当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】梨子「たったふたつの愛」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】梨子「たったふたつの愛」【ラブライブ!サンシャイン!!】

riko_201902181221582be.jpg






1: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:26:45.11 ID:CiAyIWKw
曜「・・・」


梨子「・・・」


曜「梨子ちゃん、あなたは何をしたの?」


さざ波が音を立てる。内浦の海は真っ暗だ


真夜中の浜辺で私は告白する

2: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:27:12.73 ID:CiAyIWKw
梨子「私は人を殺したの」

4: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:29:01.68 ID:CiAyIWKw
1月某日


私たちAqoursはラブライブに優勝した

それと同時に、解散を決意した

簡単なことだ、三年生は卒業する。9人じゃないとAqoursじゃない

寂しい気持ちはありつつも、満場一致で意見は揃った

あとは普通の学園生活を過ごすだけ。そう、地味な私は地味に過ごしていくだけなの

それが、あんなことになるなんて・・・


コンコン


梨子「曜ちゃん、入るね?」


ガチャッ


曜「・・・」

曜「帰って」

5: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:29:41.39 ID:CiAyIWKw
梨子「そう言わないでほしいな」

曜「私のこと、笑いに来たんでしょ?」

曜「自分じゃなくてよかったって嘲笑いにきたんでしょ!」

梨子「ちがうよ、そうじゃない」


曜「・・・」

曜「なんで私だったんだろう・・・」

曜「どうして私だけこんなことに・・・うぅっ・・・」

梨子「辛かったよね、曜ちゃん」

曜「辛いよ、早く楽になりたいよ・・・」


私はそっと抱きしめた。曜ちゃんは私の胸で泣き崩れた

可愛そうに、私が代わってあげたいぐらいだ

6: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:30:20.66 ID:CiAyIWKw
梨子「私はずっとそばにいるから」

曜「・・・」


曜「ありがとう・・・」

梨子「不幸の後にはね、幸運がやってくるはずなの」

梨子「だから曜ちゃん、少しずつでいいから、前を向いて進もう?」

梨子「私が支えてあげるから」

曜「・・・そんなの、無理だよ」


曜「だって歩けないんだよ!?どうやって進めばいいのさ!!」

7: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:31:14.46 ID:CiAyIWKw
そう、あれは不慮の事故だった。たまたま彼女にだけ降りかかった災難だった


その不幸の代償に、彼女は両足を失ってしまった


義足の選択肢もなく、彼女はあえなく一生車イスの生活を余儀なくされたのだ


梨子「・・・」


梨子「ごめんね、進めないよね」


曜「やっぱり、梨子ちゃんも他のみんなと一緒だ」

曜「みんな、根拠もなく励ましてきて・・・自分じゃなくてよかったって思って」

曜「だいっきらい!みんなも梨・・・」


彼女の言葉をさえぎるように私は言い放った


梨子「幸運の後には不幸がくるものなの。だから次の幸運が終わったら死んじゃおう?」

10: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:31:57.45 ID:CiAyIWKw
曜「・・・!」


梨子「最後に幸せな思い出を残して死んだほうが、きっと後悔しないと思う」


冷たい一言かもしれない。だけどそうじゃない


少なくとも私の意志では、今の言葉は彼女を救うためのものだった


だって、私は彼女のことが___

11: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:32:43.63 ID:CiAyIWKw
~~~


コンコン


ガチャッ


梨子「曜ちゃん、調子はどうかな?」

曜「・・・」


曜「・・・調子は最悪だよ」


梨子「曜ちゃんが好きそうな本を買ってきたの。ここに置いておくね?」

曜「・・・ありがとう」

梨子「また明日も来るから」

曜「・・・」

12: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:33:17.73 ID:CiAyIWKw
病院というのはやはり居心地が悪い

そんなところにずっといる彼女の気分を少しでも晴らしてあげたい


それが私の気持ち

13: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:33:55.45 ID:CiAyIWKw
~~~


千歌「梨子ちゃん、曜ちゃんは・・・?」

梨子「うん、昨日は元気そうだったよ」

千歌「そっか、よかった・・・」


私以外のメンバーはというと、最初に拒絶されて以来お見舞いには行っていない


それは冷酷ということではなく、みんな彼女を気遣ってのことだ


彼女を心配しているのはみんな同じはず

14: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:34:32.51 ID:CiAyIWKw
コンコン


ガチャッ


梨子「入るね?」

曜「梨子ちゃん、また来たんだ」

梨子「ごめんね、しつこくて」

曜「本当、しつこいよ」


曜「でも、嬉しいかも・・・」


梨子「曜ちゃん」


ガチャッ


鞠莉「あら、梨子も来てたの?」

15: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:35:05.66 ID:CiAyIWKw
梨子「鞠莉さん?」


驚いた。私以外の人がお見舞いに来るなんて


曜「鞠莉ちゃんも、本当にしつこいんだよ」

鞠莉「嫌なら追い返せば?」

曜「・・・」

鞠莉「フフッ、病人をいじめるのはナッシングかしら♪」

梨子「ちょっと鞠莉さん、そんな言い方!」

曜「・・・教育委員会に訴えてやる」

鞠莉「ジョークジョーク!ごめんね曜」スリスリ

曜「も、もぅ・・・!」

16: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:35:38.76 ID:CiAyIWKw
彼女の頬をスリスリと擦るこの人を見て、私はいくつか考えた


ひとつは、彼女の唯一の理解者の立場が奪われるのではないかということ


そしてもうひとつは、彼女の気持ちを奪われるのではないかということ

17: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:36:21.67 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」

鞠莉「梨子?怖い顔してるわよ?」

梨子「えっ?」

曜「梨子ちゃん、機嫌悪いの?」

梨子「そ、そんなことないよ」

梨子「じゃあ、私はそろそろ帰るね」

鞠莉「ばいばーい」

曜「・・・」


このままではまずい。彼女のあの反応___


私は負けてしまう。そんなこと許されない


いっそ鞠莉ちゃんを遠ざける・・・でもそれをして彼女はどう思うだろうか


そもそも小原家の人相手に、私が対抗できる術なんて・・・

18: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:36:52.60 ID:CiAyIWKw
曜「梨子ちゃん!」


頭が混乱する私の背中に語りかけてくれた、その言葉で私は冷静になれた


曜「明日も・・・待ってていいかな?」

19: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:37:30.14 ID:CiAyIWKw
梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「おはよう。今日も来てくれてありがとう」


あれから私は毎日通った。だんだん彼女も心を開いてくれているのが感じ取れる


梨子「今日は鞠莉さんは来てないの?」

曜「ううん、さっきまでいたけど入れ違いで帰ったところ」

梨子「そっか」


あの後、私はずっと考えた。そして結論は出た


そもそも彼女が鞠莉さんを好きになるとは限らない


それに、もしかしたら既に私のことを好きになってくれているかもしれない


恋にライバルはつきもの。だからあまりヒートアップせずに頑張ろう


そう胸に決意した。だけど悲劇はすぐに___

20: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:38:06.26 ID:CiAyIWKw
曜「・・・ねぇ、梨子ちゃん」

梨子「なに?」

曜「・・・大好きな梨子ちゃんに、打ち明けたいことがあるの」

梨子「曜ちゃん・・・?」

曜「あっ、えっと!大好きっていうのは友達としてってことだからね!?」アセアセ

梨子「うん、わかってるよ」クスッ

21: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:38:37.83 ID:CiAyIWKw
ドキッとした。友達として大好きって言われただけでも大きな進歩だと思った


この勢いで・・・っと思ったけど、そもそも曜ちゃんが同性愛者の可能性は低い


っと、思っていた。ついさっきまでは


曜「梨子ちゃんが言っていた、不幸の後の幸運ってやつ」

曜「その幸運が、見つかったかもしれない」

梨子「良かった・・・見つけられたんだね」

曜「うん」

22: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:39:03.95 ID:CiAyIWKw
曜「私、鞠莉ちゃんに告白しようと思う」

23: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:39:36.28 ID:CiAyIWKw
梨子「えっ・・・?」

曜「最後に好きな人と結ばれて、それでお別れのときに」


曜「私もこの世を旅立つことにする」


鞠莉さんは卒業後、海外に行くと言っていた


今は1月、つまりお付き合いをしたところで一緒にいられるのはせいぜい3か月


梨子「・・・もし、振られたら?」

曜「振られないよ。だってそれだと不幸の後に不幸がくることになっちゃう」

曜「梨子ちゃんが言ってた、不幸の後に幸運がくるって言葉を私は信じてるもん」

24: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:40:02.33 ID:CiAyIWKw
梨子「そう・・・応援してるわ」

曜「時間がないから、明日に告白するんだ」

曜「だから梨子ちゃん、私に成功のおまじないをかけてほしいな」

梨子「振られないってわかりきってるのにおまじない頼りなの?」クスッ

曜「ね、念のためだよ!それに梨子ちゃんの手、温かいから好きだもん//」


そう言って彼女は私の手を握り、まるでお祈りするかのような___

25: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:40:29.40 ID:CiAyIWKw
梨子「それじゃあ、私は明日は来ないから」

曜「え?なんで?」

梨子「告白中に出くわしたら大変でしょ?」

曜「た、たしかに・・・」

梨子「また結果聞かせてね、曜ちゃん」

曜「うん!ありがとう、梨子ちゃん!」

26: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:40:54.79 ID:CiAyIWKw
キィィッと扉が閉まる


