当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】聖良「誕生日ですか…はぁ…」理亞「うわ…また姉様めんどくさいこと考えてる…」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】聖良「誕生日ですか…はぁ…」理亞「うわ…また姉様めんどくさいこと考えてる…」【ラブライブ!サンシャイン!!】

ss_20200505091119b6c.jpg


1: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:38:14.76 ID:IG4fMUuV
セイントスノーSS

2: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:39:49.33 ID:IG4fMUuV
5月3日 22:32

聖良「はぁ……またこの季節がやってきましたね……」

理亞「……」ポチポチ

聖良「はぁ……」

理亞「……」ポチポチ

理亞(また姉様何か下らないこと考えてる……しかも……)

聖良「……」チラッ

理亞「……」

理亞(すっごく触れて欲しそうにこっち見てくるし……)

3: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:41:06.02 ID:IG4fMUuV
聖良「理亞……」チラチラッ

理亞「……」

理亞(はぁ……話かければいいんでしょ……)

理亞「……で、姉様はなんで明日誕生日なのにそんな憂鬱そうにしてるわけ?」

聖良「理亞!!やっぱりあなたの気になるのですね!!」

聖良「仕方ないですね。私が少し難しい話をしてあげますよ、理亞」

理亞(うっわ!姉様めんどくさ……)

4: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:42:24.97 ID:IG4fMUuV
聖良「誕生日。もちろん一年に一度だけ一つ年を重ねる、特別な日です。それはわかりますよね、理亞?」

理亞「……」

理亞「……で、それがどうかしたの、姉様?」

聖良「よく考えてみて下さい。一つだけ年をとるということは、それだけ大人に近づいていくということなのですよ!」

聖良「傲慢で冷徹で虚構で無味乾燥な笑顔の張り付いた大人の世界に、また一つ私は近づくのですよ、理亞……」

理亞「は、はぁ……」

聖良「理亞!あなたは何とも思わないのですか!この苦しみが!この痛みが!あなたには理解できないのですか!!」

理亞「いや別に……私姉様と違ってCRASH MINDしてないし……」

5: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:43:35.89 ID:IG4fMUuV
聖良「理亞、あなたはまだ子供ですからわからないのかもしれませんが……他人に与えられた将来というのは常に暗いものなのですよ。先にあるのは孤独と挫折だけ。現に私も年齢を重ねるごとに周囲から人がいなくなって、今はもう理亞くらいしか話を聞いてくれる人が……」

聖良「……って理亞?どうかしたのですか?」

理亞「姉様。私もう部屋に戻るから」

聖良「ま、待ってください!まだ話は……」

理亞「私姉様の愚痴に付き合う時間なんてないの。宿題やんなきゃいけないし」

聖良「ちょ、ちょっとだけで構いませんから……」

理亞「おやすみ、姉様」

バタン!

聖良「……」

聖良「理亞……」

6: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:44:22.47 ID:IG4fMUuV
聖良「……」

聖良「いったいいつから理亞はあんなに冷たくなってしまったのでしょうか……」

聖良「昔はもっと……」

聖良「……」

聖良「全てのものは変わりゆく運命、ということなのでしょうか……?」

聖良「でも、私と理亞の二人ならば、そんな運命すらも……」

聖良「……」

聖良(あ、今のフレーズいいですね。今度歌詞に取り入れてみましょうか)

7: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:45:39.56 ID:IG4fMUuV
聖良「ふぁあ~……」

聖良(……今日は久々にハードなトレーニングをしたので少しだけ疲れてしまいましたね)

聖良「……」コシコシ

聖良(全く、私もまだまだですね……あの程度の練習で、体が疲れてしまうとは……)

聖良(ですが……)

聖良「……誕生日の前日くらい、少しだけ楽をしても、バチは当たりませんよね?」

聖良(ねむい……)

聖良「……少しだけ早いですが、今日はもう眠ることにしましょうか」

聖良「……おやすみなさい。理亞」

8: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:49:40.85 ID:IG4fMUuV
———

ほら!みてください!りあ!

どうです?すごいでしょう?なんてったってわたし!りあのおねえちゃんなんですから!

ふふっ、ありがとうございます。りあ

ええ。りあもいつかきっとできるようになりますよ、きっと

……ねえ理亞

理亞がいつか、強くてかっこいい女性に成長できたのなら……

どうか、そのときは……


……私とスクールアイドル、始めてはくれませんか?

