当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】かすみ「ドッキリでしず子に告白します!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

【SS】かすみ「ドッキリでしず子に告白します!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

shizukasu_2020012320161639b.jpeg


3: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:14:25.44 ID:oBtB16Cf
~~~かすみんハウス~~~

かすみ「りな子としず子に仕返ししよう!!」

かすみ「やるったらやる!最近、練習が少し忙しかったからいたずらを休んでただけで」

かすみ「やれ2人ともかすみちゃんはいい子とか、悪戯しないかすみさんの方がらしくていいと思うとか舐めてくれちゃってぇ!!!」

かすみ「小悪魔系スクールアイドルかすみんを舐めるなって話だよね!2人をビックリさせられる良いいたずらを考えよう!!!」

かすみ「にっしっし…小悪魔系スクールアイドルの血が騒ぎますよ!!あはは…あははは…アッハッハッハ!!」

カスミーウルサイワヨー

かすみ「あ、お母さんごめ~ん!」

かすみ「さて、とはいえアイデアもないし……テレビでも見ますか」ゴロン

4: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:18:57.96 ID:oBtB16Cf
ナレーター「さて、今週の~はドッキリスペシャル!今日最初のドッキリは……」

かすみ(ドッキリスペシャルかぁ。最近のドッキリってあんまり面白くないからなぁ…)

ナレーター「もし、あなたが突然出会った美女に告白されたら受け入れる?受け入れない?です」

かすみ(ふぅん…告白かぁ。意外性あるしさすがのしず子もびっくりしそうだしありかも!)

かすみ(何より、かすみんの魅力をフルに使える…ドキッとさせられたらそれだけで満足だしこれにしよう!)

かすみ(りな子は愛先輩と付き合ってるし、しず子もなんだかんだ先輩が好きでしょ)

かすみ(2人とも断るだろうしこれで決定にしよう!それじゃいつものお手紙をちょっとアレンジして……)カキカキ

かすみ(ふっふっふ、2人のびっくりする顔が目に浮かぶようですねぇ…)

かすみ(明日が楽しみ!)

5: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:21:39.21 ID:oBtB16Cf
~つぎの日の放課後・空き教室~

かすみ(さて、朝早くに学校に来て手紙を仕込んで置いたのでしず子がちゃんと手紙を読んでいればまもなくここに来るはず…)

ガラッ

しずく「あっ…なんだ、かすみさんか」ハァ

かすみ「『あっ…なんだ、かすみさんか』じゃないよしず子!!何その反応!?」

しずく「だって、『大事なお話があります』って手紙で呼び出されて…緊張しながら来てみたらいたのはかすみさんだったんだよ?」

しずく「それは、気だって抜けるよ」

かすみ「気だって抜けるよじゃな~い!スーパー美少女かすみんに呼び出されたんだからもっと喜んでよしず子!!」キィ!

しずく「はいはい、嬉しい嬉しい」ナデナデ

かすみ「返しが適当すぎない!?」

8: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:23:38.63 ID:oBtB16Cf
かすみ(はっ…つい、いつものテンションになっちゃった。これから告白しようっていうのにこれじゃ不自然だよね…)

かすみ(しず子め~その余裕そうな顔をお間抜けな顔に変えてあげるから覚悟してよね~!)

しずく「それで、今日は一体何の用事なの?というか、何を企んでるのかな?」

かすみ「…何も企んでなんかないよ。普通に、しず子に話したいことがあっただけ」

しずく「そうなの?かすみさんのことだからいつものいたずらだと思ってたんだけど…」

しずく「大事な相談ってこと…でいいのかな?というかあの手紙の書き方を見るとまるで告白…」

かすみ「そうだよ?」

10: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:25:35.14 ID:oBtB16Cf
かすみ「そうだよ?」

しずく「えっ…」

かすみ「かすみん、告白するためにしず子にここに来てもらったの」

かすみ「私、しず子のことが好き。付き合って欲しい…というか、しず子に恋人になって欲しいの」

しずく「……………う、嘘」

かすみ(うわっ、しず子めっちゃくちゃびっくりしてる…演劇部、というか役者の卵のしず子にかすみんの演技が通じるか不安だったけど)

かすみ(かすみんの演技も捨てたもんじゃないってことかな!やだ~主役のオファーが来たらどうしよ~♪ってあれ?しず子の様子がおかしい?)

しずく「うっ……グスッ……すんっ……」

11: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:28:43.23 ID:oBtB16Cf
かすみ「ちょっ!しず子何で泣いてるの?!大丈夫!?ほら、ハンカチ」サッ

しずく「ありがとう…ごめん、心配させて」フキフキ

かすみ「いいけど…なに?かすみんの告白、泣くほど嫌だった?」

しずく「ち、違うよ!嫌なんかじゃない!!むしろ…その。嬉しすぎたというか」

かすみ「え」

しずく「…想像もしてなかった。かすみさんは先輩のことが好きなんだとばかり思っていたから」

かすみ(えっ…何その反応。まさか…冗談だよね!?)

しずく「夢みたい。まさか…両思いだったなんて」

しずく「…改めて。私も、かすみさんのことが好き。不束者ですが、よろしくお願いします」ペコッ

12: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:29:19.49 ID:TvN18Pqm
かすみんやったな!

13: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:32:02.68 ID:HuFMOEWv
ハッピーエンドね

15: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:32:28.25 ID:oBtB16Cf
かすみ「え…ええええええええええええええええええええ!?」

かすみ(嘘でしょぉ!!!告白、成功しちゃった!?)

かすみ(し、しず子が私のことが好きだったなんて考えもしなかった!!)

しずく「何でかすみさんが驚いているの?」

かすみ「いやいや、だって。しず子も先輩のことが好きなんじゃ…」アワアワ

しずく「先輩には尊敬の気持ちはあるけど恋愛感情はないかな。もちろん、大好きな人ではあるけど」

かすみ「嘘でしょ……」

しずく「ふふっ…それは私も同じ気持ち。でも、想いが通じ合ってよかった」

しずく「私、勇気がないから…きっと、かすみさんから言ってくれていなかったらきっと卒業するまで言えなかったと思う」

しずく「だから…ありがとう。かすみさん。私、これからかすみさんの理想のヒロインになれるように頑張るね!」

17: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:37:26.12 ID:REu70x7X
やっぱりしずかすなんですよねぇ!

18: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:38:22.66 ID:oBtB16Cf
かすみ(…まずい。本当にしず子、私のこと好きっぽい…早いとこネタばらししないと大変なことになっちゃう!)

かすみ「あの~すごく言いづらいんだけど…」

しずく「ねぇ、かすみさん。実は前からやりたいと思っていたことがあるんだけど…」

かすみ「いいけど……その前にかすみんの話を…」

しずく「やった!!実はね。私、恋人の家に朝迎えに行って一緒に登校するのが夢で…」

かすみ(まずいまずい!しず子、いつも落ち着いてるのに今日は全然私の話聞いてくれない!?)

かすみ(しず子の目がキラッキラしてる…あんなの今まで見たことないよ…とてもじゃないけど話せそうにないかも…)

かすみ(どうしよう…でも、言わなきゃ…)

19: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:43:06.51 ID:oBtB16Cf
かすみ「(今だ!)えっと…その…実は!」

しずく「明日、お弁当を作ってきたいんだけど…いいかな?」

かすみ「えっ?作ってきてくれるんならもちろんありがたいけど…」

しずく「うん!任せて!!そうと決まったら早速、買い物に行かなくちゃ!」

しずく「ごめんなさいかすみさん。私、今日はもう帰らないと!」ダッ

かすみ「あっ!しまった!!しず子ちょっと待っ!」

ガラガラッ! ピシャン!

かすみ「い、行っちゃった……ど、どうしよ~!?今日このタイミングで言えなかったらなかなか言うタイミングがないよ~!?」

かすみ「軽いいたずらのつもりだったのに…ど、どうしてこうなった……」ガクッ

かすみ「うわ~ん!!助けてせんぱ~い!!!!!」

20: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:48:01.18 ID:TvN18Pqm
かすみん頑張れかすみん

22: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:48:36.28 ID:V5MqqmIt
かすみ…大女優に演技で勝負して勝てるわけないぞ

23: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:48:47.63 ID:oBtB16Cf
次の日の朝・かすみんハウス

かすみ「…どうやってネタばらしするか考えてたら全然眠れなかった……」ゲッソリ

かすみ「あんなに嬉しそうなしず子を悲しませたくないし、できるだけ傷つけないようにとは思ってるけど…」

かすみ「いい案がさっぱり思いつかない……今日も部活あるし、しず子とも顔を合わせなきゃいけないし…どうしよ……」

かすみ「それよりも、ねむい……でもそろそろ学校行く準備しないと…」コシコシ

カスミー!オトモダチガキテルワヨー

かすみ「えっ!こんな朝早くに誰が……」

オウサカサンッテコヨー! ハヤクオリテキナサーイ!

かすみ「えっ!しず子!?」

24: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:53:44.20 ID:oBtB16Cf
~間~

しずく「もう。昨日言ったばかりなのにもう忘れてるなんて」

かすみ「ごめん。しず子…(そういえば夢とかなんとか言ってたなぁ)」

かすみ「でも、随分早いね。私、いつもならまだ寝てる時間だよ」

しずく「ごめんね。気持ちが逸っちゃって…ついつい早い時間に来ちゃったの」

しずく「かすみさんと恋人同士なんだ~って思ったら嬉しくて。早く会いたいなぁって思って…」

しずく「そう思ってたら…もう、止まれなくなっちゃってた」

しずく「そういう意味じゃ…かすみさんのせいかもしれないね?」フフッ

27: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 00:57:37.50 ID:oBtB16Cf
かすみ(うう…しず子楽しそうだなぁ…騙してる罪悪感が強くなっちゃうよ)

かすみ「あはは…それより、しず子は朝ごはんどうしたの?」

しずく「家で食べてきたよ。少し多めに食べてきたからお昼までお腹も空かないと思う」

かすみ「そっか。ならいいけど……」

しずく「……………」ニコニコ

かすみ「……………」

かすみ「ねぇ、しず子。そうずっとニコニコしながら見られると食べにくいんだけど…」

28: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:01:29.02 ID:oBtB16Cf
しずく「ふふっ、ごめんなさい。でも嬉しくて」

かすみ「…嬉しい?かすみん、ただご飯食べてるだけなのに」

しずく「だって、家族以外誰にも見せたことがないであろう無防備な姿を見られてるんだもん」

しずく「特別な関係になれたんだなって思ったの。それが嬉しくて」

かすみ「なぁっ!?」カァッ!

かすみ「は、恥ずかしいセリフ禁止!もう食べ終わるから準備終わるまでしず子はここで待ってて!!」

しずく「はいはい。かすみさんは可愛いなぁ」ナデナデ

かすみ「こんなタイミングで撫でなくていいから!!」

29: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:02:07.68 ID:TvN18Pqm
あぁ^~

30: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:06:23.13 ID:oBtB16Cf
~通学路~

かすみ「いつもより早い時間に出ちゃったけど…どうする?しず子」

しずく「少し早めの時間につきそうだね…それじゃあ、部室に顔を出してみるのはどう?誰かいるかもしれないし」

かすみ「オッケー。多分、先輩と歩夢先輩がいるから挨拶しよっ!」

しずく「うん。それじゃあ行こっか」

かすみ(朝早くからしず子がくるとは思ってなかったけど、おかげで目が覚めた!)

かすみ(今日だってそうそう言えるチャンスはないだろうし、いうタイミングを伺っていかないと…)

しずく「ねぇ、かすみさん」

31: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:10:30.39 ID:oBtB16Cf
かすみ「…何?しず子」

しずく「かすみさんは私のどんなところが好きになって、告白をしてくれたの?」

かすみ「えっ!えっとぉ…」

かすみ(どうしよう!そんなこと考えたことない!!)アワワ

かすみ「えっと…そのぉ、頑張り屋なところ…かなぁ。演劇部にも、同好会にも真剣に手を抜かずに取り組んでるし」

かすみ「しず子のそのひたむきさはずっと尊敬してて…それが好きっていう想いまで強くなったっていう感じ…かも」

かすみ(よし!なんとかそれっぽくなった!!…何か恥ずかしいことを言った気もするけど気にしないようにしよう!)

33: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:16:46.02 ID:oBtB16Cf
しずく「…ありがとう。本当に好きでいてくれたんだね本当に意外…」

かすみ(実はドッキリで騙してるんですけどね…)

しずく「…実はね。私、かすみさんに嫌われてるんじゃないかって思ってたの」

かすみ「えっ!しず子何言ってるの!?そんなことある訳無いじゃん!」」

かすみ「しず子は大事な仲間で、大事な友達で…!!」

しずく「ほら、私はかすみさんを窘めたり叱ったりしたりする役割だから。ちょっと煩いと思われたりしてるかなぁって」

かすみ「しず子がいるから自由気ままにやれるの!まずくなったらしず子が止めてくれるって知ってるから!!」

かすみ「気にしすぎだよ!!しず子、一体どうしちゃったの!?」

34: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:21:59.97 ID:oBtB16Cf
しずく「そうかもしれないけど…私は、かすみさんのことが好きだから。私が守ってあげたかったんだよ」

かすみ「しず子…」

しずく「今となってはもう遅いんだけどね…だからね、私決めたの」

かすみ「決めた?何を?」

しずく「かすみさんを1人ぼっちにしないこと。かすみさんが寂しくならないようにずっと、側にいること」

しずく「ずっと、隠しておこうと思っていた気持ちだったけど…こうして、かすみさんとお付き合いできることになったから」

しずく「重いと思われるかもしれないけど…あえて口に出して宣言してみようと思うの。誓いの証として」

35: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:26:27.18 ID:oBtB16Cf
かすみ「………重いよ。しず子」

しずく「やっぱり、そうかな?」

かすみ「でも…悪くない気分かも」

しずく「それは良かった」


かすみ(…ってあれ?これ物凄くネタばらししづらい状況になっちゃったのでは?)