ガチャンという音と共に、私の中の歯車も狂い始めた

27: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:41:29.63 ID:CiAyIWKw
ガチャッ


梨子「曜ちゃん、おはよう」

曜「梨子ちゃん、おはよう!」

曜「あのね、昨日の結果なんだけど・・・」


聞きたくはなかったけど、彼女の笑顔を見ると言葉をさえぎることはできなかった


曜「梨子ちゃんのおまじないのおかげだよ!ありがとう!」


梨子「おめでとう、私も嬉しいよ」


悔しい。胃が痛くなるほど悔しい


だけど、入院して以来___


はじめてだった。ここまで嬉しそうな彼女は

28: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:41:59.92 ID:CiAyIWKw
曜「残りの幸運タイム、めいっぱい楽しみたい」

曜「鞠莉ちゃんとのことはもちろんだけど」

曜「私は、こうして梨子ちゃんと話していられることも幸せだから」

梨子「ありがとう、そう言ってもらえると嬉しい」

梨子「デートの日、教えてね?その日は邪魔をしないようにするから」

曜「そ、そんな気を遣わなくていいよ!いつでも来てね、梨子ちゃん!」


気を遣っているわけではない。イチャイチャしているのを見たくないだけだ


曜「だけど、私が歩けないからデートも限られてくるのがなぁ・・・」

梨子「星でも見に行くのは?鞠莉さん、天体観測にハマってそうだったし」

曜「私もそう思ったけど、夜は忙しいからデートは昼しかできないって言われちゃって」

梨子「そうなんだ。理事長の仕事とか忙しいのかもね」

29: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:42:44.02 ID:CiAyIWKw
夜は忙しい?まさか・・・


だって、よく考えてみると変だ


あと3か月で離れ離れになる人からの告白を了承するのって何かおかしい


もしかして、遊び感覚で付き合ったとか?それとも同情からきたお情け?


夜忙しいっていうのもおかしい。私たちは学生なのだから、むしろ昼のほうが忙しいはずだ


怪しい。いろいろと怪しい

30: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:43:13.30 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」

梨子「じゃあまたね、曜ちゃん」

曜「うん、ばいばい!」


ギィィッ


バタン


梨子「・・・確かめないと」

33: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:43:45.27 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」


時刻は23時を過ぎたところ。私は内浦の辺境に来ていた


何故こんなところにいるかというと、私が聞きたい


今日は一日、鞠莉さんの後を追っていたのだ


ストーカーかもしれないが、どうしても確かめたいことがある


彼女とのお付き合いが遊びではないと証明したかった


ライバルということもあるが、何よりも彼女の幸せが最優先

そして家から出てくるや否や、こんな森の中にやってきた鞠莉さんを追ってきたのだ

38: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:49:59.87 ID:CiAyIWKw
梨子「こんな時間に、こんな場所に来るなんて・・・」

梨子「まさか、浮気相手と星を見に行くとか・・・?」

鞠莉「・・・」


気づかれてはいない。この調子で見張っておこう


鞠莉「・・・」ゴソゴソ

梨子「・・・ふわぁっ」ウトウト

梨子「・・・」

39: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:51:08.63 ID:CiAyIWKw
___


梨子「・・・はっ!」


なんてことだ。やってしまった


どうやら睡魔には勝てなかったらしい。こんな森で居眠りなど何て危険なことか


だけど今はそんなことどうでもいい


何分経ったかはわからないが、あの人は一体どこに行ったのか

40: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:51:58.04 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」キョロキョロ


音を立てずに慎重に辺りを見回す

ギコ・・・ギコ・・・

41: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:53:25.25 ID:CiAyIWKw
梨子「物音・・・」


グチュッ・・・


梨子「あっちから聞こえるわね」


ガササッ・・・


ブツブツ・・・


声が聞こえる・・・鞠莉さんが何かつぶやいているんだ


ヒヒッ・・・アハッ


ブチュッ・・・ザンッ・・・


何かを切っている音が聞こえる・・・

42: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:54:18.83 ID:CiAyIWKw
クスクスッ・・・


アハハッ・・・


薄ら笑いが聞こえる・・・


ザンッ


ゴリ・・・バキッ・・・


梨子「・・・!!」

43: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:55:15.15 ID:CiAyIWKw
私は後悔した。なんてものを見てしまったのだろう


言葉を失う光景に、もはや眼をそむけることもできなかった


鞠莉「アハハッ・・・ケタケタ・・・」


そこには恐ろしい凶器を持った知り合いが薄ら笑いを浮かべながら立っていた


死体の四肢をバラバラに刻み、愉悦に浸る殺人鬼の姿が____

45: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:58:12.99 ID:CiAyIWKw
~~~


梨子「・・・入るね」


ガチャッ


曜「梨子ちゃん、おはよう!」

鞠莉「おはよう、梨子♪」

梨子「お、おはよう・・・」

曜「梨子ちゃん、何か顔色悪いけど大丈夫?」


昨日の光景は夢だった。そうに違いない


私は森になんて行ってないし、鞠莉さんも行っていない


梨子「・・・」


梨子「鞠莉さん、昨日の夜は何していました?」

46: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 18:59:29.55 ID:CiAyIWKw
鞠莉「え?」


ストレートすぎたかもしれない。だけどこうでもしないと気が済まない


夢であった確証がとにかく欲しい


鞠莉「別に、家でゆっくりしていたけど」

梨子「そう・・・ですか」

鞠莉「いきなり何で?」

梨子「いえ、気にしないでください・・・」

47: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:00:22.26 ID:CiAyIWKw
ほら、やっぱり夢だったのよ


よかった、鞠莉さんが家にいてくれて


鞠莉「変な梨子ね~」

曜「うんうん」

鞠莉「じゃあ私はそろそろ帰るわ」

梨子「ちょっと私も飲み物買ってくるね」

曜「うん、わかった」

鞠莉「自販機が病院の入り口にあったから、そこまで一緒に行きましょ♪」

梨子「はい・・・」

48: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:02:05.38 ID:CiAyIWKw
ガチャンッ


鞠莉「・・・で」

鞠莉「さっきの質問、あれの意図は何?」

梨子「えっ!?」


鞠莉「とぼけても無駄よ」


梨子「そ、それは・・・」

梨子「曜ちゃんが、鞠莉さんが夜に何をやってるのか気になってるって言ってたの」

49: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:03:33.65 ID:CiAyIWKw
鞠莉「え?曜が?」

梨子「ごめんなさい、曜ちゃんから鞠莉さんと曜ちゃんの関係を聞いてて」

鞠莉「あらっ、曜ったら梨子に言ってたのね//」

梨子「それで、夜は忙しくてデートできないのが残念って言ってたので・・・」

鞠莉「なるほど、そういうこと」

梨子「曜ちゃん、一緒に星を見に行きたいって言ってましたよ」

鞠莉「ん~まぁ忙しいっていうのは嘘なんだけどね」

鞠莉「病人を夜に連れまわすのはいろいろと危険でしょ?」

梨子「それは、そうですけど」

鞠莉「だからあえて昼にしかデートはしないことにしてるけど・・・」

鞠莉「星が見たいって言うなら、夜デートも検討してみるわ♪」

梨子「そうしてあげてください」

50: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:04:34.53 ID:CiAyIWKw
よかった、やっぱり鞠莉さんは無実だ。昨日のあれは夢だったんだ


鞠莉「それにしても、曜もロマンティストなのね~」


よく考えてみると、鞠莉さんはあんな不気味な笑い方じゃないもんね


鞠莉「クスクスッ・・・曜がロマンティストって何か面白いわ!」

梨子「笑うと可愛そうですよ」

鞠莉「だって面白いんだもん!あの曜が星って・・・クスクスッ・・・」


鞠莉「アハハッ・・・ケタケタ・・・♪」


梨子「えっ・・・?」

51: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:05:31.35 ID:CiAyIWKw
鞠莉「ん・・・?どうしたの梨子?」


梨子「い、いえ・・・」


背筋が凍った。間違いない


今の笑い方はあの時の___


鞠莉「じゃあ梨子、私はここで」


鞠莉「バイバイ・・・クスクス」


梨子「・・・!」ゾクゾクッ

52: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:06:15.02 ID:CiAyIWKw
日常が崩れる、そんな感覚が電流のように体に染み渡った


私はとんでもないことをしてしまったのかもしれない


恐怖と後悔でその場に座り込むことしかできなかった___

53: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:07:29.84 ID:CiAyIWKw
~~~


冷たい風が身体を冷やす


お部屋でゆっくり本でも読んで、暖房をつけて、眠くなったら眠って・・・


そうするべきだった


だけど私はどうしても確かめたくなった

もう二度とあんな光景はみたくないのに


ここで終わったら、あれが真実になってしまう。それを恐れたから

54: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:09:07.98 ID:CiAyIWKw
梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


昨日と同じ場所、同じ茂みに身をひそめる


時刻は同じく23時を過ぎたところだ


梨子「誰も・・・こない・・・」


根拠はないが、もしまたあれが起きるのなら同じ場所だろうと思った


なにより、鞠莉さんを尾行するなんて、とてもじゃないが恐怖でできなかった

梨子「・・・」

梨子「来ないで、このまま・・・」

55: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:10:12.57 ID:CiAyIWKw
つい本音が出てしまった。そう、このまま誰も来てほしくない


