好きじゃないとか!!勝手に決めつけてほしくない!!」

梨子「私のことなんにもわかってないくせに!私と向き合おうとしてこなかったくせに!わかったような口きかないでよ!偉そうなこと言わないでよ!!」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「ばかばかばかばか!もっとちゃんとわかってよ!!私の彼女なんでしょ!!私の気持ちくらいわかってよ!!理解してよ!!」

曜「……」

梨子「大っ嫌い!!曜ちゃんなんて大っ嫌い!!もう顔も見たくない!!もう知らない!!曜ちゃんなんて知らない!!私を平気で傷つけちゃう曜ちゃんなんて!!もう二度と関わりたくない!!」

ダッ!

曜「あっ!?梨子ちゃん!?待って!!」

梨子「……!!」タタタッ

ガチャッ!

曜「梨子ちゃん!!」

バタン!

曜「あ……」

曜「梨子ちゃん……」

169: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:41:42.18 ID:pTVo6vWH
梨子「はぁっ、はぁっ………」

タタタタタッ

梨子「………もうっ!!」

梨子「ばか!!曜ちゃんのばかぁ!!!」

梨子「はぁ、はぁっ………」

梨子(……渾身の力で叫んだ私の言葉は、誰にも届かずにただ都会の喧騒の中に消えていくだけでした)

梨子「はぁっ……はぁ……」

梨子「ぐすっ……ううっ……」

梨子「どうして、どうしてわかってくれないの……?」

梨子「だって私、こんなにも……」

梨子「こんなにも曜ちゃんのこと好きなのに、曜ちゃんこと、考えてあげてるのに……」

梨子「なのに、どうして……」

梨子(……違うわよ、それは)

梨子「!!?」

170: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:42:43.35 ID:pTVo6vWH
梨子(本当は自分が一番よくわかってるんでしょ?誰よりも悪い女の子は自分だったってこと。貴女が逃げて目を背けて、対峙しなかった成れの果てがこの惨状だってことくらい)


梨子「そんな……そんなこと!


梨子(だって曜ちゃんは正直な気持ちを打ち明けてくれてたじゃない。千歌ちゃんへの気持ちを整理して、割り切れない想いに言葉を見つけて、そうやって少しずつ私と歩いていきたい、前に進んでいきたいって言ってくれてたじゃない、ずっと)


梨子(なのに貴女は信じなかった。傷は癒えないって決めつけた。殻にこもって、守って、引きはがして……そうやって自分以外を全部壊してしまおうと思った。違う?)


梨子「違う!違うわよ!!私がやりたかったのは!!そういうことじゃないのよ!!」


梨子「ただ!!本当は構ってほしかった、もっと私を見ていてほしかった!!私のことをわかってほしかったのよ!!」


梨子「高校生の時からずっとそうだった!曜ちゃんの一番はずっと千歌ちゃんのもので、私は千歌ちゃんみたいに明るく振舞えないってことくらい!わかってた!わかってたけど!でもっ!!」


梨子「それでもやっぱり追いかけてほしかった!!内気で弱くて逃げ出しちゃうような臆病な私を、どこまでも追いかけて来てほしかった!曜ちゃんの持ち前のその明るさで、太陽の下に引っ張り出してほしかったのっ!!」

171: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:43:45.36 ID:pTVo6vWH
梨子(……そう、包み込んでほしいのは私の方だった。弱くて目を背けているのは私の方だった。だって本当は何も見ようとしては来なかったから)


梨子(でも……ううん、だからこそ曜ちゃんに受け入れて欲しかった。ただそばでぎゅって抱きしめてくれて、怖かったね、頑張ったねって甘やかしてほしかった)


梨子(ただそれだけ、それだけでよかったのに、それ以外は何も望んでいないのに)

梨子「なのに、なのにどうして……」

梨子「はぁっ……ぐすっ……」

トボトボ

梨子「ぐすっ……ぐすっ………」

梨子「……」

梨子「……!!」

タタタッ

梨子(逃げ出したくて、どこか遠くへ行ってしまいたくて、いっそのこと消えてなくなってしまいたくて。私はただただ駆け出していました)

172: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:44:48.06 ID:pTVo6vWH
梨子「はぁっ……はぁ……」

タタタッ!!

梨子(都会の雑音は私の耳には届かない。私にとって他人なんてどうでもよかったのと同じように、きっと私ことなんて、他の人は見てくれてなくて)

梨子「はぁ、はぁ……」

梨子(こんなにたくさんの人が暮らす中で、私はたった一人の好きな人に巡り合って、でもその人でさえも私には全く興味なんてなくて)

梨子「……!!」

梨子(じゃあ、じゃあ私なんて、本当の私なんて……)

梨子「……」

ガシッ!!

