当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】絵里「え?穂乃果とにこが喧嘩?」【ラブライブ!】

【SS】絵里「え?穂乃果とにこが喧嘩?」【ラブライブ!】

myu_20191124120915217.jpg


1: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:01:22.03 ID:tvyu54fp
凛「うん。そうなの」

絵里「どうせ下らない事じゃないの…」

凛「それがね…」

ガチャ

にこ「あんたが一つ食べていいって言ったんじゃない!」

穂乃果「だからってどうしてにこちゃんがクリームの方食べちゃうのさ!」

にこ「そんな事言われたって知らないわよ!ダメなら先に言いなさいよ!」

絵里「……うわぁ…下らない…」

3: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:06:09.27 ID:tvyu54fp
穂乃果「もお!返してよ!」

にこ「食べちったものは返せないわよ!!!」

凛「ね?」

絵里「はあ…」

穂乃果「もう!にこちゃんのバカァ!」

にこ「なんですって!バカって言った方がバカなのよ」

ポカっ

穂乃果「イタッ…手…手を出して来た!人のクリームパンを食べた上に手を出した!女子高生の頭を叩いた!」

にこ「あんたが先にバカって言ったんじゃない!」

絵里「う…くっ…くく…」

凛「え?絵里ちゃん?どうしたの?何が面白いの?」

絵里「笑ってるんじゃないのよ。泣いてるのよ。情けなくて」

凛「あ~…そっか」

4: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:13:48.97 ID:tvyu54fp
絵里「穂乃果!にこ!喧嘩はよしなさい!」

にこ「うるさいわね!部外者は黙ってなさいよ!これは私と穂乃果の問題なのよ!」

穂乃果「絵里ちゃん!にこちゃんが悪いんだよ!味方してよ!」

にこ「はあ?何言ってんのよ!あんたが…」

絵里「喧嘩両成敗です」

穂乃果「納得いかないよ。にこちゃんはね!和菓子屋の看板娘からクリームパンを奪ったんだよ!」

絵里「いや…そうかもしれないけど…」

にこ「だったら最初からあんこの方をどうぞって言えばいいじゃない!」

穂乃果「言う前ににこちゃんが手を伸ばしたんじゃん!」

5: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:24:53.33 ID:tvyu54fp
にこ「とっとと言わないあんたが悪いのよ!だいたい、あんこが嫌なら最初から全部クリームパンが入ってるやつを買って来なさいよ!」

凛「確かに!」

穂乃果「くっ…その時は半分あんこでも良いかなって思っちゃったんだよ!」

にこ「じゃあ、その時の自分を恨みなさいよ!バカ!」

穂乃果「なっ…バカって言った…にこちゃんアホ!まぬけ!ツインテール!スカポンターン!」

にこ「言い過ぎよ!」ポカッ

穂乃果「イタぁぁ。また手を出した!くぅぅぅ…仕返しだぁぁぁ」ポカポカ

にこ「な、何をすんのよ!」

穂乃果「先に手を出したのはそっちだ!」

絵里「ちょっ…もう…子供じゃないんだから…やめなさい穂乃果!」

穂乃果「だって、にこちゃんが先に手を出して来たんだもん」

絵里「だからってやり返さないの!ほら!凛もにこの方押さえといて」

凛「うん」

にこ「なによ凛!あんたが私を押さえつけられるとです」

凛「…」ガシッ

にこ「あっ!ちょっ!離しなさいよ!ちょっと…あれ…あんた意外と力あるわね!」バタバタ

凛「にこちゃんがないだけだよ…落ち着きなよ」

絵里「そうよ。穂乃果もジタバタしないの」

穂乃果「だってぇ」ジタバタ

絵里「ほら!」ガシッ

穂乃果「あっ…痛い」

絵里「え?」

穂乃果「痛ぁ…」

6: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:27:48.37 ID:tvyu54fp
絵里「あっ…ごめん」

穂乃果「いや…うん…」

凛「どうしたの?」

絵里「いや…あの…押さえようとしたら私の指が穂乃果の目に入っちゃったみたいで…」

にこ「え?大丈夫?」

穂乃果「あぁ…うん。まあ…」

絵里「ごめん…穂乃果」

穂乃果「うん…平気…」

にこ「目赤くなってるじゃない」

絵里「え?」

7: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:34:12.99 ID:tvyu54fp
にこ「保健室行ってきなさいよ」

穂乃果「……大丈夫だよ」

にこ「行ってきなさいってば」

穂乃果「大丈夫だって」

にこ「大丈夫じゃないでしょ!赤くなってるんだから!」

穂乃果「平気なの!!!」

絵里「あの…穂乃果…本当にごめんなさい」

穂乃果「大丈夫だから…」

にこ「別に行けば良いじゃない!保健室なんていくら行ってもタダなんだから!」

穂乃果「タダとかそう言う問題じゃないし。大した事ないのに言っても迷惑だもん」

にこ「赤くなってるんだから行けって言ってるのよ!何?私が行けって言ってるから行かないわけ?」

穂乃果「なっ…そんなじゃないし…」

8: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:39:45.12 ID:tvyu54fp
絵里「あの…にこ…あまり…」

にこ「何?にこが謝れば行くわけ?」

穂乃果「…そんな事」

にこ「悪かったわよ。その…ムキになり過ぎたわ」

穂乃果「え…いや…私も…ごめん…」

にこ「ほら…保健室行くわよ」

穂乃果「うん」

絵里「……あの」

凛「…流石絵里ちゃん!二人を仲直りさせちゃったにゃ!」

絵里「凛…イジワルはやめて…」

凛「ごめん…なんて言うのが正解か分からなくて」

絵里「はは…」

9: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:47:21.71 ID:tvyu54fp
「お料理教室」

14: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:54:31.57 ID:tvyu54fp
海未「ここで塩を小さじ1杯入れます」

凛「分かったにゃ!」

ドバァ

海未「ちょっと!小さじ1杯と言ったでしょう!と言うかそれ砂糖じゃないですか手」

凛「あっ…間違えちゃった」

海未「どうすれば塩と砂糖を間違えるのです…」

凛「だってぇ色が一緒なんだもん。ややこしいにゃ~」

海未「そう思うのならせめて入れる前に味見をしてください」

凛「次からそうするにゃ」

海未「もう手遅れなんですけど…」

凛「それで!次はどうすればいいの?」

海未「……ほぼほぼ完成です」

凛「本当!やっと終わったぁ~疲れたにゃ~」

海未「本当…疲れました」

16: 輝きたい名無しさん 2020/05/22(金) 23:59:31.28 ID:tvyu54fp
穂乃果「くんくん。ほら!この部屋だよ!いい匂いがするの!」

にこ「え?本当に?」

ガララ

海未「さあ。使ったものは片付けて下さい」

凛「は~い!」

穂乃果「ほらぁ!何かやってる!」

にこ「本当だ…凄いと言うか…意地汚いと言うか…」

穂乃果「へへん。海未ちゃん!凛ちゃん!」

凛「あっ!穂乃果ちゃん!にこちゃん!」

穂乃果「何してるの?」

海未「凛に料理を教えていたのです」

にこ「凛に料理を?」

海未「はい」

にこ「…大変だったでしょう?」

海未「それはもう…」

凛「にこちゃん失礼にゃ」

17: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:09:13.35 ID:ywfkebXP
穂乃果「お~これだね!どれどれ凛ちゃんが作ったやつかな~。一つ味見を!いただきま~す」