———

9: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:50:50.65 ID:IG4fMUuV
せいら「……んぅ?」パチッ

せいら「あれ、もう……あさ……?」

聖良(確か昨日もいつも通り目覚ましをセットした気がしますが……)

聖良(いけませんね……体をここまでなまらせてしまうというのは……怠惰の証です……)

せいら「……とにかく、おきよ」

せいら「よいしょ……」

せいら「……あれ?」

聖良(……私のベッドってこんなに広かったですっけ?)

10: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:52:14.94 ID:IG4fMUuV
モゾッ!!

せいら「!!!?」

せいら「……」チラッ

りあ「ん、んぅ……」

聖良(り、理亞!?)

聖良(にしては少し小さいような……確かに理亞は小さいですが……)

りあ(6)「ん、んん~っ……ねえさま、おはよ……」

せいら「お、おはようございます、りあ……」

聖良(確かに理亞のようですね。ですがこの姿、どうやら小学校低学年のような……)

11: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:53:33.12 ID:IG4fMUuV
聖良(……もしかしてこれは私の夢で、小さいころの思い出を元に構築された世界、ということなのでしょうか?)

聖良(……)

聖良(この仮説を検証するためには、ありきたりではありますが、自分の頬をつねれば……)

せいら「……」

聖良(……いや、やめておきましょう)

りあ「……?どうしたの、ねえさま?」

せいら「ううん、なんでもないのよ、りあ」

せいら「さあ、あさごはんのじかんです。おかあさまがまってますよ、りあ」

りあ「うん!ねえさま!」ギュッ!

13: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 21:54:58.04 ID:IG4fMUuV
聖良(!!!)

聖良(か、可愛いですね……!!それこそ、私の知っている理亞とは……)

理亞『私姉様の愚痴に付き合う時間なんてないの。宿題やんなきゃいけないし』

聖良(……比べ物にならないくらいに!!あの凍てつくような視線を刺してくる理亞と同一人物だなんて信じられません!!)

聖良(もし仮にこれが私の夢だったとして……それがなんだと言うのでしょうか)

聖良(私の夢ならば誰にも迷惑はかけませんし、それに……)

聖良(……もし夢だとしたら、それは私の心が望んでいた、ということです。ならば全力で謳歌するというのが筋なのではないでしょうか)

せいら「……」

せいら「いこっ!りあ!がっこうはじまりますよ!!」

15: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:08:51.82 ID:IG4fMUuV
りあ「あ~むっ♡もぐもぐ……」

せいら「りあ?おくちにけちゃっぷついてますよ?」フキフキ

りあ「ん、ありがと!ねえさま!」

聖良(か、かっわいぃぃ~~!!)

聖良(やっぱり、小学生は最高ですね!!!)

聖良(いっそのこと私も理亞も、このままずーっと小学生だったら良いのですが……)

聖良(そうすればこの純真な笑顔を穢すことなく、理亞にあんな冷たい顔をさせずに済むというのに……)

りあ「……?どうしたの?ねえさま?」

せいら「いえ、すこしかんがえごとをしていただけですよ、りあ」

りあ「かんがえごと……さすがねえさま!!」キラキラ

せいら「……ありがとう、りあ」

16: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:09:55.68 ID:IG4fMUuV
聖良(ランドセルの中身を確認したところ、どうやら私は小学三年生……ということは、年齢にして九歳ということでしょうか……?)

りあ「あ、ねえさま!いちねんせいのきょうしつ、こっちだから!」

りあ「またあとでね!」フリフリ

せいら「え、ええ……」

せいら「……」

聖良(当たり前なのですが、理亞と別れると一人なのですね。この世界でも……)

せいら「……」

聖良(とにかく教室に向かいましょうか……)

17: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:11:22.94 ID:IG4fMUuV
ガラガラッ!

せいら「お、おはよう、ございます……」

クラスメイト「あ!おはよう!せいらちゃん!」

せいら「え、ええ……おはよう……」

聖良(だ、大丈夫なのでしょうか……?私中身は高校三年生なのですが……)

聖良(勉強の内容はともかくとして、小学生の輪に、入っていけるのでしょうか……?)

