no title



【三九呂さんのツイート】
no title

【みんなの反応】

待ってました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
更新が楽しみになってきた今日このごろです(#^.^#)
いつも通り可愛いでありますっ!


雨もしたたる南半球……d(*゚ω゚*)グッ

ヨーソロー⊂⌒~⊃。Д。⊃ピクピク

雨で体が冷えちゃったら大変だ!あっためてあげなくちゃ!!(ガバッ

曜ちゃん、見えちゃう!

曜ちゃんの腹さすりたくなる!
梅雨頃の曜ちゃんはこれです!


おいおいそのへそw

へそが素晴らしいです…舐めt(無言の腹パン)

下乳たまらんばい!

下乳最高!!!




6月も中旬になり梅雨の時期がやってきて、窓の外に目を向けると、先ほどから雨が降っていた。
降りしきる雨を見ながら、今日は出掛けなくて正解だったな、とほくそ笑んでいると、ドアをガチャッと開ける音がした。
「あ~もぉ最悪!なんで傘を忘れちゃうかなぁ~!」
大声でぼやきながら入ってきたのは渡辺曜ちゃんだ。

急に降ってきた雨の中、傘を持たずに帰ってきたらしくずぶ濡れだ。
「やぁおかえり。水も滴るイイ女だね」と声を掛けると、「そういうのいいから」とピシャリと言われてしまった。
(やれやれ、ご機嫌斜めだな)と思いつつ、風邪をひいてはいけないと思い、バスタオルを取りに脱衣所に向かう。
そして、バスタオルを持って戻ってくると、そこには素晴らしい光景が広がっていた。

曜はスカートだけを脱いだ状態で、上の制服で髪の毛の水滴を拭っていた。
上の制服の裾をグッと持ち上げたためか、ブラジャーが半分がずり上がり、曜の乳房の下半分、つまり南半球が露わになっている。
暑いからと中にシャツを着ていないので、お腹も丸見えで可愛いお臍がこっちを向いている。
(やはり水も滴るイイ女だ)とうんうん頷きながら曜の全身を舐めるように見回していると、
「そこに突っ立って何やってるの?」とジト目で曜が声を掛けてきた。
「あぁいや、目の前の美少女のあられもない格好についつい見惚れていてね」と笑いかけると、曜は自分の今の状態に気づき、頬を赤く染めて「バカ…」と小さく呟く。
(色んな意味でいいものが見れたな)と思いつつ、曜にバスタオルを渡す。

曜はバスタオルを受け取るを上の制服を脱ぎ捨てバスタオルで全身を拭う。
僕はその様子をジーッと眺めながら、
「よし、次はブラとパンツを脱ぐ番だな」と思ったことをつい口に出してしまった。
曜はまたしてもジト目でこちらを見た。
(あっ、しまった!)と思っても後の祭りで、曜はそのままスタスタと脱衣所に向かい、
「残念でした!見せてあげないよー!」と言いながら脱衣所に入っていった。
(やれやれ、口は禍の元だな)と肩をすくめ、再び窓の外に目を向けると、雨は止んで少し青空が顔を覗かせていた。

まぁ大阪は全然雨降ってないけどな
no title