海未「あっ、こら!素手ではしたない」

穂乃果「ん~…うっ…」

にこ「え?何よ?」

穂乃果「いや…………お、美味しい…よ!」

にこ「本当に?」

穂乃果「にこちゃんも一つ頂けば?」

にこ「いや…いい…何となく分かった。美味しくないのね」

海未「え?」

穂乃果「あっ、ちょ…にこちゃん!デリカシーが」

にこ「バカ!正直に言わないと本人の為にもならないじゃない。次も失敗するわ」

穂乃果「うん…まあ…」

にこ「それに美味しいなんか言っちゃうともっと食べさせられるわよ」コソコソ

穂乃果「あぁ…あはは…うん」

18: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:15:47.42 ID:ywfkebXP
にこ「まあ凛!気にする事ないわよ。料理は失敗を重ねて上手くなっていくんだから」

凛「あの…」

にこ「って事はこっちが海未の作ったやつね!私はこっちを頂きま~す」パクッ

穂乃果「あっ!にこちゃんズルイ!」

にこ「ん~おいしい!流石は海未と言った所ね!」

穂乃果「え?そんなに美味しいの?私も一個も~らい」パクッ

にこ「美味しいでしょ?」

穂乃果「すっごい美味しい!え?海未ちゃんこんなの作れたの?知らなかった…これお店出せるんじゃないの?」

海未「いや…あの…」

にこ「ちょっと私にもレシピ教えてよ。うちのチビ達に作ってあげたら喜ぶわ」

20: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:20:46.08 ID:ywfkebXP
海未「私じゃ…ないです…」

にこ「へ?」

海未「今…あなた達が絶賛しているのは…私が作ったのではないです」

にこ「…え?海未じゃないの?」

穂乃果「じゃあ…」

凛「にゃ~そんなに絶賛されると照れるにゃ~」

穂乃果「凛ちゃんが作ったの?これを?」

凛「うん。結構間違えて調味料を入れたりしたけど…なんか上手く行ったみたい」

穂乃果「えぇ…そうなの?」

22: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:28:44.40 ID:ywfkebXP
にこ「えっと…と言う事は…」

海未「そうです。穂乃果が食べて顔を歪めた方が…」

穂乃果「海未ちゃんが作った品…」

海未「はい…。どこで間違えたんですかね…。完璧に作ったつもりだったのに…。あれだけ偉そうに凛に指導しておいて…」

穂乃果「いや…あの…美味しかったよ!ほんと…」

海未「気を遣わなくてもいいですよ」

穂乃果「気なんて…遣ってないよ!ほんと!あの…あれが落ちるくらい!なんだっけ?えっと…ほっぺ!ほっぺた落ちたもん!」

23: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:38:15.10 ID:ywfkebXP
海未「それは凛の方を食べた時でしょう?」

穂乃果「いや…あの…ねえ?」

にこ「え?いや…私食べてないし」

穂乃果「あっ!ズルッ。じゃあ食べなよ」

にこ「嫌よ!なんで私が」

穂乃果「私は食べたんだから不平等じゃん」

にこ「そんなの知らないし」

海未「あぁ…まるで罰ゲームの様に…」

穂乃果「いや…違うの…」

にこ「なんか…もういいんじゃない」

穂乃果「え?」

24: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 00:47:41.09 ID:ywfkebXP
にこ「もう…実際不味いんだし」

穂乃果「いや…でもさ…」

海未「穂乃果…もういいです…」

にこ「事実だし」

穂乃果「けど可哀想だよ」

にこ「そんな事言っても…誤魔化しようないし」

穂乃果「でも…海未ちゃんの面子ってものも…」

海未「もう…本当にいいです。これ以上は惨めですから…精進しますからぁ…」

穂乃果「あぁ…そう。うん…そっか」

海未「はい」

凛「じゃあ、凛はかよちん達にも作った唐揚げ食べてもらおう!」

穂乃果「え?」

にこ「これ…唐揚げだったの?」

凛「うん。なんだと思って食べてたの?」

穂乃果「いや…」

25: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 01:48:48.29 ID:jAhXh72f
面白い

26: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 01:54:53.90 ID:x+kGmIT4
楽しい

28: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 02:09:20.68 ID:aa5hZGQk
このなんか報われない海未ちゃんほんと可愛い

30: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 02:42:19.28 ID:DCHSWiCv
3名様じゃねえか…面白い

31: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 03:24:28.76 ID:LndPse5x
よわよわ海未ちゃんすき

38: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 11:52:12.19 ID:ywfkebXP
「カルピス」

39: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 11:56:04.13 ID:ywfkebXP
梨子「ん~…部屋の掃除も終わったし。読書でもしようかなぁ」

ワーワーギャーギャー

梨子「千歌ちゃん家…騒がしいな…どうしたんだろう」

千歌「やだぁ!自分で作るよ!」

美渡「ダメよ!あんた濃く作るからすぐなくなっちゃうでしょ!」

千歌「薄くつくるからぁ」

美渡「信用出来ないのよ!」

梨子「わぁ……千歌ちゃん…」

43: 輝きたい名無しさん 2020/05/23(土) 23:53:39.95 ID:ywfkebXP
千歌「薄く作るからぁ。貸してよ!」

美渡「薄く作るなら私が作ったって一緒じゃない」

千歌「違うよ。美渡姉が作ると水だもん。ほんのりカルピスの風味がする水だもん!自分のは濃いく作る癖に!」

美渡「そんなセコイ事しないわよ!」

千歌「嘘だ!するよ!昔からそうじゃん!チューペットアイスを半分こする時だって多い方取るじゃん!お姉ちゃんの癖に!」

美渡「は、はあ?チューペットって…あれは…あれでしょ?多い方ってあの先っぽの部分でしょ?あんな少量で多いも少ないもないでしょうが!」

千歌「い~や。美渡姉は絶対に多い方取るね!気づいてるんだからね!」

美渡「そんな事ないわよ!ふざけた事ばっかり言うんじゃないわよ!」

千歌「本当の事じゃん!志満姉も果南ちゃんもいつも多い方を私にくれるけど美渡姉は多い方をくれた事がない!」

44: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:01:16.03 ID:eds96Pk/
美渡「そんな…子供の頃の話を持ち出して…今関係ないじゃない」

千歌「あるよ!美渡姉の事は信用出来ないから私が自分で作るって言ってるの!」

美渡「百歩譲ってそうだとして」

千歌「百歩じゃ足りない」

美渡「譲ったとして!!!カルピスに関してはあんたの方が信用出来ないから!絶対にあんたは濃く作るのよ!」

千歌「どこにそんな証拠があるんですかーー!」

美渡「今までの行いよ!」

千歌「そんなの証拠になりませーーん」

美渡「はあ?そんな事言ったらチューペットの件だった証拠にならないじゃない」

千歌「なるし!私がされた事だもん」

美渡「あんた言ってる事がめちゃくちゃなのよ!志満姉に言いつけるからね!」

千歌「なっ…ズルイ!卑怯だ!」

美渡「はあ?そんなの知らないし。志満姉~」

千歌「くう…」

45: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:07:55.28 ID:eds96Pk/
梨子「カルピスの分量でよくあんな大喧嘩出来るわよね…小学生みたい…」