梨子「!!?」

鞠莉「梨子!?梨子よね!?」

梨子「鞠莉、ちゃん……」

鞠莉「チャオ~!梨子!久しぶりね!元気……」

梨子「……」

鞠莉「……そうには見えないわね。どうしたの?」

173: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:45:18.69 ID:pTVo6vWH
梨子「鞠莉ちゃん……」

鞠莉「……?」

梨子「うっ……ひぐっ………」

梨子「鞠莉、ちゃん……ぐすっ………」

鞠莉「梨子……」

梨子「……うっ、うわーん!!」

梨子「鞠莉ちゃん!!鞠莉ちゃん!!私!!私!!!」

鞠莉「梨子……」

………


174: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:46:13.15 ID:pTVo6vWH
梨子「……」

鞠莉「……落ち着いた?」

梨子「……」

コクリ

鞠莉「そう……ならよかったわ」

梨子「……」

鞠莉「~♪」

梨子「……」

梨子「鞠莉ちゃん……」

鞠莉「ん?なあに、梨子?」

梨子「……」

梨子「……ここ、どこ?」

175: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:46:40.57 ID:pTVo6vWH
鞠莉「え?ああ、ウチの系列のホテルよ。ほら、梨子ったらすごい顔してたし、誰かに見られたくなかったでしょ?あんなとこ」

梨子「え、あ、うん……」

鞠莉「だからゆっくりくつろいで大丈夫よ?Help yourself!」

梨子「あ、ありがと……」

鞠莉「~♪」

梨子「……」

176: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:47:30.85 ID:pTVo6vWH
鞠莉「はい紅茶。大丈夫?飲める?」

梨子「じゃ、じゃあ、いただく……」

鞠莉「ええ、どうぞ♪」

梨子「……」チビッ

鞠莉「~♪」

梨子「……聞かないの?」

鞠莉「え?何を?」

梨子「……気にならないの?私がなんで泣いていたのか、どうしてあんなに取り乱していたのか」

鞠莉「そうね……」

梨子「……」

鞠莉「……話したいの?」

梨子「えっ……?」

177: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:48:25.87 ID:pTVo6vWH
鞠莉「もちろんマリーだってすっごく気になってるけど、でも嫌がる女の子に無理やり話をさせたりはしないわよ。さすがにそこは弁えているつもりだし」

梨子「そ、そう……」

鞠莉「ええ、だから……」

梨子「……?」

ギュッ!

鞠莉「待っててあげるわ、梨子のこと」

鞠莉「梨子の中で整理がついて、誰かに声を聴いてほしいって思えるようになるまで、マリーがこうやって抱きしめていてあげるわ」

鞠莉「ほら、これならもう怖くはないでしょ?」

178: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:49:29.14 ID:pTVo6vWH
梨子「……」

鞠莉「……」ポンポン

梨子「鞠莉、ちゃん……」

鞠莉「……」

梨子「うっ……えぐっ……」

梨子「……!!」フルフル!!

梨子「鞠莉、ちゃん……!!」

鞠莉「ん~、なーに?」

梨子「鞠莉ちゃん、あのね……」

梨子「……聞いてほしいの、私のお話を」

鞠莉「ええ、聞かせて。梨子の話を」

鞠莉「あなただけのストーリーを、あなただけの言葉で」

179: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:50:17.34 ID:pTVo6vWH
………



鞠莉「そう……」

梨子「……」

コクリ

鞠莉「……」

梨子「……」

鞠莉「……」

ギュッ!!

梨子「……?」

鞠莉「……よく頑張ったわね、梨子」

梨子「鞠莉ちゃん……」

180: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:51:37.10 ID:pTVo6vWH
鞠莉「……辛いわよね、自分の気持ちが伝わらないのは」

梨子「……」

鞠莉「悲しいわよね、一方通行っていうのは……」

梨子「……」

コクリ

鞠莉「全部が全部自分の思い通りにいかないってことをわかっていても、でも、それでもね」

鞠莉「どうしようもなくそばにいて欲しいときって、どうしてもあるのよね、寂しくなっちゃうのよね、そういうときって」

梨子「うん……うん……!!」

鞠莉「……もしかしたら愛する人が自分の元を離れて行っちゃうんじゃないかって、どうしても不安になっちゃうのよね、そういう想像をし始めると、梨子?」

梨子「うん、うん……!!だって、だって私……」

鞠莉「よしよし、つらかったわよね、梨子……」

181: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:52:35.47 ID:pTVo6vWH
鞠莉「梨子は偉いと思うわ。ずっと一人で戦って、こんなんになるまで頑張って」

梨子「鞠莉ちゃん……鞠莉ちゃん……!!」

梨子「私ね!!ほんとは!!ほんとは、ただ……」

鞠莉「うん、うん。梨子、わかってるわよ。マリーはちゃんとわかってるから、だからね?」

梨子「鞠莉ちゃん!!鞠莉ちゃん!!」

梨子「うえーん!!鞠莉ちゃん!!鞠莉ちゃん!!」

鞠莉「よしよし、つらかったわね、よく頑張ったわね」ポンポン

梨子「うん!うん!だって曜ちゃんが!!曜ちゃんが私に!!ひどいこと言うからぁ!!」

182: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 00:53:17.18 ID:pTVo6vWH
梨子「曜ちゃんがひどいこと言ったからぁ!!うえーん!!鞠莉ちゃん!!鞠莉ちゃん!!」

鞠莉「そうね、梨子は頑張ってるものね、よしよし……」ポンポン

梨子「うえーん!!私!!私……!!!」

梨子(鞠莉ちゃんは私が一番欲しかった言葉を、ただ純粋に投げかけてくれたのが)