ワイワイワイワイ

せいら「……」

聖良(ま、なんとかなりますよね)

聖良(だって私、学校の人気者、スクールアイドルですから)

18: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:12:53.74 ID:IG4fMUuV
放課後

クラスメイト「またあしたね!せいらちゃん!!」

せいら「え、ええ……また……」

聖良(……)

せいら「ふ、ふぅ……」

聖良(想像以上に疲れましたね……小学生の考えというのは読めないものです……)

聖良(ただ……)

聖良(……大人のような残酷な読み合いや忖度がない分素直に会話が出来たので、まあ及第点、といったところでしょうか)

せいら「……」

せいら「えっと、ぶかつぶかつ……」

聖良(……はないのですよね。小学生ですので)

せいら「……かえりましょうか」

19: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:14:31.22 ID:IG4fMUuV
カランカラン

せいら「た、ただいま……」

りあ「おかえりなさい!ねえさま!」

せいら「り、りあ……」

りあ「あのねねえさま!きいて!きょうね!はじめておともだちできたの!○○ちゃんがきょうね、きょうかしょわすれちゃったみたいなんだけどね、そしたらね、あ!わたしせきとなりなんだけどね……」

せいら「……ええ、そうなのですね、りあ」

聖良(……)

聖良(理亞……友達ちゃんといたのですね……私以外にも……)

聖良(な、何か少しだけ複雑な気持ちです……)

20: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:15:43.14 ID:IG4fMUuV
聖良(それに……おそらく理亞のお友達というのは……その……)

聖良(……私の知らない理亞の一面を知っているのでしょうね)

聖良(……)

聖良(そのことが、ほんの少しだけ羨ましかったりするのは……)

聖良(……私の弱さ、なのでしょうか?)

鹿角ママ「聖良~!理亞~!ごはんまだもうちょっとだけかかるから、お外で遊んできていいわよ~!!」

りあ「はーい!」

りあ「ほら!いこ!ねえさま!」

21: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:22:45.58 ID:IG4fMUuV
船見児童公園

聖良(公園……何年ぶりでしょうか……)

聖良(当たり前ですが、大きくなるにつれて、遊具も合わなくなってきますからね……)

せいら「……あれ?」

せいら「てつぼう……?」

聖良(この公園、鉄棒なんてありましたっけ……?)

せいら「……?」

聖良(まあどちらでもいいことです。鉄棒がここにあるということは、使えということなのでしょう)

聖良(小さくなっても怠らず、自分に厳しく、他人にも厳しく。それがスクールアイドル鹿角聖良の生きざまというものなのですから)

22: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:24:21.83 ID:IG4fMUuV
せいら「いー……ちっ!にー……いっ!」

せいら「はぁ……はぁ……」

聖良(やはりこの体だと思うように力が入りませんね……まだ筋肉も成長段階、ということなのでしょうか……?)

りあ「……?ねえさま、なにやってるの?」

せいら「けんすいですよ。いいトレーニングになるんです」

りあ「けん、すい……とれー……なにそれ?」

せいら「ほら、みていてください」

せいら「ふー……んっ!!ふー……んっ!!」

せいら「はぁ……はぁ……どう……ですか……?」

りあ「すごい……うでだけで……のぼってる……さすがねえさま!」

せいら「ええ、ありがとうございます。りあ」

23: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:25:14.52 ID:IG4fMUuV
りあ「……ねえ、ねえさま?」

せいら「なんですか、りあ?」

りあ「ねえさまはいっつもひとりでてつぼうがんばってるけどさ……なんでひとりでも、がんばれるの?」

りあ「みんなはともだちとおにごっこしたり、あそんだりしてるのに……」

せいら「!!!?」

聖良(り、理亞!!?それは、ひょっとして……)

聖良(私になぜ友達がいないのか、という質問をしているのですか!!?)

せいら「そ、それは……」

聖良(な、なんて答えれば良いのでしょうか……)

せいら「……」

24: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:26:32.11 ID:IG4fMUuV
聖良『……そうですね。実は私も、友達を作るという行為自体が、少々苦手だったりするのですよ、理亞』

理亞『はぁ?いまさら何それ?だいたい三年生にもなって妹とスクールアイドルやってる時点でなんかもう察しがついてるし……』

理亞『それに私の姉様だから……いろいろあるってことがわかるっていうか……その……』

聖良『……』

聖良(……いけませんね、これでは)

聖良(姉としての威厳を保ちつつ、理亞を裏切らないような回答をしなくては……)

せいら「……あのねりあ。わたしはね、りあをまもらなくてはいけないのですよ」

25: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:27:45.58 ID:IG4fMUuV
りあ「まもる……わたしを……?」

せいら「ええ。だってわたし、おねえちゃんですから」

りあ「おねえ、ちゃん……」

せいら「りあにはまだわからないかもしれませんが……つよくなくてはなにもまもれません。だからわたしはつよくなるのですよ。じぶんのちからで、だれにもたよらずです」

聖良(この回答でよかったのでしょうか……?まああながち間違ってもないような気がしますが……)

りあ「ねえさま……かっこいい!」

りあ「ねえさま!わたしもつよくなる!ねえさまをまもるために!」

りあ「だからわたしもつよくなってね……いつかね!」

りあ「きゅあさにーみたいになるの!!」

26: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:29:07.06 ID:IG4fMUuV
聖良(……あれ?)