ドタドタ

梨子「あっ…上がって来た…どうしよう」

ガチャ

千歌「うわぁぁぁぁん。志満姉のバカぁぁ。わーーーーん」

梨子「………」

千歌「グスッ…うぅ…ヒック………あっ……」

梨子「千歌ちゃん…」

千歌「梨子ちゃん…」

梨子「こ、こんにちは」

千歌「うん……いや~…良い天気だね」

梨子「うん。そうね」

46: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:14:26.91 ID:eds96Pk/
千歌「何してるの?」

梨子「部屋の掃除して…これから読書でもしようかなと…」

千歌「へ~。そっか」

梨子「うん」

千歌ちゃーーーーん。ちょっとーーー。

梨子「あの…呼んでるよ」

千歌「あっ…うん。あっ…じゃ、また後で」

梨子「うん。また後で…」

千歌「…ねえ?あの…うちの一階の声って…梨子ちゃんの部屋まで聞こえてるの?」

梨子「え?」

千歌「いや…ほら…いつも聞こえてる?」

梨子「まあ…窓が開いてたり…条件によるんじゃないかな?さっきは…」

千歌「さっき?」

47: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:21:43.35 ID:eds96Pk/
梨子「え?いや…あの…」

千歌「もしかして聞こえてた?」

梨子「えっと…何が?」

千歌「カルピス…」

梨子「あはは…」

千歌「き、聞こえてたんだ…」カァァァァ

梨子「あの…ま、まさか下の声がここまで聞こえるとは思わないものね。フォローになってないか…」

千歌「う、うわぁぁぁ。さ、最悪だぁぁぁぁぁ」

梨子「き、気にする事ないわよ」

千歌「気にするよぉぉぉ。穴があったら入りたいとはこの事だぁぁぁぁぁ」

梨子「落ち着いて」

千歌「落ち着いていられないよぉぉ」

千歌ちゃーーーん?

梨子「あの…呼んでるよ?」

千歌「うわぁぁぁぁぁぁん。行ってくるぅぅぅぅ」

ガチャ ドタドタ

梨子「………私も気をつけよう。色々と」

48: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:37:45.47 ID:eds96Pk/
「買い物」

49: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 00:46:39.22 ID:eds96Pk/
かすみ「む~」

しずく「あれ?かすみさん。難しい顔してどうしたんですか?」

かすみ「あっ…しず子」

果林「何か悪巧みしてるのよ。ね!カスカス」

かすみ「違います!って言うかカスカスじゃありません!かすみんです!」

果林「はいはい。で?何があったの?」

かすみ「こないだ皆んなでお買い物に行ったじゃないですか~」

果林「こないだ?」

しずく「先週の土曜日の話ですよ」

果林「あ~行ったわねぇ。そう言えば。私何も買わなかったから。かすみちゃんは服を買ってたわよね」

50: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:00:57.90 ID:eds96Pk/
しずく「それで…どうしたの?先週の買い物が関係あるの?」

かすみ「私が買った服…覚えてる?」

しずく「ワンピースだったよね?」

かすみ「そう!ワンピース!あれ…なんであれを買ったのかなぁって」  

しずく「え?」

かすみ「家に帰って来てみたんだけど…イマイチで…」

果林「あ~…あるわよね!お店で見た時は可愛いく見えたのにって」

かすみ「そうなんですよね」

しずこ「けど、あの服可愛かったと思うけど」

51: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:08:09.45 ID:eds96Pk/
かすみ「そうだよね!」

しずく「うん。可愛かったよ」

かすみ「そうじゃなくて。しず子が可愛いから買った方が良いって勧めたんだよね!」

しずく「え?いや…それは…」

かすみ「しず子がかすみんに良く似合うから絶対に買った方が良いって」

しずく「そこまでは言ってない。かすみさんが自分の意思で買ったんでしょ」

かすみ「え~…しず子に言われた気がするんだよなぁ。絶対に買った方が良いって」

しずく「そんな言い方はしてないって。可愛いとは言ったけど。ですよね?果林さん」

果林「えっと…全然覚えてないのよね。かすみちゃんの買い物」

しずく「え?一緒に居ましたよね?」

52: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:12:57.23 ID:eds96Pk/
果林「そうだったかしら?」

しずく「そうですよ。果林さんも可愛いって言ってましたよ」

果林「え~…」

かすみ「言ってました!二人が可愛いから買った方がいいって言うから買ったんです!」

果林「ごめん。記憶にないわ」

かすみ「なっ!?無責任ですよ!人に買わせておいて」

しずく「買ったのはかすみさんの意思でしょう!」

かすみ「だって…二人が…大絶賛するから…」

しずく「だから大絶賛はしてないって…」

53: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:21:00.59 ID:eds96Pk/
果林「どんなワンピースを買ったの?」

かすみ「写真撮ってきました!これです!」

果林「ふ~ん。これね」

かすみ「これ…子供っぽいでしょ」

果林「うん。ちょうどいいじゃない」

かすみ「どういう事ですか!かすみんが子供っぽいって言いたいんですか!」

果林「違う違う。ファッションってギャップによって演出をするのよ」

かすみ「ギャップによって?」

果林「つまり。このワンピースをかすみちゃんが着る事によってギャップが生まれるの。言いたい事分かるわよね?」

かすみ「高校生のかすみんが敢えて着る事によってギャップが生まれる…それがお洒落…」

果林「そう言う事!」

かすみ「なるほど!やっぱり買って良かったかもしれないです!」

果林「そうよ!私が言うんだから間違いないわ」

かすみ「そうですね!あ~買って良かった~」

果林「でしょう!」

しずく「…外よりも内ですね。子供っぽいのは」

55: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:52:30.18 ID:eds96Pk/
「お下がり」

56: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:55:28.61 ID:eds96Pk/
海未「三人共ちょっとここで待ってて下さいね」

にこ「うん。分かった」



にこ「ねえ?」

凛「何?」

にこ「今日…なんで呼ばれたの?」

凛「さあ…怒られる様な事はしてないけど。ね?」

花陽「え?うん。何もしてないよ」

にこ「いや、別に怒られるとは思ってないわよ。最初から」

凛「何で呼ばれたんだろうね」

にこ「ほんと。何でかしら」

58: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 01:58:51.20 ID:eds96Pk/
海未「お待たせしました」

にこ「あっ、来た…って…ええ?」

ドサッ

海未「ふう」

花陽「あの…海未ちゃん?これは…」

海未「私の着れなくなった服なのですが…捨てるのも勿体なく…お下がりで良ければ是非三人にと」

花陽「そうなんだ」

海未「はい」

にこ「ちょっと待った」

海未「何でしょう?」

59: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 02:04:05.01 ID:eds96Pk/
にこ「あんた何年生?」

海未「…二年生ですが」

にこ「にこ三年生」

海未「はい」

にこ「おかしくない?」

海未「いえ…間違っていないと」

にこ「いや…そうじゃなくて!にこのが年上なんですけど!」

海未「はい」

にこ「はいじゃなくて」

海未「はあ…。あの…お茶入れてきますから。三人で選んでいて下さい」

にこ「ちょっ…くっ…マイペースね」

凛「ああ言う所穂乃果ちゃんに似てるよね」

にこ「長い事一緒にいるから似て来るのよ。全く。って言うか、にこ間違ってないわよね!言いたい事分かるわよね?」

花陽「あはは…うん。なんとなく」

60: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 02:07:19.76 ID:eds96Pk/
凛「くれるって言うんだしありがたく貰えば良いじゃん」