今日何も見なければ、昨日の光景をまだ否定できる。夢だったと思い込むことができる


だけど2日連続で見てしまったら、もう認めるしかなくなる


寒さではない何かが私の身体を震えさせる


梨子「やっぱり、帰ろう・・・」


口ではそう言いながらもなかなか帰ることができない


もし今、物音を立てて・・・それを聞かれたら


もし今、鞠莉さんが私を見つけたら


人は恐怖の前には何もできなくなる。私の足はまったく動かない


だけど、今は誰もいないのだ。帰るなら今しかない


重い足を無理やり動かし、ようやく立ち上がろうとしたその時


ガタンッ

56: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:11:14.86 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・!」


一台の車がやってきて、やがて停まった


ここはいわゆる森だが、一応車道はある


もちろん車がこの車道を、しかもこんな時間に通るなんてほとんどないだろう


梨子「はぁっ・・・ふぅっ・・・」


荒れる息づかいを正す。私は茂みに再び身をひそめた


ドサッ


車から誰かが出てきた、そして重い何かを地面に置いた


少し遠い場所、さらには真夜中で暗かったためどんな顔か、何を置いたか


そこまでは見えなかった


だけど私はすぐに察した

57: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:12:05.31 ID:CiAyIWKw
あの人影は鞠莉さんで、置いたのは・・・


生きてるか死んでるかしらないけど、間違いない


「人間」だ


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


ついに見てしまった。今日は眠気もない。はっきり意識もある


間違いない、夢じゃなかったんだ。昨日のあれも・・・


現実だと知ってしまった瞬間。恐ろしい恐怖心が私を襲う


梨子「に、逃げなきゃ・・・」


私は再び震える足を抑えて立ち上がり、車の方を見た


鞠莉さんはおそらく気づいていない。何やら作業を行っている


今なら逃げられる。早く逃げないと


見つかると殺される___

58: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:12:47.46 ID:CiAyIWKw
梨子「早く、逃げないと・・・」


足がすくむ。身体が震える。だけどそんなことを言っている場合じゃない


梨子「スーハー・・・」


大きく、だけど音は出さないように深呼吸をした。考えるのは家に帰ってからにしよう


不思議と落ち着きを取り戻した私は山道を降りるためにくるりと振り返る


梨子「よしっ、かえ・・・」


鞠莉「こんばんは、梨子」


金縛りにあったときはこんな感じなのだろうか。私の思考は一瞬でフリーズした


振り返るとそこにはいたのだ


あの・・・殺人鬼が___

59: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:13:30.73 ID:CiAyIWKw
梨子「あっ、あぁ・・・」

鞠莉「何してるの?こんなところで」

梨子「ほ・・・星・・・」

梨子「星を見てたの」

鞠莉「星を?たしかに、ここだとけっこう見れそうね」

梨子「う、うん・・・」


落ち着け、冷静にごまかすしかない


梨子「鞠莉さんは、どうしてここに・・・?」

鞠莉「何でだと思う?」

梨子「わかりません・・・」

鞠莉「少しは考えてみたら?」

鞠莉「ヒントあげよっか?」

梨子「ください・・・」

鞠莉「クスクス・・・あの車は小原家の車よ」

梨子「・・・!」

60: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:14:08.57 ID:CiAyIWKw
鞠莉「ほら、見える?あそこに人がいるの。あれは私の使用人」

梨子「こ、ここって車が通れるんですね・・・」

鞠莉「えぇ、だけどこんなところに来る人なんてめったにいないわ」

鞠莉「こんな森にくるなんて、それこそ星を見に来る人か」


鞠莉「秘密の何かをしている人ぐらい」


梨子「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

61: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:14:54.48 ID:CiAyIWKw
我慢の限界だった。私の嘘は完全に見抜かれている


殺される。秘密を見てしまったから殺される


私はとにかく走った。転んでも靴が脱げても走り続けた


嫌だ、死にたくない怖い助けて


梨子「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


奇声をあげながら走った。恐怖を紛らわすには声を出すしかなかった


後ろを振り向く余裕もないしそんな度胸もなかった


梨子「あうっ!」


盛大に転んでしまった。木の枝が刺さって足から血が噴き出している


だけど止まるわけにはいかない。だっているんだから


鞠莉「梨子、どこにいるの?」


鞠莉「せっかくだし、一緒に星を見ましょうよ・・・クスクスッ」

62: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:15:38.90 ID:CiAyIWKw
梨子「ひっ・・・!」


いる、すぐ近くに殺人鬼がいるんだ


足が痛い私は這いずるように地上を目指した


梨子「早く、早く・・・!」


民家のある道路、そこまで逃げれば大丈夫なはず


梨子「はぁっ!はぁっ!」


鞠莉「そっちは危ないよ?」


梨子「・・・!!」


はっきり声が聞こえた。いるんだ、すぐ後ろに


梨子「いやぁぁぁぁ!」


鞠莉「なんで逃げるの?マリーのこと嫌いになっちゃった?」


梨子「あぁぁぁぁぁっ!!」

63: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:16:15.60 ID:CiAyIWKw
死にたくない、捕まってたまるものか

そのとき目の前の景色が開けた


梨子「・・・!!」

梨子「どうして!どうしてなの!」


目の前には広大な海が広がっている。まるで崖のようなところに来ていた


必死に走っているうちに方向を誤ってしまったのかもしれない


民家のようなものはなく、とても逃げられそうにない


鞠莉「だから危ないって言ったのに」


私は恐る恐る、後ろを振り向いた


そこには___

64: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:17:21.26 ID:CiAyIWKw
梨子「あっ・・・あぁっ・・・」


手を伸ばせば届く距離、そんな距離に奴はいた


鞠莉「家はあっちの方向でしょ。送ってあげるわ」


梨子「あぁっ・・・」


梨子「あぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」


ザブン


気づけば海に飛び込んでいた。あっという間に波にさらわれる


私はどうなるのだろう・・・


どうしてこんなことに___

66: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:18:28.93 ID:CiAyIWKw
クスクス・・・ケタケタ・・・


アハハハハッ・・・


梨子「うわぁぁぁぁぁっ!!」


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」

梨子「あ・・・れ・・・」

梨子「ここは・・・?」


知らない部屋、見覚えのない布団。ここは一体どこだろう


私は海に飛び込んで、それで・・・あぁ、気を失ったはず


ガララッ


ルビィ「あっ、梨子ちゃん!目が覚めたんだ」

梨子「ルビィ・・・ちゃん?」

ルビィ「お姉ちゃん!梨子ちゃんが起きたよ!」


タタタッ


ダイヤ「あら、よかったですわ。お身体は大丈夫ですの?」

梨子「えっと、私・・・」

梨子「うぅっ・・・」ポロポロ

ルビィ「梨子ちゃん!?どうしたの!?」

67: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:24:24.44 ID:CiAyIWKw
涙が止まらなかった。それは生きているからとかじゃない

ルビィちゃんとダイヤさんに出会えたからだ

昨夜の記憶は脳に焼き付いてしまった。だからこそ人と出会えたことに安堵した


梨子「本当に、怖かったので・・・すみません・・・」

ダイヤ「何があったかは聞きませんが、夜の海には気を付けてくださいね?」

梨子「はい・・・」ポロポロ

ルビィ「梨子ちゃん、大丈夫?」

梨子「うん・・・うん・・・」


今は何も考えたくない。ひたすら安心感が欲しい

68: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:25:52.01 ID:CiAyIWKw
ダイヤ「わたくしとルビィは学校に行きますが、あなたは念のため安静にしておきなさい」

ダイヤ「ここで休養してもいいですし、自宅に戻ってもいいですが」

梨子「あ・・・れ・・・今、何時なんですか?」

ルビィ「もう朝だよー」

梨子「そっか・・・」

梨子「もう大丈夫ですので、自分の家で休むことにします」

ダイヤ「わかりました。途中まで一緒に行きましょうか」

梨子「はい、ありがとうございます」


これからどうするか。そんなことを考える余裕はなかった

とりあえず、今は家に帰りたい

69: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:26:49.48 ID:CiAyIWKw
~~~


ダイヤ「では、わたくしたちはこれで」

梨子「はい、昨日はありがとうございました」


そうだ、ダイヤさんたちが助けてくれなかったら私はあの海で死んでいたんだ

まさに命の恩人だ。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ


・・・でも、待って。何かがおかしい


私が海に飛び込んだのは真夜中のはず。どうしてそんな時間に


ダイヤさんたちは、海にいたの?私を見つけたのは偶然なの?


あんな広大な海なのに?あんなに暗い海なのに?


私が飛び込んだことなんて知らなかったのに?どうして見つけられたの?


ダイヤ「お礼なら鞠莉さんに言ってあげなさい」


ダイヤ「鞠莉さんがたまたま船のメンテナンスをしていたのが幸運でしたわね」

71: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:28:27.64 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・えっ」


またもや背筋が凍る。口が動かず言葉に詰まる


必死の思いで発した声は震えていたに違いない


梨子「あの・・・私を助けてくれたのは・・・?」


ダイヤ「鞠莉さんがあなたを担いで、わたくしの家に預けにきたのですわ」


ゾワワッと鳥肌が立つ。私は逃げきれたと思っていた。命をかけて逃げ切れたと思っていた


だけどそうじゃなかった。私は逃げきれていなかった


私は、殺人鬼に捕まっていたのだ___

73: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:29:26.78 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」


気づけば日が沈みかけていた。あの後自室に戻った私はずっと部屋の隅で震えていた

恐怖のあまりもう二度と会いたくないとまで思っていた

友達だったはずなのに、どうしてこんなことに・・・

しかし、このままずっと学校を休むわけにはいかない

この事態を解決する方法を必死に考える


梨子「・・・誰かに相談しよう」


1人で抱え込むのが怖くなった私は気付くと携帯を取り出していた


プルルル


カチャッ


梨子「・・・!!」

梨子「果南さん、今から会えますか!?」



相手の返事を聞く前に私は部屋を飛び出した

74: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:30:31.31 ID:CiAyIWKw
~~~