聖良(ここは『姉様みたいになるの!』っていうところではないのですか、理亞?)

せいら「……??」

りあ「ほら!ねえさまといっしょにぷりきゅあみてるでしょ?」

せいら「あ、ああ……」

聖良(いましたね、そんなキャラクターも……)

りあ「きゅあさにーみたいにくうちゅうをくるくるっ!ってできるように!むーんさると!ってやつ!わたし、がんばるね!」

せいら「り、りあ……あれはテレビのなかだけで……」

りあ「できるもん!わたしにだって!」

せいら「……」

せいら「……そうですね、りあならきっと、いつかくうちゅうをまうことだってできますよ」

りあ「うん!」

27: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:39:29.12 ID:IG4fMUuV
夕食

ふたり「いただきまーす!」

りあ「ぱくぱく……ぱくぱく……!!」

りあ「やっぱりおかあさまのしちゅー!おいしい!わたしだいすき!」

鹿角ママ「ふふっ、ありがと♪でもね、理亞……」

鹿角ママ「人参も残さず食べなきゃだめよ?」

りあ「!!!?」

りあ「だ、だって……にんじんきらい……」

鹿角ママ「好き嫌いしてたらいつまでたっても大きくなれないわよ?」

りあ「で、でも……」

りあ「……ねえさまだってぶろっこりーのこしてるじゃん!」

せいら「!!!?」

28: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:40:35.17 ID:IG4fMUuV
聖良(わ、私に責任を擦り付けるのですか!!?理亞!?)

聖良(そんな卑怯な大人のやり方……いったいどこから学んだのでしょうか……)

せいら「え、えっと……」

鹿角ママ「ほら、聖良もよ?ちゃんと食べなさい」

せいら「で、でもぉ……」

聖良(……)

りあ「むぅ……」

聖良(……食べた方が良いのでしょうか?)

29: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:41:33.40 ID:IG4fMUuV
聖良(だいたい……私が昔からブロッコリーだけは苦手なこと、お母様は昔から知っているじゃないですか……今更そんな残酷なこと言わなくたっていいじゃないですか……)

せいら「……」チラッ

りあ「……」

聖良(……はぁ)

聖良(本当は気が進まないのですが……私がこんな緑の悪魔に屈するなんて……)

聖良(……可愛い妹のためですよ)

せいら「……!!」パクッ!

りあ「!!!?」

30: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:42:50.52 ID:IG4fMUuV
聖良(落ち着きなさい……全神経を咀嚼に集中させて……飲み込む!!)

りあ「う、うそ……!!?ねえさまがぶろっこりーたべてる!!」

せいら「はぁ……はぁ……」ゴクゴク

聖良(……どうですか理亞!これが大人のやり方ってやつですよ!)ニヤリ

せいら「さあ、りあも、にんじん、たべてくださいね」

りあ「う、うん……」

りあ「……!!」パクッ!

りあ「……」モグモグ

りあ「……おい、しい」

りあ「おいしい!ねえさまがいってたとおり!にんじんおいしい!」

せいら「……?」

せいら「え、ええ……よかったです……」

聖良(……別に私は今までブロッコリーを美味しいと感じたことはないのですけれどね)

31: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:43:36.08 ID:IG4fMUuV
お風呂

チャポン♪

りあ「ふぅー……ごくらくごくらく~♪」

せいら「ええ、いいおゆかげんですね、りあ」

聖良(理亞と一緒にお風呂だなんて……何年ぶりでしょうか……?)

りあ「~♪」

聖良(でも、すっごく心地いい、ですね……)

せいら「ふぅ~……♪」

32: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:44:31.38 ID:IG4fMUuV
りあ「……ねえ、ねえさま?」

りあ「ねえさまのしょうらいのゆめってなに?」

せいら「……?」

せいら「どうしたのですか、きゅうに?」

りあ「あのね、きょうがっこうで、しょうらいのゆめについてのさくぶんだされたから……」

せいら「……まあ、そうだったのですね」

せいら「しょうらいのゆめ、ですか……」

聖良(それはもちろん菊泉……)

せいら「……」

聖良(……?)