かすみ(でも、なんでだろう。嬉しかったな…)

36: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:26:27.24 ID:oBtB16Cf
かすみ「………重いよ。しず子」

しずく「やっぱり、そうかな?」

かすみ「でも…悪くない気分かも」

しずく「それは良かった」


かすみ(…ってあれ?これ物凄くネタばらししづらい状況になっちゃったのでは?)

かすみ(でも、なんでだろう。嬉しかったな…)

37: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:28:55.61 ID:oBtB16Cf
~間~

かすみ「さて、駅まで着いたね。意外なところで時間食っちゃったけど…それでも、早い時間につきそう」

しずく「それじゃあ、予定通り部室寄ってから行こうか」

かすみ「うん!」

かすみ「………………」

しずく「………………」

かすみ(さっきのアレのせいで更に言いづらくなっちゃった…一体全体、どうしたら……)

38: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:30:37.19 ID:oBtB16Cf
かすみ(さっきのアレのせいで更に言いづらくなっちゃった…一体全体、どうしたら……)

かすみ(正直、ここまで想ってくれてるなんて思ってなかった…その想いを裏切っていると思うと罪悪感で押しつぶされそうになっちゃう)

かすみ(これ以上引き伸ばしてもさらに言いづらくなるだけ…わかってる、わかってるけど……)20

しずく「かすみさん」

かすみ「…何?しず子」

しずく「えぇと。その、手。」

かすみ「手?手がどうかした?」

しずく「手を繋いでもいい?学校に入る前まで」

39: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:33:12.01 ID:oBtB16Cf
かすみ「いいよ。はい」ヒョイッ

しずく「えっ!…いいの?」

かすみ「??いいのも何も、これくらいなら仲のいい友達の間でも普通にしない?」

しずく「そうかもしれないけど…」

かすみ「…変なところで恥ずかしがるんだねしず子。さっきの発言の方が数百倍恥ずかしいとかすみんは思いますけど」

しずく「じゃあ、繋いでもいいんだよね?」

かすみ「うん」

40: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 01:34:42.98 ID:oBtB16Cf
ギュッ

しずく「あっ…」

かすみ「そんな大げさに喜ぶことかなぁ」

しずく「やっぱり友達としてのそれと、恋人としてのそれは違うと思うよ」

かすみ「そうなの?」

しずく「うん…今、すっごく幸せな気分」

かすみ「…恥ずかしいセリフ禁止って言ったよね?」

しずく「ごめんね。でも、言わずにはいられなかった」

かすみ「恥ずかしいセリフ禁止セカンド!!」

かすみ(結局、放課後まで何も言い出せずに時は過ぎていきました…)

42: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 02:16:06.66 ID:NiryVpZa
しず子がもみ子に…

43: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 02:53:51.87 ID:wPfEXGa6
砂糖吐きそう

44: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 05:23:58.68 ID:gOmEh+7Z
俺の頭の中の池井戸「あま~い!」

46: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 06:53:31.06 ID:fbOTObzh
>>44
俺の下町ロケットも黙ってないぞ

50: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 08:34:39.32 ID:EgllbJbW
>>44
俺の頭の中のハンバーグ師匠「ハンバーグ!」

45: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 05:42:53.36 ID:HcriPUw4
カスが「お前と恋人やってらんねーよ」
わかばやしずく「お前それ本気で言ってるのか?」
カスが「いや本気で言ってたらこんなことしてねーよ」

オードリー「ヘヘヘヘヘッ」

52: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 11:41:38.97 ID:G65JJZSk
告白されて意識し出しちゃって本当に好きになっちゃう奴ですよね!!!

53: 輝きたい名無しさん 2020/04/01(水) 12:50:35.54 ID:IELDTI5r
乙女前回のしず子すごくいい…

60: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:20:50.51 ID:8cLePwqx
放課後・部室

かすみ(今日もしず子にネタばらし出来なかった…)

かすみ(今日は昼休みも一緒にいたけど、お手製のお弁当渡されて期待の眼差しで見つめられたら言えるわけないし)

かすみ(放課後は放課後で練習があるし、そもそもしず子の家が門限がある関係で話をする時間も取れにくいし…)

かすみ「これから…どうしよう」ハァ

???「なにか悩み事?」

かすみ「うぇっ!?って、なんだりな子か…」フゥ

61: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:25:49.32 ID:8cLePwqx
璃奈「何だとはご挨拶…璃奈ちゃんボード『むっ』」

かすみ「ごめ~んりな子。それで、かすみんに何か用?」

璃奈「どうしたの?はこっちのセリフ。珍しく溜息なんてついてるから何かあったのかと思って」

かすみ「な、何でもないよ。たまにはアンニュイなかすみんもいいかな~って思って試してただけ♪」

璃奈「そう、ならいいけど。それよりも…しずくちゃんから聞いた。しずくちゃんと付き合い始めたんだって?」

かすみ「ぐぇっ!?」ビクッ

62: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:31:38.31 ID:8cLePwqx
璃奈「少し前からしずくちゃんから相談を受けてた身としては感無量…同好会の同学年メンバーとして祝わせて欲しい」

璃奈「璃奈ちゃんボード『いえ~い』」

かすみ(ま、まずい展開~!このままだと同好会全体にまでこの間違った情報が伝わっちゃう…)

かすみ(それより何より…これがあなた先輩に伝わっちゃったら……はわわわわわわ)

かすみ「り、りな子…その話って他のみんなも知ってる?」

璃奈「??多分、知らないと思う。私もさっき聞いたばかりだし、しずくちゃんも初めて人に話したって言ってたし」

かすみ(た、助かった~!りな子までで止めておけばとりあえず噂の拡散は防げる!!)

かすみ(りな子、怒るかなぁ…でも、背に腹は変えられないっ!だよね!!)

璃奈「まさか、かすみちゃんから告白するとは…世の中わからないもの」シミジミ

かすみ「あ、あの~りな子さん?」オズオズ

璃奈「ん?」

かすみ「とっても言いづらいんだけど……」

63: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:36:06.03 ID:8cLePwqx
~間~


かすみ「……というわけでして……」


璃奈「かすみちゃん」


かすみ「な…何?りな子」


璃奈「かすみちゃんはおバカさんなの?璃奈ちゃんボード『👹』」


かすみ「うぅ……」


璃奈「とりあえず、私もやろうとしてたのは忘れてあげる。でも、しずくちゃんにだけはやっちゃダメだった。それはわかるよね?」


かすみ「う、うん。今ならわかる…しず子、私のことあんなに想ってくれてたんだね……すごく、反省してる」

64: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:41:26.46 ID:8cLePwqx
璃奈「さすがの私も厳しく言わざるを得ない。こういうのはやっちゃダメ。」

かすみ「…ごめん」

璃奈「大体、ああいうTVの企画は大体やらせ。本気でやったら大変なことになる可能性がある」

璃奈「あれを鵜呑みにして本気で敢行するのはおばかさんとしか言いようがない」

かすみ「そ、そこまで言う?」

璃奈「じゃあ、反論できるの?」

かすみ「で、出来ない……」

璃奈「じゃあ黙って聞いてて。それで、これからどうするの?」

65: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:47:07.85 ID:8cLePwqx
かすみ「しず子に事実を教えて謝る。だからりな子!力を」

璃奈「やだ。璃奈ちゃんボード『ブッブーですわ!』」

かすみ「秒で拒否!?」

璃奈「自分でやらかしたことくらい、自分で何とかして」

かすみ「いや、でも…だって……」

璃奈「デモもヘチマもない。さっき言ったように私はしずくちゃんから相談を受けてた側」

璃奈「正直、いい気分はしない。しずくちゃんの気持ちをなんだと思ってるの」

66: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:50:33.79 ID:8cLePwqx
かすみ「ぐぅの音も出ません…」

璃奈「…でも、やったのがかすみちゃんだから本当に悪意を持ってやった訳じゃなくて」

璃奈「あくまでもいたずらの延長線上という考えだったことはわかる。しずくちゃんを傷つけたくてやったわけじゃないことはね」

かすみ「りな子ぉ……」

璃奈「でも、それとこれとは話は別。これ以上話を広げないこと、しずくちゃんに何かあったらフォローすること。これには協力する」

璃奈「でも、これ以上はしない」

かすみ「えぇと…つまり?」

璃奈「フォローはするけど、あとは自力で頑張ってっていうこと」

67: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:54:43.29 ID:8cLePwqx
かすみ「えぇっ!?」

璃奈「誠心誠意気持ちを込めてごめんなさいして、告白の返事をする。内容的にはさほど難しいことじゃない」

璃奈「ただ適当な返事はやめて、ちゃんとしずくちゃんのことを考えてから返事をしてあげて欲しい」

璃奈「しっかり考えて自分で解決して。私から言えるのはそれだけ」

かすみ「うぅ……りな子ぉ……」

璃奈「自分で蒔いた種でしょ?自業自得」

璃奈「…それじゃ、帰る。頑張って考えてね」

かすみ「ちょっ…待って!りな子!!」
 

バタムッ

かすみ「い、行っちゃった……」

68: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 22:54:43.46 ID:8cLePwqx
かすみ「えぇっ!?」

璃奈「誠心誠意気持ちを込めてごめんなさいして、告白の返事をする。内容的にはさほど難しいことじゃない」

璃奈「ただ適当な返事はやめて、ちゃんとしずくちゃんのことを考えてから返事をしてあげて欲しい」

璃奈「しっかり考えて自分で解決して。私から言えるのはそれだけ」

かすみ「うぅ……りな子ぉ……」

璃奈「自分で蒔いた種でしょ?自業自得」

璃奈「…それじゃ、帰る。頑張って考えてね」

かすみ「ちょっ…待って!りな子!!」
 

バタムッ

かすみ「い、行っちゃった……」

69: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:04:12.59 ID:8cLePwqx
翌日・部室

かすみ「と、言う訳なんですっ!もう頼れるのは先輩しかしないんです…お願いします!!」

かすみ「協力してください!果林先輩!!!」

果林「事情はわかったわ。でも…さっきの話から察するに、自分で解決しろって璃奈ちゃんに言われたみたいだけど大丈夫なの?」

かすみ「にっしっし…りな子は協力してもらうことを否定しませんでした……よって、これは問題ないはずです!」

かすみ「是非とも告白され慣れてそうな果林先輩に上手な断り方を…」

果林「う~ん。協力しようと思ってたんだけど……それだと話が変わってくるわね」

かすみ「えっ」

70: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:12:19.51 ID:8cLePwqx
果林「可愛い後輩であるかすみちゃんにはもちろん協力してあげたいけど…璃奈ちゃんに嫌がられそうだものねぇ」

果林「後輩が嫌がることを進んでやる気はしないわ。悪いけど、他の人を…」

かすみ「わーわー!すいません調子に乗りました!ごめんなさい!!」

かすみ「果林先輩には話すシチュエーションをどうするかを相談したかったんですっ!!」

かすみ「話す言葉は自分で考えますっ!」

果林「まったく…最初からそう言えばいいのに」

かすみ「ちなみにこのことについては愛先輩を通してりな子に確認を取ったので大丈夫です」

果林「変なところで律儀よねかすみちゃん……いいわ。手伝ってあげる…ただし」

71: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:17:30.67 ID:8cLePwqx
かすみ「ただし?」

果林「条件を付けさせてもらうわ。それを守ることが条件。いいでしょ?」12

かすみ「じょ、条件……な、何でしょう…?」

果林「変に身構えなくてもいいわ。簡単なこと2つだけだから」

かすみ「…簡単ならいいですけど……」

果林「じゃあ、商談成立ね♪で、シチュエーションだったわよね?それだったら…」

果林「観覧車の中。というのはどうかしら?」

かすみ「観覧車の中…ですか」

果林「えぇそうよ。数ヶ月前にできたところね」

72: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:20:23.25 ID:8cLePwqx
果林「正直、お互い誰にも聞かれたくない話でしょ?それに余計な邪魔も入らない。ここしかないと思うの」

果林「逃げ場もないし、ね?」

かすみ「ふぅむ……なるほどなるほど。でも、放課後に行くには結構距離ありますよね?あそこ」

果林「そもそも放課後は部活があるし、同好会がなかったらしずくちゃんは演劇部行っちゃうでしょ?放課後は無理よ」

かすみ「ですよねぇ…」

果林「ご機嫌取りを兼ねて休日デートをして最後に観覧車という形がいいと思うのだけど、どうかしら?」

かすみ「確かにその方が自然かもですね…いきなり観覧車じゃ不自然な気もしますし」

73: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:23:18.43 ID:8cLePwqx
果林「じゃあそのプランでいきましょうか。詳しいデートプランはもう少ししっかりと考えたいからまた後でね」

かすみ「了解ですっ!」」

果林「話もまとまったところで…さっきの話、いいかしら?」

かすみ「うっ!(何とか誤魔化しきれればと思ってたのに……)」

果林「さっきも言ったけど…本当に簡単なことよ?身構える必要なんてないわよ」16

かすみ「…とりあえず、話を聞いてから考えます」

果林「まぁいいわ。私の条件の一つ目。それは…」

かすみ「…………」ゴクリ

果林「もう一度、お返事についてちゃんと考えることよ」

74: 輝きたい名無しさん 2020/04/02(木) 23:58:41.86 ID:8cLePwqx
かすみ「えっ…そんなことでいいんですか?」

果林「えぇ。ただし、ちゃんと考えてね?」

果林「先入観をなくして、シンプルに考えてみてちょうだい」

