当ブログは「ラブライブ!」及び「ラブライブ!サンシャイン!!」関係の色々な情報・ネタ・SSをまとめたサイトです。主に、5ch.net、2ch.sc、したらば掲示板のスレやTwitterをまとめています。
ラブライブ!まとめちゃんねる!! TOP  >  SS >  【SS】曜「千歌ちゃんオ○タ!?」【ラブライブ!サンシャイン!!】

【SS】曜「千歌ちゃんオ○タ!?」【ラブライブ!サンシャイン!!】

youchika_201901301432542a6.png






1: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:51:02.80 ID:26d3JqCr
メラメラ......パチパチ......

曜「はぁっ……はぁっ……や、やった……?……やったんだ!」

??「終わったのね、曜」

曜「鞠莉ちゃん!無事だっだんだね!」

鞠莉「ええ。どうにか残っていたジュエルのおかげで……それより聖杯は!?」

曜「大丈夫!手に入れたよ!……ほら!」

鞠莉「そう、こんなものが聖杯なのね……ごめんなさい、曜。何も知らなかった貴女を戦いに巻き込んでしまって……」

曜「ううん。謝らないで、鞠莉ちゃん。……確かに色々あってすごく大変だったし、死ぬかと思ったけどその分私は人として成長できたと思う」

鞠莉「曜……」

2: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:51:52.91 ID:26d3JqCr
曜「善子ちゃんから借りた本を読んで、好奇心で儀式なんてやってみたら、私に魔術師の血が流れていてサーヴァントなんていうのが出てきた時はほんとビックリしたけど、今となってはすっごく昔に感じるよ……」

鞠莉「まさか貴女のアーチャーの真名があの人だったなんてね……School idle としての立ち位置が触媒になったのかしら」

曜「それはわからないけど……思い出深いのは私のアーチャーと他のマスターとの死闘……特にあのバーサーカーは凄かった」

鞠莉「そうね……マスターのあの子の魔力が暴走して、マリーのランサーと曜のアーチャーが協力してようやく勝てたくらいだったものね……」

曜「ほんと鞠莉ちゃんが味方になってくれてよかったよ、じゃなかったら何回死にかけた事か……ほんとはこの聖杯も鞠莉ちゃんが使うべき……」

鞠莉「それは違うわ!その聖杯こそ貴女が戦って勝ち取ったもの!曜が使うからこそ価値が産まれるのよ!……それに、正直、私セイセイしてるの。魔術師としての生き方に」

曜「ええ!?鞠莉ちゃんが!?」

鞠莉「ええ!マリーだって1人のgirlですもの!魔術師のままじゃ、伝えたい気持ちも伝えられまセーン」

曜「そう、なんだ……」

鞠莉「そうなの!だから、私のことはいいからさっさと曜の願いを叶えちゃいなさい!」

曜「……うん!では、お言葉に甘えさせて頂くであります!」

鞠莉「その息よ!さぁ!」

曜「うん!私の、願い。それは【…………】してもらう事!」

鞠莉「え」

曜「お願い【………………】!」

鞠莉「(…………ま、まぁ、ある意味曜らしい、のかな?…………負けた他のマスター達には気の毒だけど…………)」

3: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:52:39.12 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



私は高海千歌!どこにでもいる普通の女子高生。

夏休みに入って、決勝に行けなかった私たちは各々が休暇を取っていた。

けれども、結局それぞれが暇を持て余してしまったため、急遽みんなで学校に集まることになったのだ。

特に曜ちゃんと鞠莉ちゃんは合宿やら出張やらで1週間とちょっとだけ会えなかった。

だから今日は2人のお土産も楽しみにしつつ、梨子ちゃんと学校に向かっている最中なんだ!

だけど…………。

4: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:54:10.42 ID:26d3JqCr
千歌「ふぁ~、眠い……」

梨子「千歌ちゃんったら……また夜更かし?」

千歌「う~ん……昨日は早くねたんだけどな~」

梨子「スマホの画面の見過ぎなんじゃない?」

千歌「あ。そう、かも......」

梨子「早く寝ないと大人になれないよ?」

千歌「んなっ!......そ、そんなにチカって子供っぽい?」

梨子「さぁ?どうでしょう?」

千歌「あー!絶対子供っぽいって思ってるよ!」

梨子「ふふっ。私は、千歌ちゃんは今のままでいいと思ってるけど」

千歌「え~~!でも、子供っぽいって言われるのやっぱりヤダよ!」

梨子「そう思うのならまずはその仕草から直さないと。それからしっかりした睡眠だね」

千歌「ううっ!でも、寝た時間はそんなに変わらないんだけどなぁ……ん?」

エ-!ゼッタイチガウヨ-!

デモソンナコトアリエナイデスワ!

5: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:54:42.42 ID:26d3JqCr
梨子「……あれ?なんか騒がしいね」

千歌「なんだろうね?(美味しいお菓子とかでも誰か持ってきたのかなぁ)」

梨子「果南さんとダイヤさんの声だけど……」

千歌「とりあえず行こう!」

千歌「おはよう!」梨子「おはようございます」

果南「あ!千歌来たー!ね!だから言ったじゃん!」

ダイヤ「で、ですが、こんな事……少し外に出て頭を冷やして来ますわ……」

果南「はーい。いってらっしゃーい」

千歌「……?ダイヤさんどーしたの?果南ちゃん?」

果南「説明するより見てもらった方が早いよね。2人ともそこの席で突っ伏して寝てる子を見て」

千歌・梨子「……?」

??「すーっ......すーっ」

千歌「(…………浦女の制服……?でも黒いのなんてあったっけ?)」

梨子「(あれ?……この頭のシルエット見覚えがあるような……)」

6: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:55:21.29 ID:26d3JqCr
果南「あ、わかんない?それじゃあ、梨子だけこっち来て!」

千歌「ええー!梨子ちゃんだけズルイ!私もー!」

果南「ダーメ!まずは梨子だけ!」

千歌「ぶーっ!」

果南「ほら梨子、こっちからのぞいて見て」

梨子「は、はい……。失礼しまー……ええっ!?」

果南「ね!?面白いでしょ!?」

千歌「ナニがナニが!?教えてよー!」

梨子「まさか、そんな事って……」

果南「あはは!ダイヤと同じ反応だ!」

梨子「笑い事じゃないですよ!……千歌ちゃん!」

千歌「ほぇ?私?」

梨子「千歌ちゃんって…………双子、だったの?」

千歌「違うけど……」

果南「あははは!」

梨子「ウソ!じゃないとこんなのって変よ!オカシイ!」

千歌「(え~~?ナニがそんなにオカシイの!?あ、私も寝てる子の顔見れば……)」

ガッタ-ン!!

??「う~ん……むにゃむにゃ……」

千歌「しまった!」

8: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 02:58:44.67 ID:26d3JqCr
??「なに~?騒がしいよ~。人が気持ちよく寝てるのにさ~」

千歌「(でもこれで顔が見れ…………って)」

??「ふぁ~、眠い……」

千歌「ウソ……」

??「あ」

梨子「すごい。見れば見るほど………………………ソックリ」

果南「ね!凄いよね!」

千歌「(この子…………私と同じ顔して……!)」

9: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:01:17.15 ID:26d3JqCr
??「…………」

??「ふ~ん。そっか、そーいう事か」

千歌「あの、貴女は……どこの、だれ、なんです、か……?」

??「ハァ?……見てわからないの?」

千歌「う、うん……申し訳ないんだけど……」

??「そっか。まぁ所詮、普通怪獣だもんね」

千歌「!?なにその言い方!?」

??「本当のことを言ったまでだよ……梨子ちゃんと果南ちゃんもわからない?」

梨子「え、ええ……」

果南「え?てっぺんの毛が無い千歌だけど千歌じゃない人でしょ?違うの?」

千歌「(なにそのザックリした感じ……ある意味果南ちゃんらしいっちゃらしいけど……)」

??「まぁ、果南ちゃんの説明で概ね正解かな……。でも、どうしても訂正してほしいところが1箇所だけあるから、そこだけ訂正させて」

10: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:24:46.21 ID:26d3JqCr
果南「……?」

??「確かに私は高海千歌。そこにいる千歌とほとんど同じ……普通怪獣」

千歌「(……?……少し辛そう?)」

??「ッ……!だけどね、私は、私こそが……!」


私だと名乗る女の子が、顔を歪めて何かを口にしようとした、その時だった。



曜「おっはヨーソロー!」

11: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:25:38.60 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎


曜「おっはヨーソロー!…………あれ?みんなどうしたの?」

千歌「あ、曜ちゃ」??「よーちゃん!」ガシッ

曜「うわっ!朝から元気だね千歌ちゃん!」

??「えへへ……だって曜ちゃんに会えたから……」

千歌「ちょ、ちょっと!千歌は私だよ!曜ちゃん!」

曜「へ?……あれ??千歌ちゃんが、2人ぃ??」

??「もー、違うよー。私が千歌だよー」

千歌「いやいや!私が千歌だって!」

??「違う!私が本物の高海千歌!」

千歌「私だってばぁ!」

??「違う!」

千歌「違わないー!」

千歌・??「「ガルルル」」

曜「ぷっ」

12: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:26:47.11 ID:26d3JqCr
千歌・??「「…………?」」

曜「あはっ、あははは!」

果南「ふふっ……あははっ!」

梨子「っ……」クスクス

千歌・??「「なっなんで笑うの!?」」

曜「だって……ねぇ!果南ちゃん!」

果南「うん!これは笑っちゃうよっ!」

千歌「そ、そうかな……?」

??「…………」ムスッ

13: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:28:04.38 ID:26d3JqCr
梨子「あのね、千歌ちゃん。気づいてないかもしれないけど、2人がそうしてるとね、美渡さんと喧嘩してる時の感じとほとんど一緒なんだよ」

千歌「え!そうなの!?」

果南「そうそう!」

梨子「なんだか見てて安心しちゃった」

曜「これじゃあ、どっちが千歌ちゃんかなんて、もうどうでもよくなっちゃうね!」

千歌「……え」


どうでも、いいの?


