当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】善子「見果てぬ夢」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】善子「見果てぬ夢」【ラブライブ!サンシャイン!!】

hmI7tnC.jpg






1: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:19:17.84 ID:riupSpq1
夕暮れ時の生徒会室

誰もいない、誰も来ない時間

ダイヤ「やっ……待っ」

ダイヤ「んっ」

優しく、唇を触れさせる

拒絶するような言葉を吐く口は、

触れ合わせた唇までは拒まずに、受け入れてくれる

ダイヤ「っふ……っ」

見る見るうちに赤らんでいく頬

熱っぽく潤んでいく瞳

私を見てくれていたそれはゆっくりと逸れていく

ダイヤ「ま、まだ生徒会の仕事がありますから……」

そんなの明日でも出来るでしょ

そう言うと、それはそうですが。と、困った反応が返ってくる

迷いを悟らせるような視線の躊躇い

それがどこか愛らしくて、思わず苦笑する

2: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:22:03.84 ID:RodI9eOt
no title

3: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:23:49.48 ID:riupSpq1
明日でもできるけど、明日は明日の仕事がある

生真面目な生徒会長、黒澤ダイヤはスケジュール通りよりも

ある程度先んじて行って余裕を持たせておきたいらしい

でも、ダメ

ダイヤ「んっ……んんっ」

もう一度、キスをする

開くたびに妖艶さを増して、惑わしてくる唇

一回目よりも広く、深く

ダイヤ「っ……んくっ」

このままいけば舌が触れ合う、舌を絡めあうことさえもできる

そんな距離感

開いていたダイヤの瞳が、きゅっと閉じる

苦しさのない眠るような表情

ダイヤ「っは……ぁ、んっ」

つぅ……っと、名残惜しく繋がった糸が断ち切れる

はっ、はっ、はっ

熱を感じる吐息をこぼしながらこくりと喉を慣らす生徒会長

生徒の代表としての凛々しさを損なって、卑猥ささえ感じる仕草

トクン……と、下腹部の女としての心臓が高鳴る

4: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:27:18.17 ID:riupSpq1
ダイヤ「……はっ……はぁっ」

火照りを感じるダイヤの目は私を見ることも

机の上に広がる確認待ちの申請書等を見ることもなく、逸れている

二度のキスは、間髪入れず

でも、三度目は時間を置く

緩急があるようでない、気まぐれの煽りにダイヤの体は酷く弱い

ダイヤ「………」

逡巡するように、数回の瞬き

机の上に置いていた手を胸元に宛がう心の確認

そして、ゆっくりと私を見上げる大きな翡翠の輝き

ダイヤ「……続きは、しないんですの?」

自分の言葉を理解している羞恥心

求めてしまったと、ちょっぴり困ってきゅっと結ばれた唇

見据えて、三度目のキス

緊張に乾いた唇同士を重ね合わせて、離れ、一息

その熱が霧散するよりも早くもう一度重ねて、開く

ダイヤ「っ……ん……」

ねっとりとした淫靡な肉感が、絡みつく

繋がる唇に引き摺られるように、体の距離まで縮まって――

5: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:37:35.12 ID:riupSpq1
―津島家―


善子「っ……またか」

ぴきぴきと痛む額に手の甲を乗せて、深いため息

べっとりと体に張り付くインナーの不快感

身体の熱のせいか、ひんやりと空気に触れて、隣を見る

チッチッチッチッ....

目まぐるしく動く秒針に目を向け、役に立たなかったタイマーを切る

善子「学校ダルい……」

閉じて、開いて、閉じて閉じて

閉じ切ってしまえそうな瞼の重さ

意識的に固く目を閉じて、手探りでスマホを掴む

善子「はぁ……」

小さくあくび、そしてため息

スッスッと画面を撫でて、目的の画面を開く

善子「……知り合い、同性、キス」

あやふやになっていく夢の記憶をとっ捕まえて

検索ワードを打ち込む

別に信じているわけではないけれど

何となく、気になった

6: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:47:43.90 ID:riupSpq1
善子「へぇ、色々あるのね」

検索結果の多さ

そこから開いたページに乗る条件分岐

意味と選択肢の多さにうさん臭さを感じて閉じるか迷う

でも、好奇心はまだ強い

好きな人……は、違う。

知らない人? 違う。

異性、元彼氏、元彼女、家族……

無関係なワードの端々を流し見ながら、目的の場所にたどり着く

善子「恋愛がうまくいかない不安?」

善子「いやいやいや、ないないない」

善子「はぁ、くっだらな」

枕元にスマホを落として、体から布団を引きはがす

まったくもって清々しさのない目覚め

今日は体調不良にでもしようか。

そう考えたところで浮かぶのは、件の人のさぼりを咎める声

善子「……はぁ」

尽きないため息を吐きながらも寝るわけにもいかないと、

とりあえず、不幸な忘れ物がないように準備をする

10: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 21:59:35.47 ID:ZBXnNVER
巨ダイヤさんでまず草

11: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:00:33.35 ID:riupSpq1
ダイヤのことを知ったのは生徒会長のあいさつ―選挙はなかった―が一番最初

そこで何がどうあったわけでもなく、

それ以降特別何かがあったわけでもなく

気付けば同じ部活の仲間として、活動していた……という程度のはずだった

いや、そうだった

約一ヶ月ほど前、どこかの金持ちがこんなことを言うまでは。

鞠莉「ねぇ、ダイヤと善子って仲が悪いの?」

ダイヤの妹であるルビィとの関わりは多くても、

姉であるダイヤとの関わりはめったになかったからかもしれない

わたしはすぐに否定出来なかったし、

ダイヤは答えに迷うというよりも困っているようだった

向こうにとっては仲が良い悪い。

それ以前だったのだと、その時は思った

思わぬ沈黙に「oh……」と漏らす鞠莉と

ダイヤさんってちょっと怖いもんね。と、華麗な三振を披露する代打のようなことを言う千歌

勝手にざわめき立つ周囲をよそに、私たちの視線は重なって、磁石みたいに弾けた

12: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:15:38.27 ID:riupSpq1
そんなこともあってか、私たちの関係の希薄さ……?

ううん、細さは露骨になって

二人きりになるとぼっちの休み時間のようにお互いを寄せ付けず、

誰かがいるときはそっちにばかり気を向ける

正直、一周回って意識しすぎてた

花丸「喧嘩したカップルみたい」

などと、幼稚園が同じだった寺の娘が悪態をつくのも無理はなかったと思う

そのカップルみたい。という発言が、悪かった

……の、かもしれない

ないないない。

そう否定はしつつも、恋愛には興味のある私

自分が男だったら、ダイヤが男だったら

それを考えてしまうくらいの好奇心は持っていたから。

だから、目で追うことが増えた

だから、目が合ってから逸らすことが増えた

だから、目が合ってしまった気恥ずかしさに熱くなることが多かった

13: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:22:45.99 ID:riupSpq1
善子「あーもう!」

バンッっとノートを力強く机に叩きつけて、頭を振る

忘れようとしたことを、思い出してきた

こうなると、少なくとも半日はダイヤと会いたくなくなる

善子「なんなのよ、ほんと」

頼りにならない夢診断

今日の星座は、12位

今日の血液型は、4位

今日の誕生月は、12位

余計なことを考えるのが嫌になって

いつもよりも早く、家を出る

机に叩きつけたノートが提出物だと気づいたのは

バスに乗ってからだった

14: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:31:59.06 ID:riupSpq1
―浦の星女学院―


いつも、多くの浦女生徒がいる生徒玄関も

登校時間の約一時間前ともなれば、閑散としているもので……

カタンッ

数棚離れた場所の履き替えた音ですら、良く聞こえる

善子「誰?」

こんな時間に誰が来てるのか。

そんな軽率な動きをしたことを、すぐに後悔した

ダイヤ「……あっ」

善子「えっ」

ダイヤ「っ……」

善子「………」

生徒会長。

いや、生徒会長だとしても、早すぎではないだろうか

無駄に冷静に考えこもうとする頭の一方で、

視界の端で、目を逸らしたダイヤの手が動く

15: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:39:46.26 ID:riupSpq1
ダイヤ「は、早い……ですわね」

善子「え?」

ダイヤ「…………」

善子「あ……う、うん」

ダイヤ「……」

善子「えっと、そっちも、早い……けど」

ダイヤ「そ、そうですわね」

善子「……」

ダイヤ「………」

誰もいない、生徒玄関口

向かい合って、一言二言

絞り出した言葉は一度で、アウト

……気まずい。

16: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 22:52:36.80 ID:riupSpq1
このまま放課後の練習で。

そんな別れ方をするのもなんだか気が引けて

おもむろに息を飲んで目を伏せる

言葉を向けるときは目を向けられない

はたから見たら、どれだけもどかしいのか。

善子「ダ、ダイヤは……なんで早く?」

ダイヤ「生徒会……が、ありまして」

善子「また、一人で?」

ダイヤ「え、ええ……自分の仕事ですし」

聞いてどうする? 手伝う?

