no title
 


1輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:49:00.29 ID: glzghUys

「ことりちゃんってさ──」

「穂乃果と園田さん以外に友達いないの──?」


ことり「………はっ!?」


ことり「………また、この夢…」

ことり「最近は見てなかったのに…」

ことり「ぐすっ…」


ことり「──って、あれ?今何時…?」

ことり「ぴぃっ!?ち、遅刻しちゃう!」

ことり「お母さんなんで起こしてくれなかったのぉ〜!」




2輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:49:35.73 ID: glzghUys

穂乃果「あっ!ことりちゃん来た!」

穂乃果「遅いよ〜」

海未「いつも遅刻してるのは貴女でしょう。人のこと言えますか」

穂乃果「うぅ、それは…そうだ」

ことり「はぁっ…はぁ……ごめんね!寝坊しちゃって…」

穂乃果「ええ!?ことりちゃんが寝坊!?」

海未「珍しいこともあるのですね…大丈夫ですか?」

ことり「うん!バッチリ…でもないよね」

穂乃果「珍しく髪の毛下ろしてるもんね!すっごく可愛いよ!」

海未「ですが少しぼさぼさです。後で梳かしますよ」

ことり「ありがとう、二人とも♪」

ことり「じゃあ、学校行こう♪」


ことり(さっきの夢は忘れよう)




3輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:50:04.28 ID: gbtxXt05

地味に1人だけ名字呼びされる園田に草




4輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:50:14.82 ID: glzghUys

海未「はい、終わりましたよ」

ことり「ありがとう、海未ちゃん♪」

ことり「海未ちゃんに髪梳かしてもらったからなんだか髪がいつもよりツヤツヤしてる気がする♪」

海未「そ、そうでしょうか。元々ことりの髪も柔らかくて素敵ですから」

穂乃果「いいなぁことりちゃん!海未ちゃん、穂乃果のも梳かして〜!」

海未「はいはい」

ことり「……」




6輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:51:04.71 ID: glzghUys

ことり(何もしてないの、なんだかむずむずする──)