??「…………」チッ

14: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:28:42.31 ID:26d3JqCr
ガラガラ

善子「悠久の時を経て……ヨハネ!部室に堕天降臨!」

鞠莉「Nice to see you!みんな、元気だった~?」

千歌「鞠莉ちゃん!善子ちゃん!」

善子「だからヨハネよっ!…………って、アレ?私、ゲームのし過ぎで目が悪くなったのかしら……千歌が分裂して見えるんだけど」

千歌「善子ちゃんの目はわかんないけど私が2人いるのは現実だよ……」

善子「いいえコレは夢です。夢に決まってます」

千歌「現実逃避始めちゃった……あのね」カクカクシカジカ

15: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:29:18.02 ID:26d3JqCr
鞠莉「Oh……コレは……」チラッ

曜「!」フイッ

鞠莉「(……間違いないわね)」

16: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:29:48.91 ID:26d3JqCr
善子「なるほど……要するに何もわからないって事ね……」

千歌「うん……まぁ、そういう事」

善子「なんでみんなはこの事態を普通に受け入れてるのよ……」

梨子「そういえば……。なんか2人の喧嘩を見てたらすっと納得しちゃったのかも……」

果南「まぁ千歌だし分裂くらいするよね」

千歌「しないよっ!?」

善子「そんなものなのかしら……とりあえず、こっちの千歌とそっちの千歌とで区別するための呼び方決めましょうよ」

果南「え?なんで?」

17: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:30:34.73 ID:26d3JqCr
善子「だ、だって!わかりにくいでしょ!?」アセアセ

果南「そうかなぁ?」

善子「わかりにくいの!」ズイッ!

果南「そ、そっか……じゃあ、例えばアホ毛あり千歌と無し千歌とか?」

千歌「アホ毛で区別されるのはいやだよっ!」

??「それは同意」コクコク

果南「マジ千歌とニセ千歌!」

千歌「安っぽい!」

??「私はニセモノじゃない!」

果南「バカ千歌とアホ千歌!」

千歌「それじゃどっちかわかんないよ!」

??「バカでもアホでもないし……」

果南「駅近と駅地下!」

千歌「もはや関係ないし!」

??「完全に遊び始めてんじゃん……」

梨子「う~ん……改めて見比べてみると片方の千歌ちゃんはいつもの千歌ちゃんよりも色素が薄いね……白千歌ちゃんと黒千歌ちゃん、とか?」

千歌「へ?チカって白いの?」

??「ヤギみたいだからヤダ」

梨子「じゃあ何がいいのよ……」

18: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:31:08.89 ID:26d3JqCr
善子「オルタよ!」



千歌「へ?」

??「!」

果南「おる?なんて?」

善子「だからオルタ!オルタナティブの略称でオルタよ!」

19: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:31:40.83 ID:26d3JqCr
千歌・果南「「おるたなてぃぶって何?」」

善子「そっち!?……えーっとたしか、違うヤツみたいな意味合いだったような……マリー!」

鞠莉「あー。alternativeっていうのは、元々は二者択一、的な言葉よ。そこから派生して選ばなかった可能性、なんて意味合いもあるわね~。でも、それがなんでオルタ?」

善子「えっ……ほらアホ毛が無くなるとオルタになるってゲームで……」

千歌「ゲーム!?」

果南「私よりテキトーなんじゃないかなん?」

梨子「あ。でも、『本質は変わらないけど別物』的な意味合いで使われる事もあるからこの場合は間違いじゃないんじゃないかも」

千歌「…………梨子ちゃん詳しいね」ジトッ

梨子「えっあ、いや!そのっ……ほらっ音楽!オルタナティブは音楽用語だから!」

一同「(……あやしい)」

20: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:32:33.11 ID:26d3JqCr
梨子「と、とにかく!貴女はどう?」

??「………….」

梨子「…………」

??「いいよ。別に、ニセモノ扱いじゃなければ」

善子「ほんと!?」

善子「(やった!採用された!)」

果南「そっかあ。じゃあ、よろしくね千歌オルタ」

梨子「えっと……よろしくお願いします、千歌オルタちゃん……ふふっ、なんか不思議な感じ」

鞠莉「…………」

善子「フッ……この堕天使ヨハネが与えし真名、ゆめ忘れることないよう……新たなるリトルデーモン千歌オルタよっ!」ギランッ

千歌「自分で自分に挨拶するのは変な感じだけど……とにかくよろしく!」

曜「よ、よろしくヨーソロー!」

千歌オルタ「…………」

21: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:33:11.86 ID:26d3JqCr
果南「名前も決まって一件落着だね。曜と鞠莉のお土産でももらおっか」

曜「えっお土産!?」

鞠莉「それならハイ!こっちがマリーからで、こっちが曜の分!」

千歌「わーい!やったー!」

善子「ん?なんでマリーが曜の分も?」

鞠莉「細かいことを気にする子には、お土産ナッシンデース!」

善子「ええっ!?」ガ- ン

梨子「あの……ダイヤさん、ルビィちゃん、それに花丸ちゃんは待たなくていいの?」

果南「残しておけば大丈夫だって!頂きま~す!」

千歌「だね!私も頂きま~す」



千歌オルタ「頂きま~す……じゃない!」

22: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:33:46.86 ID:26d3JqCr
千歌「ふぇっ!?」

千歌オルタ「貴女は1回私と来て」

千歌「ちょっ、ちょっと制服引っ張らないで~」

千歌オルタ「曜ちゃん、またあとでね」

曜「えっ、うん」

果南「私たちには挨拶しないの?」

千歌オルタ「ほら行くよ!」

千歌「わか、わかったから!引っ張るのやめてよ~~!」ズルズル

花丸「あ、千歌ちゃんおはよう」

ルビィ「おはようございますっ!」

千歌オルタ「どいて!」

ルビィ「ピギィ!?」ガ-ン

花丸「……諸行無常ずら」

梨子「とりあえず2人には私から説明するね…………」カクカクシカジカ

23: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:35:06.70 ID:26d3JqCr
鞠莉「(ちょっと、曜……アレ、あれ由来よね……?)」コソコソ

曜「(た、多分......)」コソコソ

鞠莉「(はぁ……見たところ害のあるモノじゃなさそうだけど……とりあえずは様子見かしら……)」コソコソ

曜「(ごめんね鞠莉ちゃん……)」コソコソ

24: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:35:38.39 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



あの後、ちょっと色々あって適当に近況報告をしてから解散に。

結局ダイヤさんは戻ってこなかったし、午後は暇になっちゃったから、曜ちゃんと私と梨子ちゃんで、映画を見ることになった。

場所は曜ちゃんのお家。久しぶりの曲作りや衣装作りも何にもない、ただのお泊まり会だ。

もちろん心はウキウキ!楽しい、楽しいお泊り会!

