当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】千歌「……」月「……」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】千歌「……」月「……」【ラブライブ!サンシャイン!!】

tsuki.jpg






1: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:23:57.24 ID:y85IX/fX
梨子(ね、ねえ……曜ちゃん、あの二人、どうしちゃったの?)

曜(さあ……何故か最近ずっとあんな風にお互いがそっけないんだよ)

曜(喧嘩……したのかはわからないけど、いい雰囲気でもないね)

梨子(うん……あっ、千歌ちゃんが教室から出ていっちゃった)

2: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:26:50.50 ID:y85IX/fX
月「……」

梨子(月ちゃんは特に動きはない……)

曜(なんだろ、私たちの気にしすぎだったりするのかな?)

梨子(そう、なのかな。普段が普段だから、敏感になりすぎてたのかも)

ー五分後ー

月「……」

曜(ん? 月ちゃん、もうすぐ授業始まるのに……どっか行っちゃった)

梨子(トイレにでも行ったんじゃない?)

4: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:34:32.35 ID:y85IX/fX
ートイレー

月「……じ、授業前だよ?」

千歌「仕方ないじゃん、したくなったものは」

月「んー……そうなのかもしれないけど…」

月「最近、やっぱり怪しまれてるよ? …こんな風に抜け出したりしてたら」

月「……いや、別に嫌って訳じゃないけどさ」

千歌「ん」

月「……」

月「……ん」

特に。
特にこれと言って、説明することはない、唇が触れるだけの、キスと呼んでいいのかもわからないソレ。

最初は週間、ここ最近は日課になっていた。

千歌「別にさ、いいじゃん。バレたって」

月「いやまずいよ……僕たちが、その。付き合ってるってバレたら」

5: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:38:27.13 ID:y85IX/fX
事の始まりは、僕が千歌ちゃんから告白されたからだ。

あんまりにも唐突だったから、最初はちょっと戸惑ったけれど、徐々に泣きそうな顔になっていく千歌ちゃんを見ると、断ることができなかった。
流されてしまった、というとその通りなんだけど、別に悪い気分になるわけでもなかった。