果林「その上であの子としずくちゃんどちらの方が好きかということをもう一度考えてみて欲しいの」

かすみ「う~ん。わかりました」

かすみ(答えは変わらないと思うけど…)

果林「そしてもう一つ。これは断る前提だけど…もししずくちゃんの気持ちを辞退するなら……」

果林「『あの子が好きだから』。これ以外に、1つでいいわ。理由を付け足すこと」

75: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:03:01.91 ID:geTb4GO/
かすみ「もう1つ、ですか?正直、先輩が好きなのでごめんなさいで十分な気が…」

果林「…そうね。これは私のワガママよ」

かすみ「ワガママ?」

果林「そう。これはあくまでしずくちゃんのために私がやってほしいことだから」

かすみ(そっか…そうだよね。しず子は私が断ったら失恋から立ち直らなきゃなんだよね……)

かすみ(しず子の悲しむ姿は見たくない。でも、そうなったらそれはかすみんのせい……)

かすみ(……フったら私には何も出来ない。だったら、しず子のために出来ることをやらないと)

かすみ「…わかりました。かすみん、かすみんなりに頑張って考えてみます!!」

76: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:06:58.23 ID:geTb4GO/
果林「そう。ならよかったわ」

かすみ「じゃあ、しず子が待ってると思うのでお先に失礼します」

果林「えぇ。気をつけて帰ってね」

ガラガラッ

果林「…ふぅ。これで良かったのかしら」

??「良かったんじゃないでしょうか?」

果林「わっ!び、びっくりさせないでよ…せつ菜」

77: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:13:47.13 ID:geTb4GO/
せつ菜「す、すいません…声をかけ用とした時に呟かれたのでつい反応を…」

果林「まぁいいわ。それで、何が良かったの?」

せつ菜「えっ!?」

果林「聞いていたんでしょ?私たちの話」

せつ菜「わ、私は何も聞いてませんよっ!!ただ!そのっ!!良かったかと言っていたのでただ…」

果林「わかりやすすぎでしょ…隠せてないわよ?それで?どこから聞いてたのかしら?」

せつ菜「あぅ……ほぼ、最初からです…」

果林「そうなの…一応言っておくけど……」

せつ菜「い、言いませんよっ!!というか言えるわけないじゃないですかっ!!」

果林「そう。ならいいわ。で、聞いていたんなら試しに聞いてみたいんだけど…」

せつ菜「?何でしょう」

果林「最後の条件のこと、あなたはどう思った?せつ菜」

78: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:15:24.29 ID:geTb4GO/
せつ菜「最後の…えぇと、断る理由をもう1つという話ですよね」

果林「えぇ」

せつ菜「筋は通っていると思います。ただ…その、しずくさんがさらに傷つくことになる可能性もあるなとも思いましたが」

果林「……そうよねぇ、ちょっと話に無理もあったしリスキーだったかもしれないわ…」

果林「でも、可能性はあると思うのよねぇ……」

せつ菜「可能性……ですか?」

果林「えぇ。しずくちゃんの逆転勝利…その可能性がね」

79: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:18:51.39 ID:geTb4GO/
かすみんハウス

かすみ(さて、果林先輩に言われた通りもう一度考えてみよう)

かすみ(先輩としず子。どっちが好きかをシンプルに考えるか…そういえば、そういう風に考えたことはなかったなぁ)

かすみ(まぁ、答えは変わらないだろうけど。とりあえず先輩から♪)

かすみ(先輩は大好き!何でも出来て優しくて…何よりかすみんを救ってくれた人だもん!!)

かすみ(先輩のことを考えるだけで心臓のあたりがポカポカする…これが恋心じゃなかったら何なのって話だよね!!)

かすみ(やっぱりかすみんは先輩のことが好き!これで決まりだね!!)

80: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:20:59.13 ID:geTb4GO/
かすみ(じゃあ次はしず子のことを考えてみよう)

かすみ(しず子のことももちろん好き。しっかりしてて優しくて、同好会も演劇部も一生懸命。凄いなって思って見てた)

かすみ(そんなしず子を私はシンプルに仲間として、尊敬してたと思う…)

かすみ(でも、最近は距離感が変わってきてしず子の知らない一面を見るようになって…少し印象が変わってきたかもしれない)

かすみ(たった一週間だけど、たくさんの私の知らないしず子を見せられた)

かすみ(可愛いところ、カッコいいところ。ちょっと抜けてるところ。その全てが新鮮で…ってあれ?)

かすみ(…あれ?もしかして、かすみん……しず子のことも結構好きだったりする?)

かすみ(いやいやいや。考えすぎ考えすぎ…最近は特に一緒にいる時間が多かったからそう思うってだけ」

かすみ(うん!そうに決まってるよね!!じゃあ次は断る理由を決めないと!って、先輩が好き以外じゃないとダメなんだったっけ…)

81: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:23:49.78 ID:geTb4GO/
かすみ(えぇと……付き合うイメージが沸かないとか?でも、しず子はかすみんと付き合ってると思ってるだろうから……)

かすみ(基本的には付き合ってもこんな感じなのかな?それなら簡単にイメージできちゃうかも…)

かすみ(…違う理由を考えないと。じゃあ……)

~間~

かすみ(ダメだ~!全然思いつかない!!)

かすみ(もう先輩が好きだからゴメンなさいだけでいいんじゃないかな…果林先輩もそれでおかしくないって言ってたし…)

かすみ(…って、そうだった。これはしず子のためにやることなんだもんね……真剣に考えなきゃ)

かすみ(あっ…そうだ!キス!キスだよ!!)

かすみ(付き合ってるイメージまでは沸いてもキスが出来る出来ないの差は大きいもんね!)

かすみ(そのイメージが沸かないなら、付き合うイメージが沸かないと言い変えられる!)

かすみ(早速、想像してみよう……)

82: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:25:36.83 ID:geTb4GO/
~~~~~~~~

しずく「かすみさん…キス、していい?」

かすみ「えっ!い、いいけど……かすみんの唇はそんなに安く…!!?」

チュッ

しずく「ふふっ、しちゃった。」

かすみ「し、ししししししず子!?不意打ちなんて卑怯だよ!?」

しずく「だってかすみさん、顔を真っ赤にして私の顔から目を逸らしながら言うんだもの」

しずく「可愛すぎて、我慢できなくなっちゃった」

~~~~~~~~~


かすみ「…………………」

ボンッ!

83: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:27:29.56 ID:geTb4GO/
かすみ(な、なななななな……なんて言うこと言うのしず子は!?)

かすみ(こんな歯が浮くようなことサラっと言っちゃって!女たらしってやつなの!?)

かすみ(全くこれだから大女優は…って、はっ!!)

かすみ(か、完璧に想像できちゃってる……えっ、何?私、しず子とそういうこと出来るの!?)

かすみ(…やばい。さっきの想像から私の心臓すっごくバクバクいって、かすみん、ドキドキしちゃってる)

かすみ(も、もしかして……)

かすみ(いや、いやいやいや、いやいやいやいやいやいや!!)

84: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:27:29.72 ID:geTb4GO/
かすみ(な、なななななな……なんて言うこと言うのしず子は!?)

かすみ(こんな歯が浮くようなことサラっと言っちゃって!女たらしってやつなの!?)

かすみ(全くこれだから大女優は…って、はっ!!)

かすみ(か、完璧に想像できちゃってる……えっ、何?私、しず子とそういうこと出来るの!?)

かすみ(…やばい。さっきの想像から私の心臓すっごくバクバクいって、かすみん、ドキドキしちゃってる)

かすみ(も、もしかして……)

かすみ(いや、いやいやいや、いやいやいやいやいやいや!!)

85: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:42:06.41 ID:geTb4GO/
かすみ(ないないない!そんなことない!!だって、私が好きなのは…私が好きなのは…!)

かすみ(同好会に1人残された私を救ってくれた…あなた先輩しかいないもん!!)

かすみ(…今日はもう寝よう。明日、落ち着いたらまた考えればいいよね…)

かすみ(…こんな気持ちのままじゃ、しず子に何も言えないよ……)

かすみ(もう、どうしたらいいのかさっぱりわかんない……!)

86: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:45:40.47 ID:geTb4GO/
璃奈「かすみちゃん。そろそろいい加減にして」

かすみ「…………」

果林「り、璃奈ちゃん…」

璃奈「そろそろはっきりさせないとしずくちゃんがかわいそう。このままズルズル行くのは良くない」

璃奈「お互い傷が深くなるだけだよ」

せつ菜「…確かに、そうかもしれませんね」

かすみ「………だって、どうしたら良いのかわかんないんだもん」

87: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:50:15.98 ID:geTb4GO/
璃奈「…どういうこと?」

かすみ「…果林先輩に言われて、しず子をどう思ってるか考え直した日からしず子の見え方が変わったの」

かすみ「かすみんはあなた先輩が好きなはずなのに、最近はしず子のことも気になるようになって…」

璃奈「………えっ」

果林「あらまぁ」

かすみ「しず子も気になるし、先輩も好きだしでどう言ったらいいのかさっぱりわかんないんだよ…」

かすみ「かすみん、ほとほと困りきってて……」

璃奈「部長さんが好きならそう言えばいいだけなんじゃ?」

かすみ「でも、しず子を悲しませたくないんだもん!泣かせちゃって、もし私の近くからいなくなっちゃったら私…」

かすみ「後悔しきれないくらい後悔すると思う……」

88: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:53:15.40 ID:geTb4GO/
かすみ「だから…どうにかしず子とあのままの距離感で接し続けられて、うまくしず子の告白を断れる方法を探してて…」


果林「それは無理ね」


かすみ「え、な、なんで!」


果林「そんな都合のいい方法なんて存在しないもの。それはかすみちゃんもわかっているでしょう?」33


かすみ「………」


せつ菜「そうですね…簡単に言うと、告白は断るけど今のままの関係がいいっていうことですから……」


せつ菜「それはあまりに……」


璃奈「かすみちゃんはしずくちゃんをナメてるの?璃奈ちゃんボード『なめんなよ😾』」

89: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:55:39.66 ID:geTb4GO/
かすみ「ち、違うよっ!」

果林「まぁ、言いたい事はわからなくはないわ。つまり…」

果林「あなたに恋している楽しさも、しずくと恋人同士の距離感も両方捨てがたいっていうことでしょ?」

かすみ「そ、それですっ!かすみんが言いたかったことは!!」

果林「それを理解した上で言わせてもらうわね。人の気持ちを甘く見ないで」

かすみ「ぐっ!」

せつ菜「果林さん…」

果林「いい?こういうことには絶対に心の痛みが伴うものなの。痛い思いをしたくなくてもそれから逃れることはできないのよ」

果林「だから璃奈ちゃんは最初に強く怒ったのよ。しずくちゃんも辛いけど、本人であるかすみちゃんが一番痛い思いをするから」

90: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 00:57:31.48 ID:geTb4GO/
かすみ「…じゃあ、どうすればいいんですかっ!!」

果林「言ったでしょ?それはかすみちゃんが決めることよ」

果林「ただ、どれだけ言うのが嫌でもどちらか1つに決めないといけない。そういう責任がかすみちゃんにはあるわ」

かすみ「…かすみんの答えはもう決まってます。私は先輩が好きなんです」

かすみ「だから、しず子の気持ちは受け取れない」

璃奈「…だったらそう言えばいい。すぐにでも伝えるべき」

91: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:01:08.91 ID:geTb4GO/
かすみ「す、すぐにはちょっと…」

璃奈「でも、早く言わないとしずくちゃんにとって良くない」

かすみ「わかってる。わかってるけど…しず子に嫌われたら私……!」

果林「私はしずくちゃんがかすみちゃんのことを嫌いになるなんて思えないけど?」

かすみ「それでも、怖いんです。理由はわからないけど…だから、ただただ、苦しくて…」

かすみ「かすみんはただ、助けてくれた先輩が好きなだけなのに…」

せつ菜「…あの、かすみさん。つかぬことを聞きしますが…」

かすみ「ぐすっ……なんでしょうかせつ菜先輩…」

せつ菜「あの…かすみさんは先ほどから部長が好き、という言葉に拘っているように思えるのですが…」

せつ菜「それは何故なのでしょうか?」

92: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:02:28.33 ID:geTb4GO/
果林「!」

かすみ「?…そんなの当たり前じゃないですか。それが事実なんですから」

せつ菜「いえ、私が言いたいのはそういうことではなくてですね…」

せつ菜「私には…その、かすみさんはその部長が好きという言葉を、言い訳とかそういう風に使っているように思えて」

かすみ「なっ!?」

せつ菜「それは好きな人がいるのに、他の人が気になっている状況をよく思わない気持ちからくる嫌悪感が元になっているとも思いましたが…」

せつ菜「それにしてはしずくさんを好きではないということを強調する形で使うことが多かったように感じたんです」

93: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:04:41.33 ID:geTb4GO/
かすみ「えっ……」

せつ菜「まるで…認めたくない何かから目を逸らそうとしているような…」

かすみ「それ以上は、やめてくださいっ!!!!!」

果林「か、かすみちゃん!?」

かすみ「せ、せつ菜先輩がそういうのなら…かすみん、決めました!」

かすみ「今週の日曜日!ネタばらしのためのデートを決行します!!!!」

せつ菜「えっ……えぇっ!!私ですか!?」

かすみ「かすみんに二言はありません!!!今からしず子に連絡します!!!」

94: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:07:35.61 ID:geTb4GO/
果林「い、いやいやいや!さっきまであんなに悩んでたのにそんないきなり…」

かすみ「果林先輩!デートプランAで問題ないですよね!?」

果林「えっ…えぇ……それがプランとしてベストだと思うわ」

かすみ「わかりましたっ!服装なんかも相談させて欲しいんですけどいいですか!?」

果林「は、はい…」

かすみ「それじゃ行ってきます!かすみんの本気をせつ菜先輩に見せてあげますよ!!!!!」

せつ菜「ちょっ!ちょっとかすみさん!!」

かすみ「それではすぐ戻ってきますので!!!」

ガラガラッ!