果南「いきなり呼び出して何?びっくりしたんだけど」

梨子「果南さん・・・うぅっ・・・」

梨子「うわぁぁん!」


ダキッ


果南「ちょっと、どうしたの!?」

梨子「果南さん、来てくれてありがとうございます・・・」


感情があふれ出す。それほど抑えきれないものがこみ上げてきたのだ


果南「何か悩みあるなら聞くからさ、落ち着いて」

梨子「はい・・・」


頼もしい身体から離れた私はゆっくり深呼吸をした


スーハー

75: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:31:26.63 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・鞠莉さんのこと、です」


鞠莉という名前を口に出すだけでも怖かった。だけどちゃんと説明しなければ・・・


果南「鞠莉がどうしたの?」

梨子「はぁっ・・・はぁっ・・」


呼吸が荒れる。思い出すだけでも苦しくなる


梨子「・・・私、見たんです」

果南「何を?」

梨子「鞠莉さんが・・・」


勇気を出すしかない。言わなきゃダメだ


梨子「・・・」


梨子「人を殺して死体を切断しているところを見たんです!!!」

76: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:32:23.46 ID:CiAyIWKw
つい声に力が入ってしまった。握った拳は相変わらず震えている


果南「えっ・・・」


驚いた眼で私を見ている。当たり前だ、いきなりこんなこと言われても理解が追いつかないだろう

だから私は最初から丁寧に説明するつもりだった


梨子「じつは、夜に内浦の森に行く鞠莉さんを尾行し・・・」


パチーン


梨子「・・・え?」

77: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:33:04.85 ID:CiAyIWKw
果南「・・・あんただから軽いビンタだけで許してあげる」


何故?何故私は頬を叩かれたの?これから説明するところなのに


果南「鞠莉のことをそんな風に言うなんて許さないから」

梨子「えっ・・・あっ・・・」

果南「頭を冷やしな」

梨子「う、嘘じゃなくて私は・・・本当に見たの・・・!」

果南「ショックなのは梨子だけじゃないんだよ!」

78: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:33:44.82 ID:CiAyIWKw
果南さんの怒鳴り声が砂浜に響く。私はその威圧感に圧倒され何も言えなかった


果南「そりゃ、私だって自分の無力さに泣いたよ」

果南「幼馴染の危機に何もできない自分を心底憎んだし、物に当たったりもした」

果南「夢なら早く覚めろとずっと思っていた」

梨子「か・・・なんさん・・・」

果南「だからと言って、現実から目を背けたらダメなんだよ」

果南「妄想や幻想に支配されたらダメなんだって」


何を・・・言ってるの・・・


果南「曜の日常はもう戻らない。それを受け止めないとダメなんだよ」

79: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:34:31.39 ID:CiAyIWKw
梨子「曜・・・ちゃん・・・」