聖良(本当にそれが私の夢なのでしょうか?)

33: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:45:50.46 ID:IG4fMUuV
聖良(理亞と一緒に菊泉をますます繁盛させていくこと。もちろんその目標に偽りわありませんが……)

聖良(それは夢というより……責務、という方が正しい気がしますね……)

聖良(夢とは、達成したいことであり、多少突飛な空想を述べるもの。ならばこれは当てはまらないような気がします)

聖良(……)

聖良(私の夢、やりたいこと、は……)

りあ「……あのねねえさま」

りあ「わたしはね、ねえさまみたいになりたいの」

34: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:47:57.89 ID:IG4fMUuV
りあ「いつかねえさまみたいにおおきくなって……それでね……」

りあ「ねえさまみたいにかっこよくて……つよくて……」

せいら「りあ……」

聖良(本当にこの子は、なんて純真なのでしょうか……?)

聖良(十年後には『氷の女帝の妹』と学校で陰口をたたかれるようになる人間と同一人物だなんて、とうてい考えられませんね……)

りあ「……ねえさまは、なにになりたいの?」

せいら「わ、わたしは……」

せいら「……」

聖良(……)

聖良(理亞と一緒に、スクールアイドルがやりたい)

聖良(そしてラブライブ決勝の舞台で、理亞と思いっ切り歌いたい)

聖良(これが私の答え……なのでしょうね)ニッコリ

りあ「……?」

せいら「いまはまだ、ないしょ、ってことですよ。りあ」

35: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:49:19.11 ID:IG4fMUuV
りあ「ふぁぁー……」

せいら「……りあ?もうねむいのですか?」

りあ「う、ん……ねむ……」ウトウト

せいら「……そうですね。きょうはおそとでたくさんあそんだのでわたしもつかれました」

せいら「すこしはやいですが、もうねましょうか、りあ」

りあ「う、ん……おやすみ、ねえさま……」モゾモゾ

りあ「すぅ……すぅ……」

聖良(はやっ!!?)

36: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:51:17.79 ID:IG4fMUuV
聖良(せっかくの機会ですし、幼い理亞と思い出話にでも花を咲かせようと思ってたのですが……子供の考えは全く読めませんね……)

りあ「すぅ……すぅ……」

聖良(……まあそれが、いいところでもあったりするのですけれどね)

せいら「ふふっ、りあ……?」ポンポン

りあ「むにゃ……ねえ、さま……」

聖良(……)

聖良(やっぱり幼い理亞は可愛らしいですね……私も最近まで忘れていたような気もしますが……)

聖良(純真で素直で、今の理亞が知ったらびっくりしそうですね……ふふっ)

37: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 22:52:31.22 ID:IG4fMUuV
聖良(……)

せいら「……ねえ、りあ?」

せいら「……」

聖良(あなたはきっと、これから色んなものをみて、色々な経験をして……)

聖良(……きっと大きく、なっていくのでしょうね)

聖良(その過程において、私や、周りの人と上手くいかなくて、少し考えが捻くれてしまったとしても……)

聖良(きっとあなたの……いえ、私たち二人の進んでいる道は間違っていないと、信じてますから)

聖良(……もちろん、ブロッコリーの件だけは見逃して欲しいですけどね)

せいら「ふぁあ~……」

せいら「ねむ……」

せいら「……わたしも、ねることにしましょうか」

せいら「……おやすみなさい、りあ」

りあ「んにゃ……ねえさま……」

せいら「……」

せいら(だいじょうぶですよ、りあ。りあならぜったいにわたしよりもかっこよくなれますよ)ニコッ

38: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:11:15.39 ID:IG4fMUuV
———

ねえさま!あのね!きょうはさかあがりできるようになったの!

……もう!しってるもん!ねえさまがもっとすごいことできることくらい!

だからね!わたしももっともっとれんしゅうして!ねえさまみたいになるの!

ねえさまは、ずっとずーっとわたしのゆめだから!

だから……

………

39: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:12:29.67 ID:IG4fMUuV
…ねえ、姉様

その……いつも、ありがと

私、姉様がいてくれたから、ここまでこれた気がする

これまで姉様に感謝してこなかったことなんて、たぶん、ない……一度も……

だから……だからね……

姉様は私の一番のライバル、ずっと、ずーっと

———

40: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:13:20.84 ID:IG4fMUuV
………ま……さま……!!

