当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」その他の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】ことり「神よ」希「乙女を救い給え」【ラブライブ!】

【SS】ことり「神よ」希「乙女を救い給え」【ラブライブ!】

bouhikari_20190331114222b46.jpg






1: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:03:00.18 ID:IQwi5qu3
 

#1【人類製作所】

 

3: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:08:14.21 ID:YTSdPQ8N
ガチャ


絵里「みんな、お疲れさま」

希「お疲れ~」

ことり「二人とも、お疲れさま」

海未「お疲れ様です」

真姫「お疲れ」

絵里「──あら?穂乃果と凛、それに花陽とにこもいないわね」

希「もう屋上に行っちゃったん?」

海未「どうやら、その様ですね」

4: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:09:14.53 ID:YTSdPQ8N
ことり「今日はちょっと遅くなっちゃったし、しょうがないよ」

真姫「早く行きましょ。きっとみんな待ってるわ」シュル

希「そうやんねぇ。早く屋上に行かんと、またにこっちにぶーぶー言われるし」ファサ

ことり「あんまり待たせちゃうのもね」パタッ

絵里「……」ヌギヌギ

海未「まぁ、私とことりは穂乃果の所為で遅くなってしまったのですがね」モソモソ

ことり「あはは…」

真姫「ホント、穂乃果って事務仕事にはまったく向いてないのね」

5: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:10:12.08 ID:YTSdPQ8N
希「まぁまぁ、それは言いっこなしだよ」

海未「はぁ」

絵里「……あのさ」

希「え?」

ことり「なに?」

絵里「……」

真姫「?」

海未「どうかしたのですか?」

絵里「……昨日の、夕方の事なんだけど」


絵里「スーツ姿の中年のおじさんと、制服を着た女の子が、二人で変な建物に入って行くのを見たのよ」

6: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:12:05.93 ID:YTSdPQ8N
希「!」

真姫「は?」

絵里「それがどう言う事なのか、未だによく分からなくてね」

海未「?」

ことり「そ、それって……」

希「シッ!」

ことり「!?」ビクッ

希「最後まで聞いとこう?」ヒソヒソッ

ことり「希ちゃん?」ヒソッ

希「後でえりちに恥かかせるより、今ここでちゃんと教えておいた方がいいと思うんよ」

7: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:12:59.83 ID:YTSdPQ8N
ことり「でもぉ……」

「ねぇ」

希・ことり『!』ドキッ

絵里「二人ともどうしたの?」

希「う、ううん!なんでもないんよ!」

絵里「そ、そう?」

ことり「そうそう!」

「で?」

真姫「その変な建物ってなんなの?」

8: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:14:01.59 ID:YTSdPQ8N
絵里「あ、うん。なんだかカジノみたいな建物だったんだけど」

海未「なんでしょう。ゲームセンターの様な場所なのですかね」

真姫「ふ~ん」

真姫「……だとしたら、その二人って親子なんじゃないの?」

ことり「っ」

絵里「まぁ、手を繋いで入って行ったし……言われてみれば親子っぽかったかも」

希「…」

海未「しかし、親子二人で平日の……それも夕方にゲームセンターなど、果たして行くのでしょうか?」

9: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:15:29.94 ID:YTSdPQ8N
真姫「そう言われると、確かに変ね」

絵里「う~ん」

絵里「……父親が久しぶりの休日だったから、たまには親子水入らずで遊んでた」

絵里「とか?」

海未「まぁ、あり得なくはないですね」

ことり(あり得ないよ……)

真姫「……ちょっと、気持ち分かるかも」

絵里「え?」

海未「真姫?」

10: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:16:30.65 ID:YTSdPQ8N
真姫「あ……ち、違うのよ!?ただ何となく言っただけで……ね?」

絵里「そう言えば、真姫のお父さんは病院を経営なさっているのよね」

真姫「え、えぇ……」

海未「なるほど」

海未「お互い休日など滅多に合う事がない。だからこそ、少ない時間を大事に過ごしたいと言う、その気持ち……」

真姫「っ///」


海未「プライスレスですね」

真姫「うるさいっ///」

11: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:17:45.28 ID:YTSdPQ8N
ことり「…」ワナワナッ

希「…」ワナワナッ

絵里「だとすると、こんな風に話のネタにしてしまったのは、ちょっと無粋だったわね」

海未「とてもいい親子なのですね」

海未「真姫の様に」

真姫「も、もういいからっ///」

\『アッハハハ!』/


「はい、ちゅーもーく!」

12: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:19:12.62 ID:YTSdPQ8N
絵里「希?」

真姫「なんなのよ」

希「……」

海未「と言うか、何故あなたはバンザイをしているのですか?」

希「注目して欲しいから」

ことり「え~っとねぇ?これから、そのお話の真相をお伝えしようと思いま~す」

海未「真相…?何か知っているのですか?」

13: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:22:09.33 ID:YTSdPQ8N
希「つまりね、その二人って実は──」

絵里「?」

ことり「ごにょごにょ」

海未「……っ!!?!?」

希「ホテ......オ...サント......ナ...コガ......」

真姫「」

 



真姫「…………嘘でしょ……っ」ワナワナッ

14: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:23:38.32 ID:YTSdPQ8N
───



ガチャ

「お待たせ~」

にこ「ちょっと!あんた達おっそいのよ!」

穂乃果「待ちくたびれちゃったよー!」

ことり「あはは、ごめんね?」

凛「……あれ?絵里ちゃん達は?」

希「あぁ、あの三人は帰ったんよ」

にこ「帰ったぁ!?」

花陽「ど、どうして帰っちゃったの?」

15: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:25:57.18 ID:YTSdPQ8N
希「う~ん……とても練習出来る精神状態じゃないから、かな?」

穂乃果「え、どう言うことなの!?」

ことり「ちょっと具合悪くなっちゃったみたいでね」

花陽「大丈夫かなぁ……」

にこ「しょうがないわ。取り敢えず、今日は私たちだけで練習しましょう」

穂乃果「う、うん」

穂乃果(……なんだか、凄くパンが食べたい)

凛「?」

16: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:28:07.86 ID:YTSdPQ8N
トボトボ...


海未「……」

真姫「……」

絵里「……あっ」


絵里「あの建物……」

海未「汚らわしい」

真姫「……」


真姫「こう考えましょう。アレは──」
 


『人類製作所よ』

17: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:29:11.18 ID:YTSdPQ8N
海未「尚のこと下品です」

絵里「身も蓋もないわ」

真姫「…….そうね」

18: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:30:20.94 ID:YTSdPQ8N
#2【明るい未来の為に】

20: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:32:19.27 ID:YTSdPQ8N
ガチャ

絵里「お疲れ」

希「お疲れや~ん」

ことり「お、お疲れさま」

真姫「……」

海未「……」

絵里「また遅くなっちゃったわね」

希「そうやんね。早く着替えないと」

真姫「……」

海未「……」

ことり「~っ」

21: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:33:45.76 ID:YTSdPQ8N
希「……二人とも、なんかあったん?」

ことり「う、うん……実は」

真姫「海未が突然歌詞を変えたりしなきゃ、少なくとも私達は遅れる事はなかったの」

ことり「っ!」ビクッ

海未「だから、ブレスのタイミングが合わないから変えようと、前々から言っていたではありませんか」

真姫「変え過ぎだって言ってんのよ」

海未「そこは貴方の腕の見せ所です」

ことり「えっと……」

希「まぁまぁ、言いっこなしやん?」

22: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:34:58.58 ID:YTSdPQ8N
海未「……」

真姫「……まぁいいわ」

絵里「……」

ことり「あ、あはは」

絵里「……話は変わるけど」

希「?」

絵里「昨日、不思議なものを見つけたの」

希(えっ)

ことり(このタイミングで?)