にこ「まあ…そうね。じゃあ…」

凛「…」

にこ「ん~」

凛「にこちゃん…どうしよう」

にこ「え?」

凛「欲しいのがないにゃ」

にこ「やっぱり?」

凛「うん」

にこ「前から思ってたけど。海未のセンスって…ちょっとあれよね」

凛「うん…凛も人の事言えないけど…ちょっと。ね?」

花陽「え?あの…」

61: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 02:14:05.81 ID:eds96Pk/
にこ「これ…ちょっとおばさんっぽいし…」

凛「うん…」

海未「決まりましたか?」

にこ「あっ…えっと…」

海未「喧嘩しないで下さいね。ふふっ。あっ!」

凛「何?」

海未「凛が手に持っている服!とても似合うと思うんですよね」

凛「え?え?いや~でも…どうかなぁ。ねえ?」

にこ「いや、良いんじゃない?可愛いわよ。うん」

海未「にこに!」

にこ「へ?」

海未「にこにピッタリだと思うんです」

にこ「いやー…どうかなぁ。そんな事は」

凛「うんうん。にこちゃんにピッタリだにゃ!」

62: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 02:19:22.76 ID:eds96Pk/
にこ「いやいや。凛にピッタリよ!」

凛「えー、凛も欲しいけど~」

海未「あっ、では凛に」

凛「え?」

にこ「う、うん!そうね!にこも欲しいけどなんたって上級生だし!ここは我慢して」

海未「ふふっ、にこが優しくて良かったですね」

凛「はは…わーい」

海未「花陽は何か気に入った物が見つかりましたか?」

花陽「え?えっと…」

海未「これなんてどうでしょう?」

花陽「あっ…あの~…」

海未「サイズもちょうど…サイズ…あっ…サイズ…花陽は…着れそうにないですね」

にこ「え?そんな事は…あっ…」

63: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 02:53:56.30 ID:Y77KMUFL
哀れですにこにゃ…

68: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 08:29:39.45 ID:0oQ9doV2
防波堤トリオずら

69: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 08:41:48.79 ID:D1IaEAcj
せめてまきちゃんを呼んでおけば…

72: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 23:23:54.36 ID:twYPKGAY
花陽は優越感に浸ってそう

74: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 23:42:05.48 ID:eds96Pk/
凛「え~かよちんは凛と身長もそんなに変わら…あっ…」

海未「…まあ。あの…トレーナーとかもあるので。それなら胸が…デカくても…胸が…」

にこ「トレーナーって…呼び方…スウェットでしょ…」

海未「ほら!このトレーナーなんて花陽にピッタリだと」

花陽「えぇ…」

にこ「うわぁ…」

海未「なんですか?」

にこ「いや…あの…にこも欲しかったなぁなんて…」

海未「そうですか?ん~」

にこ「あっ、いや…」

海未「ですが、これは花陽に」

にこ「そ、そうよね!うん!そうよ!」

花陽「にこちゃん…」

75: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 23:47:56.24 ID:eds96Pk/
海未「そのかわり、これをにこに!」

にこ「えぇ…これを…?」

凛「うわぁ…これは…今までで一番」

海未「なんですか?」

凛「えっと…一番オシャレだなぁって!シマシマの部分とか!」

海未「ストライプって言うんですよ」

凛「うん」

海未「そうですか。凛も欲しいのですね」

凛「え?いや…あの…」

にこ「なんだぁ…凛ちゃん欲しいだぁ。じゃあ年長者のにこは潔ぎよく諦めて」

凛「え?」

海未「ですが、先ほども凛に譲ったでしょう?」

凛「そ、そうだよ!悪いよ!」

にこ「い、いいのよ。別に…ほら!ね?あの~」

海未「じゃあ、ジャンケンにしましょう!」

凛「ジャンケン?」

海未「はい!恨みっこなしのジャンケンで!」

76: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 23:53:29.42 ID:eds96Pk/
にこ「あ~…ジャンケンね…。なるほど。ジャンケンかぁ。そうよね」

凛「にこちゃん。いいの?別に凛はいいんだよ。さっき貰ったし」

にこ「いやいや。可愛い洋服はぜひ凛に来て欲しいじゃない。だからさ」

凛「いや~悪いよ」

にこ「そんな事ないわよ」

海未「ジャンケンしないんですか?」

にこ「え?あっ…するわよ。ただ、平和的解決が出来ないかと思って」

海未「だからジャンケンを」

にこ「そうね。それしかないわね」

凛「うん。腹を括ろうか」

にこ「じゃあ…」

凛「あっ、待って!負けた方が貰うでいいの?」

にこ「うん。それで」

海未「なぜ?」

にこ「へ?」

海未「普通勝った方でしょう」

にこ「あぁ…そうね。うん。勝った方が引き取るという事で」

凛「うん」

海未「引き取る…」

にこ「いや…言葉の誤りよ」

海未「そうですか」

77: 輝きたい名無しさん 2020/05/24(日) 23:58:56.33 ID:eds96Pk/
にこ「じゃあ、凛!花陽!恨みっこなしだからね!」

凛「うん」

花陽「え?私も?」

にこ「当たり前じゃない。ズルはダメよ!」

海未「ズル?」

にこ「あっ…いや…。花陽が参加しないのに貰ってもズルイ感じがするから」

花陽「そ、そんな事ないよ。それに多分着れないと思うな…あの…」

海未「そうです。花陽は…この服は着れないと…胸が…」

にこ「くっ…でも…伸ばせば着れるんじゃない?」

海未「伸ばしたらダメでしょう!」

凛「にこちゃん。もう諦めよう」

にこ「そうね」

海未「諦めるってなんですか」

凛「いや…この可愛い服を着たかよちんを見たかったけど諦めるよ。ね?」

にこ「うん」

凛「じゃあ…行くよ!」

にこ「うん。ジャン!」

凛「ケン!」

78: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 00:04:35.84 ID:r+SizoL2
カァー カァー

凛「にこちゃん…似合ってるね」

にこ「え……?ありがと……」

花陽「あの…今度、海未ちゃんにお礼しなきゃね」

にこ「そうね…」

凛「シマシマ…お洒落だね」

にこ「そうね…」

真姫「あれ?にこちゃん!凛!花陽!」

にこ「あっ…真姫…」

凛「え?真姫ちゃん!」

真姫「偶然ね。あの…三人で遊んでたの?」

にこ「え?まあ…そんな所…ね?」

花陽「え?うん」

真姫「ふ~ん…」

にこ「なによ?何か言いたい事でもあるの?にこの格好見て何か言いたい事でもあるわけ?」

真姫「別に。何もないわよ」

にこ「あっそ」

真姫「私も…誘ってくれても良かったのに」

にこ「え………?あ~………その手があったか」

真姫「え?」

79: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 00:11:00.43 ID:xZ2qhEtB
この雰囲気好き

81: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 03:43:00.84 ID:3QM6s39Z
私服がダサい真姫ちゃんも可愛いよ

82: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 08:01:59.81 ID:S1acRYtL
どのキャラも特徴おさえてていいけど
特ににこの描写が抜群に上手い気がする

83: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 20:43:36.97 ID:r+SizoL2
「チャレンジ」

84: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 20:49:24.53 ID:r+SizoL2
千歌「あっ!ねえねえ!果南ちゃん!」