95: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:11:46.96 ID:geTb4GO/
果林「…………」


せつ菜「………‥」


せつ菜「…ご、ゴメンなさい!私、何か言ってはいけないことを言ってしまったみたいで……」


果林「気にしないでいいわよ。せつ菜」


璃奈「むしろ良く気づいたね…璃奈ちゃんボード『👏』」パチパチ


果林「そうね…私もかすみちゃんの言葉の節々から違和感を感じていたけど」


果林「それが何なのかさっぱりわからなかったもの」


せつ菜「私は大好きという言葉を大事にしているので…その分のその言葉に対するアンテナが高かったんじゃないかなと…」

96: 輝きたい名無しさん 2020/04/03(金) 01:15:00.36 ID:geTb4GO/
璃奈「なるほど…それより、随分と露骨だったね。よほど痛いところを突かれたのかな?」

果林「どうでしょうね…当の本人にはその自覚はなさそうだったけど」

せつ菜「えぇ…かなり衝動的にアクションを起こしたように思えました」

果林「今頃後悔してるかもね…勢いでやっちゃった感が半端ないもの」

璃奈「とはいえ、かすみちゃんはああ見えて結構頑固。行ったことは撤回しないと思う」

果林「そうよね…とはいえ、私たちにできることも特にないわ」

果林「日曜日に何もないことを祈るしかないわね…」

璃奈「…無理だと思う」ボソッ

せつ菜「あ、あはは…ホント、何もなければいいんですけど……」

102: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:03:55.12 ID:22tMexK8
日曜日・待ち合わせ場所


かすみ(ど、どうしよう…どう断るかさっぱり決まらないまま日曜になっちゃった……)


かすみ(せつ菜先輩に言われたことにムキになって、勢いでしず子を誘ったのは失敗だったよ…)トホホ


かすみ(今日の夕方の観覧車に乗る時間までに覚悟、決まるかなぁ…?)


かすみ(…でも、しず子のためにも…私のためにも。今日、言わなきゃいけないよね。きっと!)


かすみ(あっ、そろそろ待ち合わせの時間!しず子、もういるかな?)キョロキョロ


???「ここだよ?かすみさん❤」ツンツン

103: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:10:08.64 ID:22tMexK8
かすみ「にゃっ!?お、驚かせないでよしず子~」フリムキ


かすみ「って。あっ……」


しずく「おはよう。かすみさん…かすみさん?どうかした?」


かすみ(今日のしず子…可愛い……って、はっ!まずいまずい…かすみんは先輩が好きかすみんは先輩が好きっと!)


かすみ「…う、ううん。何でもない何でもない…しず子、おはよっ」


しずく「うん。おはよう。今日は誘ってくれてありがとう」ペコリ


かすみ「ううん。それはこっちのセリフ。タイミング合ってよかった」


しずく「えぇと、今の予定はかすみさんが全部予定を決めてくれるんだよね?」

104: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:16:14.50 ID:22tMexK8
かすみ「うん。任せて!もうバッチリ予定は決めてあるから。最初は映画!」

しずく「映画?いいね!私、ちょうど見たい映画があって…」

かすみ「うん。最近話題のあの映画でしょ?あと30分後にそこの映画館でやるらしいんだけど…」

かすみ「それを一緒に見るのはどうかなって」

しずく「わぁ!それすごくいい!!私もそれがいいな♪」

かすみ「決まりだねっ。それじゃ、早速…」スッ

しずく「ねぇ、かすみさん…手を、繋いでもいいかな?」

105: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:23:23.95 ID:22tMexK8
かすみ「!!!い、いいよ」

しずく「…ありがと。」

ギュッ

しずく「ふふっ…」

かすみ「しず子、手を繋ぐの好きだよね」

しずく「うん。何だか、かすみさんと手をつないでると安心するから」

しずく「でも、ドキドキもするの。その微妙なバランスがね、とっても好きなんだ…」

かすみ「…早く行かないといい席取れなくなっちゃうから早く行こ?」

しずく「うん!」

106: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:30:53.27 ID:22tMexK8
映画館

シカシ… 

ココデアクムノナカニ…

しずく「……………」シンケン

かすみ(しず子、見入ってるなぁ…いつの間にか姿勢が前のめりになってるし)

かすみ(でも、なんでだろ。この女の子の声、どこかで聞いたことがあるような…)

かすみ(まぁ、気のせいかな。ってそれより…ちょっと意外なことを知れたかも…)

107: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:35:59.58 ID:22tMexK8
コレデカッタト…

アキラメルナーッ!

しずく「………あっ!」パァッ!

かすみ(しず子って映画観るときはすぐ顔に出るんだ…初めて知った…)

かすみ(ワンシーンワンシーンですぐ表情が変わって面白いなぁ。映画よりそっちに夢中になりそう…)

ソレヨリダイジニシタイモノガ…

しずく「………」シンケン

ギュッ

かすみ「………あっ」

108: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:44:53.05 ID:22tMexK8
かすみ(しず子、かすみんの手を握ってきた……)

かすみ(うぅ…さっきもだけど。手を繋ぐとさらにドキドキする…)

かすみ(しず子の手、ひんやりしてて小さくて触ってて気持ちいいんだよね…触り心地もいいし)

かすみ(…しかし、羨ましいなぁ。映画を見てる横顔だけで絵になるもん。)

かすみ(映画の内容も頭に入ってこないし、このまましず子の顔を見続けようかな)

かすみ(そっちの方が楽しいし)

ゴクゴクチイサナマチカドダケヲ…

しずく「………」グスッ スンッ

109: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:44:53.15 ID:22tMexK8
かすみ(しず子、かすみんの手を握ってきた……)

かすみ(うぅ…さっきもだけど。手を繋ぐとさらにドキドキする…)

かすみ(しず子の手、ひんやりしてて小さくて触ってて気持ちいいんだよね…触り心地もいいし)

かすみ(…しかし、羨ましいなぁ。映画を見てる横顔だけで絵になるもん。)

かすみ(映画の内容も頭に入ってこないし、このまましず子の顔を見続けようかな)

かすみ(そっちの方が楽しいし)

ゴクゴクチイサナマチカドダケヲ…

しずく「………」グスッ スンッ

110: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:52:21.42 ID:22tMexK8
~間~

しずく「…くすん。かすみさん、とってもいいお話だったね!」

かすみ「うん。そうだね…」

かすみ(最後の方はしず子の顔ばっかり見てたような気もするけど)

しずく「あのピンク色の髪の人の役者さんが私、好きなんだけど…」

ペチャクチャ

かすみ(その後もしず子の演劇トークは続き、その話はお昼ご飯を食べ終わるまで続きました…)

111: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 00:57:41.74 ID:22tMexK8
~間~

かすみ(映画を見終わった私たちは時間がちょうどいい感じになっていたため、そのままお昼ご飯を食べた)

かすみ(かわいいカフェで可愛いランチタイム。私はパンケーキ、しず子はクラブハウスサンドを注文。)

かすみ(事前に調べて可愛いなと思っていたものではあったけど、現物を見るとそれ以上に可愛くて!)

かすみ(スマホで写真を撮って、しず子のクラブハウスサンドもちょっと分けてもらって。どっちも美味しかった!)

かすみ(このお店を教えてくれた果林先輩には感謝しないと!また来たいな)

かすみ(そして、次の目的地は…)

しずく「…ゲームセンター?」

113: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:04:05.44 ID:22tMexK8
かすみ「そうだよ。しず子、こういうところ来たことないんじゃないかなって思って」

かすみ「新鮮かなと思ったんだけど…どう?」

しずく「…かすみさんは私のことを何だと思っているのかな?私だってゲーセンくらい行ったことあるよ」ジトッ

かすみ「そ、そうなの?なんだか意外…」

しずく「でも、その。回数を行ったことはないので新鮮なのは確かかも…」

かすみ「ほらぁ、やっぱりそうなんじゃん」ニヤニヤ

しずく「…もう。それで、ゲームセンターに来て何をするつもりなの?」

114: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:11:25.28 ID:22tMexK8
かすみ「う~ん…やっぱり私たちなら…あれかな?」

しずく「あのゲームはどういうゲームなの?」

かすみ「うん。えぇと、ダンスゲームかな」

かすみ「決められたステップが画面に表示されて、それに合わせて踊るゲームなんだけど…」

イクワヨホノカ!リベンジマッチヨ!! ソノショウブウケテタツヨエリチャン!

しずく「でも、誰かが使ってて埋まってるね。人だかりも出来てるし、しばらく出来そうにないけど…」

かすみ「う~ん…それだと…ホッケーは、ダメなんだっけ?」

115: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:21:42.97 ID:22tMexK8
しずく「…どうだろう。球技じゃないといえばないけど。やったことないから…」

かすみ「う~ん…じゃあ、やめとく?それじゃないなら…」ジー

かすみ「あっ!あれなんてどう?」

しずく「プリクラ?」

かすみ「うん!今日の記念に1枚ってことで!どう?」

しずく「いいかも!私もプリクラ撮るのなんて結構久しぶり」

かすみ「じゃあ決まり!早速入ってみよっ!!」

116: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:30:14.73 ID:22tMexK8
サー!

センタクシタイフレームヲエランデネ!

しずく「…えっと、かすみさん。ごめんなさい、私、こういうのは…」

かすみ「あぁ、大丈夫大丈夫。設定とかは私がやるから」

かすみ(にっしっし。プリクラは得意分野!!盛れるだけもって、かすみんを世界一カワイく撮ってやりますよ!)

かすみ「えっと、ここはこうして。ここはあぁで…」ポチポチ

かすみ「出来た!!」

117: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:39:41.70 ID:22tMexK8
ポーズヲトッテマッテテネ!

かすみ「まず1枚目!ほらほら!しず子もポーズとって!!」キメポーズ!

しずく「う、うん!」ポーズ!

ハイチーズ!!

パシャッ!

かすみ(よしっ!1枚目は可愛く撮れた!!)

ニマイメ、イクヨー

かすみ「ほらっ!次来るよしず子!!」

しずく「…かすみさん。失礼するね」

118: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:45:28.46 ID:22tMexK8
かすみ「えっ…」

チュッ!

カワイクトレタヨッ! ツギハ…

かすみ「なっ…なななな……」マッカッカ

しずく「ふふっ、いいのが撮れたね?かすみさん」

かすみ「な、何やってるのしず子?!」

しずく「?ほっぺにキスをしただけだけど」

かすみ「だけって!だけじゃないよ!!」

119: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:51:56.88 ID:22tMexK8
しずく「??こういうのは普通にやることじゃない?」

しずく「せっかく恋人同士になったんだからやってみようと思って…ダメだった?」

かすみ「うっ…!」

かすみ(唇にされたわけじゃないし…しず子も嬉しそうだし。まぁ、いっか…)

かすみ(すっごく恥ずかしいけど)

かすみ「大丈夫…その、ちょっとビックリしただけだから…気にしないで」

120: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 01:58:41.92 ID:22tMexK8
かすみ「大丈夫…その、ちょっとビックリしただけだから…気にしないで」

かすみ「それより…仕上げの時間足りないからしず子も手伝って!!」

かすみ「好きなようにデコっていいから!」

しずく「は、はい!」

かすみ(そして、その後も私たちはプリクラを撮り続けた)

かすみ(被り物をかぶってみたり、コスプレ衣装を着て撮ってみたり…変顔してみたり…)

かすみ(ふざけ合って、笑い合って。色んな思い出をプリントアウトしているうちに時間はあっという間に過ぎていき…)

かすみ(そして、その時はついに来てしまった)

127: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 23:37:56.30 ID:22tMexK8
観覧車

かすみ(来ちゃった…)

しずく「わぁ…観覧車に乗るなんて小さい時以来かも…!」パァ・・・

かすみ(まずい…何だかんだめっちゃ楽しんでたから何言うか全然考えられてない…)

かすみ(しかも、もう観覧車に乗っちゃったし!どうしよう!!)