海未「唐突に変わりますね」プチッ

絵里「ご、ごめんなさい。思い出したらなんだか訊かずにいられなくて……」

23: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:36:13.55 ID:YTSdPQ8N
真姫「で、なに?」シュル

絵里「うん。それでね」

絵里「自販機のお釣りが出てくる所あるじゃない?あそこに変な物が入ってたのよ」

海未「……絵里。そんな得体の知れない物を無闇やたらと触るものではありません」

絵里「う……だ、だって!ジュース買った時だったからしょうがなく……」

真姫「それで、その不思議な物って?」

絵里「う、うん。なんか個別包装されてる、お菓子の袋みたいな物なんだけど」

24: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:37:21.02 ID:YTSdPQ8N
ことり「……」

希「ことりちゃん」コソコソ

ことり「なに?」コソッ

希「今日は何だと思う?」コソコソ

ことり「……たぶん、アレかも」コソコソ

希「アレ?」コソッ

ことり「被せるヤツ」コソコソ

希「……あぁ。」

25: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:38:44.33 ID:YTSdPQ8N
海未「なんでしょう。お菓子では無いのですか?」

真姫「自販機にお菓子なんて置くわけないじゃない」

海未「……置いてる所もありますが」

真姫「はぁ?そんなの見たことないわ」

海未「高速道路のパーキングエリアなどにはたまに置いてあります」

真姫「……その辺にはないでしょ」

海未「ある所にはあるでは?」

希(え、なんか……)

ことり(どうしよう……)

26: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:40:30.65 ID:YTSdPQ8N
真姫「…」

海未「…」

絵里「えっと……」

絵里「そ、それでね?私も好奇心に負けて、袋の上から触ってみたのよ」

真姫「……へぇ、それで?」

絵里「そしたらその、なんと言うか……」

海未「なんと言うか?」

絵里「………輪っかだったわ」

真姫「は?」

希「正解やね」コソッ

ことり「だね」コソッ

27: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:41:30.18 ID:YTSdPQ8N
海未「輪っか?ポンデリングですか?」

真姫「……冗談で言ってるのよね?」

海未「もちろんです」

絵里「ううん。ポンデリングでもカールでも五円チョコでもないと思う」

真姫「そもそも、ポンデリングはそんなに小さくないし、カールは個別包装なんてされてないじゃないの」

海未「じゃあ五円チョコですか?」

真姫「……貴方、考える気あるの?」

海未「消去法を使っています」

真姫「……」

海未「……」

28: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:42:38.48 ID:YTSdPQ8N
希「今日の真姫ちゃんと海未ちゃん、なんかおかしくない?」コソコソ

ことり「やっぱり、さっきので大分イライラしてるのかも」コソコソ

希「……困ったね」コソ

ことり「……うん」コソ

絵里「──と言うかね?」

絵里「なんか"ゴム"みたいな感触だったわ」

希・ことり『!?』ドキッ

真姫「ゴム?」

海未「………分かってしまいました。」

29: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:43:38.65 ID:YTSdPQ8N
絵里「え、もう!?」

真姫「まさか、今度は輪ゴムとか言う気じゃないでしょうね」

海未「違います。正解は……」

真姫「…」

絵里「っ」


海未「──グミです。」

絵里・真姫『!?』

ことり(それも冗談だよね……)

希(その発想は無かったわ……)

30: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:45:14.61 ID:YTSdPQ8N
絵里「な、なるほど!」

真姫「確かに、グミなら個別包装されてる物もありそうね」

海未「きっと新作のグミなんですよ」

絵里「……でも」

真姫「どうしたの?」

絵里「ソレを拾って、手触りを確かめてる時にね?中学生くらいの男の子三人が通りかかったんだけど」

絵里「私の顔を見るなり、なんか少し前屈みになってた気がするのよ」

希「っ」

ことり「///」

31: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:46:48.74 ID:YTSdPQ8N
真姫「前屈みに?」

海未「三人同時にですか?」

絵里「えぇ。しかも、5秒くらいジィーっと顔を見られてたわ」

海未「それは……なんだか少し怖いですね」

真姫「……自慢話しでしょ」

絵里「え?」

海未「真姫?」

真姫「その男の子たち三人の目を、釘付けにするくらい私は美人だって」

真姫「──そう言いたいのよね?」

32: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:48:38.68 ID:YTSdPQ8N
絵里「ち、違うわよ!!本当にそうだったんだもん!」

海未「なるほど」

海未「確かに絵里は、100人に聞けば120人がそうと答えるほどの美人ですからね」

真姫「……20人はどこから来たのよ」

海未「聞いてもいないのに答える輩です」

絵里「だから!コレは本当にそんな話じゃないのよ!」

真姫「分かってる。イジワル言って悪かったわ」

絵里「……もうっ」

33: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:50:21.81 ID:YTSdPQ8N
海未「それで、結局そのグミの袋は開けたのですか?」

絵里「まさか。いつから入ってるのかも分からない物だったし」

絵里「何より、わたし拾い食いなんて絶対にしないもの」

希「…」ワナワナッ

ことり「…」ワナワナッ

真姫「ま、それが正解ね」

海未「しかし。何という商品名なのか、結局分からず終いでしたね」

絵里「あとで一緒に調べてみましょ?」

34: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:52:31.52 ID:YTSdPQ8N
真姫「……意外とお高いグミだったりして」

絵里「まっさか~、だって"グミ"よ?」

海未「ですよね」

\『アッハハハ!』/


「はい、ちゅーもーく!」


絵里「え?」

真姫「……」

海未「……また、バンザイしていますね」

希「ウチを見てください」

35: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:54:28.47 ID:YTSdPQ8N
真姫「はいはい。今日はなんなのよ?」

ことり「えっとねぇ?これから、その道具の名前と正しい使い方を説明しま~す」

真姫「ど、道具!?それって道具なの!?」

希「うん。実はその道具ってね?」

ことり「ごにょごにょ」

海未「!!?!?」

希「カブ...テ......イ...ルヤツ......」

絵里「」
 



絵里「…………手ぇ……洗ってくるぅ……っ」

36: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 20:58:06.24 ID:YTSdPQ8N
───



ガチャ

「お待たせ~」

にこ「遅いっ!!」

ことり「ご、ごめんねぇ」

穂乃果「……もしかしてさ」

ことり「へ?」

穂乃果「みんな穂乃果に内緒で、なにか美味しいものとか食べてるんじゃ──」

チョンチョン

穂乃果「え?」

37: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:02:49.32 ID:YTSdPQ8N
希「おすそ分け♪」ヒョイ

穂乃果「はむっ」パクッ

凛「あ!」

穂乃果「~っっっ」

凛「なに食べたの!?ねぇねぇ!」

穂乃果「おいひぃ~っ♪」

凛「ねぇ凛も!凛も食べたい!」

希「はいはい、ちょっと待ってね~」

38: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:04:49.30 ID:YTSdPQ8N
にこ「で?あのお馬鹿三人は?」

ことり「あ~っと、実はね?今日も三人とも調子が悪くなっちゃって──」

にこ「帰ったの!?」

花陽「し、心配だよ~っ」

希「大丈夫やって、きっと明日には元気になってると思うから」

にこ「まったく、明日来たらぜったいお説教してやるんだから!」

凛「ねぇ、凛もーっ!」

希「ひょいパク♪」

凛「あむっ」


穂乃果・凛『~♪』

39: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:07:13.12 ID:YTSdPQ8N
トボトボ....


海未「……」

真姫「……」

絵里「……あっ」


真姫「もしかして、あの自販機?」

絵里「うぅ……っ」

海未「……」ポンポン


海未「こう考えましょう。アレは──」
 


『明るい未来へ導く為の道具です』

40: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:08:10.56 ID:YTSdPQ8N
真姫「それ、使う人にも寄るんじゃ……」

海未「真姫っ!!」

絵里「もうやだぁーーーっ!!!」

41: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:22:48.95 ID:YTSdPQ8N
#3【桃色健康器具】

42: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:23:59.22 ID:YTSdPQ8N
ガチャ


「お疲れ……って」


絵里「あら、みんなもう行ったのかしら?」

希「うふふ。元気やねぇ」

絵里「でも、今日は余裕ね」

希「そうやんね。にこっちは遅いって言うだろうけど」スルッ

絵里「あの子たちが早過ぎるのよ」ジィ-ッ

希「まぁ、その分今日はゆっくり準備出来るから、焦らなくても大丈夫やん?」シュル

絵里「そうね」スッ

43: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:30:13.57 ID:YTSdPQ8N
ガチャ

ことり「お疲れさま~」

海未「……」

真姫「……」

絵里「お疲れ様」

希「お疲れ~」

ドサッ

海未「……」イソイソ

真姫「……」イソイソ

絵里「?」

希「……あ~」

ことり「え、えっと……ことりもいま準備するね?」ササッ

44: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:37:20.36 ID:YTSdPQ8N
希(あのケンカまだ引きずってるんだ……)

絵里「……二人とも、どうかしたの?」

真姫「は?なにが?」キッ

海未「別にどうもしていませんが?」キッ

絵里「え、えっと……その……っ」

絵里「──あっ!この間ね?」

真姫「やめて」

海未「その手の話はウンザリです」

絵里「うぅ……」

45: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:41:23.24 ID:YTSdPQ8N
希「二人とも。えりちに当たってもしょうがないやん?」