梨子(どれほど救われたか、ただの同情が、共感してくれるということがどれだけ暖かかったのか)

梨子(私の心の中の凍てつく塊が、すーっと溶けていくように私には感じられました……)

188: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:02:28.53 ID:pTVo6vWH
………



梨子「……」

鞠莉「……」ポンポン

梨子「……」

鞠莉「……梨子?」

梨子「……?」

鞠莉「今のこと、曜にちゃんと話した?」

梨子「……」

フルフル

鞠莉「……そう」

189: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:03:22.19 ID:pTVo6vWH
梨子「……」

鞠莉「……話さないの?」

梨子「それは……」

鞠莉「……梨子、あのね」

鞠莉「あのね梨子、いくら長く一緒にいたってね、気づけないことってきっとあると思うのよ」

鞠莉「言わなくちゃわからないことってね、どうやっても残り続けるんだと思う。深く、胸のセンターで」

鞠莉「もちろん私だって夢見ちゃうわよ、自分の気持ちが全部伝わってくれたのならどんなに嬉しいことなんだろうって。こんだけ長く付き合ってるんだから私の気持ちくらい察しなさいよね、って」

梨子「……」

鞠莉「でもね、そんなの無理なのよ、きっと。だってそうでしょう?私たちはエスパーにはなれないんですもの」

鞠莉「だからね梨子、ちゃんと話さないと伝わらないわよ?自分の気持ち、曜に」

190: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:04:01.80 ID:pTVo6vWH
梨子「で、でもっ!話せば伝わるってわけじゃないっていうか……」

鞠莉「そうね、話せば伝わるっていうのも幻想だわ。でもね?」

鞠莉「そうやって傷つけて、傷つけあって。届かなくても追いかけて。そうやって手を伸ばしながら一つになっていくんだと思うわよ。違う?」

梨子「……?」

鞠莉「伝わらないけど伝え続ける。それってすごく残酷なことだと思うわ。だって終わりが訪れないんですもの」

鞠莉「でもね、きっといつかは分かり合える。マリーはそう信じてるわ。だって好きなんでしょう?曜のこと、ちゃんと」

梨子「う、うん……」

鞠莉「なら大丈夫よ、絶対!恋する女の子は無敵なんだから♪」

191: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:05:08.27 ID:pTVo6vWH
———

~内浦~

梨子「……」

梨子(鞠莉ちゃんが一人で気持ちを整理してみなさいって言うから、あの後、家には帰らずにいたんだけど……)

梨子(でもやっぱり、行く当てなんてあるわけじゃなかったから……)

梨子「……どうしてここに戻ってきちゃったんだろ」

梨子(まあ、これしか方法がないっていうか……受け入れてくれそうな場所は、もうここしかないのよね、きっと)

梨子(……もう戻らないって決めたのに、決別するって決めたのに)

192: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:06:09.15 ID:pTVo6vWH
梨子「はぁ、誰かいるかなぁ……?」

ピンポーン!!

梨子「……」

ピンポーン!!

梨子「……誰もいないのかな?」

梨子「どうしよ、誰か帰ってくるまで、適当に……」

梨子「……」

梨子(……ううん、そうじゃないよね)

梨子(ほんとは嫌で嫌で今すぐ閉じこもってしまいたいんだけど、私のワガママで誰かを傷つけたくはないって、そう誓ったから)

193: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:07:29.00 ID:pTVo6vWH
梨子(鞠莉ちゃんが背中を押してくれたんだもん。理解されなくても伝え続けるしかないって、そう勇気をくれたから)

梨子(だから、私はもう……)

梨子「……」

スタスタ

梨子「……」

スタッ!

梨子「……誰かいるかな?」

194: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:08:16.35 ID:pTVo6vWH
梨子「ど、どうしよ、高校の頃は改まって正面から入ったことなんてあんまなかったし……」

梨子「それに、普段は裏口を使ってたから、こうやってインターホンを使うのって、なんか新鮮で……」

梨子(つい、尻込みしてしまいそうになちゃうけど……)

梨子「……えいっ

千歌「あれ、梨子ちゃん?」

梨子「千歌ちゃん……」

千歌「うわぁ!!ほんとに梨子ちゃんだ!!本物だ!!」

千歌「久しぶり!梨子ちゃん!!」

195: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:09:02.83 ID:pTVo6vWH
ザァー…ザザーン…

千歌「なんか久しぶりだねぇ~、こうやって梨子ちゃんと二人で海眺めてるの」

梨子「……」

千歌「えっと……卒業したのが一年以上前のことだから、それ以来ぶり、ってことになるのかな?」

梨子「……そうね」

千歌「うん、そうだ」

梨子「……」

千歌「……」

梨子「……」

196: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:09:59.35 ID:pTVo6vWH
千歌「……曜ちゃん、元気?」