……のはずだったんだけど……。

25: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:36:19.62 ID:26d3JqCr
千歌「………………」

梨子「………………」

千歌「………………」ショボン

曜「おまたせ!映画借りてきたヨーソロー!」

梨子「曜ちゃん。お疲れさま」

曜「梨子ちゃんもお疲れさま!いや~、時間かかっちゃって……あれ?千歌ちゃん?」

千歌「あ、曜ちゃん……」

曜「どうしたの……?元気ない?」

千歌「えっ!?ううん!大丈夫!大丈夫!」

梨子「そうは見えなかったけど……無理してない?」

千歌「そんな事ないよ!ほら!こんなに元気!チカなんて元気だけが取り柄なんだしさ~!さっ映画!映画見よ!」

千歌「3人でお家映画なんて久しぶりだよ~、はい!曜ちゃんはコーラ!梨子ちゃんはポップコーン!そして、映画スタート!」

26: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:37:03.18 ID:26d3JqCr
梨子「明らかに何かあったよね、千歌ちゃん……曜ちゃんは知ってる?」ヒソヒソ

曜「う、う~ん……なんだろうね。ごめん、わからないや」

梨子「…………ほんと?」

曜「ほ、ほんとだよっ」アセッ

梨子「そう……2人して私に隠し事するんだね……」

曜「り、梨子ちゃーん」

梨子「ふふっ、冗談よ。じょうだん」

梨子「(……ここまで頑なって事は、私じゃ力になれないって事なのかな……。とりあえず焦ってもしょうがないか……)」

梨子「はぁ……」

27: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:38:38.77 ID:26d3JqCr
隣で吐き出した梨子ちゃんのため息が、耳にするりと入ってくる。

曜ちゃんは聞こえてるのに聞こえてないフリをしているあたり、何か心当たりがあるんだろうか。

そんな事ばかりを気にしているからか、映画は目の前をただただ流れていく。自然と自分の頭が今朝の彼女との会話に引っ張られていくのがわかった。

そう。

私、高海千歌と同じような姿をした、彼女との会話。

28: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:39:04.88 ID:26d3JqCr
千歌『いたた……制服伸びちゃうよ~』

千歌オルタ『話があるの』

千歌『…………話?』

千歌オルタ『ハッ。普通な反応だね』

千歌『むっ……何、話って』

千歌オルタ『単刀直入に言うよ……貴女は自分が曜ちゃんの横にいるのに相応しいと思う?』

千歌『なっ……』

千歌オルタ『思ってないよね?だったらそうやって呑気に曜ちゃんの周りにいられないもんね……それなのに曜ちゃん優しさに甘えて……』

千歌『ッ……!甘えてんなんかない!』

千歌オルタ『甘えてる!』

千歌『それが、貴女になんの関係が!』


千歌オルタ『あるよ!』

29: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:39:46.34 ID:26d3JqCr
千歌『……!』ビクッ

千歌オルタ『さっき梨子ちゃんも言ってたけど、私は“本質は変わらない別物”……ニセモノとかドッペルゲンガーとかじゃない。いい?私は、貴女が今まで無視してきたものを見続けた存在……それがどういう意味かわかる?』

千歌『…………わからない』

千歌オルタ『うそ』

千歌『!』

千歌オルタ『そうやって、いつも貴女はわからないふりをしてるだけ。本当に見なくちゃいけないものからは目を背けて見て見ぬ振り。ほんと、卑怯だよ』

千歌『…………』ギュッ 

千歌オルタ『いいよ。貴女はそうやってお得意の知らんぷりをしてれば、さ。私も卑怯者にはこれ以上話すことなんかないし…………ただ』

千歌『……?』

千歌オルタ『…………今まで払わなかったツケを私が払わせる、それだけは覚えておいて』



最後、吐き捨てるように放たれた彼女の言葉が、私の胸に深く突き刺さっている。

30: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:40:12.31 ID:26d3JqCr
千歌「(なんで、あんな事言うんだろう……)」

千歌「(見た目はあんなに一緒なのに、なんか色々違うのかな……)」

千歌「(ってダメダメ!くよくよするなんて、らしくないよ!)」

千歌「(とりあえず、今は映画に集中しよう!で!2人との時間を楽しもう!)」


そうと決まると心の行く先はあっさりと決まり、さっきよりも映画に集中することができた。

31: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:40:47.38 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



千歌オルタ「…………」テクテク

鞠莉「チャオ~!こんな時間に1人でどこいくの、可愛いお嬢さん。よかったら私とお茶しない?」

千歌オルタ「…………」スタスタ

鞠莉「ちょ、ちょっと!無視は酷いんじゃないの!?」

千歌オルタ「すみません。急いでるので」

鞠莉「うそばっかり!そんな子に育てたつもりはありません!」

千歌オルタ「育てられてない!……なんなんですか、さっきから?」

鞠莉「可愛い後輩の面倒を見るのが先輩の役目よ!」

千歌オルタ「別にお願いしてないんですが……」

鞠莉「またまた~……結構いい時間だし、そろそろhungryなんじゃない?」

千歌オルタ「ハンッ、まさか……。私のお腹が空くわけ……」グゥ~

鞠莉「……へぇ~」ニヤニヤ

千歌オルタ「ぐぬぬ……」

鞠莉「そうやって怒る顔は、やっぱりちかっちと一緒なんだね~」

千歌オルタ「ふ、ふん!」

鞠莉「まぁ、いいわ。どうせ寝るところもないんでしょう。晩御飯ついでに、ホテルの部屋を1つ貸してあげる」

千歌オルタ「……え?」

鞠莉「罠なんかじゃないから安心していいわよ。ご飯もちかっちが好きそうなものを用意するし……じゃ、行きましょっか!」

千歌オルタ「ちょ、ちょっと待って!」

32: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:41:16.66 ID:26d3JqCr
鞠莉「なに?不満なの……?」

千歌オルタ「不満というより不安だよ!いきなり、三食昼寝付きなんて言われても怪しいだけじゃん!」

鞠莉「昼寝つきとは言ってないけど……」

千歌オルタ「っ!///……と、とにかく!理由くらいは言ってもらわなくちゃ、安心なんてできない!」

鞠莉「なるほど、そういうことね。いいわよ、教えてあげる」

千歌オルタ「ちゃんとあるんだ……」

鞠莉「そりゃあるわよ。いい?理由は…………」

千歌オルタ「理由は……?」ゴクリ

33: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:41:57.87 ID:26d3JqCr
鞠莉「理由は……………貴女がカワイイから!」


千歌オルタ「………………は?」


鞠莉「だからカワイイからよ!見た目はちかっちと一緒なのに、ちょっとツンケンした感じの言動、私よりも白い肌、普段よりも低めの声!ギャップっていうのかしら?ともかくカワイイの!」

千歌オルタ「さ、さよならっ」

鞠莉「だーめ」ガシッ

千歌オルタ「はなして!」

鞠莉「理由なら話したよ~。これでもう文句ないわよね?」

千歌オルタ「あるよ!ありまくりだよ!」

鞠莉「んもぅ!言われた通りに話したのに嫌がるなんて、とんだワガママガールデース!」

千歌オルタ「私が悪いの!?……誰かっ!誰か助けて~~!」

鞠莉「ほらほら、ついてこないと置いてっちゃうわよ~」ズリズリ

千歌オルタ「無理やり手を引っ張りながら言うセリフじゃなーい!」

じゃなーい、じゃなーい、じゃなーい……

34: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:42:40.96 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



梨子「あ……もうこんな時間なんだ。そろそろ寝る?」

千歌「えー!もっとお話しよーよー!」

曜「そうそう!せっかくなんだしさー!」

梨子「そう……?じゃあ、そうしよっかな」

千歌・曜「「やったー!」」

梨子「といってもどうしよう……何かする?」

千歌「う~ん……映画も終わっちゃったし……」

曜「善子ちゃんの家と違ってウチはゲームもないでありますからなぁ~」

梨子「う~ん」キョロキョロ

梨子「あ」

千歌・曜「?」

35: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:43:48.90 ID:26d3JqCr
梨子「あの写真……昔の千歌ちゃんと曜ちゃんだよね?」

曜「え?ああうん。だいたい小学生の頃かな~」

千歌「運動会だね!」

梨子「前から聞こうと思ってたんだけど、2人っていつくらいから幼馴染なの?」

千歌「いつって、そりゃぁ~……いつだっけ?」

梨子「なにそれ……」

千歌「だって気づいたら曜ちゃんがいたんだよー!こんなもんわかんないじゃん!」

梨子「幼馴染ってそんなものなの?」ジトッ

千歌「よ、よ~ちゃーん」

曜「あははっ。でもほんとに気づいたらだよ!私たちのママがマタニティスイミングに通っててさ、そこで仲良くなったんだよね~」

梨子「へぇ~」

36: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:44:35.76 ID:26d3JqCr
曜「たしか、千歌ちゃんのお母さんが果南ちゃんのお母さんに言われて、私のママがお姉さんに言われて、だったかな?で、とりあえず行ってみたら、レッスンの時間が一緒だったみたいで、あっという間に意気投合しちゃったんだって!」

曜「それで私たちが生まれてからもちょこちょこ遊んだりしててさ~。だから、気がついたらっていうのが、やっぱり正解だね」

梨子「そうだったんだ……」

千歌「そーだったんだー!」

梨子「ねー、驚き……ってええ!?千歌ちゃん知らなかったの!?」

千歌「おー!良いノリツコッミだー」

曜「ほんとだ!いいね!」

梨子「じゃなくて!ほんとに千歌ちゃんも知らなかったの?」

千歌「言われてみればって感じ!聞いたよーな、聞かなかったよーな……」

曜「いつも一緒だと、気にしなくなっちゃうよね!」

梨子「私は幼馴染がいないからわからないけど……そういうものなのかな?」

千歌「そーだよ!ほら、梨子ちゃんとも気がついたら仲良くなってたでしょ?友達とかでもそうなんだし、幼馴染でもきっとそうなんだよ!」

曜「千歌ちゃんの言う通り、かもね」

37: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:45:33.97 ID:26d3JqCr
梨子「(曜ちゃんは…………)」ポツリ