ことり「絵里ちゃんはね、二人に仲良くして欲しいだけなんだよ?」

真姫「……」

海未「……」

絵里「あの、ゴメンね?私もう余計なこと言わないから……」

海未「……貴方はなにも悪くありませんよ。本当に悪いのは私です」

真姫「私も、悪かったわね」

絵里「海未……真姫……っ」

希「うんうん♪」

ことり「みんな仲良くね♪」

46: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:42:40.67 ID:YTSdPQ8N
真姫「……」

絵里「真姫?どうしたの?」

真姫「……そう言えば、」

希「っ!」

ことり「!?」

海未「なんですか?」

真姫「この間、ファンの子からよく分からない物を手渡されたのよ」

海未「よく分からない物……?」

絵里「なにを貰ったの?」

希「~っ」ハラハラッ

ことり「~っ」ドキドキッ

47: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:46:36.11 ID:YTSdPQ8N
真姫「……」ゴソゴソ

真姫「コレなんだけど──」スッ


【ピンクロー○ー】


ことり「!!?!?」

希(あ、アレを……ファンの子からっ///)

絵里「んん?ピンク色の卵?……でも、なんだかコードみたいなものが伸びてるわね」

海未「新手のイースターエッグかと思いましたが、やはりそのコードが謎ですね」

真姫「序でに言うと、端にリモコンらしい物も付いてるわ」

48: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:50:37.53 ID:YTSdPQ8N
絵里「ホントだ。何かしらコレ?」

海未「スイッチが付いていますね。それを押すとどうなるのですか?」

真姫「それがね……」カチッ

ブブブブブッ

絵里「!?」ビクッ

海未「うわっ!?」

真姫「ご覧の通り、ただ振動するだけなの」

絵里「んんん?ますます分からないわ」

49: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:52:18.01 ID:YTSdPQ8N
海未「振動……バイブレーション……」ブツブツ

ことり「っ」

真姫「やっぱり、あなた達でも駄目かしら」

絵里「う~ん」

海未「……たしか、健康器具でこう言った物がありましたよね?」

真姫「あぁ、肩に充てる"棒状"のやつ?」

絵里「?」

海未「はい。その"棒状のモノ"です」

希「っ」

絵里(健康器具……"棒状のモノ"……)スッスッ

50: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 21:56:26.27 ID:YTSdPQ8N
真姫「でも、健康器具ってどれもある程度の大きさがあるじゃない?」

海未「そうですね」

真姫「こんな小さな物で、身体の一体どこをマッサージするって言うのよ?」

絵里(あ、きっとコレだわ!)ペカ-ッ

海未「う~ん」

海未「──耳、とかですかね」

ことり(耳って……)

希(新しすぎるよ……)

真姫「……貴方バカ?耳も凝る人なの?」

海未「」カチンッ

51: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:00:03.43 ID:YTSdPQ8N
海未「……耳を凝らす。と言う言葉があるので、凝る事もあるんじゃないのでしょうか」

真姫「」イラッ

真姫「……今、そんな屁理屈いらないから」

海未「っ」ムカッ

海未「理を突き詰めなければ、解決の糸口など見えはしないのでは?」

真姫「っ」ギリッ

真姫「議論の焦点が全く合ってないって言ってるのよ。分からないのかしら?」

希(あ~もうっ)

ことり(また始まっちゃった)

絵里(フットバスかぁ、いいなぁ~)

52: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:01:34.81 ID:YTSdPQ8N
海未「最初に揚げ足を取ったのは貴方の方でしょう?もう忘れたのですか?」

真姫「あんまり馬鹿なこと言ってるから諭してあげたのよ。言わせないで」

海未「そんな凝り固まった頭で疑問の追求など出来るのですか?大した思考回路ですね」

真姫「そうね。少なくとも耳をマッサージするだなんて発想、私にはないわね」

海未「……」

真姫「……」
 


海未「西木野」ガタンッ

真姫「なによ、園田」ガタンッ

53: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:05:32.80 ID:YTSdPQ8N
海未「……」ズズズズッ

真姫「……」ゴゴゴゴッ

希(うわうわうわ……っ)

ことり(どうしてこんな事に……)

絵里(へぇ~、こんな道具もあるのねぇ)スッスッ

真姫「……今日はやたらと突っかかって来るじゃない。つまんない意地張るわね」

海未「自分で考えられない人の代わりに考えていますからね、余裕がないのですよ」

真姫「とかなんとか言いながら、結局アナタもコレが何なのか分からないじゃない」

海未「ですから、健康器具ではないかと先程から言ってるじゃないですか」

54: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:12:25.98 ID:YTSdPQ8N
海未「それなのに、アナタが変に揚げ足を取ったりするから話が進まないのですよ」

真姫「そんなに言うのなら、試しに自分のに充てがってみればいいじゃない」

真姫「──耳に、ね」

海未「……分かりました。」

カチッ

海未「では、行きます」ブブブッ

スッ

海未「──んんっ!?」ブルブルッ

絵里「!?」ビクッ

真姫「……」


海未(こ、これは……っ!!)

55: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:15:58.29 ID:YTSdPQ8N
海未(くすぐった……と言うか……き…っ///)

真姫「……」

海未(気持ちいいっ//)ブルブルッ

絵里(え……この子何やってるの?)

海未「~っ///」

真姫「──アナタ、馬鹿丸出しよ?」

海未「う、うるさいですっ!!」バッ

海未「そんなに言うのなら!アナタの意見を聞かせてもらおうじゃありませんか!」

56: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:18:52.32 ID:YTSdPQ8N
真姫「上等だわ、貸してみなさい?」

海未「えぇどうぞ。アナタのご高説、とくと拝聴させて貰いますよ?」スッ

真姫「……ふんっ」カチッ

ブブブブッ

真姫「──あっ///」ビクッ

海未「……」

真姫(な、なによコレ……っ。振動がうるさいとか、そんな事よりも……)

真姫(き、気持ち……いい……っ///)ブブブッ


希(耳に○ーターを充てがう女子高生……)

ことり(今日は本当のこと言うのやだなぁ……)

絵里「……」

57: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:21:57.46 ID:YTSdPQ8N
真姫「っ///」ブブッ

海未「……」

絵里「──貴方たち、」

海未「!?」

真姫「っ!」バッ

絵里「なんか、変態っぽいわよ?」

海未「だ、誰が変態ですかっ!!」

真姫「この人と一緒にしないで!!」

海未「それはコッチの台詞です!!」

真姫「ノシ付けて打ち返してやるわ!!」

希(いやいや……)

ことり(漏れなく変態なんだよねぇ……)

58: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:24:39.56 ID:YTSdPQ8N
絵里「二人とも、ケンカしてる場合じゃないでしょ?先ずコレの検証をしないと」ブブッ

海未「~っ」

真姫「……フンッ」

絵里「海未はさっき健康器具って言っていたけど、案外当たりかもしれないわよ?」

海未「……園田に一票ですね」フフッ

真姫「ブツわよ」

絵里「ただ問題なのは、この形状と小ささで一体どこに充てがえばいいのかって事よね」

海未(それはさっき散々話し合いましたが)

真姫(本当にまるっと聞いてなかったのね)

絵里「………あっ」

59: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:27:54.80 ID:YTSdPQ8N
絵里「だから二人とも、耳なんかに充てがってたのか……」

真姫「やっと追い付いたわ」

海未「遅すぎです」

絵里「ご、ごめんなさい。そうとは知らず、二人に変態だなんて言ってしまって……」

海未「やはりコレは、耳に充てがう為の健康器具でいいのではないでしょうか」

真姫「だったらどうして、スイッチと本体を分ける必要があるのよ?」

絵里「う~ん……。振動で壊れちゃうから、とかじゃない?」

60: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:28:47.53 ID:YTSdPQ8N
真姫「それだと、既存の健康器具は殆ど壊れやすい事になってしまうじゃないの」

絵里「で、でも。マッサージチェアーは大体壊れやすいって、お祖母様が言ってたわ」

海未「そんな事はありません。JIS規格を侮ってはなりませんよ?」

絵里「?」

海未「現に、私の家に置いてある物は軽く十年は使っています」

真姫「……貴方は電気屋の回し者なの?」

海未「とにかく。何かしら形を付けなければ、いつまで経っても溜飲は下げられません」

海未「健康器具としての形状に適していないのであれば、きっと別の用途がある道具なのかも知れませんよ」

61: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:31:14.57 ID:YTSdPQ8N
絵里「そ、そうね。もう少し検証して──」