果南「どうした~?何かあった?」

千歌「激辛チャレンジだって!食べ切れたら5000円プレゼントだって!」

果南「ふ~ん。激辛かぁ~」

千歌「チャレンジする?」

果南「え?しないよ。こう言うのはクリア出来ない様になってるんだよ」

千歌「そう言うもの?」

果南「そりゃそうだよ。簡単に達成出来たら大赤字だからね」

千歌「そうだよね。でもな~5000円だよ!一年遊んで暮らしていけるよ」

果南「一年は流石に無理じゃないかな」

85: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 20:54:07.74 ID:r+SizoL2
千歌「一年は無理か。でも、5000円貰えたら嬉しいよね」

果南「そりゃ嬉しいけど」

千歌「チャレンジしてみようよ」

果南「いやいや。やめといた方がいいよ。千歌だって辛いの得意って訳じゃないでしょ?」

千歌「うん。全然得意じゃないよ。私はね」

果南「でしょ?」

千歌「うん」

果南「念のために言っておくけど…私はやらないよ」

千歌「えっ!?」

果南「やらないやらない。私がやる訳ないでしょ」

千歌「それは分からないよ」

87: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 21:24:12.04 ID:r+SizoL2
果南「本人が言ってるんだから」

千歌「ん~からの~?」

果南「そんな事言ってもダメだよ」

千歌「可愛い可愛い幼なじみのお願いでもダメ?果南お姉ちゃん」

果南「可愛い可愛い千歌の頼みでもダメ」

千歌「じゃあ正式に。お願い致します」

果南「丁重にお断りします」

千歌「え~…ダメ?」

果南「ダ~メ。諦めな」

88: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 21:32:02.30 ID:r+SizoL2
千歌「じゃあ、こうしよう!私も頑張って半分食べるから!」

果南「二人で食べたら賞金は貰えないと思うよ」

千歌「けど…それでも」

果南「何が千歌をそこまで動かすの?」

千歌「分からない。なんか…得体の知れない何か!」

果南「怖いよそれ。得体の知れない何かに動かされるってどう言う事さ」

89: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 21:48:40.60 ID:r+SizoL2
千歌「それが分かったら苦労しないよ。だって得体が知れないんだから」

果南「もう事件だよ。もっと違う表現出来ないの?」

千歌「違う表現って?」

果南「だから…正体不明の衝動にとか…」

千歌「それって得体の知れない何かと同じじゃん」

果南「そんな事はないよ。得体の知れない何かって…ミステリーな感じがするよ。宇宙人とか出てきそう」

千歌「宇宙人なら…この激辛チャレンジも余裕だろうね」

果南「どうだろう。宇宙人の味覚を知らないからなんとも」

千歌「そっか。…ねえ、やらない?」

果南「うん。私は宇宙人じゃないからね」

91: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 21:55:50.22 ID:dB2tvNAG
ちかなんのやりとり可愛いしなんな映画みたいで良いな

90: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 21:52:25.31 ID:r+SizoL2
「喧嘩の仲裁」

92: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 22:05:21.92 ID:r+SizoL2
穂乃果「ふんだ」

海未「……」

凛「喧嘩したの?」

穂乃果「別に…喧嘩なんてしてないよ。何もしてないし」

海未「心当たりもないんじゃ喧嘩にもなりませんよね」

凛「海未ちゃん怒ってるじゃん。も~穂乃果ちゃん謝らなよぉ」

穂乃果「どうして私が謝らなきゃいけないのさ!」

凛「何かやったんでしょ?」

穂乃果「だから何もしてないって!」

海未「ふふっ。普段の行いがものを言うのでしょう」

穂乃果「誰が」

海未「さあ、分からず屋はほっておきましょう!あっ、そうです!凛、今日は特別に宿題を見てあげましょう」

凛「今日は宿題なんて何も出てないにゃ」

海未「あっ…そうですか」

穂乃果「ふっ」  

海未「なっ」カチン

93: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 22:13:47.45 ID:r+SizoL2
ガチャ

にこ「ふぁ~。今日もいい天気ね~」

凛「あっ!にこちゃん!」

海未「にこ、お疲れ様です」

にこ「ん?ああ、お疲れ~」

穂乃果「にこちゃん!にこちゃん!ねえねえ!」

にこ「な、何よ?」

穂乃果「にこちゃんに教えてほしい事があるんだ~」

にこ「私に教えてほしい事??」

穂乃果「うん!ほら!こないだ言ってたアイドルのさ~」

にこ「あ~何?興味出たの?」

穂乃果「そうなの。ぜひ教えて欲しいな~」

にこ「仕方ないわねぇ。じゃあ、パソコンの前で!一から教えてあげるわ」

穂乃果「わ~い」

海未「…」

穂乃果「ふふっ」ニヤッ

海未「なっ!?」カチン

94: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 22:21:37.30 ID:r+SizoL2
海未「……凛!あっちで宿題やりましょうか」

凛「だからないよ」

海未「でしたら英語の勉強を見てあげますから…」

穂乃果「でさ~。センターの子が可愛いなって思って」

海未「狭い部室なのに大声で……」

穂乃果「本当いいよね~」

にこ「でしょ~。あんたも分かってるわね!良いわよね!あれ!ライブなんて見てると興奮しちゃうわよね!!!!」

海未「凛、あそこのお馬鹿さんにうるさいと伝えて来てください」

凛「え~凛がぁ」

海未「お願いします」

95: 輝きたい名無しさん 2020/05/25(月) 22:28:02.98 ID:r+SizoL2
凛「も~。分かったよ」

テクテク

にこ「でもさぁ、実は私はセンターの子よりも」

チョンチョン

凛「ねえねえ。にこちゃん」

にこ「ん?」

凛「海未ちゃんがうるさいって」

にこ「へ…海未が?」

凛「うん。あそこのお馬鹿にうるさいって言って来てって」

にこ「はあ?誰がバカよ!ちょっと盛り上がってただけじゃない!しかも、直接言わずに凛に言わせて…」

穂乃果「ねえ。酷いよね」

にこ「凛!バカって言った方がバカだって言い返しといてよ」

凛「え?また凛が言うの?」

にこ「仕返しよ」

98: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 04:02:44.32 ID:THNuLDoh
巻き込まれ凛ちゃんかわいい

100: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 16:46:25.55 ID:HTZxss3m
穂乃果のが他人を味方にするのが上手だね

101: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:20:10.95 ID:F68XP9r7
凛「仕返しとかそう言うのやり始めたらキリがないよ。それに海未ちゃんはバカじゃないと思う」

にこ「だったらにこはバカだって言うの?だからにこには言えたわけ?」

凛「そんな事は…」

にこ「無いっていいなさいよ!」

凛「えへへ」

にこ「くっ…とにかく!海未に言ってきなさい!」

凛「…分かったよ」

にこ「ったく。なんだってのよ」

穂乃果「ねー海未ちゃん酷いよね」

にこ「ちょっと騒いだだけなのに。堅いのよね、ほんと」

102: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:25:31.86 ID:F68XP9r7
テクテクテク

凛「海未ちゃーん。伝えて来たよ」

海未「そうですか。で?少しは反省していましたか?」

凛「えっと…その…」

海未「なんですか?」

凛「ん~」

海未「言いにくいのですか?」

凛「たぶん…本心じゃないと思うよ!カッとしてるだけで…」

海未「なんと言ってたのですか?」

凛「怒らないであげてね」

海未「はい」

凛「バカって言った方がバカだって」

海未「…そうですか。あくまでそう言った態度を取るのですね。はい、分かりました」

凛「あの…にこちゃんもね…そんなに…」

海未「にこ?」

凛「うん。売り言葉に買い言葉ってなっただけだと思うから」

海未「どうしてにこが出てくるのです?」

103: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:29:24.11 ID:F68XP9r7
凛「どうしてって」