曜「ん~?なに?」

梨子「あっ、えっと……よ、曜ちゃんのお母さんって、スラっとしてて綺麗だから、何かやってるのかなって!」

曜「あー、ママはね、昔水泳の選手だったんだ!パパと結婚してからは専業主婦で……でも、定期的に泳いだりし筋トレはしてるからソレの効果かも!」

千歌「曜ちゃんがのお母さん、綺麗だよね~。でもでも!それを言うなら梨子ちゃんのお母さんも!」

梨子「そ、そうかな~……?」

千歌「うん!2人とも似てるけど、お母さんもとっても素敵……」フラッ

曜「おっと」ガシッ

千歌「あ、ありがと、曜ちゃん……」

曜「大丈夫?」

千歌「なんか急にふらっときて……」

梨子「やっぱりそろそろ寝たほうがいいんじゃない?」

曜「結構疲れが溜まってたのかも。梨子ちゃんの言う通り、今日はもう寝よっか」

千歌「そ、そんな~」

曜「まぁまぁ!明日は1日、3人一緒なんだし、ここは元気チャージってことで!」

千歌「さっきまであんなに元気だったのに……」

梨子「疲れって本人も知らないうちにたまるものだからね。じゃあ電気消すよ~」

曜「はーい!」

千歌「は~い……」

梨子「ふふっ。おやすみ」

千歌・曜「「おやすみ~」」


パチッ



曜「(…………気づいたら、か)」

38: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:46:38.56 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎


鞠莉「…………随分、食べるわね~」

千歌オルタ「…………私はいくら食べても太らないからね!羨ましいでしょ?」

鞠莉「まぁ、ね」

千歌オルタ「へっへーん!」

鞠莉「ところで貴女、コーヒーは飲めるの?」

千歌オルタ「飲めるよ!」

鞠莉「oh!それは素晴らしいわ!とびっきり苦いのでもいいかしら!」

千歌オルタ「どんとこい!」

鞠莉「今もってくる!ちょーっと待っててね~」ガチャッ

千歌オルタ「うむ!良きに計らえ!」

鞠莉「はいは~い」パタン



鞠莉「さて、と」

39: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:47:10.29 ID:26d3JqCr
PPP PPP

ダイヤ「---はい」

鞠莉「good evening ダイヤ。今、いいかしら?」

ダイヤ「---少々、お待ちを……」

ルビィ!ワカリマシタカ?ネルノデスヨ

ハ-イ!

ダイヤ「---お待たせ致しました」

鞠莉「今日はお疲れ様。午前中は色々調べたりしてたんでしょ?」

ダイヤ「---ええ。まぁ......人の分裂現象など、魔術以外にはありえませんから......結果、外来の魔術師の痕跡などは見受けられませんでした」

ダイヤ「---で、どうですか?彼女の様子は」

40: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:47:47.11 ID:26d3JqCr
鞠莉「どうもこうもないわ。……魔術師ではないみたいだけど、かといって普通の人間でもないみたい」

ダイヤ「---ホムンクルスとか、人造人間……という可能性は?」

鞠莉「それもないかな。その手の魔術でできたものなら、この目が見間違える事はないし……それに……」

ダイヤ「---鞠莉さん?」

鞠莉「……彼女、魔力を消費して動いてるのよ」

ダイヤ「---そ、そんな事っ!それではまるで……」

鞠莉「サーヴァントみたい?」

ダイヤ「---……ッ」

鞠莉「そうよね……私も自分で言っておいて信じ難いわ。でも、とにかく彼女はそういう存在なのよ……。で、ここからがダイヤにお願いなんだけど……」

ダイヤ「---はぁ……。あの千歌さんについての協会への連絡を遅らせる事、そうですわね?」

鞠莉「さっすがダイヤ!話が早いわ!」

ダイヤ「---どうせ、私が言っても聞かないのですから。でしたら下手に遮るより、ある程度流してしまったほうが収まりが聞くというものですわ」

ダイヤ「---こんなレベルの案件……本来なら、私たちのレベルには収まらないのですのよ?この内浦の管轄を任されている黒澤家からすれば大問題……それだけは肝に命じておいてくださいね」

鞠莉「わかってるって~!いつも、thank youね、ダイヤ!」

ダイヤ「---ホント、厄介ごとを見つける天才ね。貴女って人は」

鞠莉「褒め言葉だと、そう受け取ってもいいのよね?」

ダイヤ「---さぁ?どうだか……ルビィが起きてしまいますから、そろそろ切りますわよ」

鞠莉「ええ。ほんとありがとね、ダイヤ。それじゃおやすみ」

ダイヤ「---おやすみなさい」

ピッ

41: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:48:37.45 ID:26d3JqCr
鞠莉「(さてさて。私の仕事はここからね……)」

鞠莉「おまたせ~」ガチャ

鞠莉「…………あら?」

鞠莉「……メモね」

千歌オルタ【ごはんご馳走さまでした。コーヒーはまたいつか飲みます】

鞠莉「やっぱり、こーなる、か」

鞠莉「さ。時間は作ったわよ」

鞠莉「私を……私たちをガッカリさせないでね、オルタっち」

42: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:49:24.23 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎


千歌「支度、終わり!じゃあ行こっか!」

梨子「うん!」

曜「了解ヨーソロー!」


昨日はちょっと早く寝たおかげで、3人仲良く起きる事ができた。

午前中は曜ちゃんの家でゆっくりしたから、午後は沼津で楽しく遊ぶ予定だ。

各々が持ち込んだ私服に着替えて、曜ちゃんのお母さんに挨拶。

後で戻ってくるけれど、とりあえずお礼を言ってから外に出た。

すると外は中々に暑くて、あっという間に汗が吹き出るのを感じる。これでは、外で待機するなんて、15分と持たないだろう。


……だというのに、その子は、曜ちゃんの家の前に立っていた。


何食わぬ顔で。


汗1つかかずに。

43: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:50:09.06 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「おはよう、よーちゃん!」

曜「お、おはよう……」

千歌オルタ「あれー?そこは、おはヨーソローじゃないのー?」

曜「あ。ご、ごめん……」

千歌オルタ「あはは!別に謝る事じゃないよー!それじゃ、行こっ!」



千歌「行こっ!じゃ、なーい!」

千歌「私たちを無視して話を進めないで!」

千歌オルタ「ああ。いたんだ」

千歌「いたよ!最初っから!梨子ちゃんもね!」

梨子「こ、こんにちは?」

千歌オルタ「こんにちは、梨子ちゃん。なんだったらそこのうるさいみかん女をどっかに持っていっていいよ」

千歌「んなーっ!」

梨子「なんか、態度が露骨よね……オルタ千歌ちゃん」

44: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:50:48.18 ID:26d3JqCr
千歌「っていうか貴女が着てるの私の服じゃない!?どこで!?」

千歌オルタ「ああ。コレ?普通に家に行って、普通に着替えて出てきただけだよ。見た目は一緒だからね、残念ながら」

千歌「そ、そんなぁ……」

千歌オルタ「それより、曜ちゃん早く行こーよ!日が暮れちゃうよ!」

曜「え、えーっと……ごめんね、オルタちゃん。今日は3人で遊ぶつもりなんだ。だから一緒にはいけないよ」

千歌「そうそう!」

千歌オルタ「むぅ……」

千歌「わかったら、曜ちゃんから離れて!ほらほら!」シッシッ

千歌オルタ「ちょっと……!」

梨子「千歌ちゃんまで、意地悪い言い方になってるよ」コソッ

千歌「えっ、あ……気をつけるよ……」

千歌オルタ「…………」フン

千歌オルタ「言っておくけど、私は今日はもう、よーちゃんから離れるつもりはないからね!」

千歌「な、なにそれ……」

曜「ちょっと3人で話し合おっか……いいかな?」

千歌オルタ「いいよ……曜ちゃんの好きにして」

曜「あ、ありがとう……それじゃあ、あっちで……」

45: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:51:13.31 ID:26d3JqCr
~♦︎



曜「で、実際どうしよっか、千歌ちゃん。このまま追い返しちゃうのも可愛そうじゃないかな?」

千歌「え、なんでチカに聞くの?」

曜「あ、ほら嫌なのは千歌ちゃんかなーって」

千歌「う、うーん。別に嫌ってわけじゃないんだけど……あの子やたらと私に突っかかってくるから……」

梨子「私も若干無視されてる気がするけどね……。なんだか千歌ちゃんの人懐っこさがひっくり返って、えり好みをするようになったみたいな……」

千歌「そんなに私って人懐っこいんだ……」

梨子「とにかく、今はオルタ千歌ちゃんをどうするかよ……。私としては一緒に行くのは賛成。目に入るとこにいてもらって、言い方は悪いけど、監視できるならそっちの方がいいと思うわ」

曜「私も同じ意見。千歌ちゃんは怖いかもしれないけど、こっちで動きを把握できるならしたほうがいいと思う」

千歌「そっか……。でも……う~ん……」

曜「やっぱり、いや?」

千歌「ううん。嫌っていうより、その………………」

~♦︎

46: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:52:18.62 ID:26d3JqCr
曜「終わったよ~。それじゃあ、行こっか」