聖良「ん、んぅ……」

理亞「姉様!起きてよ!一体いつまで寝てるつもりなの!!」

聖良「り、りあ……そうですね……しょうがっここうはじまりますよ……んぅ……」

理亞「はぁ?小学校?何の話?」

聖良「りあ……あまえてちゃ、だめだよぉ……」

理亞「……」ムカムカッ!!

パシパシパシーン!!

41: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:14:19.51 ID:IG4fMUuV
理亞「……姉様、目、覚めた?」

聖良「はい……おかげさまで……ばっちし……」

聖良「ところで理亞、今日の日付は……?」

理亞「え?5月4日……姉様の誕生日、だけど……//」

聖良(やっぱり……夢だったんですね、あれは……)

理亞「そ、その……姉様は年をとりたくないって思ってるかもだけど……わ、私は!その……ちゃんと姉様のこと、お祝いしたいって、思ってるから……//」

聖良「ええ、ありがとうございます、理亞。その気持ちだけで十分ですよ」

42: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:14:56.60 ID:IG4fMUuV
理亞「あの、それと!姉様のために!わ、私が今日は朝食用意してあるから!!///」

聖良「そうだったんですね。わざわざありがとうございます」

聖良(先程から美味しそうな匂いがすると思ってたのですが、まさか理亞の作ったご飯だったのですね……)

聖良「……」クンクン

聖良(……何やら嫌な予感がしますね)

43: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:15:59.93 ID:IG4fMUuV
聖良(や、やっぱり……)

聖良「……理亞、これは何ですか?」

理亞「なにって、パンとシチュ―だけど?」

聖良「シ、シチュー……ということは……」

理亞「当たり前でしょ。北海道シチューなんだから」

聖良「!!!!?」

聖良「り、理亞!!?あなた自分が何をしてるか知ってるんですか!!殺人にも匹敵する行為ですよ!!これは!!」

理亞「それくらい知ってる。私が何年間姉様と一緒に暮らしてきたと思ってるの」

聖良「じゃ、じゃあ……」

理亞「いいかげんブロッコリーくらい食べられるようになってよ、姉様!高校三年生にもなって恥ずかしくないわけ?それにそんなんで北海道を代表するスクールアイドルになろうなんて……」

44: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:16:46.96 ID:IG4fMUuV
聖良「り、理亞だって!人参食べられなかったじゃないですか!」

理亞「はぁ?いつの話をしてるわけ?私はもう食べれるようになってるから!ま、まあ確かに小学校上がりたてのころは少し苦手だったような気もしなくもないけど……」

聖良「ですが、その……私にとってブロッコリーは……天敵といいますか……永遠のライバルといいますか……」

理亞「はぁ……ほんっとに呆れた。たかがブロッコリーごときにここまでごちゃごちゃ言うなんて。信じられない」

聖良「そ、そこまで言わなくてもいいじゃないですか……」

理亞「……知らない。もう姉様なんて知らない」

聖良「……」

聖良(理亞……)

聖良(ひょっとして、今の理亞がここまで私に怒っているというのは……)

聖良(……私のせい、だったりするのでしょうか)

45: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:18:06.63 ID:IG4fMUuV
聖良「……」

理亞「……」

理亞「昔の姉様は、もっとこうカッコよかったはずなのに……」ボソッ

聖良「……」

聖良(……聞き捨てなりませんね。今のセリフは)

聖良(昔も今も、鹿角聖良は鹿角聖良。この事実は否定しようがありません)

聖良(ということは……)

せいら『さあ、りあも、にんじん、たべてくださいね』

りあ『おいしい!ねえさまがいってたとおり!にんじんおいしい!』

聖良(……今の私も、ブロッコリーを食べられる、ということですね)

聖良(ええ、もちろんですよ。だって私、Saint Snowの鹿角聖良なんですから)

聖良「……!!」

聖良「い、いきますよ、理亞……!!」プルプル

パクッ!!

46: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:19:48.81 ID:Q7VrbyPH
鹿角姉妹可愛いな
姉様はブロッコリー食べられるようになってください

47: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:20:27.51 ID:IG4fMUuV
理亞「!!!?」

聖良「……」モグモグ

聖良(口の中に広がるほろ苦さと微妙な粒々感……確かに昔から禁忌の植物と言われているだけはありますね……)

聖良(で、ですが……)

聖良(落ち着きなさい……全神経を咀嚼に集中させて……飲み込む!!)