梨子「え……?曜ちゃん……?」

千歌「うん、梨子ちゃんと一緒なんでしょ?」

梨子「どうして、それを、千歌ちゃんが……」

千歌「あ、あぁ~、風の噂ってやつ?なんとなくそんな感じのこと、聞いちゃって……」

梨子「そう……」

千歌「うん……」

梨子「……」

千歌「……」

梨子「……あのね、私ね、ケンカしちゃったの、曜ちゃんと」

197: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:10:50.92 ID:pTVo6vWH
千歌「へ?ケンカ?どうして?」

梨子「それは……」

千歌「……?」

梨子「……私が千歌ちゃんみたいになれなかったから」

千歌「うええ!?ケンカの原因私にあるの!?ご、ごめっ

梨子「ううん、そういうことじゃないの、ただ……」

千歌「……ただ?」

梨子「……ほんとはね、私、知ってたんだ」

梨子「曜ちゃんは千歌ちゃんと付き合ってたほうが幸せになれてたんじゃないかって。あの時私がワガママに走らずに、ちゃんと曜ちゃんと向き合って……」

梨子「……それでちゃんと千歌ちゃんと結ばれるようにしてあげた方が良かったんじゃないかって」

198: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:11:44.37 ID:pTVo6vWH
梨子「きっとその方がみんな幸せになれたんじゃないかって……私も曜ちゃんも、それに千歌ちゃんだって」

千歌「……?」

千歌「梨子ちゃん、幸せじゃないの?」

梨子「ううん、そうじゃなくて……曜ちゃんのこと」

梨子「曜ちゃん、私といても楽しくないみたいだから、もしかしたら千歌ちゃんといた方が、幸せになれたんじゃないかなって……」

千歌「……そうなの?」

千歌「曜ちゃん、梨子ちゃんと二人暮らしできてすっごく幸せだって言ってたけど……ほら!」

梨子「!!!?」

199: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:12:50.69 ID:pTVo6vWH
梨子「えっ!!?どうして!!?どうして千歌ちゃんと曜ちゃんが繋がってるの!!?」

千歌「あぁ~、えっとね~、ほ、ほら!!元は親同士の繋がりってやつで!曜ちゃんのお母さんと志満姉が頻繁に連絡取り合ってて、それで私にも曜ちゃんのことはしょっちゅう耳に入ってきてて……」

千歌「そ、それでね?曜ちゃんが音信不通になっちゃっても、私はすぐに、連絡取れるようになっちゃったから……」

梨子「……」

千歌「ち、違うよ!!私は曜ちゃんのこと梨子ちゃんから盗ろうなんて考えてないし!!曜ちゃんだってきっと浮気とか!ヘンなこと考えてないと思うから!!きっと!!」

千歌「あっ!!疑うなら私と曜ちゃんの会話全部、梨子ちゃんに見せてあげても……」

梨子「見せて」

千歌「あ、うん……はい、スマホ」

梨子「……」

スッスッ

梨子(ほんとだ。曜ちゃんのアカウントだ)

200: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:14:00.70 ID:pTVo6vWH
梨子(……あっ、これ曜ちゃんと言い合いになっちゃった日のよね。お味噌汁の味付けのことで、ちょっとした口論になっちゃって……)

スッスッ

梨子(……それとこれはあの日のこと。私が拗ねて曜ちゃんに意地悪しちゃった日の出来事)

梨子(私の知らないところで、ちゃんと気にしてくれてたんだ、私のこと……)

梨子「……」

千歌「わ、私もね!!ずっと言ってたんだよ!曜ちゃんに!!私なんかに言っても意味ないから梨子ちゃんに直接言えって!!」

千歌「でも曜ちゃんってば、梨子ちゃんに迷惑かけたくないの一点張りで……」

梨子「……」

梨子(……ほんとだ。曜ちゃんってば千歌ちゃんに軽くあしらわれてる。『私に言うな!バカ曜ちゃん!!』って)

梨子(じゃあもしかして、あの日のことも、もしかしたら……)

201: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:39:18.96 ID:pTVo6vWH
千歌「ほ、ほんとはね!!私が二人の間に立ってあげられれば良かったんだけど、梨子ちゃんは私のこと、あんまり好きになれないみたいだったから……」

千歌「か、考えてみれば当たり前だよね!だって私!!梨子ちゃんの恋敵なんだもん!!だから、いくら私が頑張っても

梨子「違う!違うの千歌ちゃん!!私千歌ちゃんのことなんて嫌いになってない!!」

梨子「ただ自分が嫌で!!千歌ちゃんみたいに明るくなれない自分が嫌で!!曜ちゃんに好きになってもらえない自分が嫌で……」

梨子(ああ、やっと言えました。やっと素直になれました)

梨子(ほんとは誰より一番に聞いてほしかった。誰よりも一番に相談したかったの。千歌ちゃんに、曜ちゃんのこと)

梨子(だって千歌ちゃんは大親友なんだもん。内浦に引っ越してきて初めてできたお友達で!私の一生の大親友なんだよ!!嫌いになんてなれるわけない!!忘れられるわけないんてないの!!この気持ちを!!)

204: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:42:18.90 ID:pTVo6vWH
梨子「私、ずっと千歌ちゃんに謝ろうって……私が千歌ちゃんのこと避けてきたこととか、千歌ちゃんのこと疑っちゃったこととか、全部……」

千歌「梨子ちゃん……」

ギュッ!