千歌「もう終わり?」

月「うん、終わり。はやく戻らないと、みんな心配するよ?」

千歌「…うん」

せっかく、分校騒ぎも乗りきった、っていうのに、この事がバレて面倒なことになったら嫌だもんね。僕は。

6: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:42:53.32 ID:y85IX/fX
~~~

千歌「月ちゃんって、どの辺に住んでるの?」

月「僕? この近くだけど……」

月「あ、来る? そういえば遊びに来てもらったこと、なかったね」

千歌「いいの?」

月「いいよ」

放課後、今日はスクールアイドルの練習はお休みの日みたいで、僕は千歌ちゃんとお喋りしていた。
スクールアイドルの千歌ちゃんもとっても可愛いと思うから、僕としてはその姿を見たかったけど、休むときは休まないとね。

月「じゃあ行こうか。あ、でも僕の部屋、そんなに面白いものでもないから、期待しないでね?」

7: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:45:52.19 ID:mjZ3Q7/8
|c||^.-^||

8: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:47:12.50 ID:y85IX/fX
千歌「……♪」

月「……楽しそうだね」

千歌「うん! そりゃあね!」

月「元気一杯だ」

……千歌ちゃんは、自分を普通だと言う。
そう思っているのは、きっと千歌ちゃんだけだと思う。こんなに、こんなにキラキラした笑顔ができる子が普通なもんか。

普通ってなんだ。

月「あ、ここだよ」

ーーー

千歌「おっー、ベッドだ~!」

月「好きに座ってて」

11: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 00:52:34.41 ID:y85IX/fX
千歌「じゃあここ!」

そう言って、千歌ちゃんは僕の膝に乗ってきた。
……僕は椅子に座ってたのに、わざわざこっちまで来た。

月「あ、もう…」

千歌「重い?」

月「そんなことないけど……びっくりした」

千歌「えへへ~、月ちゃんにぎゅってしてもらいたくって…」

最近気づいたことがある。
基本的に千歌ちゃん、あざとい。
狙ってやってるのでは? と思わざるを得ないほどにあざとい。可愛いから良いけどさ。

千歌「……ん?」

月「どうしたの?」

13: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 01:02:59.87 ID:y85IX/fX
千歌「ねえねえ、あれ……」

月「ん?」

指差す方向には、僕と曜ちゃんが中学生のときくらいの写真。
どこかに遊びに行ったときに撮ったんだ。

月「あれがどうしたの?」

千歌「……」

千歌「なんで?」

月「え? ……なにが?」

千歌「なんで曜ちゃんとの写真を、あんなに大事に飾ってあるの?」

月「だって、そりゃあ実際大事だし、僕は…」
千歌「千歌は?」

月「え?」

14: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 01:04:22.48 ID:y85IX/fX
千歌「やー! 千歌との写真も飾ってくれなきゃやだー!」

月(うおっ、焦った!)

てっきりヤバい方向行くかと思った!!

月(あぁ、でも、ちょっと妬いてるのかな?)

15: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 01:08:09.69 ID:y85IX/fX
月(じゃないと、こんな風に駄々こねたりもしないか)

月「じゃあ、写真、とる?」

千歌「うん!」

月「っ、そんなぎゅっと抱きつかなくても…」

千歌「ラブラブなところを納めておかないと!」

月「はいはい……」

千歌「ん~♪」

頬にぷにっとした感触。

スマホのカメラ越しに、千歌ちゃんが唇を当てているに気づく。

月「そ、それは……飾れないんじゃない?」

36: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 08:59:37.61 ID:y85IX/fX
千歌「なんでぇ?」

月「な、なんで、って……ああもう、わかった、わかったよ…」

やばいな、ペースを握られてる。
初めて会ったときはこんな風な子だとは思わなかったけど、なるほど、本性ってやつかな。

曜ちゃんからの話じゃこんな一面があることなんて、一言も聞いてないよ!

月(いや、だからこそ…本性なのかな)

そんなことをぼんやりと考えながら、カメラのシャッター音を響かせた。

千歌「う~ん、いい写真」

月「これ飾るの?」

千歌「飾るよ」

37: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 09:11:31.14 ID:y85IX/fX
月「か、飾るのかぁ…ん!?」

千歌「月ちゃんってさぁ、おっぱい普通に大きいよね」

月「なにしてんの!?」

千歌「あんな男の子みたいな格好してた時、どうやって隠してたの?」

月「えっ、それは」

39: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 09:30:39.58 ID:y85IX/fX
月「いや、違うよ。あのときだって今くらいふっくらしてたよ」

千歌「そうかなぁ?」

とぼけた顔をしながら、横からもにゅもにゅとわしづかみにしてくる。

なんてことをするんだ…そんな「なにか悪いことしてます?」みたいな顔をして…!

月「いや、だから、千歌ちゃん……あんまり人の胸をそんなに触るものじゃあ…」

千歌「でも鞠莉ちゃんはよく果南ちゃんのおっぱい触ってたよ?」

月「それとこれとは別なの!」