果南「混乱する気持ちはわかるけど・・・ね」

梨子「違います・・・私は壊れてなんていません!本当に・・・」

梨子「本当に・・・鞠莉さんが殺しているところを・・・」

果南「・・・そういう妄言は他の人には言ったらダメだよ」

果南「あんたも病院生活になっちゃうかもしれないから」


なんてことだ・・・想定外にもほどがある


私の心が壊れていると思われている


簡単ではないとわかっていた。だけどこれだと信じてもらえる可能性なんて・・・


梨子「・・・っ」

梨子「すみませんでした・・・頭を冷やします・・・」


もはや言い返す言葉も見つからなかった


帰り際に見た彼女の眼は、私のことを憐れむようなとても悲しい眼をしていた・・・

80: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:35:26.97 ID:CiAyIWKw
~~~



梨子「・・・行ってきます」


朝食はまったく味がしなかった。美味しいという感覚がなくなっていた

時間というのは無情にも過ぎ去るもの

私は重い足をひきずりながら学校に向かった


梨子「・・・」


普通の日常風景が広がっている。何事もないようにクラスメイトが出席する

授業も今まで通り、特に何事もなくホームルームが終わる

そう、みんないつも通りの日常を過ごしているのだ

だけど私は違う、私はみんなとは違う

アレを見てしまった日から、私は日常からかけ離れてしまったのだから

82: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:36:16.86 ID:CiAyIWKw
梨子「じゃあ、バイバイ」


放課後は千歌ちゃんに挨拶をして一人で帰る

誰かと帰る気分にはとてもじゃないがなれない

だけど私はすぐに後悔する。最近はいつもこうだ。私はことごとく選択肢を間違える

千歌ちゃんと一緒に帰るべきだった。だって校門にいたのは・・・


鞠莉「クスッ・・・お疲れさま、梨子」


ドクンっと心臓が拍動する。私は一歩下がる。涼しいはずなのに汗が止まらない


危惧はしていた。だから出会わないように細心の注意を払っていた


だけど待ち伏せされてはどうしようもできない


梨子「あっ、あぁっ・・・」

83: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:36:58.84 ID:CiAyIWKw
鞠莉「ねぇ、今から曜のお見舞いに行くけど、一緒に行かない?」

鞠莉「ガールズトークでもしながら一緒に・・・クスクスッ」

梨子「よ、曜ちゃん・・・」


そうだ、私は自分のことに必死で忘れていた


この殺人鬼には人質がいるんだ。だから私を殺さないで泳がせているんだ


だから私を海から助けたんだ・・・間違いない。この人は紛れもない・・・


人の心を蝕む殺人鬼だ


梨子「・・・お手洗いに行くんで、ここで待っててくれますか?」

鞠莉「うん、わかったわ」

鞠莉「逃げちゃだめよ?なんてね・・・クスクスッ」

84: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:37:37.20 ID:CiAyIWKw
逃げられない。日常に溶け込む悪魔からは逃げきれない

戦うしかないんだ。いや、護るしかないんだ

呼吸を整えるために彼女から離れた私は頼りない拳を握りしめて決意した


梨子「曜ちゃんを護らなきゃ・・・」


梨子「護るんだ・・・私が・・・」


梨子「あの殺人鬼から・・・」


覚悟を決めたその瞳には涙がにじみ出ていた

86: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:38:17.93 ID:CiAyIWKw
私はかつて、彼女にこう言った


幸運が終わったら死んじゃおうって


私は生きる希望を失った彼女を思ってそう言った。事実、彼女の心はいつまでも持たないだろう


だけどそれは幸運を手に入れてからのことだ。今の彼女には幸運なんて訪れていない


彼女は殺人鬼によって偽の幸運を感じているだけだ


本当の幸運を彼女が掴むまでは、絶対に護り抜く


だって、彼女は私の愛する人なのだから___

87: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:38:57.29 ID:CiAyIWKw
曜「それでね、病院食を変更してって頼んだんだ!」

鞠莉「好き嫌いはナッシングよ?」

曜「え~!」

鞠莉「でもまぁ、がんばってる曜に・・・!」

曜「うわっ!ケーキ?」

鞠莉「ご褒美よ、一緒に食べましょっ♪」

曜「ありがとう、鞠莉ちゃん!」

曜「梨子ちゃんも一緒に食べよっ!」

梨子「・・・」

曜「梨子ちゃん?おーい?」

梨子「あ、うん!なに?」

曜「ケーキ一緒に食べない?」

梨子「う、うん・・・いただこうかな」

鞠莉「三人でパーティでぇす!」

88: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:39:40.81 ID:CiAyIWKw
考えろ、もう怯える時期は終わりだ


曜ちゃんは殺人鬼を好きになっている。そんな本人に何を言っても信用なんてしてもらえないだろう


私がやらないといけないんだ


鞠莉「はい、梨子の分」

梨子「・・・ありがとうございます」

曜「梨子ちゃん元気ない?考えごと?」

梨子「ううん、そういうわけじゃないよ!」

鞠莉「何かあったら頼りなさい?」

鞠莉「マリー達は友達でしょ?」


友達・・・そうね、友達だよ

曜ちゃんとも友達、あなたとも友達

89: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:40:29.07 ID:CiAyIWKw
梨子「そろそろ帰るね」

曜「わかった。また来てね、梨子ちゃん!」

梨子「・・・うん」

鞠莉「じゃあ私も今日は帰るわ」

梨子「っ・・・!」

曜「そっかぁ・・・!それじゃあ二人ともまたね!」

曜「ケーキ美味しかったよ!ありがとう!」

鞠莉「どういたしまして、じゃあね」


ギギッ


ガチャン


梨子「・・・私、寄り道していくのでここでお別れしましょう」

90: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:41:55.14 ID:CiAyIWKw
鞠莉「あら、せっかく一緒に帰れると思ったのに残念」

梨子「・・・失礼します」


この人と二人っきりになるのは危険だ。私は駆け足気味に離れる

しかし、私の背中に語りかけてきたその言葉に違和感を覚えた


鞠莉「梨子、私の手作りケーキは美味しかった?」

梨子「はい、美味しかっ・・・」


私は何を言おうとしたんだろう。あのケーキは美味しくなどなかった

味なんてまったくしない、ただのスポンジを食べているような食感を思い出した

いや、味がしなかったわけではない。たしかしょっぱい味はした気がする

砂糖と塩を入れ間違えたんだろうとその時は思った

でも本当に?そんなありきたりな失敗をこの人がするの?

いや、しない。だとしたらあの味は・・・

91: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:44:12.60 ID:CiAyIWKw
鞠莉「そっ、良かった」


鞠莉「隠し味を入れてみたんだけど、気づいてくれた?」


クスクスッ


ゾゾッと悪寒が走った。その笑い声で私は確信した


梨子「・・・っ!!」


ダダダッ


追いかけては来ていない。まずい、迂闊だった


ガチャッ


梨子「曜ちゃん!」

92: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:45:12.23 ID:CiAyIWKw
シーンと静まっている病室。いるはずの人がいない


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」

梨子「落ち着くのよ・・・私は大丈夫。私は大丈夫・・・」


間違いない。あの人は入れたんだ。


ケーキに怪しい薬を入れていたに違いない。もしそれが毒だとしたら・・・


頭がグルグルする。何を信じればいいのかわからない


私は自分を信じるしかない。私が曜ちゃんを護るしかないんだ


梨子「ふぅっ・・・ふぅっ・・・」


私の身体に変化は起きていない。だけど曜ちゃんはどうかわからない


もし曜ちゃんのケーキにだけ毒を盛っていたら・・・

93: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:46:57.78 ID:CiAyIWKw
あの人は私を殺さなかった。だから今回も私を狙っていない

でも曜ちゃんを殺す可能性はなくはない。私が曜ちゃんを好きなことをあの人は知っているんだ

だから私を絶望させるために曜ちゃんを殺す可能性はあるんだ

思考が混乱している。頭が割れそうなぐらい沸騰している


梨子「曜ちゃん・・・どこなの!?どこにいるの!?」


もぬけの殻になった病室を必死に探す

ベッドを乱暴に動かす。布団をめちゃくちゃに荒らす。まるで空き巣のように部屋中を荒らした

だけどいない。曜ちゃんはどこへ___


梨子「まさか・・・」


連れ去られた?あの殺人鬼に?

94: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:48:09.20 ID:CiAyIWKw
いや、それはない。病室を出てからは私と一緒にいたんだ。そんなのありえない

ありえない?本当にありえないの?

あの人の仲間が窓から連れ去らった可能性は?


梨子「曜ちゃん!!」


ガララッ


曜「梨子ちゃん!?どうしたの!?」


梨子「っ!!」


バッと振り返るとそこには驚いて眼を丸くしている彼女と、その彼女を車イスで補助する看護師さんがいた


梨子「曜・・・ちゃん・・・どこにいたの?」

曜「検査の時間だったから検査室に行っていたんだけど・・・梨子ちゃんこそどうしたの!?」

梨子「・・・身体は!身体はなんともない!?」

曜「えっ!?う、うん・・・?」

梨子「気分が悪いとか・・・!」

曜「別にないけど・・・本当にどうしたの?」


よかった、何もなかった・・・安堵した私はギュっと曜ちゃんを抱きしめた


梨子「よかった・・・曜ちゃんが無事で・・・」

曜「あははっ、梨子ちゃんも寂しがり屋なのかな?」

95: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:48:57.80 ID:CiAyIWKw
無事を確認できた私は部屋を荒らしたことについて謝罪をして病院を出ていく


あの人はもういない。おそらく先に帰ったのだろう


梨子「・・・」

梨子「やっぱり、ダメだ。一人じゃ曜ちゃんを護れない・・・」


向こうには仲間がいる。あの夜も車から出てきたのは使用人だと言っていた

他にも仲間はきっといるはず。もしかするとAqoursのメンバーにも懐柔された人がいるかもしれない


梨子「・・・行くしか、ない」


梨子「もう一度」


恐れよりも覚悟が上回った今、私の足は重りが外れたように弾んでいた

96: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:51:07.00 ID:CiAyIWKw
時刻は21時。内浦の海岸に私は立っていた

何故そこにいるのか。それは待ち人を待っていたから。そしてその人は___


梨子「・・・来てくれたんですね」


私の前に現れたその人は自慢の長髪をなびかせ、真剣なまなざしでこちらを見つめている


梨子「ダイヤさん」

ダイヤ「こんな時間に呼び出すなど・・・失礼極まりありませんわよ」

梨子「すみません、だけどダイヤさんを選んだことには理由があります」

梨子「ひとつは私のことを信じてくれると思ったから」

梨子「もうひとつは頭が良くて感情的に判断しないから」

梨子「だからダイヤさんを選びました」

ダイヤ「信頼してくださるのはありがたいことですわね」

ダイヤ「・・・だけど、それだけではないでしょう?」

ダイヤ「言っておきますが、黒澤家の力を頼ろうとしているのなら・・・」

ダイヤ「それ相応の理由が必要だと肝に銘じなさい」

97: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:53:02.45 ID:CiAyIWKw
梨子「やっぱり・・・ダイヤさんは頭がいいですね」

梨子「そうです、私はもしものときは黒澤家の力もお借りしたいと思っています」

梨子「そしてそれ相応の理由もあります」

ダイヤ「・・・」


梨子「この内浦には殺人鬼が潜んでいる」


ダイヤ「・・・は?」

梨子「前に私が夜の海で溺れていたことは覚えていますよね?」

ダイヤ「えぇ、覚えています」

梨子「あれはその殺人鬼から逃げている途中に飛び込んだのです」

ダイヤ「・・・」

ダイヤ「その殺人鬼の情報や、行方不明の情報などは一切耳にしていませんが」

梨子「車で人を運んでいるのを見ました。被害者は内浦の人じゃない可能性もありえます」