真姫「じゃあなんなのよ」

海未「ですから、それを考えようと」

真姫「結局それ?」

海未「……それ、とは?」

真姫「分からないの?」

海未「意味不明ですね」

真姫「大バカ」

海未「ノータリン」

真姫「園田」ガタッ

海未「西木野」ガタッ

「やめてっ!!」

62: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:33:04.91 ID:YTSdPQ8N
絵里「二人とも!なんでさっきから喧嘩腰で話すのよっ!三人で考えようって言ってるじゃないの!」

海未(……言ってましたっけ)

真姫(……初めて聞いた様な)

絵里「見てみなさいっ!!希とことりが怯えてしまってるわ!」

希・ことり『え"っ』

絵里「きっと、あと5秒もしないうちに二人とも泣いちゃうわよ!?」

希(……泣く準備しよっか)

ことり(……はい)

63: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:36:45.87 ID:YTSdPQ8N
絵里「さぁどうするの!?希とことりの事を泣かせる人は、この部活の子じゃありませんからね!プンプンッ」

真姫(なにがプンプンッよ)

海未(その怒り方はなんなんですか)

真姫「……分かった。もうケンカしないから泣かないでちょうだい」

絵里「真姫っ」

海未「──確かに、このままではソレの謎は明かせないですからね」

絵里「よし!それじゃあ改めて、三人仲良く考えてみましょう!」

64: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:43:45.17 ID:YTSdPQ8N
真姫「貴方、なんだか小学校の先生みたい」

海未「それでは、私達は小学生になってしまいますよ」

絵里「……ふふっ、それも可愛くていいかも知れないわね」

\『アッハハハ!』/

希「……」

絵里「あはは……」

真姫「……」

海未「……また、バンザイしていますね」

65: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:49:25.01 ID:YTSdPQ8N
希「みんな、落ち着いて聞いて欲しいんよ」

真姫「こ、このパターンってさ?」

絵里「~ッッッ」

ことり「これから、その道具の一般的な使い方を」

海未「聞きません」

ことり「え?」

海未「あなた方がそうすると言う事は、どうせまた、何か不埒な目的の為に作られた道具なのでしょう?」

希「そ、それは……」

海未「真姫。貴方も聞いてはなりませんよ」

真姫「……おかしくない?」

66: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 22:54:14.02 ID:YTSdPQ8N
絵里「え?」

真姫「だってこれ、ファンの子から貰った物よ?しかも、その子は女の子なのよ?」

絵里「た、確かに。そう考えると、ちょっとおかしいのかも……」

海未「駄目です、考えてはいけません」

希「えっと……」

ことり「そ、それじゃあ。今回は何もなかったってことで」

真姫「待って」

ことり「え?」

68: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:10:40.00 ID:YTSdPQ8N
希「真姫ちゃん?」

真姫「……私にだけ、教えてちょうだい」

海未「駄目です!」

希「う~ん」

ことり「……絵里ちゃんはどうする?」

絵里「うっ……わ、私も遠慮しておくわ」

ことり「じゃあ、今回は真姫ちゃんにだけお話するね?」

真姫「えぇ」

海未「真姫っ!」

69: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:12:03.25 ID:YTSdPQ8N
希「えっとね?アレは……」

ことり「ごにょごにょ」

真姫「……っ!!?!?」

絵里「うぅ……」

海未「~ッッッ」

希「......オマ...ニ......テ......チヨク.....」

真姫「」フラッ

絵里「ま、真姫!?」

海未「どーしたのですか!?」

真姫「…」スッ
 


真姫「……もう、ファンなんかいらない」

70: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:19:36.41 ID:YTSdPQ8N
───



にこ「おッッッッッッそいっ!!!!!」

花陽「あ、あはは……」

凛「そういや最近、絵里ちゃんと海未ちゃんの顔見てないな~」

穂乃果「穂乃果は絵里ちゃんと真姫ちゃんの顔見てないよ~」

にこ「私は三人とも見てないわ!」

花陽(つ、つまり。絵里ちゃんを見た人は誰も居ないんだ……)

ガチャ

「お、お疲れさまー!」

71: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:22:14.27 ID:YTSdPQ8N
にこ「……」

希「ごめんごめん!」

ことり「すぐ準備するからね!」

にこ「……あの三人は?」

希「え、えっと……それがね?」

ことり「あの……さ、三人とも用事があったらしくて、それで……」

にこ「…………私の堪忍袋も、そろそろ限界が近いのよね」

希「~っ」

ことり「ッッッ」

にこ「LINEじゃ埒が明かないから、明日来たら直々にお説教きてやるわ」

72: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:23:33.95 ID:YTSdPQ8N
にこ「──てゆーか!穂乃果っ!!」

穂乃果「へ?」

にこ「あんたはリーダーなんだから、少しくらい怒ったらどーなの!?」

穂乃果「怒る?なにが?」

にこ「部員の怠慢に喝を入れなさいって言ってんのよっ!!」

穂乃果「……えーっと、」

穂乃果「カツ!」ペシッ

にこ「うぎゅっ!」

穂乃果「コレでいいの?」

にこ「………………このぉ……っ」

74: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:29:09.12 ID:YTSdPQ8N
にこ「おバカおバカおバカおバカおバカおバカおバカァーッ!!」パシパシパシッ

穂乃果「イタタタッ!?いったいよぉー!」

凛「にゃははは!」

花陽「はわわわ……」

ことり「に、にこちゃん?その辺で……」

希「まぁまぁ。明日は三人とも必ず連れて来るから、心配せんでええよ?」

にこ「絶対だからねっ!!!」ポコォッ!

穂乃果「はぅっ!?」

75: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:30:31.10 ID:YTSdPQ8N
トボトボ...


海未「……」

絵里「……」

真姫「……」


真姫「……うっ」


絵里「真姫。もう考えちゃダメよ」

真姫「考えるなって言う方が無理よ……」

海未「あの二人に、どの様な事を聞かされたのかはわかりませんが」

海未「使っていないのであれば、それは最初から無いのと同じではないでしょうか」

76: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:33:11.61 ID:YTSdPQ8N
真姫「で、でも……」

海未「そういう時は、瞑想をするととても心が落ち着きますよ?」

真姫「……瞑想ねぇ」

絵里「……」

絵里「こう考えましょう。アレは──」
 


「ピンクのマッサージ機よ」

77: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:34:22.73 ID:YTSdPQ8N
海未「そのまんまです」

絵里「え?」

真姫「……家電ゴミでいいのよね」

78: 輝きたい名無しさん 2019/03/30(土) 23:36:09.73 ID:YTSdPQ8N
#4【獣の穴】

79: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:31:10.80 ID:fBHhuk+b
絵里「……絶対にまずいわ。」


希「なにが?」

絵里「きっとにこはカンカンに怒ってる筈よ。今日こそ屋上に行かなくちゃ」

真姫「……」シュル

海未「そもそも、昨日は三人で帰る必要など無かったのでは」

絵里「海未。あんまり寂しい事言わないの」

海未「え?」

絵里「私たち三人、運命共同体みたいな物じゃないの。三位一体ってヤツよ」

海未(嫌な使い方ですね)

真姫(お互い、足しか引っ張ってない様な気がするんだけど)

81: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:39:30.88 ID:fBHhuk+b
ことり「まぁでも、今日はだいぶ時間に余裕があるんだし、そんなに焦らなくても大丈夫だと思うよ?」

希「にこっちと穂乃果ちゃんはさ、なんか用事があるみたいやったから、済んだら真っ直ぐ屋上に行くって」

真姫「花陽と凛はアルパカ小屋に行ってから屋上へ行くそうよ」

絵里(……そう言えば、最近あの四人の顔全然見てない様な気がする)

海未「……」

ことり「海未ちゃん?」

海未「……あの、少しだけ私の話を聞いて貰えますか?」

82: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:41:36.12 ID:fBHhuk+b
希「ん?」

絵里「どうしたの?」

真姫「貴方から話題を振るなんて、なんだか珍しいわね」

海未「えぇ。それと言うのも、実は今朝拾った物があるんです」

希(あっ)

ことり(嫌な予感)

絵里「なにを拾ったの?」

海未「はい」ゴソゴソッ

ゴトッ

海未「──コレを。」スッ


【TEN○A】

83: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:42:31.69 ID:fBHhuk+b
希(ギ……ッ!!?!?)

ことり(はぁああぁあああああっっっ!!?)