しずく「かすみさんは観覧車に乗ったのはいつ以来?」

かすみ「え、えぇと。中学生の時に一度友達と乗ったから…それ以来かなぁ」

しずく「そうなんだ!ほら見て!あっちに学校が見えるよ!あれ、虹ヶ咲かな?」

128: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 23:43:36.63 ID:22tMexK8
かすみ(い、言わなきゃ!観覧車が一周する時間なんて何分もないし!!)

かすみ(時間切れになる前に!!)

しずく「かすみさん」

かすみ「ひゃっ!ひゃいぃ!?」

しずく「今日は誘ってくれてありがとう…すごく楽しかった」

かすみ「ど、どう致しまして…」

しずく「私、こういうデートというのは初めてで…どういう感じで楽しめばいいのかよくわからなかったんだけど…」

しずく「今日は自然体でかすみさんとのデートを楽しめたと思う。それもかすみさんのおかげかな」

129: 輝きたい名無しさん 2020/04/04(土) 23:49:21.38 ID:22tMexK8
しずく「本当に、ありがとう」ペコリ

かすみ「そんなに畏まらなくていいよ。私もすっごく楽しかったし!」

しずく「かすみさん…ありがとう。…それにしても、夕日がだいぶ傾いてきたね」

しずく「そろそろ帰らなきゃいけない時間になってきたね…少し、残念」

かすみ(そうこうしてる間にもうだいぶ観覧車の高度が上がってきた!ま、まずい…このままだと……)

かすみ(言わないと!!しず子のためにも!私のためにも!!)

かすみ「え、えぇと!し、しず子!!折り入って話が…!」

しずく「…ねぇ、かすみさん。さっき、後ろのカップルが話しているのが聞こえたんだけど…」

130: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:00:16.08 ID:f6ABrYWQ
かすみ「ふ、ふぇっ!?」

しずく「この観覧車ね。ジンクスがあるらしいの」

かすみ「ジンクス?」

しずく「この観覧者の最上部まで上がって来たタイミングでキスをしたカップルは……」

しずく「絶対に別れないし、結婚するんだって…」

かすみ「…えっ…」

しずく「…かすみさん。私、キスしたい」

かすみ「なっ!?」

しずく「初デートでこのシチュエーション…かすみさんにもその気があるんでしょ?」

131: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:06:50.48 ID:f6ABrYWQ
かすみ「!そ、そんなこと…」

しずく「…違うとしても、そう勘違いされてもおかしくない状況を作ったのはかすみさんだよ?」

しずく「私は…したい。いいよね?かすみさん…」スッ・・

かすみ「し、しず子…!ちょっとまtt」

しずく「待てない。」

チカヅキ…

かすみ「…だ、ダメっ!」

ガシッ!

しずく「あっ……」

132: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:16:59.11 ID:f6ABrYWQ
かすみ「い、いくらしず子でもそれだけはダメ…!」ググッ

しずく「……………………」ポロポロポロ

かすみ「…あっ!ち、違!これはそういうことじゃなくて…!」

しずく「…そうだよね…そうに決まってるよね…私、何を期待していたんだろう…バカみたい」

しずく「…全部、わかってたのに…」ポロポロ

かすみ「し、しず子…ほら、ハンカチ…」オズオズ

しずく「…かすみさん。ごめんね…私、知ってた。知ってた上でかすみさんと付き合っていたの…」

133: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:21:08.33 ID:f6ABrYWQ
かすみ「えっ……ど、どういうこと!?」

しずく「かすみさんの告白は本気、じゃなかったんだよね?イタズラして、ちょっとからかおうとしてた程度…違う?」

かすみ「!!!!な、なんでそのことを…」

しずく「…わかるよ。だって、かすみさん…演技が下手なんだもの…本気かどうかなんてすぐわかっちゃうよ」

かすみ「えっ…えええええええええええええ!?」

かすみ「そ、それならどうして!」

しずく「それは…私が、狡い女だから。あの時、すぐおふざけだってわかって…」

135: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:25:04.11 ID:f6ABrYWQ
しずく「いつも通りかすみさんをちょっと叱って流そうとしようとした時…どうしてだろう、涙が流れてきちゃったの」

しずく「イタズラだってわかってたはずなのに、悪意も何もないとわかっていたはずなのに…」

しずく「嬉しい気持ちもあったけど…それ以上に、悲しかった。あなたにとって、私はその程度の存在なの…?って」

かすみ「っ!」

しずく「そんな時にね。私の中に悪魔の囁いたの…『この状況を、利用したらいい』って」

かすみ「ど、どういうこと?」

しずく「私から言い出さなければ、かすみさんから言わない限り…その状況は継続できる」

しずく「私がその機会さえ作らなければ…いつまでもかすみさんと付き合っていられる…そんな考えが私の中に浮かんだの」

136: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:29:05.94 ID:f6ABrYWQ
しずく「馬鹿みたいだよね…そんなことしたって、ただ辛くなるだけなのに」

しずく「でも私はその甘い考えに負けてしまった。かすみさんがイタズラを自白しようとしているのを分かっていたのに…」

しずく「私はそれをあえて、嬉しすぎて視野が狭くなっているふりをして…無理やりそれをかわしたの」

かすみ(確かにあの時のしず子には違和感はあったけど…そういう事情があったんだ…)

しずく「でもね。その後すぐに気づいてしまったの。こんなことしたって、それこそ虚しいだけだって…」

しずく「そうしたら、本当に泣きそうになってしまって…無理くりお弁当の話題を出して、私はそのままかすみさんの前から去るしかなくなってしまったの」

137: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:33:29.76 ID:f6ABrYWQ
かすみ「そうだったんだ…」

しずく「私、実はね。あの後すぐに家に帰ったわけじゃなかったの」

しずく「誰にも見つからないように、校舎裏の方に回って…1人で泣いてた。」

かすみ「しず子…」

しずく「悲しくて、辛くて…でも何よりも…自分の弱さが嫌だった」

しずく「そんな時…」

138: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:40:14.03 ID:f6ABrYWQ
しずく「うっ…うっ…ぐすっ…」グスッ

??「あれ?しずくちゃん?どうしたのこんなところで」

しずく「え、エマさん?!」

エマ「えっ…もしかして、泣いてるの…どうかした?何かあったの?」

エマ「私で良かったら、話を聞くよ?」

しずく「え、エマさん……」ウワーン

~間~

エマ「…ちょっと、部室行ってくるね」スクッ

139: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:49:33.88 ID:f6ABrYWQ
しずく「ちょっとエマさん!?」

エマ「私に任せてしずくちゃん。私が責任をもって、かすみちゃんを更生させてみせるから!」

しずく「そんなことしなくていいですから!!だから、落ち着いてください!」

エマ「でも…こういうことはしっかりとやっておかないと…」

しずく「私は大丈夫ですから!話を聞いてくれただけで、大分スッキリしました」

しずく「ありがとうございます」ペコリ

140: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:50:34.95 ID:aBJ19dXn
エママァ…

141: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:51:56.52 ID:WY2HNfYS
命拾いしたなかすみん

142: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:52:57.38 ID:sR5k1kW/
あかんかすみんが死ぬぅ

143: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:53:56.87 ID:f6ABrYWQ
しずく「良いもなにも…こんな方法でかすみさんとお付き合いしたって意味がありません…」

しずく「私は、私のことをちゃんとかすみさんに好きになって欲しいんです」

しずく「じゃないと、私は…」

ピョコッ

??「だったら~、振り向かせればいいじゃない~」

しずく「!か、彼方さん!?いつから…」

エマ「彼方ちゃんいつの間に!?」

彼方「ふふふふ…話は聞かせてもらったよ諸君~」

144: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 00:54:13.66 ID:pQqPzQNm
スクフェス組すき

145: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:02:52.68 ID:f6ABrYWQ
彼方「実は、少し離れたところにあるベンチが彼方ちゃんお気に入りのお昼寝ポイントでね~」

彼方「少しすやぴして目が覚めたら、しずくちゃんとエマちゃんがいるじゃな~い」

彼方「立て込み中だったっぽいから、すやぴするフリをしつつ話を聞いてたというわけなのだ~」

しずく「な、なるほど?」

エマ「全然気付かなかったよ~」

エマ「えっと、それで…振り向かせるっていうのは?」

彼方「言葉の通りだよ~この状況を使って、かすみちゃんが振り向くように頑張ればいいんじゃないかな~」

146: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:07:39.81 ID:f6ABrYWQ
しずく「こ、この状況を利用してって…そんなのいけません!!」

彼方「そうかなぁ?そもそも、こういう状況を作り出したのは誰だったのかなっていう話じゃない?」

彼方「しずくちゃんは騙された側なんだから、ここはむしろ開き直っていいとすら彼方ちゃんは思うな~」

彼方「それに、これはある意味チャンスでもあると彼方ちゃんは思うよー」

エマ「チャ、チャンス!?ど、どういうこと彼方ちゃん!?」

彼方「だって、いくら偽物とは言っても恋人同士なんて言いだしたら…」

彼方「かすみちゃんのしずくちゃんを見る目だってそりゃ、変わるよ~」

147: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:13:29.88 ID:f6ABrYWQ
彼方「見方が変われば…」

しずく「…私を好きになってくれる可能性もある…そういうことですか」

彼方「そゆこと~」

エマ「それいい!それいいよ彼方ちゃん!!」

しずく「………私は」

彼方「しずくちゃんが罪悪感を覚えるのはわかるけど~正直に言って、チャンスを見逃さない手もないと思うな」

彼方「彼方ちゃんとしては、さっきの話を聞いてしずくちゃんのことを応援したくなった~」

彼方「私としては、しずくちゃんを勝たせたいと思ってる。だから…頑張ってみない?」ギュッ

148: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:19:50.70 ID:f6ABrYWQ
しずく「彼方さん…」

エマ「私も彼方ちゃんと同じ気持ちだよっ!私も、手伝うから一緒に頑張ってみようよしずくちゃん!」

しずく「…はい。わかりました…私、頑張ります!」

しずく「かすみさんに私のことを好きになってもらえるよう、頑張りたいと思います!!」

彼方「よ~し…これでチーム結成だね。頑張るぞ~!お~!」

2人「「お~!」」

149: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:26:07.63 ID:f6ABrYWQ
しずく「こんなことがあったの。それから、2人にはいっぱい協力をしてもらっていて…」

かすみ(かすみんが果林先輩やりな子に相談してた一方でそんな話が…)

しずく「お二人のおかげもあって、かすみさんに色々とアピール出来たと思う…でも、やっぱり無理だった」

しずく「かすみさんはきっと、私のことを好きになってくれない…それがさっき、本能的に分かったの」

かすみ「そ、そんなことない!私はしず子のこと、好きだよっ!!と、友達としてだけど…」

かすみ「告白のことは本当にごめん!でも、だからと言って私はしず子のことを嫌いなんてことはない!!」

150: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:33:35.02 ID:f6ABrYWQ
かすみ「それは、好きな人じゃない以上…キスを迫られたら拒んじゃうよ。でも、それとこれとは…!」

しずく「ううん。そうじゃない、そうじゃないの…」

しずく「ねぇ、かすみさん。かすみさんは覚えてるかな?告白の次の日、通学路で私がかすみさんに言った言葉を」

かすみ「え、えぇと…一杯言ってたよね。後悔してることとか…」

しずく「うん。そのこと。あのね…私、それについてかすみさんに聞きたいことがあったの」

しずく「ずっと、怖くて聞けなかった。でも…私、聞いておかなきゃ」

かすみ「し、しず子…何を……」

151: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:37:39.33 ID:f6ABrYWQ
しずく「かすみさんは、かすみさんは…私のことを許してないんだよね?」シンケン

しずく「あの時、同好会がギクシャクしていた時、かすみさんを1人ぼっちにした…私のことを」

かすみ「な、何言っているの!?そんなのもう終わった話じゃん!」

かすみ「今はこうしてみんなで同好会やれてるし、かすみんは……」

しずく「あのね、かすみさん。気が付いてないかもしれないけど…同好会騒動の前と後じゃ…」

しずく「かすみさんの私に対する、態度ちょっと変わってるんだよ」

152: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:43:07.79 ID:f6ABrYWQ
かすみ「えっ…」

しずく「騒動前までは…その、もう少し近い距離感で接していたと思うの。でも、今は…」

しずく「何か…一定のライン、みたいなものを感じる。壁を作られてる、言い換えてもいいかな」

しずく「騒動があるまでは違って、騒動が起きてからはそうなった」

しずく「…結論はひとつ、だよね?」

かすみ「!!!あっ…」

しずく「…やっぱり。そうなんだ」

かすみ「ち、違…」

しずく「…じゃあ、やっぱり最初からかすみさんに振り向いてもらおうなんて到底、無理なことだったんだ…」

153: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:45:49.73 ID:f6ABrYWQ
しずく「ははっ……私、バカみたい」

かすみ「ち、違う…しず子…私……」

しずく「あなたを…1人ぼっちにして、苦しめて…助けようともしなかった」

しずく「それは…嫌われて、当然だよね……」

しずく「ごめんなさい……かすみさん…ごめんなさい………」

オオリノオキャクサマハ…

ガチャッ

しずく「っ!」

154: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:49:32.34 ID:f6ABrYWQ
ダッ!