ダイヤ「・・・犯人の顔を見たのですか?」

梨子「はい、その犯人の身柄も把握しています」

ダイヤ「そこまで言うのならお教えなさい」

梨子「言いません」

ダイヤ「はい?」

梨子「実際に殺人の瞬間を見てもらいます」

ダイヤ「そんな危険なことにわたくしを巻き込むつもり?」

梨子「見たほうが早いです。お願いします」

ダイヤ「警察に任せなさい」


梨子「それじゃダメなんです!!!」

98: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:54:40.99 ID:CiAyIWKw
私は声を荒げた。波が二人の足を濡らす


梨子「あの人には・・・強力な組織がついているんですよ・・・」

梨子「きっともみ消されるだけ!それに!」

梨子「下手な動きをみせると私たちに何をしてくるかわからないんです!」

梨子「曜ちゃんが危険な目に遭う可能性もあるんですよ!」

ダイヤ「曜さんが・・・?」

ダイヤ「まさか、あなたがいう殺人鬼とは・・・」

ダイヤ「・・・」


ダイヤ「はぁ・・・あなたの迫力に負けましたわ」


梨子「えっ?」

ダイヤ「わたくしを連れて行ってください」

ダイヤ「梨子さんがそこまで言うのなら、力にならないわけにはいきませんわ」

梨子「ダイヤさん・・・」

梨子「ありがとうございます・・・」


大きな前進だ。ダイヤさんが仲間になってくれたんだ。私は思わず涙をこぼす

これで戦える。頼もしい味方がいれば怖くない

これで、きっと___

99: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:55:38.93 ID:CiAyIWKw
23時、内浦のとある辺境地。私はあの時と同じように隠れていた

ただ、あの時と違うのは


隣に味方がいること。そして身体の震えがないことだ


ただ、それでも怖いものは怖い。慎重に行動する必要がある


梨子「・・・」

ダイヤ「・・・誰も来ませんわね」


今日は来るのだろうか。ひょっとしたら待ちぼうけになるかもしれない

私に知られたから場所を変えたのかもしれない

来い・・・来い・・・私はそう祈っていた

ここでダイヤさんに現場を見せられたら一気に進展するだろう

だからこそ、今日は何としても・・・

二度と見たくない光景を、こんなにも見たくなるのは初めてだ


ガタンッ


梨子「・・・!!」

100: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:57:15.35 ID:CiAyIWKw
ダイヤ「あれは・・・車?」


きた・・・ついにこの時がきた


あの中から降りてくるはずだ、私は額から垂れる汗をぬぐってじっと見つめた


あの車から降りて___


鞠莉「二人とも、何してるの?」


梨子「っ・・・!」

ダイヤ「ピギャッ!?」

ダイヤ「ま、鞠莉さん・・・驚かさないでください」

鞠莉「ごめんごめん、でも私も驚いちゃったのよ」

鞠莉「こんな時間に人がいることに・・・ね」


車から出てくる、それはただの思い込みだった

なんと、その殺人鬼は私たちの背後から現れたのだ

101: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:58:05.26 ID:CiAyIWKw
梨子「あっ・・・ひっ・・・」


殺される?いや、それはない

隣にはダイヤさんがいる。私に手を出すとは考えにくい


ダイヤ「・・・」

ダイヤ「そういう鞠莉さんはどうしてここに来たのですか?」

鞠莉「私?星を見に来たの」

ダイヤ「星?」

鞠莉「そっ、ここは星がよく見えるスポットなのよ♪」

梨子「う・・・そだ・・・」


梨子「だったら、あそこの車は何ですか!?」


鞠莉「あぁ、あれは帰るとき用に手配してもらった車よ。使用人にお願いしたの」

梨子「・・・鞠莉さんはどうやってここまで来たんですか?」

鞠莉「ん?歩いてきたんだけど」

鞠莉「星って自分の足で歩いて見に行くほうがロマンティックだと思わない?」

ダイヤ「そういうものなのでしょうか?」

鞠莉「そういうものよ!ダイヤたちはどうしてここに?」

ダイヤ「それはですね」

梨子「車の中を見せてください」

102: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 19:58:53.88 ID:CiAyIWKw
鞠莉「え?」

ダイヤ「梨子さん?」


梨子「その車の中に・・・見られたくないものがあるんですよね?」


ダイヤ「っ・・・!」


ダイヤさんは察してくれたようだ


そうだ、あの車の中には死体があるはず。もしくは監禁されている生きた人間が・・・


それを見たらダイヤさんも信じてくれる


そしたらこの殺人鬼をどこかに隔離してもらって、そうすれば・・・


曜ちゃんを護れるんだ


鞠莉「ん~よくわかんないけど」


鞠莉「いいわ、見せてあげる」


梨子「・・・!!」


そう答えた殺人鬼は車の方に向かって歩いていく


私たちは距離をとりながら後ろをついていく


梨子「・・・」

ダイヤ「・・・」

103: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:01:06.36 ID:CiAyIWKw
車に近づいた瞬間に捕らわれる可能性は十分ある


私たちは距離を置きつつ少しずつ近づいた。すると・・・


鞠莉「梨子が言ってるのってこれのことかしら?」


ドサッ


梨子「!!」

ダイヤ「これは・・・人形?」


彼女が床に置いたものは想定外の物だった


そう、「人間」ではなかった


人間そっくりなドール、いわゆる「人形」だった


鞠莉「最近はよく星を見に来るんだけど、いっつも一人で来てるのよ」

鞠莉「誰かを誘ってもよかったんだけど、なんか・・・」

鞠莉「星を見に行こうって誘いづらいし・・・それに時間も夜遅くになっちゃうからね・・・」


鞠莉「でも一人だと寂しいじゃない?だからこのお人形と一緒に、こうやって・・・」


人形を仰向けに寝させた殺人鬼はその隣で仰向けになり・・・


まるで二人で星を見ている光景を作り出したのだ


ダイヤ「・・・はぁ」

104: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:02:33.20 ID:CiAyIWKw
大きなため息が聞こえた。そのため息からは呆れたというメッセージが伝わってきた


梨子「ち、ちがう!こんなのおかしい!」

ダイヤ「鞠莉さんに限って・・・とは思いましたがね」


ダイヤ「まぁ、何事もなかったのなら良かったですわ」

鞠莉「そうだ!せっかくだし一緒に星を見ましょ?」

鞠莉「ほらダイヤもこっち来て!」

ダイヤ「はいはい、少しだけですよ?」

梨子「っ・・・!」


梨子「ダイヤさん、早く離れて!なにをされるかわからないのよ!」


私の味方であるダイヤさんはあろうことか、殺人鬼の隣で仰向けに寝転んでしまった


まずい、このままだとダイヤさんが危ない!隙をみて殺すつもりなんだ!


鞠莉「何かされるって・・・こういうこと?」

ダイヤ「っ・・・!」

ダイヤ「雰囲気があってもこれはブッブーですわ!」

鞠莉「あら、残念。でも離しはしないのね」


おかしい。どうして殺人鬼と手を繋げるの


私が必死に訴えているのに、どうして私の言葉に聞く耳を持ってくれないの

105: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:04:19.77 ID:CiAyIWKw
鞠莉「梨子も一緒に星でも見ましょ?」


鞠莉「綺麗な星が見えるわよ・・・クスクスッ」


ダイヤ「梨子さんも星を見て心を落ち着かせるといいですわ」

梨子「・・・!」


梨子「どうして・・・!!」


ダッ


悔しい、信じてもらえないのが悔しい


私はその場から走り去った



ダイヤ「梨子さん!?」

鞠莉「・・・そっとしておいてあげましょ」

鞠莉「曜のことで・・・きっと心が参ってるんだと思うの」

鞠莉「最近の梨子は意味のわからない言動が多かったりするし・・・」

鞠莉「心の傷は簡単には治らない。だからこそ」


鞠莉「私たちが見守ってあげないとね」


ダイヤ「・・・そのようですね」

106: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:05:40.07 ID:CiAyIWKw
___



梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」

梨子「ダイヤさん、どうして・・・」

梨子「・・・車の中、ちゃんと見れていなかった」

梨子「そうよ、トランクの中に隠していたのよ・・・」

梨子「あの人形は私たちを騙すための物に違いない」


山を駆け下りてどのぐらい時間が経ったのだろう


戻って確かめたい気持ちもある。だけど・・・


それ以上の不信感が私をいっそう考えさせる


梨子「おかしい、ダイヤさんほどの人が・・・」


梨子「あんな簡単に殺人鬼に取り込まれるなんて・・・」


ダイヤさんは賢いはずだ。あんな簡単に殺人鬼の隣に近づいて


おまけに手を繋ぐなど、普通のダイヤさんならありえない


梨子「・・・まさか」


ドクン

107: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:07:26.43 ID:CiAyIWKw
そっか、そういうことだったのね


なるほど、私は見事にハメられたんだね


梨子「ははっ・・・」


梨子「そっか・・・」


梨子「既にあの殺人鬼に懐柔されていたのね・・・そうに違いないわ・・・」


ザバーンと波が音を出す


パリンッと私の心が割れる音が聞こえる


梨子「・・・どこに敵がいるかわからないなら」


梨子「やっぱり・・・一人で戦うしかない」


梨子「ははっ・・・あははっ・・・」


梨子「あははははっ!!!」

108: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:08:50.83 ID:CiAyIWKw
私は大声で笑う。その笑い声は波の音にあっさりとかき消される


私はちっぽけな存在かもしれない

そのちっぽけな私が巨大な闇に立ち向かおうとしている


梨子「・・・安心して、曜ちゃん」


梨子「私がついているからね」


ちっぽけな私は闇夜に飛び込む。次なる行動を起こすために___

109: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:09:42.61 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」


ブツブツ


千歌「梨子ちゃん?何書いてるの?」

梨子「・・・気にしないで」

千歌「そう言われると気になる」

梨子「千歌ちゃんには言えないことなの」

千歌「ん~残念」

梨子「・・・」


ブツブツ


千歌「何か独り言ブツブツ言ってるし・・・変な梨子ちゃん」


何とでも言いなさい。絶対千歌ちゃんには教えない


だって千歌ちゃんも「あいつ」の仲間かもしれないから


梨子「どうする。どうやってこの街から追い出す・・・」 

110: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:10:48.09 ID:CiAyIWKw
私は考えた。あの殺人鬼をこの街に放置するのは危険だ


だけど曜ちゃんがあいつを好きになってしまっている。ただ追い出すだけではダメだ


梨子「理想としては・・・」


曜ちゃんがあいつを嫌うように仕向けつつ、あいつをこの街から追い出す・・・


梨子「だけど私の仕業だと曜ちゃんにバレてはいけない」

梨子「そんなことがバレたら私が曜ちゃんに嫌われるどころか・・・」


曜ちゃんの生きる希望を完全に絶ってしまう可能性もある


梨子「・・・それに、あまりあの人を刺激したらあの殺人鬼は何をしてくるかわからない」

梨子「上手くやらないとすべてが壊されてしまう・・・」


そもそもあの人を街から追い出すってどうすればいいの


梨子「あーもう!」


山積みの課題に私の頭がショートしそうになる


梨子「・・・いや、そもそも追い出す必要なんてないじゃない!」

梨子「あの人はあと3か月たてば勝手に旅立つわ!」

111: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:11:37.53 ID:CiAyIWKw
そうだ、すっかり忘れていた。あの人は海外に行くんだ


だから無理に追い出す必要はない


梨子「つまり、今の私がするべきことは・・・」


あと3か月の間、曜ちゃんと自分の身を護ること


曜ちゃんに本当の幸運を与えてあげること


梨子「何よ、簡単なことじゃない」


ガタッとイスから立ち上がる


目標の見えた私は真っ先に病院に足を運んだ___

112: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:12:30.65 ID:CiAyIWKw
~~~