40: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 09:59:40.91 ID:y85IX/fX
千歌「えぇ~、なんでぇ~?」

耳がくすぐったくなるような、甘ったるい声。
僕の膝の上に足を開いて乗ってきて、駄々っ子が抱きつくみたいにべったりとしてくる。

月「ちょ、ちょっと…!」

千歌「千歌はだめなの?」

月「だめ、ってわけじゃ、ないけど…」

千歌「……」

月「な、なに?」

千歌「あは、月ちゃん、心臓ばくばくだ」

月「……!」

千歌「やっぱり、月ちゃんはしっかり女の子だね」

48: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 23:36:12.52 ID:y85IX/fX
月「い、いや、その…」

まずい。
なにかが、まずい。
このままだと何か大変なことになりそうというか。
実際とてもヤバい、胸がドキドキしてる。

50: 輝きたい名無しさん 2019/02/03(日) 23:48:20.07 ID:y85IX/fX
千歌「ねぇ…月ちゃん」

月「なっ、なに?」

千歌「ちゅーしよ……」

月「そ、それは……一日一回、の約束…」

千歌「…あぁ、じゃあ言い方変えるよ」

千歌「キスだよ、キス。…それならいいでしょ?」

月「同じだよ!」

千歌「同じじゃあ、ないよ。全然違う、考えてもみてよ」

千歌「いままでの口と口が、ちょんっ、と触れるだけのものを、月ちゃんはキスって呼ぶ?」

53: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 00:08:24.72 ID:U5UUpHEz
月「……ち、違うの?」

千歌「もう、高校生なんだからそれくらいわかるでしょ?」

千歌「キス、っていうのはぁ……」

ずいっ、と顔が近づいて、吐息が鼻をかする。
近すぎてピントがあわない、鼻と鼻が触れるほどの近さで──

月「──」

そんな何かに圧倒されていると、唇に柔らかな衝撃。

千歌ちゃんが、そう。これは…千歌ちゃんが言うところのキスなんだろう。

54: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 00:15:41.50 ID:IWlcMy8+
|c||^.- ^||んまー

55: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 00:22:40.80 ID:U5UUpHEz
食むような。
上唇を、食み、下唇を食み。
どこでこんなことを覚えてくるんだと思わざるを得なかったけれど。

月(うわっ、なにこれ……)

気持ちいい。
そう、そんな感想しか出てこなかった。

56: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 00:41:23.43 ID:U5UUpHEz
生暖かい、唾液の味。
勝手に喉の奥へと落ちていく。
美味しいとか、不味いとか、そういうことじゃない。

未知。
味わったことのない水分を接種する気持ち、よくわからないけれど、妙に高揚もする。

自分が自分ではないみたいだ。
そのうえ、千歌ちゃんはがっしりと腕を首まで回していて、頭を動かせない。

つまり逃げられない。

59: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 01:04:31.17 ID:U5UUpHEz
助けて。
このままじゃ、きっと、僕は…。

月「んっ、んっ、ぐ……!」フッー,フッー

千歌(んふっ、夢中になっちゃって…可愛い……)

涙が出る。
あまりにもな初めての快感に、脳が追い付いていない。

押されているっ、間違いなくいま僕は押されている…!

攻めだとか、受けだとか。そういうもので表すならば、僕はいま受けに回っている!

月「んぅっ、んっ……んんっっ……!」ツゥー…

ついには涙も滴った。

60: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 01:13:42.97 ID:U5UUpHEz
千歌「ん、は…」

月「ぷはっ!」

そうだ、息をするのを忘れていた。
ようやく口が解放されて、僕は地上なのにも関わらず、まるで水中からギリギリ戻ったときのように激しく息を求める。

月「はぁっ、はっ、はぁっ……!」

千歌「……」

唾液の糸の橋ができていて、途中で切れたそれは、僕と千歌ちゃんの口から頬や顎へと伸びていた。

61: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 02:04:06.62 ID:U5UUpHEz
千歌「ねえ…月ちゃん」

千歌「千歌…もっと気持ちいいこと知ってるんだけど……しない?」

月「え……」

も…もっと?
キスだけで、ただでさえあんなに気持ちよかったのに、その上……。

月「……っ、したい…」

千歌「……」ニィヤァ

千歌「しょうがないなぁ~、月ちゃん…」

月「ぁ……」

制服のネクタイに指をかける千歌ちゃん。
しゅる、と静かに音がなる。

ごくり、と生唾を飲んでしまう。
もっと気持ちいいこと。
とぼけてみたけど、それがどんな事かなんてわかりきっていた。

62: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 02:13:25.10 ID:U5UUpHEz
月「あ、ち、千歌ちゃ、ぼくは……」

カチャリッ

月ママ「二人とも~、お茶とお菓子だけど、これでもよかったら食…」

千歌「あ」

月「あっ」

月ママ「……」

月ママ「な、仲がいいのねっ! うん! いいとおもう! あっ、ここにおいておくわね!?」

月(うわぁぁああああああ!?)

67: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 13:28:33.75 ID:U5UUpHEz
~~~