こんな時間に来てまでやるような作業を

何にも知らなくて、足手纏いになるのに?

善子「そっか……頑張って」

ダイヤ「ええ、ありがとうございます」

困惑交じりの感謝を言い残して歩いていくダイヤの背中を見送って、

私はただ、ため息をつくだけだった

17: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:07:51.95 ID:riupSpq1
――――
―――
――

善子「はぁ……」

花丸「珍しく早く来てると思えば……どうかしたずらか?」

善子「んー」

花丸「ダイヤさんのこと?」

善子「まぁ」

花丸「朝から呼び出しでもされたずら?」

善子「そういうわけじゃ、ないけど」

伏せてた顔を上げて、

騒がしくなってきた教室の中

すぐ前の席に座って話しかけてくる花丸を見る

善子「色々あって、40分くらい前に学校に来たのよ」

花丸「えぇ……」

善子「仕方がないでしょ、二度寝するわけにもいかなかったし」

というより

夢の続きを見てしまいそうで、嫌だった

善子「そしたら偶然、ダイヤに出くわしちゃって」

がくり。

そんな音が鳴りそうな勢いで机に崩れた私で悟ってか、

花丸は「なるほど」とつぶやく

18: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:14:45.96 ID:riupSpq1
花丸「善子ちゃんはダイヤさんが苦手?」

善子「苦手と言うか、なんというか」

善子「……ちょっと、気まずくなるのよね」

善子「とりあえず、今日はいい天気ですね。を言ってしまいそうになるって言うか」

花丸「恋ずらね~」

善子「違う」

冗談めかした台詞に、茶化した笑い声

花丸には問題なく受け答えできるのに、

相手がダイヤだったらきっと、冗談を言う余裕もない

花丸「思い切って、一緒に帰ってみたら?」

善子「思い切りが良すぎる」

善子「と言うか、そんなことが出来たらこんな悩んでないわよ」

花丸「悩んでるんずら?」

善子「……その顔むかつく」

にやにやと。

水を得た魚のような花丸の頬に、むにっと指を突き立てる

20: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:19:51.19 ID:riupSpq1
花丸「じゃぁ、ダイヤさんのことは、好き? 嫌い?」

花丸「恋愛とかどうとかじゃなくて、人として」

善子「…………」

花丸が好きと言いつつ立てた、右手人差し指

嫌いと言いつつ立てた、左手人差し指

両方を見て、手を伸ばす

掴んだのは迷いもなく、右手

善子「別に嫌いじゃない」

善子「嫌いだったらそれこそ悩まない」

花丸「好きだから、悩む?」

善子「鞠莉のせいで意識しだしたのがあれなのよ……」

善子「梨子とか果南でも多分、あんなふうに煽られたら意識してたわ」

花丸「初心ずらね」

善子「あんたもでしょ」

21: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:25:54.60 ID:riupSpq1
花丸「マルは本を読んでるからそれなりに知識はあるずらよ」

善子「ただの耳年増じゃない、それ」

善子「それを言うなら私だって、ゲームで経験あるし」

善子「でも、なんか難しい」

花丸「じゃぁ、無難にお昼とかどうずら?」

善子「何がどう転んで無難なのよ」

善子「そんなの――」

ルビィ「おはよ~花丸ちゃん、善子ちゃん」

花丸「おはよー、ルビィちゃん」

善子「おはよ」

ルビィ「?」

ルビィ「善子ちゃんどうかしたの?」

花丸「朝、ダイヤさんに会っちゃったんだって」

ルビィ「あぁ……そうだったんだ」

22: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:34:21.72 ID:riupSpq1
ルビィ「お姉ちゃんから連絡来てるよ」

善子「えっ」

ガタッ。

蹴り下げた椅子が揺れて、手をついた机が軋む

善子「私のこと? 私のことなの?」

ルビィ「え? ううん、生徒会で今日の部活はお休みになるかもって」

善子「………」

善子「……ルビィ」

カタンッ。

今度は、優しく

ちゃんと立ち上がって、花丸の横に立つルビィを呼ぶ

いや、狙いを定める

善子「あんたねぇ~っ!」

ルビィの柔い両頬を摘まんで、引く

強く、強く、強く

ルビィ「いたっ、なっ、なひっ!?」

なんで!? と。

涙目で訴えてくるルビィの頬を、潰す

ルビィ「むぎゅっ」

善子「紛らわしいのよ、あんたは!」

今朝の気まずさで何か訴えてきたのかもしれない

そんな不安を抱いた、八つ当たり。

23: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:40:16.64 ID:riupSpq1
花丸「ダイヤさんが練習来ないなら、チャンスずら」

善子「はぁ?」

ルビィ「ひゃんひゅ?」

花丸「そう」

にやりと、花丸が笑う

悪だくみしてる顔

善子「いやよ、私は」

先手を打って、拒否

何を言ってくるか、させられるか

聞くまでもない

でもそんなの、花丸には関係ないらしい

花丸「ダイヤさんのお手伝い、しよ?」

24: 輝きたい名無しさん 2019/04/24(水) 23:45:23.75 ID:riupSpq1
善子「二人がやれば?」

花丸「それじゃ意味がないよ」

花丸「善子ちゃんがやらないと」

善子「はぁ!?」

善子「嫌、絶対に嫌」

善子「ぜーったいに無理!」

ルビィ「お姉ちゃん、喜ぶと思うけどなぁ……」

善子「話し相手にすらならない足手纏いの何がありがたいのよ」

善子「意味わかんない」

花丸「手伝ってくれる気遣いがありがたいずら」

花丸「そして、普段善子ちゃんがダイヤさんにやらないことだからこそ」

花丸「話のタネにできるかもしれない」

善子「………」

花丸「やるだけ、やってみたらいいんじゃないかな?」

善子「……無理。できない」

出来るわけがない

だって、今日の夢はまさしく放課後の生徒会室で……やっていたことなんだから

29: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 06:08:51.35 ID:2UNKIKYx
――――
―――
――

お弁当を食べている最中の唇に、重なる

驚いて震えたダイヤの体を抑えて、強く押し付けていく

唇の少し奥、咀嚼されていた卵焼きのほんのりとした甘さが伝わってくる

口移し

ダイヤ「っ」

私の意図に気付いてか、ピクッと反応したダイヤの肩に手を当てて腕を撫で

そのまま脇腹のあたりに滑らせ、指先でなぞる

ダイヤ「ふっ……んんっ」

くすぐったかったんだと思う

堪えられず開いた口の中へと舌を忍ばせて、唾液の絡んだ卵焼きをかすめ取る

ねっとりとした淫猥な空気

ぐちゅりと潰れた、ダイヤの卵焼き

糸引くキスの余韻もさめないままに、二度咀嚼して飲み込む

……あぁ、これがダイヤの味なのね

ダイヤ「げ、下品ですわ……」

顔を真っ赤にして、キスをされないように口元を隠すダイヤ

ごくんっと、口の中を綺麗にしていく喉の動きを見計らって体を寄せる

……私の味は、どう?

ダイヤ「っ……」

31: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 06:17:50.80 ID:2UNKIKYx
ダイヤ「ばっ、何を馬鹿なことっ」

……美味しくなかった?

ダイヤの心に、追剥ぎを。

目を逸らし、顔を逸らし

答えから逃れようとする体を、椅子の背もたれへと押し付ける

壁ではないけれど、逃げる先はないのだと体に教え込む

……私は、美味しかったんだけど

ダイヤ「………」

強情……なのか。

答えは分かり切っているのに、それを頑なに拒否する固い口

頬へと手を触れさせ、親指で唇をなぞる

ふにゅりと受け入れる、柔い唇

その端でぐっ……と力を入れると、簡単にねじ込めてしまう

ダイヤ「ひゃっ」

親指に、ダイヤの唾液が絡む

溢れて止まらない甘い水分が指を伝ってダイヤのスカートに落ちていく

……答えに迷ってるなら、もう少ししましょ

にこっと笑って、

指を引き抜く変わりに私のお弁当に入っていたウインナーを差し込む

32: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 06:27:42.48 ID:2UNKIKYx
ダイヤ「ん……っ」

……食べて。

そう言っても躊躇って動かないダイヤの顔を上げさせて

ダイヤの口からはみ出たウインナーを咥える

齧らない、咀嚼しない

唇同士を押し付けあって、心を解す

緩んだ口に、ウインナーを舌で押し込む

ダイヤ「っぁ……んっ」

本来の油を、私で塗り替えたウインナー

ぐっ、ぐっ

ダイヤの口の中に押し込んで、唇を離す

……食べて。

ダイヤ「っ……」

顔を真っ赤にしながら、ゆっくり……ダイヤは咀嚼する

噛むたびにあふれる肉汁

でも、私でいっぱいというように、ダイヤの目が泳ぐ

33: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 06:33:41.39 ID:2UNKIKYx
見られているのが恥ずかしいのか、隠そうとするダイヤの手を掴む

……ダメ、見せて

ダイヤ「こ、こんなところ……見たって」

咀嚼している唇の動き

それをじっと見ているだけなんて、何もない

ただこっちが恥ずかしいだけ。

そう訴えるダイヤに、首を振る

……かわいい

ダイヤ「意味が、わかりませんっ」

……飲み込まないと、また私が食べちゃうわよ?