ことり「でも、やっぱり下ろしたままだと落ち着かないから、二時間目終わったら結ってこようかな」

穂乃果「確かに、ことりちゃんはあの髪型が一番しっくり来るよね」

海未「はい。あの髪型、いつもどうやってるか不思議です」

ことり「ふふふ〜企業秘密で〜す♪」




8輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:52:11.23 ID: glzghUys

二時間目終わり

女子トイレ


にこ「あら?ことりじゃない」

ことり「あっ、にこちゃん。おはよう!」

にこ「おはよ。今日の髪どうしたの?」

ことり「えっと…寝坊…しちゃって…」

にこ「ことりが寝坊?珍しいこともあるのね」

ことり「えへへ…にこちゃんはどうしてここに?三年生は一個下だよね?」

にこ「移動教室だったのよ。ついでに今日のツインテールあんまりな出来だったから直してたの」

ことり「にこちゃんも髪直してたんだ〜」

にこ「ことりも?」

ことり「うん。なんか、いつもの髪じゃないとしっくり来なくて」

にこ「あ〜わかるわ、その気持ち」




9輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:53:17.80 ID: glzghUys

にこ「……ねえ、ことり」

ことり「なぁに?にこちゃん」

にこ「お昼休み、髪結わうの私にやらせてよ」

にこ「ことりの髪、綺麗で長いから一回アレンジしてみたかったのよ」

ことり「……本当!」

ことり「こ、ことり、あんまり誰かにいじってもらう事無かったから…、私なんかでいいのかな?」

にこ「全く。変なとこで自信ないのね」

にこ「にこはことりの髪をいじりたいの。だから、お昼休み、部室に来なさい」

にこ「とびっきり可愛くしてやるわよ」




10輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:55:00.54 ID: glzghUys

二年生 教室


穂乃果「おかえり〜!あれ?ことりちゃん髪やらなかったの?」

ことり「うん。たまたまにこちゃんと会って、お昼休みにやってもらうことになったの♪」

海未「ほぅ…にこが。確かににこはそういうの好きそうですね」

穂乃果「いいなぁ、ことりちゃん。穂乃果もやってもらおうかな」

海未「……穂乃果は五時間目の宿題をやらなくてはならないのては?」

穂乃果「ハッ!?忘れてたどうしよ〜〜〜!」

海未「朝、お昼休みにやると言ったではないですか!全く…」

ことり「うふふ。頑張って、穂乃果ちゃん!」




11輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:56:06.97 ID: glzghUys

お昼休み 部室


ことり「にこちゃ〜ん?」

絵里「あっ、ことり!」

希「おっ、ことりちゃん来たなぁ」

にこ「にこがことりの髪アレンジするって言ったらついてきちゃって…いい?」

ことり「ううん!凄い嬉しいよ♪」

ことり「このアクセサリーたちも、すっごくかわいい♪」

絵里「それ、私が作ったのよ。今日、みんなにプレゼントするためにたくさん持ってきてたの」

絵里「μ'sには後で配ろうと思ってたんだけど、ことりはお先に、ね♪」

希「さ、先にお昼食べよ!そしたらゆっくりことりちゃんの髪いじいじしたるで〜」ワキワキ

ことり「の、希ちゃん!」




12輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:57:01.68 ID: glzghUys

食後


ことり「3人がかりで…なんだかお姫様になった気分♪」

希「ふふ、可愛いこと言ってくれるやん」

絵里「さぁて、お姫様?本日はいかがなさいますか?」

にこ「バカ言ってないで始めるわよ」

にこ「えっと、まずは…絵里、この部分ダッカールで留めてくれる?」

絵里「はーい」

にこ「にこはこっち側やるから、希はそっち側お願い」

にこ「こんな感じで、ねじり編み込みで」

希「りょーかい♪」




13輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:58:04.85 ID: glzghUys

にこ「首のあたりで一旦まとめるわよ」

希「はーい」


ことり(わぁ…なんだか緊張しちゃう)

ことり(二人とも上手いなぁ)


希「にしても」

希「ことりちゃんの髪はさらさらふわふわでなんだか気持ちがええなぁ」

にこ「ね、羨ましいわ」

絵里「うぅ、私にも早く仕事をちょうだい」

絵里「まだ留めただけよ…」

にこ「絵里には一番大切な仕事任せてんだから、今は我慢しなさいよ」

絵里「にしてもことりの髪きれいだしいい匂いね。何のシャンプー使ってるの?」

にこ「こいつ…」




14輝きたい名無しさん 2018/01/09(火)23:59:13.55 ID: glzghUys

ことり「えっと、○○ってとこの△△シリーズだよ」

希「あ、それ知ってる!めっちゃふわふわになるやつやん」

ことり「そうなの!希ちゃんも髪長いからおすすめだよ〜」

にこ「…羨ましいわ。私、ストレートだから三人みたいにふわふわな髪質じゃないのよね」

にこ「だから、巻くとなると大変だし」

ことり「あ、そしたら同じシリーズの□□がおすすめだよ!」

ことり「そっちはストレート用でツヤツヤになるし、結構柔らかくなって巻くのも楽になるって聞いたんだ」

にこ「へぇ…今日の帰り買ってみようかしら」




15輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:00:38.03 ID: hvGTO07v

ことり「うん!そしたらにこちゃんとお揃いだね♪」

絵里「ずるいわ!私もお揃いしたい!」

希「それだったらうちも!」

にこ「はいはい、帰りに行きましょ。希、終わった?」

希「ん、終わったで」

にこ「じゃあ、ここ、絵里ダッカール外して、ここで、こう、こんな感じにねじらせて」

絵里「スマホ見てもよく分からないわね…うーんと、多分こんな感じかしら?」

にこ「うん、いい感じ。それで、これで留めて」

絵里「ん」




16輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:02:06.61 ID: hvGTO07v

にこ「そしたら……ここは希やってくれる?あんた得意でしょ?」

希「任せとき〜。ロープ編みでええの?」

にこ「ええ」

絵里「ふふ、ことりが一つにまとめてるのはなんだか新鮮ね」

ことり「うん…アイドル衣装で撮影するときは時々やるけど…こんな感じになってるのかな…?」

絵里「……ふふふ」




17輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:03:19.92 ID: hvGTO07v

希「できたー!これで完成!」

にこ「まーだーよ!絵里がせっかく持ってきてくれたアクセサリーも付けましょう」

ことり「ええ!校則違反になっちゃうよぉ」

にこ「大丈夫。バレッタなら平気でしょ?」

絵里「まあ、一つだけなら目を瞑るわ」

にこ「てことで、はい、じっとしてて…」

にこ「よし、これで完成!」

ことり「わぁ…なんだか、後ろに髪がまとまってるの不思議」

希「はい、鏡。うちらの傑作やで」




19輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:04:43.95 ID: hvGTO07v

ことり「!」

ことり(これが、ことり…?)