千歌「……もう、謝らないでよ。梨子ちゃんは何にも悪いことしてないのに」

梨子「だって、だって……私!!」

千歌「うん、うん。わかってるよ、本当は全部わかってるから。心の奥ではわかってるんだよ、きっと」

千歌「言わなくてもちゃんとわかってる。だって私たち大親友なんだよ?ぜんぶぜんぶ、わかってるから、梨子ちゃんの気持ち」

梨子「千歌ちゃん……」

千歌「すれ違ったってきっとまた分かり合えるって、そう信じてるから。だって私と梨子ちゃんなんだもん。出来ないこととか、不可能なことなんてなかったんだよね、きっと」

千歌「本当はそういう関係だったんだよね、私たちって。一番の友達で、一番の親友で……」

梨子「うん、うん……」

………


205: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:43:19.19 ID:pTVo6vWH
梨子(それから私と千歌ちゃんはたくさんのお話をしました)

梨子(久しぶりに千歌ちゃんのお部屋にお泊りして、あの伊勢海老のぬいぐるみを抱きしめながら、夜が明けるまでたくさんのことをお話しました)

梨子(大学のこと、将来の夢。恋バナとか友達のこととか、高校時代の思い出や、曜ちゃんの恥ずかしい話。一年間のブランクを埋めるかのように、夢中になって話し続けていました)

梨子(大学生になっても千歌ちゃんはやっぱり千歌ちゃんで、やりたいことがみつからないーとか悩んでいても、千歌ちゃんならきっと大きな夢を成し遂げられる。そんな予感が、私の中には確かにあります)

梨子(だって千歌ちゃんなんだもん。話をするだけでこんなにも心のあったかくなるお友達を、私は千歌ちゃん以外に知りません)

梨子(ああ、千歌ちゃんとずっとずっと大親友でいたいなって、今では心からそう思えています)

千歌「えー?梨子ちゃん、もう帰っちゃうの?もっとゆっくりしてけばいいのに……」

梨子「うん♪だって私がいないと曜ちゃん寂しがっちゃうじゃない?ほら、曜ちゃんって意外とさみしがりなとこあるし」

千歌「あはっ、そうかも。今頃ベッドで布団にくるまってるかもね!曜ちゃん!」

梨子「ふふっ、そうね、そうかもね」

206: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:45:27.31 ID:pTVo6vWH
テクテク

梨子「……」

クルッ!

梨子「じゃあ……そろそろ行くね」

千歌「あっ!梨子ちゃん!!最後に一つだけいい?」

千歌「連絡先!!私は一応梨子ちゃんのも知ってはいるんだけど……梨子ちゃんにも渡しておこうと思って!!」

千歌「はい!これ!大切にしてね!!」

ピロン♪

千歌「いつでも連絡してね!梨子ちゃんからの連絡なら、私も大歓迎だから!」

梨子「あ、うん……ありがと、千歌ちゃん」

千歌「ふふっ、どういたしまして!」

千歌「それと梨子ちゃん!曜ちゃんのことよろしくね!あとあと!いつでも内浦に帰ってきてね!内浦の海と空が梨子ちゃんのことをいつでも待ってるから!あとはあとは……」

梨子「まだあるの?もう、さっき最後って言ってたじゃない」

207: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:46:16.19 ID:pTVo6vWH
千歌「えー?だって梨子ちゃんに言いたいこと、いっぱいあるから……」

梨子「……千歌ちゃん」

ギュッ!

梨子「千歌ちゃんが言ってくれたじゃない、言葉にしなくたって気持ちは伝わってるって」

梨子「私だっておんなじよ。千歌ちゃんが思ってることは、伝えようとしてくれてることは、ちゃんと私の中に届いてるから」

千歌「梨子ちゃん……うん、そうだよね」

千歌「うん!梨子ちゃんなら大丈夫!!この私が保証してあげるよっ!!」

梨子「ふふっ、ありがと千歌ちゃん」

208: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:47:18.80 ID:pTVo6vWH
梨子「じゃあ……またね、また会おうね」

千歌「もちろん!またねー!梨子ちゃん!!」フリフリ

梨子「うん!」

クルッ!

梨子「……」スタスタ

梨子(こうして、私は千歌ちゃんとは別々の道を歩き始めました。二人が進む未来は違っていても、きっと心はいつも繋がっているんだろうって、そう信じながら……)

千歌「……梨子ちゃーん!ほんとに最後にひとつだけ!!」

梨子「……?」

テテテテッ!