そう、追い込むとダイヤははっとして飲み込む

こくり。と、喉が動く

私の絡みついたウインナーが、ダイヤの一部に溶けていく

……美味しい?

もう一度聞いても、ダイヤは答えない

仕方がないから、繰り返す

ダイヤが分かってくれるまで

美味しいと、言ってくれるまで。

ダイヤの口に含ませ、キスをして、食べさせる

ダイヤの体が温まっていくのを、制服越しに感じて――

34: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 07:11:46.53 ID:7+KyuQTb
おっほ

35: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 08:19:44.56 ID:HpJXjtyt
いけませんわ

36: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 08:55:05.10 ID:9qCWam34
――――
―――
――

花丸「……大丈夫ずら? 保健室いく?」

善子「いや、良い」

善子「ただの自己嫌悪だから」

昼休み手前の4限

早起きが祟ってか、眠りこけてしまった私

襲ってきたのは先生のげんこつでもチョークでもなく

中途半端なダイヤとの昼休み……の、夢

ルビィ「善子ちゃん具合悪いの?」

花丸「自己嫌悪だって」

ルビィ「えっ、居眠りしちゃったから?」

善子「なによその、あり得ないって顔」

まぁ、違うのは事実だし

授業中に居眠りしたこと事態には、別に嫌悪してない

37: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 09:02:40.99 ID:9qCWam34
花丸「今朝早かったのと関係ある?」

善子「あると言えば、ある……かも」

ルビィ「そういえば善子ちゃん、提出のノート忘れたって言ってたよね」

ルビィ「登校は早かったって言ってたのに」

善子「んー」

善子「まぁ……あれよ」

善子「珍しく勉強したら机に置いてくるやつ」

ルビィ「あっわかる!」

ルビィ「ルビィもたまにそれで忘れ物しちゃうんだよね」

花丸「寝る前に準備しよう?」

ルビィ「えへへ、疲れて寝ちゃうんだよね」

善子「明日でいいやって思うのよね」

花丸「だから忘れ物するずら」

花丸「遠足ならぬ登校のチェックリスト作った方がいいんじゃないかな」

善子「…………」

38: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 09:11:00.25 ID:9qCWam34
善子「……ねぇずら丸」

花丸「なぁに? 善子ちゃん」

善子「夢に知り合いって出てきたことある?」

花丸「ん~……あったことはあるよ」

花丸「遠足とかの前日なんか、その夢見たりして」

ルビィ「ルビィもあるよ」

ルビィ「夢の中でまでお姉ちゃんに怒られたりとか」

善子「何しでかしたのよ、あんた」

花丸「善子ちゃんは、もしかしてダイヤさんの夢?」

ガンッ

机の裏に直撃した膝の激痛

でもそれより、否定

善子「ち、ちがっ違うし!」

もはや肯定になっちゃったけど。

39: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 12:32:33.68 ID:9qCWam34
ルビィ「図星だね」

花丸「図星ずらね」

善子「うっさい!」

花丸「善子ちゃん顔真っ赤ずら」

善子「っっ!」

ぱたぱたと視線を遮るように腕を振る

熱を持つ顔は熱いんだろうなぁ。と、

心はなぜか他人事

善子「ぁ~もうっ、見るなぁっ!」

二人はからかって、楽しそうに笑うけど。

あんな夢を見たら誰だって赤くなる

思い出してしまったら、体が強く脈打つ

40: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 12:49:57.63 ID:9qCWam34
花丸「そっか、ダイヤさんの夢ずらか」

ルビィ「お姉ちゃんと仲良くなる夢?」

仲良く……?

――

「んっ……っふ……善子、さん……」

――

善子「仲良く……」

仲良く……どころじゃないっ!

でも仲良くなりたいからそういう夢?

いやいやいや!

口移しとかないから、ないから!

じゃぁキスは?

………

……あ、いや!

ないないない!

41: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 12:54:46.77 ID:9qCWam34
善子「ぐぐぐぐ……」

ルビィ「善子ちゃんが凄い顔してる」

花丸「……どっちかな」

ルビィ「え?」

花丸「なりたいか、なりたくないか」

ルビィ「……どっちだろ」

ルビィ「でも、ルビィはね」

ルビィ「仲良くなってくれたら、嬉しいな」

花丸「そうずらね」

花丸「………」

花丸「……そういう意味じゃ、無かったけど」ボソッ

ルビィ「何か言った?」

花丸「ううん、何にも」

花丸「それより、善子ちゃんを正気に戻してお弁当食べるずら!」

花丸「お昼が終わっちゃうよ」

ルビィ「え、あっ……よ、善子ちゃーんっ!」

43: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 21:24:27.74 ID:2UNKIKYx
――――
―――
――

善子「……はぁ」

花丸「どうするずら?」

善子「どうするって……」

机に伏せった私を見下ろすずら丸

その奥にある丸時計を見つめ、ため息一つ

気付いたら、放課後。

部活に行くか行くまいか。

行かぬなら、生徒会室に行くのか帰るのか。

今日の私はさすがにおかしいと、ルビィもずら丸も配慮してくれているらしい

善子「ダイヤは?」

ルビィ「生徒会室にいるって」

ルビィ「ルビィ達は練習していていいってメールが来たよ」

スマホをしまうルビィを一瞥して、目を瞑る

どうしたものかと、悩む

善子「ずら丸、じゃんけん」

花丸「じゃんけん」

「「ぽいっ」」

44: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 22:13:05.41 ID:2UNKIKYx
コンコンッ。

扉をたたいて、中にいるのかどうかを確認する

どちらかと言えばいないで欲しいなんて

叶うわけもない願いを胸に、数秒間

「開いていますわよ」

ダイヤの声が、返ってきた

善子「………」

やっぱり帰ろうか。

かかとに掛かった体重は言葉よりも正直で。

でも、花丸に負けた左手の拳を開いて、引き戸を開く

善子「……私よ」

ダイヤ「善子さん……?」

善子「せ、生徒会に行くって、聞いたから」

ダイヤ「え、ええ……それは、連絡、しましたが」

45: 輝きたい名無しさん 2019/04/25(木) 22:35:40.14 ID:2UNKIKYx
気まずさに巧く言葉を選べない私と

なんで私が来たのかと困惑するダイヤの不格好な言葉

噛み合いそうで噛み合わなそうな不安をよそに

ダイヤは持っていた紙を机に下ろす

ダイヤ「鞠莉さんですわね? また、手伝いに行ってきなさい。なんていうことでも言ったのでしょう?」

善子「それは……」

鞠莉じゃなくて花丸とルビィ

そう否定しようとはしつつ……

善子「まぁ、その……そそのかされたかいないかで言えば、された。けど」

日頃の行いね。と、心の中で鞠莉に合掌

what!? why!?

大きな瞳をさらに大きく、大きな口で、大きな声を。

そんな鞠莉の特殊な声を空想して、思わず笑う

善子「一応、ここに来たのは私の意志……も、ある」

じゃんけんに託したけど。

行かないという選択はあったのだから、嘘じゃない

46: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 06:00:26.36 ID:XG8HVrf1
善子「迷惑だった?」

ダイヤ「そんなことはありませんが……」

ダイヤ「善子さんは練習に参加しなくて良かったんですか?」

善子「いつもやってるし、たまには良いでしょ」

ダイヤ「何事も継続は力なり。ですわよ?」

ダイヤ「勉強も運動も、ダンスも歌も」

善子「……私達は?」

ダイヤ「はい?」

善子「私たちの、関係は……どう、なのよ」

善子「それだって、継続じゃないの?」

ダイヤ「……ええ。そうですわね」

47: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 06:14:32.23 ID:XG8HVrf1
ダイヤ「………」

ダイヤ「……ふぅ」

ダイヤは薄く笑って、息を吐く

ため息だったのか、ただの深呼吸か

手元のやるべき仕事から私へと向けられた目は、綺麗な宝石みたいだった

ダイヤ「何というべきか……」

ダイヤ「善子さんは、わたくしとの不仲を指摘されてどう思いましたか?」

ダイヤ「言われてみればと気付かされた?」

ダイヤ「それはそうだと肯定した?」

ダイヤ「余計なことを……なんて、嫌悪した?」

ダイヤ「わたくしは恥ずかしながら、そうなのでしょうか。と、悩まされました」

ダイヤ「正直、同じ部活の仲間になったことで多少は仲良くなれたと思っていましたし」

ダイヤ「偶にではあれ、会話をしていることはあるし、練習を共にすることがあれば助け合うこともある」

ダイヤ「だから……」

ダイヤ「いえ、それはただの思い込みですわね」

48: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 06:27:26.99 ID:XG8HVrf1
ダイヤ「本当は気付いていたんです」