曜「あっ、梨子ちゃん!」

梨子「曜ちゃん、調子はどう?」

曜「うん!良い感じだよ!」

梨子「そっか、よかった」


梨子「今日は鞠莉さんは来たの?」


曜「ううん、来てないよ」

梨子「そっか」

曜「・・・」

梨子「曜ちゃん?どうしたの?」

曜「私ね、ちょっと悩んでいるんだ」

梨子「私でよければ聞くわよ?」

曜「ありがとう・・・」

梨子「曜ちゃんは私の大事なお友達だもの!気にしないで」

曜「うん・・・あのね」

曜「最近、ちょっと疑ってしまうんだ」

梨子「・・・誰を?」


曜「鞠莉ちゃんだよ」

113: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:14:20.48 ID:CiAyIWKw
これは好展開だ、曜ちゃんも異変に気付いたのなら都合が良い


曜「だってさ、鞠莉ちゃんって海外に行っちゃうでしょ」

曜「それなのに、こんな・・・歩くこともできない私の告白をオッケーしてくれるなんて」

曜「何か・・・同情で付き合ってくれているのかなって・・・怖くなってきちゃった」

梨子「・・・」

梨子「鞠莉さんは、きっと曜ちゃ」


曜「私、やっぱり死んだほうがいいのかな」


梨子「・・・!」

梨子「ダメよ、早まらないで」

曜「私、鞠莉ちゃんの邪魔になってるかもしれないもん」

梨子「そんな・・・ことないわよ」

曜「だって、海外に行くんだよ?いろんな準備もあるはずなのにさ」

曜「私の一方的な気持ちがそれを邪魔してる感じがして・・・」

曜「怖くなってきちゃった」


言いそうになった。ならばあいつと別れて私と付き合ってほしいと


でも・・・そんなことを言える雰囲気ではなかった


曜ちゃんはまだ幸運を手に入れてないんだ


それなのに死んじゃうなんてそんなの・・・


私が許せない

114: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:15:36.86 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」

曜「・・・梨子ちゃんもさ、ほぼ毎日会いに来てくれているけど」

曜「私は鞠莉ちゃんだけじゃなく、梨子ちゃんの時間も奪っている気がして・・・」


梨子「曜ちゃん!!」


つい大声をあげてしまう。ダメよ、今の彼女はとてもナイーブになっている


あと一歩で本当に命を絶ってしまいそうな眼をしている


そんなの許せない。私が曜ちゃんを幸せにしてあげるまでは


私が曜ちゃんの生きる希望になれるまでは死なせたりしないわ


梨子「私にとって曜ちゃんは、とっても大事なお友達なの」

梨子「だからそんな悲しいこと言わないで」

曜「梨子ちゃん・・・」


曜「うぅっ・・・グスン・・・」


梨子「いいわよ、私の胸で思いっきり泣いても」


曜「・・・ありが」


ガララッ

115: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:17:12.98 ID:CiAyIWKw
鞠莉「曜、来たわよ・・・って、あら?」


梨子「っ・・・!」

鞠莉「梨子が泣かせたの?」


ブルッと身震いがした。私はもう恐れない


だけど私の身体はまだ、あの狂気による恐怖を忘れていなかった


曜「ま、鞠莉ちゃん・・・ち、ちがうの。これは・・・」

鞠莉「曜・・・辛いのね」

鞠莉「私は曜の味方だから、安心して」


鞠莉「私があなたを幸せにしてあげるから・・・」


ギュッ


曜「鞠莉ちゃん・・・ありがとう」


曜「私、鞠莉ちゃんのおかげで幸せだよ」

116: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:18:22.50 ID:CiAyIWKw
心が激しく締め付けられる


私の胸で泣くよりもあいつの胸で泣くことを選んだの?


どうしてそんな人を愛してるの?


その人は平気で人を殺す悪魔だよ?


あなたのように足がない人間を前に薄ら笑いを浮かべる人なんだよ?


梨子「は・・・」


梨子「離れなさいよ!!!」


ドンッ


鞠莉「きゃっ」

117: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:20:11.89 ID:CiAyIWKw
曜「り、梨子ちゃん!?何してるの!」

梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」

曜「鞠莉ちゃん、大丈夫?」

鞠莉「え、えぇ・・・私は大丈夫よ」


我慢の限界だった。私はその殺人鬼に勢いよくぶつかる


抑えるつもりだったけど、感情的になってしまった


だけどやってしまったからにはもう後には退けない


これは事実上の宣戦布告___


梨子「その汚れた手で・・・」


梨子「曜ちゃんに触らないで!!!」


曜「梨子ちゃん落ち着いて!?どうしたのさ!」

鞠莉「梨子・・・頭でも打っちゃったの?」

梨子「うるさい!!」

梨子「あなたなんか・・・あなたなんか!!」


曜「梨子ちゃん!!!」


梨子「っ・・・!!」


ふと我に返った気分だ。それと同時にやってしまったという気分


彼女は私を心配そうな眼で見ていた


そしてあいつは・・・うっすらと不気味な笑みを浮かべていた

118: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:23:36.24 ID:CiAyIWKw
曜「梨子ちゃん、きっと疲れてるとおもうから・・・今日はもう休んだ方がいいよ」