千歌「今度会うときは!三人一緒だからねーっ!!」

梨子「……ええ!!もちろんよ!!」

209: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:48:11.83 ID:pTVo6vWH
———

梨子「……」

梨子(ついに帰って来てしまいました。私の家に……ううん、私と曜ちゃんのお家に)

梨子「はぁ……」

梨子(頭の中によぎるのは今までのこと)

梨子(初めて曜ちゃんを好きになった日のこと、高校生のころの三人の思い出)

梨子(曜ちゃんと一緒に暮らすようになってからの日のこと、それからそれから……ケンカしちゃったあの日のこと)

梨子(自分だけが悪いだなんて思ってないし、曜ちゃんに気付いてほしい、もっと私をわかって欲しいって気持ちは今も変わってなくて、割り切れない想いもたくさん抱いてるんだけど……)

梨子(……でも、それでもやっぱり私は手を差し伸べてみたい。たとえ私の描く曜ちゃんが幻想だったとしても、曜ちゃんが

梨子(もう自分からは逃げたくないの。今度こそちゃんと見てあげたいの)

梨子(だって私、曜ちゃんのこと大好きなんだもん)

210: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:49:07.53 ID:pTVo6vWH
梨子「……よし!」

梨子(気持ちはきちんと確かめた。私は曜ちゃんのことが好きだから。この気持ちは絶対に伝わってくれるって、そう信じてるから、ずっと)

梨子「……えいっ!」

ピンポーン

梨子「……」

ガチャッ!

梨子「曜ちゃ

曜「梨子ちゃん!!!」

ガバッ!!!

梨子「えっ、曜ちゃん……?」

曜「梨子ちゃん!!ごめんなさい!!ごめん!!ほんとにごめんね!!」

211: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:49:38.56 ID:pTVo6vWH
梨子「曜ちゃん……」

梨子(顔、真っ赤……もしかして)

曜「ごめん、ごめんね……梨子ちゃん……」

梨子「あ、うん……」

曜「……」

梨子「……ね、ねえ曜ちゃん、ここだとご近所迷惑かもだし、な、中入ろっか」

曜「そ、そうだね!!」

212: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:50:07.20 ID:pTVo6vWH
曜「……」

梨子「……それで、どうして?」

曜「え……?なにが……?」

梨子「さっきのごめんなさいの意味よ。曜ちゃんはいったい何を反省してくれたの?」

曜「そ、それは……」

梨子「……?」

曜「……よくわかんないや」

梨子「……」

梨子「ええ……?」

213: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:50:44.94 ID:pTVo6vWH
曜「だ、だってね!!この前私かーっとなっちゃって!梨子ちゃんにひどいこと言っちゃったなって思って……」

梨子「……」

曜「や、やっぱりそれでね!いくらちゃんとした理由があったとしても、言っていいことと言っちゃいけないことがあることくらい、私だって理解してるつもりだから……」

曜「も、もちろん!まだ梨子ちゃんが何を言いたかったのか、どうして梨子ちゃんがあそこまで怒ってたのかはわかんないんだけど、でも……」

曜「……やっぱり謝らなくちゃって思った。ちゃんと梨子ちゃんと話し合おうと思った、今後のこと」

梨子「曜ちゃん……」

梨子(曜ちゃんは一言一言、言葉を選びながら私に気持ちを伝えようとしてくれました)

梨子(こうやって傷つきながらも、一歩ずつ乗り越えていこうとしてくれるその姿が、どうしようもなく曜ちゃんらしくて)

梨子(私もいつか、曜ちゃんみたいにかっこよくなれたらな、なんて思ってしまうのです)

214: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:51:27.05 ID:pTVo6vWH
曜「……梨子ちゃん、聞いて」

梨子「……?」

曜「いまさら私が何を言っても許してもらえることがないってことくらいわかってるんだけど、もともと千歌ちゃんのことが好きだった分際で何都合のいいこと言ってるんだって思うかもしれないけど、でも!」

曜「でも……でもね!やっぱり!!」

曜「やっぱり私は梨子ちゃんのことが好き!梨子ちゃんにそばにいて欲しいの!!」

梨子「……」

曜「たとえ梨子ちゃんに信じてもらえなかったとしても、これが私の素直な気持ちだから!だから!!だから!!」

梨子「……」

曜「はぁっ、はぁっ……」

曜「ほんの、ほんの少しだけでも、さきっぽだけでも届いてくれたのなら……嬉しい、です……」

215: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:52:24.81 ID:pTVo6vWH
梨子「曜ちゃん……」

曜「あはは……やっぱりこんなかっこ悪い私じゃだめ……かな……?」

梨子「……」

ギュッ

曜「梨子ちゃん……」

梨子「……うん、受け入れてあげる。曜ちゃんの気持ち」

曜「……」

曜「梨子、ちゃん……」

曜「あ、ありが

梨子「ごめんなさい」

曜「ええええっ!!?」

216: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:53:26.82 ID:pTVo6vWH
梨子「私の方こそごめんなさい。曜ちゃんのこと拒んじゃって、曜ちゃんのこと信じてあげられなくて」

梨子「曜ちゃんはいつも好きって言ってくれてたのに、私、うまく信用してあげられなくて……千歌ちゃんのこともあったし、邪推して……」

梨子「だから……曜ちゃんのこと信じてあげられなくて、本当にごめんなさい。私の方こそ曜ちゃんのこと心から好きでいてあげなくちゃいけなかったのに……」

曜「梨子ちゃん……」

ギュッ!