千歌オルタ「2人も一緒なの?」

曜「さすがにね」

千歌オルタ「チッ」


梨子「嫌悪を隠さないのがいっそ清々しいわ……」

千歌「チカっていつもこんなんじゃないよね……」

梨子「むしろ反対かな……千歌ちゃんは好意を隠さないけど、あの子は嫌悪を隠さないみたい……」


千歌オルタ「なにコソコソしゃべってんの!行くよ!」

千歌「仕切っちゃってるし……」

曜「あはは……」

47: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:53:02.93 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



千歌「というわけで!まずは、カラオケ!」

曜「いえーい!」

千歌「チカ、歌いまー……」マイクポロ

千歌「(あれ...力が入らなかっ......)」

千歌オルタ「~♫」

千歌「と、取られた!?」ズコ - 

曜「あちゃ~」

千歌「お、お気に入りの曲なのに~、なんで~」ヨ ヨ ヨ

梨子「だからなんじゃない?」

48: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:53:41.38 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「~~♫~~♪!」

曜「ご機嫌だね~」

千歌「……この子、うまいね」

梨子「そお?多分千歌ちゃんと同じくらいだと思うよ」

千歌「えっ」

曜「毎日発声トレーニングとかしてるもんね。知らない間にうまくなってるんだよ」

千歌「そっか……そうなんだ」

ジャ ジャ ジャ - ン

千歌オルタ「イェイ!」

パチパチパチパチ

千歌「こんどこそ私だからね!」

千歌オルタ「はいはい。勝手にどーぞ」

49: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:54:09.09 ID:26d3JqCr
テレテレテ - ン

千歌「高海千歌、歌いまぁす!」

千歌「~~♪」

梨子「やっぱり千歌ちゃんもうまいわね」

曜「うん!」

千歌オルタ「ねーねー、よーちゃーん」

曜「ん?なにかな?」

千歌オルタ「よーちゃんはカラオケは好きー?」

曜「うん。好きだよ」

千歌「~~♪」

千歌オルタ「1人ではよく来るの?」

曜「1人では、あんまりこないかなー。どっちかっていうとみんなで歌うのが好きかも」

千歌オルタ「そっか、そっか!」

千歌「~~~♫!」

50: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:54:41.22 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「それじゃあさ……こんどは、2人で来ない?カラオケ」

曜「えっ」

千歌「~~~~↑♪」

梨子「あっ音外した」

千歌オルタ「もし一緒に来てくれたら、チカの事なんでも教えてあげるよ~」

曜「えっ、えっ!」

千歌「~~↓~~↑♫」

梨子「千歌ちゃーん。集中ー」

千歌オルタ「それだけじゃなくて、よーちゃんのしたい事、なーんでもさせてあげる」

曜「な、なんでもっ!?」

千歌オルタ「そう。な ん で も」

曜「じゃ、じゃあ、制服コスプ」


千歌「うが~~~~!!」

51: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:55:17.88 ID:26d3JqCr
曜「千歌ちゃん!?」

梨子「曲終わってないよ」

千歌「勝手に予定立てられて、カラオケどころじゃないよ!なんなの!?これ見よがしにさぁ!」

千歌オルタ「うるさいなぁ。今、曜ちゃんと喋ってたんだけど~」

千歌「しかもこの言い草!ちょっとは謝る気はないの!?」

千歌オルタ「情緒の不安定が過ぎるんじゃない?」

千歌「むきーっ!」

梨子「あ。私の入れた曲始まった」

曜「梨子ちゃんも慣れてきたね……って、やっぱ梨子ちゃんうまっ!」

千歌「ねーねー?私は~?」

曜「えっ……うっ、うん。うまくなったと、思うよ」アハハ

千歌「あー!目そらした!」

千歌オルタ「…………」

梨子「~~~♪(……ん?何か、違和感が……?)」



こうしたサイクルが2、3回ほど続き、カラオケは終了した。

52: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:55:55.60 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎


千歌「なんかめっちゃくっちゃ疲れた……」

曜「あはは……あ。次、本屋寄っていいかな?欲しい本が出てたんだけど、まだ買ってなかったから」

千歌オルタ「いいよ♪」

曜「ありがとう!」

千歌「それ私たちのセリフなんじゃ……」

梨子「じゃあ本屋さん行きましょうか」

曜「(なんかスルースキル身につけてる……)」

53: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:57:08.53 ID:26d3JqCr
ーー数分後ーー


花丸「あ!梨子ちゃん!」

梨子「花丸ちゃん!こんにちは」

花丸「こんにちは!……千歌ちゃんと曜ちゃんも一緒ずら?」

梨子「あー……うん……そうなんだけどね……」チラッ


千歌オルタ「ねぇねぇ、曜ちゃんって普段どんな本読むのー?」

千歌「曜ちゃんはアレだよね!ほら!船の本とか!」

曜「あー!そういえば、昔は船の本よく読んでたかもだな~」エヘヘ

千歌オルタ「えーっ?じゃあ、最近はー?」

千歌「最近!最近はね!きっとアレだよね!……船の本とか!」

曜「そう言われると最近も船の本ばっかり読んでるきがするでありますなぁ~」デレデレ


花丸「両手に華……?」

梨子「う~ん。どうなんだろ……」

花丸「少なくともあんなにデレデレな曜ちゃんは初めてみたずら」

梨子「ほんとなら千歌ちゃんが分裂したこと自体が不思議なんだけどね」

花丸「なんか突拍子が無さすぎて慣れちゃったよね……」

54: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:57:43.29 ID:26d3JqCr
梨子「今日は花丸ちゃん1人なの?」

花丸「ううん。この後善子ちゃんの家で何冊か本を持ち寄ってお互いオススメの本を読みあうんだ~」

梨子「へぇ~。そういうのもいいよね。花丸ちゃんはどんな本を持ってくの?」

花丸「マルは簡単な小説かな。川に写った自分が急に違う動きをするから驚いて川に落ちちゃう女の子の話」

梨子「あ!それ、読んだことあるよ!落っこちちゃったと思ったらそこは異世界で、そのまま色んな世界を冒険するお話だよね!」

花丸「そうそう!現代版不思議の国のアリス、とか、ガリバー旅行記って言われてる小説ずら!」

梨子「だよね!よくできてたもんね~。結構風刺が効いてて、今読み直しても発見があったりして面白かった。花丸ちゃんはどこが好きなの?」

花丸「マルは最終章付近とかかな~。最初の方で登場した、川に写った自分が再び出てきて、その子を追いかけてみるうちに、自分の元いた世界が恋しくなるっていう……」

梨子「うんうん。自分の世界に帰るためには、自分の何が悪いのかを再確認しなくちゃいけないんだよね。また、ここの読ませる演出がよくできてた」

花丸「うん!章ごとの世界観が可愛くもあり怖くもあり、ってなりつつ全てが主人公の良いところ悪いところの比喩になってるから、オチも…………って!ご、ごめん!話し込んじゃったずら!マル、そろそろ行かないと!また本のお話ししようね、梨子ちゃん!」

梨子「うん!ぜひ!」

花丸「2人によろしく~!またね~!」

梨子「またね~」

梨子「さて、と」

梨子「問題はあっちよね……」

55: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:58:20.85 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「ねーねーよーちゃんってば~!」

曜「そ、そうだな~……最近は……」

千歌「……そうだ!曜ちゃん、この漫画、チカのおススメだからぜひ!」

曜「おお!好きそうな話しだよ!コレも買おうかな~」

千歌「でしょ?曜ちゃんの好みなら、なんでもわかってるからね」エッヘン

千歌オルタ「チッ……」ポカッ

千歌「痛ぁっ!」

曜「お、オルタちゃん!暴力はダメだよ!」

千歌オルタ「ふんっ!コイツが悪いんだよ!」

千歌「え~ん痛いよ、曜ちゃーん」

曜「おー、よしよし」ナデナデ

千歌オルタ「ぐぬぬ……」

梨子「いつまでやってるのよ……買い物は終わったの?」

曜「あ!ごめん梨子ちゃん!すぐに買ってくるー!」

梨子「ここで待ってるからねー」

千歌「あっ、私の言った本置いてっちゃった……」

千歌オルタ「…………」ミツアミイジイジ 

梨子「(やっぱり……。私が曜ちゃんに対して何かすることについては何も言わないみたいね……。やたらと突っかかるのは千歌ちゃんにだけ……?でも、なんで……?)」


曜「おまたせヨーソロー!それじゃ、つぎ行こっか!」

56: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:59:04.94 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



千歌「続いてはファッション・ショッピング!」

曜「冬物とかは今のうちに買い揃えておきたいよね~」

梨子「秋にも備えたいし、時期としてはちょうどいいよね」

千歌オルタ「そ、そうなんだ……」

千歌「さてさて、何からみよっかな~!」

千歌オルタ「……で、よーちゃーんはさ~」

曜「私?私は、結構なんでも着るよー」

千歌オルタ「ありゃ……パターンばれた?」

曜「あはは!さすがにね!」

千歌オルタ「うう......手の内がバレるというのは中々に恥ずかしい……」

曜「ヘェ~!手の内、とか難しい言葉も知ってるんだ!」

千歌オルタ「まーね。与えられた知識だから、偉いわけじゃないけど……」

曜「ふ~ん」


梨子「(……あれだけ曜ちゃんに好みとか聞くわりには、自分が褒められても喜んだりしないのね……)」

57: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 03:59:44.72 ID:26d3JqCr
千歌「曜ちゃん!これどーお?」