ことり(うわぁ、うわあ、うわあ!)

ことり「にこちゃん!絵里ちゃん!希ちゃん!」

ことり「すっごくすっごくかわいい♪」

ことり「これが私なんて、なんだか夢見てるみたい…!」

希「ふふふ、お姫様のご要望は叶いましたか?」

絵里「とっても素敵ですよ、お姫様♪」

にこ「ったく……でも、本当に綺麗で可愛いわよ、ことり」

ことり(本当に本当に嬉しいな♪)

ことり(嫌な夢を見て寝坊しちゃったけど、結果オーライって感じかも♪)




20輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:05:45.75 ID: hvGTO07v

二年 教室


穂乃果「こっ、こっ、こここっ!」

海未「こ、こここ、こっ、こっ」

ほのうみ「「ことり(ちゃん)!?」」

ことり「えへへ、にこちゃんと絵里ちゃんと希ちゃんにやってもらったんだぁ」

ことり「似合うかな?」

穂乃果「わあ!わあ!わあ!すっごくすっごく可愛いよ!」

穂乃果「可愛すぎて食べちゃいたいくらいだよ!!がおー!」

海未「穂乃果…しかし、穂乃果がこうなるのも分かります」

海未「とても可愛らしいですよ、ことり」

ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃん…ありがとう♪」




21輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:07:15.36 ID: hvGTO07v

ことり(その後はヒデコちゃんやミカちゃん、フミカちゃんにもやんやんされちゃいました)

ことり(後は今まであんまり話してなかった子とも話せたな)

ことり(小さい頃のことり──)

ことり(私、今、友達たくさん出来たよ)




22輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:07:52.02 ID: RP5m83sa

見てみたい…




23輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:08:15.02 ID: hvGTO07v

放課後 部室


花陽「はわ、はわわわわ」

凛「ほえぇーー…」

真姫「へぇ」クルクル

ことり「////」

花陽「ことりちゃん!す、す、素敵です!!!」

花陽「はわ、はわぁ…!なんだか今日は大人っぽいです…!」

花陽「うぅ、写真を、写真を撮らせてください!」

ことり「ふふ。うん、いいよ!」

ことり「ことりもいつもと違うから撮って欲しかった、かも♪」




24輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:09:28.81 ID: hvGTO07v

凛「それにしてもすごいにゃー。この髪、どうなってるの?」

花陽「ぱしゃり」

ことり「三年生のみんなにやってもらったんだよ」

花陽「ぱしゃり!」

真姫「へえ。確かにあの三人、手先は器用そうよね」

花陽「ぱしゃり!!」

真姫「もう!撮るなら静かに撮りなさいよ!」

凛「凛はこっちのかよちんも好きだよ」




25輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:10:49.62 ID: hvGTO07v

凛「ほんとにことりちゃんお姫様みたいだにゃ!」

凛「可愛いよ〜〜〜ことりちゃん!」

ことり「うふふ、ありがとう凛ちゃん♪」

ことり「凛ちゃんも可愛いよぉごろごろごろ〜」

凛「んにゃあ〜♪」

凛「……」

凛「羨ましいな…」

凛「凛は髪が短いからこういうアレンジ?出来ないんだよね…」

ことり「そうかな?凛ちゃんもできるよ」

花陽「そうだよ!ショートヘアならではのアレンジってあるもんね!」




26輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:12:27.11 ID: hvGTO07v

ことり「うん!そ、う、い、え、ば〜」

ことり「じゃん!コテ!」

ことり「前髪やるのに使ったから持ってきてたんだ〜」

ことり「これで凛ちゃんを改造しましょ〜!」

花陽「おおー!」

凛「えっ!?えっ!?ええ!?」

真姫「ま、たまには良いんじゃない?」

真姫「可愛い格好、したいんでしょ」




27輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:13:42.28 ID: hvGTO07v

──
───
────

ことり「えへへ、ちょっと巻いて簡易的でピンで留めただけでも可愛くなるんだよ〜」

ことり「凛ちゃん、自分で不器用だって言ってたから凛ちゃんでも簡単にできるアレンジにしました!」

凛「う、うわ、うわぁ〜!こ、こんなの、凛じゃないよ…!」

凛「凛、こんな女の子っぽい髪型…」

花陽「もう!凛ちゃんは可愛いんだから自信持たなきゃ!」

真姫「そうねぇ。あなたはこういうガーリーなのも似合うのよ」

花陽「ね!」

凛「うぅ…なんだか恥ずかしいにゃ」




28輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:15:16.13 ID: hvGTO07v

ドア「ガチャ」

絵里「遅れてごめん〜!って、あら?」

希「おお!凛ちゃん今日はオシャレやん!」

凛「わ、わわわ」

にこ「おはよー…って、何してんの?」

希「凛ちゃんを抱いてる」

にこ「いかがわしい言い方してんじゃないわよ!」

希「え〜?別にいかがわしくないで?にこっちエッチやな〜」

にこ「そんなわけないでしょ!なんで絵里は笑ってんのよ!」

絵里「にこっち…エッチ…ふふ、ふふふ」




29輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:17:25.10 ID: hvGTO07v

穂乃果「遅れてごめーん!さっきの小テスト全問不正解で居残りやらされてて…あれ?」

穂乃果「おおっ!凛ちゃん可愛いっ!」ダキッ

凛「ほっ、穂乃果ちゃん苦しいにゃ!希ちゃんもぎゅってしないで!」

海未「弓道部の方に顔を出していて遅れました…て、あら?凛はどうしたんですか?埋もれてますけど…」

穂乃果「あっ!海未ちゃん見て!凛ちゃん!」

凛「に゛ゃっ!」

海未「わあ、可愛らしいですね、凛!花陽たちがやったのですか?」

花陽「ううん。ことりちゃんがやってくれたんだよ」

ことり「えへん!」




30輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:19:18.06 ID: hvGTO07v

海未「ふふ、今日はヘアアレンジの日なんでしょうか?」

花陽「確かに凛ちゃんもことりちゃんもアレンジしてていつもと違うよね」

絵里「あっ、そうだ。みんなに渡したいものがあるの」

穂乃果「えっ、なになに?」

絵里「はい。アクセサリーを作ってきたの。衣装にも日常にも使えたらなって思って」

花陽「うわあ!かわいい!ありがとうございます!」

にこ「わ…絵里ったらにこのことよく分かってるじゃない!」

海未「この髪留め素敵です…!大切にします!」

穂乃果「わあ!穂乃果のオレンジだ!ぅ絵里ちゃんありがとう!」

ことり「ことりのはもうここに着いてるんだよ」

真姫「あら可愛いじゃない。ことりのイメージにぴったりね」

希「ふふ、えりち、喜んでもらえてよかったな」

絵里「ええ」




31輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:21:08.22 ID: hvGTO07v

穂乃果「そうだ!今日はヘアアレンジの日にしちゃおうよ!」

穂乃果「その人の一番ギャップあって可愛い髪型をやってみよう!」

穂乃果「それでよかったら次のライブはその髪型でやろうよ!」

凛「わ!それ凛は賛成!」

凛「凛、コテの使い方知りたいにゃ!」

花陽「私にできるかな…?」

希「大丈夫。うち、得意だから教えるよ」

海未「さっそく私はこれを着けたいです」

絵里「そしたらお団子がいいかもね。ふふ、海未の髪はさらさらだから触りたかったのよ」

にこ「そうね。にこと同じような髪質だしお揃いにするのもアリね」

真姫「ことりのここ、どうなってるの?」

ことり「一回えいってやって、こう、くるんってしたんだと思うよ」

真姫「???」




32輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:23:00.68 ID: hvGTO07v

昔、ずーっと昔の小さい頃。

誰かに言われた言葉が時々夢に出てくる。


「ねえ、ことりちゃんってさ、穂乃果と園田さん以外に友達いないの?」



あの頃の私は、この言葉に何も言い返せなかった。


でも、今なら言えるよ。


私にはとっても、とってもとってもとーっても


大切な友達がたくさん出来たよって!




33輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:23:15.15 ID: hvGTO07v

おしまい




34輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:26:01.05 ID: yloQY9w1



素敵なSSだった




35輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:26:16.77 ID: pvm9JAvP

(^8^)




36輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)00:27:40.10 ID: hvGTO07v

ちなみに髪の毛は「ロングヘア アレンジ 上級」で検索した一番上のホームページの上から6個目のやつ

ことりちゃん中心にわちゃわちゃしたかった
おやすみなさい




39輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)01:05:04.60 ID: pBgN4iyh

泣いた乙
みんな女の子女の子しててええな




41輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)02:02:16.90 ID: x1LU7XXF


良い話だったありがとう




40輝きたい名無しさん 2018/01/10(水)01:39:26.82 ID: Bf+YYgOF

こういうので良いんだよ、こういうので




引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1515509340/