絵里「!」

真姫「なんなのこれ?ロケット?」

希(い、今バックから取り出したよね……ッ)

ことり(うわぁあああああっっっ!!!!!やだやだやだぁっ!!!海未ちゃんのバックにあんな汚らわしい物がぁっ!!!!)

海未「私にも、コレがなんなのか皆目見当が付かなくて、正直困り果てているんです」

ことり(あ、あとでぜったい新品のバックと取り替えなくちゃ……っ!!!)

84: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:49:10.38 ID:fBHhuk+b
真姫「う~ん……何なのかしら」

海未「もしや、小さい空気砲でしょうか?」

真姫「……ドラ○もんの見過ぎよ」

「──フッフッフ、もう分かっちゃった」

希(えりち!?)

海未「ほ、本当ですか!?」

絵里「フフンッ」

真姫「一体なんなの!?」

絵里「コレはね……」

希「~ッッッ」


絵里「マトリョーシカよっ!!」

海未・真姫『……』

85: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:51:48.84 ID:fBHhuk+b
希(よ、良かったぁ……)ホッ

ことり(なんなのアレ……この世で一番要らないものだよ……ッ)プルプルッ

絵里「な、なによ!?その反応はぁ!!」

海未「……真姫。」

真姫「はーい」

真姫「それじゃ絢瀬さん、ポンコツによく効くお薬出しておきますね~」

絵里「ポンコツって言わないでっ!!」

海未「いいですか?絵里。コレはマトリョーシカなどではありません」

海未「その証拠に……ふっ!」ググッ

ことり(もう触んないで……)

86: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:56:07.28 ID:fBHhuk+b
カポッ

希(うわぁ……)

海未「この様に、底に蓋が付いているだけで、コレより一回り小さい物など入るスペースはまったく無いのです」

絵里「ぶぅ、マトリョーシカっぽいのに」

真姫「分からなくはないけどね」

海未「そして、この中はゼリー状の何かがギッシリと詰められています」

希(聞きたくない……)

ことり(もうやめよ?海未ちゃんもうやめようよ……ね?)

87: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 00:57:04.68 ID:fBHhuk+b
希「ことりちゃん」コソッ

ことり「っ」

希「……ことりちゃん?」コソッ

ことり「~ッッッ」

ことり「かばん買って来るっ!!」ダダダッ

ガチャ

バタンッ

希「……」


希(……今回も黙って見とこ)

88: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:03:07.11 ID:fBHhuk+b
絵里「ゼリー?」

真姫「どう言う事なのかしら?」

海未「私は、謎を解く鍵はこの文字に有ると踏んでいます」

絵里「……"TEN○A"?コレって、てん○って読んでいいの?」

海未「さぁ、私にはなんとも……」

真姫「多分ソレ、商品名よね?」

海未「恐らくは」

真姫「……」スッスッ

海未「──真姫。」

真姫「え?」

海未「それは負けを意味します」

89: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:06:24.44 ID:fBHhuk+b
真姫「は?どう言う事よ」

海未「スマホに頼らず、先ずは自分で考えてみましょう」

真姫「イヤよ、面倒くさい。それこそ時間の無駄でしょ」

海未「では、真姫はここで脱落。という事でいいのですね?」

真姫「っ」カチンッ

真姫「……アンタ。どうしても私に喧嘩売りたいらしいわね」

絵里「…」

海未「いえいえ、そんな事はありませんよ」

海未「そもそも私、ワンサイドゲームは好きじゃないので」

真姫「」プチッ

90: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:07:11.26 ID:fBHhuk+b
真姫「……園田」ガタンッ

海未「やる気ですか?」ガタンッ

絵里「っ」ガタンッ

海未・真姫『え?』

絵里「……見なさい。」スッ

希「?」キョトン

真姫「は?」

海未「な、なんですか?」

絵里「……希が泣いているわ」

希(ぇえっ!?)

91: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:11:57.22 ID:fBHhuk+b
絵里「希を泣かせる人は、例え誰だろうとこの私が許さないんだからね」

絵里「えぇ許しませんとも。希を悲しませる様な人は、音ノ木坂の果てまで追い掛け回して、必ず謝らせるんだから」

真姫(……もうちょっと頑張りなさいよ)

海未(せめて町内くらいは追いかけて下さい)

絵里「ほら、どうするの?5秒後にはきっと泣き叫んでるわよ」

希(声出るかな……)

真姫「……あー、悪かったわ。海未」スッ

海未「いえ、悪いのは私です」ギュッ

絵里「まったくもうっ」

希(危なかった……)

92: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:15:16.34 ID:fBHhuk+b
絵里「真姫。せっかく材料があるのだから、先ずは自分たちだけで考察してみない?」

真姫「そうね。確かに不粋だったわ」

海未「いえ、分からない事は直ぐに調べようと言う、その姿勢はとても立派ですよ」

絵里「白黒ハッキリさせたがる辺り、とても真姫らしいと思うわ」

真姫「い、いいから!取り敢えず考察してみましょう!」

海未「はい。では先ず、この形状について少し考えてみましょう」

絵里「──頭と底が出てて、真ん中が括れているわね」

真姫「これだけ見ると、少し瓢箪(ヒョウタン)と似ているかも……」

絵里「?」

93: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:17:17.21 ID:fBHhuk+b
海未「瓢箪……確かに似ていますね」

真姫「まぁ、形だけだけれども」

海未「そもそも、この模様自体──」

絵里「え、えっと。ごめんなさい」

海未「はい?」

絵里「私、そのひょうたん……?が、よく分からなくて……あの……」

海未「あ、すみません」

真姫「私も配慮が足りなかったわ。今画像を見せるから」

真姫「──スマホを使っても?」

海未「えぇ、構いませんよ」

真姫「……」スッスッ

94: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:18:29.55 ID:fBHhuk+b
真姫「これよ」パッ

絵里「ありがとう」スッ

絵里「……へぇ、これが瓢箪なのね」

希「…」

絵里「因みに、これは何に使う道具なの?」

海未「はい。この瓢箪と言う道具は、実に様々な用途で使われている物でして」

海未「その中でも、最もポピュラーな使用法として、昔は飲料水を入れるための道具としてよく使われていました」

絵里「飲料水?水筒みたいな物?」

真姫「正にそうね」

95: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:20:01.53 ID:fBHhuk+b
海未「そもそも瓢箪と言うのは、ウリ科の植物の果実を加工して作るもので──」

海未「表面に微細な穴があり、そこから水分が気化して内部の熱が奪われる事で、外気より常に低い水温を保てると言う、優れた携帯容器なのです」【TEN○A】

希(物凄く頭悪そうに見える)

絵里「……と言うことは」

海未「え?」

絵里「これって、水筒なの?」【TEN○G】

真姫「!」

海未「ふむ。しかし、それでは中のゼリー状の物の意味が分かり兼ねます」

絵里「あ……確かに」

真姫「ちょっと貸して」

海未「はい」【TEN○G】

96: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:27:20.50 ID:fBHhuk+b
真姫「…」スッ

希「!!?!?」

真姫「うわぁ、何よこれ……なんでこんなにヌルヌルするのよ……」ヌルッ

絵里「え?ヌルヌルするの?」

真姫「だって……ほら」【TEN○G】

絵里「…」スッ

絵里「うわ、本当にヌルヌルする!」ヌルッ

希(やめてやめてやめてっ!"使用済み"だったらどーするの!?)

真姫「──なるほど。」

真姫「底部の穴は、一見すると小さく見えるけど、入り口が柔らかい素材で出来ているから割と"大きなモノ"でも入りそうだわ」

98: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:30:31.68 ID:fBHhuk+b
絵里「そうね。そしてこのヌルヌルは、もしかすると"ナニか"を入れる為の"潤滑剤"の様な役割を果たしているのかも」

海未「!」

希(コレで知らないって言うんだから、驚きの会話だよね……)

真姫「ねぇ、海未はどう思う?」

海未「……」

真姫「?」

絵里「海未?」

海未「……やはり、コレは水筒なんですよ」

絵里「え?」

真姫「貴方、さっき自分で水筒説を否定してたじゃないの」

海未「えぇ」

99: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:31:47.65 ID:fBHhuk+b
海未「ですが、今し方思い出したんです」

絵里「なにを?」

海未「ゼリー状の物と言えば、"保冷剤"にもよく使われていたと言う事を……」

絵里「保冷剤?」

真姫(え……保冷剤の中身ってゼリーなの?)