海未「凛、あの…どう言った風に伝えたんですか?と言うか穂乃果に伝えたんですよね?」

凛「え?穂乃果ちゃんに?」

海未「だって…え?」

凛「凛…にこちゃんに伝えたよ」

海未「な、なぜ…」

凛「だって…騒いでるおバカに伝えて来いって」

海未「おバカだからにこだと思ったのですか?」

凛「え…?違う違う。そうじゃなくて…あの…ほら!騒いでるって言うから。にこちゃんが大きな声を出してたでしょ?」

海未「穂乃果も騒いでいたじゃないですか」

104: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:31:54.50 ID:F68XP9r7
凛「だって…てっきり…」

海未「じゃあ、にこは私に文句を言われたと思ってるんですね」

凛「うん。海未ちゃんにうるさい馬鹿って言われたと思ってるよ」

海未「そうですか」

凛「訂正してくる?」

海未「いえ…私が直接行きます」

凛「最初からそうすれば良かったのに」

海未「まあ…そうですね」

105: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:35:00.95 ID:F68XP9r7
にこ「でさ~」

海未「あの…にこ」

にこ「…何?」

穂乃果「……」

海未「先ほど凛が伝えた事は誤解でして」

にこ「誤解?」

海未「はい。ごめんなさい。にこに言った訳ではなくて」

穂乃果「私に言ったんだ」

海未「…そうです」

穂乃果「ふ~ん」

にこ「え?何?二人喧嘩してるの?」

凛「うん。そうなの」

106: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:48:22.32 ID:F68XP9r7
にこ「なんで?」

凛「理由は凛も知らないの。部室に来たら既に喧嘩してたから」

にこ「へ~あのさ、喧嘩なんてしても不毛なだけじゃない。仲直りしなさいよ」

穂乃果「海未ちゃんが謝れば考えない事もない」

海未「謝るのは穂乃果の方でしょう!」

凛「また始まったにゃ」

にこ「も~喧嘩の原因は?」

穂乃果「方向性の違いだよ!」

にこ「グループの危機じゃない…」

海未「何言ってるんですか!あなたが私のメロンパンを食べたのでしょう!」

穂乃果「一口だけじゃん!」

にこ「そ、そんな事…。馬鹿みたい…。って言うか穂乃果が百パー悪いんじゃない」

穂乃果「そ、そうだけどさ…その後…ありとあらゆる言語を使って私の事を責めたんだよ」

にこ「言語だと海未が何カ国語も喋れる事になっちゃうわよ。何でもいいけど…こんな事で謝れない様じゃお子ちゃまね」

穂乃果「うっ…」

海未「お子ちゃま…」

凛「にこちゃんに言われたくないだろうけどね」

107: 輝きたい名無しさん 2020/05/26(火) 23:56:52.69 ID:F68XP9r7
にこ「なにを!?」

凛「なんでもないにゃ。そんな事より」

穂乃果「う、…あの…悪かったよ。ごめん」

海未「いえ…私の方こそ…一口くらいで怒りすぎました」

にこ「ふふん。どうよ?」

凛「流石です!」

にこ「でしょう!それよりさ」

凛「ん?」

にこ「どうしてにこに伝えた訳?」

凛「え?」

108: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 00:56:36.66 ID:6kXuFEQQ
バイリンガル海未ちゃん

111: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 12:46:50.72 ID:/ryPdjPO
にこの裁定が冴える

112: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 14:02:36.08 ID:EQe/5tJ7
そこに気付くとはやはり天才か…

113: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:05:15.64 ID:upITLWKU
「秘密」

114: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:08:22.04 ID:upITLWKU
希「ん~」

にこ「どうしたの?」

希「いやぁ…あの…」

にこ「なによ?」

希「にこっちに聞きたい事があるんやけど」

にこ「聞きたい事?なに?」

希「あの話…みんなに喋った?」

にこ「あの話?」

希「うん」

にこ「え?なんの話?」

115: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:15:17.76 ID:upITLWKU
希「身に覚えない?」

にこ「ごめん。分からないんだけど。え?何?内緒の話?」

希「うん。ちゃんと約束した訳じゃないから…にこっちを責めるつもりはないんやけど…」

にこ「ちょ、な、何?本当に分からないんだけど」

希「そっか。じゃあ、にこっちじゃないのかな」

にこ「え?私以外にも知ってる事なの?」

希「ううん。にこっちしか知らないと思うけど」

にこ「だったら、あんたか私から漏れる以外は有り得ないじゃない。私本当に言ってないからね。って言うか何の話なの?」

希「えっと…それは…」カァァァ

にこ「えぇ…何で顔を真っ赤にする訳?恥ずかしい事なの?」

希「うん…別に…そこまでとちゃうよ」カァァァ

にこ「そんなトマトみたいに顔真っ赤にして言われても。希でも恥ずかし事ってあるのね」

116: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:20:23.54 ID:upITLWKU
希「そりゃあウチだって…あるよ」

にこ「まあそっか」

希「うん」

にこ「まっ、あんたがそこまで気にする様な事なら言わないわよ」

希「本当に?」

にこ「本当よ」

希「そっか。じゃあ、もしかしたら…にこっち以外にも見られてたのかな。ウチが電話でお父さんにめっちゃ甘えてる所」

にこ「あっ…」

希「え?」

117: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:25:30.98 ID:upITLWKU
にこ「言ったかも」

希「言ったん?」

にこ「ん~…ちゃんと口止めしたっけ?」

希「へ?」

にこ「言うなって言ってたっけ?」

希「シーってやったやん」

にこ「え…ごめん。それ…伝わってない」

希「えぇ…嘘やろ」

にこ「いや…だって…なんでジェスチャーで口止め出来ると思ったの?」

希「だって分かるやろ」

にこ「実際伝わってないんだからさ。言葉で言えば良かったのよ」

118: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:29:32.68 ID:upITLWKU
希「まあ…そうやけどね。でも、分かるやん」

にこ「分かんないわよ。電話中だから静かにしろって言ってるのかと思うじゃない」

希「電話切ってからやったやん」

にこ「いや…そもそも覚えてないんだけどね。その事自体を」

希「えぇ…だったら言葉で言っても忘れてたんと違う?」

にこ「違う。それは忘れない。言葉で言われれば忘れない」

希「そうかなぁ」

にこ「って言うかさ。そもそも別に良くない?」

119: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:34:58.12 ID:upITLWKU
希「どう言う事?」

にこ「別に…皆んなに知れても良くない?」

希「良くないよ。ウチのイメージってモノがあるやん」

にこ「元々そんなイメージよ?」

希「だとしたらわざわざ言う必要ないやん。珍しいモノを見たから皆んなに言ったんやろ?」

にこ「それは…でも、皆んな可愛いって言ってたわよ。あの…ことりとか特に…」

希「それ別に嬉しい可愛いやないやん」

にこ「嬉しくない可愛いなんてないでしょ」

希「あるよ。じゃあ…にこっちはおバカで可愛いなぁ」
 
にこ「ありがとう。でも、バカは余計よ」

希「ほら!」

にこ「ほらって言われても」

120: 輝きたい名無しさん 2020/05/27(水) 23:38:58.10 ID:upITLWKU
希「素直に喜べないやろ?」

にこ「バカはね!バカはダメよ」

希「それと同じやから」

にこ「誰もバカとは言ってなかったわよ」

希「そう言う事言ってるんやないやん」

にこ「何が言いたいのよ」

希「だから…ウチのキャラがな」

にこ「キャラキャラうるさいわね!漫画のキャラクターじゃないんだから!キャラなんてないのよ!」

希「あるやろ」

にこ「それにね!こんな事で騒いでる時点であんたはもうキャラ崩壊してるのよ!」

希「…それは言わないで」

122: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 01:13:41.23 ID:85SPFfxk
パパに甘えるのんたんかわいすぎか?