曜「……もう、どうして梨子ちゃんが謝るのさ」

梨子「だって、だって……」

梨子「……」

曜「……」ポンポン

梨子「曜ちゃん……」

曜「……梨子ちゃん、大好き」

梨子「……うん」

曜「伝わらないのなら何回だって言うから。好きだよ梨子ちゃん」

梨子「うん、うん……」

曜「……」

梨子「私も……曜ちゃんのことが好き」

梨子「大好きだよ、曜ちゃん」

217: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 01:54:34.59 ID:pTVo6vWH
梨子「……」

曜「……」ポンポン

梨子「……あのね、曜ちゃん」

曜「ん?なーに、梨子ちゃん?」

梨子「私ね、正直嫉妬してたかもしれないの、千歌ちゃんに」

梨子「だって千歌ちゃんは私の何倍も曜ちゃんのこと知ってるんだろうし、私の知らないところで曜ちゃんと千歌ちゃんが仲良くなっちゃって、特別な関係になったら嫌だなって、ほんとはずっと思ってた」

曜「うん……知ってる」

曜「最初から全部気づいてたよ、梨子ちゃんの気持ちは。まあなんとなく、だけど……」

梨子「……そう」

曜「でも私は梨子ちゃんを選んだ。梨子ちゃんとなら幸せになれそうって、そう思ったから」

梨子「……」

曜「だからね、私は後悔してないし……これからもずっと、同じ道を歩き続けると思う」

曜「梨子ちゃんと二人で、この道を」

梨子「……」

曜「だ、だからさ

梨子「嫉妬しちゃうような女の子は嫌い?」

218: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 02:13:30.89 ID:pTVo6vWH
曜「えっ?……ううん、大好きだよ、梨子ちゃんのこと」

曜「も、もちろん、たまには帰りが遅くなっちゃうこととか、沼津に帰ったりすることくらいは許してほしかったりはするけど……」

梨子「……うん、じゃあね」

ダキッ!!

曜「……?」

梨子「それ以上に、私のそばにいて欲しいなって」

梨子「曜ちゃんが他の娘と仲良くするのと同じくらい、ううん、それ以上に私のこと抱きしめてもらいたいの」

梨子「だめ、かな……?じゃないと私、寂しくて死んじゃうかも……」

曜「……もう、そんな顔されちゃったら断れるわけないじゃん」

曜「いいよ梨子ちゃん、私がたくさん抱きしめてあげる」

梨子「うん、たくさん甘やかして欲しいな、私のこと♪」

梨子(……ダメになったって構わない。このまま堕ちてしまったて構わない、もう戻れなくてもいい)

梨子(せめて今だけは、曜ちゃんと二人でいたい。他の部分は頑張るから、受け入れられるように頑張るから、だからやっぱり……)

梨子(……やっぱり私は独占欲の強い、意地悪な女の子でした)

220: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 03:23:19.56 ID:pTVo6vWH
………



曜「……」ギュッ

梨子「……」

曜「えっと……」

梨子「……」ギューッ

曜「……いつまでこうしてればいいの、梨子ちゃん?」

梨子「……」

曜「梨子ちゃん……?」

梨子「……朝まで」

梨子「お日様が昇るまで。それまでは二人でこうやっていよ?」

221: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 03:24:07.85 ID:pTVo6vWH
曜「ええっ!?私、お腹すいた

梨子「だーめっ!!」

ギュッ!!

曜「わわっ!!?」

梨子「いいじゃないちょっとくらいなら、ね?」

梨子(……寂しがりな私は、つい曜ちゃんに甘えてしまいたくなってしまいます)

梨子(本当はそれじゃダメなんだけど、私も成長していかなきゃってことくらい、わかってはいるんだけど)

梨子(……せめてこの夜が続く間は、二人で抱き合っていたいの)

梨子(いつか絶対光の下に踏み出してみるから、待ってくれている曜ちゃんのことろに飛び出して見せるから)

梨子「……だから、だから今だけは、この夜が続く間だけは私を甘やかしていてください」

222: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 03:24:45.50 ID:pTVo6vWH
曜「もう、しょうがないなぁ……」

チュッ

梨子「んっ……」

プハァ!!

曜「いいよ、梨子ちゃん。二人でどこまでも墜ちて行こうね」

梨子「……うん」

梨子(ダメになってもいい、消えてなくなっちゃってもいい)

梨子(本当は強くありたいって思ってるけど、曜ちゃんがこの弱さも受け入れてくれるんだとしたら)

梨子(このまま夜に溶けていくのも悪くないのかなって、二人で沈んでいくのもいいんじゃないのかなって)

梨子(幸せは確かにここにあります。曜ちゃんの温もりが私を確かに安心させます)

梨子(いつかはちゃんと背伸びをするから。全部を受け入れて大人になってみせるから)

梨子「だから、今だけはこうしていようね♪曜ちゃん♪」

曜「うん、私も大好きだよ、梨子ちゃん」

223: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 03:27:18.52 ID:pTVo6vWH
終わりです。お粗末様でした
ここまでコメント&お読み下さりありがとうございました。
難しい場面が多くてふわっ!とした記述が多くなってしまったのですが、雰囲気だけでも伝わったのなら幸いです

225: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 07:21:18.36 ID:AGEU5SYJ
おつ!