ダイヤ「同じ三年生でも、鞠莉さんや果南さんに比べてわたくしは殆ど接点はない」

ダイヤ「善子さんにとって、わたくしは黒澤の姉の方でしかないのではないかと」

ダイヤ「だから、指摘されて何も言えなくなってしまった」

ダイヤ「友人だと言って、善子さんに否定されることが怖かったから」

善子「私を避けてるように感じるのは、そのせい?」

善子「私があの時、何も言えなかったから」

善子「だから、他人になってるってこと?」

ダイヤ「……今まで友人だと思い込んでいたせいか」

ダイヤ「何を話せばいいのか分からなくなってしまったんです」

ダイヤ「業務的な会話ならともかく、他愛のない会話なんて他人にされても困るでしょう?」

ダイヤ「少しくらい……」

ダイヤ「そう思う心が、余計にぎこちなくさせてしまって」

ダイヤ「………すみません」

49: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 08:51:19.81 ID:twBLRd23
この雰囲気好き

50: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 09:13:30.87 ID:d3mdarss
善子「別に……謝ることじゃ、無いんじゃない?」

ダイヤ「ですが――」

善子「私だって、同じ……だった」

善子「ルビィ絡みで話すことはあったし」

善子「部活の仲間としての接点はあった」

善子「でも、言われて思ったのよ」

善子「そうじゃない場合に、私達は全然関わってないなって」

善子「だから、否定すら出来なかったし」

善子「ダイヤの困ってる顔を見て」

善子「私って仲の良し悪し以前だったのか……って思った」

善子「花丸もルビィも友達だって言える」

善子「梨子も口では色々言うけど」

善子「なんだかんだヨハネに付き合ってくれるし」

善子「千歌や曜はちょくちょく悪巧みに加わってるし悪友かもしれないけど言えると思う」

善子「果南や鞠莉もわちゃわちゃしてて……」

善子「きっと鞠莉のおふざけのせいね」

善子「曜達ほどじゃないけど、そういうことしてるから付き合いはあって……」

善子「なんて言えばいいか……」

善子「そう……自信がなかった」

51: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 15:21:42.52 ID:d3mdarss
善子「友達みたいな軽いことをした思い出が、すぐに浮かばなかったのよ」

善子「だから、仲が良いって言える自信がなかった」

善子「自分だけだったらどうしようって、怖くもあって」

ああ……焦れったい

ずら丸のようにたくさんの言葉を知っていたら

ルビィのような素直さがあったなら

きっと、もっと巧く言葉を選べるのに――

善子「だから、その」

善子「まぁ……なんていうか」

善子「……別に、ダイヤは悪くない……」

善子「って思う」

あやふやで、あたふたと。

途切れ途切れで、みっともない

そんな言葉選びが気恥ずかしくて、目を背ける

くすっと、笑う吐息が聞こえた

なんで笑うのか。

そう顔をあげた私のどこかで、大きな音がする

目に映るのは、

夕陽を受けた唯一無二のダイヤの輝きだった

52: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 19:58:23.26 ID:8XZv1hVL
善子「っ……」

慌てて、目を逸らす

違うことに切り替えようと考えを巡らせる

でも、離れない

何もかもを、捉えて放さない

強い光が瞼の裏に焼き付いて消えてくれないように、

ダイヤの微笑んだ表情は強かった

善子「……」

でもきっと、それがそんなにも残るのは

私が浮かばせた、笑顔だからだろうと……思う

善子「……ダイヤって」

考える。

考えて、言葉を選んだ振りをする

選んでいる余裕なんて、ないくせに。

善子「なんていうか、絡みにくいのよ」

53: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 20:04:11.81 ID:8XZv1hVL
ダイヤ「え……?」

善子「あ、わ、悪い意味じゃなくて!」

善子「前ほど怖いイメージは全然ない。ないんだけど……」

でも。

絡むことが難しい

多分、曜や千歌、鞠莉達としているような

子供染みた遊びが似合わないイメージがあるから。

大人びた……というべきかしらね

もっとこう、落ち着いたことを求めていそうで。

善子「ぶっちゃけ、自分じゃ不釣り合いなんじゃないかって思うのよ」

54: 輝きたい名無しさん 2019/04/26(金) 20:25:43.53 ID:8XZv1hVL
善子「ルビィに対しては、結構甘い時もあって、あれなんだけど」

善子「やっぱり、大人びてるっていうか」

善子「2歳も下の私が言えた口じゃないのは分かってるんだけど」

善子「鞠莉や果南はまだ、子供っぽい感じがするっていうか」

善子「………」

善子「……ごめん、うまく話せなくて」

花丸なら、話が長い。って言ってくるかもしれない

そんな口下手な話を、ダイヤは何も言わずに聞いてくれる

そこに生まれるのが感謝ではなく罪悪感なのは

……なんでだろう

ダイヤ「言いたいことは、何となくわかるけれど」

ダイヤ「ふふっ」

ダイヤ「善子さんが優しいということだけは、はっきり解りますわ」

……ほんとうに、なんでだろう

59: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 10:42:06.89 ID:p053Z4u+
このぎこちない感じの雰囲気めっちゃ好き

60: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 11:44:12.63 ID:Tq6yUAiE
善子「や、優しいとかっ」

善子「違くてっ」

善子「その、ほらっ」

ふつふつと、体の芯が沸騰したように熱くなって

言葉が、蒸発していく

善子「自分も悪いのに謝られるだけなのって、なんか嫌だし……」

善子「そういう、あれなだけで」

ダイヤ「そう、ですか」

善子「そ、そう! そうよ」

優しいと褒められたら、誰だって嬉しいと思う

私だって、悪い気はしない

でも、必死に否定してしまう

なぜだか、認めたくはなかった

だから否定して、拒絶して

でも

ダイヤ「……ですが」

ダイヤ「罪悪感に嘘をつけないのは、優しいからこそですわよ?」

結果は、変らない

61: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 12:18:45.07 ID:Tq6yUAiE
善子「む、難しいこと言われても良く分からないわよっ」

ダイヤ「ふふふっ、そうですか」

善子「っ……もう帰るっ!」

強く言い返して、ダイヤから扉へと振り返る

怒ったわけじゃない

大人っぽさに交じった、からかいの空気

それはいつも見せるダイヤの笑い方とは違っていて

なんだか、こう

言葉にはできない何かが起きてしまいそうで。

ダイヤ「手伝いに来て下さったのでは?」

善子「手伝うって、なにを?」

善子「喋ってばっかりで仕事してないじゃない」

善子「……あっ」

ダイヤ「…………」

口にしてすぐ、失言だと悟った

誰のせいで仕事ができていないのか

誰が、仕事をしていたダイヤの手を止めたのか。

視界には映らないダイヤ以外の人

紛れもなく、私のせいだ

62: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 12:54:42.13 ID:Tq6yUAiE
善子「あ、いや、違っ」

ダイヤ「……そう言えば、手が止まっていましたわ」

善子「そ、そう……そうよ!」

善子「邪魔にしかなってないから、帰ったほうが良いでしょっ」

ダイヤのつぶやきに便乗する

感情ばかりが先行して、自分勝手なことしか言えないけど

間違ってはいないから、ダイヤも否定はしない

そうすれば、引き留めてはこないだろうと。

ダイヤ「別に、邪魔などとは思っていませんが」

ダイヤ「生徒会長であるわたくし自身が目を通さなければならないので」

ダイヤ「善子さんが、そう仰るのであれば引止めしたりは致しませんわ」

善子「……そ」

善子「じゃぁ帰る……邪魔して悪かったわ」

ガンッ……と

思いのほか強くしまった引き戸が悪い音を立てる

廊下に響く足音がいつもよりもうるさく聞こえるのは

きっと、自分一人だからだ

63: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 13:30:21.83 ID:Tq6yUAiE
――――
―――
――

ダイヤ「や、やめてくださいっ!」

そんな悲鳴を打ち消すように、ダンッ! と、大きな音が響く

壁に肩をぶつけられたダイヤは呻き、私を睨む

憤怒を感じる翡翠の瞳は、状況に反してとても力強さを感じさせる

でも、今の私にその目を向けてはいけない

……良い目をしてるわね。ダイヤ

優しく。

限りなく優しく、声をかける

けれど、ダイヤの体を押さえつける力はより強くしていく

ダイヤ「痛っ……痛い……っ」

……私が一番嫌いな、目をしてる

声をかけ、押し付けるだけだった力を引く力へと切り替え、

ダイヤを力一杯に、床へと引き倒す

ダイヤ「っ!」

鈍い音、押し出された息、苦痛の呻き

倒れこんだダイヤを助けるでもなく、見下す

64: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 14:07:41.46 ID:Tq6yUAiE
……ダイヤが、悪いのよ

そう声をかけ、うつ伏せから仰向けへと無理やりに返させ、足の上に跨る

逃がさない

逃げる事なんて、許さない

……ダメ

抵抗するそぶりを見せた手首を床に押し付けて、薄く笑ってダイヤの心を煽っていく

ダイヤの考えは分かっていると。

逃げる事なんてできはしないと。

ダイヤ「どうして……ですか……」

困惑よりも、悲しさの強い声

理由を知りたいという思いさえ希薄な、悲しい呟きだった

だけど、関係ない

ダイヤの左手と右手

その両方を一度、床に叩きつける

ダイヤ「っ」

その痛みも消えないうちに、もう一度床に叩きつける

ダンッ....ダンッ....ダンッ....