ゴクン!!

聖良「はぁ……はぁ……どう、ですか……理亞……」

聖良「私だって、ブロッコリー……食べられるんですよ……!!」

理亞「……」

理亞「ねえ、さま……」

理亞「ふぇっ……ぐすっ……」ポロポロ

48: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:21:36.39 ID:IG4fMUuV
聖良「り、理亞!!?何も泣かなくてもいいじゃないですか!!///」

理亞「だってあの姉様が……スクールアイドルとしての成功以外はほとんど無頓着で孤独ぶって友達も作らず挙句の果てには掲示板でさんざんバカにされ続けてる私の姉様が……」

聖良(ええっ!?そんな風に思われてたんですか!?私!?)

理亞「ちゃんとブロッコリー食べてくれるなんて……」

聖良「り、理亞……」

聖良「……」

聖良「……当たり前じゃないですか。だって私は理亞のお姉さん、なのですから」

理亞「ね、姉様……」

49: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:38:01.63 ID:IG4fMUuV
聖良(そうです。私鹿角聖良は理亞の姉なのです。この事実は何をもってしても否定が出来ません)

聖良(今も昔も、もちろんこれからも、私は永遠の姉なのですよ、理亞)

理亞「ねえ、さま……ぐすっ……」

聖良「……」

聖良(……私、鹿角聖良は、この春で18歳になりました)

聖良(すっかり昔と変わってしまったのは理亞の方だと思ってたのですが……どうやら私の方も、着実に一歩ずつ、進んでいるようですね……)

50: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:39:48.24 ID:IG4fMUuV
聖良「……」

聖良(この九年間……いえ、十八年間では、たくさんの経験をすることが出来ました)

聖良(後悔や挫折、孤独や虚無感だって経験しましたし……社会の汚さや大人の卑劣さだって少しづつ理解できるような年齢になりました)

聖良(ですが、きっと、その全てが私にとっての宝物であり……)

聖良(……今の私という人間を、形作っているのでしょうね)

聖良(それに……)

聖良「……」チラッ

理亞「ねえさま……姉様……」ポロポロ

聖良「……大丈夫ですよ、理亞。私たちの進む道は決して間違っていないってことは、私がわかっていますから」ポンポン

理亞「……え?姉様?」

聖良(そう、理亞と一緒にSaint Snowを始めることが出来たのは……私の人生にとって、何よりの宝物です)

聖良(だから、理亞さえ隣にいてくれれば、私はもう、何も……)

51: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:41:22.51 ID:IG4fMUuV
ブルブルッ!
ブルブルブルッ!!

聖良「……?」

聖良「……」ニッコリ

聖良(いえ、私にはもう一人じゃないみたいですね)

ピッ!

千歌『あっ!聖良さん!お誕生日おめでとーっ!!!』

ダイヤ『おめでとうございますわ、聖良さん』

ルビィ『聖良さん!お誕生日!おめでとうございますっ!』

聖良「千歌さん……それにルビィさんまで……」

聖良「……いえ、こちらこそわざわざありがとうございます」

ルビィ『でねでね!ルビィね!聖良さんのために雪の結晶のブローチ作ったんだぁ!今度会った時にあげるね!ほら!理亞ちゃんの分もおそろい……』

理亞「ふぇっ!……ルビィ……」ポロポロ

ルビィ『ぴぎっ!!?理亞ちゃん!?どうして泣いてるの!!?』

52: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:42:19.01 ID:IG4fMUuV
理亞「だって、だって……」

聖良「……理亞はまだ十五歳。きっとまだ多感な時期なんですよ。私はもう十八なので悩むことはありませんが」

ルビィ『え!?そうなのぉ!?』

ダイヤ『あなただってあまり変わらないじゃないですか……』

聖良(そうです、理亞はまだ十五歳。私が姉として、手本を見せられるようにならなくてはいけませんね)

聖良(え?私ですか?……大丈夫ですよ。もうこれであてもなく夜の街へ放浪しに行ったり、無性に他人に甘えるような遊びをすることもなくなりますよ、きっと)

聖良(だって私、今日で十八歳なのですから!)