海未「そう考えると、これまでの辻褄が合うんです」

希(な、なんか閃きだしたっ)

海未「──二人は、こんな動画を見た事はありませんか?」

真姫「?」

絵里「動画?」

100: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:33:27.58 ID:fBHhuk+b
海未「はい。温くなってしまった缶ジュースを氷の上で高速回転させる事で、一瞬のうちに中身を冷やしてしまうと言う動画を」

真姫「……あっ」

絵里「知ってるわソレ!前に亜里沙と一緒にYou○ubeで見た事ある!」キャッキャッ

海未「要は、それを小型化して持ち運び可能にした物がコレなんです」

真姫「──待って、」

絵里「真姫?」

真姫「今の話と照らし合わせれば、確かにこの形にも説明が付くわ」

真姫「それに、こんな見た目をしてるんだもの。その用途が一番納得出来るでしょう」

海未「……」

真姫「……けどね」

101: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:35:54.54 ID:fBHhuk+b
真姫「それなら、なんでこんなに中がヌルヌルしてる必要があるのよ?」

絵里「た、確かに」

真姫「なにより、こんな"狭い穴"じゃどう考えたって容器なんか入りっこないわ」

海未「……」

海未「その言い分、ごもっともです」

絵里「い、いい線は行ってたわよ?」

真姫「……振り出しね。」

海未「いえ、違います」

真姫「…」

絵里「どう言うこと?」

海未「この"穴"の狭さも、そしてその"ヌルヌル"も、こう考えれば説明が付くんです」

102: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 01:38:51.33 ID:fBHhuk+b
真姫「勿体ぶらないで」

絵里「ま、真姫……」

真姫「まどろっこしいのよ。もっとストレートに言ってちょうだい」

海未「──分かりました。それでは単刀直入に言います」

海未「つまり、部品が足りないんです」

真姫「部品?」

絵里「………あっ」

真姫「は?」

絵里「私、分かったかも……」

海未「聞かせて下さい」

絵里「つまり、海未はこう言いたいのね?」

103: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:00:58.10 ID:fBHhuk+b
絵里「その"穴"にぴったり入る"棒状のナニか"が別にあって」

絵里「それこそが正に、飲み物を入れる水筒そのもので、この入れ物を使って冷やすって、そう言いたいんでしょ?」

海未「…」

絵里「っ」

真姫「そ、そうなの?」

海未「──絵里。」

絵里「は、はい」

海未「……」


海未「正解です」

絵里「やったー♪」キャッキャッ

希(今ネタバレしたら、みんな泣くかな?)

104: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:02:34.47 ID:fBHhuk+b
ガチャンッ

「ただいまっ!!」

希「おぉ、おかえり」

ことり「どうなった!?」

希「うん。ひどい有様」

ことり「ッ」

ことり「ば、バレてはいないよね!?」

希「大丈夫やって」

希「それにもしバレてたら、今ごろ救急車呼んでるところだよ」

ことり「そ、そっか……」

105: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:04:00.77 ID:fBHhuk+b
真姫「もう少し具体的に説明してくれる?」

海未「はい。先程絵里も言ったように、この底の部分より、付属しているであろう"棒状のモノ"を"挿入"します」

ことり「!?」

海未「そして、"ナカ"でその棒状のモノを"激しく"回転させ、一気に冷却……」

希(うわぁ……)

海未「程よく冷えた中身を、この上に付いている"開口部"より──」


海未【"口を付けて飲みます"】


希(さ、最悪や……ッ)ガクガクッ

ことり(海未ちゃんは……海未ちゃんは絶対にことりが守護る……ッッッ)ワナワナッ

106: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:14:36.13 ID:fBHhuk+b
海未「これが、私が考えました"TEN○A"の使用法です」

真姫「……なるほどね。」

絵里「な、納得したわ」

海未「本当はここで"実演"してみたかったのですが、拾った場所にはそれらしい物が見当たらなかったので、推測の域を出ません」

真姫「どこで拾ったの?」

海未「はい。わたしの家の玄関の前に置いてありました」

希・ことり『!!?!?』

107: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:16:08.75 ID:fBHhuk+b
絵里「……え、それって危なくない?」

真姫「てゆーか!そもそも落ちてる物を拾うこと自体おかしいのよ!」

海未「す、すみません。余りにも派手なデザインだったので、思わず……」

真姫「まぁでも、今見た限りではそんなに怪しいものでも無さそうね」

絵里「それにしても、さっきの海未の推理はとても素晴らしいものだったわ」

海未「あ、ありがとうございます……///」

真姫「その発想力、ちょっと羨ましいかも」

海未「うぅ…っ///も、もうやめて下さい!」

\『アッハハハ!』/

108: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:18:31.63 ID:fBHhuk+b
希「……」

ことり「~っ」

ことり「の、希ちゃん……どうしよう……」

希「……」

ことり「ね、ねぇ」

希「……もし」

ことり「え?」

希「もしここで、いつも通り説明なんてした日には……」

───

110: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:20:35.23 ID:fBHhuk+b
「はい、ちゅーもーく!」

絵里「!?」

真姫「ちょ、なんなの?」

ことり「これから少し、残念なお知らせをしたいと思いま~す」

海未「──待って下さい、確かこのパターンって……」

希「海未ちゃん。ことりちゃんが新しいバックを用意してくれたよ?」

海未「あ、新しいバック?」

絵里「ぇ…え?」

111: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:22:22.16 ID:fBHhuk+b
希「えーっと、つまりこの道具はね?」

ことり「ごにょごにょ」

真姫「……っ」

希「チ......ニ...メテ...コスコス……」

絵里「!!?!?!?」

ことり「──て言う、ほんっとーに資源の無駄遣いをしているだけの道具で」

海未「……」

ゴソゴソッ

ことり「海未ちゃん?何してるの?」

112: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:23:32.34 ID:fBHhuk+b
海未「……」チキキッ

希「ま、まさか──」

海未「死にます」スッ

ことり「ダメッ!!」バッ

希「海未ちゃんカッターしまって!!」ガタッ

海未「嫌ですっ!!!死にます!!!!」

絵里「いやあぁぁぁ……わたしぃ……アレ触っちゃったぁ……ッ」ガクガクッ

真姫「………気持ち悪くなってきた……」ウッ

113: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:25:35.63 ID:fBHhuk+b
海未「うぅぅ……な、なんでぇ…?どうして私の家の前にあるのぉ……」グスッ

ことり「ッ」

海未「あ、あんなもの……あんなものを触って……っ、挙げ句の果てには……っ!」

海未「いやぁあああああぁあああっ!!!」

ことり「海未ちゃんっ!!!!」

ザシュッ

「きゃぁああああっ!!!」「海未ーっ!!」「海未ちゃんっ!!」「救急車!!救急車呼んでっ!!」



───

114: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:27:18.09 ID:fBHhuk+b
希「──なんて事もあり得る。」

ことり「海未ちゃん……絶対守護るから……ことりが……絶対に……っ」ブツブツ

希「ことりちゃん。落ち着いて」

ことり「……ヒッヒッフゥ-ッ...ヒッヒッフゥ-ッ......」

希(それで落ち着くんなら良いんだけどね)

ことり「で、でも!いま本当の事を教えておかないと、後で調べたりしたら……っ」

希「……少なくとも、今日はやめておいた方がええと思うんよ」

希「三人とも、その場は持ち堪えたとしても、その帰り道とか……」

───

115: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:29:08.57 ID:fBHhuk+b
トボトボ.....


絵里「……」

真姫「……」

海未「う、うぅ……っ」メソメソ

海未「……手、切り落とさなきゃ」

絵里「…」

海未「バックは燃やして……玄関も滅菌消毒して……っ」

116: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:32:16.82 ID:fBHhuk+b
真姫「……雄はみんな、頭おかしいのよ」

真姫「じゃなきゃ、あんなモノ絶対に作ったりしないもの……」

海未「監視カメラと警備ロボも買って、それから……それからっ」

絵里「……ねぇ」

真姫「……なによ」

絵里「なんで、希とことりは全部知ってたのかしら……」

真姫「……そう言えば」

「そんなの」

絵里「え?」

海未「そんなの決まってるじゃないですか」

117: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:35:46.24 ID:fBHhuk+b
海未「私がいい気になって唐変木な事を宣っている間に、こっそり脇で調べてたんですよ」

海未「私がとんでもない事を口走っている時に!あの不届き者たちは側でほくそ笑んでいたんですっ!!」

海未「止めてくれたっていいのにぃっ!!」

絵里「ま、待ってよ海未!あの子たちは何も悪くないじゃない!」

海未「あ、あんな……あんな恥知らずな言葉を連呼していた私を……私はっっ!!!」

海未「うぁああぁああああぁあ!!!!!」

絵里「海未っ!!」バッ

真姫「落ち着きっ……くっ!」ガシッ

海未「いやぁああぁあああああっ!!!!」

ドンッ

真姫「うわっ!?」ヨロ...