曜「おお!可愛いね!」

千歌オルタ「はっ。普通怪獣が着るには派手すぎるんじゃない?」

千歌「違うよ~。着るのはチカじゃないよー」

千歌オルタ「は?それどういう……」

曜「えっへへっ。ごめんね!」ガシッ

千歌「捕まえたのだ!」

千歌オルタ「えっちょっ!なにこれ!?」

千歌「ふっふっふ~……貴女、外見は私と全く一緒なんだよね~」

千歌オルタ「そうだけど……はっ!まさか!?」

曜「正解であります!」

梨子「店員さん、試着室貸してください」

千歌オルタ「さすがに着替えさせられるのは罰ゲームがすぎるっ!自分で着替えるから離して!」

千歌「逃げないでよー」

千歌オルタ「逃げないよっ!」

58: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:00:16.19 ID:26d3JqCr
ーー数分後ーー


千歌オルタ「ううっ……なにこれ……」


曜・梨子「「か、可愛いっ!」」


千歌オルタ「なんでこんな善子ちゃんが好きそうな服売ってるの……」

曜「いやー!可愛いよ!千歌ちゃん!じゃなかった、千歌オルタちゃん!白い肌に黒い生地がよく生えてるであります!」カシャッ カシャッ

梨子「やっぱオルタにはゴスロリよね!でかしたわ!千歌ちゃん!」パシャ パシャッ

曜「つ、つぎはこのメイド制服を来て欲しいであります!」ハァハァ

千歌オルタ「よ、曜ちゃん!」

千歌「う~ん。いくら自分じゃないとはいえ、自分と同じ外見の子が、恥ずかしい格好してるのはキツイなぁ~」

千歌オルタ「誰のせいだと!?」

千歌「じゃ、私はほかの服探してきまーす」

千歌オルタ「逃げるなぁ~~!!」

曜「まぁまぁ!」

梨子「このままフォトセッション続けましょ?」

千歌オルタ「んぎーっ!」


曜「それに……この3人で話したいこともあるしさ」


千歌オルタ「……え?」

曜「たぶん、3人きりにしてくれたのも千歌ちゃんの気づかいだよね」

梨子「うん。さっき千歌ちゃん言ってたの……あのね……」

59: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:00:55.35 ID:26d3JqCr
~♦︎


千歌『そっか……。でも……う~ん……』

曜『やっぱり、いや?』

千歌『ううん。嫌っていうより、その………監視?とか言うのが良くないなって……』

曜・梨子『『え?』』

千歌『そもそもあの子ってだってさ、私たちと同じ女の子でしょ?……だったら最初から疑うんじゃなくて、普通に仲良くできた方がいいなぁ~って……ダメ?』

曜『ううん!全然ダメじゃない!むしろ、良いよ!ね!?梨子ちゃん!!』

梨子『……うん。千歌ちゃんの言う通りだと思う。……考えてみたら、正体不明だからって疑いすぎてたよね。怖くっても、自分から努力をしないと!』

千歌『そうそう!だから今日はあの子と1日普通の友達みたいに接しよう!でさ!できたら仲良くなっちゃおうよ!』

梨子『賛成!』

曜『私も!賛成であります!』


~♦︎

61: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:01:27.24 ID:26d3JqCr
曜「それで、今日は一緒に行動することになったんだよ」

千歌オルタ「そ、そんな……」

梨子「だから貴女ももう少し千歌ちゃんに心を開いてあげて?私たちも、出来るだけ努力するから、ね?」

千歌オルタ「っ……」

千歌オルタ「ごめん。少し、考えさせて……逃げないから……ついでにもとの服に着替えさせて……」

曜「もちろん」

梨子「お好きなだけどうぞ」

千歌オルタ「……ありがとう」

62: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:02:18.09 ID:26d3JqCr
シャ-ッ


千歌オルタ「(そりゃ、チカならそうするだろうけどさぁ……)」スルスル

千歌オルタ「(私がここに来た意味はどうなるの……?)」ファサッ

千歌オルタ「(っていうか、なんで見ず知らずの私にそこまでできて……肝心のっ)」ジ-ッ

千歌オルタ「(ああっもぅ!ほんと、そういうところがムカつくんだよ!)」キユッ


シャ-ッ!

63: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:02:57.58 ID:26d3JqCr
曜「あ。着替え終わったー?」

千歌オルタ「………………曜ちゃん!」

曜「えっ?なに?」

千歌オルタ「曜ちゃんは、私が……千歌が、そう言ったって聞いてどう思ったの……?」

曜「どうって……」


曜「普通に、『ああ。千歌ちゃんだなぁ』って思ったよ……えへへ」


千歌オルタ「……っ!」


曜「千歌オルタちゃん……?」

64: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:03:25.18 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「だ、だったら……」

曜「……?」

千歌オルタ「だったら!なんで、あんな……あんな、お願い、私にしたの!?」

曜「そ、それは……」

梨子「お、お願い……?ちょっとそれどういう……」

千歌オルタ「……ッ!」ダッ!

曜「千歌オルタちゃん!」



千歌「いや~おまたせ~、終わった~?」

千歌オルタ「じゃまっ!」ドンッ

千歌「うわぁ!?」バタン
 


千歌オルタ「(なにあれ……曜ちゃん、なんで、あんな、眩しそうな表情を……!)」

千歌オルタ「(報われない、報われないよ……)」

千歌オルタ「曜ちゃんが……!」

65: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:04:08.79 ID:26d3JqCr
千歌「いたた~」

梨子「大丈夫!?千歌ちゃん!」

千歌「う、うん……あの子は?」

曜「わかんない……走って行っちゃった」

千歌「お、追いかけないとっ……あれっ」フラッ

千歌「ち、力が……な、なんで……」


??「やれやれ……ここまでみたいですわね」


梨子「そ、その声は……」


千歌・曜・梨子「「「ダイヤさん!!」」」


ダイヤ「ここまでは鞠莉さんの予想通りというところでしょうか……ついてきてください、彼女の居場所ならわかっていますわ」

66: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:04:41.23 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎


千歌オルタ「はぁっ……はぁっ……」

千歌オルタ「(思わず逃げてきちゃった……でも、もうどうしようもないよね……)」

??「HI!シャイニーしてるー?」

千歌オルタ「あなた……」

鞠莉「その様子じゃそうでもないみたいね~」

千歌オルタ「な、なんの用……?」

鞠莉「ちょっとお話しがしたくてね……ねぇ、場所を移さない?こんなところで立ち話もなんでしょ?」

千歌オルタ「それは……いいけど」

鞠莉「そっ。じゃあ早速ついてきて!」

千歌オルタ「(どこに連れてくつもり……?)」

67: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:05:42.01 ID:26d3JqCr
ーー数分後ーー


鞠莉「やっぱり、お悩み相談といえば、ココ!展望台デース!」

千歌オルタ「(なんで、わざわざこんなところに……)」

鞠莉「さぁ、座って、座って!」

千歌オルタ「は、はぁ……」

鞠莉「とりあえずはご苦労様。ちかっちは中々の難敵だったでしょ?」

千歌オルタ「まぁ……」

鞠莉「貴女も大変だよねー。曜の願いを叶えるために、そんな形を取らされるなんて」

千歌オルタ「…………」

鞠莉「曜願い……それは【千歌ちゃんに少しでも自分を見てもらう】事……その願いを叶えるために貴女はちかっちにわざと突っかかったり、曜に好意があるふりをしながら質問をしたりしていたのよね?」

68: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:06:12.50 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「…………」

鞠莉「まさか、聖杯がただの力の塊だなんて思わなかったわ。そんな力の塊に曜の些細な願いが結びつくというキセキ」

鞠莉「結果として貴女は生まれた。曜の想いを糧に、千歌の記憶を肉と血に変えて……聖杯さんっていうのは随分不器用なのね」

鞠莉「ほんとなら、もっと邪悪な願いを叶えるための力なんでしょう?それが、あんなピュアッピュアで、しかもスケールの小さな願いを聞かされたら、こんなバグみたいな願いの叶え方にもなるか……」

鞠莉「曜ったら、廃校とかAqoursの優勝とかは自分たちで叶えるからって全然お願いするそぶりもなくてね……もし、そんな願いだったら貴女もそんな可愛い形で終わらなかったでしょうね~」

千歌オルタ「…………ねぇ、なにが言いたいの?」

鞠莉「なに?なにって……時間稼ぎだけど」

千歌オルタ「はぁ?」

鞠莉「だから時間稼ぎ!……それじゃあここからは選手こーたいデース!」

千歌オルタ「は、はぁ!?ちょっと!!」

69: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:06:51.66 ID:26d3JqCr
千歌「あ、あの~」