ダイヤのまだ強い瞳が

それを支える心が……折れるように

憎しみを持って、痛めつけていく

65: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 14:29:49.11 ID:Tq6yUAiE
止めて。と、ダイヤの口が動く

お願い。と、ダイヤの瞳が揺れる

けれど次第に声は消え、瞼が閉じられて

固く結ばれた唇の奥から籠ったうめき声が聞こえるだけになっていく

真っ赤になったダイヤの手の甲

重みに潰され、擦れてほんのりと血の滲んだダイヤの手

綺麗だった手の汚れはまるでダイヤのようだと思った

いや……そうじゃない

もっと汚してしまいたいと、靄がかった悪意が動く

叩きつけられなくなったからか、

ダイヤの瞳が恐る恐る開かれて、視線が合う

光の薄れた目は、ダイヤのようでダイヤには見えない

フェイクダイヤのように、感じた

66: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 14:43:59.14 ID:Tq6yUAiE
……そう。そうよ。そうね

ダイヤ「え?」

何が悪いのか

何がいけなかったのか。

それが分かって、私は場に似合わず満面の笑みを浮かべて。

……あんたが汚れていればいいのよ

そうすれば、誰も目を向けない

誰も触れようとは思わない

誰の心に響くこともない

ダイヤ「や、やめて……」

ダイヤの手に力が入ったのを右手が感じる

でも、力が足りない

叩きつけられた手は痛むのか、右手一つで両手を抑え込めてしまう

……私が、汚してあげるわ

意地悪くそう囁いて、乱暴にダイヤの胸に触れた

67: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 15:07:44.02 ID:Tq6yUAiE
―津島家―

善子「――違うっ」

善子「はっ……は……はぁ……」

カタンッ

跳ね除けられた布団に引っ張られたスマホの充電器が、スマホをベッド脇に引きずり込む

開いたカーテンから入ってくる光はなく、部屋には自分一人

寝ていたこと、夜になっていること

その何かよりもまず、目の前にダイヤがいないことに安堵する

夢の中で何をしようとしたのか

なんで、あんなことをしようとしたのか

理由は、分からないでもない

善子「………」

自分の胸に、手を当てる

奥の方でざわつくものを感じて、目を閉じる

ダイヤに、帰ってもいいと言われたときに、感じた

自分で言い出したことなのに

堪らなく、苛立ちを覚えた

どうして、引き留めてくれないのか。と

善子「……バカみたい」

眠れば酷い夢を見て

悪態をついても心は晴れない

ずら丸に話せば、八つ当たりするための悪口の一つでも言ってくれるのに

そう考えて、スマホを手に取る

ちかちかと点滅する光

黒から白へ、画面が変わる

ルビィからのLINEだった

68: 輝きたい名無しさん 2019/04/27(土) 21:40:31.35 ID:Tq6yUAiE
ルビィ:善子ちゃん、お姉ちゃんと何かあった?
                      pm.5.12
ルビィ:善子ちゃん、大丈夫?
                      pm.7.00
ルビィ:おうちに電話して良いよね?
                      pm.7.34

善子「……え?」

ルビィからの三件の通知

一番最初を見て、ダイヤに何があったのかと不安を感じ

二つ目を見て、既読にならないことを心配しているルビィに申し訳なく思って

三つ目を見て、ベッドから飛び起きる

ガタッ
       ガタンッ

近くに落としていた鞄を蹴飛ばして、倒れこむ

ルビィからの最後の通知は五分前

家の電話よりも、スマホに。

倒れこんだまま思考を巡らせ、ルビィへと電話をかける

鳴り響く電話のコール

一回……ガチャリッ

ルビィ「善子ちゃんだよねっ!?」

二回目も待たずに電話が繋がって、大きな声が部屋に響いた

71: 輝きたい名無しさん 2019/04/28(日) 19:27:28.28 ID:AwIJi+w/
善子「……私以外に誰がこの電話取るのよ」

ルビィ『だ、だってっ!』

ルビィ『二時間経っても既読にならないしっ』

ルビィ『お姉ちゃんは帰ってきたとき何か変でっ』

ルビィ『だから何かあったんじゃないかって……』

ルビィ『ルビィは――』

善子「……ごめん。悪かったわよ」

善子「寝てたのよ……ちょっと」

いつ寝たのかとか

まぁもろもろと意識飛んでて

何よりもダイヤに強引にあんなことする夢とかいう

悪夢を見てしまったせいか

正直、悪いことが起きてるかいないかで言えば

悪いことが起きてる最中なんだけど。

善子「ダイヤと話すので緊張してたからかもね」

善子「家に帰ってすぐ、寝ちゃったみたい」

ちらりと、自分の服装を見る

まさかの、制服だ

善子「ほんと悪かったわ」

善子「明日、購買で何か奢るから許して」

72: 輝きたい名無しさん 2019/04/28(日) 19:34:29.41 ID:AwIJi+w/
ルビィ『別に奢って欲しいわけじゃないよっ』

ルビィ『ルビィはただ、善子ちゃんに何かあったら嫌だから……』

善子「……悪かったわね。でも、偶にはこういうときもあるから」

善子「せめて、電話はスマホにかけて貰っていい?」

部屋に居たら取りに行くのに時間がかかるし

出ることが出来なくて余計に心配させるかもしれない

スマホなら、寝ているときは枕元で充電中

音ですぐに気づけるかもしれないし、

顔に触れたバイブが骨伝導で起こしてくれるかもしれない

もっとも。

LINEの通知程度では全く気付かなかったんだけどね。

ルビィ『ごめん……心配で、つい』

善子「良いわよ」

善子「ルビィも心配してくれたからだし」

73: 輝きたい名無しさん 2019/04/28(日) 20:38:31.82 ID:AwIJi+w/
善子「それで、ダイヤがおかしいってなんなのよ」

善子「わざわざLINEして来たってことは相当変ってことでしょ?」

善子「なんなの?」

ルビィ『えっと……なんかすごい悩んでる感じだったんだ』

ルビィ『トイレのドアが手前に引くのは善子ちゃんも知ってるよね?』

善子「まぁ、行ったことあるし。そりゃね」

ルビィ『お姉ちゃん、引かないで押した後』

ルビィ『ルビィ、入ってます? って』

善子「えぇ……」

ルビィ『隣にルビィがいるのにだよ?』

ルビィ『さすがに大丈夫? ってルビィも言っちゃって』

ルビィ『そしたら、あぁ……そうでしたって』

善子「それは……おかしいわね」

ルビィ『うん。だから善子ちゃんと何かあったのかなって』

74: 輝きたい名無しさん 2019/04/28(日) 21:09:50.45 ID:AwIJi+w/
善子「特に何かあったわけじゃないわよ」

善子「ただ、私がダイヤの邪魔になっちゃってただけ」

ルビィ『お姉ちゃんに言われたの?』

善子「いや、ダイヤはそんなことないって言ってくれた」

善子「でも、話をするばっかりで手伝いなんてしてなかったし」

善子「ダイヤの手さえ、止めちゃってたのよ」

善子「だから、邪魔にしかなってないからって……私は帰った」

ずきりと、痛む

床の上で寝返りを打って、仰向けになる

息を吐くと、心臓の音がより鮮明になったような気がした

善子「それだけよ」

善子「私とダイヤにはそれくらいね」

ルビィ『そっか……え?』

善子「ルビィ?」

ルビィ『ぁ、うん』

善子「どうかした?」

ルビィ『ううん、なんにもないよ』

76: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 07:45:12.02 ID:qTGoNB1U
ルビィ『お姉ちゃんは引き留めなかったの?』