鞠莉「そうよ、お家に帰りなさい」

梨子「わ、私は疲れてなんか・・・」


曜「・・・お願い、帰って」


梨子「・・・」


梨子「わかった、またね・・・」


居座れる空気ではなかった。あぁ、やってしまった


今からあの二人は密室で二人っきりになるんだ


だけど厄介払いされた今の私にそれは止められない


神様、お願いします


どうか曜ちゃんが無事に今日を乗りこえられますように・・・

119: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:24:21.63 ID:CiAyIWKw
~~~


鞠莉「いたたっ・・・」

曜「梨子ちゃん、何だったんだろう・・・」

鞠莉「きっと疲れてるのよ。学校でもたまにあるの」

曜「学校でも?」

鞠莉「えぇ、さっきみたいに意味不明なことを言いだしたりね」

曜「そうだったんだ・・・」

鞠莉「・・・ところで曜」

曜「ん?なに?」


クスクスッ・・・


鞠莉「明日、星を観に行かない?」

120: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:25:16.72 ID:CiAyIWKw
梨子「・・・」


病室の前で私はとどまる。昨日のことがあったから入りずらい


梨子「ふぅっ・・・」


ガチャッ


曜「あっ、梨子ちゃん。おはよう」

梨子「曜ちゃん、昨日はごめんなさい」

曜「謝るのは鞠莉ちゃんにだよ?」

鞠莉「私は気にしてないわよ」

梨子「っ・・・!」

殺人鬼は既に病室にいた。私はキッとにらみつけ乱暴に謝る

梨子「・・・昨日はごめんなさい」

鞠莉「ノープロブレム♪」

梨子「・・・」

梨子「ごめん、やっぱり帰るね」

曜「え?来たばっかりなのに?」

梨子「二人の邪魔はしたくないからね」

鞠莉「気を遣わなくていいのに」

梨子「じゃあ、また・・・」


逃げるように私は病室を出た。そしてとんでもない言葉を聞いてしまった。


病室の中からはっきりと聞こえてきた


曜「星を観に行くの楽しみだね」

鞠莉「えぇっ、今日は最高な日になるわよ」

梨子「えっ・・・」


私は乱暴に扉を開け、病室に戻った。

121: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:26:05.00 ID:CiAyIWKw
梨子「ダメよ!!星を観に行くのは!!」

曜「えっ!?梨子ちゃん?」

鞠莉「ぬすみ聞きはよくないわよー」

梨子「曜ちゃん!絶対に行ったらダメ!」


言葉が止まらなかった。とうとう発してしまったのだ


梨子「行ったら殺されるわ!!!」

曜「えっ・・・」

言った後に後悔する。

曜「何言ってるの・・・梨子ちゃん・・・」

鞠莉「やっぱり最近の梨子、おかしいわよ」

梨子「いや、それは・・・」

曜「鞠莉ちゃんが人を殺すって本気で思ってるのなら」

曜「私は軽蔑する・・・」

梨子「あっ、えっと・・・」

梨子「ちがうの!」

曜「何が・・・違うの・・・」

曜「出て行って・・・」

梨子「曜ちゃん、違うの!」

曜「早く出て行って!!!」


曜ちゃんから今までにないぐらいの怒りを感じる


当たり前だ。自分の恋人を殺人鬼呼ばわりされたのだから


梨子「っ・・・!」

鞠莉「クスクスッ・・・」

梨子「・・・曜ちゃん、バイバイ」

122: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:26:40.22 ID:CiAyIWKw
私は病室を再び出て途方に暮れていた


もう、どうしようもない


間違いない。あいつのあの雰囲気・・・今日曜ちゃんを殺すつもりだ


あの殺人鬼は私を絶望させるつもりなんだ


もう私には何も・・・


梨子「・・・やるしかない」

梨子「私が・・・やるしかない」


拳をギュっと握りしめた。覚悟を決めた。


梨子「私が全てを・・・終わらせる」

123: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:28:22.81 ID:CiAyIWKw
冷たい風が私を襲う。冬の夜は寒い。


私は一足先にやつが来る場所に来ていた


決着をつけるんだ。もう街から出るのを待つなんて余裕はない


鞠莉「・・・やっぱりいたのね、梨子」

梨子「鞠莉さん、あなたを待っていました」


山道に現れたのはあの殺人鬼だ


梨子「曜ちゃんはどこ」

鞠莉「今使用人が迎えに行ってるわ。もうすぐ来るんじゃないかしら」

梨子「そう、なら時間は間に合いそうですね」


私は殺人鬼に向けて鋭利な刃物を突きだした


鞠莉「やっぱり、そういう結果になっちゃうのね」

124: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:29:06.33 ID:CiAyIWKw
鞠莉「私は別に誰も殺すつもりはないわよ?」

梨子「嘘をつかないでください。今日、曜ちゃんを殺すつもりなんですよね?」

鞠莉「殺さないわよ」

梨子「嘘をつかないでください、この殺人鬼!」

鞠莉「・・・梨子は私を殺すの?」

梨子「えぇ、そうです」

梨子「あなたを殺して、自分も死にます」

鞠莉「そんなことしても曜は悲しむだけよ、せめて梨子は生きないと」

梨子「無理です。人殺しをしてのうのうと生きていけるメンタルはありません」

梨子「曜ちゃんの命を護るために、私は自分のすべてを賭ける」

鞠莉「ふぅん、そう・・・」

鞠莉「じゃあいいわよ、殺しなさい。私を」

梨子「・・・その前にひとつ教えてください」

鞠莉「なに?」

梨子「どうして人殺しなんてしていたのですか・・・私の知っている鞠莉さんはそんなこと!」

鞠莉「・・・」

鞠莉「曜のためよ」

125: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:30:14.76 ID:CiAyIWKw
梨子「えっ?」

鞠莉「小原家の新技術のひとつ、人体再生術が実験段階に入ったの」

梨子「人体再生術?」

鞠莉「そう、簡単にいえば義足を生身の足で行うようなもの」

鞠莉「死体の四肢を生きている人にくっつける技術よ」

梨子「まさか、それを曜ちゃんに・・・」

鞠莉「そう、義足がダメでもこの人体再生なら大丈夫。そう思ったのよ」

梨子「で、でも・・・それでも・・・」

梨子「やっぱり、人を殺すなんて・・・」

鞠莉「それは今の梨子も同じじゃないかしら?」

鞠莉「誰かのために人を殺す。私としていることはまったく同じよ」

梨子「ち、ちがう・・・」

鞠莉「さ、もういいでしょ。私を殺しなさい?」

鞠莉「曜の恋人である私を殺しなさい?」

梨子「ま・・・り・・・さん・・・」

126: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:31:26.00 ID:CiAyIWKw
どうすればいい。理由があったとしても人を殺すなんて許されることじゃない


なら、どうすればいい?


この人を生かしておくべきなの?


この人の話をどこまで信じていいの?


頭の中がグルグルと回る


梨子「私・・・は・・・」

鞠莉「まぁ、楽しかったけどね。人を殺すのは」

梨子「・・・は?」

鞠莉「クスクス・・・曜のためにって言うのはあくまで詭弁♪」

鞠莉「小原家にも黒い裏側がたくさんあってね」

鞠莉「そのせいか、人を殺すことにも慣れちゃったみたい♪」

梨子「っ・・・!」

鞠莉「ケタケタ・・・一瞬迷ったでしょ?ダメよ梨子」


鞠莉「一瞬の迷いは隙を生むんだから・・・!」

瞬間、鞠莉さんにタックルをされ私は勢いよく吹っ飛ばされた

127: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:32:03.98 ID:CiAyIWKw
鞠莉「クスクスッ・・・あなたはもう少し生かしてあげてもよかったんだけど」

鞠莉「やっぱり邪魔だから殺すことにするわ」

梨子「っ・・・いたっ」

梨子「はな・・・せ!」

身体を掴まれて身動きがとれない。武器としてもってきた包丁も吹き飛ばされた

鞠莉「梨子、友達でいてくれてありがとう」

鞠莉「曜と二人で、仲良くあの世に行きなさい?」

128: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:39:38.15 ID:CiAyIWKw
梨子「いや・・・だ・・・!」


ドカッ


鞠莉「あうっ」


死に物狂いで押しのけた私は急いで包丁を手にした


そして


梨子「あぁぁぁぁぁ!!」


グサッ


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


鞠莉「あっ・・・うっ・・・」


ドサッ


梨子「はは・・・」

梨子「やったわ、ついにやった・・・」

梨子「曜ちゃんを護れた・・・」


梨子「あははははっ!」

129: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:40:34.02 ID:CiAyIWKw
ついに私は目的を果たしたのだ


夜空を見上げ一人叫び声をあげていたそのとき、一台の車がやってきた


その中から降りてきたのは、車イスに乗った・・・


曜「梨子・・・ちゃん?」

梨子「あぁ、曜ちゃん」

梨子「曜ちゃん、私を褒めてくれる?私はやりとげたんだからさ」

曜「何を・・・」


暗くてよく見えていないのだろう。私は車イスを死体が見えないように誘導した


車の中には使用人らしき人がいた


梨子「お願いします、もう少しだけ時間をください」


使用人は黙って車を走らせ、山道を降りて行った

130: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:41:36.90 ID:CiAyIWKw
梨子「今日は天気が悪くて星が見えないから、別の場所に行こっか」

曜「それはいいけど、どうして梨子ちゃんがいるの?

梨子「・・・」

曜「どうして・・・血がついているの?」

梨子「・・・」


何度も曜ちゃんからの質問がくる。私は何も答えない


時刻は真夜中、気づけばさざ波をたてる海辺に来ていた


その真夜中の浜辺で私は告白した

131: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:43:21.80 ID:CiAyIWKw
梨子「私は人を殺したの」


曜「そん・・・な・・・」

曜「嘘だよ、梨子ちゃんはそんなことしない」

曜「あなたは誰なの?」

梨子「誰って、どこから見ても桜内梨子でしょ?」

曜「ちがう、ちがうよ・・・」

曜「あなたは悪魔か何かに違いない」

梨子「悪魔・・・か・・・」

梨子「そもそも、こんなことになったのは曜ちゃんのせいだから」

曜「えっ・・・」

梨子「曜ちゃんが悪魔を呼び寄せてしまったの」

梨子「私だってこんなことしたくなかったのに」

梨子「・・・でも、鞠莉さんが言っていたこと。ちょっとわかったかも」

曜「鞠莉ちゃんが・・・何て言ったの・・・?」

梨子「あの人ね、人を殺すのが楽しくなったって言ったの」

132: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:44:10.93 ID:CiAyIWKw
曜「鞠莉ちゃんが・・・人殺し?」

梨子「普通なら考えられない発言でしょ?」

梨子「でもね、なんだかわかっちゃった」

梨子「私ね、さっき鞠莉さんのこと殺したんだけど」

梨子「そのときの感触が忘れられないの」

梨子「生命を奪う感触が・・・クスクスッ♪」

曜「梨子・・・ちゃん・・・?」

梨子「曜ちゃんのことは大好きだったよ。本当に大好きだった」

梨子「愛しているわ。だからこそ・・・」


グサッ


曜「梨子ちゃ・・・なん・・・で」


梨子「私が楽にしてあげるわ」

梨子「愛しているからこそ、私がこの手で終わらせてあげる♪」

曜「悪・・・魔・・・」


ガタンッ

133: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:44:52.22 ID:CiAyIWKw
梨子「悪魔・・・か・・・」


梨子「クスクスッ・・・ケタケタ・・・」


さざ波の音とともに、悪魔は暗闇に姿を消す


その後、その姿を見た者はいない


end

135: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 20:46:45.31 ID:9GnFYV/W
読んでて辛かったが、読み応えはあったよ

140: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 22:06:02.98 ID:0w92AflP
ひぐらし思い出した
おつ

141: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 22:30:45.32 ID:bXQhOhAx
俺もひぐらし的展開かと思ってたわ

142: 輝きたい名無しさん 2019/02/17(日) 23:00:43.22 ID:9ochJfA5
乙乙

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1550395605/










注目記事
関連記事
2019/02/18 23:00 | SS | コメント(0)

この記事のコメント

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【SS】にこ「エ●チな夢を見るようになった……」【ラブライブ!】 Jul 23, 2019
【画像】声優・内田彩さん「Happy Birthday わたしたちー♡」 鈴木愛奈ちゃんとツーショット!【ラブライブ!】 Jul 23, 2019
【朗報】虹ヶ咲声優・楠木ともりさん、ファンが1年で5.6倍になる!【ラブライブ!スクスタ】 Jul 23, 2019
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の日常4コマ『にじよん』がG’sマガジン.comで連載スタート!【ラブライブ!】 Jul 23, 2019
ラブライブ!メンバーアイコンTシャツ選手権!! Jul 23, 2019
【SS】しずく「かすみさんが風邪で休みですか?」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jul 23, 2019
【朗報】本日の声優・小宮有紗さんがかわいい!!(※画像あり)【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jul 23, 2019
穂乃果「いや~今日もパンがまずい!」【ラブライブ!】 Jul 23, 2019
女教師千歌ちゃん【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jul 23, 2019
【SS】ダイかなまり「得意分野に別れて練習?」聖良「はい」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Jul 23, 2019
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 逢田梨香子 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 津島善子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 黒澤ルビィ 松浦果南 ライブ 桜内梨子 伊波杏樹 小林愛香 ラブライブ! 国木田花丸 小原鞠莉 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 スクフェス ラブライバー 絢瀬絵里 グッズ 矢澤にこ 諏訪ななか 動画 降幡愛 園田海未 高槻かなこ 星空凛 高坂穂乃果 Saint_Snow 南ことり 鹿角聖良 小泉花陽 声優 東條希 西木野真姫 管理人の戯言 鹿角理亞 楠木ともり スクスタ 新田恵海 アニメ 内田彩 三森すずこ ぷちぐるラブライブ! グラブル 田野アサミ 渡辺月 南條愛乃 ラジオ 中須かすみ 徳井青空 飯田里穂 楠田亜衣奈 上原歩夢 ニュース 浦ラジ スクフェスAC 久保ユリカ 宮下愛 Pile 優木せつ菜 佐藤日向 久保田未夢 大西亜玖璃 佐倉綾音 エマ・ヴェルデ 朝香果林 天王寺璃奈 桜坂しずく 荻野由佳 高海美渡 絢瀬亜里沙 ニコ生 指出毬亜 近江彼方 鬼頭明里 高海志満 A-RISE 雨宮天 水瀬いのり 生放送 高坂雪穂 相良茉優 エマ 本田圭佑 鞠莉ママ 前田佳織里 水樹奈々 善子母 綺羅ツバサ 千歌ママ 村上奈津実 ことりママ 漫画 大橋歩夕 いつき 黒沢ともよ ことり母 松永真穂 芸能 理事長 芹澤優 畑亜貴 優木あんじゅ 統堂英玲奈 Aqours_LOCKS! スクパラ お盆 東山奈央 金元寿子 スクコレ 山本希望 



アクセスランキング