千歌オルタ「なに!」

千歌「さ、さっきぶり……ダイヤさんに1人で行けって言われて……」

千歌オルタ「ああ~~もう!完全にハメられた!」

千歌オルタ「……で?どこから聞いてたの……?」

千歌「うん……。途中から……曜ちゃんが、私にもっと曜ちゃんを見てほしいっていうお願いをしたってというところ、くらいからかな」

千歌オルタ「ああ、そう。……で?」

千歌「……で?って?」

千歌オルタ「だから!……貴女はどうして、曜ちゃんの事をなにも知ろうとしないのってこと!」

千歌「それは………………」

千歌オルタ「それは?」

千歌「………………」

千歌オルタ「…………ほんとはわかってるんでしょ?自分が、曜ちゃんについて、肝心なことはなにも知らないって」

70: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:08:00.29 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「いつから友達になれてたのかも」

千歌オルタ「どんな風に家族と生活をしているのかも」

千歌オルタ「なんで浦の星に一緒に来てくれたのかも」

千歌オルタ「一緒にスクールアイドルをやってくれてる理由も」

千歌オルタ「なんにも……なんにも、知らない。わからない」

千歌オルタ「…………貴女は、それでいいの?」

71: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:08:47.42 ID:26d3JqCr
千歌「…………いや」

千歌「…………いやだよ」

千歌「ほんとは曜ちゃんの事、全部、なんでも、知りたい。知らなくちゃいけない」

千歌「曜ちゃんは昔から私と一緒にいてくれて……」

千歌「なんでもできる子なのに、それを全然鼻にかけないで……いつも私に笑いかけてくれて……」

千歌「だけどね……。ある日、気がついたらその笑顔を、直接見れなくなってた……」

千歌「最初は気のせいだって思った。私が曜ちゃんを見れないはずなんてない、って」

千歌「でも、目を逸らす事を覚えちゃったんだ、私」

千歌「1回目を逸らすと、2回、3回って、ずるずる、ずるずる、見ないふりをするようになって」

千歌「気がついたらもう後戻りできなくなってた。もとの高海千歌じゃいれないくらい、首を動かせなくなってる事に気がついたんだよ」

千歌「ねぇ、なんでだと思う……?」



千歌オルタ「…………それも、わかってるんだよね?」

72: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:09:20.36 ID:26d3JqCr
千歌「…………うん。バレバレだね」

千歌「私にとって曜ちゃんは、眩しかった。どうしようもないくらい、眩しすぎたんだと思う……」

千歌「で、一緒に気がついちゃった。私っていうやつは、どーしようもないくらい普通で平凡でありふれた存在なんだって」

千歌「だって、普通じゃない人は思わないでしょ?誰かを特別だー、なんて」

千歌「ましてや、私は曜ちゃんのなにが特別かって事すら、わからなかったんだよ」

千歌「そしたら、日に日に焦りが出てきて、私も特別にならなきゃーって思ったら、色々挑戦しては辞めて挑戦しては辞めての繰り返し」

千歌「そんな自分が情けなくて、また曜ちゃんを見れなくなっちゃった」

千歌「だって仕方ないじゃん」

千歌「私はそれでも曜ちゃんと一緒にいたかったんだもん……」

千歌「目をそらして、目を背けて」

千歌「そうすることで、初めて曜ちゃんの隣で笑えた」

千歌「目を焼かれないように、目を違う方向に向けたから」

千歌「私は曜ちゃんと一緒にいれたんだよ」

73: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:09:46.04 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「そっか」

千歌オルタ「…………でも、それってさ」

千歌「……うん」

千歌オルタ「そんなに大事な事?」

千歌「ッ……だから!私が曜ちゃんといるためには!!」



千歌オルタ「…………それで、曜ちゃんに寂しい想いをさせていたとしても!?」


千歌「ッ!」

74: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:10:19.20 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「ほんとはわかってるんでしょ!?今、自分がどんなに自分中心で身勝手な事を言っているのか!!」

千歌オルタ「曜ちゃんは優しいよ!目の前で目を背けられても、気にしてないふりができるくらいに!」

千歌オルタ「でもだからって、それで傷つかない人なんていない!」

千歌オルタ「今日曜ちゃんがしてた顔、貴女は知ってるの!?」

千歌オルタ「…………あんな優しくて…………悲しい顔!」

千歌オルタ「貴女が……チカがそんなんだから、曜ちゃんは言いたいことをチカに正面から言えないんだよ!」

75: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:11:00.70 ID:26d3JqCr
千歌「それは…………わかってる!わかってるし、曜ちゃんの顔なんて、知らない!でも、もうわからない!」

千歌「曜ちゃんが、私に対して言いたいことはいつも違う方を見て言っちゃうようになっちゃったから!」

千歌「どんな顔してるかなんて、わからない!」

千歌「わからなくなっちゃったんだよ……」

76: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:11:28.00 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「……チカが自転車で急いで曜ちゃんの家に行った日、覚えてる?」

千歌「うん......」

千歌オルタ「あの日も、曜ちゃんは目を合わせてくれなかったよね……」

千歌オルタ「『いいの!』って言ってばかりで、何も教えてくれなかった」

千歌オルタ「結局それでよかったって、自分に言い聞かせて......でも、違うよね?」

77: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:11:52.54 ID:26d3JqCr
千歌「うん……私が、曜ちゃんを正面から見てない間に、曜ちゃんは私の視線から逃げるようになっちゃったから……」

千歌「ぜんぶ、私の、せいなんだ……」

千歌「……うっ、ひっぐ……ぐすっ……」

千歌「ごめんね……ごめんなさい、曜ちゃん」

千歌「私が弱いから……」

千歌「なのに、曜ちゃんといたいって思っちゃったから……」

千歌「曜ちゃんを悲しませちゃってるんだ……」

78: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:12:22.26 ID:26d3JqCr
千歌オルタ「……そうだよ」ギュッ

千歌「……!」

千歌オルタ「チカは弱い」

千歌「……うん」

千歌オルタ「だけど、もう、それは十分わかったよね」

千歌「…………」コクン 

千歌オルタ「じゃあさ、ここから強くなろうよ」

千歌オルタ「今まで見えなかったものを、たくさん見よう」

千歌オルタ「そうできるだけの、時間をチカは歩いてきた。そうでしょ?」

千歌「そう、かな……」

千歌オルタ「そうだよ!」

千歌オルタ「スクールアイドルだって立派にできてる!頼もしい仲間たちもいる!まだ何も成し遂げていないけど、何かをしたいって気持ちは、ここにある!」

千歌オルタ「まずは、見なかったものを見よう!そしたら、きっと、ここから始まるんだよ!」

79: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:13:13.63 ID:26d3JqCr
千歌「そうだね……そうだよね」

千歌「いつから友達になれてたか」

千歌「どんなふうに家族すごしてるのか」

千歌「どうして一緒に浦の星に来てくれたのか」

千歌「なんで一緒にスクールアイドルをやってくれるのか!」

千歌「全部から逃げない!」

千歌「この目でみたいって、そう思う!」

80: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:14:11.60 ID:26d3JqCr
千歌「……そっか」

千歌「あのね」

千歌「私、今まで、ずっと、曜ちゃんの事を見て、本当の事を知るのが怖かった」

千歌「曜ちゃんと正面から向き合った時に、曜ちゃんの目に映る自分が、なんでもなかったらどうしようって」

千歌「でも、本当の理由は、気持ちは、違かったんだ」

千歌「本当の気持ちは………」

千歌「曜ちゃんが好きだから」

千歌「気がついたら、もう止まれなくなっちゃうから」

千歌「一緒にいたいって気持ちに、歯止めが効かなくなるから……!そして、そのまま曜ちゃんに甘えちゃうのが怖かったからだったんだ」


千歌オルタ「でも、もう大丈夫だよね?」


千歌「……うん!この気持ちに負けないくらい、私、頑張るよっ!」



千歌オルタ「そっか」

千歌オルタ「それじゃ、お別れだね……」

81: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:14:40.03 ID:26d3JqCr
千歌「え……?」

千歌「それ、それって……」フラッ

千歌「あ、あれ……?急に力が……」ガクッ



千歌オルタ「急に、ね」

千歌オルタ「1日中、力が入らなかった癖によく言うよ……」

千歌オルタ「こんな、気を失うまで……」

千歌オルタ「ほんと、バカチカだね」

千歌オルタ「出てきていいよ。魔術師さん」

82: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:15:43.04 ID:26d3JqCr
鞠莉「はーい。……一応、貴女達の会話は聞いてなかったから、安心してね」

千歌オルタ「どうせ内容は察してるんでしょ?」

鞠莉「まぁね……それより、そのちかっちの症状、極度の魔力飢餓状態に伴う生命活動の低下でいいのよね?」

千歌オルタ「うん。間違い無いと思う」

鞠莉「ちかっちの体をモデルにした時、そのまま魔力パスが繋がっちゃったのね……でも、魔術師じゃない子に強制的にパスを開かせるなんて、それも聖杯のなせるキセキなのかしら?」