月「うわぁぁ最悪だぁぁぁ……」

千歌「まあまあ、変に怒鳴られるよりは良かったんじゃない?」

月「僕があとで何を言われるかわかったもんじゃないんだけど…」

千歌「言っちゃえばいいじゃん、付き合ってるって」

月「それが問題なんだってば!」

千歌「そんなこと言うならさ」

68: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 13:34:49.41 ID:28Ucb1fS
素晴らしい

69: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 13:39:45.05 ID:U5UUpHEz
千歌「断ればよかったじゃん」

月「……」

千歌「あのとき、そんな関係にはなれないって言って断ってしまえば良かったのに」

千歌「それなのに、月ちゃんは断らなかった」

千歌「どうして?」

月「……そ、それは」

月「…僕は……」

月「……少なくとも、僕自身は、嫌じゃなかったから」

70: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 14:01:54.85 ID:U5UUpHEz
千歌「……」

月「…あぁ! やっぱ今の無し! 聞かなかったことにして!」

千歌「ダメだね! もうしっかり耳に焼き付いたもんね!」

月「うわぁぁっー! やめてって本当にさー!」

千歌「うんうん♪ やだやだ♪」


やっぱりっ、この子普通なんかじゃないよっー!


おわり

72: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 14:21:36.17 ID:YzAEhPLA
つきちかいいぞ

74: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 14:35:51.90 ID:Dh8nuFYF
もっとドロっとした展開になると思った
でもこういうのもいいね!

77: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 16:14:49.10 ID:fLzZgd1M
やっぱり月ちゃん生み出した酒井って神なんじゃね?

78: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 16:40:56.46 ID:9cyiyWvI
月ちゃんいいよね

79: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 16:56:46.21 ID:5Ze0+V09
メメ´- ント

80: 輝きたい名無しさん 2019/02/04(月) 18:23:02.33 ID:LqkCzWUc
ち●ち●おっきした

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1549121037/










注目記事
関連記事
2019/02/05 17:00 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2019/02/05(火) 17:13:40
  2. こんな普通怪獣がいてたまるか

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
【SS】千歌「聖良さんを卓球でボコってやったのだ! ハハッ楽勝なのだ!」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 26, 2019
ラブライブ!スクスタのメンバー紹介から感じる強烈な不安 Aug 26, 2019
センター試験を受けないでラブライブ!フェスに行くべき? Aug 25, 2019
声優・鈴木愛奈ちゃん「あっるうぇ~?声が小さいぞ~?」←これ【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 25, 2019
ラブライブ!フェス当選したけど今度は内容が心配になってきた・・・ Aug 25, 2019
電車とか好きそう←これのラブライブ!バージョン Aug 25, 2019
津島善子ちゃんがマラソン走った時にありがちなこと【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 25, 2019
松浦果南ちゃんの上手くない、かといって下手ではない歌声【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 25, 2019
梨子「学食のたまごサンドイッチ…売り切れかぁ…」曜「梨子ちゃん!私買ってたからあげるっ!」【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 25, 2019
梨子ちゃんが奔放な曜ちゃんに振り回されてるのが好きな人【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 25, 2019
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 逢田梨香子 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 津島善子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 松浦果南 黒澤ルビィ ライブ 桜内梨子 小林愛香 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ラブライブ! 小原鞠莉 伊波杏樹 国木田花丸 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 スクフェス 絢瀬絵里 ラブライバー 矢澤にこ 諏訪ななか グッズ 動画 高坂穂乃果 園田海未 星空凛 降幡愛 高槻かなこ Saint_Snow 南ことり 鹿角聖良 小泉花陽 東條希 声優 西木野真姫 楠木ともり 管理人の戯言 鹿角理亞 スクスタ 新田恵海 アニメ グラブル 内田彩 三森すずこ ぷちぐるラブライブ! 楠田亜衣奈 渡辺月 田野アサミ 南條愛乃 中須かすみ ラジオ 上原歩夢 飯田里穂 優木せつ菜 宮下愛 徳井青空 浦ラジ 久保ユリカ ニュース スクフェスAC Pile 久保田未夢 佐藤日向 大西亜玖璃 桜坂しずく エマ・ヴェルデ 鬼頭明里 佐倉綾音 天王寺璃奈 朝香果林 荻野由佳 近江彼方 ニコ生 高海美渡 指出毬亜 絢瀬亜里沙 A-RISE 高坂雪穂 生放送 高海志満 水瀬いのり 前田佳織里 鞠莉ママ 雨宮天 本田圭佑 相良茉優 エマ 水樹奈々 千歌ママ 漫画 Shadowverse 綺羅ツバサ ことりママ 村上奈津実 スクパラ 黒沢ともよ ことり母 芹澤優 東山奈央 松永真穂 理事長 LOCKS! いつき 善子母 スクコレ お盆 畑亜貴 大橋歩夕 芸能 田中ちえ美 優木あんじゅ Aqours_LOCKS! 山本希望 統堂英玲奈 金元寿子 



アクセスランキング