124: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 02:53:11.66 ID:5LUY6BBU
のぞにこのやり取り好き

125: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 14:25:43.27 ID:GwfNW9kA
恥ずかしがる希がかわいい

127: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 21:45:21.07 ID:Bi8Y/76r
「お泊まり」

128: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 21:50:25.38 ID:Bi8Y/76r
ルビィ「お泊まりお泊まりランランラ~ン」

理亞「お泊まりするのは私達なんだけど」

ダイヤ「あらあら。ルビィったらはしゃいじゃって。聖良さん達が来てくれたのがよっぽど嬉しいんですわね」

聖良「今日は泊めていただいてありがとうございます」

ダイヤ「いいえ。こちらこそ来て頂いて嬉しいですわ。ルビィも楽しそうですし」

ルビィ「今日は私とお姉ちゃんがご馳走を作るから楽しみにしててね!」

聖良「へぇ~楽しみね、理亞」

理亞「うん」

129: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 21:59:24.26 ID:Bi8Y/76r
ルビィ「二人は苦手な食べ物はありますか~?」

理亞「まあ…強いて言うなら…酢の物とか」

ルビィ「じゃあ…酢豚は食べれないかな」

理亞「いや…大丈夫。酢豚は大丈夫だから」

ダイヤ「ルビィ…酢豚は酢を使ってるけど酢の物ではありません。それに、今日は酢豚は作りませんから」

理亞「え?じゃあ何で聞いたの?」

ルビィ「理亞ちゃんの事をもっと知りたくて。えへへ」

理亞「そ、そっか」

ルビィ「うん。えへへ。聖良さんは何か苦手な食べ物はありますか?」

130: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:09:25.53 ID:Bi8Y/76r
聖良「私はブロ…」

理亞「姉様に苦手な物なんてある訳ないでしょ」

聖良「理亜!?」

ルビィ「流石、聖良さん」

理亞「凄いでしょ?」

ルビィ「うん。何でも食べれるんだ」

理亞「そうよ。何でも食べれるんだから」

聖良「理亞!?」

ルビィ「何でも?」

理亞「何でも!」

ルビィ「じゃあ…ハチノコとかも…」

理亞「もちろん」

聖良「理亞!?」

131: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:16:53.35 ID:Bi8Y/76r
ルビィ「凄い…お姉ちゃんは…ハンバーグ食べれないもんね」

ダイヤ「ま、まあ…どうしても食べれない訳ではないけど…」

理亞「ハンバーグが…あんなに美味しいのに」

ルビィ「聖良さんは…」

理亞「そんなの食べれるに決まってる」

聖良「理亞…」

132: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:26:56.32 ID:Bi8Y/76r
ルビィ「あとお姉ちゃんはグラタンも苦手だよね」

ダイヤ「まあ…」

理亞「グラタンが…まあ…火傷するくらい熱いし…」

ルビィ「聖良さんは?」

理亞「姉様は猫舌じゃないから。だよね、姉様!」

聖良「えぇ…うん」

ルビィ「聖良さん凄い!」

理亞「でしょう」

ルビィ「うん」

聖良「理亞…」

133: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:38:13.83 ID:Bi8Y/76r
ダイヤ「ふふっ。理亞さんはお姉さんの事が大好きなんですわね」

理亞「え?…うん」

聖良「理亞!」

ルビィ「ルビィもお姉ちゃんの事大好きだよ!」

ダイヤ「ふふっ。そんな事、ずっと前から知ってますわ」

ルビィ「お姉ちゃん!」

ダイヤ「ふふっ」

ルビィ「お姉ちゃん、あのね前から一つ聞きたい事があったんだ!」

ダイヤ「このタイミングで?」

ルビィ「うん。お姉ちゃん、ドリアは食べれるの?」

ダイヤ「え?それは…」

理亞「姉様は?」

聖良「ブロッコリーが入ってなければ」

134: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:51:03.89 ID:Bi8Y/76r
「実は…」

136: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 22:56:39.12 ID:Bi8Y/76r
ガチャ

花陽「あっ…絵里ちゃん!」

絵里「花陽だけ?」

花陽「はい…あっ、うん」

絵里「ふふっ、まだちょっと遠慮してる?先輩禁止」

花陽「ううん。そんな事ないよ」

絵里「だったら嬉しい。花陽ともっと仲良くなりたかったから」

花陽「うん!」

グゥゥゥゥゥゥ

絵里「え?」

花陽「あっ…」

137: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 23:28:13.35 ID:Bi8Y/76r
絵里「くっ…ふふっ…あはははは」

花陽「絵里ちゃん!!?」

絵里「ごめんなさい。ふふっ、お腹空いたんだ?」

花陽「う、うん」

絵里「そっか。成長だものね」

花陽「あの…実は…私…黙ってたけど…」

絵里「え?何?」

花陽「人より食欲旺盛なの」

138: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 23:32:32.08 ID:Bi8Y/76r
絵里「…うん?」

花陽「あっ…だから…人よりも食欲旺盛で…」

絵里「…うん」

花陽「…あれ?えっと…人より食欲旺盛で…」

絵里「…うん」

花陽「そんなに意外じゃなかった…?」

絵里「意外って言うか…」

花陽「よく食べる様に見えるって事?」

139: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 23:37:06.63 ID:Bi8Y/76r
絵里「見えると言うよりも見たと言うか…」

花陽「え?」

絵里「あの…話を最初に戻していい?」

花陽「最初?先輩禁止の話?」

絵里「あっ…ごめん。戻し過ぎ…最初は言い過ぎたわ。あの…食欲旺盛なのを黙ってったって話ね」

花陽「うん」

絵里「花陽の中では…黙ってるつもりだったんだ…」

花陽「え?ど、どう言う事ですか?」

140: 輝きたい名無しさん 2020/05/28(木) 23:54:46.14 ID:Bi8Y/76r
絵里「いや…だってね。隠してるつもりだったんでしょ?けど…合宿で凄い食べてたじゃない」

花陽「え?合宿ではそんなに食べてないと…」

絵里「えっと…その発言は…どういったつもりで発言してるのか分からないけど…」

花陽「ど、どう言う事でしょうか?」

絵里「とぼけてるのか…本当にそう思っているのか…」

花陽「とぼける?」

絵里「あっ…本気で思ってるんだ…そっか。理解したわ」

花陽「何が!?」

141: 輝きたい名無しさん 2020/05/29(金) 00:00:05.62 ID:TFdr4v4y
「呼び出し」

142: 輝きたい名無しさん 2020/05/29(金) 00:03:20.95 ID:TFdr4v4y
穂乃果「で、チョコが中にタップリ入ってるのがトッポ!側にチョコが塗ってあるのがポッキー!何もないのがプリッツだよ」