千歌オルタ「さぁ?細かいことはわかんないや……それよりさ、早くやっちゃおうよ」

鞠莉「……ええ。何か言い残すことはある?」

千歌オルタ「う~ん……どうせ、みんなほとんど忘れちゃうからな~。私から言えることはないや」

83: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:16:11.20 ID:26d3JqCr
鞠莉「……そう。じゃあ貴女の解体を始めるわよ。解体した貴女はそのままちかっちの治療に使わせてもらうわ」

千歌オルタ「もちろん。初めっからそのつもりだったもん」

鞠莉「時間が無いから……始めるよ」

千歌オルタ「うん」


パア - ッ 



千歌オルタ「あー」


千歌オルタ「それにしても」


千歌オルタ「楽しかったなー!」

84: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:16:49.78 ID:26d3JqCr
♦︎♦︎



千歌「う、うーん」

曜「千歌ちゃん!よかった!」

千歌「あれ~?ここは……?」

梨子「鞠莉さんがね、千歌ちゃんが倒れてたのを見つけたからって、車で曜ちゃんの家まで運んでくれたのよ」

千歌「そ、そっか……私、大丈夫なの?」

梨子「うん。検査だと何ともないって」

曜「ほんとよかった!」ガシッ

千歌「うわっ!曜ちゃん!」

曜「心配したんだからっ……」

千歌「…………」

千歌「ねぇ、曜ちゃん、お顔みせてよ」

曜「えっ、い、いいよ!私の顔なんて!」

千歌「でも、チカもほっとしたら曜ちゃんのお顔見たくなったよー」

曜「いいの!」

千歌「よくなーい!」ババッ 

85: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:17:57.49 ID:26d3JqCr
曜「うわぁっ!」

千歌「うん!これで、曜ちゃんの顔がよく見える!」

曜「は、恥ずかしいよ……目とか腫れてるし……」

千歌「大丈夫、大丈夫!いつもの可愛い曜ちゃんだよっ!」

曜「ち、千歌ちゃん……」プシュ-ッ 

梨子「(あらあら。曜ちゃんったらお顔真っ赤ね)」ニヤニヤ

千歌「ねー。曜ちゃん」

曜「な、なに?千歌ちゃん」

千歌「えへへ。これからは、いっぱい、曜ちゃんのことを見るから、いっぱい曜ちゃんのことを教えてね!」

曜「えっ、う、うん!」

千歌「ほんと、今まで、ありがとね!曜ちゃん!」

千歌「これからも、よろしく!」

曜「こ、こちらこそ!ヨーロシクでありますっ!」

千歌「あはは!曜ちゃん変な顔ー!」

曜「なっ、だから見ないでって言ったのにー!」

千歌「ごめん、ごめん」

曜「もー!」

86: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:18:23.63 ID:26d3JqCr
千歌「(これからはもう、目を逸らさないよ)」

千歌「(たくさん見て、たくさん知るからね)」

千歌「(それが、私たちの約束だから---)」


~~END~~

87: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:20:47.41 ID:26d3JqCr
【おまけ】

ーーだいぶ後日ーー

アサ チュン チュン(・8・)

曜「ふぁっ……あ、あさか……」

千歌「すーっ……すーっ……」

曜「千歌ちゃんよく寝てる……」

曜「昨日激しくしすぎちゃったかな……」

曜「千歌ちゃーん」

曜「ふふっ。寝顔、可愛いな」

曜「こんなに可愛い子が私のか、彼女なんだよね……」

曜「よしよーし……なんて」ナデナデ

曜「あ。千歌ちゃんのアホ毛だ……」

曜「寝てる時もピンっと立ってて……可愛いな~」

曜「ちょっと引っ張ってみようかな……えへへ」

曜「し、失礼するでありまーす」

曜「えい」


ブチッ


曜「え」

88: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:21:37.55 ID:26d3JqCr
ゴォッ!


曜「ええっ!なにこの千歌ちゃんから出るオーラは!?」


千歌「ふぁ~っ……よく寝たー」

千歌「あ、曜ちゃん♡」


曜「ご、ごめん千歌ちゃん!アホ毛抜けちゃっ……んんっ!」

曜「んんっちゅっ……ちぁちゃ……れろ……っぷはっ」

曜「い、いきなり……なんれ」


千歌?「んー?なんでだろーね?」

千歌?「昨日はたくさんされちゃったから、お返し、かな?」

曜「な、なんで急に……んあっ」

千歌?「ふふっ曜ちゃん可愛いよ」イケボ ボソッ

曜「う、うあっ」ゾクゾクッ


千歌?「昨日はいっぱい愛してくれてありがとう」

千歌?「だから、お返しに、いーっぱい可愛いがってあげるからね」

千歌オルタ「曜ちゃん♡」


~~HAPPY END~~

89: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:23:44.84 ID:26d3JqCr
以上です。

掲示板に投稿するのは初めてだったのですが、どうにか最後まで投稿できてよかったです。

読んでくださった方はありがとうございました。

またどこかで。

91: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 04:36:10.61 ID:bLCHzHEm

一気に読めるのありがたい

92: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 08:05:03.09 ID:rx7XqNrC
とっても良かった。

93: 輝きたい名無しさん 2019/01/29(火) 09:20:00.20 ID:V/ATBRe1

千歌オルタちゃん可愛かった
曜ちゃんとオルタちゃんの別れも欲しかったけど

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1548697862/










注目記事
関連記事
2019/01/30 20:00 | SS | コメント(1)

この記事のコメント

  1. 名無しライバーさん:2019/01/30(水) 20:45:17
  2. ようちかの関係性って重いテーマと相性いいよな

コメントの投稿


プロフィール

よしまる

Author:よしまる

最新記事
スクスタ絵里「今さらアイドルを始めようなんて、私が言えると思う?」【ラブライブ!】 Aug 19, 2019
【画像】声優・降幡愛さんにソックリな人がお下劣な広告に出てるwwwww【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 19, 2019
韓国人ラブライバーさん、絵馬に気持ち悪い書き込みをしてしまうwwwww【ラブライブ!】 Aug 19, 2019
次の虹ヶ咲も、9人で、各学年3人ずつで、廃校なの?【ラブライブ!スクスタ】 Aug 19, 2019
【SS】エマ「エマ・ヴェルデです。よろしくお願いしますね♪」 千歌「……ん、よろしくねーヴェルデちゃん」【ラブライブ!スクスタ】 Aug 19, 2019
【悲報】ラブライブ!フェスのシリアルの値段、定価を超えるwwwww Aug 19, 2019
90年代のラブライブ!にありそうな事 Aug 19, 2019
【朗報】声優・鈴木愛奈ちゃん、やっぱり自撮り加工は少ないほうが可愛い!これよこれ!!【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 19, 2019
【声優】ふわさたリスナー「この番組が生きがいです」 諏訪ななかさん「大丈夫か?終わったら死ぬぞ」←これ【ラブライブ!サンシャイン!!】 Aug 18, 2019
ラブライブ!メンバーの名前を皇帝、王様っぽくしてみた Aug 18, 2019
検索フォーム
人気ページランキング
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
タグクラウド

Aqours μ's SS 画像 逢田梨香子 高海千歌 ラブライブ!サンシャイン!! 津島善子 渡辺曜 黒澤ダイヤ 黒澤ルビィ 松浦果南 ライブ 桜内梨子 小林愛香 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ラブライブ! 伊波杏樹 小原鞠莉 国木田花丸 鈴木愛奈 斉藤朱夏 小宮有紗 スクフェス 絢瀬絵里 ラブライバー グッズ 矢澤にこ 諏訪ななか 動画 高坂穂乃果 園田海未 星空凛 降幡愛 高槻かなこ Saint_Snow 南ことり 鹿角聖良 小泉花陽 声優 東條希 西木野真姫 楠木ともり 管理人の戯言 鹿角理亞 スクスタ 新田恵海 アニメ グラブル 内田彩 三森すずこ ぷちぐるラブライブ! 田野アサミ 楠田亜衣奈 渡辺月 南條愛乃 中須かすみ ラジオ 飯田里穂 徳井青空 上原歩夢 宮下愛 優木せつ菜 浦ラジ 久保ユリカ ニュース Pile スクフェスAC 佐藤日向 大西亜玖璃 久保田未夢 桜坂しずく 佐倉綾音 鬼頭明里 エマ・ヴェルデ 朝香果林 天王寺璃奈 荻野由佳 高海美渡 指出毬亜 近江彼方 絢瀬亜里沙 ニコ生 高坂雪穂 生放送 A-RISE 高海志満 雨宮天 本田圭佑 鞠莉ママ 前田佳織里 エマ 相良茉優 水樹奈々 水瀬いのり 千歌ママ 漫画 村上奈津実 綺羅ツバサ ことりママ 畑亜貴 ことり母 芹澤優 東山奈央 黒沢ともよ 松永真穂 いつき 善子母 理事長 スクコレ お盆 LOCKS! 大橋歩夕 芸能 スクパラ 優木あんじゅ Aqours_LOCKS! 山本希望 統堂英玲奈 金元寿子 



アクセスランキング