118: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:37:20.24 ID:fBHhuk+b
ゴッ

真姫「うっ!」

真姫「」ゴトッ

絵里「!?」

海未「……ぁ」

絵里「ま、真姫……?大丈夫?」

真姫「」ドクドク

絵里「ヒィッ!?」

海未「ち、血が……っ!」

絵里「真姫っ!!真姫ぃっ!!」


「いやあぁあああぁああああああぁあああぁあああぁああああああぁああッッッ」



───

119: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:41:43.50 ID:fBHhuk+b
ことり「そんなの認めないから」

希「でしょ?ここはやっぱりまだ、黙ってたほうがいいと思うんよ」

ことり「……でも、三人ともあのゴミの事、水筒だと思い込んじゃってるけど」

希「(ゴミって…)そこは、ウチらでなんとか誤魔化すしかないかな」

希「そんで、徐々に種明かしして行くのが、みんなにとっても一番かなって」

ことり「……それよりも」

希「そうやね。今回だけは絶対に潰して置かないとアカン」

ことり「……」

希「……」

120: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:43:25.61 ID:fBHhuk+b
真姫「こうしてみんなで考察するのも、中々楽しいものなのね」

海未「はい。今日はとても実りのある時間を過ごせました」

絵里「そうね、偶にはこうやって何か一つのものを検証してみるのも──、って」チラッ

絵里「やだっ!?もうこんな時間なの!?」

海未「い、急ぎましょう!数日間休んだ上、遅刻などしたらにこに何を言われるか」

真姫「怒られるのはもう確定してるわ。変に言い訳しないで誠心誠意謝りましょう」

真姫「みんなに迷惑かけてしまっているのは事実なんだし」

絵里「……そうよね。その通りだわ」

海未「はい。先ずは急いで着替えて、そして屋上へ行きましょう」

122: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:44:51.28 ID:fBHhuk+b
海未「希、ことり。私達の話に付き合わせてしまって申し訳ありません」

希「な~に言ってんの。ウチらが勝手に聞き耳立ててただけやん?」

ことり「そうそう。気にしないで?」

絵里「──ところで」

希「ん?」


絵里「今日はアナタ、バンザイしないのね」


海未「!?」

真姫「あ」

希「……」

ことり「……」

123: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:47:30.58 ID:fBHhuk+b
真姫「も、もしかして……コレもそう言う道具だったり……?」

海未「そそっ、そんなハズはありませんっ!だって、コレはどう見たって」

「水筒だよ?」

海未「え?」

ことり「それは間違いなく水筒だよ」

海未「ほ、本当ですか!?」

ことり「うん。海未ちゃんの推理はそのものズバリだったよ♪」

海未「……ホッ」

真姫「凄いわね。本当に当てちゃうなんて」

絵里「でも、どうして二人は知ってるの?」

124: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:48:52.56 ID:fBHhuk+b
希「ウチらはな~んでも知ってるんよ?」

ことり「そうなのです♪」

海未「大体、この形で破廉恥なことなど到底ムリですよ」

絵里「それこそ想像も付かないわね」

真姫「……でも、こんな水筒売ってるの見た事ないんだけど」

希「!」

ことり「か、海外製品だからね!日本では滅多にないんだよ」

真姫「なるほど。確かにこのアグレッシブなデザインは日本って感じじゃないわね」

125: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:50:05.98 ID:fBHhuk+b
絵里「ロシアでも見た事ないから、やっぱりアメリカ製なのかな?」

海未「どうなんでしょうね」

真姫「う~ん」

希「……」ホッ

ことり「……っ」ドキドキッ

海未「──ですが、いくら冷却機能が付いているとは言え、やはり実生活ではさほど使う機会は無いのでしょうね」

真姫「そうかもね。今のところ普通の水筒で充分間に合ってるし」

絵里「ん~」

絵里「……これでもし、ホット機能も付いてたりしたら、私買ってたかも」

希(絶対に)

ことり(買わせない)

126: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:53:34.05 ID:fBHhuk+b
真姫「……アナタ、通販ショップの売り文句にサラッと騙されそうね」

絵里「そ、そんな事ないからっ///」

海未「もう少し汎用性を高めて、市販の缶やペットボトルなどにも適応する事が出来たら、もしかしたら売れるかも知れませんね」

真姫「そう考えると、なんだか惜しいわね」

絵里「え、欲しいの?」

真姫「……惜しいって言ったの」

希「おーい」

真姫「?」

ことり「みんな。にこちゃん達も待ってる事だし、早く行こう?」

127: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:54:35.42 ID:fBHhuk+b
絵里「うわっ!また話し込んじゃった!」

真姫「ホント、私たち学習しないわね」

海未「あはは……」

希「まぁ、楽しかったしええやん?」

ことり「また今度ゆっくりお話ししようね」

海未「はい」

絵里「そうね♪」

真姫「練習のない時にね」

絵里「それじゃあ──っ!」


絵里「それ急げ!」シュババッ

海未「やれ急げ!」シュババッ

真姫「パッパッパ」シュババッ

128: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:56:07.46 ID:fBHhuk+b
絵里「──よしっ。行きましょう!」

海未「はい!」

真姫「えぇ」

ガチャ

バタンッ


希「……」

ことり「……」

 



希「…………ことりちゃん」ズズズズッ

ことり「…………うん。」ゴゴゴゴッ

129: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:57:20.44 ID:fBHhuk+b
───



にこ「アイツら……っ」

花陽「も、もしかして……今日も帰っちゃったのかな?」

にこ「もしそうなら、流石に部長として一言言わせて貰うわっ!!」

花陽「でも、三人とも何か事情があるみたいだし……あ、あんまり怒らないであげてね?」

にこ「……ふんっ」

穂乃果「っ」キョロキョロ

凛「?」

130: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:58:44.75 ID:fBHhuk+b
穂乃果「……」コソコソ

凛「なーにコソコソしてるの?」

穂乃果「!?」ビクッ

凛「?」

穂乃果「え、えっと。今朝買ったランチパック食べようかなぁって思って……えへへ」

凛「な~んだ」

穂乃果「……だ、大丈夫かな?」

凛「大丈夫だよ」

131: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 02:59:59.79 ID:fBHhuk+b
凛「今は妖怪"ダイエットでーす"がいないからね」

穂乃果「そ、そうだよね!」

凛「そうそう」

\『あっはははは!』/

「こんにちは」

穂乃果「へ?」

凛「ん?」


海未「妖怪"ダイエットでーす"と申します」

穂乃果「」

凛「」

133: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:01:51.04 ID:fBHhuk+b
ガチャ

絵里「ごめんなさい、遅くなったわ」

真姫「すぐアップを済ませるから」

にこ「……あら、今日は来たのね。てっきりもう来ないのかと思ってたわ」

花陽「に、にこちゃん!」

絵里「その……ここ最近、ずっと休んでしまって本当にごめんなさい」

真姫「言い訳するつもりは無いわ。コレまでの遅れは直ぐに取り戻すから」

海未「にこ……いえ、部長。」

にこ「……」

海未「申し訳ありませんでした」

134: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:03:47.95 ID:fBHhuk+b
花陽「にこちゃん……」

凛「っ」

穂乃果(ランチパック隠さなきゃ……っ)バッ

にこ「……」

絵里「……」

真姫「……」

海未「……」


にこ「……アンタたち、」

135: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:08:39.58 ID:fBHhuk+b
絵里「っ」

真姫「…」

海未「は、はい」

にこ「……」


にこ「なにボーッとしてるのよ」


海未「え?」

にこ「早くアップしなさいよ、練習始められないじゃないの」

絵里「にこ……」

にこ「絵里。アンタがレッスン内容の指示しなくてどーすんのよ」

絵里「そ、そうよね」

136: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:10:06.11 ID:fBHhuk+b
海未「……あの、」

にこ「海未。アンタがこの中で一番リズム感あるんだから、テンポ取りながら全体を見てくんないと練習にならないでしょ?」

海未「は、はい!」

真姫「……ふふ。」

真姫「さ、部長の許しも得られたし、早く始めましょう」

にこ「……ん?そう言えば、ことりと希は一緒じゃなかったの?」

絵里「え?」

花陽「ほ、ホントだ……」

凛「いないにゃ」

真姫「おかしいわね。ついさっきまで一緒に居たのだけれど……」

137: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:12:00.31 ID:fBHhuk+b
ガチャ