絵里「え~そうなんだ」

海未「あまり穂乃果の言う事を鵜呑みしないで下さい」

穂乃果「どう言う事!」

ガチャ

ことり「穂乃果ちゃ~ん」

穂乃果「どうしたの?ことりちゃ~ん」

海未「言い方」

ことり「あの…先生が呼んでたよ?職員室に来てって」

穂乃果「え?」

海未「何をしたんですか?」

145: 輝きたい名無しさん 2020/05/29(金) 23:20:29.62 ID:TFdr4v4y
穂乃果「え~…褒められる様な事したっけかな?」

絵里「どうして褒められる前提なの?」

海未「何を壊したのですか!?」

穂乃果「どうして何かを壊した前提なの?」

海未「普段の行いでしょう」

穂乃果「何か壊したっけ?普段から何が壊してる?」

147: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:17:06.18 ID:yw1eO7D7
海未「…そう言われると」

穂乃果「でしょ!」

絵里「取り敢えず、先生が呼んでいるなら早く行ってきちゃいなさい。練習もあるんだから」

穂乃果「そうだね」

絵里「ちゃんと謝ってくるのよ」

穂乃果「何を?」

絵里「分からないけど…」

穂乃果「え?なんで…?なんで絵里ちゃんも海未ちゃんも私が怒られる前提で話を進めようとするの?」

絵里「それは…」

海未「ですから普段の行いが…」

穂乃果「だからさ!普段から怒られる様な事してる?私!」

海未「はい」

148: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:20:07.13 ID:yw1eO7D7
穂乃果「即答…幼馴染なのに…」

海未「だからです。昔から見て来ているので」

穂乃果「じゃあ、ことりちゃん」

ことり「あの…ごめんね…」

穂乃果「何が?」

ことり「え?いや…その…」

穂乃果「あのさ!なんなの皆んなして!私、生徒会長なんだよ!」

149: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:26:27.99 ID:yw1eO7D7
海未「生徒会長なのに職員室に呼び出されるなんて…」

穂乃果「だから!怒られると決まった訳じゃないんだよ!」

絵里「確かにね。まさに、シュレリンガーの猫状態ね」

海未「シュレディンガーですよ」

絵里「そう」

穂乃果「何それ?」

絵里「今、ここには怒られる穂乃果と怒られない穂乃果の二人が存在すると言う事よ」

穂乃果「しないよ。私は一人きりだよ」

絵里「いや、そう言う事じゃなくて」

海未「私も存在しないと思います。きっと怒られると確信していますから!」

穂乃果「なんで?」

150: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:29:52.25 ID:yw1eO7D7
ことり「あの~…先生待ってると思うから…早く行った方がいいと…。多分、あまり待たせるとそれはそれで怒られちゃうと思うよ」

穂乃果「えぇ…結局怒られるの?」

ことり「いや…分からないけど…」

穂乃果「はあ…あ~あ~結局海未ちゃんのせいで怒られるんだ」

海未「人のせいにしないで下さい」

穂乃果「海未ちゃんのせいだよ!」

先生「お前のせいだよ!高坂!」

穂乃果「あっ、先生…」

ことり「ほら…」

151: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:30:05.34 ID:yw1eO7D7

152: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 01:42:01.92 ID:IjcwyqNv

ネタも空気感も好きだったよ

154: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 09:49:08.65 ID:mbvUx7od

雰囲気が好き

155: 輝きたい名無しさん 2020/05/31(日) 10:09:50.25 ID:e+qSqZW3
この穂乃果ちゃんだいすき

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1590156082/










注目記事
関連記事
2020/05/31 15:00 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/05/31(日) 16:53:12
  2. これをかぐや様形式でアニメ化してほしい

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
って言っても虹ヶ咲で一番おかずにしたのは朝香やろ?【ラブライブ!】 Aug 12, 2020
エマちゃんがマネージャーとかヤバいでしょ【ラブライブ!虹ヶ咲】 Aug 12, 2020
【画像】虹ヶ咲2ndライブキービジュアル、重力がおかしい【ラブライブ!】 Aug 12, 2020
【GIF画像】この小泉萌香ちゃんwwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Aug 12, 2020
【画像】エマちゃんの花魁風衣装wwwww【ラブライブ!虹ヶ咲】 Aug 11, 2020
【動画】虹ヶ咲3rdアルバム「Just Believe!!!」視聴動画公開!みんなの感想!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 11, 2020
【桜坂しずく】「そうよそうよ私は大女優」→だっさw【ラブライブ!虹ヶ咲】 Aug 11, 2020
【画像】虹ヶ咲3rdアルバムジャケットと虹ヶ咲2ndライブのキービジュアル公開!三船栞子ちゃんアルバムにもライブにも参加!!【ラブライブ!】 Aug 11, 2020
声優・小泉萌香さん「新メンバーオーディションは2年前に受けた」【ラブライブ!虹ヶ咲】 Aug 11, 2020
希さん鞠莉さんエマさんのあなたちゃん三銃士wwwww【ラブライブ!スクスタ】 Aug 11, 2020
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 スクスタ 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 逢田梨香子 津島善子 ライブ ラブライブ! 渡辺曜 黒澤ダイヤ 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 小原鞠莉 国木田花丸 小林愛香 伊波杏樹 絢瀬絵里 Saint_Snow 鈴木愛奈 矢澤にこ 高坂穂乃果 園田海未 上原歩夢 斉藤朱夏 ラブライバー 小宮有紗 星空凛 南ことり 楠木ともり 中須かすみ 優木せつ菜 スクフェス グッズ 動画 諏訪ななか 桜坂しずく 小泉花陽 西木野真姫 東條希 高槻かなこ スクスタ毎日劇場 降幡愛 天王寺璃奈 鹿角聖良 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 近江彼方 管理人の戯言 大西亜玖璃 鹿角理亞 三船栞子 声優 新田恵海 あなたちゃん 内田彩 前田佳織里 三森すずこ 鬼頭明里 相良茉優 ハロー!!!ラブライブ! グラブル アニメ ラジオ 南條愛乃 楠田亜衣奈 ぷちぐるラブライブ! 徳井青空 久保田未夢 渡辺月 田野アサミ 飯田里穂 田中ちえ美 浦ラジ 久保ユリカ 村上奈津実 指出毬亜 Pile ニュース スクフェスAC 佐藤日向 高咲侑 ラブライブ!スーパースター!! A-RISE 生放送 高海美渡 ニジガク 絢瀬亜里沙 佐倉綾音 高坂雪穂 高海志満 ニコ生 荻野由佳 小泉萌香 平安名すみれ 鞠莉ママ 唐可可 澁谷かのん 近江遥 ことりママ 水樹奈々 雨宮天 千歌ママ エマ 本田圭佑 綺羅ツバサ 指出毱亜 葉月恋 Shadowverse しいたけ 黒沢ともよ 漫画 水瀬いのり スクパラ 芹澤優 矢澤こころ ゲーム 中川奈々 ドラマCD オフィーリア 川本美里 女子高生 大橋歩夕 畑亜貴 優木あんじゅ QU4RTZ ぽきもそ 山本希望 松永真穂 理事長 Aqours_LOCKS! ことり母 スクコレ お盆 善子母 いつき 芸能 東山奈央 統堂英玲奈 にじよん 桜咲しずく LOCKS! 金元寿子 櫻川めぐ 



アクセスランキング