かすみ「あっ…しず子…待って……」

オキャクサマー?

かすみ「……はい、降ります」

かすみ(…私、しず子に全部見透かされてた……)

かすみ(私、しず子のこと…許せてなかった。どうして、一人にしたの?どうして私を助けてくれなかったの?そんな思いをずっと持ってた…)

155: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 01:51:56.41 ID:f6ABrYWQ
かすみ(ずっと考えないようにしてたけど、内心ではずっと、あの時のこと根に持ってたんだ……)

かすみ(だから、しず子は好きじゃない。しず子のことは好きじゃない…って心の中で強く思ってて……)

かすみ(あのイタズラだってしず子が嫌な思いするなんてわかってたのに…自分でも不思議だった。どうしてあんなこと…)

かすみ(…今ではわかる。その時の鬱憤をしず子に投げつけてスッキリしようとしてた…)

かすみ(私たち、友達じゃなかったの?って裏切られたような、そんな気持ちを引きずっていたんだ…)

かすみ(私……最低だ……しず子、ゴメン…傷つけて…本当にごめん…!)

161: 輝きたい名無しさん 2020/04/05(日) 10:52:54.80 ID:pQqPzQNm
そうきたか

170: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:09:13.23 ID:aM+/zq3y
翌日・放課後


あなた「…ねぇ、何があったの?かすみちゃんがあんなに塞ぎ込んでるの、初めて見たんだけど…」ボソッ


かすみ「」ドヨーン


あなた「これ、ただごとじゃないよね?しずくちゃんから欠席の連絡もないし…」


璃奈「………えぇと」


果林「う~ん…こればかりは言えないとしか言いようがないのよ…本当にごめんなさい」


果林「別に特別まずいことではないのよ。ただ、あなたには言えない…それで察して?」


歩夢「あっ…」


あなた「??」

171: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:15:40.01 ID:aM+/zq3y
果林「そもそも、私たちも背景は把握してても、事実関係までは把握してないし…」


愛「でも話、聞くしかないよねー。多分しずくからは無理だから…かすみんからかなぁ」


かすみ「………………」ズーン


せつ菜「と、とても話を聞ける状況に思えませんが…」


璃奈「らしくなさすぎ…璃奈ちゃんボード『😩』」


果林「とりあえず…私たちは話を聞くからあなたと歩夢は少し、外してもらえる?」


あなた「う~ん…なんか釈然としないけど…いいかな、ちょうど三船さんから呼び出し受けてたし」


あなた「歩夢ちゃんは?」

172: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:21:39.59 ID:aM+/zq3y
歩夢「それじゃあ、私はしずくちゃんを探してみるよ。私はしずくちゃんから聞くなら、いいですよね?」

果林「…えぇ。察しが早くて助かるわ…どうかお願い。彼方とエマも探してくれているわ…2人と協力してね」

歩夢「わかりました」

あなた「?????とりあえず、2人はお願いね!」

ガチャン

果林「…さて、と。改めて聞くわ…日曜日に何があったの?」

かすみ「……………でください…」ボソッ

愛「??声が小さくて聞こえない…」

173: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:27:38.85 ID:aM+/zq3y
かすみ「私は最低な女なんです…だから…構わないでください…」

璃奈「うん?どうしてかすみちゃんが最低なの?そんなこと、誰も思ってない」

かすみ「だって…私、しず子にあんなやつあたりみたいなことして…!」

かすみ「傷つけて、挙句の果てに…」

果林「ちょっと待って!話が見えないわ!!ゆっくり、順を追って説明して頂戴」

~間~

かすみ「…ということがあったんです。私が最低だってこと、理解してもらえました?」

全員「「「「……………………」」」」

174: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:34:18.34 ID:aM+/zq3y
果林(想像以上に、重い話だったわ…まさか、かすみちゃんがそんな気持ちを抱えていただなんて…)

愛(話を聞いてる限り、深層心理が働いて…っていう感じなんだろうけど…そりゃ、ショックも受けるかぁ…)

璃奈(私たちが同好会に入る前の話が原因じゃ…正直、どうしようもない。でも、ここに1人だけ介入できる人がいる…だけど)

チラッ

せつ菜「……………」ズーン

果林(…せつ菜にとってはきっと耳の痛い話でしょうね…)

愛(再結成前の経緯を考えると…せっつーにも責任の一端はあるよねぇ……)

璃奈(こんな状況で、せつ菜さんに何か言えっていうのは酷かも…)

果林(…しょうがない。ここは私が…)

せつ菜「………覚悟は、決まりました」

175: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:40:43.78 ID:aM+/zq3y
果林(想像以上に、重い話だったわ…まさか、かすみちゃんがそんな気持ちを抱えていただなんて…)

愛(話を聞いてる限り、深層心理が働いて…っていう感じなんだろうけど…そりゃ、ショックも受けるかぁ…)

璃奈(私たちが同好会に入る前の話が原因じゃ…正直、どうしようもない。でも、ここに1人だけ介入できる人がいる…だけど)

チラッ

せつ菜「……………」

果林(…せつ菜にとってはきっと耳の痛い話でしょうね…)

愛(再結成前の経緯を考えると…せっつーにも責任の一端はあるよねぇ……)

璃奈(こんな状況で、せつ菜さんに何か言えっていうのは酷かも…)

果林(…しょうがない。ここは私が…)

せつ菜「………覚悟は、決まりました」

176: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:46:17.24 ID:aM+/zq3y
果林「…えっ?」

愛「ちょっとせっつー!?いきなり何を…」

せつ菜「私は生徒会長の立場を使って廃部という無用なプレッシャーをかけ、かすみさんを追い詰めました」

せつ菜「あの頃の心の傷が今回のことを引き起こしたのであれば…その責任は私にあります」

せつ菜「かすみさん…どうか、しずくさんを許してあげてください。悪いのはこの私です…」

せつ菜「私の覚悟は出来ています。あなたが望むなら私は…スクールアイドルを辞める覚悟もあります」

果林「ちょっ…ちょっとせつ菜!?何を言ってるの!!そんなの誰も望んでいないわ!」

177: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 22:55:14.74 ID:aM+/zq3y
愛「そうだよせっつー!もう終わったことをとやかく言う必要は…」

せつ菜「止めないでください。これは…私なりのけじめでもあるんです」

せつ菜「あの時の私は皆さんとちゃんと向き合うのが怖くて、同好会から離れていました…」

せつ菜「またギクシャクするのを怖がって…こんな思いなんかしたくありません!!」

せつ菜「…今度こそ、同じ過ちは繰り返しません。かすみさんの気持ちとちゃんと向き合って…」

せつ菜「私はあの時の失敗を、取り返さないといけないんです!」

果林「せつ菜…」

178: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:00:19.30 ID:aM+/zq3y
せつ菜「何も、スクールアイドルを大好きな気持ちを伝えるための手段はスクールアイドルを続けるだけではない…」

せつ菜「私はそれも皆さんに教わりました…ですから、遠慮は要りません。かすみさんの好きにしてください」

璃奈「で、でも!それだと…」

かすみ「…ズルい…ズルいですよ……せつ菜先輩…!」ポロッ

せつ菜「…えっ?」

かすみ「そんなこと言われたらかすみん…また、自分のことを許せなくなっちゃうじゃないですかぁ…」ポロポロ

璃奈「かすみちゃん…泣いて…」

179: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:05:49.43 ID:aM+/zq3y
かすみ「…しず子は私のあの話をする前に怖いって言ってました…でも、怖いけど聞くって言ってた…」


かすみ「せつ菜先輩もスクールアイドルを辞めるのなんて絶対嫌なはずなのに…私のためにここまで言ってくれて……」


かすみ「これじゃ…自分の気持ちとすら向き合えずにみんなを傷つけたかすみんが本当にバカみたいじゃないですか…!」


せつ菜「…かすみさん……」


かすみ「私が許せないのは自分自身なんです…!自分勝手にしず子に告白して迷惑かけて…」


かすみ「挙句、自分の最低な部分をしず子に見抜かれた上傷つけて、泣かせて…何もできなくて…」


かすみ「せつ菜先輩にも辛い思いさせてこんなことまで言わせて…」


かすみ「そんな自分が許せなくて…情けなくて……!もう、どうしたらいいのかさっぱりわかんないよ…!」グスッ…グスッ…

180: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:10:03.67 ID:RtgZjyq2
3人「「「……………」」」


せつ菜「………かすみさん…あの」


??「…だったらもう一回、やり直せばいいんじゃないかな~?」


果林「………えっ、エマ!?な、なんでこんなところに…!それに、彼方もいるじゃない!」


彼方「やっほ~彼方ちゃんもいるよ~」


愛「一体どうして2人は戻ってきたのさ!?しずくはどうしたの?」

181: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:15:59.76 ID:aM+/zq3y
エマ「…えっとね、さっきしずくちゃんを見つけたの。講堂の舞台袖で」


璃奈「…!よ、よく見つけたね…」


彼方「いつものところにいなかったからね~演劇部関連かなーと思って探してたらビンゴ~」


果林「そうだったの…ということは、しずくは歩夢に任せてきたっていうこと?」


エマ「うん。歩夢ちゃんもしずくちゃんの話を聞きたがってたから…私たちはそれを伝えに部室に戻ってきたっていうことなの」


彼方「そうしたらかなり深刻そうなムードでお話しをしてたっていう感じだね~」


璃奈「…なるほど…璃奈ちゃんボード『🆗』」

182: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:23:07.67 ID:aM+/zq3y
愛「そ、それでやり直せばいいてどう言う…」


エマ「うん。私、思うんだけど…せつ菜ちゃんもかすみちゃんも…1人で背負いすぎっ!」


せつ菜「そ、そんなことはありません!だって…」


エマ「あるよ!だって、この話…悪いのは私たち最初の5人全員じゃない!」


かすせつ「「………えっ………」」


エマ「もちろん、2人にも原因はあるよ?でもね…私たちにも責任はあるよ」

183: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:35:50.48 ID:aM+/zq3y
彼方「確かにせつ菜ちゃんはかすみちゃんに必要ない重圧かけて、しずくちゃんを傷つける要因の1つを作って…」

彼方「そして、かすみちゃんはしずくちゃんの好意を裏切る告白をしてしまった…その事実はある…でもね」

彼方「私たちがもっとちゃんと不在の理由を伝えておけばこんなことにもならなかったと思うんだよ」

かすみ「…………」

彼方「しずくちゃんが言ってたんでしょ?1人にしたことを恨んでるんじゃないかって」

彼方「かすみちゃんがより追い込まれた原因に、自分1人だけになってしまったという誤解もあるんだとしたら…それは」

彼方「私たちに責任がないという方がおかしいよね~」

184: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:42:16.55 ID:aM+/zq3y
せつ菜「そ、それは違いますっ!だって、お二人には避けられない理由があったじゃないですか!?」

エマ「ううん。それは違うよせつ菜ちゃん。それでも私たちはちゃんとかすみちゃんに事情を話しておかなきゃならなかったよ」

エマ「手紙とかじゃなく直接ね。それをしなかったんだもん…それはもちろん」

エマ「私たちも悪いってことになるよね。…そして、それはしずくちゃんも同じじゃないかな?」

せつかす「「!!!」」

彼方「つまり、この話は全員悪いが妥当な結論だと思う~」

せつ菜「ちっ、違います!!これは言いだしっぺで部長の私が…」

彼方「せつ菜ちゃん。私はそれ、好きじゃないなー。」

185: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:46:29.75 ID:aM+/zq3y
せつ菜「えっ…」

彼方「責任云々言うんだったら年長の3年生の責任が大きいのが普通じゃないかな?」

彼方「せつ菜ちゃんが負い目を感じてるのはわかるけど、全部自分で背負われる方が彼方ちゃんは嫌だな~」

彼方「そんなに私たち頼りないかなってなっちゃうよ…」オヨヨ・・・

せつ菜「………し、しかし…」

エマ「えっと…しかしもかかしもない!だっけ?それはもう終わったことだし前を向かないとダメ!!」

エマ「それより大事なのは…さっき言ったけど。やり直すことだと思う!」

186: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:53:07.25 ID:aM+/zq3y
かすみ「やり直す…ですか?」

彼方「うん。そもそも彼方ちゃんたち、最初からの付き合いなのにそこまで仲良くなかった~」

せつ菜「…!!」

エマ「…きっとみんな心の中に負い目があって、心から打ち解けることが出来てなかったんだと思う」

エマ「だから、この際全部チャラにしてもう1回、いちからやり直してみるのがいいんじゃないかなって!」

かすみ「で、でも…かすみんしず子とどう向き合えば…」

エマ「それはまた別の問題。それとは別にまずはこの問題を解決してしまう方を優先しよう!」

彼方「彼方ちゃんとしては、この問題にも責任を感じてるしもう一度やり直したい気持ちでいるけど…みんなはどう?」

187: 輝きたい名無しさん 2020/04/08(水) 23:59:25.18 ID:aM+/zq3y
エマ「私はもちろんYES!このままギクシャクが残ったままなんて嫌だもん!!仲直りして、もう一度、やり直そう?」

せつ菜「……私は正直、こんなにして頂いていいのかとても疑問に思ってます。…でも…!」

せつ菜「私は同好会を辞めたくないです…そして、またみなさんと仲良くなりたいです!!」

せつ菜「みなさんが良ければぜひ、やり直させてください!!」

かすみ「せつ菜先輩…かすみん、かすみんもやり直したいです!!もう一度、仲良くなるために!!」

エマ「…決まりだね。じゃあ、今度はすれ違わないようにしっかり話をして気持ちをすり合わせよう!」

彼方「しずくちゃんと話せたら、改めて再始動しよ~。それが私たちの再スタートになる~」

彼方「最初の立ち上げメンバーは特別だってμ'sのみんなもAqoursのみんなも言ってた。私たちもそんな、特別な関係になれるように頑張ろ~」

4人「「「「お~」」」」

188: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:06:08.67 ID:e40Y3XXo
果林「…ぐすっ…綺麗にまとまって良かったわね!」


愛「これが友情だね!まぁ本解決はしずくが戻ってこないとできないけど…」


璃奈「とりあえずそれはおいておこうよ愛さん。とりあえず、蟠りがなくなったことのほうを喜ぼう」


璃奈「璃奈ちゃんボード『🙌』」


グスッ スンッ グスッ


愛「………ん?もしかして…これは?」


璃奈「?愛さん、どうかした?」


愛「…りなりー。ちょっと、耳貸して」ゴニョゴニョ

189: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:15:00.36 ID:e40Y3XXo
璃奈「…なるほど。了解、多分それがベストだね。私も協力する」

愛「よっしゃ。じゃ、作戦開始と行きますか!」

璃奈「ところでかすみちゃん」

かすみ「…?どうしたのりな子」

璃奈「この後どうするの?」

かすみ「この後?」

璃奈「しずくちゃんに対する返事もそうだけど…部長さんにいつ告白するのかとか」

ガタッ

かすみ「なっ…な何言ってるのりな子!?」

190: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:17:40.56 ID:e40Y3XXo
愛「いや~決して遠くない日にやることでしょ?作戦くらいは練って損はないんじゃないかな~?」

かすみ「いやいやいや、そんなことよりまずしず子を最優先にしなくちゃ」

愛「…それもそっか」

かすみ(えっ…?そんなことで引き下がるの?)