善子「自分の仕事だから、私が帰るっていうなら止めないって」

ルビィ『……えっと』

ルビィ『そのあとは?』

ルビィ『それで善子ちゃん帰ったの?』

善子「そうよ。帰った」

ルビィ『そっか』

ルビィ『……お姉ちゃんが邪魔になってないよって言ったなら残っても良かったのに』

善子「そう言われたって、邪魔になってたのは明らかだったし」

ルビィ『それはそうなんだけど……』

ルビィ『でも、引き留めなかったお姉ちゃんが悪いよね』

ルビィ『………』

ルビィ『特に何もなかったのは分かった』

ルビィ『お姉ちゃんも連絡した時はあれだったんだけど、今はもう大丈夫だから心配しないでね』

善子「そう……ならいいんだけど」

ルビィ『うんっ。じゃぁ、また明日学校でね』

77: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 08:00:23.51 ID:qTGoNB1U
善子「……大丈夫。ね」

善子「私も……大丈夫になれる?」

右腕を目元に宛がって、視界を真っ暗にする

深く息を吐いて、大きく息を吸って、また吐く

胸の痛みこそないけど、あんまり落ち着かない感じがまだ残る

善子「ダイヤが私のことで悩んでてくれたら……なんて」

はぁ……と

ため息をついて、ぐるりと一回転

うつ伏せになって、体を起こす

寝起きの意識を覚醒させるような倒れた体の痛み

善子「……お母さん、帰ってきてるかな」

帰ってきてたら怒られそうだと

嫌な夢を見たこともあって

寝ちゃってたことを、後悔した

78: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 09:28:36.14 ID:qTGoNB1U
――――
―――
――

ダイヤ「善子……さん」

私が隣に座ると、ベッドが軋む

ダイヤの緊張した声が心をくすぐる

顔合わせにならない、隣同士

無造作に下ろした手と手がこっそりと触れる

ダイヤ「…………」

ダイヤは何も言わない

私も何も言わない

ただ、自分たちだけしかいない部屋の中で

互いの呼吸の音を聞きながら、指先で触れ合う

いじらしいと思う

もどかしいと思う

でも、それだけでも心は踊った

79: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 10:08:13.58 ID:qTGoNB1U
一番長い、中指

それよりも先に絡む人差し指

いつも。

いつも、私たちの手が触れるときは人差し指から。

人差し指、中指、薬指

一つ、一つが繋がって……固く結ぶ

言葉を交わさなくても、

顔を見合わせなくても

手を結ぶだけで、何となく満たされたように感じるのは……なぜだろう

ダイヤ「善子さん」

声が、近づいた

どこかへ向いていた、自分への言葉が

自分へと向けられたのを、感じた

少し、距離を詰める

ベッドの軋んだ音が、心を隠す

……ダイヤ

呼び返す

その声が震えて感じるのは、気のせいじゃない

81: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 20:32:50.93 ID:qTGoNB1U
ダイヤの左手を握る、私の右手

ぐっと自分の方へと引っ張ると、ダイヤの体はベッドへと傾いていく

ダイヤの抵抗はなかった

むしろ、受け入れた滑らかさがあって

私はそのダイヤに跨るようにして、見下ろす

白い布団に、黒い髪

翡翠の光が私を見つめる

ダイヤ「………」

整った顔立ち、優しさと厳しさを兼ね備えた瞳

私から見て、左下のほくろが、目を引く

右手だけのつながりが、両手のつながりになる

私が握ると、握り返してくれる

ダイヤが握るから、私も握り返す

大きな瞳が閉じられる

して欲しい。の、ダイヤなりのねだり方

そんな愛らしい求め方をするダイヤへと、ゆっくり、近づいていく――

82: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 22:16:23.67 ID:qTGoNB1U
―津島家―

善子「……」

目を覚まして、自分の隣にダイヤがいないことを確認する

手を握っていた右手は布団の端を握っていて

真実が分かってしまうと、酷く冷たく感じる

昨日はいないことに安堵したのに

今度は、いないことが寂しく感じてしまう

そんな分かりやすい自分に、ため息をつく

善子「そういうことね」

つまるところ、ダイヤに嫌われたくはない

でも、ダイヤともう少し仲良くなりたいとは思ってる

自分の欲求は、昨日の夢のようにダイヤにとっての悪意ではないのかという不安があるくせに

ベッドに押し倒してしまうほどの、思いがある

それは多分、鞠莉のせいだ

あんなことを言われたから

目で追うようになってしまったから

その端麗さを知ってしまったから

きっと、惹かれてしまったんだと思う

83: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 22:31:23.51 ID:qTGoNB1U
善子「どうすりゃ良いのよ……こんなの」

いや、別に悩むようなことじゃないとは思うけど

ただ、仲良くなりたいと言えばいい

善子「って、言えるかーっ!」

ゴンっと机に頭をぶつける

高校生にもなって、仲良くなりたいの。なんてとてもじゃないが口にはできない

しかも、先輩だ

何が仲良くしたいなんだ。と失笑さえされかねない

もちろん、ダイヤがそういう人でないことくらいは分かってるけど。

多分、私がダメだ

二人きりじゃないと言えるわけがないし

二人きりになったところで

前置きの呼び声になんですの? とでも聞き返されたら

きっと何も言えなくなってしまう

84: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 22:46:28.48 ID:qTGoNB1U
善子「……仕方がない」

きっと茶化されるというか

余計なことを口出ししてきそうではあるけど。

善子「ずら丸に話してみるしかないわね」

元々、昨日の時点で似たような相談しているようなものだし

こっちが本気だと分かれば

いくらずら丸でもちゃんとしてくれるだろうと、思う

あの黒澤ダイヤとお近づきになる方法

善子「でも、なんか……」

これってあれじゃない? と

赤くなってしまいそうな顔を覆って、首を振る

そんなんじゃない

そんな気持ちはないんだから

85: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 23:06:18.92 ID:qTGoNB1U
―浦の星女学院―

花丸「え? ダイヤさんと付き合いたい?」

善子「そんなこと言ってないっ」

ああやっぱり。と

花丸のふざけた返答に悪態も尽きかねて、机にふて寝する

夢のことこそ話したりはしなかったけど

どうやったらダイヤと仲良くなれるのか

それを聞いただけなのに、付き合いたい。なんて

善子「あんたの頭は花畑なの?」

花丸「マルの頭は花ずらよ。花丸だから」

善子「はぁ……そっ」

善子「で、何かいい方法ない?」

花丸「仲良くしたいって直接言うのは?」

善子「言えると思う?」

花丸「……そんな自信満々に言われても」

86: 輝きたい名無しさん 2019/04/29(月) 23:29:01.67 ID:qTGoNB1U
花丸「なら、趣味の話をしてみるのは?」

善子「黒魔術の話?」

花丸「あ、うん。じゃぁマルは図書室行くね」

善子「ちょまっ、待って待って!」

善子「分かってるからっ!」

花丸が言いたいのは自分の趣味もダイヤの趣味も一応知り合っているのだから

相手に寄り添ってみては。と言うことだろう

善子「でも別に映画鑑賞なんてあんまりしてないし、本なんてヨハネっぽいのしか読んでないし」

花丸「だからこそ、良い感じの映画とか。興味を持った態で聞くずら」

花丸「そうすれば、ダイヤさんだって話が続けられるはずだよ」

善子「……そうかしら」

花丸「善子ちゃんだって、堕天使の話に興味持ってくれたら嬉しいよね?」

花丸「例えば、ダイヤさんがヨハネさんって呼んでくれたら?」

善子「……保健室に連れてく」

べしっと

頭に軽い一撃が加えられて、思わず変な声が出る

花丸「何言ってるずら」

善子「いや、だって……ダイヤよ?」

善子「あのダイヤがヨハネなんて呼んで来たら病気疑うわよ」

花丸「ダイヤさんの歩み寄りかもしれないのに?」

善子「……そうだけど」

突然呼ばれたら呆然とした後に

熱を測るかもしれないと、改めて答える

87: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 00:20:22.14 ID:IxMrx/0u
ルビィ「おはよう、善子ちゃん、花丸ちゃん」

花丸「おはよう」

善子「おはよ」

ルビィ「善子ちゃん、大丈夫?」

机に伏せっていたからか

心配そうに言うルビィに大丈夫だと伝えて体を起こす

花丸「善子ちゃんが、ダイヤさんと付き合いたいって」

ルビィ「えぇっ!?」

善子「だから言ってないからっ!」

強く言うと、花丸は冗談ずら。とニコニコで

ルビィはそうだよね。と

驚いたまま呟いて、ほっと胸を撫で下ろす

88: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 00:25:40.59 ID:IxMrx/0u
花丸「ダイヤさんと仲良くなりたいって」