希「お疲れや~ん」

ことり「お、遅くなってごめんねぇ」

海未「二人とも、一体どこに行っていたのですか?」

希「もぅ海未ちゃん。乙女にソレを聞く?」

ことり「あ、あはは」

海未「あ……す、すみませんっ///」

にこ「ちゃんと手ェ洗ったんでしょうね?」

希「手は洗ったんやけど、ハンカチ忘れて来ちゃってね。悪いけどにこっち……」スッ

にこ「な、なに私の服で拭こうとしてんのよっ!!?」ババッ

希「ウチら友達や~ん♪」タッタッ

にこ「拭いたら引っ叩くわよっ!!」ダダッ

138: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:13:44.99 ID:fBHhuk+b
真姫「……濡れてないじゃないの」

絵里「さて、そろそろ始めましょう」

穂乃果(にししっ、なんとか海未ちゃんにバレずに隠せ──)

……ファン ファン ファン ファン

穂乃果「ん?パトカー?」

凛「ホントだ」

絵里「なにかあったのかしら?」


ことり「……なんだろうねぇ?」

希「きっと"誰か"が悪い事したんやろうね」

139: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:15:07.82 ID:fBHhuk+b
花陽「こ、コッチに来るのかな?」

真姫「大分遠いじゃない。気にすることないわよ」

にこ「そうそう、早いとこ始めましょ」

穂乃果「ぃよ~し!今日も頑張るz」ガシッ

穂乃果「!?」

海未「……」

穂乃果「な、なに……?」

海未「──先程カバンに隠した物、見せてもらってもよろしいですか?」

穂乃果「ッッッ」

140: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:19:28.07 ID:fBHhuk+b
穂乃果「か、かばん?穂乃果な~んにも隠してないよ?」

海未「な~んにも隠してないのなら、見ても構わないですよね?」

穂乃果「う……っ!」

穂乃果(り、凛ちゃん!!)チラッ

凛「うぅ、タンコブ痛いにゃ……」スリスリ

穂乃果「」

海未「一手、遅かったですね?」ニコッ

141: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:20:43.58 ID:fBHhuk+b
───



にこ「はぁ~、しんどいわぁ」

凛「お疲れにゃ~」モミモミ

にこ「あ"ぁ~っ、それいい~……」

花陽「今日も頑張ったね♪」

希「うん。みんな頑張ったで賞~♪」

真姫「あんまりやると、あとで揉み返しが酷いわよ?」

凛「だってさ~」モミモミ

にこ「あ"ぁ~、今がさいこ~……」

真姫「……知らないからね」

142: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:24:52.44 ID:fBHhuk+b
穂乃果「うぅ、穂乃果のパン……」

海未「自業自得です」

ことり「い、一個くらい良いんじゃない?」

穂乃果「!」

海未「またそうやって貴方は!だから穂乃果が甘えてしまうのですよ!」

絵里「穂乃果?またダイエットするの嫌でしょう?」

穂乃果「うっ」

真姫「しかも、次は花陽がいないから一人で走らなきゃならないのよ?」

穂乃果「うぅ……寂しいよ、花陽ちゃ~ん」

花陽「ほ、穂乃果ちゃん……」

海未「食べなければいいのです」

143: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:26:56.80 ID:fBHhuk+b
希(……今回は本当にヤバかった)

ことり(もうフォロー出来る気がしない)

にこ「下らない事言ってないで、サッサと着替えなさいよ」

絵里「そうね。風邪でも引いたら大変だわ」

にこ「……ところで、アンタ達さ」

海未「あれ?」

にこ「は?」

真姫「あっ」

絵里「!」

穂乃果「三人とも、どうしたの?」

144: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:28:01.25 ID:fBHhuk+b
海未「……」

真姫「……ねぇ」

絵里「……うん」

ことり「どど、どーしたのかな……?」

希「な、なにか不味いことでも……?」

コンコンッ

希(えっ!?)

ことり(このタイミングでだれぇ!?)

145: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:28:58.64 ID:fBHhuk+b
ガチャ

理事長「──ちょっといいかしら?」


希(嘘でしょ……)

ことり(お母さんのばかぁ……)


穂乃果「どうしたんですか?」

理事長「実は、今度みんなに出て欲しいイベントがあってね?その相談を」

海未「……わたしのっ」フルフルッ

理事長「え?」

146: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:30:29.14 ID:fBHhuk+b
海未「私の"TENGA"がありませんっ!!!」

真姫「"TENGA"っ!!」

絵里「まだ"使ってない"のにっ!!」

147: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:31:53.29 ID:fBHhuk+b
にこ「ブフォッッッ!!?!?!?」

穂乃果「?」

凛「にゃ?」

花陽「て、てんが?」

理事長「廃校」
 


ことり「神よ」

希「乙女を救い給え」
 


【完】

148: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:32:20.19 ID:fBHhuk+b
お粗末様でした。

149: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:32:44.84 ID:adOEb18o
お疲れ様でした

150: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 03:54:45.23 ID:2GQIorY5
良い乙女っぷりだった
深夜に楽しませて貰いましたわ乙

151: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 04:18:33.43 ID:960dIcAp
面白かった

152: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 04:36:34.41 ID:EyJHwmb2
にこもそっち側という風潮、一理ある

153: 輝きたい名無しさん 2019/03/31(日) 09:58:04.97 ID:xkP+pjRY
良いオチだ

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1553943780/










注目記事
関連記事
2019/03/31 12:30 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2019/03/31(日) 23:05:30
  2. どこがクールなんや(笑)

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
じゃあ穂乃果と真姫ちゃんがマジ喧嘩したらどうなってしまうのか?【ラブライブ!】 Apr 25, 2019
浦の星女学院に生徒が入らない理由wwwwwww【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
【朗報】ありしゃこと声優・小宮有紗さん復活!5thライブに出れそうやな!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
虹ヶ咲の声優で芸名って楠木ともりだけなん?【ラブライブ!スクスタ】 Apr 25, 2019
浦の星女学院がDQN校だったらありそうなこと【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
杏樹「このバカたれがっ!!!!!!」千歌「ごめんなさい!ごめんなさい…!」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
【画像】今更だけどヘビダイヤちゃん可愛すぎない?【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
【朗報】声優・降幡愛さんの写真集が5,345冊も売れたらしい!さすがAqours声優やで!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
【声優】お前らが好きな鈴木愛奈さんのドヤ歌唱パート【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
もしも梨子ちゃんが普通にμ'sを知ってたら・・・【ラブライブ!サンシャイン!!】 Apr 25, 2019
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド

Aqours 画像 μ's SS 逢田梨香子 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜 津島善子 黒澤ダイヤ ライブ 松浦果南 黒澤ルビィ 桜内梨子 国木田花丸 小林愛香 伊波杏樹 小原鞠莉 ラブライブ! 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 諏訪ななか グッズ ラブライバー 矢澤にこ 動画 スクフェス 絢瀬絵里 降幡愛 高槻かなこ 園田海未 星空凛 高坂穂乃果 声優 南ことり 鹿角聖良 Saint_Snow 小泉花陽 東條希 西木野真姫 鹿角理亞 アニメ スクスタ 新田恵海 管理人の戯言 ぷちぐるラブライブ! グラブル 三森すずこ 楠木ともり 内田彩 田野アサミ 渡辺月 南條愛乃 飯田里穂 徳井青空 ラジオ 楠田亜衣奈 スクフェスAC ニュース 佐藤日向 中須かすみ 上原歩夢 佐倉綾音 浦ラジ Pile 久保田未夢 荻野由佳 宮下愛 朝香果林 優木せつ菜 久保ユリカ A-RISE ニコ生 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈 エマ 高坂雪穂 雨宮天 本田圭佑 水樹奈々 水瀬いのり 桜坂しずく 絢瀬亜里沙 綺羅ツバサ 千歌ママ 高海美渡 近江彼方 漫画 高海志満 大橋歩夕 東山奈央 スクコレ お盆 生放送 村上奈津実 芹澤優 松永真穂 黒沢ともよ 鞠莉ママ ことり母 相良茉優 ことりママ スクパラ 畑亜貴 鬼頭明里 芸能 優木あんじゅ 統堂英玲奈 大西亜玖璃 Aqours_LOCKS! 山本希望 金元寿子 



アクセスランキング