53: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:43:14.38 ID:IG4fMUuV
終わりです。お粗末様でした
スクスタにセイントスノーさん実装はよ

54: 輝きたい名無しさん 2020/05/04(月) 23:59:43.17 ID:Q7VrbyPH
おつおつ
2人ともめちゃくちゃ可愛かった
スクスタにセイントスノーの実装が待たれる

55: 輝きたい名無しさん 2020/05/05(火) 00:28:45.62 ID:DynACLaH

スクスタに登場はよ

56: 輝きたい名無しさん 2020/05/05(火) 01:17:10.81 ID:Gkt1tCAI
よかった
脳内再生余裕だったわ

57: 輝きたい名無しさん 2020/05/05(火) 03:53:21.37 ID:d/wbtPTc
楽しかった
読んでてお姉様の心情になれる良いSSでした

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1588595894/










注目記事
関連記事
2020/05/05 15:00 | SS | コメント(2)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/05/05(火) 15:27:00
  2. SSスクスタ実装はよ

  3. 名無しライバーさん:2020/05/05(火) 22:20:23
  4. サザエさん時空(スクフェス時空)なんでしょうか?5月の時点で、Aqoursのみんなと親しくなっているってことは。

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
あなた「私、高咲侑になりきれませんでした……」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 25, 2020
あなた「どうしよう。もう打つ手が無いよ……」果林「お困りのようね」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 25, 2020
なぜラブライブ!公式は仮面ライダーキッズに餌を与えてしまうのか May 25, 2020
【朗報】Saint Snowの1stシングルが8月19日に発売決定!さらに「Saint Snow生放送!!!」の配信が決定!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 25, 2020
お前らAqoursも虹ヶ咲もハロー!!!も並行して追えるの?【ラブライブ!】 May 25, 2020
ラブライバーとしての勝ち組負け組ってさ・・・【ラブライブ!】 May 25, 2020
凛ちゃんラーメンはどうするのが正解だったのか?【ラブライブ!】 May 25, 2020
【スクスタ】しいたけ、歩夢ちゃんを襲う【ラブライブ!】 May 25, 2020
エマ・ヴェルデの4番ファースト感は異常【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 25, 2020
声優・楠木ともりちゃんを生放送で初めてガッツリ見たんだけどさ・・・【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 25, 2020
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 スクスタ ラブライブ!サンシャイン!! 高海千歌 逢田梨香子 津島善子 ライブ 渡辺曜 黒澤ダイヤ ラブライブ! 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 小原鞠莉 国木田花丸 小林愛香 伊波杏樹 絢瀬絵里 鈴木愛奈 Saint_Snow 斉藤朱夏 ラブライバー 小宮有紗 園田海未 矢澤にこ 高坂穂乃果 上原歩夢 南ことり スクフェス 星空凛 楠木ともり グッズ 諏訪ななか 動画 優木せつ菜 中須かすみ 小泉花陽 高槻かなこ 降幡愛 西木野真姫 桜坂しずく 鹿角聖良 東條希 天王寺璃奈 管理人の戯言 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 鹿角理亞 声優 大西亜玖璃 近江彼方 新田恵海 スクスタ毎日劇場 内田彩 前田佳織里 三森すずこ 鬼頭明里 あなたちゃん 相良茉優 ハロー!!!ラブライブ! アニメ グラブル 南條愛乃 三船栞子 ぷちぐるラブライブ! ラジオ 楠田亜衣奈 徳井青空 久保田未夢 飯田里穂 田野アサミ 渡辺月 田中ちえ美 浦ラジ 久保ユリカ Pile ニュース 指出毬亜 スクフェスAC 村上奈津実 佐藤日向 ニジガク A-RISE 高咲侑 絢瀬亜里沙 佐倉綾音 高海美渡 高坂雪穂 高海志満 ニコ生 生放送 荻野由佳 唐可可 鞠莉ママ 綺羅ツバサ 千歌ママ 雨宮天 平安名すみれ 澁谷かのん 水樹奈々 近江遥 エマ 本田圭佑 Shadowverse 指出毱亜 黒沢ともよ 芹澤優 漫画 水瀬いのり ことりママ 中川奈々 ゲーム 統堂英玲奈 櫻川めぐ 矢澤こころ 優木あんじゅ オフィーリア 畑亜貴 スクパラ 大橋歩夕 川本美里 ぽきもそ しいたけ 桜咲しずく 金元寿子 Aqours_LOCKS! 松永真穂 お盆 東山奈央 スクコレ 山本希望 葉月恋 LOCKS! 芸能 いつき 善子母 理事長 ことり母 



アクセスランキング