226: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 09:09:28.38 ID:CUUHkySH

ようりこはダークな雰囲気が似合いすぎる

227: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 10:58:08.66 ID:FxSB/LlO
おつおつ
良かったぜ

228: 輝きたい名無しさん 2020/08/29(土) 11:09:34.37 ID:AL/y4Na4
乙!一気に読んでしまった
ようりこは梨子→曜強いのが捗る

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1598606553/












注目記事
関連記事
2020/08/29 15:00 | SS | コメント(6)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/08/29(土) 16:39:57
  2. 管理人ってようりこ好きだったっけ…?

  3. 名無しライバーさん:2020/08/29(土) 19:18:56
  4. よき

  5. 名無しライバーさん:2020/08/29(土) 19:26:28
  6. 控えめに言って傑作

  7. 名無しライバーさん:2020/08/29(土) 19:51:33
  8. 後半の千歌とのとこいいね

  9. 名無しライバーさん:2020/08/29(土) 21:40:47
  10. SSというかようりこ推しの願望がダダ漏れしたというか

  11. 名無しライバーさん:2020/08/30(日) 12:25:41
  12. むしろ二次創作って存在自体が願望の具現化だろ?
    願望の無い二次創作なんかあるか?

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【画像】ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のかすかすこと中須かすみとかいうカス Nov 28, 2020
【SS】愛「しずくってどのくらいの苦痛で演技やめちゃうんだろう…」 しずく「いつも笑顔の人が笑顔を失うまでの過程…興味深いです!」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 28, 2020
【画像】アニガサキスタッフが描いた朝香果林さん美人すぎワロタwwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 28, 2020
【朗報】FNS歌謡祭のUSJコラボで声優・伊波杏樹さんたちがマリオのコスプレ!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Nov 28, 2020
【朗報】近江彼方ちゃん、虹ヶ咲キャラ女性人気断トツ!【ラブライブ!】 Nov 28, 2020
【画像】昔の大西亜玖璃さんのグルメロケwwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 28, 2020
【毎日劇場】栞子さん、花陽ちゃんに直撃インタビュー(意味深)【ラブライブ!スクスタ】 Nov 28, 2020
【画像】ラブライブ!ANN、ニジガク描き下ろしビジュアル公開!かわいくて新鮮なジャージ姿!! Nov 28, 2020
【SS】せつ菜「……」歩夢「どうしたの?せつ菜ちゃん」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 28, 2020
侑「ねぇ帰りに新しくできたパンケーキ屋さん寄ってかない?」かすみ「いいですね!」彼方「……」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Nov 28, 2020
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 μ's SS 画像 スクスタ 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! ラブライブ! ライブ 津島善子 逢田梨香子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 小原鞠莉 国木田花丸 上原歩夢 絢瀬絵里 中須かすみ 小林愛香 伊波杏樹 優木せつ菜 Saint_Snow 園田海未 高坂穂乃果 矢澤にこ 鈴木愛奈 楠木ともり 桜坂しずく ラブライバー 斉藤朱夏 スクスタ毎日劇場 小宮有紗 南ことり 星空凛 天王寺璃奈 動画 グッズ スクフェス 宮下愛 朝香果林 近江彼方 エマ・ヴェルデ 西木野真姫 小泉花陽 諏訪ななか 東條希 三船栞子 アニメ 大西亜玖璃 高槻かなこ 降幡愛 鹿角聖良 高咲侑 管理人の戯言 鹿角理亞 あなたちゃん 前田佳織里 声優 相良茉優 新田恵海 鬼頭明里 内田彩 三森すずこ ハロー!!!ラブライブ! 久保田未夢 ラジオ 南條愛乃 グラブル 村上奈津実 田中ちえ美 楠田亜衣奈 ぷちぐるラブライブ! 徳井青空 指出毬亜 矢野妃菜喜 ラブライブ!スーパースター!! 渡辺月 田野アサミ 飯田里穂 浦ラジ 久保ユリカ Pile スクフェスAC 生放送 ニュース 佐藤日向 小泉萌香 A-RISE ランジュ 近江遥 高海美渡 にじよん 絢瀬亜里沙 高海志満 ニジガク 高坂雪穂 佐倉綾音 中川菜々 平安名すみれ 唐可可 ニコ生 荻野由佳 ミア 澁谷かのん 鞠莉ママ 演劇部部長 中川奈々 流しそうめん同好会 サスケ 葉月恋 ことりママ 綺羅ツバサ 水樹奈々 雨宮天 エマ ランジェ 畑亜貴 スクパラ 本田圭佑 千歌ママ 黒沢ともよ 芹澤優 しいたけ 支倉かさね 法元明菜 漫画 指出毱亜 Shadowverse 水瀬いのり 内田秀 川本美里 ことり母 Liella! 松永真穂 クリスティーナ いつき 綾小路姫乃 LOCKS! 本渡楓 善子母 鍾嵐珠 Liela! 嵐千砂都 理事長 スクコレ 山本希望 ゲーム QU4RTZ 櫻川めぐ オフィーリア 大橋歩夕 優木あんじゅ 統堂英玲奈 Aqours_LOCKS! 女子高生 芸能 東山奈央 ぽきもそ 金元寿子 矢澤こころ 藤黄学園 お盆 ドラマCD 桜咲しずく