ルビィ「お姉ちゃんと……」

ルビィ「多分、仲良くなりたいって言えば喜んでくれると思うよ」

善子「でも――」

ルビィ「お姉ちゃん、生徒会長だから」

ルビィ「後輩の子には、やっぱり距離を置かれちゃってると言うか……」

少し怖いイメージがあるのかな。と、ルビィは悲しそうに言う

私も分かる

Aqoursとして一緒になるまでは、怖いイメージの方が強かった

関わりにくい感じが強くて

Aqoursとして一緒になった今でも、上手く話せないくらいなんだから

ルビィ「だからね?」

ルビィ「善子ちゃんに仲良くなりたいって言われるだけで凄く喜んでくれるんじゃないかな?」

89: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 08:24:29.32 ID:IxMrx/0u
善子「そんなこと言われたってなんか、恥ずかしくない?」

善子「面と向かって仲良くなりたいです。とか」

善子「……小学生でしょ」

机に伏せってため息をつく

ルビィが言ってることは確かにそうかもしれない

一時期、ダイヤさんと呼ばれる距離感を気にしていることもあったし

ダイヤにも距離を詰めたい、仲良くなりたい

そんな思いがあるのは分かる

でも、急に何言ってるのかみたいな反応されたら

私は多分、何でもないって逃げてしまう

そうなったら、二度と近づけなくなってしまいそうで。

花丸「大丈夫ずらよ。善子ちゃん」

90: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 09:15:30.62 ID:IxMrx/0u
花丸「大丈夫」

善子「………」

善子「……なんであんたが、自信たっぷりなのよ」

自信たっぷりな笑みを浮かべる花丸を一瞥して悪態をつく

相談している以上

関係あるかないかと言えばあるけれど

でも、花丸の自信にちょっとだけ、イラっとする

善子「関係ないからって、偉そうに」

花丸「そういうところずらよ」

花丸「すぐにそうやって悪っぽいこと言ったらダメ」

花丸「ダイヤさんはそういうところ、まじめに受け取っちゃうよ」

善子「………」

ルビィ「確かに、お姉ちゃんにそういうこと言うと絶対に謝ると思う」

ルビィ「それで、ぎこちなくなっちゃう」

善子「……分かった、分かったわよ」

善子「我慢したらいいんでしょ」

91: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 09:26:16.61 ID:IxMrx/0u
仲良くなりたい

ダイヤに直接それを言う方向で話がまとまっていく

花丸が言うように

ルビィが言うように

ダイヤはそれを喜んでくれるかもしれない

あとは、ダイヤの反応に対して

私がすぐに強く出ないように我慢する

ダイヤが引き留めてくれないからって

ざわついてしまった昨日みたいに。

善子「……はぁ」

今から早まっていく心臓

ちょっと痛くさえ感じそうな胸に手を当てて、ため息をつく

しかし、私の不安をよそに

昼休みの教室に――生徒会長の呼び出しがかかった

92: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 10:11:00.28 ID:IxMrx/0u
―生徒会室―


ダイヤ「すみません、お呼び立てしてしまって」

善子「いや、別にいいんだけど……」

本当は全く良くない

昼休みは購買に行かないといけないのに

それができない

時間次第ではお昼が無くなってしまう

でもだからって蔑ろにしてたらいつもと同じ

だから、我慢して付き合う

善子「呼び出されるようなこと、した覚えはないわ」

善子「確かに生徒会長から見れば不良生徒かもしれないけど」

善子「私はなにもやってないわ」

ダイヤ「いえ、何か悪いことがあったとかではなく」

ダイヤ「ルビィが、お昼は購買で購入している。というものですから」

ダイヤ「その……ご一緒にいかがでしょうか」

ダイヤ「と……思ったもので」

93: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 10:52:52.31 ID:IxMrx/0u
ダイヤ「もちろん、迷惑でなければ……」

ダイヤ「ぜひ、ご一緒していただければと」

善子「……そういうこと」

ダイヤの背中に隠れて見える包みが一つ

ダイヤの手に支えられ、向けられる包みが一つ

購買で買っているからと

わざわざ、用意してくれたのだろう

でも、なんで? と

私が疑問に思ったのを感じたのか

ダイヤは手にした包みを机の上に置く

ダイヤ「昨日、手を止めていたことを善子さんは邪魔になっていると言いましたわ」

ダイヤ「わたくしはそれを否定したものの、自分の仕事だからなどと言って」

ダイヤ「思えば、まるで善子さんが不要だと言っているようなものでした」

ダイヤ「手を止めていたのはわたくしなのに……まるで、善子さんが悪者のようになってしまった」

94: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 11:05:47.35 ID:IxMrx/0u
ダイヤ「嬉しかったんです」

ダイヤ「手伝いに来てくれたこともそうですが……なによりお話してくださることが」

ダイヤ「手を止めていたのは、わたくしがそちらに集中したかったというだけ」

ダイヤ「本当は、もう少しお付き合いして欲しいと思っていたんです」

でも、善子は帰ると言ったから

邪魔をしているのではないかと不安に思っていたから

それを助長してしまうのではないか

善子の時間を邪魔してしまうのではないか

逆に不安に思って、ダイヤは引き留めることをしなかった

ダイヤ「……その結果が、昨夜のことですわ」

ダイヤ「ルビィに聞いたでしょう?」

善子「え……あ」

善子「あの時居たの?」

95: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 11:31:54.38 ID:IxMrx/0u
ダイヤはちょっと照れくさそうに笑って、頷く

ルビィが一瞬、変な反応をしたのは

ダイヤがそこに来たからか、何かを言ったからだ

善子「それで、弁当を用意してきた。と」

ダイヤ「簡単に言えば、そうですわ」

善子「……なにそれ」

悪いのはこっちなのに

勝手に来て、勝手に話して

勝手に癇癪起こして帰った馬鹿はこっちなのに

なのに……

ダイヤが悩んで、弁当なんか用意してきて

善子「悪いのは私なのに」

善子「私が、ダイヤと近づきたいって思ったからなのに」

善子「……気を使わせて」

ダイヤ「そんなことありませんわ」

ダイヤ「わたくしも、善子さんとは仲良くしたいと、思っていたんです」

96: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 11:45:04.80 ID:IxMrx/0u
ダイヤ「でも、意識してしまうと何をどうしたらいいか、分からなくなって」

ダイヤ「善子さん善子さん善子さん」

ダイヤ「そう、意識しすぎてしまったのかもしれません」

ダイヤ「目を合わせる事すら気まずくなってしまって」

ダイヤ「ふふっ……バカみたいですわ」

善子「ほんと、バカみたい」

二人して、笑う

意識しすぎて空回り

あの金持ちのせいだと、八つ当たり

善子「お昼、食べたいわ」

善子「今から購買なんて行ってられないし……ありがたく戴かせて」

ダイヤ「ええ」

97: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 11:59:34.80 ID:IxMrx/0u
旧綱元黒澤ダイヤ

そんな人が持ってくるには意外と質素な内容だった

汁が出てくることを考えてか

小さなカップに入れられた煮物

肉団子とか、お浸しとか……定番の卵焼き

でも、一つ一つがしっかりと作られていて、美味しい

卵焼きも、しょうゆとかを持ち込まないためか、

少し濃い味に作られていて、美味しかった

善子「ダイヤのお弁当って誰が作ってるの?」

善子「お母さん?」

善子「もしかして……メイドとか?」

ダイヤ「基本的にはお母様ですわ」

ダイヤ「どう? 口に合いますか?」

善子「ん。美味しいわよ」

善子「こういうの食べちゃうと、購買に戻りたくなくなるわね」

98: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 12:12:02.08 ID:IxMrx/0u
ダイヤ「そ、そうですか?」

ダイヤ「それならよかったですわ」

くっと胸に手を当てたダイヤは

安堵したように息を吐いて、微笑む

購買に行く時間を奪って勝手に用意した弁当な分

口に合わなかったらどうしようかと不安だったのかもしれない

そんな心配いらないくらい、美味しいけど

家独特の味もあるし心配にはなるのかもね

ダイヤ「善子さんはいつも購買なんですの?」

善子「大体購買ね」

善子「たまに、作ってくれることもあるけど」

善子「忙しいみたいで、なかなか作れないみたいなのよ」

仕事が忙しいから仕方がない

無理に作ってくれようとしているときもあったけど

流石に悪いから、購買で良いって断った

善子「購買で良いって言ったのは私だから、それでいいんだけどね」

99: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 12:30:39.14 ID:IxMrx/0u
善子「毎回こうやって食べられるのは、ちょっと羨ましい」

ダイヤ「よ、善子さんっ」

善子「えっ、なっなに?」

急な大声に、思わずビクつく

真面目なダイヤのことだから

仕事が大変なのに無理を言うべきじゃないとか

なんかそういうこと言われるのではと、邪推する私

その一方で、ダイヤは箸を両手で握りしめて

ダイヤ「よろしければ……わたくしがご用意しても……?」

善子「えっ?」

ダイヤ「………」

善子「ほ、本気?」

ダイヤ「……はい」

小さな、声だった

目はそらされているし、長い髪が陰になって表情は見えない

ダイヤ「も、もちろん。ご迷惑でなければ。という話で……」

ダイヤ「善子さんがもし、今後もお弁当を戴きたいというのであれば」

ダイヤ「わたくしの卒業までとはなりますが……その、ご用意させていただければ。と、思って」

100: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 13:14:02.05 ID:IxMrx/0u
善子「なんで?」