璃奈「それよりも…返事はどうするの?」

かすみ「…そうは言うけど…返事はしちゃったようなものだし…」

愛「ううん。それは違うんじゃない?かすみん」

愛「かすみん、言ったよね。しずくへの気持ちを否定するために、一生懸命自分の中でぶちょーが好きだって言い聞かせてたって」

191: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:21:11.42 ID:e40Y3XXo
かすみ「は、はい…」

愛「でも、今はそれはないよね。あの時のしこりはみんなが取ってくれた」

愛「だったら、今ならわかるんじゃない?かすみんの、本当の気持ちが」

かすみ「………」

愛「と、いうよりさ。わかりやすく、はっきりさせるべきだと思うんだよね!」

かすみ「はい?」

せつな「????」

愛「カリン!悪いんだけどアタシが扉を開けたら逆側のドアから出て、道をふさいでもらえる?」コソッ

192: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:24:58.97 ID:e40Y3XXo
果林「え、えぇ…いいけど……何をするの?」

愛「まーまー見ててって!」

ガチャッ!

愛「そこにいるのはわかってるよ!!」

愛「観念して出てきて…ぶちょー!」

あなた「あっ!し、しまった!!」

せつ菜「えっ、本当ですか?!」

かすみ「なっ…せ、先輩!?先輩がそこにいるんですか!?」

193: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:27:39.73 ID:e40Y3XXo
あなた「ま、まずい…逃げなきゃ…!」

タッタッタッタ

ボヨンッ

果林「はいストップ。捕まえたわよ?」

ギュムッ

あなた「…か、果林さんく、苦しいです…でも、柔らか…」モガモガ

かすみ「むっ…!と、とにかく離れてください!先輩は事情聴取ですよ!!」

あなた「あ、あぁ……」アワワワ

194: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:32:04.00 ID:e40Y3XXo
あなた「…ということで、本当にさっき来たばかりなんだ。話の内容の大半は聴いてないよ!」

あなた「その、4人が仲直りする件とさっきのは聞いちゃったけど…」

彼方「はぇ~…そうだったんだ~彼方ちゃん、全然気付かなかったよ~」

せつ菜「私も全然気づきませんでした!!」

かすみ「それで…その、かすみんのアレについては…」

あなた「え、えぇと…しょ、正直距離が離れてたからそれは~」ゴニョゴニョ

璃奈「聞こえてたよね。だって、私たち敢えて聞こえるように喋ってたし」

あなた「ぐぬぅ……」

195: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:34:54.28 ID:e40Y3XXo
かすみ「って!急に話題振ってきたから何かと思ったらあれわざとなの?!」

璃奈「うん。この際だし、聞かれたらしょうがないって思ったから」

かすみ「ぬぬぬ…りな子め……」

愛「で、かすみん。愛さんはこの際だから勢いのまま告っちゃえばいいって思うんだけど…どう?」

かすみ「えっ!?」

愛「だってこの際だしいいじゃん。バレちゃったんだし、告白する以外の選択肢なくない?」

かすみ「誘導したの愛先輩とりな子ですよねぇ!?」

璃奈「うん。でも謝るつもりはない…私たちはこれがベストと判断した」

196: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:41:06.33 ID:e40Y3XXo
果林「私も愛と璃奈ちゃんに賛成。ここまで来たら女でしょ?一発かましてきなさい♪」カタポンッ

かすみ「か、果林先輩まで~」

せつ菜「あ、あの!私がこういうのはあまり良くないと思うんですが…かすみさん、頑張って!!」

エマ「ここまで来たら後は勇気だよっ!頑張ってかすみちゃん!!」

彼方「頑張って~とりあえず彼方ちゃんは頑張りすぎたのですやぴ」

かすみ「せつ菜先輩たちまで………」

あなた「あ、あのねかすみちゃん…私…」

かすみ「……………………………………」

かすみ(…なんだか、すごく久しぶりに頭がスッキリしてる…今なら自分の本当の気持ちが、わかるような気がする)

かすみ「…先輩、私…先輩のことが…!」

197: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:44:25.08 ID:e40Y3XXo
講堂

しずく「…歩夢さん。私、これからどうすればいいんでしょう……?」グスッグスッ

しずく「かすみさんに嫌われて、同好会に居づらくなって…私、もうどうしたらいいか…」

歩夢「しずくちゃん…あのね、私はかすみちゃんはそんな子じゃないと思うの」

歩夢「だから…」

バタンッ!

エマ「しずくちゃん!!」

しずく「え…エマさん?それに、彼方さんにせつ菜さんまで…ど、どうしてここに…」

せつ菜「…日曜日にあったことは全て、かすみさんから聞きました」

198: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:49:04.53 ID:e40Y3XXo
しずく「!!」

エマ「まず最初に謝らせて欲しいの。しずくちゃん、本当にごめんね」

エマ「しずくちゃんがそんなにかすみちゃんのことを気に病んでたなんて知らなかった…」

エマ「私たちがもっとしっかりしていれば、こんなことにはならなかったかもしれない…」

エマ「本当にごめんなさい!」

しずく「あ、謝らないでください!ここまで事を拗らせたのは私です!!」

しずく「こちらこそ本当にごめんなさい!!」

彼方「うんうん。これで双方謝罪は済ませたし、こっちはこれでOKかな」

199: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:53:51.32 ID:e40Y3XXo
せつ菜「私たち、かすみさんも含めてですが…決めたことがあるんです」

せつ菜「しずくさん、私たち5人…また、やり直しませんか?」

しずく「やり直す?」

せつ菜「はい。私たち5人は色々な行き違いや、負い目の存在から素直な気持ちでお話が出来ていませんでした…」

エマ「この出来事だって発端は小さな相談をしなかったり、コミュニケーションを取らなかったことが原因…だから」

彼方「もう一度ゼロから関係を作り直して、今度こそ仲良しチームを作り上げようという作戦なんだ~」

しずく「…いいんですか?私…」

せつ菜「いいも何も、また作り直せばいいだけなんです。それは…彼女も望んでいることですから」

??「しず子!」

しずく「か、かすみさん!?ど、どうして…」

200: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 00:55:40.74 ID:e40Y3XXo
かすみ「しず子!聞いて!!私、しず子と…みんなとやり直したい!」

しずく「!」

かすみ「私、バカだった…しず子のこと、いっぱい傷つけて…虫のいい話だってわかってる。でも!」

かすみ「しず子といつまでもギクシャクしたままなんて嫌!だから…!」

しずく「かすみさん…うん!私も、かすみさんと、みなさんとやり直したい!!」

せつ菜「しずくさん…はい!これからもっと仲良くなれるように頑張りましょう!!」

果林「うんうん。ハッピーエンドね」

愛「まぁ、まだ第一段階みたいなところあるけどねー」

しずく「…第一段階?どういうことですか?」

璃奈「…しずくちゃん、大事なこと忘れてる。かすみちゃんからまだ返事もらってないでしょ?」

201: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:00:46.98 ID:e40Y3XXo
しずく「…あっ……」

かすみ「……………………」

せつ菜「…かすみさん……」

しずく「そ、それはいいよ…だって、もう答えは聞いたようなものだし…」

璃奈「ううん。かすみちゃんは聞いた感じ告白はウソだったとしか言ってない」

璃奈「それは答えじゃない。改めて、ちゃんと答えてもらうべき」

しずく「……それでも、いいよ。だって、私それだけで満足だから」

202: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:02:59.76 ID:e40Y3XXo
璃奈「えっ……」

しずく「私はね。かすみさんともう一度こうやってやり直せる…それだけで…」

かすみ「……………それ…」

しずく「…どうかした?かすみさん」

かすみ「何それ。それで満足って…それで本当にいいの!?」

かすみ「しず子のかすみんを好きって気持ちはそんなもので済まされちゃうものなの!?」

しずく「…かすみさん…でも、私は…」

かすみ「…もういい。返事だけで済ませるつもりだったけど…しず子がそう言うならこっちにも考えがある!」

203: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:04:24.65 ID:e40Y3XXo
しずく「か、かすみさん…一体何を」

かすみ「いい!?しず子!1回しか言わないから…絶対に聞き逃さないで!」

しずく「は、はい…」

かすみ「私は…しず子のことが、しずくのことが好き!私と…付き合ってください!!」

しずく「え………えっ?」

かすみ「…何、かすみん何かおかしなことでも言った?」

しずく「…そっか。何だ、また冗談?2回目はちょっと私もどうかと…」

グイッ

かすみ「…これが冗談を言ってるような顔に見えるの?」

204: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:04:24.71 ID:e40Y3XXo
しずく「か、かすみさん…一体何を」

かすみ「いい!?しず子!1回しか言わないから…絶対に聞き逃さないで!」

しずく「は、はい…」

かすみ「私は…しず子のことが、しずくのことが好き!私と…付き合ってください!!」

しずく「え………えっ?」

かすみ「…何、かすみん何かおかしなことでも言った?」

しずく「…そっか。何だ、また冗談?2回目はちょっと私もどうかと…」

グイッ

かすみ「…これが冗談を言ってるような顔に見えるの?」

205: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:05:29.23 ID:AlMTldRU
やったぜ。

206: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:05:45.64 ID:/35egzeh
2回言ってて大草原

207: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:09:52.17 ID:e40Y3XXo
かすみ「…これが冗談を言ってるような顔に見えるの?」

しずく「………ど、どうして…かすみさんは先輩のことが好きだったんじゃ…」

かすみ「…確かに好きだったよ。でも、さっき…かすみん、先輩に告白したの」

しずく「!!?」

かすみ「まぁ、愛先輩とりな子にさせられたみたいなものだけど…」

愛「えへへ…」

璃奈「璃奈ちゃんボード『👍』

かすみ「それで…断られた。好きな人がいて、その人の方が大事だからって」

しずく「そ、そうなんだ…」

かすみ「…勘違いしないで欲しいんだけど。フラれたからしず子に告白してるってことじゃないから」

208: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:11:21.40 ID:e40Y3XXo
しずく「………えっ?」

かすみ「先輩に告白して、私やっと気づいた。先輩も好きだったけど…私が本当に好きなのはしず子の方なんだって」

かすみ「しず子、言ってくれたよね。どんな時でも一緒にいて、かすみんを寂しくしないようにしてくれるって」

かすみ「私、それが嬉しかった。それで、私…しず子のことを好きになったんだと思う」

かすみ「今思えば、だけどね」

しずく「で、でも…」

209: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:12:30.42 ID:e40Y3XXo
かすみ「それでも信じれない?だったら…」

チュッ

しずく「!!!」

かすみ「…ちなみに、これはかすみんのファーストキスですから。返品は受け付けませんよっ」プイッ

しずく「か、かすみさん……う、うぅ…かすみさ~ん!」ウワァーン

ダキッ!

しずく「私、私もかすみさんのことが好きぃ…!」

かすみ「…うん。私も好きだよ…しずく…」

210: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:14:35.63 ID:e40Y3XXo
せつ菜「うぅ…お二人が結ばれて本当に良かったですぅ…」

果林「…えぇ、本当にそうね」

エマ「とってもエモエモで嬉しみが深くて草だよー」

彼方「エマちゃんなんかそれ、言葉の使い方間違ってない?」

愛「やっぱりこういう話の終わりはハッピーエンドじゃなきゃ!ね?りなりー?」

璃奈「正直親友の二人の思いが通じ合って感無量…璃奈ちゃんボード「(つд⊂)」」

彼方「璃奈ちゃんも良かったね~」ナデナデ

エマ「璃奈ちゃんも頑張ったね~」ナデナデ

211: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:19:06.48 ID:e40Y3XXo
愛「…むっ。りなりーを可愛がるのは愛さんの役なのに…」

果林「…そういえば…歩夢はどうしたの?」

果林「さっき、声をかけていたのが見えたけど…」

愛「えっと…それはね。ぶちょーに頼まれたんだ!」

果林「あの子に?」

愛「うん!多分今頃…」

212: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:20:02.23 ID:e40Y3XXo
ガチャッ

歩夢「あの…あなた。来たよ」

歩夢「話があるって…その」

あなた「…ねぇ、歩夢ちゃん。私ね。かすみちゃんに告白されたんだ」

歩夢「!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ビビクンッ!

歩夢「そ、そうなんだ…それで、その…付き合うことにしたの?」

あなた「ううん。断ったよ」

213: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:20:59.78 ID:e40Y3XXo
歩夢「…!」パァッ・・・

あなた「私、好きな人がいるんだって。そう言って、断らせてもらったの」

歩夢「そ、そうなんだ…」シュン

あなた「私がそう言ったら…かすみちゃん泣いてた」

歩夢「…そう、だよね。私にもその気持ち、なんとなくわかる気がするよ」

あなた「私、どうしたらいいかわからなくて…そんな時、かすみちゃんがね…言ったの」

あなた「歩夢ちゃんはかすみちゃんが…なんて言ったと思う?」

歩夢「…ごめん、わからないかな」

あなた「…涙が出て嬉しい、私はちゃんと先輩のことが好きだった…それがわかって嬉しいんだって」

214: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:22:57.13 ID:e40Y3XXo
歩夢「…かすみちゃん…」

あなた「…すごいよね。告白を断られたばかりなのに、そんなこと言えちゃうなんて」

あなた「しかも、先輩のことが好きで良かったです。ありがとうございました!なんて言われちゃった」

あなた「…ホント、かなわないよね」

歩夢「…強いね。かすみちゃんは」

あなた「…うん。本当に、そう思うよ…おかげで……」

あなた「私も、勇気を出さないとって思わされちゃったもん」

歩夢「………えっ」

あなた「…歩夢ちゃん。私ね…歩夢ちゃんに伝えたいことがあるんだ」

あなた「聞いてくれる…?」

215: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:25:11.14 ID:e40Y3XXo
エピローグ

かすみ「…ごちそう様でした。しず子、お弁当美味しかったよ!!」

しずく「お粗末さまでした。かすみさんのコッペパンサンドイッチもとっても美味しかったよ?」フフッ

かすみ(あの日から数週間が過ぎ、いい思い出にならなかった初デートをやり直すべく私たちはデートに来ていた)

かすみ(ちょうど、今はこの日のためにお互いのために作り合ってきたお弁当を食べ終わったところで…)

かすみ「ふぅ…お腹いっぱい。お腹いっぱいになったら何か眠くなってきたかも…」

しずく「…もう。かすみさんったら彼方さんみたいなこと言って…」

217: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:27:16.22 ID:e40Y3XXo
かすみ「だっていい天気だし、暖かいし…こんな状況下で眠くなるなっていう方が無理だよ~」

しずく「この後は公園の敷地内でやるフリマに行くんじゃなかったの?」

かすみ「果林先輩のオススメだからいい店も出店してるんだろうけど~今はむりぃ…」

しずく「まったくもう…少しだけだからね…」

かすみ「やった!しず子…膝枕して!!」ゴロンッ

しずく「はいはい。かすみさんったら、甘えんぼさんなんだから」

かすみ「………………」

しずく「………‥……」

かすみ「何だか、幸せだねぇ…」

219: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:29:41.02 ID:e40Y3XXo
しずく「…かすみさん。何だかおばあさんみたい」クスクス

かすみ「むぅ…15歳の女の子に何てこと言うのしず子!」

しずく「ふふっ…ごめんなさい。だって、しみじみしながら言うんだもん」

かすみ「だって実際いろいろあったじゃん?今となってはいい思い出だけど」

しずく「…そうだね。あの後すぐに先輩が歩夢さんに告白したって聞いた時、びっくりしなかった?」

かすみ「そりゃしたよ~私が告白して散ったばかりなのにさーって」

しずく「でも、感謝されてそんな悪い気もしなかった。と…」

かすみ「…そりゃ、かすみんのおかげで勇気が出たーとか歩夢ちゃんと付き合えるのはかすみんのおかげって言われたら…ねぇ」

かすみ「元々、好きな人だったわけだし」

221: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:31:37.69 ID:e40Y3XXo
しずく「…………………」

かすみ「おっ。しず子ってば…先輩に妬いてる?」ン?

しずく「…うん。そうだよ…先輩が羨ましいな」

かすみ「…そこは嘘でも『や、妬いていませんっ!』とか言ってくれないと弄りがいがないんだけど」

しずく「事実だしね。かすみさんは私のものだーって、私思ってるから」

かすみ「…ホント、よく恥ずかしいセリフを臆面もなくポンポン言えちゃうよねしず子は…」

しずく「演劇で慣れてるから…かな?私からすれば本音をただ漏らししてるだけなんだけど…」

かすみ「…まったくもう。こっちの気持ちにもなってよ…」

かすみ「こんな歯の浮くようなセリフを他の子に言ってないか、心配してるこっちの身にも」

222: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:32:36.76 ID:e40Y3XXo
しずく「言わないよそんなこと…それに、心配してるのはこっちも同じだよ?」

しずく「かすみさんはとっても可愛いから…他の誰かが言い寄ってこないいっつも心配で…」

かすみ「ふっふ~ん!かすみんはぁ…宇宙一カワイイスクールアイドルだからぁ…それは当然かなっ☆」ブリッコ

しずく「あっ、なんか久しぶりだね。そのぶりっ子スタイル」

かすみ「ぶりっ子じゃあーりーまーせーんー!アイドルモードですぅ~!」

しずく「はいはい可愛い可愛い」ナデナデ

かすみ「撫で方も誤魔化し方も雑すぎ!!」

しずく「ふふっ…ねえかすみさん」

かすみ「何?しず子」

しずく「私たち、これから先もずっと一緒だよね?」

223: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:34:09.96 ID:e40Y3XXo
かすみ「…何?しず子はかすみんのことを手放す気があったりするの?」

しずく「そんなのないよ。…でも、かすみさんはどう考えてるのかなって」

かすみ「う~ん…っていうか、しず子がそれ聞くの?」

しずく「うん。私だから聞くんだよ」

かすみ「…一生側にいてくれるんでしょ?」

しずく「うん」

かすみ「だったら、答えは一つじゃん」

しずく「うん。それを言って欲しくて今聞いてるんだよ?かすみさん」ニコニコ

かすみ「…はぁ。想像以上にめんどくさいよねしず子って…」

224: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:35:15.13 ID:e40Y3XXo
しずく「オフィーリアにまで嫉妬するかすみさんに言われたくないなぁ」

かすみ「そっ、そのことは忘れてってば!」

かすみ「はぁ…私も、しず子と一生一緒にいたい」

かすみ「大好きなしず子と一緒に歳をとって、しわくちゃのお婆ちゃんになってもずっと大好き同士でいたい…」

かすみ「いつか、死が私たちを引き裂いても…ずっとしず子のことを好きでいるよ」

かすみ「だから、安心していいよ。しず子?私も…しず子のこと、大好きだから」

しずく「…///////」

かすみ「な、何照れてるのしず子!?さっきのあれの方が…って、なんか周りから見られてる?!」

|c||^.-^|| メノ^ノ。^リ

225: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:36:44.35 ID:e40Y3XXo
しずく「…ホントかすみさんったら予想の斜め上をくるんだから…!////」

かすみ「あぁもう!私もなんか恥ずかしいこと言ってたような気がしてきた!!!」

かすみ「恥ずかしいからもう行こう!!しず子!!」バッ!

しずく「あっ…う、うん!」

かすみ「ねぇ、しず子…」

しずく「どうしたの?かすみさん?」

ギュッ

かすみ「これからもずっと…よろしくね?」

しずく「…うん!」

226: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:39:52.78 ID:e40Y3XXo
終わり
あまりにも長すぎて反省しきり
読んでくれた人ありがとうございました

227: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:41:02.55 ID:kje4eTnD
ぶっぶとメノノリこっちみんな

228: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:48:21.64 ID:vr2f1LZb

気持ちよく寝られそうだ

230: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 01:54:50.94 ID:5dfMLMwv
乙、よかった

232: 輝きたい名無しさん 2020/04/09(木) 02:41:32.69 ID:cGU9UQwT

しずかす興味なかったけど好きになれたわ

引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1585667391/










注目記事
関連記事
2020/04/09 17:00 | SS | コメント(2)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2020/04/10(金) 00:01:40
  2. しずかす良きかな

  3. 名無しライバーさん:2020/04/10(金) 03:59:07
  4. しずかすあなぽむ最高ぞ

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
くだらねえと呟いて覚めたツラして歩いてそうなラブライブ!キャラ May 27, 2020
足●キお願いしたら嫌そうにしてくれそうな女の子【ラブライブ!】 May 27, 2020
ラブライブ!の細かすぎて人に伝わらない好きなところ May 27, 2020
ジョジョのスタンドの名前になっても違和感の無いラブライブ!曲 May 26, 2020
スクスタイベントのダイヤ果南ってさあ……【ラブライブ!】 May 26, 2020
今月追加のスクスタ15章で三船栞子が加入するという風潮【ラブライブ!】 May 26, 2020
動画『虹ヶ咲 First Live with You ダイジェスト』の外人ニキのコメントを翻訳する【ラブライブ!】 May 26, 2020
産まれたばかりのせつ菜「オギャア!!!!!!!!!!オギャア!!!!!!!!!!オギャア!!!!!!!!!!!!」【ラブライブ!虹ヶ咲】 May 26, 2020
μ';s劇場版の作画ってやっぱ綺麗だね【ラブライブ!】 May 26, 2020
【SS】しずく「海未さん、花丸ちゃん、中華街へ案内します」【ラブライブ!スクスタ】 May 26, 2020
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
アクセスランキング
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 スクスタ ラブライブ!サンシャイン!! 高海千歌 逢田梨香子 津島善子 ライブ 渡辺曜 黒澤ダイヤ ラブライブ! 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 小原鞠莉 国木田花丸 小林愛香 伊波杏樹 絢瀬絵里 鈴木愛奈 Saint_Snow 斉藤朱夏 ラブライバー 園田海未 小宮有紗 矢澤にこ 高坂穂乃果 上原歩夢 南ことり スクフェス 星空凛 楠木ともり グッズ 諏訪ななか 動画 優木せつ菜 中須かすみ 小泉花陽 高槻かなこ 西木野真姫 降幡愛 桜坂しずく 鹿角聖良 東條希 天王寺璃奈 管理人の戯言 エマ・ヴェルデ 朝香果林 宮下愛 鹿角理亞 大西亜玖璃 声優 近江彼方 新田恵海 スクスタ毎日劇場 内田彩 前田佳織里 三森すずこ 鬼頭明里 あなたちゃん 相良茉優 ハロー!!!ラブライブ! 三船栞子 グラブル アニメ 南條愛乃 楠田亜衣奈 ぷちぐるラブライブ! ラジオ 徳井青空 久保田未夢 渡辺月 飯田里穂 田野アサミ 田中ちえ美 浦ラジ 久保ユリカ Pile ニュース 指出毬亜 スクフェスAC 村上奈津実 佐藤日向 ニジガク A-RISE 高咲侑 絢瀬亜里沙 佐倉綾音 高海美渡 高坂雪穂 高海志満 ニコ生 生放送 荻野由佳 唐可可 鞠莉ママ 綺羅ツバサ 千歌ママ 雨宮天 平安名すみれ 澁谷かのん 水樹奈々 近江遥 エマ 本田圭佑 Shadowverse 指出毱亜 黒沢ともよ 芹澤優 漫画 水瀬いのり ことりママ 中川奈々 ゲーム 統堂英玲奈 櫻川めぐ 矢澤こころ 優木あんじゅ オフィーリア 畑亜貴 スクパラ 大橋歩夕 川本美里 ぽきもそ しいたけ 桜咲しずく 金元寿子 Aqours_LOCKS! 松永真穂 お盆 東山奈央 スクコレ 山本希望 葉月恋 LOCKS! 芸能 いつき 善子母 理事長 ことり母 



アクセスランキング