善子「なんで、そんなことしてくれるわけ?」

善子「そこまでする義理は、ないんじゃないの?」

ダイヤ「なぜ、でしょうね」

ダイヤ「善子さんが嬉しそうに食べてくれるから」

ダイヤ「善子さんがいつも購買だという話だから」

ダイヤ「食べられるのが羨ましいと言うから」

ダイヤ「……いえ、それもありますが」

ダイヤは困ったように笑う

巧く言葉を選べないのは、ダイヤもだと感じた

ダイヤ「結局のところ、切っ掛けが欲しいのです」

ダイヤ「善子さんとつながることのできる、切っ掛けが」

ダイヤ「毎日とは言いません」

ダイヤ「ですが、一日、二日はこうしてお付き合いして頂ければ、良いなと」

ダイヤ「鞠莉さんに不仲と言われたことが理由ではありますが」

ダイヤ「ぜひ、仲良くしたいんです」

101: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 13:25:00.82 ID:IxMrx/0u
つまり、ダイヤは私が喜ぶことをしたいって思ってる

私がお弁当を喜んだから

それをやろうとしてくれてる

歩み寄ろうと、してくれてる

でも……

善子「なんていうか、不器用ね」

ダイヤ「不器用……ですか」

善子「だってそうでしょ。仲良くなるためにお弁当用意するとか」

善子「ただ仲良くなりたいっていうよりずっと大変じゃない」

善子「しかも、その過程でさらっと仲良くしたいって言えるんだから」

善子「そんなことする必要なんてない」

善子「……ダイヤは、優しいんでしょ」

善子「私が羨ましいって言ったから、やってくれようとしてるんでしょ?」

善子「……迷惑にならない?」

善子「お金かかるし、大変なんじゃない?」

善子「私と仲良くなるって、それくらいの価値がある?」

102: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 13:51:32.83 ID:IxMrx/0u
不器用なのは、どっちなのか

余計なことを言ってしまう口

ダイヤは眉を顰めて、困り顔

それはそうだ

こんなこと言われたら誰だって、困る

でも、ダイヤはそうですわね。と笑う

ダイヤ「わたくしにとっては、高校時代のとても価値あるものだと思っています」

ダイヤ「何より、ここで善子さんを手放せば後悔する」

ダイヤ「善子さんは、わたくしと仲良くなるのは嫌ですの?」

善子「そんなわけ、ないでしょ」

善子「私も、仲良くしたいとは思ってる」

善子「でも、ダイヤの迷惑にはなりたくないから」

ダイヤ「気にしないでください。わたくしがやりたくてやることですから」

ダイヤ「迷惑なんて全くありませんわ」

103: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 13:59:36.17 ID:IxMrx/0u
ダイヤの満面の笑みは正直で、

その言葉が全く嘘ではないことを示していて

ありがたくも、申し訳なく感じて。

自分でお弁当を作れるようになろうかと……考える

ダイヤ「どうですか?」

善子「……ん」

ニコニコ見つめられると、口にしにくい

夢の中の大胆さがあればよかったのにと、

奥手な自分に悪態をついて、ダイヤを見る

善子「……おかわり」

食べたいとは言えなくて、お願いとは言えなくて

おかわり。なんて曲がり道

けれどダイヤは分かってくれたらしい

ダイヤ「はい」

にっこりと、頷いてくれた

その瞳がまぶしくて、目を逸らした

104: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 14:16:28.59 ID:IxMrx/0u
善子「ご馳走様」

ダイヤ「お粗末様でした」

善子「お弁当箱は洗って返すわ」

善子「それくらいはさせなさいよ?」

ダイヤ「ええ、お願いします」

弁当箱を包んで、脇に置く

昼時の生徒会室という

ちょっと特殊な状況に緊張しそうな息を吐く

善子「それにしても、ダイヤのお母さんって料理上手なのね」

善子「美味しかったわ。ほんと」

善子「うちは休みの日くらいしか作って貰えないというか、作る時間がないから」

善子「より感じるっていうのもあるかもだけど」

ダイヤ「家が近所なら、通ってあげたい感じですわね」

善子「何言ってんのよ」

105: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 14:23:42.31 ID:IxMrx/0u
ダイヤ「あら、ご存じありませんの?」

ダイヤ「世話焼きの幼馴染ですわ」

善子「あー知ってる」

善子「所謂負け属性ってやつでしょ」

ダイヤ「まっ……」

ダイヤ「負けませんわっ」

変に意地を張ったダイヤの反論

ダイヤは違うから平気でしょ。と

宥めるように切り返して、苦笑する

ほんと、変なところにまじめで……ちょっと面倒くさいんだから

言いたくなるけど言えない思いを飲み込む

善子「まぁ……その」

善子「これからよろしくね、ダイヤ」

ダイヤ「ええ、こちらこそ」

二人きりで決めた、二人のランチタイム

ダイヤの持ち込む弁当が、実はダイヤが作ってきていたものだと知るのは

ダイヤと私が付き合っているのではないかと言う噂が立ち始める数か月後のことだった

106: 輝きたい名無しさん 2019/04/30(火) 14:26:00.82 ID:IxMrx/0u
善子とダイヤが仲良くなるところまでなので
これで、ヨハネの物語はおしまい

少し長くなったけどここまでお付き合いありがとうございました

109: 輝きたい名無しさん 2019/05/01(水) 08:12:31.58 ID:UmAOhiuJ
更新ボタンを押す手が止まらないSSでした
ありがとうございます

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1556108357/










注目記事
関連記事
2019/05/02 11:00 | SS | コメント(0)

この記事のコメント

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【声優】逢田梨香子さん、リスナーに玉子焼きでマウントを取るwwwww【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 27, 2019
実際もうAqours卒業したいと思ってそうなキャスト第一位は?【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 27, 2019
黒澤ルビィちゃんがお母さんになった時の育児にありがちなこと【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 26, 2019
【朗報】声優・小林愛香と楠木ともりの身長、同じだった!【ラブライブ!スクスタ】 May 26, 2019
Aqours三大ぐうの音も出ない神曲「Brightest Melody」「キセキヒカル」【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 26, 2019
【朗報】声優・楠田亜衣奈さんがラブライブ!特番をリツイートする!これはμ's関連の重大発表くるか!? May 26, 2019
Aqoursのライブでオケの被せをやめて欲しい【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 26, 2019
リアル小林とリアルともりるが1年以上会ってないという現実【ラブライブ!スクスタ】 May 26, 2019
Aqours 5thライブって4thよりクオリティ高くできんの?【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 26, 2019
社長になった時秘書にしたいAqours声優は?【ラブライブ!サンシャイン!!】 May 26, 2019
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 画像 SS μ's 逢田梨香子 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 津島善子 黒澤ダイヤ 黒澤ルビィ 松浦果南 ライブ 桜内梨子 小林愛香 国木田花丸 伊波杏樹 小原鞠莉 ラブライブ! 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 諏訪ななか グッズ 絢瀬絵里 ラブライバー スクフェス 矢澤にこ 動画 降幡愛 園田海未 星空凛 高坂穂乃果 高槻かなこ 鹿角聖良 南ことり 声優 Saint_Snow 小泉花陽 西木野真姫 東條希 鹿角理亞 アニメ スクスタ 楠木ともり 新田恵海 管理人の戯言 ぷちぐるラブライブ! グラブル 三森すずこ 内田彩 田野アサミ 渡辺月 楠田亜衣奈 飯田里穂 南條愛乃 徳井青空 ラジオ ニュース スクフェスAC 上原歩夢 浦ラジ Pile 中須かすみ 佐倉綾音 久保田未夢 佐藤日向 宮下愛 久保ユリカ 荻野由佳 朝香果林 優木せつ菜 ニコ生 A-RISE 大西亜玖璃 天王寺璃奈 雨宮天 水樹奈々 本田圭佑 エマ・ヴェルデ 高坂雪穂 水瀬いのり 桜坂しずく 絢瀬亜里沙 エマ 綺羅ツバサ 高海志満 千歌ママ 漫画 高海美渡 鬼頭明里 近江彼方 東山奈央 村上奈津実 鞠莉ママ 指出毬亜 松永真穂 黒沢ともよ ことり母 芹澤優 生放送 スクパラ 優木あんじゅ 畑亜貴 理事長 芸能 大橋歩夕 統堂英玲奈 金元寿子 相良茉優 お盆 ことりママ Aqours_LOCKS! 山本希望 スクコレ 



アクセスランキング